タグ:Nikon D7100 ( 581 ) タグの人気記事

ヒトヒの終わりに光と遊び、手を合わせて
2016年2月7日 日曜日 晴れ

 静かな週末となった。
昨日はいろいろ片付け物をして少しずつ前に進んでいる感じ。

こういう小さい努力を積み重ねて、あと何千日かを生きながら、、、、最後を迎えるのだろう。

 海の光の向こうに連なる山並みが霞んでいる美しいテレビの画面をみていた連れ合いが、
最後はこういう処で息を引き取りたいな、、、。
病院のベットはいやだなあ、、、と。

一年程までに二度の入院で大病をしたので、それ以来いろいろ考えることがあるのだろう、、、。

 今日も綺麗に暮れていった。
日没時間の少し前に夕陽で揺れるカーテンはなんともなごやかにヒトヒの終わりを飾ってくれる。
太陽は見えないのに、一日の終わりの夕陽の姿に手を合わせて、、、、。

a0031363_15224195.jpg
(日没小一時間前頃からベランダに光があふれはじめ、、、、カーテンを揺らす、、、)

a0031363_15235854.jpg


a0031363_15242832.jpg


 そしてだんだん暮れてゆく、、、

a0031363_15245994.jpg


 日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時37分  : 日の入 17時14分
  月の出 05時09分  : 月の入 15時51分


by pretty-bacchus | 2016-02-07 15:21 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

陶器のワンチャンと桜もち
2016年2月5日 金曜日 晴れ

 やってきたワンチャンは陶器なのに、なんとも可愛い表情をしている。
光が変わると感じが変わって笑顔がほころぶ、、、。

 日の出が早くなり、日の入りがだんだん遅くなっている。
夕陽をうけてワンチャン達がにこにこ顔、、、。
借景の鳥たちは今日は静かで、寂しき限り、、、。

 桜もちにお抹茶で午後のティータイム。
今週も早やお終い、、、嗚呼!

a0031363_22425787.jpg


#IMAGE|a0031363_22433949.jpg|201602/06/63/|mid|984|657#]

a0031363_2245897.jpg

a0031363_22444849.jpg(夕陽を受けてカーテンが色づき始めると、、、切ない一時、、、)

 日の出 06時37分  : 日の入 17時13分


by pretty-bacchus | 2016-02-05 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

立春に可愛いワンチャンがやってきました
2016年2月4日 木曜日 立春 眼科へ

 朝一で今日は新宿のT病院の眼科へ。
いつものように視力、眼圧、瞳孔を開いての網膜の検査までは順調。
あとは一時間以上待って先生とお話し。
正面>右上>右>右下>下>左下>左横>左上>まっすぐ、、、、と左目と右目の
このK女医さんは一人一人丁寧に診てくださるので待つことは時間がかかるが納得している。

それでもいつもの木曜日よりすいていたので、お昼には終わってしまった。
新宿の街を少し歩いた。
立秋の正午の新宿は青い空だった。
今夕は新宿から夕闇に日没のダイアモンドフジがみえたのだという。
東京の空気は良くなったのだ!

 土手の道も春の芽が出ていて、これが<立春>
<季>があけたのです。
ことしは大事がおこらずに過ぎてくれるとよいのだが、、、。

a0031363_15361374.jpg
(立春正午の新宿にて)

a0031363_15373827.jpg
(午後の土手にはハコベかしら?)

 立春に可愛いワンチャンがやってきた。
Kさんはトイプードルを二匹、Sさんはトイプードルとチワワを可愛がっている。

a0031363_2194477.jpg
(友人のワンチャンァはタクちゃんとユメチャン)


犬好きの連れ合いが、ワンチャンワンチャンと泣くので、友人からの贈り物。
ありがとうございました。

a0031363_15473124.jpg


by pretty-bacchus | 2016-02-04 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

時は春 日はあした 朝は七時、、、、
2016年2月3日 水曜日 晴れたり曇ったり 節分

 節分の空は青かった。
枝に鳥はいなくとも、冬芽がでて春の予兆?

a0031363_19913.jpg
(am7:00 借景の木々にも光が当たり始める、、、、))

ロバートブラウニングの<Pippa's Song 春 の 朝>を口ずさむ、、、
(英語ではすっかり忘れてしまったが、日本語はまだまだ覚えている!)

