スキー記念日にトニーザイラーさんとの思い出に浸って
2009年1月12日 月曜日 晴れ

English Here

 祭日、今日は成人の日なのだ。
でも12日、なんだかやっぱりおかしい。
成人の日は15日なのだ。
この日に沢山の若者が成人の自覚をもって巣立っていった二十世紀。

それが「ハッピーマンデー」とやらで、いつの頃からか、連休の月曜日になってしまった。
連休を増やすことを目的として祝日の日付を変更するというのも、
ケースバイケースにして欲しいものだ。

 そして、今日は、◇スキー記念日なのだそうだ。
1911年(明治44年)のこの日、新潟県高田の陸軍歩兵連隊で、
オーストリアのレルヒ少佐が初めてスキー指導したことによるのだそうだ。

十数年前に、オーストリー大使館のご依頼で、友人のトニーザイラー Toni Sailerさんを、
その高田まで連れて行って、記念式典に一緒に参列したことがある。
高田村に記念の銅像が建てられてその除幕式だった。
その後地元の子供達を集めてのトニーさんのスキー教室が行われて、
彼の優雅な滑りを初めて見た。
美しいシュプールに全員唖然!
その時使ったスキーは、日本スキー発祥記念資料館内の記念館に
トニーザイラーさんのサインをして納められた。(私の指紋もべたべたついているだろう!)
(spotlightでトニーといれて、自分のマック内を検索したら、なんと少し記録がでてきた。
1995年の事だった。デジタルの検索ってすごい!)

 「トニー・ザイラー Toni Sailer」、スキーの神様とあがめられていた男性。
1956年、コルティナダンペッツォ冬季オリンピックにてアルペンスキー回転・大回転・滑降の
金メダル三冠を達成したが、引退後は『黒い稲妻』 Der Schwarze Blitz
『白銀は招くよ!』など数十本の映画に出演して一世を風靡した。

 トニーサンとはもう何十年かの親しい友人。
連れ合いの貿易会社が、スポーツ用品の輸入をしていて、オーストリーのアトミックスキーの
開発&輸入総代理店をしていたので、トニーさんは、その販促にもよく来日していた。
「八ヶ岳ザイラーバレー」のプロデュースでは、トニーさんが現地を何度も視察して、
スキーコースを造った。

その後、安比高原スキー場にも、「ザイラーゲレンデ」というゲレンデがある。
数年前まで、毎年招待でこのスキー場を訪れていたトニーさんは、
東京で一日しか時間がない時も、必ずいつも私たちと一緒に食事をしてくださった。
ニューオータニ内の岡半さんや、浅草の「いり金」さんのお肉が大好きだった。

 十年ほど前には、京都経由で、新井のスキー場に入ることになったのだが、
付く人がないことがわかって、急遽私が京都に一緒して、友人の祇園のお店でお世話になった。
(書きながら彼女に電話をして、いつのことか訪ねたら1998年99年のことだったようだ。
一緒に撮ってサインをいただいた写真は、彼女の宝物になっているという!)
なつかしい思い出がスキーの日で次々と蘇ってきた。

 トニーさんは、7年前に愛妻をガンでなくしてから急に年老いたように思っていたが、
昨年彼自身が喉頭ガンに冒されて、インスブルック大学病院で治療を受けているという。
「72歳になれば、そのような病気に一度はなるものだ。
自分はこれまで素晴らしい人生を送ってきた。死を恐れてはいない」と述べているという。
(ウィーン発 『コンフィデンシャル』より)

 一時は、オーストリーの大統領候補にもなったトニーさん。
(ご本人は、そんなつもりなないと言ってらしたが、、、)
ザルツブルクの近くのスキーのメッカ、キッツビューヘル(Kitzbühel)がトニーさんのお家。
来春には、お見舞いに訪ねたいものだ。

a0031363_2314915.jpg  (2000年の1月にはご子息と一緒に来日なさった。200MのフジFinePix/DSCで)

a0031363_2322866.jpg

(夕食のあと、ロビーのお花の前ではいチーズ! 皆さんワインで少し酔ってましたね〜〜。

マックの検索機能でトニーさんと入れたら、
2000年の写真のフォルダーに何枚か入っていて、この嬉しい写真が蘇った。
デジカメ時代の思い出のひもとき方のひとつかもしれない、、、)


a0031363_2316659.jpg  (トニーさんは、岡半さんのすき焼きが大好き。玄関の額は、北大路廬山人)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
後日に
http://keico.exblog.jp/8863948
さようならトニーさん、Toni Sailer トニーザイラーさんが亡くなった。2009年8月25日 火曜日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 午後をゆっくりと本を読んだり、望遠で鳥を撮ったりしてすごした。
祭日の一日をゆっくりできたことに感謝の夕べ、、、
今日の日の入 は、16時49分。

