新宿御苑近くの植物工場で葉物野菜をたくさんいただきました
2018年5月23日 水曜日 晴れ オナガが遊んで

 昨夜は白鵬さん関係のここ数年のブログをくりながら遊んでしまった。
しなければならないことが山ほどあるのに、そういうときにかぎって、
別のことをしたくなってしまう。困ったことだ。

 区役所に用事ができて、夕方になって新宿御苑のそばの出張所にでかけた。
その昔は区役所とか大使館、銀行などはカウンターの態度がとても悪かった時代があったが、
今世紀になっていろいろ改善された気がする。

ほんの十分ほどで用事をすませて、御苑の北側にある神社近くの植物工場を訪ねた。
この植物工場では、水耕栽培を利用し無農薬野菜を生産していて、
その販売をしているというのでご紹介いただいたので早速にでかけてみた。

どのレストランでも美味しい食材の仕入れ先のことはあまり話したがらないのだが、
ルマーカのご主人はいろいろ教えてくださる。
せんだって友人を連れて行ったときには、
手打ちパスタに使っている粉のことまで話してくださった。
それだけご自分に自信があるということだろう。

お店でいただくお野菜類がとても新鮮なので聞いてみたら、
なんとすぐ近くの植物工場で作られているという。
え? 都会のどまんなかに植物工場が?
ありましたね〜〜〜たしかにありました、、、それもビルの四階に。

 電話をしてあったので、すぐに迎え入れてくださった。
八畳ほどのオフィスの奥には数十畳もの植物工場があって、
LED電気に煌々と照らされた植物たちが息づいていた。

a0031363_03425918.jpg

思わずいろいろ質問してしまった。
種を蒔いてから成長して収穫まで約一ヶ月かかるという。
植物工場の中は室温を21~22度、湿度は60%に設定しているのでかなり涼しいとか。
“ワイン倉庫と一緒ですね、、、と、いろいろ話し込んでしまった。

 ここの社長さんが、お子さんのために数年前に始めたようで、
最近では見た目のきれいさ新鮮さ、洗う時間の短縮、安定供給で欠品の心配がなくなったので、
ご近所に週に二回自転車で届けることも始められたとのこと。(素晴らしい〜〜〜〜〜!)
一年中同品質の無農薬野菜が手に入るというので、
今ではレストランやホテル等で多く使われるようになってきたという。

太陽光の代わりのLEDと天然素材で作られた養分で野菜を作っているのだそう!
水耕栽培は、植物育成に最適な波長のみをLEDで照射できるので、
波長・光強度の制御により機能性成分ビタミン・βカロテン・ポリフェノールなど
豊富な品質の高い野菜が収穫でき、栄養素も制御できるので、
食事制限のある人向けの病院食野菜(低カリウム野菜など)にも最適なのだそう。

衛生管理を徹底しているので虫や雨風による痛みがなく、農薬を一切使わないので、
見た目もきれいな無農薬野菜を食べる事ができのだそう。

 今は十種類の葉野菜があるというんで、全てをいただくことにした。
グリーンリーフ、小松菜、スイスチャード(アイデアル)、パクチー、フリルアイス、
ロメインレタス、赤茎水菜、わさび菜、レッドからし水菜、ブーケレタス

もちろのルッコラも!
この少しピリッと幸く苦みがあり、ほの かにゴマのような香りの野菜が大好きで、
その昔まだ日本にはないころに、イタリアから種を買ってきて、
ベランダで栽培したことがあったり、イタリアレストランのオーナーに種をさしあげて
喜ばれたことがあった。
昔、、、むかし、、、というとなんと最近は四十数年前のことを話していることが多く、
歳を感じますね〜〜〜!

a0031363_03441007.jpg
(中では成長した処から採取していく、、、)

a0031363_03380623.png
 全部を採取するのに小一時間かかるというので、ツレアイは疲れてしまって同じビルの一階にあった
カフェでコーホーを。
これがとても美味しくまたまた話し込んでしまって、、、、。

a0031363_03451157.jpg

 帰りはもちろん報告とお礼にオステリアルマーカさんで夕食。
手作りの生ハムが初日で、その優しいほのかな甘みと深いこくのある味に感激。
友の輪が新しい友を呼び、地元の和がどんどん膨らんで幸せ一杯の夕餉でした。
皆さんありがとうございま〜〜〜す。

〜〜〜〜〜〜
追記: (ご興味がおありの方は、ご紹介しますので、コメントにてどうぞ)



by pretty-bacchus | 2018-05-23 23:58 | ☆Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/238543892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 葉物野菜づけの一日でした      夕陽がカーテンを染めるころに大... >>