<   2018年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

病院通いの如月二月がすぎゆきます
2018年2月28日 水曜日 曇り 今月最後の病院

 今月は一日から病院通いが続いてしまった。
そのおかげというか三日もフジフィルムの東京サービスステーションに通ってカメラとレンズの
ファームアップをしていただいた。

 今日は午後からだったが、先生とお話しできたのは三時間待ってから、、、。
外は真っ暗になっていた。

a0031363_04184175.jpg
{病院ロビーでの定点観測!)


 乳腺センターにお世話になってから早七年がたった。
どうやら卒業のようでお薬が二つともなくなった。

上部内視鏡も下部内視鏡も大したことがなっかたし、先々週の脳のMRIも脳動脈瘤などもなく、
とても若い脳だという!
先週の24時間ホルター心電図装置もすべてパスしたようだ。
それぞれの心配の症状があるからY先生はしてくださったのだからありがたいことだ。
一年に一度は覚悟したほうが歳相応ということだろう。

 時を同じゅうして、上智大学時代に日仏会館でフランス語を一緒に学んだ昔の友人からフェイスブックの
メッセンジャーが入った。
フェイスブックはあまり使っていないのだが、少しづつ慣れてきている。

ワタシの夢をみたという、、、。その中でワタシと会話もしたとのこと、、、。
夢は起きた直後はよく覚えているものですが、今となると途切れ途切れになってます。
「たらればもし」を考えても仕方ありませんが、人生は激変していたと思います
とのお言葉に胸がつまる。
病院ですか。私も脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻科、消化器外科、内科、泌尿器科とほぼ全身に渡る
通院三昧でございます。
お互いに「元気で」長生きしましょう

 一昨年の誕生日に昔々の写真を送ってくださったTKさん。
1966年4月にローマからだした絵はがきも!
半世紀はなんとドラマティックにすぎていったことか!

http//keico.exblog.jp/23005143/
なぜか涙がとまらない、嬉しいのか悲しいのかわからない誕生日
2016年7月15日 金曜日 雨のち曇り 日の出入・月の出入 (東京) 日の出 04時36分  : 日の入 18時57分
TKさんがフェイスブックにアップしてくださった、私の若い頃の写真!
さて1960年代後半のことだろうから四十八年前?<br>
a0031363_124310.jpg

そしてローマからの絵はがきは初公開!

https://keico.exblog.jp/23038458/
1966年4月のローマからの絵はがき
2016年7月25日 
#IMAGE|a0031363_20212511.jpg|201607/26/63/|mid|644|453#]


#IMAGE|a0031363_20215017.jpg|201607/26/63/|mid|644|454#]


a0031363_114436.jpg

 そのローマは数日前は大雪だったよう!

 明日から彌生三月。
月日はあっというまに過ぎていく!
時間よとまれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

a0031363_02412204.jpg

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
https://keico.exblog.jp/238352913/
24時間ホルター心電図装置を胸に取り付けられてしまいました
2018年2月22日 木曜日 寒い一日 小雪 

https://keico.exblog.jp/238350918/
女子団体パシュート! 金メダルおめでとう!!!
2018年2月21日 水曜日 曇り 病院 フジフィルム

https://keico.exblog.jp/238313583/
先週に引き続いて内視鏡の検査などで日が暮れて、、、
2018年2月8日 木曜日 晴れ 寒い 病院

https://keico.exblog.jp/238274179/
小雪の日にはひっそりと上部内視鏡などの検査でした
[2018-02 -01 23:58


by pretty-bacchus | 2018-02-28 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会での羽生結弦の記者会見
2018年2月27日 火曜日 曇り

 昨夜チャーター便で帰国した平昌冬季五輪選手の帰国報告会が行われた。
史上最多のメダル13個を獲得した日本代表選手団の若い彼らの顔は晴れやかだった。

 午後一で「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会<The Foreign Correspondents' Club of Japan /
FCCJ>で行われた羽生結弦の記者会見をライブでみることができた。
(かってはワタシも会員だったので、ことのほか嬉しく拝見!)

