カテゴリ:♪Theaterオペラ演劇スポーツ( 190 )

夕陽がカーテンを染めるころに大相撲夏場所の観戦。白鵬さん頑張って!
2018年5月22日 火曜日  晴れ  オナガが遊んで

 木、林、森の感じの成り立ちっておもしろい。
一本の木が何本かになると林、それがもっと大きな範囲になると森!
大きな木はたった三本しかないこの借景のお庭には、背の低い梅や桜は椿は何本かあるようで、
日の出の少しまえから日没まで一日中鳥たちが遊んでいる。
数年前までは雀も沢山きていたが、最近はヒヨドリとオナガが多い。
あの長いブルーの尾をピント張って飛ぶすがたは美しいがなかなかその姿を撮ることはできない。
残念!

 夕陽がカーテンを染めるころに、お相撲の観戦。
こんな時間を大切にしたいな、、、。

a0031363_03001767.jpg

 野球の大谷翔平、テニスの錦織圭、もちろんイチローさん、そして先だってのテニスの世界大会、
体操などなどと世界に羽ばたいて活躍する若い日本人のなんとすてきなことだろう!
どれも見てもすばらしいが、<裸>であの小さな丸い土俵の上でのスポーツはお相撲だけだろう。

四時過ぎに幕内の土俵入りが終わり、そのあとは横綱の土俵入り。
今場所は鶴竜と白鵬の二人だけ。
白鵬の土俵入りは何度見ても美しい!
土俵に上るところから決まっているが、両手をぴしっと伸ばして裏返しさっとかえしておろす。
きちんと土俵の土を踏み、しっかりと不知火型の儀式を始めるその所作はなんともステキだ!

a0031363_03002526.jpg
 (今日の土俵入りも美しかった。
遠くからテレビをカシャッと!)


 国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝を観戦してからもうもう九年もまえのことになる。
目の前にその姿を魅せていただいたときは、ほんとうに感動した。
不知火方の凛々しい土俵入りがほんとうに美しいかった。
またいきたいな、、、。

国技という位置づけで相撲を見るようになったのは、ずっとずっと後になってのことで、
フランス人の友人にいろいろ質問されるようになったからかもしれない。
シャトーカデボンのマルセリーヌガンスは、とても詳しく、
その頃は四十八手のことを聞かれても答えられなかった。

“平家物語や源氏物語がわかるのに、けいこはどうして相撲は解らないの?
 といわれて困ったことがあった。
子供の頃は時々父に連れて行ってもらったが、大きくなってからは機会がなかった。
 それが九年前の国技館で前から二列目砂かぶりの席での観戦以来、そのすばらしさに目覚めて、
毎回興味深く観戦するようになっている。

そのことを白鵬さんにお目にかかったときに話したらとても喜んで下さっていた。

http://keico.exblog.jp/11344383/2010年9月26日日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)

 第六十九代横綱になってから三年たった2010年大相撲九月場所千秋楽の「溜席白鵬さんの優勝を観戦してからすっかり白鵬さんファンになってしまっている

https://keico.exblog.jp/11344383/
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る2010年9月26日 日曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る


すさまじい苦労があったとは思えぬような温和な眼差しのお顔と存在感。話す言葉もやさしく、
人々への気のつかいも凄い。
それぞれの方とも気さくに話されて、ほんとうにいい男〜〜〜。
ワタシは皆さんの写真を撮っていたが、最後に一緒にはいってくださって、、、、
ありがとうございます。
a0031363_03355212.jpg
(身長192cmの白鵬さんは大きい!)
一面に施された細かい縮みの藍染めの素晴らしいお召し物、
<白>の文字と綱が染め混まれてそれはそれは美しいものでした)

 中入り後の二十組の取り組みだけで二回も審判達が変わり、呼び出しと行司二組毎に変わっていた。
相撲の行司の服装の色と紋と帯が美しく、行司が変わるたびに、その服装の色と織が変わるのだ!
下がる房と共に、日本美の形と伝統色が相撲にあったのには感動。

a0031363_4302081.jpg

a0031363_427412.jpg (行司は木村庄三郎)

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る

http://keico.exblog.jp/15371335/
2012年5月20日 日曜日 曇り
勝利の涙はなんとも素晴らしい!

https://keico.exblog.jp/16867937/
2012年11月25日 日曜日 晴れ後曇り
白鵬優勝を祝って有機栽培農家の新米=肌美人をいただいた

https://keico.exblog.jp/17859368/
2013年5月26日 日曜日 晴れ
五月場所大相撲千秋楽 白鵬さん二連続全勝優勝二十五回目の賜杯おめでとう

http://keico.exblog.jp/20242490/
2014年9月28日 日曜日 晴れ
数日遅れのお墓参りで法恩寺さんへ

白鵬の<この国の魂と相撲の神様が認めてくれてくれたからこの結果があると思います>と涙

http://keico.exblog.jp/20434573/
2014年11月25日 火曜日 雨 寒い一日
アップ寸前の黄葉と鳥のブログがまた消えた!
白鵬の<この国の魂と相撲の神様が認めてくれてくれたからこの結果があると思います>

http://keico.exblog.jp/20803587/
2015年1月24日 土曜日 晴れ
朝の光に少しだけ春をみつけました

http://keico.exblog.jp/21265635/
2015年5月24日 日曜日 曇り 4100歩
沈みゆく夕陽を追ってドクダミの土手をあるいた小一時間

https://keico.exblog.jp/21489243/
2015年7月26日 日曜日 晴れ 猛暑日
白鵬 三十五回目の優勝 おめでとう!
a0031363_1503164.jpg
(髪をなおして表彰式のために土俵にもどった白鵬、テレビをカシャッ)

