パリではセーヌ川の増水がまだ引いていないという
2018年2月5日 月曜日 曇り

 セーヌ川が増水しているというニュースはすでに二週間も前からだった。
先週には水位がさらに上昇しパリを含むイルドフランス地域圏の数千人の住民が
洪水発生の可能性に備えて避難したという。

 その後川沿いの歩道が冠水しルーブル美術館の地下展示部分は閉鎖されて地下のお店が
閉められているという。
地下で流されたネズミが通りに上がってくるなどしているというから怖い〜〜〜。
そういえば歴史のなかでルーヴルの前身の建物内にネズミがうゆうよしていたというのを
読んだことがあった。

 少なくとも31日朝までは5.5メートル以上の水位のままで、中心部から水が引くまでには数週間かかると
みられているという。
パリ経由でヴェニスを訪れている写真家の小瀧さんもフェイスブックでレポートなさってらした。

 お正月を日本で過ごし先週パリに帰った画家の友人は、そのセーヌにビックリしたようで、
さっそくiPhoneでスナップを送ってくれた。
驚くほどの水にビックリ!
石段を十数段ほど下りた観光客用の遊覧船「バトー・ムーシュ」乗り場の石畳は水で埋まってしまっている。
乗り場案内のアーチの案内塔は上の方まで水で埋まっている。
ブキニストや船上生活者たちはどうしているのだろう?

a0031363_17472940.jpg
photo by Yasuhiro Suita in February 2018, Paris)


a0031363_17480117.jpg
(これでは船が橋の下を通れない、、、、)




a0031363_17480117.jpg

a0031363_17471361.jpg



a0031363_17481167.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 なつかしいパリのいろいろからセーヌ河畔が出ているブログをみながらなつかしく思い出している。
a0031363_21252852.gif



http://keico.exblog.jp/2473214/
2005.10.23 巴里にて
何想う秋をみつめる乙女あり
a0031363_7472432.jpg

http://keico.exblog.jp/7789931/
2009年1月5日 月曜日 小寒 始動
セーヌ河畔のブキニスト、Memoires du Voyage 2008Paris
a0031363_5183737.jpg  (土曜日の朝のブキニストはカップルが多かった。
(セーヌ河畔のブキニストは、パリの魅力になったのはいつのころからなのだろうか、、)

http://keico.exblog.jp/19829855/
2014年5月24日 土曜日 晴れ
1996年6月の巴里セーヌ河畔の三人
a0031363_23302065.jpg
(Paris le 18 juin 1996,Une promenade dans la Seine)

a0031363_233126.jpg
(この石畳の水の底?)


http://keico.exblog.jp/19851497/
2014年5月30日 金曜日 晴れ
1998年6月の巴里 セーヌ河畔とコンコルド広場のコンコルド

http://keico.exblog.jp/19927300/
2014年6月22日 日曜日 雨のち曇り少し太陽が その一
1996年6月21日 夏至の日のパリ、セーヌ河畔

http://keico.exblog.jp/20004907/
2014年7月15日 火曜日 曇り
誕生日に巴里セーヌ河畔の桜のコンタクトプリントを愉しんで


by pretty-bacchus | 2018-02-05 23:58 | ☆Life in Paris巴里に暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/238280144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< セーヌ川洪水のあとのパリは雪模...      皇居・宮殿「松の間」では歌会始... >>