 彼のインタビューはほんとうにすばらしかった。
時にはいじわるな外国人記者の質問にもみごとに答えていた。
(この後に及んで北朝鮮のことを聞くいじわるな記者もいつものようにいたが)

スポーツ記者ばかりではなかったこの日、司会に、どういうジャンプなのか説明を求められた。
「4回転アクセル。正直それがどういうジャンプなのか私には分かりません。教えてほしい」とたずねられて、
彼は(椅子に座って始まった会見だが)「よければ立ってもいいですよ」と促されたこともあり、
苦笑いしながら立ち上がって「実演」。

「まずジャンプは6種類あって、5種類は後ろ向きで跳ぶのですが、アクセルだけは前向きから跳んで、
後ろ向きに降りるので半回転多く回ります。
まずほかのジャンプから説明します」と言って、「金メダルがちょっとジャマなんですけど...」と、
首から下げていた金メダルを外し、丁寧に机上に置いた。(美しい〜〜!)

 そこから熱弁が始まった。
助走のポーズをとった彼は「後ろに滑っています。ジャンプは後ろに滑って跳んで、アクセルは1回転だと
前向きにおりちゃいます。前向きにおりるのはフィギュアの競技上ステップ、スピンといったもの以外
ありえないのです。
アクセルは前から跳んでまず半回転。ここから1回転していくから、半回転多く回ります。
クワドラプル(4回転)といってもアクセルは半回転多いので、普通のジャンプより難しいのです」と
身振り手振りで説明した。

「もっと技術的な説明をすると」と言って続ける。
「後ろ向きで跳ぶジャンプは手を横に回しながら跳べるので回転をかけやすい。ただ、アクセルは跳ぶ前に
手を後ろに持っていってから前に出さないといけないので、遠心力をすごくかけづらいんです。
そのうえで4回転半まわるので難しいということです」と腕の動作についても話した。
苦笑いをしながらのなんともいわれぬ謙虚さ!

「自分の『夢』である4回転アクセル」については、
「まだ誰も試合で成功させたことがないし、実際に4回転半の練習をしている選手も少ないと思います。
その中で、初めの人にはなれなくても、自分の『夢』である4回転アクセルをなんとか成功させたいなという
気持ちでいます」とはっきりと!

 さらに「将来的に5回転もありえるのか」という質問に、
「ジャンプの種類にもよりますが、今までフィギュアスケートが科学的な根拠から研究した結果、
5回転までは人間の能力でできるのではないかという結果が出ているそうです」と前提を話したうえで「
なので、挑戦できるならしてみたい気もしますし、小さいころから自分のコーチに『お前は5回転をやれ』と
言われていたので挑戦したいなという気持ちはあります」とも。

 数々の試練を乗り越えての二回目のオリンピック直前の事故。さぞや心が折れただろう。
氷の上で練習できない二ヶ月の間には、物理学とか人間工学とかいろいろ勉強したようで、
ひとつもふたつも大きな<男>になったようだった。

 まだ二十三歳の<羽生結弦>
彼がどんな人生を歩むかを、わたしは長生きして見守りたくなっている。

(当日の十六日と十七日のブログはまだ書けていない)

a0031363_02413699.jpg



a0031363_20304541.jpg
(十七日の表彰台で国家を歌う、、、、)

追記*いつもすばらしい意見をミキシーで展開している友人から届いたコメントを追記しておきます。

敬子さん
私もこの会見を拝見していました。
誠実に彼らしい対応でした。
喘息持ちで虚弱な体質を克服し、前回のオリンピック前には
3.11で練習場が崩壊し、前人未踏の技を得るために
怪我の続いた今回のオリンピックでした。
つま先から指先まで神経の行き届いた素晴らしいスケーティングでした。
今回は同じく怪我に見舞われていた同じ倶楽部所属のハビエルが銅メダルで
二人して抱き合って泣いていた姿が印象的であると同時に
その間にいて「なんで2人が泣いているのか判らない」という
宇野昌磨の存在に笑ってしまいました。
ハビエルは色々な大会でメダルを取っていますがオリンピックは
今回が初めてで年齢的に次回は無いと本人も言っていたので
羽生にとっても我が子とのように彼のメダルは嬉しかったそうです。
重ねてきた数々の試練を乗り越えて羽生を強くそして
心優しい人になっていったように思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

More>>>ブログ内の「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会いろいろ




More>>>ブログ内の「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会いろいろ
by pretty-bacchus | 2018-02-27 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

平昌冬季五輪選手の帰国報告会、皆さんおかえりなさい!
2018年2月26日 月曜日 曇り

 借景のシデの木の芽も日に日に大きくなってきた。
ときどき大きな鳥がやってきて羽根を休めている。
今日はヒヨドリかしら?

a0031363_04343481.jpg

 チャーター便で帰国した平昌冬季五輪選手の帰国報告会をテレビで見た。
史上最多のメダル13個を獲得した日本代表選手団!
成田空港には数千人のファンが出迎えた模様。
皆んな若い! そしていい顔をしている。

 貴乃花擁護のニュースを毎日流していた某局も、今日は選手達を讃えるちゃんとした内容を放映していて良かった。
明るいニュースが日本中を駆け回った二週間だった。
オリンピックでやっぱりいいな!