  時は春
    日はあした
      朝は七時
        片岡に露みちて
          揚雲雀なのりいで
            蝸牛枝に這ひ
              神 そらに知ろしめす
                 すべて世は事も無し
                      (上 田  敏訳)

a0031363_19111065.jpg


 やがて空は青くなり、、、、

a0031363_1972889.jpg


 午後になってベランダに鳥がやってきた。
何か口にくわえているようだわ、、、。キョロキョロ、、、、、ガラス越しにわたしもキョロキョロ、、、。

a0031363_19123220.jpg


a0031363_19134797.jpg


 節分の恵方巻きは東京でもすっかりおなじみになったが、今夜は打ち立てのお蕎麦をいただきました。

a0031363_19162534.jpg
(打ちたての蕎麦は杉の箱に入れられて、、、、、)



by pretty-bacchus | 2016-02-03 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

加齢黄斑変性&ロービジョンという視覚障害
2016年1月28日 木曜日 晴れ

 温かいとは言えやはり大寒の一日。
借景のシデの木に大きな鳥が二羽やってきたような、、、。
望遠をかまえたらあら、、、一羽だけ?
Mac上で現像してビックリ〜〜〜二羽が重なっているような。。。?この寒空に愛の営み? 
まさかですよね、、、。

a0031363_18241574.jpg
(写真をクリックすると大きくなります)
(時々キョロキョロ、、、、)
a0031363_18252727.jpg


 新しいルーペがやっとついた。
ニコンのレンズで照明がついている。
雑誌の五段コラムの一段がちょうとよく入ってクリアーに読める。

新聞の細かい文字も久しぶりに楽しんだ。
日経新聞は電子版で読むから拡大できるが、他の新聞は一番小さいも活字が読みにくくなってから
一年ほどになる。

今までの丸い黒縁の虫眼鏡は黒色が目に入って視野を防ぐので好きではなかった。
アサクラメガネのヤマナカさんが私にあうルーペを探してくださったのだ。

a0031363_18283116.jpg
(外の緑が写っている、、、)

…少しでも、人にやさしいメガネを創ることを心がけることが、私の、私が勤める会社のスタンダード
なんです!!

という彼におんぶにだっこでメガネをお願いしているのだが、いままたこうしてルーペのことまで
相談してしまっている。
ありがたことだ。

 一年前から網膜専門の女医さんに毎月みていただいて経過をみているが、数ヶ月前から、
Macをみるのが不自由になってきた。
両目では全体を読めるのだが、左目だけでは、文字として認識できずにルーペを目に近くにもってくると
まあなんとか絵ではなく文字と見えるくらい。
 
 思えば三十代後半から随分と病院通いが続いている。
病院はすきではないし、定期的な検査というのも苦手なので、どうしようもな症状がでるまで
ずぼらを決め込んでしまう。
その上限界ぎりぎりまで突っ走ってしまうから、症状が出ていやおうなしに病院に行くときには、
緊急入院やら緊急手術なんてことも何回か経験している。
その度まな板の上の鯉となり、そして現代医学と先生方の腕に助けられている。

 その最たる事が2001年の二度の目の手術だろう。
2001年四月半ばからはイタリアのヴィネックスポの仕事を終えてパリに数日滞在していた。
友人のアパルトマンでノートルダムの朝焼けをみていた時に、ポツンとなにか音がした。外ではなくて
私の体の中だった。
すぐにはそれが何だかわからなかったが、それはきっと網膜に穴が空いたときの音だったとわかったのは、
帰国しての二週間後のゴールデンウィーク明けのT医大の眼科でであった。

2001年の五月七日。その場で緊急入院、緊急オペ。右目裂孔原性網膜剥離で失明の危機。
再手術の可能性有り。運動障害あり、今回成功しても問題はいろいろ残る。
失明の危険大への誓約書署名と、、、、あれよあれよと続いた時には、さすがに驚いたものだった。
そして硝子体のどろどろが脳の方までいく寸前に、ウルトラCの真夜中の手術でで救われたのだ。
網膜はシリコンで吊られてガスが入れられて、数日は頭の位置に丸い穴が空いた病院のベットでうつぶせにさせられて
うなっていたのだった。

http://keico.exblog.jp/2163794
2005.8.11
失明の危機を脱した2001年の手術の思い出

直径2.5センチくらいの小さいチイサイ眼の手術は、想像を絶するモノでした。
医学の進歩はすごいですね!!。
網膜にあいた穴を塞ぐために液体窒素で凍らせる。
硝子体が網膜の後ろに流れてグジュグジュにはがれてしまった網膜を、少しずつ引き上げて縛っていく、、、
その圧力は全身麻酔ではなかったので手術中ずっと感じていた。
シリコンのつっかいを強膜の両方にかけ、シリコンの輪っかをかける。
これだけでも信じられないことなのに、最期は高圧ガスをいれて網膜全部がおちてこないようにする。

