タグ:Tamron16-300mm DiII VC PZD Mac ( 442 ) タグの人気記事

借景の黄葉が真っ盛りになりました。あと何日の命でしょうか?
2017年11月25日 土曜日 晴れ

 借景の黄葉が真っ盛りになった。
シデの木の葉はきらきらと、朝の光から夕方の赤い夕陽まで、それぞれの光で輝いてくれる。
なんてせつなくおもわゆいのだろう。
明日の命を知るよしもなく、一心に輝き風に揺れる姿はつらくさえなる、、、、、。

 正面の梧桐もあと数日の命だろう。
植木屋さんが入ると、あっというまに丸坊主にされて瘤こぶの老いた木になってしまうのだ。

なんとも切ない、晩秋の一日。

 大相撲九州場所は横綱白鵬が千秋楽を待たずに優勝。
歴代最多を更新する通算40度目の優勝を飾った。
おめでとう〜〜〜!!

a0031363_23332866.jpg

a0031363_23353226.jpg

a0031363_23354345.jpg

a0031363_23362154.jpg




by pretty-bacchus | 2017-11-25 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(1)

借景のイヌシデの枝も黄色みはじめ光と遊んでいます
2017年11月23日 木曜日 雨のち晴れ

 少し疲れた。
少しかな、、、? いやかなり疲れている感じ、、、。

一つの大きな事があると、突然ガタンときてしまう。
だらしのないことだと思うも、体がついていかないのだろう。

 まだ待っている難題がいくつもあるから、ここでダウンするわけにもいかないのだが、
今日はまあ、、、少しゆっくりすることにしよう。

 借景の黄ばみ始めた木々の葉を刻々と穫りながら、、、母とも話すことができて
晩秋の午後はすぎていきました。

a0031363_18340459.jpg

a0031363_18334872.jpg

a0031363_18331296.jpg



by pretty-bacchus | 2017-11-23 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

借景のシデの葉が黄色くなり、オナガがやってきました
2017年11月20日 月曜日 曇り

 寒さがやってきたら借景のシデの木の葉も黄色くなり始めた。
その後ろの梧桐の木の枝と一緒に植木屋さんに切られてしまうのもまもなくだろう、、、。
その前に自然に枯れ葉となって落葉してほしいな、、、。

 朝夕は大きな鳥たちがいきかっているのだが、あまりに動きが速くてヒヨドリかオナガかがわからなかった。
暗くなりなりはじめた頃に、また激しく鳴きごえがしてシデの枝に鳥がとまったようだ。

a0031363_02441975.jpg

a0031363_02440548.jpg


ソファーにおいたカメラでカシャッ!
ガラス越しに何かが撮れた!
PCで展開してみたら、どうやらお腹が薄青いのでオナガに違いない。今年もやってきてくれた!
こうなると、はやく葉が落ちるのが楽しみになってきた、、、。
植木屋さん、お願いです。鳥の巣はおとさないでくださいね。



by pretty-bacchus | 2017-11-20 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

大相撲九州場所が始まりました。横綱白鵬さんを想って
2017年11月12日 日曜日 晴れ

 きれいな日曜日の朝で気持ちが良く嬉しいな、、、。
おっはよう〜〜〜エンジェルさん。今日も一日よろしくね、、、と声をかけて深呼吸!

a0031363_15222502.jpg

a0031363_15221174.jpg

 大相撲九州場所が始まった。
小さい頃から父がみるテレビを一緒に見ていたし、何度か両国の国技館に観戦に連れて行ってもらったことが
あったが、大人になってはそこそこだった。

 国技という位置づけで相撲を見るようになったのは、ずっとずっと後になってのことで、
フランス人の友人にいろいろ質問されるようになったからかもしれない。
シャトーカデボンのマルセリーヌガンスは、とても詳しく、その頃は四十八手のことを聞かれても
答えられなかった。
“平家物語や源氏物語がわかるのに、けいこはどうして相撲は解らないの? といわれて困ったことがあった。