優勝のインタビューもなかなかだった。
暑い中、大変厳しい(名古屋)場所で三年連続で優勝してうれしく思います」そして
相撲中継で白鵬について「力が落ちていますね」と語った解説者の舞の海を意識してか、
あまり寂しい言葉は言わず、温かい応援をしてほしいと思います」と発言した。 
また「我々の大先輩が今場所限りで引退ということで、
その最後の花道を優勝パレードで一緒に乗せることが
出来たのでよかった
」と旭天鵬のことについて言ってしまった。
(その旭天鵬が敗れて涙を拭きながら花道を戻る姿は印象的だった)

いつも辛口の解説者の北の富士(元横綱)は「出色の場内インタビューだった」と
白鵬の率直なコメントに好印象を抱いていたのもなぜかほほ笑ましい。
力士の力量ももちろん国技の相撲を支える彼らのハーモニーが嬉しかった千秋楽だった。


a0031363_425022.jpg


a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)

https://keico.exblog.jp/22282761/
2016年1月24日 日曜日 晴れ
寒い日曜日はTVでスポーツ観戦:錦織圭八強入り&琴奨菊が初優勝おめでとう!

https://keico.exblog.jp/22840129/
2016年5月22日 日曜日 晴れ
オナガがベランダのムスカリの水苔を盗みにやってきました
<大相撲夏場所>は横綱白鵬が横綱鶴竜を下して全勝で今場所を終えた。

https://keico.exblog.jp/22912586/
2016年6月14日 火曜日 晴れ
オナガが朝のベランの中に入り込みました

https://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

https://keico.exblog.jp/23537062/
2017年1月8日 日曜日 曇り 暗い一日
暗い日曜日に大相撲初場所が始まりました

https://keico.exblog.jp/23568110/
2017年1月22日 日曜日 晴
思わぬアクシデントが起きて左手負傷と腰打撲/
a0031363_0321643.jpg
(実に良いお顔をしてますね!)
a0031363_0325874.jpg
 横綱になって初めての怪我での休場のあいだのこの一年間は、彼の名前はメディアでは
ほとんど見られなかった。
https://keico.exblog.jp/23580889/
2017年1月25日 水曜日 晴
日経新聞の<春秋>で稀勢の里とチカラビトなどに感動

https://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。

https://keico.exblog.jp/23925175/
2017年5月28日 日曜日 晴れ
白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!

https://keico.exblog.jp/237311011/
2017年7月23日 日曜日 曇りときどき小雨
白鵬さん二場所連続39度目の優勝おめでとう〜〜!

今回の優勝インタビューでは、最初の一言が “名古屋の皆さん、
サンキュー!”三十九勝とサンキューをかけたのだ。(お見事!)(そのあとに彼が話したのは、
彼が六歳の時にモンゴルを訪れた日本相撲の一行のおみやげが名古屋のウイロウだったと言って、
名古屋の方々を喜ばせたのだが、アナウンサーはわからなかったようだ)そして最後の言葉は、
“相撲は奥が深いね”だった。
偉業を達成した直後の言葉としては本当にその彼の言葉自身が奥が深いものだった。
(その間、横綱になって初めての怪我での休場のあいだのこの一年間
、メディアは彼の名前を語らずに日本人横綱の稀勢の里の話ばかりだったのだ。
そこには、それまでのある時期からの相撲界を一人横綱として相撲界をひっぱってきた白鵬にも
モンゴルの相撲人達にたいしての尊敬などは一切なかった。
彼らはどんなにか悔しいと思ったことだろう、、、、。)

(そのうえ角界のある派はモンゴル人をいじめる人がいるのだという)
<チーム白鵬 最強横綱支える2人>と言う記事もあった。
主治医を務める杉本和隆・苑田会人工関節センター病院長であり、
もう一人は専属トレーナーとして一年で140日以上寝食をともにする
大庭智成・九州医療スポーツ専門学校競技スポーツトレーナーなのだそう。

最強横綱を作り上げるトレーニングがあるかという質問には、笑顔で「ない」と断言され、
スクワットから、しこ、てっぽう、すり足など相撲の基本を軸に地道な基礎的な繰り返しを徹底する。
しかし、実はこれが一番難しい、と。 この横綱のすごいのは自己管理能力であり、
本場所中はお酒も一切飲まない。辛抱、努力、我慢が、勝つ喜びとなり、家族の幸せ、
支援者らにこたえること、そして自分に返ってくることを知っているのだという。

本場所では朝からいつもの運動を繰り返していて、取組前でもゆっくりとしたしこ、
すり足でじっくりと汗をかいているのだという。若い人にまねて欲しいとテレビでの辛口の解説の
北の富士さんが言っていた。その北の湖さんも、先場所も今場所でも、
“今日の取り組みにおもわぬイイ相撲をみせてもらった。と。
“白鵬の必死さが伝わってきた場所だったと、前の海さんが解説していた。

https://keico.exblog.jp/237984319/
2017年11月12日 日曜日 晴れ
大相撲九州場所が始まりました。横綱白鵬さんを想って

https://keico.exblog.jp/238019625/
2017年11月24日 金曜日 晴れ
横綱白鵬さんとプーリア州の羊のチーズのブッラータ

https://keico.exblog.jp/238025643/
2017年11月25日 土曜日 晴れ
借景の黄葉が真っ盛りになりました。あと何日の命でしょうか?
大相撲九州場所は横綱白鵬が千秋楽を待たずに優勝。歴代最多を更新する通算40度目の優勝を飾った。
おめでとう〜〜〜!

