<   2019年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

<平成>から<令和>への<退位礼当日賢所大前の儀>と憲政史上初の儀式「退位礼正殿の儀」
2019年4月30日 火曜日 小雨のち曇り その一
平成三十一年年四月三十日

  平成最後の日となった。
静かな朝は小雨模様、、、、偲び雨か!
これほど雨の朝が静かだったことがあったろうか! 否(イナ)!


a0031363_18154389.jpg

 風薫る新緑のこの季節に、大みそかを迎えたような心持ち。
そして新しい年を待つような気持ちで、この平成最後の日を心穏やかに迎えている人々は多いだろう。
誰もが過ぎ去りし平成を惜しみ偲んでいるだろう。

でもそれは三十年前一月のあの暗い小雨小雪の<偲び雨>とははまったく違う。
先天皇が崩御なさり数時間で<昭和>から<平成>へ元号がかわった三十年前、
あの重苦しかった昭和末期のとはまったく異なって、
人々はこの日を惜別と新しい希望の記念日としてそれぞれの時を過ごしているのだろう。

 私は昨夜この三十年を振り返って感慨にふけり、来し方を振り返って懐かしみ
一つの記録のブログを書いた。 高度成長の波にのって頑張ってきた昭和の時代が、
平成に変わってまもなくのバブル崩壊にどっぷりと足をとられてがらがらと崩れてしまった
平成の記録を<Web日記>のブログにのこしておきたくなったのだろう。
そしてフェイスブックにもアップしてしまった。

https://keico.exblog.jp/239241573/
あと二十四時間で新しい元号がやってくる、その夜半に<平成>をふりかえって
2019年4月29日 月曜日 昭和の日 晴れたり曇ったり
 平成三十一年年四月二十九日

 平成天皇はなんという英断をなさったことだろう。
二年半前の「象徴としてのお務めについて」の天皇陛下のお言葉の
戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。
 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、
天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、
思いを致すようになりました。
 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、
天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、
私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います
から始まるご譲位のご決断には胸を打たれた。

内外ともに激動する時代にあって、先の大戦で多くの命が失われた国内外の地への慰霊の旅を重ねられ、
また阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの被災地訪問や、
被災した国民のもとに足を運ばれては、一人ひとり手を取られ、励まされた。障害者施設の視察などなど、
今上陛下は常に国民に寄り添ってこられた。
すべてを「全身全霊」で果たされた「象徴としてのお務め」は、ほんとうに頭の下がる思いだった。

「全身全霊」で果たされた「象徴としてのお務め」に終止符をうって、
お元気なうちに次代の皇太子さまに引き継がれる。
陰に日向に陛下を支えられた美智子皇后様のもとで育てられて帝王学も学ばれた浩宮さまは
しっかりとその責務をはたされることだろう。


 ご尊顔を拝したのは二十年ほど前の園遊会での一度だけだったが、
今の時代のメディアでの報道にその都度そのお姿を拝して感謝し時には涙していた、
昭和の日、国民の休日、天皇即位の日、国民の休日、憲法記念日、みどりの日、子供の日と続
く十連休のあいだに行われる平成三十一年のこの日の<譲位の行事>の記録と、
国民の華やぎはきっと後世に語りつたえられることだろう。
世界でただ一国<元号>がある歴史有る日本に生きていかれる幸せを感じている。
 

a0031363_18280935.jpg


 午前10時 皇居・宮中三殿においていよいよ退位の儀式が始まった。
<退位礼当日賢所大前の儀>というのだそうだ。

(追記*写真Webより)
a0031363_22331191.jpg


そして午後5時からは、皇居・宮殿「松の間」で、202年ぶりの天皇退位に伴う憲政史上初の儀式
「退位礼正殿の儀」に臨まれるという。
国事行為として行われ、皇后さまや皇太子ご夫妻ら成年皇族15人のほか、閣僚や衆参正副議長、
最高裁長官、国会議員、都道府県知事や市町村長の代表らとその配偶者の約300人が参列するのだそう。

そして陛下が在位中最後のお言葉を述べられる。
この時代に和して、実況放送があり陛下のお言葉はネットでも流されるという。

明日の5月1日午前0時に皇太子さまが即位し<令和>の時代が始まる。
なんとも不思議な感じだ。
時計の針が十二時をすぎたら、もう平成ではないの?!
この感じは、毎年大晦日から元旦へとうつるその感じよりももっともっと深い。

 一時あがっていた雨がまた降り始めた。
偲び雨なのであろう!