a0031363_2325259.jpg  (遠くのビルが夕日で赤く染まりはじめた、、、)

a0031363_23273734.jpg


a0031363_23291492.jpg

a0031363_23294781.jpg

a0031363_23301963.jpg

a0031363_23321088.jpg

a0031363_2333919.jpg


 4時半頃に右手の空が、紫色の燃えてきた。
それ〜〜〜玄関においてあったE-410を持って屋上にダッシュ。
軍艦のような真っ黒い雲の向こうが燃えていた。
新成人の日の一日の終わりの空は美しく燃えたいた。

a0031363_2337394.jpg

a0031363_2338467.jpg

a0031363_23382352.jpg



〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2009-01-12 23:39 | ○Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/7811600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pretty-bacchus at 2009-01-13 19:10
婆美以さん、いつもありがとうございます。
お孫さんのご誕生をお祝い申し上げます。
すくすくと育って、次の世代を担って欲しいですね、、、、。

トニーさんはホントに素敵な男性です! ハートもとってもです!
ガンを克服していくれる事を祈るのみです。
Commented by salzburg-info at 2009-02-28 08:53

keikoさま、はじめまして!

今日のランキングをたまたま見ていたら・・

同じランキングの方のなかに、
ハンドルネームがバッカス!?

ワインの勉強を始めたばかりです。
すぐさま飛んで来て、なんだかスゴいところに来てしまった。。と思いました。

けいこ様の日本とフランス両国の美食界の歴史に大きく関わられたであろう実績にただただ頭が下がります。

畏れ多いので読ませていただくだけにしようと思ったのですが(失礼!)トニー・ザイラーさんともお友達でいらっしゃるとは!

ちょうど一年前ですが、キッツビュールでのイースターのコンサートに彼が来て下さっていたのです。
始まる前に楽屋(教会でしたから神父さんの控え室)に来て下さり、共演した人達を良くご存知のようで、話をされていて。。
Commented by salzburg-info at 2009-02-28 08:54
そのときに、
「あのひとがあの有名なトニー・ザイラーだよ」
と教えてもらったのです。

本当にポジティブで開放的なエネルギーが溢れる人で、私は初対面でしたが快く挨拶して下さいました。

まず!
とても彼の年齢には見えない事。
そして、
彼が闘病している事はいま、この記事を読んで知りました。

素晴らしいですね。彼は半径10mを突然明るくして、去っていきました。

これから、ブログをじっくり読ませて下さい。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

ザルツブログ lara

Commented by pretty-bacchus at 2009-03-01 10:25
ザルツブログ laraさま、お早うございます。
はじめまして、、敬子です。
拙ブログにおいでいただきありがとうございます。
ランキングでのご縁とは、なんと嬉しいことでしょう。

トニーザイラーにお会いになられたのですね〜〜〜元気のようで安心しました。
オーラを半径10メートル! 皆様を明るくして立ち去ったトニーに杯をあげたいです。
闇病生活と思っていたのですが、それを払いのけ、友人の楽屋お見舞いとは、彼らしい!
嬉しくてなけてしまいました。
近況を知ることができてとても嬉しいです、ありがとうございます。

ここ数年オーストリアにはいかれていないのです。
御地で音楽家としてご活躍の方々に、ブログがご縁でこうしてお話しさせていただけるとは、なんと大きなウェブの世界になったことでしょう。
感謝いたします。
Laraさんは、もう16年も御地で音楽家としてご活躍なのですね、、、素晴らしいですね。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

Commented by salzburg-info at 2009-03-03 11:06

敬子様。

コメントレスありがとうございます!
オーストリアは少しずつ春が近付いてきていて、雨が最後の雪を流し始めています。

アルプスの雪解け水とともにザルツァッハ川の水位が上がり、洪水の心配が出て来る季節でもあります。。

でも日が少しずつ長くなり、午後の日差しが嬉しい日々です。

そちらでも少し雪が降ったのですね??
お体にはお気をつけ下さい。

リンク、ありがとうございました。
光栄です〜。

それにしてもトニーさんの息子さんの目があまりにお父様にそっくりで、笑ってしまいます〜〜。

会わなくても、会えなくても、繋がっている友情ってありますよね。
写真から楽しい時間が飛び出して来るようで、幸せな気分になります!!


lara

Commented by pretty-bacchus at 2009-03-04 03:14
salzburg-infoのららさま、ありがとうございます。

<会わなくても、会えなくても、繋がっている友情ってありますよね> この素敵なお言葉に感謝です!

名前
URL
削除用パスワード


<< 居待ち月 木々の間に 寒さけて      お〜さむう月もゆらゆら千鳥足 >>