メメント・モリ、そしてテレビで美術鑑賞
2010年1月17日 日曜日 晴れ

 少しゆっくりと年の初めの二週間を過ごしてしまった。
こういう時間も人生には必要なのだろう。

 めずらしく朝からテレビがついたままだった。
神戸からの追悼式の中継では一緒に黙祷した。
阪神大震災からもう15年になるのだ。
6434人もの方が犠牲となったという大地震後の神戸の復興と、今回のカリブ海、
ハイチの人命救助がおくれているニュースがオーヴァーラップしてしまう。
なんとかならないものなのか、、、、

メメント・モリ(Memento mori)「死を想え」を深く考えてしまう。
人間は死すべきものである、と思い悩む前に、今こうして生の世界に生きている私たちは、
亡くなった方に思いを寄せて祈り、手をあわせるしかないのだろうか。

寺田直子さんのオンライン募金リスト寺田直子さんのオンライン募金とiTinesの募金に参加した。)

〜〜〜〜〜〜〜〜
 「時事放談」は、三秘書逮捕の前日の収録のようだが、渡部恒三氏が、民主党なのに、法治国家の重要性と、
小沢さんの態度に同意できないと苦しげに言っていたのが印象に残った。
党内で誰一人はっきりと小沢批判を出来ない軍隊的な今の民主党の中で(これも氏の言葉であった)、
同じ党員としては辛いものがあろうに、、、
片山善博氏はいつものように誠実に正論を話していて嬉しい。

それにしても、この小沢幹事長は狂ってしまったのだろうか、、、、
何十億の金が動いているという確信犯なのに、すでに三秘書が逮捕されているのに、反省の色もなく、
碁をうち、新年会にでて、検察批判をしたり自己弁護をしている。
「小沢氏側は司法を軽んじている」と思う人も増えてきた。

40年を超える政治家人生では常に「政治とカネ」の問題がつきまとっていたのだという。
師と仰いだ田中角栄元首相も、金丸信・元副総裁も逮捕起訴されたが、最後までそれを認めなかったのを、
手本にでもしているのだろうか。

その上、首相までも応援していて、“どうぞ闘ってください、とエールをおくり、
記者たちに語っていたのには驚いた。
日本国の与党の、一国の主の言葉とも思えない。
ボキャブラリー不足なのではかたずけられない、、、頭も気持ちもないのだろうか。
少し前に、櫻井良子さんが書いていらしたが、この人に今の日本をまかせるわけにはいかないのではないだろうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 暗い気持ちの後に癒されたのは、「新日曜美術館」で、伊藤若冲(1716-1800)の、「夢の若冲・傑作10選。
大きな画面で鑑賞できるのは素晴らしい。
数年前に京都国立博物館でみた『動植綵絵』に驚いたが、今こうして説明を聞きながら、
鑑賞すると新しい魅力がわき出てくるようだ。

a0031363_322882.jpg「群鶏図、で13羽の鶏の位置を、35ミリと200ミリレンズで撮り、その圧縮効果でこの絵を説明していたのは、
芸術家を精神医学の立場で研究している斉藤環氏。この絵を画家は江戸時代のCGを頭の中でしてきたと解し、
画家の存在意義は、物の見方を発明すると語っていた。


数年前に北陸地方の旧家で発見されたという「象と鯨図屏風」の可愛らしさとおおらかさ! 
そしてなんとエネルギッシュなのだろう!
右に象、左に潮を吹き上げる鯨、、、、一度見てみたいものだ。

「花丸図」は、金刀比羅宮の書院で見せていただいたことがある。
こんぴらさんの表書院は、 円山応挙 作の、虎の間 遊虎図などの障壁画があるが、
書院の奥に輝く花々は見事だった。

http://keico.exblog.jp/5990044
金比羅詣での思い出
「金刀比羅宮書院の美—応挙・若冲・岸岱展」2007.08.12 日曜日

(More>>金比羅さんの思い出)

a0031363_3234995.jpg
『貝甲図』には驚いた。
二十数年も前に、高會堂さんで創っていただいた一重の訪問着に、この『貝甲図』に見る貝が沢山あった、、、
すだれ貝、すいじ貝、リンボー貝、アッキガイ、
、、。
藤沢御大と好子奥様はご存じであったに違いない、、、


http://keico.exblog.jp/3717874
藤沢武夫さんの思い出
満月の 月無き夜も 月を愛で 2006.06.10 土曜日
  



 録画しておいた「世界不思議発見、イースター島のモアイ像が今の場所まで歩いたという実験は
とっても面白かった。

 「美の巨人、では、カラヴァッジオ作『聖マタイの召命』を鑑賞した。
この美術館を訪れたのは、もう何十年も前のことで、
ローマのサン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂で観ているはずだが、何十年も前なのでよく覚えていない。

a0031363_3344553.jpg


a0031363_3485571.jpg (手元においてあったD5000で遠方のテレビをカシャッと、、、)

a0031363_3494539.jpg  (この手は誰を指しているのか!)


 ゆっくりした日曜日だった。
母がまだ風邪気味で、、、、、“あと5年かしらね、、、”と電話の声が弱い。
メメントモリ!

 明日からは予定がぎっしり。さあ、いよいよ2010年が動き出す、、、。
もうひとがんばりせねばなるまい、、、、こうして生かされているのだから、、、
メメントモリとは、人生を如何に生きることにも通じるのだろう、、、






a0031363_1840483.jpg
      表書院入り口、この館の中のいくつかの部屋があり襖絵がなんともさりげなく鎮座していた。


a0031363_184137100.jpg
   誰一人観光客がおらず、Yさんと二人だけでの鑑賞であった。
 なにげなくスナップを撮らせていただいたことは本当にラッキーだった。
  おそらく今では撮影禁止になっているだろう。



a0031363_18403314.jpg
      円山応挙の風景画、これも今回出ているのだろうか?


a0031363_18511145.jpg
    鶴と太陽の間
a0031363_18392043.jpg
  一番奥の社まで上りつめてホッと一息、その階段の数はなんと1368段!
 最期の数十段はとても急で、ふ〜〜ふ〜〜いっていた。


a0031363_1831485.jpg
     隣の六畳くらいの間にある、伊藤若冲の「百花図」には、一瞬唖然とした驚きを感じた。=(図録より)
by pretty-bacchus | 2010-01-17 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/9689833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by naoko_terada at 2010-01-18 13:45
オンライン募金のコメント、ありがとうございます。

人を想い、人に想われる。
そんな日々、人生を歩んでいきたいと思っています。

今年が互いに良き一年となりますこと。
静かに祈ります。

ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒヤシンスに、、、命を重ねて      陽が落ちて ヒヨドリのお家は ... >>