私はこれから<平成から令和>へのカウントダウンのステキな会にお招きをうけている。
<平成から令和へのその一瞬は、ヒロ川島さんのトランペットで!>
銀座八丁目まで、さあ出かけましょう〜〜オンニヴァ!

〜〜〜〜〜
追記:

改元の代替わり儀式 宮殿内部を徹底図解
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/kaigen-kyuden/?n_cid=NMAIL006


a0031363_16171948.jpg
「退位礼正殿の儀」でお言葉を述べる天皇陛下(30日午後、皇居・宮殿「松の間」)=代表撮影


a0031363_16172649.jpg
退位礼正殿の儀」に臨む皇太子ご夫妻(30日午後、皇居・宮殿「松の間」)=代表撮影

その後、天皇陛下はマイクに向かってこのようにお言葉を述べられましたという。
今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
ただいま、国民を代表して安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に深く謝意を表します。
即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行いえたことは
幸せなことでした。
象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します。
明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを皇后と共に心から願い、
ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

儀式では、安倍晋三内閣総理大臣が天皇陛下へ挨拶と感謝の気持ちを述べ深く一礼。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 天皇陛下は壇上から降りる皇后陛下のお手をとり、
集まった人々へ一礼されると、松の間からご退場されました。

a0031363_18281988.jpg

https://keico.exblog.jp/23327738/
偲び雨、崇仁親王殿下の薨去に頭を垂れて
2016年10月28日 金曜日 雨


by pretty-bacchus | 2019-04-30 17:17 | ○Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

あと二十四時間で新しい元号がやってくる、その夜半に<平成>をふりかえって
2019年4月29日 月曜日 昭和の日 晴れたり曇ったり
 平成三十一年年四月二十九日

 どうも妙な感じだ。
あと二日で<平成>という時代が終わるというのは!

 BGMでつけたままのテレビでは、どの局もこの平成三十年間の天皇陛下のなされた事と平成の出来事。
テレビと借景の新緑をみながら、私も一緒に1989年から2019年までの三十年を振り返っている。


a0031363_22293999.jpg


 私たちには波瀾万丈の三十年だった。
大学を卒業してエールフランス航空に入社し、パリの駐在員をへて
子会社のホテルメリディアンチェーンの日本支社長を最期に退社したのは
昭和最期の頃の1987年だった。

その後は身内の貿易会社のお手伝いをしてウィンタースポーツ関係だけではなく、
ワイン&食品の仕事にも関わっていたが、それも十数年前にすべてに終わりを迎えることになったのだ。
 三十年かけて築いた事柄のすべてがバブルの崩壊でくずれ失ってしまった。
自社ビルも何もかもが銀行の餌食になってしまったのかもしれない。

そんな時代が平成の前半。
でもその間にも、私ははばたいていたような気がする。
エールフランス航空の社員だったという足かせがはずれて、
別のフランス人の世界で新しい輪をいただき、日本人としてはそれはそれは信じられないような
フランスの上流社会の世界でアート、オペラ、食にワインと十年間ほど享受せていただいた。

そして古巣エールフランス航空の機内誌<BOBN VOYAGE>に
写真とともに<新フランスワイン紀行>という数ページの記事を書かせていただき
編集長とともにフランス中を旅したのも前世紀の最後の数年だった。