!https://keico.exblog.jp/238029700/
2017年11月26日 日曜日 晴れ
横綱白鵬四十度目の優勝おめでとうございます。

そして、、、、
https://keico.exblog.jp/237886831/
2017年10月10日 火曜日 晴れ
白鵬さんとのお食事会にお招きをうけました!
a0031363_03353837.jpg

a0031363_22494073.jpg
 マグナムワインを抜くときにちょっとしたハプニングもあって楽しい思い出が増えた。
皆さんの写真を撮っていたが、最後に一緒にはいってくださって、、、、ありがとうございます。
恥ずかしいですが、Web日記なので記録しておきましょう。

a0031363_22532559.jpg
(お刺身やお肉のあとに、ちゃんこ鍋をいただきました)

a0031363_22495117.jpg

a0031363_03355212.jpg

https://keico.exblog.jp/237741061/
2017年9月10日 日曜日 晴れ
三横綱が初日から休場で大相撲の秋場所が始まりました

https://keico.exblog.jp/237282615/
2017年7月20日 木曜B 晴れ
地元の<わかば>で鯛焼きを買って病院へ
真夜中に横綱白鵬が通算1047勝の歴代最多記録に並んだニュースに一人で拍手。
<横綱白鵬が大相撲名古屋場所12日目で通算1047勝目をあげ、
元大関魁皇の持つ歴代最多記録に並んだ。初土俵から98場所での達成は、魁皇より42場所早い。
優勝38度。実績は名横綱たちと比べても群を抜いている>

https://keico.exblog.jp/237293354/
2017年7月21日 金曜日 晴れ
渋滞の道を病院へ急いだのですが、、、、
 スポーツニュースで白鵬の1048勝を知る。
白鵬おめでとうございます!千秋楽まであと二日、先場所に続いての優勝をお祈りします。




by pretty-bacchus | 2018-05-22 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会での羽生結弦の記者会見
2018年2月27日 火曜日 曇り

 昨夜チャーター便で帰国した平昌冬季五輪選手の帰国報告会が行われた。
史上最多のメダル13個を獲得した日本代表選手団の若い彼らの顔は晴れやかだった。

 午後一で「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会<The Foreign Correspondents' Club of Japan /
FCCJ>で行われた羽生結弦の記者会見をライブでみることができた。
(かってはワタシも会員だったので、ことのほか嬉しく拝見!)

 彼のインタビューはほんとうにすばらしかった。
時にはいじわるな外国人記者の質問にもみごとに答えていた。
(この後に及んで北朝鮮のことを聞くいじわるな記者もいつものようにいたが)

スポーツ記者ばかりではなかったこの日、司会に、どういうジャンプなのか説明を求められた。
「4回転アクセル。正直それがどういうジャンプなのか私には分かりません。教えてほしい」とたずねられて、
彼は(椅子に座って始まった会見だが)「よければ立ってもいいですよ」と促されたこともあり、
苦笑いしながら立ち上がって「実演」。

「まずジャンプは6種類あって、5種類は後ろ向きで跳ぶのですが、アクセルだけは前向きから跳んで、
後ろ向きに降りるので半回転多く回ります。
まずほかのジャンプから説明します」と言って、「金メダルがちょっとジャマなんですけど...」と、
首から下げていた金メダルを外し、丁寧に机上に置いた。(美しい〜〜!)

 そこから熱弁が始まった。
助走のポーズをとった彼は「後ろに滑っています。ジャンプは後ろに滑って跳んで、アクセルは1回転だと
前向きにおりちゃいます。前向きにおりるのはフィギュアの競技上ステップ、スピンといったもの以外
ありえないのです。
アクセルは前から跳んでまず半回転。ここから1回転していくから、半回転多く回ります。
クワドラプル(4回転)といってもアクセルは半回転多いので、普通のジャンプより難しいのです」と
身振り手振りで説明した。

「もっと技術的な説明をすると」と言って続ける。
「後ろ向きで跳ぶジャンプは手を横に回しながら跳べるので回転をかけやすい。ただ、アクセルは跳ぶ前に
手を後ろに持っていってから前に出さないといけないので、遠心力をすごくかけづらいんです。
そのうえで4回転半まわるので難しいということです」と腕の動作についても話した。
苦笑いをしながらのなんともいわれぬ謙虚さ!

「自分の『夢』である4回転アクセル」については、
「まだ誰も試合で成功させたことがないし、実際に4回転半の練習をしている選手も少ないと思います。
その中で、初めの人にはなれなくても、自分の『夢』である4回転アクセルをなんとか成功させたいなという
気持ちでいます」とはっきりと!