 これは加齢黄斑変性(AMD)で網膜の中心部= 黄斑部が、加齢や遺伝や喫煙や紫外線など様々な要因で、
この黄斑部の網膜のすぐ下や網膜の外側の 脈絡膜から新生血管と呼ばれる異常な血管ができ、
もろい新生血管が破れて出血したり、
新生血管の中の水分のもれなどを起こすために、ものを見ようとするときに中心がゆがんだり、
黒く見えたりして急激に視力が低下する病いだった。
欧米諸国では成人の失明原因の第一位を占める重篤な病で、日本でも食生活の欧米化や近年の高齢化に伴い
患者数が増加して、緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症に次いで、
成人の失明原因の第四位を占めているという。
(ガスが抜けるまでしばらくは飛行機に乗るのも禁止されて、それから数年フランスへの旅を控えて、
私の二十世紀の人脈が少しづつ変わっていったのだ)

 それがようやく良くなってきたその六ヶ月後の十一月には今度は左目で新生血管ができて混濁。
この時は数日の入院ですんだのだが、イワサキ教授にに失明の危機有りと言われていた。
 (眼の方はその後十数年なんとかもっていたが、2011年には別の病院で乳癌の手術と
血管平滑筋腫の手術をうけている)

http://keico.exblog.jp/2163794
"http://keico.exblog.jp/2163794" target="_blank">2005.8.11のブログ
失明の危機を脱した2001年の手術の思い出

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11のブログの続き
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/1090442
2010年6月25日(金) 続き
小さな旅は、人生の旅のほんの一時なのかもしれない

http://keico.exblog.jp/1751646/
2001年11月17日土曜日 ハ晴れ
日記から目の手術の記録をブログに移行



 数年前からその左目の視力がどんどん落ちで、眼鏡を何度も変えていた。
二年前に一度眼科に行ったが、網膜のことではなく白内障の手術をすすめられていたのだが拒んでいた。
それがまたどんどん視力がなくなってきて、遠くのものが小さく細く見えてきた。
知人の眼科の女医さんのアドヴァイスで早いほうが良いと言うことで、
T先生にお願いして急遽<出頭>。

データと少しだけ目の中を見てくださって、結局白内障の手術を年が明けてからするように進められた。
“右も白濁がはじまってますから両眼一緒にしてしまいましょう、、、”
“でも先生、右はまだなんともありませんし、像が小さくなったり樹が細くみえるのは左だけなのですが、、、。
右目は2001年に大きな手術でシリコンで吊られてガスをいれられて、うつぶせて何日か寝ていたのですが”
“像のゆがみは治らないかもしれませんね、、、”
“え〜〜?”
歳をとれば100%白内障になるといわれているが、今回の現代医学ははたして今の私に必要なのだろうか?

しかし頑として両目一緒の白内障手術は拒絶して、左だけにした。
それから一年がたった頃から、左の目は画像が波打って丸い顔が細長くいびつに見え、
それがひどくなってきた。

一年前から網膜専門の女医さんに毎月みていただいて経過をみているが、数ヶ月前から、Macをみるのが不自由になってきた。
左目だけでは、文字として認識できずにルーペを目に近くにもってくるとまあなんとか絵ではなく
文字と見えるくらい。

先月(2015年12月)には、左はこれ以上良くならないでしょうから、
不自由になれていくしかないでしょうと宣告された。
右の目を大事になさってください、と。

病名は単に、加齢黄斑変性症
網膜のなかでもっとも重要な部分の中心となる黄斑は、視力に最も関わりが深く、
色を識別する
細胞のほとんどはこの部分にあり、この黄斑に異常が発生すると、視力に低下を来たりするのだという。
線がぼやける、欠けてみえる、ゆがんで見えるなどの違和感に注意、不安 、この黄斑が加齢に伴って
物が歪んで見えたり、中心部分が見えづらくなるような状態を加齢黄斑変性(AMD)というのだ。

