京都に入りました
2015年10月16日 金曜日 雨のち、、、曇り

 六時の新幹線に乗った。
車内で眠りたかったのでひかりにしたが、まちがっていたかもしれない。

のぞみより揺れがゆるやかだが、京都まで三時間かかった。
のぞみの二時間半との体に与える疲労感はどんなふうにちがうのだろうか。

a0031363_23203953.jpg
(新幹線にのるのは今年初めて。社内誌のデザインもすっかり変わってしまっていた)

 こんなに最悪の状態で京都にはいったのは初めてかもしれない。
二年前には毎週アルスシムラの授業に通ったのが信じられない。

 ホテルは超混んでいる時期なのに急な予約をとってくださり、いつもの十階の特別室を
用意してくださっていて感謝。

 友人との食事の約束もやめて少しゆっくりしよう。
明日は、志村ふくみ先生に久しぶりにお目にかかれる。
嬉しい〜^〜〜!
九十二歳の先生にどんなパワーをいただけるのかが楽しみ。

http://keico.exblog.jp/17654086
2013年4月16日 火曜日 晴れ
志村ふくみの<アルスシムラ>開校式&入学式とレセプション

http://keico.exblog.jp/18337879/
2013年7月31日 水曜日 雨のち曇り
<アルスシムラ十五週目>最後は嵯峨の都機工房で卒業式


by pretty-bacchus | 2015-10-16 23:21 | ☆Journey inJapan国内旅記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/21746198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-10-17 07:48 x
いやぁ~~京都ですか~楽しんできて下さい。こちら北の果ての釧路ですが連日快晴です。
Commented by 通りすがり at 2015-10-19 21:25 x
おお、京都にいらっしゃるんですか!(^ ^)
いいお天気でしょ。でも、もうすっかり秋で、日差しが弱いです..

サラリーマンの頃は東京ー京都が3時間で、結構しんどかったです。
たまに、わざと京都から1時間かけて伊丹空港から羽田、それから都内という経路をとってました。
3時間も同じ席にいるのが、とても苦痛でしたから(^ ^;;
今は2時間半ですが、ギリギリ我慢できるというところでしょうか。
ひかりのほうが揺れが穏やかなんですか?知りませんでした。
でも、3時間は退屈でしょうね〜

志村ふくみ女史、92歳でいらっしゃるんですか。
お名前だけは伺ったことあります。
私は鎌倉の辰巳芳子さんのお話を伺ったりしたいと思ったりします(^ ^)
人間の寿命が50も行かなかった頃から、学僧や何かに打ち込んだ公家が
80の長寿を保ったと言う事実。
人間とは不思議なものですね。
Commented at 2015-10-20 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2015-10-20 22:52
nanahan さん、こんばんは。釧路はもう寒いのでしょうね。お魚が美味しいのでしょうね!

Commented by pretty-bacchus at 2015-10-20 23:04
通りすがりさん、こんばんは。
<ひかりのほうが揺れが穏やかなん>と長い間の自分の経験で=実際にそうだったようですが=時には光に乗ったのですが、今回の光車両は古い古いもので、そうではなかったようです。

帰りの京都駅で、そのことをなんとなく話してみましたら、どうやらその新人君は列車好きのようで、今一番横揺れがしないのは、この列車ですと、ちょうど十五分後の切符をとってくれました。

遠くから来る列車は匂いがついてしまっている座席とかあるので、なるべく大阪発東京行きにしているのですが、今回は遠くからでしたが、臨時列車だったとかで、ガラガラでしたし気持ちの良い車両でした。

ふくみ先生のことはこのあとブログで少し書いておきます。
人間とは不思議なものです、本当に!
追伸:
実は私も今回は、元気でしたら、
<京都から1時間かけて伊丹空港から羽田、それから都内という経路>と考えていたのでした。


Commented by pretty-bacchus at 2015-10-20 23:07
鍵コメントさま、こんばんは。
ご心配をありがとうございます!
はい、かなりまいっておりますし、あまりにも濃密な二日間で、書いておきたいことが一杯あり、整理ができていないのです。
ふくみ先生のこと、もう少し待って下さいね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 志村ふくみの<アルスシムラ総会...      若い友人にパワーをいただいて、、、 >>