タグ:Nikon D7100 ( 562 ) タグの人気記事

雪模様があがって良いお天気の日曜日でした
2019年2月10日 日曜日 晴れ 

 雪模様があがって良いお天気の一日だった。
体調のくずれも良いのかもしれない、、、、。

 ソファーに座ってMacに向かって、ときどき借景の鳥たちを遊んで、、、、
そんな日曜日があってもよいだろう。

a0031363_03360432.jpg




by pretty-bacchus | 2019-02-10 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

雪模様の東京でした
2019年2月9日 土曜日 雪模様

 東京はわずかに雪だった。
弟の家は雪でうまり車がだせなかったよう。
母は大丈夫だったのだろうかと思い電話をしたらいたって元気。
良かった〜〜。

 出かける予定だったが、体調いまいちで今夜もオウチゴハン。
オカダさんがブロッコリーのアンチョビ風味と新しいメニューのバーブ三元豚のお料理を
もってきてくださって感謝!
なんともありがたく胸が熱くなった。
ありがとうございます!


a0031363_02490203.jpg
(今週初めに久しぶりにネイルサロンにいった。
たまにはいいですね〜〜〜!)




by pretty-bacchus | 2019-02-09 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

強風の夕方の空は青く赤くきれいでした
2019年2月2日 土曜日 晴れ

 風の強い午後、厳寒といっても借景の空気は春の感じ。
<秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる>は秋の詩だが、
さしずめ
<春来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる>の感じ、、、かな。

 日の出がだんだん早くなり、日の入りがだんだん遅くなる。
明日は節分、そして明後日は立春。
目には見えないエネルギーがうごめく頃、、、、。
時代と共に変わっていく風習のなかに、こうして節の感覚をもって
生きている日本という国はいいな!

 東からはSさんが一時帰国なさった。
春が重ねてやってきましたね。

a0031363_20491537.jpg
(pm5.07 日没の空が青くそして赤く、、、、)

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
 日の出 06時41分 : 日の入 17時09分
 月の出 04時42分 : 月の入 14時48分

by pretty-bacchus | 2019-02-02 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

早や二月如月になりました
2019年2月1日 金曜日 晴

 真夜中にちらりと降った雪も積もらずに朝になったようだ。
そして二月如月になった。
<ベリー公のいとも豪華なる時祷書>も雪景色。
<草木の芽が張り出す月であるから「草木張月」ともいわれるという。

a0031363_01543632.jpg

Wikipediaより)


<ベリー公のいとも豪華なる時祷書>は今はパリ国立図書館にあるようですが、
 もう何十年も前にパリ近郊のシャンティイ城の図書館、
コンデ美術館にあり、週末に観に行ったことを思いだしています。
シャンティイは馬でも有名で、フランス人の友人がすんでいました。

 二ヶ月前にいただいた胡蝶蘭がまだ元気にしている。
ガラス越しでさんさんと太陽をあびているからどんどん蕾が花開いていくが、
枯れかかった花は“ごめんなさい、って声をかけて早めにつんでいるのが良いのかもしれない。
早めに摘んだ花片を、水を少しだけいれた浅い器にいれてテーブルに置いておくと、
長いあいだきれいなままに白く清らかでいてくれる。

 新しい枝がでて小さい蕾がついてきた。
毎日話しかけたら何週間かあとにはきっと大きな蕾になって、やがて花開くだろう。
たのしみだな、、、、、。

 昔むかし、もう何十年も前のこと、植物に話しかけるって園芸の本に書いたら、
そんなばかなと笑われてしまったが、やがてアメリカでそれが実証されたという。
その頃は以前のマンションで、リヴィングルームの窓側いっぱいに何百鉢もの
セントポーリアの小鉢があった。

当時はセントポーリアのはしりの頃。パリの駐在がおわって帰国してからで、
日本で買えないセントポーリア栄養剤をサンフランシスコに買いにいったりしていた。
凝り性なのですね。
月刊誌<家庭画報>の取材を受けて、両開きのページ二面に水をあげる姿が載ったりしていた。
昔々の思い出です。

 借景の木々にもこんにちは! そしてありがとう!
この寒さに春を待つ<冬芽>もではじめています。

 もうすぐ立春ですね!

a0031363_22062964.jpg



by pretty-bacchus | 2019-02-01 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