 さらに「将来的に5回転もありえるのか」という質問に、
「ジャンプの種類にもよりますが、今までフィギュアスケートが科学的な根拠から研究した結果、
5回転までは人間の能力でできるのではないかという結果が出ているそうです」と前提を話したうえで「
なので、挑戦できるならしてみたい気もしますし、小さいころから自分のコーチに『お前は5回転をやれ』と
言われていたので挑戦したいなという気持ちはあります」とも。

 数々の試練を乗り越えての二回目のオリンピック直前の事故。さぞや心が折れただろう。
氷の上で練習できない二ヶ月の間には、物理学とか人間工学とかいろいろ勉強したようで、
ひとつもふたつも大きな<男>になったようだった。

 まだ二十三歳の<羽生結弦>
彼がどんな人生を歩むかを、わたしは長生きして見守りたくなっている。

(当日の十六日と十七日のブログはまだ書けていない)

a0031363_02413699.jpg



a0031363_20304541.jpg
(十七日の表彰台で国家を歌う、、、、)

追記*いつもすばらしい意見をミキシーで展開している友人から届いたコメントを追記しておきます。

敬子さん
私もこの会見を拝見していました。
誠実に彼らしい対応でした。
喘息持ちで虚弱な体質を克服し、前回のオリンピック前には
3.11で練習場が崩壊し、前人未踏の技を得るために
怪我の続いた今回のオリンピックでした。
つま先から指先まで神経の行き届いた素晴らしいスケーティングでした。
今回は同じく怪我に見舞われていた同じ倶楽部所属のハビエルが銅メダルで
二人して抱き合って泣いていた姿が印象的であると同時に
その間にいて「なんで2人が泣いているのか判らない」という
宇野昌磨の存在に笑ってしまいました。
ハビエルは色々な大会でメダルを取っていますがオリンピックは
今回が初めてで年齢的に次回は無いと本人も言っていたので
羽生にとっても我が子とのように彼のメダルは嬉しかったそうです。
重ねてきた数々の試練を乗り越えて羽生を強くそして
心優しい人になっていったように思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

More>>>ブログ内の「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会いろいろ




More>>>ブログ内の「外国人記者クラブ」日本外国特派員協会いろいろ
by pretty-bacchus | 2018-02-27 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

平昌冬季五輪選手の帰国報告会、皆さんおかえりなさい!
2018年2月26日 月曜日 曇り

 借景のシデの木の芽も日に日に大きくなってきた。
ときどき大きな鳥がやってきて羽根を休めている。
今日はヒヨドリかしら?

a0031363_04343481.jpg

 チャーター便で帰国した平昌冬季五輪選手の帰国報告会をテレビで見た。
史上最多のメダル13個を獲得した日本代表選手団!
成田空港には数千人のファンが出迎えた模様。
皆んな若い! そしていい顔をしている。

 貴乃花擁護のニュースを毎日流していた某局も、今日は選手達を讃えるちゃんとした内容を放映していて良かった。
明るいニュースが日本中を駆け回った二週間だった。
オリンピックでやっぱりいいな!

 “東京の2020年まで元気でいましょうね、、、”と話しながら、、、、夜の道を歩いたのでした。

a0031363_04355439.jpg

今夜も白い水仙が花開いて、、、、送ってくださったオカダシェフがハイポーズ!

a0031363_04380648.jpg



by pretty-bacchus | 2018-02-26 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

真夜中に銀メダル銅メダルの嬉しいニュースが三つもつづいた。
2018年2月12日 月曜日 晴れ

 昨日と今日はやっと何も予定がない日だった。
朝のマストの薬がなくなったことで、こんなにもゆっくり出来るものなのか!

a0031363_15534245.jpg
(夕方の空はきれいだ!)

 午後からは冬季オリンピックをBGMに、ルドンのカタログをみたり、写真の整理をしたり
ブログを書いたりして心豊かに過ごすことができた。

 真夜中に嬉しいニュースが三つもつづいた。
原大智がモーグルで銅メダル獲得
スピードスケート1000メートルで高木美帆は銀、小平奈緒6位、
高梨沙羅がジャンプ女子日本勢で初の銅メダル。四年越しの念願のメダルおめでとう〜〜〜!

 そして心配していた羽生結弦が平昌リンクで初練習、ジャンプ10本跳ぶのニュースに
よかった〜〜〜!

いいな!若い人々の活躍はほんとうに嬉しい。
乾杯!
写真は下記より拝借
https://www.joc.or.jp/games/olympic/pyeongchang/
a0031363_15490354.jpg

a0031363_15494182.jpg



by pretty-bacchus | 2018-02-11 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(5)

冬季オリンピック開催にトニーザイラーの思い出に酔って
2018年2月9日 金曜日 晴れ 冬期オリンピックが始まった

 きれいな朝の借景におっはよう〜〜〜!

a0031363_01314008.jpg

 大腸のポリーブをとった翌日なので、なんだかまだ本調子ではない。
さくらぎさんがお席があったのだが、お家で野菜オンパレード。
アマゾンフレッシュはほんとうにありがたい。昨日帰宅してから頼んでおいたのだが夕方には届いた。

葉物野菜はもちろん、鳥取の生食ホウレンソウや、高知のラディッシュやルコラ、
赤タマネギも美味しい。
一緒に原木椎茸とかマイタケ、お豆腐やおうどんもとったので、これで十分。

いろいろ混ぜてエキストラヴァージンオイルとゲランドの塩とブラックペパーで軽くあえただけで、
イタリアの上セモリナのパスタをゆでて上に載せていただいた。
野菜オンパレードなのでシャブリとの相性が抜群!でも検査のあとなのでほどほどに、、、。

 Fさんにいただいたリエットは、葡萄パンを少し暖めていただいた。
これがおいしい!
お味がちゃんとわかるので、まだまだ大丈夫ですね、、、、と話しながらの体に優しい夕食でした。
ありがたいことです!

