2018年 05月 21日 ( 1 )

お散歩の途中で行きつけのイタリアンのシェフにあってラッキー!
2018年5月21日 月曜日 晴れ

 今週は何も約束がない、、、といいな。

レセプション用に準備する書類が沢山あるから、ずっとデスクワーク。
借景の緑木々を行きかう鳥たちの声を聞きながら、なんとか続けているのだが、
その疲労感はいままでにないもの、、、、。
持久力もなくなって、数時間すると眼がちかちか、、、肩がぱんぱん、、、。

a0031363_03003354.jpg

 腕を伸ばしても深呼吸をしてもクラクラするので、夕方に少しでかけたてみた。
ふらふらと歩いているとあちらからヴァレットのシェフが!
“うふぁ〜〜ご縁がありますね〜〜!
今週は土曜日しか席がないと聞いていたのに、今夜はドタキャンがでて奥の席があすのですって、、、。

 それならば軽くお野菜とピッツアでもいただきましょう、、、、。
買い物に行くのを途中でやめて、美容院だけには行って現地集合。

こんなお店が近くにあってとっても幸せ〜〜!
ありがとうございました。

a0031363_02590861.jpg
オープニングの後にさし上げた私のペリゴールの教会の写真は、
エントランスに移されたので、この壁には水辺の写真をさがしてみようかしら)


https://keico.exblog.jp/237155053/
2017年7月8日 土曜日 晴れたり曇ったり
満月を愛でながらオカダさんのお店の三周年をお祝いしました。

https://keico.exblog.jp/237940216//
2017年10月28日 土曜日 曇り 上弦の月
仙鳳趾から直送の牡蠣をイタリアンでいただきました

~~~まだまだいろいろ、、、、、
オープンして四年の間にずいぶんお世話射なっていますね、、、、


 ときどき内装を直していて、奥の部屋にかけられていた私の写真は今は、
エントランスのすぐ右にかけられている。
前世紀の、エールフランスの機内誌<BONN VOYAGE ボンヴォワヤージュ>の取材で訪れた
ペリゴール地方の旅で撮ったロマネスクの教会。赤い芥子の花がきれいな時だった。

a0031363_16185460.jpg


http://keico.exblog.jp/12577186/
2011年10月14日 金曜日 曇り後雨〜
フォアグラとトリュフの国のワイナリー  〜ドルドーニュとロットの流域〜

<<<新フランスワイン紀行第四回>>は、
☆80号1998秋号 ペリゴールの五月<<<新フランスワイン紀行第四回>> 
<フォアグラとトリュフの国のワイナリー
 〜ドルドーニュとロットの流域〜>>として発表された。

タイトルページ二面と中の全部の写真も記事の執筆もで、あまり詳しい情報がなかった当時は、
とても注目されたという。



by pretty-bacchus | 2018-05-21 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)