今まで加齢黄斑変性症(AMD)は不治の病だったが、近年OCT(三次元眼底画像解析装置)の登場により、
加齢黄斑変性症のごく初期でも診断が出来るようになって、その検査を受けている。

抗VEGF抗体(抗血管新生薬)は、全身的な病気の有無(脳梗塞や脳出血など)の危険がともなうということで、
おそらく私の場合は、その注射がおこなわれていないのだろう。

 先々週の土曜日に、十数年前からお世話になっているアサクラメガネのヤマナカさんが
お時間を作って下さったので、相談にいった。
そして初めて、<ロービジョンケア>という眼科の研究のことを詳しくうかがった。
“ロービジョンケア? 老ヴィジョンですか?
“いえ、L,O,Wのローですよ、、、。

彼がロービジョンケアに係り出して三十年近くになり、大学病院やその学会でも研究を続けているという。
(ファイスブックで彼はそのつど書いているのだが、)
私はまだその域ではないのだといわれてしまったのだ。

眼科的に見た場合に、例えば両目共メガネを掛けても0.1しか見えないという
方がいたとします。
この視力では、新聞は読めません。
じゃ、諦める??そんなことはない!!!0.1の視力で読める環境を造ればいい!…
そんな発想がロービジョンケアです。

…ただし、そのためには距離を近くしたり拡大鏡が必要だったりします。
貴女の場合は、右目が充分見えるので、ロービジョンケアの対象じゃないですよ>という判断。

両目ともメガネを掛けても、新聞も役所からの手紙も見えない。銀行で振込用紙に自分の住所と名前が書けない。
そういったロービジョンの方が、日本に157万人いらっしゃると言われています。

でも、ロービジョンケアを行うことで、かなりの割合(80%くらい)の方は、
何らかの改善が図れると思っています。
デモでも多くの方は知らないんです、ロービジョンケアを!
医師や訓練士や行政の方も。だから患者さん自身も諦めている!!

・・・これって悲しい現状だと思いませんか?
日本には20年たたない学会ですが、ロービジョン学会があります。
視覚障害リハビリテーション協会という学会に近い団体もあります。

でも、まだ普及活動は充分と言えません。特に地方は!あと、東京近郊でも、ロービジョンケアを
普及させるためには、学会の講演だけではだめで、「伝授」が必要です。


そしてこんなこともフェイスブックに書いている。
中島みゆきの「糸」という歌がありますが、縦糸と横糸を組み合わせて布になる。
それで初めて
“ロービジョンケアが出来る布になる”っていう部分が結構多くあります。

ある意味、患者さんの思いが縦糸、私たちのケアが横糸、それで布になってケアできるというところも多いです。

・・・全国に私の講演を聞きたいという人(縦糸を持っている)がいらっしゃるのであれば、
私は横糸を張りに行きたい。
出来れば、「横糸を張れる人を養成しに行きたい!!」
そうすることで、少しでも多くの見づらさで困っている方を笑顔にできればと思っています

 
 彼の思いは熱い!
なんとすばらしいことだろう〜〜〜!

a0031363_18423914.jpg
(pm3:50には)

a0031363_18431761.jpg
(そして三十分後には、、、)

 日没に時間にカーテンが真っ赤に燃えて、やがて今日という日も終わってしまいました。
明日は雪になりそうとか、、、、大寒本番です。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/19170609/
2013年12月15日 日曜日 晴れ
寒い晴天に病の記録をひもといて、、、

http://keico.exblog.jp/751284/
27 July 2004 火曜日
蝉の声日の出の時を告げて鳴く(2002年入院の記録)