 “東京の2020年まで元気でいましょうね、、、”と話しながら、、、、夜の道を歩いたのでした。

a0031363_04355439.jpg

今夜も白い水仙が花開いて、、、、送ってくださったオカダシェフがハイポーズ!

a0031363_04380648.jpg



by pretty-bacchus | 2018-02-26 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

<有朋自遠方来 不亦楽 >朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや
2018年2月25日 日曜日 曇り 寒くなった

 昨日は少しワインを飲み過ぎた感じ。
最後はたまらさんと二人で、飲んで話して、また飲んで、、、。
女二人で土曜日の赤坂のよいよいよい<良い酔いの宵>でした。

 彼女は銀塩時代はコンタックスアリア、ワタシはRTSとSTを使っていたので、
いろいろ話があって話がつきない〜〜〜!

https://keico.exblog.jp/238360806/
2018年2月24日 土曜日 のんたん&T*さんが上京
写真お仲間の、のんたんさんとたまらさんが新潟から上京されました

a0031363_03473108.jpg

 (四谷ふくさんの二月のコースを堪能。
詳しくは昨日のブログに書きました)

御椀  蛤豆腐 葉玉ねぎ
a0031363_03483147.jpg

 夕方にのんたんさからメールをいただいた。
<今東京駅で新幹線を待ってます。
今朝は最高の目覚めでした。二日酔いもなく元気です。昨夜は本当にありがとうございました!

美味しいお料理と素晴らしいお酒!またふくさんに連れてってください。
今度はもう少し鍛えて来ます(笑)

寒い中待っていてくださったご主人にもよろしくお伝えください。

今日は富士フォトでセンサーのお掃除とファームアップをしてもらい、サントリー美術館で寛永の雅。
新国立美術館で<ビュールレコレクション至上の印象派展>を見て、虎屋さんで桜餅など買ってきました。

またお会いできるのを楽しみにしております。
のんたん  iPhoneから送信>

なんという充実した一泊一日半の東京を満喫なさったことか!
すばらしい〜〜〜!

趣味の写真仲間の友人って素敵です!!

a0031363_03551237.jpg
(お荷物になるのに珍しい日本酒を3本もおみやげにいただきました。
造り手酒造さんでしか手に入らないお酒は、のんたんさんが
大雪の日にわざわざ手向いてくださったようで、、、感激!)


〜〜〜
 追記;

 さきにお帰りになったのんたんさんが早くもブログをアップしていらして、さ〜〜すが!

https://nontan91.exblog.jp/29337807/
のんたんのデジタルな風景
豊穣の夜 Precious night in TOKYO :


by pretty-bacchus | 2018-02-25 23:58 | ○Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)

写真お仲間の、のんたんさんとたまらさんが新潟から上京されました
2018年2月24日 土曜日 のんたん&T*さんが上京

 フジフイルム スクエア一階で行われている
清水 重蔵 写真展 
<鳥獣人物戯画の世界広がる、ブナ林<橅人「BUNAJIN -新潟-」>を観に、
新潟からのんたんさんとたまらさんが上京なさることになり、夕食をご一緒させていただいた。 

 お目にかかるのは昨年のスコットさんの写真集<with the Wind>の会以来だから四ヶ月ぶり。

https://keico.exblog.jp/237864863/
素敵な友人を囲む昼食会に感謝して
2017年10月9日 月曜日 晴れ 

https://keico.exblog.jp/237899975/
最晩年の木村伊兵衛と晩年のスコット津村とかけて何ととく
2017年10月13日 金曜日 小雨のち曇り その一

 夕方にお着きになられて、学習院初等科前で合流。

a0031363_21091261.jpg

(少し早くに着いてしまって、ツレアイは待ちぼうけ顔?)
a0031363_21092713.jpg

 数分で四谷四丁目の<四谷ふく>さんへ。
今夜は二月の特別コースをお願いしていた。土曜日なのに満席!

