秋の日のヴィオロンのためいきの  身にしみてひたぶるにうら悲し
2018年10月13日 土曜日 曇り

 突然に冬がやってきたような週末。
街は静かだった。
かさこそと枯れ葉が舞う歩道をこつこつとヒールの響きを楽しみながら、、、、と
いうのはもう昔々のこと。
今はスニーカーで音も無く歩をすすめる、、、。

 いつもこの季節になると、うろ覚えのフランス語の詩を口ずさむ。
秋の日のヴィオロンのためいきの  身にしみてひたぶるにうら悲し
              
Les sanglots longs
Des violons
 De l'automne
Blessent mon coeur
D'une langueur
 Monotone.

ポール・ヴェルレーヌ Paul Verlaineの秋の詩、Chanson d'automne、
フランス語ではここまでしか覚えていない。

秋の日の ヴィオロンのためいきの
 身にしみて ひたぶるに うら悲し

鐘のおとに 胸ふたぎ
 色かへて 涙ぐむ 過ぎし日の  おもひでや

  げにわれは うらぶれて  ここかしこ さだめなく
    とび散らふ 落葉かな、、、。

上田敏の翻訳詩集「海潮音」の「落葉」の詩は、秋になるとなんともうら悲しく、
口ずさみたくなって、毎年今頃にブログに書いているみたい、、、。

http://keico.exblog.jp/7547912/

2008年10月5日 日曜日 曇り

秋の日の ヴィオロンのためいきの 
  
☆ ☆ ☆

 眼の手術から十日がたった。
一日四回の三種の目薬がめんどうになってきたから、そろそろ良いのかもしれない。
それに両目の度数があった眼鏡がなくて、いらいら、、、。
とくに50センチ先のPC用のブルーレーカットが使えなくて、
エクセルや翻訳作業に支障をきたしてしまっている。
Yさんにお願いして、臨時の眼鏡を作ることにした。

四谷のお店にわざわざいらしていただいて検眼、
そして左はそのままに右眼だけプラス1の普通にレンズをつけたPC用をお願いした。

 現代医学と先生方のおかげで、でこうして眼が生きていることに
深い感謝を込めて、、、、
かさこそと静かな街を家路にむかいました。

a0031363_08295849.jpg


a0031363_08300780.jpg

https://keico.exblog.jp/238791365/

手術の日の朝焼けはとてもきれいでした

2018年10月2日 火曜日 晴れ 入院二日目(Mac不調でiPadにて


https://keico.exblog.jp/238789693/

入院の部屋から新宿副都心のビルを眺めています。今日はピンクリボンデイでした

2018年10月1日 月曜日 晴天 また真夏日  その二

 入院一日目


https://keico.exblog.jp/238791365/

靑い空は青く、白い雲は真っ白にみえます!

2018年10月3日 水曜日 曇り 一応退院


https://keico.exblog.jp/238792917/

靑い空は青く、白い雲は真っ白にみえます!

2018年10月3日 水曜日 曇り 一応退院


~~

http://keico.exblog.jp/19624292/

2014年3月27日 木曜日 雨 手術の日

手術は無事に終わりました。


http://keico.exblog.jp/19625673/

2014年3月28日 金曜日 晴れ

手術が終わって初めて学ぶ最新の白内障手術




by pretty-bacchus | 2018-10-13 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/238809191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 夜明けが急に遅くなって、日没が...      朝から氷雨。ようやく涼しくなっ... >>