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/3193645/
2006.02.14
病超え高き低きに宙ぶ人生(入院の記録)

http://keico.exblog.jp/2163794
2005.8.11のブログ
失明の危機を脱した2001年の手術の思い出

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11のブログの続き
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/10904424/
2010年6月25日(金) 続き
小さな旅は、人生の旅のほんの一時なのかもしれない

http://keico.exblog.jp/16988936/
2012年12月14日 金曜日 晴れ
二十一世紀の巴里への旅を追憶して

http://keico.exblog.jp/1751646/
2001年11月17日土曜日 ハ晴れ
日記から目の手術の記録をブログに移行



http://keico.exblog.jp/19607689/
2014年3月25日 火曜日 晴れ
サクラの開花を待てずにしばらく留守にします

http://keico.exblog.jp/19625673/
2014年3月28日 金曜日 晴れ
手術が終わって初めて学ぶ最新の白内障手術

http://keico.exblog.jp/19611185/
2014年3月26日 水曜日 晴れ 病院 
都内某病院の眼科に入院しました

http://keico.exblog.jp/19624292/
2014年3月27日 木曜日 雨 手術の日
手術は無事に終わりました。

http://keico.exblog.jp/19625673/
2014年3月28日 金曜日 晴れ
手術が終わって初めて学ぶ最新の白内障手術

http://keico.exblog.jp/17366396/
2013年2月22日 金曜日 晴れ 北風強し
日没時間がどんどんのびて春はすぐそこ、、、。

http://keico.exblog.jp/19170609/
2013年12月15日 日曜日 晴れ
寒い晴天に病の記録をひもといて、、、

http://keico.exblog.jp/19178613/
2013年12月16日 月曜日 病院 素晴らしい青空
朝の桜の樹、黄色いブガッティー、午後の青い空

http://keico.exblog.jp/19199479/
2013年12月20日 金曜日 雨のち曇り一時晴、のち雹、そして初雪
雨上がりの新宿の黄葉を践んで

http://keico.exblog.jp/19611185/
2014年3月26日 水曜日 晴れ 病院 
都内某病院の眼科に入院しました

http://keico.exblog.jp/19624292/
2014年3月27日 木曜日 雨 手術の日
手術は無事に終わりました。

http://keico.exblog.jp/19640979/
2014年4月3日 木曜日 雨
手術後一週間は桜逍遙の日々でした

http://keico.exblog.jp/21292635/
2015年5月28日 木曜日 晴れ 病院
夜の土手の赤いツツジは赤いのでしょうか!

http://keico.exblog.jp/20969230
2015年3月5日 木曜日 晴れ
眼科の新しい女医さんに感謝です

http://keico.exblog.jp/21184827
2015年4月30日 木曜日 晴れ その一 病院
空気がきれいなゴールデンウィークの東京です

http://keico.exblog.jp/19625673
2014年3月28日 金曜日 晴れ
手術が終わって初めて学ぶ最新の白内障手術

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/3193645/
2006.02.14
病超え高き低きに宙ぶ人生(入院の記録)

http://keico.exblog.jp/2163794
2005.8.11のブログ
失明の危機を脱した2001年の手術の思い出

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11のブログの続き
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/10904424/
2010年6月25日(金) 続き
小さな旅は、人生の旅のほんの一時なのかもしれない

http://keico.exblog.jp/16988936/
2012年12月14日 金曜日 晴れ
二十一世紀の巴里への旅を追憶して

http://keico.exblog.jp/1751646/
2001年11月17日土曜日 ハ晴れ
日記から目の手術の記録をブログに移行

http://keico.exblog.jp/19607689/
2014年3月25日 火曜日 晴れ
サクラの開花を待てずにしばらく留守にします

http://keico.exblog.jp/19611185/
2014年3月26日 水曜日 晴れ 病院 
都内某病院の眼科に入院しました

http://keico.exblog.jp/19624292/
2014年3月27日 木曜日 雨 手術の日
手術は無事に終わりました。


by pretty-bacchus | 2016-01-28 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(4)

寒い日曜日はTVでスポーツ観戦:錦織圭八強入り&琴奨菊が初優勝おめでとう!
2016年1月24日 日曜日 晴れ

 大寒の朝とはこんなにも寥々としているのか!
関東は大雪ではなくきれいな朝。
南の九州では大雪で、奄美ではなんと百十年ぶりとかで、ビックリポン。
海を越えての首都ワシントンと、ニューヨーク州など十一州が非常事態を宣言とかで、
ニューヨークのセントラルパークでは六十センチを超える過去最大の積雪を記録したのだそう。

 寝起きに<テニスの全豪オープン>を見る。
錦織圭が軽やかにツォンガをストレートで下し、二年連続で八強入り。よかった!

a0031363_16243718.jpg
(午後になるとベランダのジャスミンの葉が揺れてカーテンをゆらす、、、)
a0031363_361836.gif
 
a0031363_1791597.jpg〔日没前にカーテンが燃えていく、、、、)

a0031363_17112241.jpg(風にながされて、、、雲がゆく、、、、)