 お食事が始まる前に三人がカウンターに置いたのは、なんとそれぞてのカメラ。
それはFUJIFILMのXシリーズ。たまらさんはX-E3、のんたんさんは X-Pro2、そしてわたしはFUJIFILM X-T2。
X-E3に18-135mm、X-T2にXF 10-24mm、X-Pro2には60mm1.4!
今夜は満席だったので、他のお客様にご迷惑がかからないとよいのだが、、、、。

 まずはつきだしは自家製のカラスミにお餅。
a0031363_21094193.jpg


 次は、うるい 蛍烏賊 金柑 新馬鈴薯 雪ソース掛 
a0031363_22335508.jpg
今夜のコースお料理は
a0031363_22333157.jpg
(シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレの白は、知る人ぞ知る銘酒!
現地でも数千本しかできないが、日本へは数十本のも入ってくる)


揚物  新筍 そら豆 タラの芽 天麩羅
a0031363_22334180.jpg


御椀  蛤豆腐 葉玉ねぎ

御造  かんぬき 寒平目
a0031363_22340590.jpg

a0031363_22341553.jpg

焼物  鰆(さわら)柚香焼き
a0031363_22342649.jpg
煮物  鮟鱇肝味噌仕立て 丸大根・京人参
a0031363_22344466.jpg

口替  鴨ロース 蕾菜 フルーツトマト 黄身酢掛
a0031363_22345677.jpg


食事  ずわい蟹と菜花の土鍋ご飯 生海苔汁
a0031363_22351052.jpg

 おふたりは、美味しい〜〜おいしいと箸を動かされて、でもそのたびにカシャカシャ。
(もちろんお断りしたが、カウンターでしたから、ふくさんはさぞや気になったことでしょう、
すみませんでした)

 ワインは、ブラインドで始めて、まずはボージョレブラン。シャトー・ドゥ・ピゼイでも2000本しかできない逸品!
お二人は初めての白で愉しんでくださったようで嬉しい〜〜〜
次はシャブリ2015年、そしてお肉の頃にシャトー・ドゥ・ティルガンのグランミレジムを堪能。

a0031363_22343400.jpg


 食事のあいだの話題も、食材とあとはカメラ&レンズのこと。
ほんとうに面白い食事の席になったのでした。

四谷ふくさんで食事ですか。いいなあ。地続きでしたら何時でもご一緒できますのに。
よろしくお伝えください。写真も撮って見せてくださいね。スコット
というわけで、今夜はシアトルのスコットさんへお見せしたいので、全てのお料理のスナップをとったのでした。


 二次会はもちろん高田さんの処へ。
スコットさんのボトルのバーアルマニャック・フランシスダローズ1942を、たまらさんはなんとも美味しそうに
飲んでいらして、  嬉しい〜〜〜〜〜!

 写真のご縁でこんなふうな交友関係が膨らんでいくのはなんとも素敵ですね!

a0031363_22374353.jpg

a0031363_22352694.jpg

a0031363_22381114.jpg
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

a0031363_22351723.jpg
市島酒造の最高級酒
(おみやげにいただいた珍しい日本酒のひとつの<秀松 山吹>をふくさんのカウンターに置いて。
あとの生酒二本はお預かりいただき、次に日本酒に詳しい女将といただくことにしました)

 〜〜〜〜〜〜
 後述:
実はのんたんさんは、一次会で途中棄権?!
彼のブログによると、
女傑の酒豪二人はそんな私を車に乗せて、二次会の某バーへ向かい、動けなくなった私は
タクシーに乗せられたまま見捨てられて宿舎に向かい、何も出来ずにベッドにバタンキュー。
太刀打ちできないのはわかってたんですけどねぇ・・・?