それらが今世紀最初に突然きれてしまったのは、
2001年に突然襲われた眼の手術で数年飛行機に乗れなかったからだった。

 そして平成の後半も、またまた悲喜こもごもの十数年だったような気がする。
大きな病気をいくつも乗り越えながら、多くの方々の助けをいただきながらの現在がある。
いま最晩年を迎えて、もうとっくに終活も終わって静かに余生を過ごしていなければならないのだろうが、まだまだそうはさせてもらえそうもない。

恩返しをしたい方々が沢山いらっしゃるし、若い世代の方々のお手伝いもしたい、
母のことも家族のことも考えねばならない。
それには老体に鞭打って、もう少しの間だ頑張らねばならないだろう。
幸いにも二十代から九十代までの老若男女の友人達に囲まれているのがなんともありがたい。

 きたる<令和>の時代は、わたしにとってどんな時代になるのだろうか?
今までの経験と人生観をしっかりと背負って、ちゃんと地に足をつけて歩いていきたいが、
まだまだ波瀾万丈は続くのかもしれない。
心に体がついていけなくなるというこの最晩年は、
きっと今までにはわからなかった新しい辛さが沢山あるに違いない。
どこまで乗り切れるかは私にも誰にもわからない。神様だけがご存じなのだろうか!

そんな日々のことごとを、今までどおりに毎日綴ってこのブログにWeb日記として
アップしていきたいと思っている。
ブログを通してこの十五年の間だには、昔のことも少し振り返っているし、
あまりに辛いことは時には非公開にして自分だけの記録にしているが、それもまたよしかと。

 七十数年の間には、一女性としては何人分もの人生を生きているかもしれない。
(何年か前にある方にそう言われたことを思いだした)
いろいろ書いて残しておきたい事が山ほどあるが、その時間も気力も今はないし、
ずっとやってこないかもしれないが、、、、、、。

  あと二十四時間で次の元号の新しい時代がやってくる、
その夜半にすこしだけ<平成>をふりかえっている。




More>>目の手術の記録
by pretty-bacchus | 2019-04-29 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

ほってあるベランダの君子蘭が花をつけました
2019年4月28日 日曜日 晴れのち曇り
平成三十一年年四月二十鉢日

 連休の東京はほんとうに静か。
毎年のことだが、今年はもっと静かなよう。
Macに向かって座ってばかりでは体にも悪いと、夕方にでかけた。

 カメラから抜いたSDカードがどこかに行ってしまって、お出かけの写真は無くなってしまった。
残念。

 ベランダの柵の前においてあった君子蘭が花をつけた。
ここに住み始めた頃にお祝いでいただいた鉢だから、もう三十年以上前!
一度植え替えただけの鉢の上には枯れた君子蘭の葉が重なってしまっているのに、
それを破って新しい花が咲いたのだ。
此方にむけたかったが折れてしまいそうで、そのままにして鑑賞。

 植物の命に感慨深いゴールデンウィークの二日目です。


a0031363_22292263.jpg
(枯れてしまっている宿根朝顔は今年は葉をつけてくれるでしょうか、、、、)



by pretty-bacchus | 2019-04-28 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークが始まりましたね
2019年4月27日 土曜日 曇り
平成三十一年年四月二十七

 ゴールデンウィークが始まった。
土曜、日曜日のあとは二十九日が昭和の日、三十日が国民の休日。
五月一日が天皇即位の日、二日が国民の休日、三日が憲法記念日、四日がみどりの日、五日が子供の日、
六日が振替休日だそうだ。
十日も続くことがなかったし、天皇即位の日の行事が重なってメディアも日本中も湧いている。

 私たちはどこにも出かける予定がなく東京で十日を過ごす予定。
終活のかたづけものを進めようと思っていたのに、F先生から思わぬ依頼事がはいってしまって、
またまた数日Mac上で書類と格闘しなければいけないかもしれない、、、。
じっくりと読みたい本も何冊かあったのに無理かな?