 午後は大相撲初場所千秋楽をなんとはなしみ見てしまった。
琴奨菊が初優勝おめでとう! 観戦していたお父さんが、お爺さんの写真をもって感涙にむせんでいた。

日本出身力士十年ぶりと騒がれているが、白鵬のことが心配だ。
昨日も今日もあっというまに負けてしまって、以前の白鵬ではない。どうなってしまったのだろう。
この十年相撲界をになってきたのは外国人勢で、それなのに、、、という思いがあるのかもしれない。

a0031363_17154491.jpg
(突き落としで豪栄道をやぶり優勝を決めた後に、土俵際に座った関取はじっと目をつぶっていた)

 お相撲は特にはすきではないのだが、「溜席」で白鵬優勝を観てからはなぜかおもしろくなってきている。
今場所もこの<砂かぶり>といわれるお席にお声をかけていただいたのだが、なにしろびっしりと敷かれた
六十センチ四方のお座布団の一つにじっとすわっていなければならないのでお断りした。

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
  〜〜〜〜〜〜〜

 このブログのコメントは、最近は横文字の方が多くて、右サイトバーのコメント欄だけを見ていると
見落とすことがあり気をつけている。
設定からログインしてコメントをチェックすると1月8日の<フランス政府公認ガイド
Guide Conférencierの資格をとった友>の記事にザルツブルク在住者の方からコメントをいただいていた。

http://keico.exblog.jp/22139508
2016年1月8日 金曜日 晴れ 育子さん
フランス政府公認ガイドGuide Conférencierの資格をとった友

ザルツブルクの方は何人かの方を<お気に入り>に入れて、RSSでみせていただいていてこの方もそのお一人。
http://salzburger.exblog.jp
salzburger.exblog.jp
ザルツブログ ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢写真日記

パリのテロのことにもふれられていて、こういう時こそとパリを訪れるヨーロッパ在住の日本人友人も
いるくらいですと書かれている。
ヨーロッパでご活躍の日本人の心意気がわかってとても嬉しい。

 海外でのお仕事をどうぞ頑張ってくださいね。
ここに記録を残しておきます。

Commented by salzburg-info at 2016-01-21 06:55 x
パリへの観光客激減の話は、オーストリアの状況を見ても良く理解できます。
こういう時こそとパリを訪れるヨーロッパ在住の日本人友人もいるくらいです・・・。

私もオーストリア国家資格ガイド免許を所持しておりますので、フランスと似たようなシステムで
資格を取得した一人です。パリから遠く離れたザルツブルクでも今回のテロの影響は大きく、
ガイド業を始めて8年、これほど仕事が少なく、キャンセルされた冬は初めてです。
同じくガイドの高齢化が進んでおり、43歳の私がザルツブルクの日本語ガイドでは最年少です
(ウィーンには私より若干お若い方が居るそうですが)。他の国の様子を拝見できて非常に参考になりました




by pretty-bacchus | 2016-01-24 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

日本列島に冬の嵐が襲ってきている
2016年1月19日 火曜日 晴れ

 寒い。朝が寒い。
低気圧が発達しながら日本列島の南海上を通過していて、東日本と北日本の広い範囲で大雪の恐れがある
という予報だったが、南の鹿児島あたりでも雪害が出ているようだ。
その上、風が強くて、車が横転したりフェリーが港に揺れもどされたりと、冬の嵐は日本中を騒がせていた。

a0031363_1262694.jpg
a0031363_361836.gif


 風邪気味なので、予定を変えて一日中家にこもってしまった。
パリの友人からの珍しいお紅茶をいただきながら、時にはガラス越しに借景の鳥と戯れて、、、、。

a0031363_1243874.jpg
(Bouquet de fleurs No.108は、ダージリンとシトラスがメインのお紅茶)


by pretty-bacchus | 2016-01-19 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

厳寒の朝、東京にも雪がふりました、、、
2016年1月18日 月曜日 雪

 寒い、、、静かすぎる、、、鳥がないていない、、、、。
起きだしてカーテンを開けると一面の雪!