 それが九年前の国技館で前から二列目砂かぶりの席での観戦以来、そのすばらしさに目覚めて、
毎回興味深く観戦するようになっている。

 国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝を観戦してからもう六年になるのだ。
不知火方の凛々しい土俵入りが美しいかった。
(そのことを先だって白鵬さんにお目にかかったときに話したらとても喜んで下さっていた)
<br>
http://keico.exblog.jp/11344383/2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)
]

 第六十九代横綱になってから三年たった2010年大相撲九月場所千秋楽の「溜席白鵬さんの優勝を観戦してからすっかり<span style="font-size: 13px;">白鵬さんファンになってしまっている。国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝を観戦してからもう六年になるのだ。

すさまじい苦労があったとは思えぬような温和な眼差しのお顔と存在感。話す言葉もやさしく、
人々への気のつかいも凄い。
それぞれの方とも気さくに話されて、ほんとうにいい男〜〜〜。
ワタシは皆さんの写真を撮っていたが、最後に一緒にはいってくださって、、、、ありがとうございます。
a0031363_03355212.jpg
a0031363_03355212.jpg
(身長192cmの白鵬さんは大きい!)
一面に施された細かい縮みの藍染めの素晴らしいお召し物、
<白>の文字と綱が染め混まれてそれはそれは美しいものでした)

http://keico.exblog.jp/237311011/
2017年7月23日 日曜日 曇りときどき小雨
白鵬さん二場所連続39度目の優勝おめでとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/23925175/
2017年5月28日 日曜日 晴れ
白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。

http://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

http://keico.exblog.jp/23580889/
2017年1月25日 水曜日 晴
日経新聞の<春秋>で稀勢の里とチカラビトなどに感動

http://keico.exblog.jp/23537062/
2017年1月8日 日曜日 曇り 暗い一日
暗い日曜日に大相撲初場所が始まりました

http://keico.exblog.jp/23375059/
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

http://keico.exblog.jp/22840129/
2016年5月22日 日曜日 晴れ
オナガがベランダのムスカリの水苔を盗みにやってきました

http://keico.exblog.jp/21489243/
2015年7月26日 日曜日 晴れ 猛暑日
白鵬 三十五回目の優勝 おめでとう!

http://keico.exblog.jp/17859368/
2013年5月26日 日曜日 晴れ
五月場所大相撲千秋楽 白鵬さん二連続全勝優勝二十五回目の賜杯おめでとう

http://keico.exblog.jp/16867937
2012年11月25日 日曜日 晴れ後曇り
白鵬優勝を祝って有機栽培農家の新米=肌美人をいただいた

http://keico.exblog.jp/15371335/
2012年5月20日 日曜日 曇り
勝利の涙はなんとも素晴らしい!


by pretty-bacchus | 2017-11-12 23:58 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(3)

エンジェルのカーテン揺れて昔の旅を想いだし、、、
2017年11月10日 金曜日 晴れ

 朝から良いお天気。
シャガールの青い鳩とエンジェルが陽にゆれるのをみるのはなんとも心地よい、、、。
笛を吹くエンジェルのカーテンは両方にあって、いつも右にあるのは左向きのエンジェル。
左にある右向きのエンジェルはなかなか撮ることがすくない。

a0031363_15185075.jpg
(このコットンのエンジェルのカーテンを買ったのは十七年前のアルベロベッロ。
ブログの中にいろいろを下に書いておきましょう、、、、)


 ありがたいですね。
いつも満席でなかなか席がとれなくなっていた桜季さんからご連絡をいただき、今夜は新蕎麦!
茨城からの新蕎麦粉なのだそうですが、今年は天候が悪く、いつものようにきれいな薄緑ではないのだそう。
でもとってもお美味しくいただいて、蕎麦畑の五穀豊穣を一緒に祝うことができました。
ありがとう、なかじまさん。

a0031363_15194423.jpg

a0031363_15192781.jpg
   (昨日の検査の肝臓値のグラフをお見せしたり、、、、)

 最近はお客様の傾向が変わってきて、カウンターでゆっくりと店の亭主と話しながら杯を傾ける人が
少なくなったという。
一昔前までは酒で板わさなどをつまみ蕎麦を愉しむのが常であったのに、このところは数人で
わいわいガヤガヤの風潮のようで、利益はでるが、亭主としても寂しい限りだろう。

