皇居・宮殿「松の間」では歌会始の儀」が開かれました
2018年1月12日 金曜日 晴れ 歌会始
(遡って歌会始の記録をブログにおいておきたい)

 毎日綴るウェブ日記も時には途中で書きかけのときがある。
去年十月のスコットさんの会と、十一月の水谷八重子さんの歌の会、そして今年になっては
十二日の新年恒例の「歌会始の儀」

a0031363_23430148.jpg

a0031363_23424842.jpg

 まずは新年恒例の「歌会始の儀」から。
列島に寒波襲来の翌日はきれいに晴れた一日だった。
皇居・宮殿「松の間」で新年恒例の「歌会始の儀」開かれた。

天皇、皇后両陛下、皇族方、天皇陛下に招かれた召人(めしうど)、選者のほか、
一般応募2万453首から選ばれた入選者10人の歌が、古式にのっとった独特の節回しで朗詠された。

a0031363_23433964.jpg
a0031363_23443240.jpg

a0031363_23435086.jpg
(テレビをカシャッ〜〜〜〜〜〜〜)

 今年のお題は「語」。
一般のなかにはアメリカ在住の女性、若い学生、主婦の方や看護師のかたなどもいらして
その底の深さと広さを思ったものだった。
名前を呼ばれてたちあがり、自分の歌が朗読されるのを聴く気持ちがどんなであろうか!
今年は昭和の色が濃い歌が多かったような気がする。

最初の方は広島からのご婦人で
 広島県 山本敏子さん
  <広島のあの日を語る語り部はその日を知らぬ子らの瞳(め)の中

▽入選者
  米国からの鈴木敦子さん
  <母国語の異なる子らよ母われに時にのみ込む言葉もあるを

a0031363_23441068.jpg

 長野県 塩沢信子さん
  <片言の日本語はなす娘らは坂多き町の工場を支ふ

 福井県 川田邦子さん
 <突風に語尾攫(さら)はれてそれつきりあなたは何を言ひたかつたの

 長崎県 増田あや子さん
 <いつからか男は泣くなと言はれたり男よく泣く伊勢物語

 東京都 川島由紀子さん
 <耳元に一語一語を置きながら父との会話またはづみゆく

 神奈川県 三玉一郎さん
 <語らひに時々まじる雨の音ランプの宿のランプが消えて

 神奈川県 浜口直樹さん
 <多言語の問診票を試作して聴くことの意味自らに問ふ

 新潟県 南雲翔さん
 <通学の越後線でも二ヶ国語車内放送流れる鉄橋

 長崎県 中島由優樹さん
 <文法の尊敬丁寧謙譲語僕にはみんな同じに見える

 ▽選者
   篠弘氏
   <街空に茜(あかね)は冴ゆれ語らむと席立ちあがるわが身の揺らぐ

   三枝昂之氏
   <語ることは繋ぎゆくこと満蒙(まんもう)といふ蜃気楼阿智村(あちむら)に聞く

   永田和宏氏
   <飲まうかと言へばすなはち始まりて語りて笑ひてあの頃のわれら

   今野寿美氏
   <歌びとは心の昔に触れたくてたそがれ色の古語いとほしむ

   内藤明氏
   <語り了(を)へ過ぎにし時間かへり来ぬ春の雪降る巻末の歌

そして
 ▽召人
   黒井千次氏
   <語るべきことの数々溢れきて生きし昭和を書き泥(なづ)みゐる

皇族方、召人、選者、入選者の歌は
 ▽皇太子さま
  <復興の住宅に移りし人々の語るを聞きつつ幸を祈れり

 ▽皇太子妃雅子さま
  <あたらしき住まひに入りて閖上(ゆりあげ)の人ら語れる希望のうれし

 ▽秋篠宮さま
  <村人が語る話の端々(はしばし)に生業(なりはひ)の知恵豊かなるを知る

 ▽秋篠宮妃紀子さま
  <人びとの暮らしに寄りそふ保健師らの語る言葉にわれ学びけり

 ▽秋篠宮家長女眞子さま
  <パラグアイにて出会ひし日系のひとびとの語りし思ひ心に残る

 ▽常陸宮妃華子さま
  <遠き日を語り給へる君の面(おも)いつしか和(なご)みほほゑみいます

 ▽三笠宮家寛仁親王妃信子さま
  <我が君と夢で語りてなつかしきそのおもひでにほほぬれし我

 ▽三笠宮家彬子さま
  <祖母宮(おほばみや)の紡がれたまふ宮中の昔語りは珠匣(しゆかふ)のごとく

 ▽高円宮妃久子さま
  <学び舎(や)に友と集ひてそれぞれに歩みし四十年(よそとせ)語るは楽し

 ▽高円宮家長女承子さま
  <友からの出張土産にひめゆりの塔の語り部をふと思ひ出づ

 ▽高円宮家三女絢子さま
  <気の置けぬ竹馬の友と語り合ふ理想の未来叶ふときあれ

a0031363_23440110.jpg

 ▽天皇陛下
  <語りつつあしたの苑(その)を歩み行けば林の中にきんらんの咲く

 ▽皇后さま
  <語るなく重きを負(お)ひし君が肩に早春の日差し静かにそそぐ

 皇后さまは、早春の穏やかな日差しの中に、多くを語ることなく静かに重責を果たしてこられた
陛下を見上げた時の思いを歌に込められたという。

a0031363_23442078.jpg

 来年のお題は「光」
 歌に「光」の文字が詠み込まれていればよく、「光線」「栄光」のような熟語や、「光る」といった
訓読でもよいという。

 寒い日の夕空はきれいでした。

a0031363_23432054.jpg



by pretty-bacchus | 2018-02-05 23:57 | ○Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/238280822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< パリではセーヌ川の増水がまだ引...      立春なのになんて寒いことでしょ... >>