 雪国からかえったばかりなのだが、東京の雪にはビックリする。
気象庁によると東京都心で午前6時で5センチの積雪を観測したという。
電車が遅れたり、車が斜めになったりと、雪に弱い東京がまた露見してしまったよう、、、。

 (午前七時には、、、、、)
a0031363_21192996.jpg

a0031363_21201024.jpg

a0031363_2121044.jpg
(アオギリのこぶにも雪が積もり、、、、シデの枯れ枝には氷の花が咲いている)

 二度寝することもなく、借景の雪景色をながめながらの週の初めとなった。
低気圧が発達しながら列島の南海上を通過してうて東日本と北日本の広い範囲で大雪の恐れがあると
いう予報に、災害がないことを祈って、、、。

(午前十一時、、、、遠くの遠くの屋根に雪が積もっている、、、、)
a0031363_2123315.jpg




by pretty-bacchus | 2016-01-19 23:03 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)

寒い朝でした。東京は初雪とか、、、ヒヨドリが遊んで
2016年1月12日 火曜日 曇り

 寒くて目が覚めた。午前三時五十分。
わたしの寝室は暖房が入っていないので、のそのそと起きだして温かいリヴィングへ。

 どうやら外は白い物がちらほら、、、。
東京では初雪だったよう、、、。

 今日の日の出は06時51分。
それを待ったかのように借景には鳥がやってきた。
太陽がなくとも鳥はちゃんと日の出がわかるのかしら?

 どんよりとした冬の景色。
太陽がない日はこんなにも暗いのだろうか、、、と不思議に思うほどどんよりとグレーな一日だった。

 午後にはベランダにヒヨドリがやってきてしばらく遊んでいた。
あら、、、雀さんも、、、、寒くないのかしら?

 元旦から十日以上つづいた温かいお正月もようやく冬らしい寒さになってきた。
でも借景のシデの木にはすでの若芽がではじめて、春はすぐそこのよう、、、。

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時51分  : 日の入 16時48分
  月の出 08時06分  : 月の入 19時14分
 ガラス越しに借景の朝の空気をすっている、、、。

a0031363_10491345.jpg
(pm627 曇りなのに、朝の光を感じるのだろうか、、、鳥たちがやってくる、、、、)

a0031363_1048145.jpg

(どこをキョロキョロみているのかしら? )

a0031363_10483167.jpg


by pretty-bacchus | 2016-01-12 23:59 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

枯れ枝にヒヨドリ、香水瓶のコレクション
2016年1月11日 月曜日 晴れ

 借景の寒空にヒヨドリがやってくると、ああ、、、冬なのだな〜〜て季節を感じる。
四季のある日本は幸せなのだな〜〜〜!
ぼっとしながら、ガラス越しに冬鳥と遊べるこの時に感謝、、、、。

a0031363_10135822.jpg


 連休なので少し時間ができた。
ごそごそと小物の整理、、、。
そろそろ最後のお片付けと考えて、友人にさし上げたり、失礼と思う物は処分することにしなければ、、、と。

 香水は好きではないのに、香水瓶は大好き。
昔むかしにパリの免税店でいただいたミニチュアの小瓶も沢山あって、一つあけてみたら、
ちゃんと香りは残っている。

a0031363_1032216.jpg

 化粧室の台には本物がいろいろ。外箱のままだったり瓶をだしたりして、すべて封を切っていないので、
きっと香りは保たれているのだろう。
これはどなたの元に旅立つのかしら? さてさて、、、。
ラリックの香水瓶のコレクションはとっくに手元にはなく寂しきかぎり、、、、。

a0031363_10161580.jpg
(いつもはグッチの綿の小さなスカーフをかけてある。
あら、、、、右側に祇園祭のうちわと、ふくみ先生と百合子夫人と一緒に桂林に旅をした時に現地で作った
三人の写真入りの絵皿がみえますね)


a0031363_092234.jpg
(中の下段は、葡萄とその蔓のイラストで、蔓には五カ国語で新年めでとう、、、と書いてある)

 先週手創りカードをいれて、エスティーローダーの<アドバンス ナイト リペア>をお送りした友人から
嬉しいメールが入った。
ウェブ日記に残しておきたいので、今日のブログをもう一つ作ってそちらは非公開にしておきましょう。

http://keico.exblog.jp/22095164/
2016年1月5日 火曜日 晴れ
手創りの三つ折りカードをいれて贈り物を
by pretty-bacchus | 2016-01-11 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)