半年前にいただいた二鉢の胡蝶蘭の脇芽の最期の蕾が花開きました
2019年6月5日 水曜日 晴れ 真夏日 七つ目の蕾 
令和元年六月五日


 十一月にいただいた胡蝶蘭二鉢は花を終わった後にそれぞれ脇芽がでてきて蕾をつけて
花開き始め毎日楽しんでいる。
左の鉢の二本はそれぞれ六つづつ蕾をつけて花開いた。

右の鉢では一本脇芽がでて七つ蕾をつけた。
その六つ目が花開いて夜のの光にゆれていた。

 そして最期の七つ目が花開いたので、鉢を180度まわしてこちらから花の表をみえるようにした。
花の命に乾杯!


a0031363_00303890.jpg

a0031363_00302528.jpg



https://keico.exblog.jp/239297082/
 脇芽からでた胡蝶蘭の枝の七つめの蕾がおおきくなってきました
2019年6月1日 土曜日 晴れ
令和元年六月一日


a0031363_01324794.jpg
(一週間前の蕾です)





by pretty-bacchus | 2019-06-05 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/239301676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 婆美以 at 2019-06-07 21:09 x
ほんとうにビックリする生命力です!
胡蝶蘭は花芽が出やすいとは言われていますが、ここまで威勢が良いのはあまり聞きません!
この窓辺が余程暮らしやすいのでしょう💗ここまで来たら愛情が湧きますね。

この分でしたらこの秋にもきっと花芽が付くと思います。
中部地方は胡蝶蘭の産地なので、生産者さんにそう聞いた事があります。私まで楽しみ(^^♪

Commented by pretty-bacchus at 2019-06-08 18:58
婆美以さん、こんばんは。
昔から花が終わった胡蝶蘭を二年目に咲かせるのが上手だったのですが、この鉢は
翌月には脇芽がでました。
きっと秋にもまた枝が出るかもしれませんね。
針金を外すことができなくて見苦しいのですが、それは我慢しましょうね。

いつもご覧いただき、コメントをいただきありがとうございます!

名前
URL
削除用パスワード


<< ブログの記事ランキングなどをみ...      四度目の<荒木町たつや>さんへ >>