2017年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーは<フレッシュで輝かしく朗らかで絹のようにしなやかで豊満>
2017年10月5日 木曜日 晴れ

ボージョレ委員会から今年に出来具合の情報が入った。
乾燥した夏の数ヶ月で天候的には恵まれていないと思っていたら、
今年は最上といわれた2015年よりもさらに素晴らしいと予想されるそうでよかった。
<フレッシュで輝かしく朗らかで絹のようにしなやかで豊満>と。

 同時にシャトー・ドゥ・ピゼイの醸造家のパスカルデュフェートルからのテイスティングノートが入った。
いや〜〜困った!
毎年彼のコメントは時には創世記から時にはボードレースの詩からの引用などが入ったりと素晴らしいのだが、
ことしは彼の感覚の煌めきのようで、時には知らないフランス語もあって、
またヴォキャブラリーの奥義にたどり着くのがむずかしく頭を抱えている。
さ〜と一度逐語訳をしてみたが、これでは彼の歓びを伝えられない。

 またまた朝までになってしまいそう。
いけないイケナイ、、、、。

 その前に美味しい秋の味覚をいただきましょう!

a0031363_20365020.jpg
(十月の歓びは牡蠣! 牡蠣たっぷりの特製茶碗蒸しは四谷ふくさんにて)





by pretty-bacchus | 2017-10-05 23:58 | ☆Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/237847565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< “あれから三回目のお誕生日を迎...      中秋の名月は雲に見え隠れして揺... >>