 もっともお客というのは月に何度かが良いようで、毎週なんどものお客さんはお互いに良いところも
悪いところも目立つようになって、店の亭主は時には大事なお客を疎ましく思ったりして、
つい不遜な口をきいてしまうことがあるのだそう、、、。
そういえば腕と味と食材とを、あくまでも謙虚にふるまってくれ、カウンター越しに人生の話などをできる
お店は少なくなっているのかもしれない。

 私たちは最近とみに外での食事はすくなくなって、もっか家ごはんが多い。
友人から届いたジャガイモやタマネギ、通販でとどく季節の野菜達や玉子やお豆腐があれば、
あとは最高のエキストラヴァージンオイルとパスタとワインで十分。
時にはすき焼きと北海道からの新米のユメピリカ! 赤ワインとともに!

 そういえば、OさんにもHさんにもFさんにもご無沙汰をしてしまっている。
そろそろ出かけたいな、、、。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 この面の手創りカーテンは、十七年前にアルベロベーロの坂道で求めたもの。
ヴェローナで行われたヴィニタリー(ワインの見本市)の折りに、春子さんの車でイタリアを南下して
カラブリアのチロまでの途中で寄ったアルベロベッロ(Alberobello)で求めたのだ。懐かしい〜〜〜!

 アルベロベーロは、プッリャ州(イタリアには20州ある)バーリ県にある人口一万人ほどの
小さな中世の街で、世界遺産になっている。
トルッロという「部屋一つ屋根一つ」の建物が約1,000軒くらいあり、人々が住みながら街全体が
観光地になっている。

県道から坂を上がり、右に折れて、二股の道を右に行ってすぐに左にまがり少し急な狭い坂を上りはじめた
右の小さなお店だった。(今でもすぐに行かれそう〜〜〜)
近くには、いろいろの色とりどりのおみやげ物やさんが多いのだが、このお店は手創りの白いカーテンとか
テーブルクロスだけだった。
奥の方で、小柄なおばあさんが微笑んでいた。

 二枚のエンジェルの布が目に飛び込んだ。笛の音が聞こえたような錯覚だった。
ざくっとした手触りの不規則な織りが暖かかった。
お婆さんの手はとっても大きかったのを覚えている。
まだ元気に織っているのかしら、、、、早く再訪をしたいなあ〜〜〜〜

a0031363_195486.jpg
 (2003年の年賀状につかった世界遺産のアルベロベーロ。
羊もその旅で走る車から撮ったたった一枚のスナップ写真。)























http://keico.exblog.jp/23697981/
2017年3月4日 土曜日 晴れ
クラシックCDジャケットに使っていただいた写真の思い出

http://keico.exblog.jp/10584167/
2010年5月8日 土曜日 曇り
Memoires du Voyage 旅の写真を絵はがきに

http://keico.exblog.jp/7705884/
エンジェルの笛の向こうに黄葉はらはらと、アルベロベッロとヴェネツィア
(九年前のこのブログから)
エンジェルの笛の向こうに黄葉はらはらと、アルベロベッロとヴェネツィア
2008年12月1日 晴れ
 布が大好き1 紙も大好き! 文房具もとっても好き!
美しい小物ももちろん! 手創りのリボンだって、、、ああ、、きりがない〜〜〜〜

 外国に旅をすると、どんなに小さな街でも、いつの間にか文房具屋さんにいたりする。
知っている街は、ホテルに着くとすぐに突進したりする、、、。
だから団体旅行の時は(あまりしないけれど)困ってしまう。
フランスもイタリアもスイスもスコットランドもノルウェーも、
パリ、ランス、シャルトル、ツール、ミラノ、ソレント、ヴェニス、サンフランシスコ、
ボストンもベルージュもベルゲンも、そうアラスカもカイロもキエフも、
もう一度行きたい文房具やさんが何軒もある。