それでも二日酔いもせず、翌朝は最高の目覚めだったようです!

more>>ふくさんのホームページより二月のコースのご案内。



More>>more>>ふくさんのホームページより二月のコースのご案内
by pretty-bacchus | 2018-02-24 23:58 | ☆Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

病院から富士フィルムへ, そして虎屋さんで季節の粟ぜんざい!
2018年2月23日 金曜日 小雨のち晴れ 病院から富士フィルムへ

 昨日付けられた24時間ホルター心電図の装置をはずしに病院へ。
ばりばりばり〜とはがされて、、、、痛い!
“皮膚がかぶれたら明日皮膚科へ行ってくださいね、、、って昨日言っていたが、
鎖骨のあたりは赤く皮膚が変わっていて、これってひどい。

 帰りは久しぶりにチーバスにのって、六本木ヒルズまで。
こちらも久し振りに、角のTSUTAYAさんでパリの友人に頼まれたロンドンの案内所を買ってから、
お茶をしながら本を読もうと思ったが席が一席もない。
それでも反対側の奥のほうの美術書のあるコーナーのベンチに座れて小半時一休み。

a0031363_03520852.jpg


(めずらしくiPadでスナップ)

 昨日預けたX-T20をピックアップしに再びミッドタウンの富士フィルム二階へへ直行。
今日は、別の講師がいらしたので、X-T2とX-T20の扱い勝手の違いや
注意点をお聞きしたくて仕切りの中に入った。

https://keico.exblog.jp/238350918/
2018年2月21日 水曜日 曇り 病院 フジフィルム
女子団体パシュート! 金メダルおめでとう!!!

 一昨日の先生とはキャラクターがまったく違う方で、ばしばしといろいろ指摘してくださる。
測光の設定、ピントの設定、フィルムシュミレーションの考え方などなど、目から鱗の点ばかり。
銀塩時代のまま引きずっていたワタシの設定は、いまのデジタルの時代では、
とくにフジのXシリーズを使うにはほとんど違うことがわかって唖然。
コンタックスのRTS,STなどで使っていた設定、例えば中央重点の測光は、
このX-T2やX-T20ではほぼ無意味!?
“それでは何にすれば良いのですか?と食い下がる、、、。

 ポジフィルムのヴェルビアのヴビッドすぎる処があまり好きになれずにプロヴィアを多用していたが、
今のワタシの使用範囲では設定はヴェルビアの方があっているらしい。
ただその時にカラーとシャドートーンをいかに設定するかで絵づくりが違ってくるかを、
目の前でカメラの画面で見せてくれて、“わかるでしょう!”
“はい、、、

a0031363_21064626.jpg

 あとは、露出補正のためにいつもブラケッティングをつかいたくて、高速連写をしているが、
それがまったくナンセンスということ。
それはしっかりしたピンを逃すことになるらしい。
ピントの位置は半押しシャンターでカメラを少し動かしていたが、
“それはまったくダメ。 “え〜〜?”
手前右端ボタンでピントの大きさと位置を瞬時にきめてからシャッターを押す。
“な〜
あるほど〜〜〜!”

 T20にいたっては、タッチパネルでフォーカシングもまたはシャッターも切ることができて、
それを詳しく教えていただいた。
おもしろ〜〜〜い、というより目から鱗のことが沢山あってあっというまに一時間がすぎていった。

 帰りは、一階のフジフイルム スクエアで
清水 重蔵 写真展 
<鳥獣人物戯画の世界広がる、ブナ林<橅人「BUNAJIN -新潟-」>を観せていただいた。
ブナの木のおもしろい様が活写されていて、全紙などにプリントされ三十数点は見事だった。

 新潟生まれ新潟在住の写真家の作家の言葉より
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <天を衝くようなまっすぐな美しい橅(ブナ)が母樹なら、
新潟県の深雪と人間の知恵が生み出した地を這うような武骨の橅は父樹といえる。
父樹と出会った橅林には、人、鳥、動物、仏像が歌い踊り、泣き叫ぶ「鳥獣人物戯画」の世界が広がり、
人は橅なり、橅は人なりのどちらが擬態か迷う自由社会が広がっていた。
人と雪が創り出した不思議な樹形・巨木のオブジェ「あがりこ」に、人と自然との有り様を問いたいと
レンズを向けて語り合った

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 カメラの説明はとてもためになったが、とっても疲れた。
お隣のビルの近いに移って、菓子処虎屋さんで、季節の粟ぜんざいを堪能。
一年でいまの時期しかメニューにのらない<粟ぜんざい>は、
ほんとうに楚々として雅びのお味に春の訪れの幸せをしみじみと味わいました。

a0031363_21073962.jpg
(タッチパネルのシャッターのテスト)