 冬期オリンピックが始まった。
開会式への西欧諸国頭首の出席があまりないままに、むしろ南と北のなにやら妖しげなオリンピックの
政治利用がイヤな感じ。
その上もともとスキー場ではない平昌の寒さと風はすさまじいという。
ただ若い選手達が頑張っている様子をみると、一緒に応援したくなっている。

  冬期オリンピックJeux olympiques d'hiverといえば、その昔1968年のグルノーブルへいったことがある。
ジャン=クロード・キリーが活躍していた頃だったが競技は見られなかった。
その二十六年後の1994年のノルウェーのリレハンメルオリンピックの会場に訪れたことがあった。
コミヤマさんもご一緒にスキーの大滑降の素晴らしさを堪能した。

その後に、トニーザイラーをアドヴァイザーとして、彼らは日本で<ザイラーバレー>という
スキー場の開発に携わったのだった。
身内の会社のお手伝いで青森の大鰐村とか、レルヒ大佐の除幕式にもお供させていただいた。

 トニーさんは1956年のイタリアのコルチナ・ダンペッツオの冬季オリンピックアルペンスキーの
単独種目の回転・大回転・滑降全てで三つの金メダルを史上初めて獲得したスキーヤー。
妹さんのなんてことないスキーの板を借りての出場だったと聞いている。
その後映画の世界でも<白銀を招く>とかいろいろ活躍なさった。
彼はほんとうに素敵なダンディーな心優しい男性だったが九年前にこの世を去ってしまった。

トニーさんとはとても親しくさせていただいた。
ザルツブルグ経由でチロル州キッツビューヘルまで入り何度もお宅におじゃまさせていただいた。
いつも思っている方だが、こうして冬のオリンピックになると切ないほどの思い出している。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ブログ内でもいろいろありますね、、、、、
  ブログないには沢山の思い出が、残っていました。

http://keico.exblog.jp/238126188/
久しぶりの岡半さんで思い出に浸ってのクリスマスでした
2017年12月25日 月曜日 晴れ 岡半さん
 
http://keico.exblog.jp/7811600/
スキー記念日にトニーザイラーさんとの思い出に浸って
a0031363_2314915.jpg 
 (2000年の1月にはご子息と一緒に来日なさった。200MのフジFinePix/DSCで)
a0031363_2322866.jpg















夕食のあと、ロビーのお花の前ではいチーズ! 皆さんワインで少し酔ってましたね〜〜。
マックの検索機能でトニーさんと入れたら、
2000年の写真のフォルダーに何枚か入っていて、この嬉しい写真が蘇った。
デジカメ時代の思い出のひもとき方のひとつかもしれない、、、)

a0031363_2316659.jpg

 (トニーさんは、岡半さんのすき焼きが大好き。玄関の額は、北大路廬山人)








http://keico.exblog.jp/8863948
2009年8月25日 火曜日
さようならトニーさん、Toni Sailer トニーザイラーさんが亡くなった。
a0031363_22401745.jpg
(コンバンハ、、、と岡半さんの格子戸をくぐるトニーザイラーさん。
彼は左手の持っている紙包みはわたしへのおみやげだったのです!)



by pretty-bacchus | 2018-02-09 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(3)

栃ノ心とロジャー・フェデラーの男の涙に感涙の週末!
2018年1月28日 日曜日 晴れ

 寒いけれど良いお天気。
借景の鳥たちもどこか楽しそうにキョロキョロきょろ〜〜〜。
遠くの北側の屋根の雪は残ったまんま、、、

a0031363_18094311.jpg

a0031363_18095471.jpg

a0031363_18091753.jpg

a0031363_334963.gif
a0031363_18093096.jpg


 週末は体調もだいぶもどってスポーツ観戦。
いいな〜男の感涙は!
大相撲初場所の十四日目に、幕の内最高優勝をはたした栃ノ心。
入門十二年目の平幕の初優勝。春日の部屋でも初優勝だそう。

けがで幕下の下まで下がってしまった番付をひとつひとつ昇ったのだそう。
“今日は最高の日です、と素直に嬉しさを語り感涙を耐える栃ノ心は素敵だった。

 そして海の向こうでも、感涙が感涙を呼んだ!
テニスの四大大会第一戦、全豪オープンの最終日、男子シングルス決勝で
マリン・チリッチをフルセットのすえ勝ち優勝し、連覇したロジャー・フェデラー。
四大大会で自身が持つ男子の最多優勝記録を更新する二十個目のタイトルも手にした。
長い怪我の後に昨年見事に甦ったロジャー・フェデラーは、今年も新しい記録を作ったのだ。

 四大大会の最後に行われる優勝者の表彰式もいつもなかなか良い。
いにしえのスタープレイヤーが優勝杯を手渡したり、そして優勝者準優勝者のスピーチも人情豊か!。
敗れたチリッチのスピーチもよかったが、ロジャー・フェデラーは、皆さんに感謝したあとに、
“もう一度優勝できるなんて思っていませんでした。みんなが応援してくれて、充実した試合ができました。
試合が終わって、勝つことができて本当にほっとしています。素晴らしい瞬間を味わうことができました、と。
そして
“本当に幸せです。きょうは決勝をずっと待っていて、一日が長く感じられたのです。
勝てて信じられない。優勝できて夢がかなったし、まだおとぎ話は続いていきます、と。

最後に奥様も観戦していた自分の陣営に向かって、“みんな、愛しているよ。ありがとう、と言うと、
感極まったのか、たちまち涙声になっていき、涙はあとからあとからあふれ出た。
試合の時のあの冷静な顔がくずれて、目から大粒の涙が幾重にも流れ落ちた。
なんどもなんども手で顔をぬぐいながら、、、、顔が崩れていった。
王者らしい威厳のなかにみせたこの人間的なナイーブさ!