まだ、日本に今のようにきれいな包装紙とかペーパーナフキンが輸入されていなかった1970年代頃は、
沢山買ってきて、友人達にも配ったりしたものだ。
友人のフランス料理屋さんは、いつも心待ちにしてくれていた。

包み紙を使いたいから贈り物をどんどんしたり、綺麗な便せんでお手紙を書きたいから、、、。
スイスのインターラーケンの小さなお店で見つけた幅6センチ位の手織りのリボンは、
久田宗匠が、お茶のお軸の風袋に使ってくださった。

フィレンツェの、Il Papiro イルパピロの、墨流し風のマーブル紙でできたノートは、
志村ふくみさんの日記帳になっている。

長い間の旅の思い出が記憶が、どこかに生きてくれていてとっても嬉しい!
家に残っていたものも一つ二つと友のもとにと嫁いでいって、いずれは何もなくなるだろう、、、。
何十年か後には、モノだけが残るかもしれないのもあるだろう、、、、。
旅の記憶と創った方々の思い出と共に、私の心には残しておきたい、、、、、、。

http://keico.exblog.jp/7702345/
2008年11月30日 日曜日 晴れ
カーテンの エンジェルの笛 木々揺らし


by pretty-bacchus | 2017-11-10 23:58 | ♪JourneyAbroad海外旅の思い | Trackback | Comments(0)

エンジェルの奏を聴きながら、、、、文化の日をうとうとと
2017年11月3日 金曜日 晴れ 文化の日

 “三連休なので病院を出てきてしまった、、と言いながら、連れ合いは帰宅してきた。
検査が終わって、あとは来週結果を聞きにいくようだが、いたって元気で帰ってきて
四日で四キロ痩せたと喜んでいる。

 今回は病院の食事も美味しかったというが、やはりお家でのゴチソウの方がお気に入りのよう。
来週からは少し予定がつまっているようで、せめてこの三連休にゆっくりしましょうね、と
レイジーになって、二人ともうとうとうとうと、、、、。
困った事だとも思いながら、まあ歳相応体調相応ということでしょうかね、、、。
文化の日が泣いています、、、、がね。


 ニュースは見たいとテレビをつけるが、どこのチャンネルを回しても、イヴァンカさんの事ばかり。
失礼、イヴァンカさんはトランプ大統領補佐官なのですね。
女性が活躍するのは嬉しいことなのです、、、。

イヴァンカさんはファッションモデルとしても活躍しているというから、そのファッションぶりは
お手のものなのでしょうが、男性コメンテーターまでが、“ステキですね〜〜と、
鼻の下を伸ばしているのですから、、、。

それにしても仕事ぶりや会食もすぐに、インスタグラムに投稿して世界中に流れるのですから、
どんなものなのでしょう、、、、。
父はツイッター、娘はインスタグラムで、世の中を少し動かしているのでしょうかね〜〜、、、?
(といいながら、、、、ワタシモ?)
https://www.instagram.com/ivankatrump/?hl=ja

a0031363_15443401.jpg
             (エンジェルさんおやようさん〜〜〜。今朝な何の曲を奏でているのかしら?)
a0031363_15450703.jpg


 サングラス、外出用、PC用、そして昨日の読書新聞用、とスペアーも入れると眼鏡は五つになってしまった。
今回のは近くを視る新聞用のブルーレイカットと画面の光をさけるフォトクロミックという新しい眼鏡を
作ってくださったのだが、なななかいいようで目の疲れが少ないようで、ヤマナカさんありがとうございます。

 それでは、禁断にしていたインスタグラムをワタシも使ってみましょうかしら?
これでは眼鏡が良くなっても目の疲労はなくなりませんね!


by pretty-bacchus | 2017-11-03 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

ニュースはイヴァンカさん一色、借景の最後の緑に感謝
2017年11月2日 木曜日 晴れ

 フランスの造り手との交信が続いていて、先月は時差生活になっていたのが、先週あたりから
ようやく日本時間の生活に戻れて、すっかりと落ち着いてきた。
シンデレラタイムには眠くなり、朝の光で眼が覚めて起きだしてしまっている。
よいことなのだろう、、、、、。
借景の朝の光がきれいで、太陽の動きを愉しみながら一日を過ごせるのはなんともありがたい。

a0031363_21282226.jpg
(少しづつ朝の光がベランダに入り込み始める、、、、)

a0031363_21290770.jpg

a0031363_21292290.jpg
(この正面の梧桐の木も、まもなく枝が落とされて
瘤こぶがあらわれてしまうのだろう、、、、)