a0031363_02165825.jpg

 去年の十一月にいただいた胡蝶蘭が一度花が終わってから脇芽がでて七つの蕾のうち
一月の間に六つの花がひらいた。
その脇からもう一本脇目がでてやはり七つの蕾がついた。
その一つ目の蕾が数日前に開き初めた。
なんという生命力だろう!
この鉢は鉢中に土はなく水苔仕立てなので、
そっとそれぞれの元枝元に週に一回水を与えていただけだったが、
数日前に初めてリン肥料の粒子を少しあたえてみた。

右側のもう一鉢は土仕立てで重いから下のほうにおいてあるが、それもまた脇目が出てきた。
お隣の鉢が毎日声をかけているので、ジェラシーでようし私もって頑張ったのかしら?
可愛いですね〜〜〜!


a0031363_02171360.jpg


その昔、、、何十年もまえに、エールフランス航空のパリの駐在員から帰った頃に、
セントポーリアと観葉植物に懲りに凝ってリビングとベランダ一杯に鉢を何百鉢もそだてたことがあり、
植物の本にその記事を書いたことがあったから、少しは慣れているのかもしれない。
(神宮前の七階のマンションでしたが、家庭画報とかモダンリビングとかの雑誌の取材もありましたね、、、、なつかしい思い出です)
 
 今夜はお家ごはん。
せめて少し外食をと思ったが、この時期お休みのお店が多いし、魚河岸も半分しか開いていない。
さて、どこのお店にしようかな?

〜〜〜〜
(2019年4月24日には、、、)
a0031363_22395480.jpg

2019年4月24日 水曜日 曇り 平成三十一年年四月二十四日
花が終わった胡蝶蘭から二本目の脇目がでて、蕾を七つつけました。

最初の脇目のころは
そして四つ目の花が開いて五つ目の蕾がおおきくなってきました
2019年3月23日 土曜日 曇り

“咲いた咲いた〜”と愛でるのは胡蝶蘭の脇目からでた枝についた七つの蕾
2019年3月9日 土曜日 晴れ 春一番

胡蝶蘭の脇からまた枝がでて蕾が七つ! 一つ目が花開きました
2019年3月2日 土曜日 晴れ 良いお天気でした


a0031363_04130407.jpg

深紅のプリザーブドフラワーは「メリアボックス」という名の「幸せを重ね合わせる」ギフト
2018年12月26日 水曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/238896563/
先週いただいた胡蝶蘭が見事に花開いています。
2018年12月7日 金曜日 曇りのち晴れ

a0031363_17030512.jpg



by pretty-bacchus | 2019-04-27 22:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

シデの木の芽の房の間を大きな鳥が飛び去りました
2019年4月26日 金曜日 小雨のち曇り
 平成三十一年年四月二十六日

 連休に入る前にすでにお休みモードかな?
熱戦の卓球をみて、
そして夜にはテニスでバルセロナオープンを観戦してしまった。

 なんだか体調いまいちで、長いお休みの前にクリニックへ急いだ。
世の中風邪がはやっているようで、待合室は一杯で皆ごほんごほん、、、、。
ますます調子が悪くなってしまいそう。

少しゆっくりしなさいということなのかもしれない、、、、。

 夜になって今週撮った写真の整理を少し。
数日前に、シデの木の芽の房を撮ろうと思ってカメラを構えたら鳥が飛んできて、、、、。
ホバリングして羽根を拡げているのはオナガでしょうか? ヒヨドリでしょうか?


a0031363_02220506.jpg


by pretty-bacchus | 2019-04-26 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

借景のシデの新緑にやってくる鳥たちに癒されています。ありがとう〜〜!
2019年4月25日 木曜日 曇りがちのち一時晴
 平成三十一年年四月二十五日

 連休前に少しばたばたしてしまった。
たいした仕事はしていないのに、倉庫さんの予定に影響されてしまうのはやむを得ないのかな?