寒い寒い一日は書類つくりにおわれました
2019年1月29日 火曜日 晴れ 寒い一日だった

 日本とEUの関税を撤廃する経済連携協定(EPA)が二月一日に発効することになった。

四月からニュースと発表されていたのに、急に早まったよう、、、、。
大手のワインの値下げが先週日経新聞にのったので、あら、、、と
思っていたらなんと来月からとなった。
なにかか動いたのだろう、、、、。

一本につき125円の関税がなくなるから、廉価帯のワインには恩恵だろう。
日本酒や緑茶、しょうゆなど日本産の欧州への輸出に追い風が吹くという。

 来月初めにイタリアとフランスから船が入るので、
その原産品申告書とかいくつもの書類が必要になって皆バタバタしている。

 ずっとオウチゴハンが続いていたが、今夜はFさんが鎌倉からでてらして、一緒してくださった。
そのあとはカリンさんへ。
今夜はヒロ川島さんさんのトランペット。
トランペットの切なく優しい演奏に魅せられてしまっている。
ありがとうございます〜〜〜!


 寒い一日だった。明日は雪かもという天気予報。

a0031363_22062242.jpg

#IMAGE|a0031363_02090129.jpg|201901/31/63/|mid|864|577#]

#IMAGE|a0031363_02085232.jpg|201901/31/63/|mid|864|577#]


a0031363_02090983.jpg




by pretty-bacchus | 2019-01-29 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

大坂なおみさん優勝おめでとう! 何度もテレビをみてしまっています!
2019年1月27日 日曜日 晴れ

 昨日はライブをみたのに、また真夜中からの<テニス全豪オープン女子シングルス 
大坂なおみ優勝>のテレビをみてしまった。

 二セット目を逸したあとの第三セット目は見事に冷静に闘って、優勝が決まったあとも
歓喜の声を上げることも跳びはねることもなく静かな喜びだった。
コートにラケットをたてて静かにうつむき、
そしてベンチの前ではしゃがみ込んで涙をこらえていた。

 試合後の表彰式にもとても感激。
トロフィーを手に笑顔の大坂なおみはなんとも素晴らしい!
彼女ってほんとうにナイーブで謙虚で素敵!

a0031363_02053910.jpg

「ワールド・ナンバー・ワン」と紹介されると照れたように笑顔をみせて、
観客に手を振りながら緊張した感じで表彰台に上り
受け取った大きな美しいトロフィーを大切そうに両手で抱えた。

優勝インタビューの第一声は小さい声で、
“ハロー、、、人前で話すのは苦手なんです、、、。
いつものなおみ節は会場に笑いを巻き起こして拍手拍手。
試合中の冷静な攻撃的にペトラ・クビトバを破った様子とは一変して、
シャイで飾らない可愛い人柄が満開。

まずクビトバに、“あなたといつも対戦したいと思っていました。
とても光栄に思います、、と向きあってほほ笑みながら話しかけて讃えた。

会場一杯のファンにには“暑い中応援して下さってありがとう、、、と呼びかけ、
トロフィーを一時預けて、チームメンバーには
“あなたたちがいなければこの二週間は乗りきれなかったでしょう。本当に感謝しています、と
うなずきながら微笑んだ。

“ちゃんとメモを読んだのですが何を話すか忘れてしまいました。
皆さん本当にありがとう、、、。
トロフィーを両手で大切に抱えて表彰台をおりてもずっと会場からの温かい拍手が続いた。

昨年の全米オープンでセリーナ・ウィリアムズを破ったときは、
会場一杯がセリーナファンで、なおみちゃんは可愛そうだったが、今日は彼女が主役!

二十一歳の日本女性が日本中に歓びをくださり、世界中を沸かせたのですね!
感涙なくしてはみていられません。

大会後の世界ランキングで、男女通じアジア選手初の一位の座に就いたのだそう。
ほんとうにおめでとうございます!

優勝賞金は410万豪ドル(約3億2千万円)ですって!

a0031363_21434213.jpg


 少し風邪気味でお昼頃まで横になってしまった。
夕方の借景の空がきれいでした。

〜〜〜〜
(昨日のブログは感激を書いている途中でまだアップ出来ていません)


by pretty-bacchus | 2019-01-27 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

大寒とはこんなに寒いものなのか!
2019年1月25日 金曜日 晴れのち曇り 寒い一日だった

 大寒とはこんなに寒いものなのか!
それでも前世紀よりずっと暖かいというのだから、昔は大変だったろう。
そういえば子供の頃はアカギレで爪が割れたりしていたし、
暖房もストーブとおこただったのだから寒さは辛かったな。