 スーパーの買い物は、その多くをアマゾンプラムとアマゾンフレッシュなどで買うようになったし、
特別な約束で出かけない限り、ソファーに座ってずっとMac三昧。
このところ眼の疲れがひどく、半月ほど前に眼鏡を変えたばかりなのに、また度が合わなくなってきてしまった。

 夕方に眼鏡の調整でアサクラ眼鏡さんへ。
このお店のヤマナカさんの眼鏡への考え方とこだわりには感服していて、いつもお世話になっている。
網膜が波打っていて、0.1ミリ変わっても、視度に変化がでてしまうというやっかいな今のワタシの目に
いつも真面目に対応してくださり、頭がさがる。

今回は近くを視る新聞用の、ブルーレイカットと画面の光をさけるフォトクロミックという
新しい眼鏡をつくっていただいて、出来上がるのが楽しみだ。

 帰りに美容院へ。
先週カット&ヘアーマニュキュアをしているので、シャンプー&ブローでリラックスさせていただいた。
若い子達との会話はなかなか面白く、ありがたいことだ。

 明日からの連休は少しゆっくりできるかしら、、、?



by pretty-bacchus | 2017-11-02 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

慣れない事にばたばたとした月末の一日でした
2017年10月31日 火曜日 曇り 青い朝顔

 曇りの空に青い朝顔が一輪。
けなげな姿に、ありがとう〜〜〜〜〜!

a0031363_23040151.jpg

 月末で慣れないことをいくつかこなしてくったくた。
午後の青空を愛でながら見附の橋を渡って少し早くに着いたのに、銀行のATMでのたのたのた。
結局よくわからなくて中のカウンターの方にお手伝いいただいた。
なにしろ銀行とかは大の苦手なのです、、、、。

a0031363_12184535.jpg

a0031363_12185681.jpg

a0031363_12192997.jpg

a0031363_12194359.jpg
(母校の上智大学の建物が増えて、新しい建物の上部に学校の名前が書かれてていた)
a0031363_12202396.jpg

 橋を渡ってまた戻り、出直して今度は新宿の病院へ。
今回は検査入院だから、連れ合いはいたって元気で、ナースセンターには顔見知りの若い看護師さんが
沢山いらして、患者はいたくご満悦!
先生方もとても気さくな方々で、二月の別の科への救急入院の時とは天と地の感じ。

 早々に辞し、帰りはビックロのアップルコーナーへ。
いよいよこのMacがあやうくなってきたので、そろそろ買い換えて置いた方が良いと判断。
なにしろMacBook Pro、Retina, 13-inch, Early 2013、 OS X 10.8.5で、普通なら2015年中には
新しいのにしておいた方が無難なのに、もう四年もたってしまっているのだから、、、。
六月のフランスの前には思っていたのに、それも出来ないままになっている。

 新しいMacの選択はやはりMacBook Pro、Retina13-inchと決めた。
今は、データを新機に移すのに、ターゲットモードで立ち上げて二つを結ぶなどということはしないようで、
タイムマシーンから移行システムで簡単だそうで、それでも200ギガ以上あるからWi−Fiでは
6時間くらいかかると言うから、古いマックはUSB3.0で新しい用のコネクターを購入しなければ
いけないらしい。

月末にもう一度相談に行くことにしたが、時代はどんどん変わっていて、今少し情報を得なければ
うまくいかないかもしれない。
さて、誰に相談すればよいのやら、、、、?

 疲れ切って家路に着いたが、なんと今日の歩数は5,000歩をこえていてビックリでした。



by pretty-bacchus | 2017-10-31 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

<木枯らし>は<一号> 、<春一番>は<番>はどうしてかしら?
2017年10月30日 月曜日 晴れ 木枯らし一号

 凄まじい風の一日だった。
検査入院している連れ合いの病院行きもやめにしてワタシは自宅待機?