 書類やファイルに埋もれている穴蔵のようなMac席に座ってMacと睨めっこ。
今はなにをするにもPCになってしまっているから、
ソファーに座って背中をもたれかけて胸を張り姿勢を良くしてMacPowerBookを開く。
アサクラのヤマナカさんに、ブルーレイカットの60センチ離れた画面にあう眼鏡を
作ってもらってそれをかける。

乱視も少し調整してもらっているのでとてもありがたい。
その上、Macのシステム環境設定で、テキストアプリの画面は黒、
夜にはナイトシフトにしておくと眼が楽なような気がする。


a0031363_22301454.jpg

 右斜めに広がる借景は今まさに深緑の頃!
いつもは朝に夕にが多いのに、今日は一日中鳥たちがやってきていた。
ヒヨドリはカップルでやってきては遊んでいた。

ガラス越しにレンズを向けて楽しんでいます、、、。

a0031363_01524973.jpg

あら、珍しい鳥が、、、、メジロかしら?
そして背が蒼いオナガもやってきましたが、
あっというまに飛び立ってレンズを向けたときには飛び去るまえでした。

a0031363_22333697.jpg


(オナガもやってきましたが、すぐに飛び去ってしまって、、、)

a0031363_22302608.jpg

あらあら〜〜〜ベランダの枯れ鉢に残った苔でも食べに来たのでしょうか?

新緑にやってくる鳥たちに癒されています。ありがとう〜〜!


a0031363_14541307.jpg


 夕方にお願いしてあった有機のルコラとフリルレタスをいただきに御苑前まで。
ここまできたらやはりルマーカさんですね。
ありがとうございました。




by pretty-bacchus | 2019-04-25 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

花が終わった胡蝶蘭から二本目の脇目がでて、蕾を七つつけました
2019年4月24日 水曜日 曇り
 平成三十一年年四月二十四日


 どんよりした朝は夜まで一日中続いた。
このところ交通事故のニュースが多い。それも子供達をまきこむいたまし事故が毎日のように続いている。子供達が巻き込まれた悲惨な事故のニュースをみるのは辛い。

 せんだっての池袋の事故では、三十一歳の若いお母さんと三歳のお子さんが犠牲になった。
三十二歳のお父さんの気丈な会見も涙なくしては見ていられなかった。

 何年も前の秋葉原事件以来、都会はとても怖いと思っていて、信号を渡るときとかは
とても気をつけている。
でも気をつけたいと思っていても、こういう一瞬の不可抗力のもらい事故は避けることができないだろう。


a0031363_22402040.jpg


 私たちはすでに免許を返上して、もっぱらバスとタクシー。そしてときどきJR.
お買い物もアマゾン、アマゾンフレッシュやアマゾンプライム、そして高島屋ローズキッチンや
各メーカーのWebでまにあっているし、あとは近くのパンや、お豆腐やさん、
佃煮やさんとスーパーだけかな。
もっともっと便利な時代になるかもしれないが、
どこまで利用するかは自分で考えねばならないだろう。

 去年の十一月にいただいた胡蝶蘭が一度花が終わってから脇芽がでて七つの蕾のうち
一月の間に六つの花がひらいた。
その脇からもう一本脇目がでてやはり七つの蕾がついた。
楽しみだな!


a0031363_22395480.jpg



by pretty-bacchus | 2019-04-24 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

<懐食みちば>さんの四月のメニューはピゼーのロゼドゥソワレと<春心>でした
2019年4月23日 火曜日 晴れ 銀座へ
 平成三十一年年四月二十三日

 借景のシデの木の新緑は日に日に、いや朝な夕なに彩りをましていく。
黎明のころに新しい緑がうごめきはじて黄昏時にはさらに色合いが重なっていく。
なんともすてきな季節。

#IMAGE|a0031363_14540809.jpg|201904/25/63/|mid|417|624#]

a0031363_14543127.jpg

 夜明けまえには鳥たちも遊び初めて今日は午後にもやってきていた。
Mac席のソファーにすわったままで目を上げると、右遠くに鳥たちの動きがみえてカメラをかまえるが、
すぐに飛び去ってしまって、なかなか撮ることはできない。


a0031363_14540809.jpg

a0031363_14540274.jpg

 夕方から銀座へでかけた。
みちばさんとひとみさんの処へ!