 病院のあとにカメラの調整、写真展、そして時節の日本の菓子をあじわっての春待ちの一日は充実していました。
by pretty-bacchus | 2018-02-23 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

24時間ホルター心電図装置を胸に取り付けられてしまいました
2018年2月22日 木曜日 寒い一日 小雪 

 朝から霙がふっていた。
今回の検査で心電図では要注意がでてしまって、昨日の病院の先生のご指示で一時半にまた病院へ。

 24時間のホルター心電図とやらを体の固定されて、これってなーに?
心臓は一日約72,000 〜 144,000回、平均すると約100,000回ほど動いているのだという。
「ホルター心電図検査」は、胸部に電極をつけ小型の記録計を身につけて、心臓の一日の動いた回数や
心電図波形で診断するための検査なのだそう。
主に脈の乱れ、胸の痛み、一日の心臓の動く回数や動悸などを調べる時に行うのだとか。

 ベットに腰掛けて上半身を脱ぐ。
鎖骨に二個所、両胸に二個所、お腹に一個所、切手より大きな絆創膏のようなものが張られて細い赤、白、
緑と黒が二本のビニールの線が出ている。それがまとめられて大きなマッチ箱くらいの箱にまとめられて
お腹の上におかれてヒモで固定された。
十五分ほどで終わって、注意事項を聞く。
“皮膚がかぶれたら明日皮膚科へ行ってくださいね、、、
え〜〜? それってひどいではないですか、、、という時には、すでに終わっていた。

入浴以外はなにをしても良いという。運動もよし、いつものように普通の生活をして、何を食べても
飲んでもよいのだそう。
小さな紙が渡されていろいろ書き込む必要があるようだ。
これは、すでに日常検査になっているという心電図検査なのだそう。
初めてのことって疲れるし、なんだかひどく腹がたってきて、それでも大きく深呼吸!

 帰りは今日もまた富士フィルムの東京サービスステーションへ。
昨日のX-T2のファームアップとゴミ取りに続いて、今日はX-T20のファームアップとゴミ取りをお願いした。
いつもの小一時間でおわるのに、今日は三時間も待たねばならないようで、預けて帰ることにした。

 予定より早く帰宅でしたが、ここで少々ハプニングがおきて、ああああ〜〜〜
疲労困憊の情緒不安定の一日となってしまいました。

a0031363_04105127.jpg
(冬芽がだいぶおおきくなりました。
春もすぐそこですね〜〜〜!)



by pretty-bacchus | 2018-02-22 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

女子団体パシュート! 金メダルおめでとう!!!
2018年2月21日 水曜日 曇り 病院 フジフィルム

 帰宅したら、ニュース!
<女子団体追い抜き、日本が金 平昌五輪スピードスケート>
女子団体パシュート! 金メダルおめでとう!!!
最後の追い込みは素晴らしかったですね。

 今日は午後から病院。
恐怖のMRI. 閉所恐怖症ぎみになってしまうあのトンネルは絶対に嫌い。
でも我慢をしなければ、、、、。アイマスクとヘッドフォンをしてもらってじっとガマン!
脳の検査だけなので、十五分ほどで終わってほっとした。

 その後は、先週の大腸内視鏡と血液検査と心電図の結果をうかがった。
三つ採った大腸ポリーブは陰性。肝臓もまあまあだったが、初めて成人病的な数字がでてちょっと心配。
そのうえ、心電図では要注意がでてしまって、明日もう一度病院で、24時間のホルター心電図とやらを
しなければいけないらしい。
ガクンとうなだれてしまった。

 BUT 、なにか楽しい事をしよう〜〜〜!
まだ四時前だったので、タクシーでミッドタウンの富士フィルムへ。
二階の東京サービスステーションへ直行して、X-T2のファームアップと点検&ゴミ取りをお願いした。
待つあいだに、後ろの席で、X-T2の疑問点をいろいろうかがうことができた。
数ヶ月前に富士のセミナーで抽選にもれたときの内容をiPadの落としておいたので、
ひとつずつ説明を受けることができた。

a0031363_23372639.jpga0031363_4552394.jpg

点検が終わったカメラですかさずカシャッ〜〜〜〜〜!
(土田さんありがとうございました)