 夕方に外出。
ペンディング事項がますます増えてちょっとパニック。
その上風邪気味で体調もいまいちだし、帰宅してバタンキュウ。

 明日天気にな〜〜れ!

a0031363_21361922.jpg
(夕焼けがきれいな空の向こうに白いビルが見えるのは
どのあたりだろう、、、、?)



by pretty-bacchus | 2019-01-25 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

転倒事故がなんと多いことでしょう! 友人達も母もわたしも
2019年1月11日 金曜日 晴れ 寒い一日 東京では雪の予報

寒い一日だった。
葉が落ちてしまった借景のシデのき木には時々ヒヨドリだけがやってくる。

a0031363_05273919.jpg
(ガラス越しに望遠でに時々スナップを楽しんでいます)


 レストランで転倒して出血。救急車でかつぎこまれたがCTにはなく異常なく、
ただ貧血気味とか心臓に少し問題があるということで、
一昨日昨日はかかりつけの大学病院へ通っている連れ合い。

https://keico.exblog.jp/238993251/
松が明けた日にまた大きな事件がおこりました。
2019年1月7日 月曜日 晴れ 七草


“ああ、疲れた〜〜〜って帰ってきたが、病院慣れしているのでまあ大丈夫だろう。
そして夕方には、“お腹がすいたね〜〜〜”
ほんとにまったく困ってしま〜〜〜う。
まあ食欲がでてきたのは良いことだろう。
でもこの騒ぎで今週は食材のオーダーも出来ていないし、
非常食のありあわせで満足する人ではない。
このところ味わいの感じがますます冴えているようで、家でも外でも大変。

行きつけはカウンターでいただけるお店ばかりだし、、、、。
 昨日お世話になったオカダさんのお店へ電話をしたら、奥のソファー席をとってくださった。
お正月なので、まだ団体はいないよう、、、、良かった!
昨日はゆったりと座って鎌倉野菜とパスタをたのしんだばかりだが、
とてもゆっくり出来たとリラックスしていた連れ合い。

バイクの事故で脳外科に四ヶ月入院し、その後リハビリセンターで三ヶ月のあと
世の中に復帰した彼といろいろ話していて、それも暗くではなかったので一安心。
退院してしばらくしてからフレンチイタリアンのシェフになる修行をしたのだそうで、
決してきどらずに、その上、彼のお料理は優しさにあふれているの!
最近友達と話すのは、レストランの大切なことの一つは<癒される>と
いうことにも大切ということ。

 同病相憐れむというか、今夜も連れ合いはとってもリラックスして
ゆっくりいただけたようで、彼ともいろいろお話しができて、ほんとうに良かった〜〜! 
ありがとうございます〜〜〜!
K先生に、なるべく外の空気に触れるようにいわれていたので一安心。

 それにしても、転んで怪我をする人がなんと多いことか!
友人達からのメールや鍵コメントで驚かされた。

Nさんからは、
ご主人様は取り敢えず入院するような事態にならず何よりでした。
本当に歳をとると考えられないようなことで転倒して骨折や重大な事態になります。
知人二人はカーテンを閉めようとしてよろけて骨折、
畳の縁に躓いたり、お布団に躓いたりで骨折、
母も高齢になってから銀行のロビーが雪で濡れていて
滑って骨折しまいました

 カウンター嫌いなIさんは、お昼にやむをずに入ったお店で、
コの字型のカウンター席しかなかった。
店を出るわけにも行かず、仕方なくコの角っこしか空いていなくて、
それも床から直接席があるのではなく30センチほどの高さで
幅も狭いコンクリの「上がり」の上に固定の丸椅子だった。

食事をすませて帰ろうと椅子から立ち上がった途端に
角っこだったため右足を踏み外してし、あっ!!と思った時は、
目から火花が出るほどの強さで、右の頭と
体側、右肩を壁に打ち付けられたしまったとのこと。

Sさんは石段のあるお店で足を滑らせた。
Tさんは去年横断歩道の金具で滑って車道へなげださらて目の前に車が、
Rさんはお風呂場で、Cさんはタクシーを降りるときにつまずいて捻挫。
なんと母も去年の雪の日に玄関で、、、、と、
まあ次々にでてきて、今さらながらに驚いている。

