借景のシデの木に春のヒヨドリがやってきました
2018年2月19日 月曜日 晴れ 雨水 ヒヨドリが

 二十四節気の雨水。
(暦便覧)によると、
陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也。空から降るものが雪から雨に替わる頃、
深く積もった雪も融け始める。
春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める>寒かった冬も、
まもなく春の訪れなのだろう

 借景のシデの枝は冬芽がだんだん大きくなって、今日はヒヨドリがやってきた。
体を膨らませているからきっと寒いのね!
夕陽を浴びてふるふると羽根をひろげなたら遊んでいるっていいな〜〜!

 ガラス越しにカシャカシャと、、、、、。

a0031363_01382651.jpg

a0031363_01414899.jpg

a0031363_01451156.jpg

a0031363_01391647.jpg


a0031363_01425410.jpg

a0031363_01440415.jpg


 今週も忙しくなりそう。
それなのに、テレビがおかしい。いろいろいじってみたが、私の手にはおえそうもない。
どうしよう〜〜〜?

 夕方にSさんに誘われて急遽焼き鳥屋さんへ。
八席のカウンターと四卓十二席の小さなお店。
以前にもいったことがあるので、ゆっくりとお食事ができた。

 でもおそろしかったのは左隣にいらしたお二人。
どうやら週刊誌の記者のようで、男性は会社の重鎮のようで、女性は中堅?
それにしても、となりなのでイヤでも聞こえてくるのは、皇室のこと宮内庁のこと、
オリンピックのことなどの話など。
どうやらそれぞれ良くない方に考えるのがお得意のようで、一つの明るい話題もだんだんと
あやしくなり、
週刊誌に載せるときのあやしげなタイトルまで話し始めた。
きれいな事柄もダークな話題となり週刊誌に載る過程がかいまみられて、
こんなふうに芸能ニュースは作られていくのかと思うと怖ろしくなってしまった。

 美味しかった焼き鳥もおにぎりも早々にして失礼した。
春の夜の怖い一時だった。



by pretty-bacchus | 2018-02-19 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/238348844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< テレビがやっとなおってほっとし...      借景の木にキジバトがやってきました >>