 テレビをみているワタシの目にも涙なみだ、、、、。
男たちの涙の奥には常に語り尽くせぬ苦労とたゆまぬ努力があるだろう。
和と洋で素晴らしい男の涙に感激した週末でした。



by pretty-bacchus | 2018-01-28 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

横綱白鵬四十度目の優勝おめでとうございます。
2017年11月26日 日曜日 晴れ

 横綱白鵬優勝おめでとうございます。
大相撲九州場所で前人未踏の記録の四十度目の優勝をあげた白鵬関は、いつものようにしっかりと
君が代を歌い上げた。

 優勝インタビューでは、まず、“この場を借りて、、、”とはじまり、横綱日馬富士による暴行問題について触れ
「力士の代表としておわびしたい」のあとに「場所後に真実を話し膿をだしきって、日馬富士関と貴ノ岩関を
再びこの土俵に上げてあげたい、と口をしっかり締めた。
十五歳で来日したころの事にもふれていた。誰が今の彼の記録を想像しただろうか? 
彼自身すらかもしれない。

 想像もできないような苦労と精進を重ねての結果の前人未踏への道なのだろうが、
あまりにも多くのヴァッシングと黒い渦巻きに巻かれてなんだか可愛そう、、、。
どうがくじけずに、次のオリンピックまでガンバッテくださいね。

a0031363_23385354.jpg
               (テレビをカシャッと)

a0031363_23390351.jpg

2017年11月26日 日曜日 晴れ
横綱白鵬さんとプーリア州の羊のチーズのブッラータ
2017年11月24日 金曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/237984319/
大相撲九州場所が始まりました。横綱白鵬さんを想って
2017年11月12日 日曜日 晴れ

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る

http://keico.exblog.jp/11344383/
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
http://keico.exblog.jp/237886831/
2017年10月10日 火曜日 晴れ
白鵬さんとのお食事会にお招きをうけました!

http://keico.exblog.jp/237311011/
2017年7月23日 日曜日 曇りときどき小雨
白鵬さん二場所連続39度目の優勝おめでとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/23925175/
2017年5月28日 日曜日 晴れ
白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。

http://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

http://keico.exblog.jp/23580889/
2017年1月25日 水曜日 晴
日経新聞の<春秋>で稀勢の里とチカラビトなどに感動

http://keico.exblog.jp/23537062/
2017年1月8日 日曜日 曇り 暗い一日
暗い日曜日に大相撲初場所が始まりました

http://keico.exblog.jp/23375059/
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

http://keico.exblog.jp/22840129/
2016年5月22日 日曜日 晴れ
オナガがベランダのムスカリの水苔を盗みにやってきました

http://keico.exblog.jp/21489243/
2015年7月26日 日曜日 晴れ 猛暑日
白鵬 三十五回目の優勝 おめでとう!

http://keico.exblog.jp/17859368/
2013年5月26日 日曜日 晴れ
五月場所大相撲千秋楽 白鵬さん二連続全勝優勝二十五回目の賜杯おめでとう

http://keico.exblog.jp/16867937
2012年11月25日 日曜日 晴れ後曇り
白鵬優勝を祝って有機栽培農家の新米=肌美人をいただいた

http://keico.exblog.jp/15371335/
2012年5月20日 日曜日 曇り
勝利の涙はなんとも素晴らしい!


by pretty-bacchus | 2017-11-26 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

大相撲九州場所が始まりました。横綱白鵬さんを想って
2017年11月12日 日曜日 晴れ

 きれいな日曜日の朝で気持ちが良く嬉しいな、、、。
おっはよう〜〜〜エンジェルさん。今日も一日よろしくね、、、と声をかけて深呼吸!

a0031363_15222502.jpg

a0031363_15221174.jpg

 大相撲九州場所が始まった。
小さい頃から父がみるテレビを一緒に見ていたし、何度か両国の国技館に観戦に連れて行ってもらったことが
あったが、大人になってはそこそこだった。

 国技という位置づけで相撲を見るようになったのは、ずっとずっと後になってのことで、
フランス人の友人にいろいろ質問されるようになったからかもしれない。
シャトーカデボンのマルセリーヌガンスは、とても詳しく、その頃は四十八手のことを聞かれても
答えられなかった。
“平家物語や源氏物語がわかるのに、けいこはどうして相撲は解らないの? といわれて困ったことがあった。

 それが九年前の国技館で前から二列目砂かぶりの席での観戦以来、そのすばらしさに目覚めて、
毎回興味深く観戦するようになっている。

 国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝を観戦してからもう六年になるのだ。
不知火方の凛々しい土俵入りが美しいかった。
(そのことを先だって白鵬さんにお目にかかったときに話したらとても喜んで下さっていた)
<br>
http://keico.exblog.jp/11344383/2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)
]

 第六十九代横綱になってから三年たった2010年大相撲九月場所千秋楽の「溜席白鵬さんの優勝を観戦してからすっかり<span style="font-size: 13px;">白鵬さんファンになってしまっている。国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝を観戦してからもう六年になるのだ。