 来月でるX-H1がでるので、持ってさわってみた。
欲しいと思ったが、今のワタシには重いしホールディングが大きすぎてあわないと結論。
なんだかほっとした感じ。

 一階のフォトサロン・ギャラリーで、小川康博写真展「日本海沿い」と小川康博写真展「日本海沿い」と
須釜 聡 写真展「やさしき能登」を鑑賞。
とても良かったが、でもワタシはのんたんさんが撮る日本海が好き!

https://nontan91.exblog.jp/29291474/
のんたんのデジタルな風景
https://nontan91.exblog.jp/29215840/
のんたんのデジタルな風景
nontan91.exblog.jp

 二時間半ほどフジで遊んでいる内に日はたっぷりと暮れてしまいました!
一度家に帰ると疲れてバタンキュウの感じ。
ツレアイと合流してゆっくりと食事の時間をもてて今日も終わりました。
ありがたいことです!

a0031363_4581316.jpg

by pretty-bacchus | 2018-02-21 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

テレビがやっとなおってほっとしています
2018年2月20日 火曜日 曇り

 パイオニアの<黒>の最後の機種KPRは、黒線が倍もあるので
画面がとても美しい。
このテレビに変えたのは四年前かしら?
テレビっ子のツレアイはとても喜んで、リビングの角に斜めに置かれたテレビと平行に
自分のソファーの方向をあわせて、ますますテレビの前にいる時間がおおくなったみたい、、、、。
本を読むのが好きだったが、昨年の三回の入院以来、その時間がすくなくなったようでちょっと心配。

 昨日突然移らなくなって早く直さねば。
パイオニアの技師と小半時ああでもないこうでもない、、、、。
あきらめかけたときに、なんと奇跡的にテレビがついた〜〜〜〜!
よかった、、、、これでわざわざ技師にきてもらわなくても済む。
なにしろ現役モデルではないから、修理の時は大変なの、、、。


 ゆうこさんのミクシーで、
羽生結弦が金メダルと彼の発言に「あざとい」「ビックマウス」 「嫌いだ」「腹が立つ」と
あからさまに憎悪する書き込みは 圧倒的に男性なのだそうだ。
彼の小さい頃からの努力を認めようともしないのも男性だという。
日本男児のなんという哀しさか!

 明日は病院。
脳のMRIだから、とっても不安。

a0031363_06093934.jpg

a0031363_06094988.jpg


by pretty-bacchus | 2018-02-20 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

借景のシデの木に春のヒヨドリがやってきました
2018年2月19日 月曜日 晴れ 雨水 ヒヨドリが

 二十四節気の雨水。
(暦便覧)によると、
陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也。空から降るものが雪から雨に替わる頃、
深く積もった雪も融け始める。
春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める>寒かった冬も、
まもなく春の訪れなのだろう

 借景のシデの枝は冬芽がだんだん大きくなって、今日はヒヨドリがやってきた。
体を膨らませているからきっと寒いのね!
夕陽を浴びてふるふると羽根をひろげなたら遊んでいるっていいな〜〜!

 ガラス越しにカシャカシャと、、、、、。

a0031363_01382651.jpg

a0031363_01414899.jpg

a0031363_01451156.jpg

a0031363_01391647.jpg


a0031363_01425410.jpg

a0031363_01440415.jpg


 今週も忙しくなりそう。
それなのに、テレビがおかしい。いろいろいじってみたが、私の手にはおえそうもない。
どうしよう〜〜〜?

 夕方にSさんに誘われて急遽焼き鳥屋さんへ。
八席のカウンターと四卓十二席の小さなお店。
以前にもいったことがあるので、ゆっくりとお食事ができた。

 でもおそろしかったのは左隣にいらしたお二人。
どうやら週刊誌の記者のようで、男性は会社の重鎮のようで、女性は中堅?
それにしても、となりなのでイヤでも聞こえてくるのは、皇室のこと宮内庁のこと、
オリンピックのことなどの話など。
どうやらそれぞれ良くない方に考えるのがお得意のようで、一つの明るい話題もだんだんと
あやしくなり、
週刊誌に載せるときのあやしげなタイトルまで話し始めた。
きれいな事柄もダークな話題となり週刊誌に載る過程がかいまみられて、
こんなふうに芸能ニュースは作られていくのかと思うと怖ろしくなってしまった。

 美味しかった焼き鳥もおにぎりも早々にして失礼した。
春の夜の怖い一時だった。



by pretty-bacchus | 2018-02-19 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)