 私よりずっと若いNさんは、急に立ち上がったり走ったりはせず、
お能の所作のように緩やかに動くことを心がけているのだそう。

 そういえば、去年わたしもレストランの石段を上ったところで足を踏み外して
目の前の電信柱に前頭をがんとぶつけて、その反動で後ろにひっくり返ったことがあった。
あのときどうして瘤ができたくらいですんだのだろう、、、と今でも不思議。

それ以来、特別な会以外はスニーカーとトートバックにしているのは、
それはそれで良いのかもしれない。
でも今年は少しお洒落をしようと思ったのに、早やあきらめはじめている。



by pretty-bacchus | 2019-01-11 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

高齢者の転倒事故はとても多いのだそうです
2019年1月9日 水曜日 晴れ

 午後から歯医者さんへ。
年末に右下のブリッジが外れてしまってそのままになっていた。

 先生はつれあいの学校の先輩で、少し遠いがずっと前からお世話になっている。
一昨日のことを話したら先生はもうびっくり。
不幸中の幸いだが、このまま家に引きこもってはダメだとおっしゃる。
“シゲルちゃんに呉々もそう言うように、と念を押された。

 先生の周りの方の不幸な例をいろいろ話してくださった。
転んだり石段を踏み外ずしたり、レストランの二階から一階への階段での事故とか、
転倒事故がとっても多いよう。

先生の親友のお医者様のお話しには言葉を失った。
名医でゴルフもプロ並みでなんともイイオトコで、
先生の歯医者には年に数回治療にいらしていた。
何年か前にご自分のクリニックを開かれて、最晩年も医療に尽くしていかれる予定だった。

 ある日レストランの出口でつまずいて転んだ。
緊急入院をしたが、その後植物人間のようになってしまって、
二年近くも奥様が献身的に看病なさったが、
過労で先に亡くなられてしまったのだそう。
ご本人も意識をはっきりとは回復することなく間もなくお亡くなりになられた。

 まだまだいろいろのケースがあるようで、
先生は私の治療が終わってからも、いかに注意をしなければならないかをお話しくださった。
“シゲルちゃんと来週一緒にいらっしゃい、、、と
二人一緒の予約をとってくださったのです。
ありがたいことです!

a0031363_00294281.jpg

 帰りに甘いものを買いたくなったが近くにはなく、先生のご紹介のおせんべい屋さんへ。
富山米100%の焼きたておかきのお店<ささら屋>さん。
しろえびせんべい、こきりこなどほどほどのお値段でいろいろ買ってしまって、
美容院のお年賀にもなりました。

帰りはオカダさんのお店へ。
彼は何年か前にバイクの事故で脳外科に四ヶ月入院し、
その後リハビリセンターで三ヶ月のあと世の中に復帰。
その後にフレンチイタリアンのシェフになる修行をしたのだそうです。
同病相憐れむというか、彼のお店では連れ合いはいつもとってもリラックスしているのです。
腕を組みながら家まで送っていただきました。
ありがとうございます〜〜〜!

 不幸中の幸いで最悪はまぬがれましたが、
五針ホッチキスの後頭部は白い頭巾でおさえられていて白頭巾みたいね、、、とお話しして。
さあ、明日からまた元気に最晩年をガンバッテいきましょうね。


夜半にフェイスブックの皆さんの書き込みに感謝をこめて
お返事を書きました。
ありがとうございました。

a0031363_00302574.jpg



by pretty-bacchus | 2019-01-09 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(5)

三が日がすぎて世の中が動き始めました
2019年1月4日 金曜日 晴れ

 きれいな朝が続いた。
今年こそは規則正しい毎日をおくろうと思っていたのに、最初から
不規則のはじまりとなってしまった。

a0031363_19182482.jpg

 今年も沢山年賀状をいただいた。
近況とかご家族の写真を載せている方が多くなって、なかなか楽しく拝見している。
自分は年賀状はやめてしまったが、
いただいた賀状には返事を書くことにしているので、
出来上がったプリントに一言二言書いて、いつものようにお名前は筆で心を込めて書く。
いつまでできるかわからないが、せめてこれだけは続けて行きたい。

 三が日がすぎて世の中が動き始めた。
とたんにメールが多くなって、特に海外からのメールが続いた。
フランスもイタリアもお休みは元旦だけだから、もう仕事モードに入っているのだ。

今年は少し忙しくなりそうな予感、、、、
どんな形で次世代に引き継いでいくかはまだ模索中だが、
それまであと何年か頑張ってみたくなっている。
オンヴェラ!




by pretty-bacchus | 2019-01-04 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)