すさまじい苦労があったとは思えぬような温和な眼差しのお顔と存在感。話す言葉もやさしく、
人々への気のつかいも凄い。
それぞれの方とも気さくに話されて、ほんとうにいい男〜〜〜。
ワタシは皆さんの写真を撮っていたが、最後に一緒にはいってくださって、、、、ありがとうございます。
a0031363_03355212.jpg
a0031363_03355212.jpg
(身長192cmの白鵬さんは大きい!)
一面に施された細かい縮みの藍染めの素晴らしいお召し物、
<白>の文字と綱が染め混まれてそれはそれは美しいものでした)

http://keico.exblog.jp/237311011/
2017年7月23日 日曜日 曇りときどき小雨
白鵬さん二場所連続39度目の優勝おめでとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/23925175/
2017年5月28日 日曜日 晴れ
白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。

http://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

http://keico.exblog.jp/23580889/
2017年1月25日 水曜日 晴
日経新聞の<春秋>で稀勢の里とチカラビトなどに感動

http://keico.exblog.jp/23537062/
2017年1月8日 日曜日 曇り 暗い一日
暗い日曜日に大相撲初場所が始まりました

http://keico.exblog.jp/23375059/
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して

http://keico.exblog.jp/22840129/
2016年5月22日 日曜日 晴れ
オナガがベランダのムスカリの水苔を盗みにやってきました

http://keico.exblog.jp/21489243/
2015年7月26日 日曜日 晴れ 猛暑日
白鵬 三十五回目の優勝 おめでとう!

http://keico.exblog.jp/17859368/
2013年5月26日 日曜日 晴れ
五月場所大相撲千秋楽 白鵬さん二連続全勝優勝二十五回目の賜杯おめでとう

http://keico.exblog.jp/16867937
2012年11月25日 日曜日 晴れ後曇り
白鵬優勝を祝って有機栽培農家の新米=肌美人をいただいた

http://keico.exblog.jp/15371335/
2012年5月20日 日曜日 曇り
勝利の涙はなんとも素晴らしい!


by pretty-bacchus | 2017-11-12 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(3)

三横綱が初日から休場で大相撲の秋場所が始まりました
2017年9月10日 日曜日 晴れ

 名残の朝顔さん、咲いてくれてありがとう!

a0031363_17385290.jpg

 大相撲の秋場所が始まった。
両国国技館で初日だが、昭和以降初めて三横綱が初日から休場することになってしまった。
十八年ぶりの事態だという。
鶴竜、稀勢の里は発表されていたが、三日前に白鵬も休場となってとても残念。

一人横綱となった日馬富士は、「出る以上は一生懸命頑張ります。お客さんに本当に申し訳ないと
思っているので、私は私の相撲を取り切りたい」と静かに語っていたのが印象的。
横綱としての使命もまたそれは大変なことなのだろう。

 夜の土手には車のライトで照らされて芙蓉の花があやしく輝いていた。

 数字いつ前から左目がまたかなりおかしくなってきた感じ。
それでもMacと読書三昧、これがきっと良くないのでしょうね、、、。

Yさんに相談したら、早いほうがよいということで来週は病院になりそう、、、。

a0031363_00100826.jpg



by pretty-bacchus | 2017-09-10 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

白鵬さん二場所連続39度目の優勝おめでとう〜〜!
2017年7月23日 日曜日 曇りときどき小雨

 大相撲名古屋場所千秋楽で単独トップの白鵬が、日馬富士との横綱対決を寄り倒しで制し14勝1敗で
二場所連続39度目の優勝を成し遂げた。
ご自身が持つ最多優勝記録をさらに更新した。
おめでとう〜〜〜白鳳さん!

先夏場所では日馬富士との横綱対決を制し、十三度目の全勝で優勝に花を添えたのは
三十八回目の優勝で、休場後の一年ぶりだった。

http://keico.exblog.jp/23925175/
2017年5月28日 日曜日 晴れ/div>白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!
この時の白鳳の優勝インタビューは、
“ただいま帰ってきました。 “国歌を久しぶりに歌えることができて最高!が最初の言葉だった。
親指の怪我やその他で一年の休場のあとに、ひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってきたのだ!
涙なくしてはこの場面をみてはいられなかった。

 今回の39度目の優勝の三日前には、通算1047勝の歴代最多記録を達成し、
元大関魁皇の持つ歴代最多記録に並べ、今日には1050勝と記録をのばしている。
初土俵から98場所での達成は、魁皇より42場所早いのだそうで、実績は名横綱たちと比べても
群を抜いているという。
これを機に白鵬のこの十七年からの履歴がWeb上でいろいろ語られていてなかなか興味深い。

 今回の優勝インタビューに自身で話していたように、彼が六歳の時に、若乃花一行がモンゴルを訪れて
相撲に憧れて、十六歳の時に、日本での角界入りを望む若者の訪日ツアーに参加して六名といっしょに
日本を訪れたのだ。(2000年10月25日)
しかし彼だけがどこの部屋からも声がかからず取り残されてしまった。
訴えたのは、英語で、自分だけモンゴルに帰るのはいやだ。「I don't want to go back home」。
彼は、その時モンゴル語と英語した話せなかったのだという。

 帰国便を手配して出発の前の日の夜になってようやく宮城野部屋から誘いが入ったのだという。
ようやく入門はできたが、上の人達にこき使われて、日本語もわからず言葉の壁は高く、ちゃんこ当番で
おたま持ってこい」と言われて鍋を運びなどと、苦労は並大抵ではなかったという。
けいこでも転がされ弾かれたりで、屋上の物干し場でいつも泣いていたのだそう。
(日本語の習得に役立ったのはカラオケで、小林旭さんの「熱き心に」、夏川りみさんの「涙そうそう」の
歌詞を書いて覚えたとか。紗代子夫人とのデートでは韓流ドラマ<冬のソナタ>のせりふを話したのだという)