 道場六三郎御大は同じ町内の住人で、もうずいぶん前からご縁をいただいている。
八十六歳におなりになるがとてもお元気で、ヒデさんのお店でもときどきお目にかかれる。
今夜は銀座の<懐食みちば>さんへ。

御大ご自身が毎月考えられる旬の食材の新しい献立のコースはとても楽しみ。
今月の<春心>は、ガメイ品種の世界博で銀賞のシャトードゥピゼーのロゼドゥソワレと
石川県の日本酒とのペアリングでいただくコースメニュー。


a0031363_14550569.jpg

a0031363_14545049.jpg

a0031363_14551128.jpg
(マネージャー&シェフソムリエの田中さんと、次のボージョレブランを
試飲させていただきました}


 一品づつの季節の食材を楽しみながら、女将やソムリエさんとの会話も楽しみながらのふた時。
銀座という立地、八階からの銀座通りの景観、広間の天井の高さと空間、
そして正面を飾る五鉢の見事な盆栽、右のカウンター奥には忙しく動く十人ほどの板前さん、
四人のソムリエさんを含めてのホールの皆さんのサービスとホスピタリティ、
そしてコストパフォーマンスの良さが相まって、七十席以上もあるお席は
いつも満席のよう(この他に個室が二つある)。

家族連れも、会社の接待の方も、時には一人の方も、
それぞれの方が楽しく食事をしている姿はとてもステキだ。
ふと、パリのモンパルナスのクーポールを思いだしていた。


a0031363_14551793.jpg

a0031363_14553335.jpg
(藤の盆栽が見事!)



 銀座は夜十時をすぎるとタクシーをつかまえるのがむずかしいのが難点かな。
数カ所ある乗り場まで歩かねばならないが、雨でなければ銀ブラと洒落こむのも良いかもしれない。

〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_01220840.jpg


(途中にiPadでフェイスブックと遊んでみた)

~~~~~~~~~
URL:
http://www.kaishoku-michiba.jp/
For the special Soiree with Chateau de Pizay Rose de Soiree
http://www.kaishoku-michiba.jp/news/815/
a0031363_01282465.jpg


by pretty-bacchus | 2019-04-23 23:58 | ☆Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

土手のツツジが満開でした
2019年4月22日 月曜日 晴れのち薄曇り
平成三十一年年四月二十二日

 
 ツツジが満開となった土手の道を少し歩いた。
大通りに出るとバス停のパネルが<エールフランス>に変わっていていた。
あ〜〜フランス。去年の四月はフランスだった!
少し旅心がうごいて美容院へ。

 今週はちょっと予定がつまっている。
ガンバッテいきましょう、、、。

a0031363_22582330.jpg


a0031363_22570329.jpg


by pretty-bacchus | 2019-04-22 23:58 | Trackback | Comments(0)

オニカサゴとクロムツ、ヒラメ、そして山ウドづくし
2019年4月21日 日曜日 晴れ 
平成三十一年年四月二十一日

 借景のシデの木の深緑はますます彩りをましてえきた。
朝夕に色をましてきて面白いほど、、、。

a0031363_16253818.jpg


a0031363_16401673.jpg


 二回目の上越からの魚便が着いた。
糸魚川のヒラメはOさんのお店用。
私用には能生のオニカサゴとクロムツ。
オニカサゴは流通量が少なく高級魚とされているという。
そして貴重な山ウドを沢山いただいた。

 まず今夜はOさんのお店でカルパッチョにしていただいて堪能。
半分は持ち帰って明日の夜にいただきましょう。

 十数本の山ウドを手間暇かけてお料理。
アクで手がぎしぎしになってしまいました。


a0031363_22390330.jpg


a0031363_22393899.jpg




by pretty-bacchus | 2019-04-21 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)