 春の訪れを知らせる風は<春一番>というのに、冬の訪れを知らせる木枯らしはどうして
木枯らし一号>なのかしら?

なんと、木枯らしには、気象庁によって定められている定義があるのですって!
木枯らし一号が気象台から発表されるのは、関東地方と近畿地方だけで、
十月中旬~十一月末の西高東低の冬型の気圧配置になった時に吹く北寄りの風速八メートル以上の風
なのだそう。
関東では、例年十一月七日頃に吹くことが多く、
ちょうど二十四節気の 「立冬」の時期と重なるので、さらに冬の訪れを感じさせるのだそう。

 春一番は、春先に初めて吹く南寄りの強風をいい、気象庁定義では、
立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、初めて南寄りの風速八メートル以上の強風が吹き、
それ以降気温が上昇する現象のきっかけとなるもの

立春から春分までの間で、その年によって日にちが変わり、二月四日頃から三月二十一日頃までの間に吹く
強風のことなのだそう。
でも春分を過ぎてからの強風は<春一番>とは言わないのだそうで、「春二番」「春三番」もあるのですって。

 現在は気象用語になっているこの二つのうち<木枯らし一号>は、台風一号と同じように気象庁によって
使われ始められ、一方の「春一番」は、もともと能登や三重県の志摩あたりの漁師が使っていた俗語で、
それが現在は気象用語になっているというのですから、言葉は面白いですね。
こんなことは、広辞苑には出ているのかしら?

 寝しなに清んだ西の空にきれいが月が現れた。
遠くからカシャカシャ、、、、凍れる月の手持ちでぼけぼけになりました。

a0031363_12180207.jpg

a0031363_12174428.jpg

a0031363_12181478.jpg


http://keico.exblog.jp/237927880/
広辞苑が十年ぶりに改訂されて第七版を来年一月に
平成29年10月26日(木) 木曜日 晴れ

~~~~~~~~
日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時01分  : 日の入 16時48分
  月の出 14時02分  : 月の入 00時20分


by pretty-bacchus | 2017-10-30 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

台風一過の東京では青い空でした
2017年10月23日 月曜日 晴れ 台風一過か青い空

 台風一過の東京では青い空の朝だった。
各地で大きな爪痕を残している今回の台風、これからは進路を北にまだまだ予断許さぬ状況という。
台風と寒波が一緒になって北海道では雪にみまわれているようだ。

a0031363_22554442.jpg
(お部屋の中から青空をカシャカシャ、、、)
a0031363_22562169.jpg

 昨日のアマゾンプライムナウのクレイムの件で(ブログはまだ書けていない)メールが入ったり
電話がはいったりで気分が悪い週の始まりとなってしまった。

 そのうえ昨日からMacの調子がおかしいのでタイムマシーンを二台つけ直してバックアップ。
ところが外付けハードディスクの一つがおかしく、バックアップができない。
<-36>という理由というだけでわからない。困った。

今メインに使っているこのMacBook Pro 13インチRetinaはもう4年前に帰っているから
そろそろ買い替えの時期とかわかっているのだが、なかなか次のにできないでいる。
ひどい話でOSはMountain Lionのまま10.8.3かしら、、、。
それでもともかくいつもバックアップがちゃんととって大事に備えているが。

もうずいぶん前は外付けハードディスクはラシーとかバッファローとかも使っていたが、
数年前からウエスダンデジタルの超小型のMy Passport for Macの2か3テラバイトにしている。
その一台がどうも様子がおかしい。

 真夜中にヨドバシから新しいMy Passport for Macを注文した。
そういえばWDは東芝傘下だったので、昨年から一時中止で今は別の会社になっていた。
いつものようにすぐに注文受領のメールがあり、これで明日の朝には到着するだろう。
ほんとうに便利な世の中になってしまった。
こういう時は助かるが、なんだか昔がなつかしいですね〜〜〜!



by pretty-bacchus | 2017-10-23 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)