 その白鵬が今は見事な日本語を話していて、特に今までの優勝インタビューは見事で、普通の日本人に
勝るとも劣らずなのは、辛い修行の上に、どんな風に日本語を学んでいったのだろうかといつも思っている。
本を読まなければ学べないような難しい言葉も理解して話している。

今回の優勝インタビューでは、最初の一言が “名古屋の皆さん、サンキュー!”
三十九勝とサンキューをかけたのだ。(お見事!)
(そのあとに彼が話したのは、彼が六歳の時にモンゴルを訪れた日本相撲の一行のおみやげが名古屋の
ウイロウだったと言って、名古屋の方々を喜ばせたのだが、アナウンサーはわからなかったようだ)

そして最後の言葉は、“相撲は奥が深いね”だった。
偉業を達成した直後の言葉としては本当にその彼の言葉自身が奥が深いものだった。

彼は研究熱で、対戦してみたいという過去の力士の名にも、江戸寛政期に「古今無双」と言われた谷風や、
明治時代に黄金期を築いた常陸山などをあげて、69連勝の双葉山は映像で動きを丹念に
研究しているのだという。

 一時は衰えを指摘された中で、実は大けがを負っていて、医師の後押しで手術を決断したのだそう。
重心を支える右足親指の内側のけんとじん帯が切れていたが、その時は白鵬本人は「少し動きが悪い程度」
感触だったようだ。
一年間の休場の間には、そうして体を治しながら、ヨガをしたり断食もしたりして、またモンゴルでは
軍隊並みのハードがトレーニングもしたのだという。

(その間、横綱になって初めての怪我での休場のあいだのこの一年間、メディアは彼の名前を語らずに
日本人横綱の稀勢の里の話ばかりだったのだ。
そこには、それまでのある時期からの相撲界を一人横綱として相撲界をひっぱってきた白鵬にも
モンゴルの相撲人達にたいしての尊敬などは一切なかった。
彼らはどんなにか悔しいと思ったことだろう、、、、。)
(そのうえ角界のある派はモンゴル人をいじめる人がいるのだという)

そして自信を取り戻して帰ってきた先場所での見事な優勝だったのだ

朝日新聞デジタルヘッドラインには,
<今日のトピックス
 大相撲の横綱白鵬が通算1047勝とし、歴代最多記録に並びました。一時は衰えを指摘された中で、
実は大けがを負っていました。医師の後押しで手術を決断、復活を遂げました。
http://news.asahi.com/c/akc7efcferzp6vaH>

<チーム白鵬 最強横綱支える2人>と言う記事もあった。
主治医を務める杉本和隆・苑田会人工関節センター病院長であり、もう一人は専属トレーナーとして
一年で140日以上寝食をともにする大庭智成・九州医療スポーツ専門学校競技スポーツトレーナーなのだそう。
最強横綱を作り上げるトレーニングがあるかという質問には、笑顔で「ない」と断言され、スクワットから、
しこ、てっぽう、すり足など相撲の基本を軸に地道な基礎的な繰り返しを徹底する。しかし、実はこれが
一番難しい、と。

 この横綱のすごいのは自己管理能力であり、本場所中はお酒も一切飲まない。
辛抱、努力、我慢が、勝つ喜びとなり、家族の幸せ、支援者らにこたえること、
そして自分に返ってくることを知っているのだという。

本場所では朝からいつもの運動を繰り返していて、取組前でもゆっくりとしたしこ、すり足で
じっくりと汗をかいているのだという。
若い人にまねて欲しいとテレビでの辛口の解説の北の富士さんが言っていた。
その北の湖さんも、先場所も今場所でも、
“今日の取り組みにおもわぬイイ相撲をみせてもらった。と。
“白鵬の必死さが伝わってきた場所だったと、前の海さんが解説していた。

 かって尊敬する大鵬の優勝32回を抜いた時には一抹の寂しさを覚えて次の目的を失ったが、
そのスランプを抜けて、大きな怪我を克服して復帰をとげた今は、もう同じような心境になる恐れはないと言う。

 白鵬さんの今の夢は東京オリンピックでの土俵入りだそうだから、その夢が叶うといいですね!


a0031363_13065793.jpg

a0031363_13071385.jpg

a0031363_13074827.jpg
              (優勝の賜杯を受け取る横綱の姿をテレビでカシャッ!)


 〜〜〜〜〜
(国技館の「溜席」の千秋楽で目の前に白鵬をみてからもう七年にもなる)

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る


横綱白鵬の土俵入りは美しい!<br>
不知火型の横綱土俵入りは、せり上がりの際、四股を踏む前の翼をピンと張るように切れのいい動作と、
翼を広げるようなゆったりとした構えを見せる最後の締めの部分の腕の所作に大きな特徴がある。

眼前でどすん、どすんと足を踏み、パッパッとたたく手の音がすぐそこで臨場感満開<br>

a0031363_425022.jpg
<br clear="all"> <br>
a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)<br clear="all"> <br>

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ウィキペディアは
https://ja.wikipedia.org/wiki/白鵬翔



by pretty-bacchus | 2017-07-23 23:58 | ♪Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)