☆回想のわが巴里の街 今回パリの初日に
2011年12月5日 月曜日 その三 a0031363_21252852.gif

a0031363_17938.jpg
そして今日の巴里、
05 December 2011 Paris


 早くに着いてしまったが、ご好意ですぐにお部屋にに入れた。
ジュニアースイートなのだが、古いホテルだし改装の限界があるのでかなり古めかしい。
何十年も前からオーナーと知りあいのホテルだが、2000年までアパルトマンがあったから、
この右岸のホテルに泊まるのは何十年ぶりだろうか、、、。

Fさんご家族と一緒の時はホテルドゥクリヨンだったし、もっと前はいつも四つ星とかをあえてえらんでいたから、、、、
そうだ、、、高橋先生をワインアリーにご案内したときだから二十年もまえになる。

a0031363_843325.jpg (50数部屋の三つ星ホテルで、ちょうど私たちがパリに住んでいた頃にオープンした。

四つ星とか、現代的な大ホテルチェーンとは違ったシンパシーがあるのが良いし、
なにより入り口が一つでいつもレセプションが必ずいるから治安も良いのだ、、)

 フロントのダニエルとマリーフランスと旧交を温めて少しお部屋で少し休んだ。
半時ほどで荷物をとき、滞在のためにアレンジした。上着とコートは洋服ダンスへ、下着はアルモワールに、本は机の上に、etc,etc.
Mac用の机に電気スタンドをいれてもらって、読書用の電球は六十ワットに変えてもらった。
とにかく巴里の明かりは暗いのだ、、、、。
三日以上の滞在の時にはこれをしておかないと後々すごしやすくならないのから、、、。

 十時半には下に降りて朝食。
まだ本調子では無いので、今日はゆっくりホテルですごそうと思ったが、水がないし、、、それに雨があがったようだ。
朝食のあと少し休んで、ミネラルウォーターを買いに街にでることにした。
大通りに出て左に曲がったところに、たしかモノプリがあったはずだ。

 雨が上がって太陽が出てきた。
水たまりに映るパリの建物がなんともなやましい、、、、。

a0031363_846194.jpg

a0031363_8472770.jpg


クリスマスシーズンなので、本屋さんでは贈り物ようの本がならんでいる。
杖をついたおじいさん、会社へのとちゅうのおじさんが、本をパラパラ、、、。

a0031363_8495724.jpg  (お孫さんへのプレゼントを探しているのかしら?)

a0031363_8503656.jpg (こちらは奥様への贈り物?)


キオスクのお店はあいたばかりか、おじさんが忙しそう、、、
〝ボンジュール ムッシュ!〟
〝ボンジュール マダム!〟
この掛け合いはすでに私は巴里の人!

a0031363_8522923.jpg

a0031363_8532285.jpg (本屋さんの入り口の、ジョブズさんにボンジュール!)


 ミネラルウォーターを六本も買って、ヨーグルトと牛乳も、、、。
今回は荷物持ちとボディーガートががいてくれるので、わたしはカシャカシャの人!

a0031363_858742.jpg



(この通りは古い建物が残っている。 はるかに高いところの屋根とライオンを撮ろうと構えたら、冬の雁が飛んでいた!)

a0031363_901740.jpg

 ホテルに帰って、さっそくにMacに向かったのだが、ネット接続は、SWISSCOMというプロヴァイダー経由だそうで、一週間で88ユーロ(約9,500円)。
アップルストアーもすぐ近くのようだし、ネットカフェのWifiもあるようだが、ともかくもパスワードをもらって、メールのチェックと友人たちのブログを訪問。

 テレビのFrance2では、古い映画が始まったようで、BGMにしておいてフランス語に耳をならそう、、、
それにしても、日本ではうるさいと思ってしまうテレビの音が、なんとも気持ちが良い、、、。

 数人に到着をしらせて、アポイントの確認をすませた。
今日はお部屋でゆっくりしましょう、、、。
若いときと違って、その上病後で、風邪っぴき、、、、限界までの挑戦なんてやめましょうね、、、。

でも、御部屋でブログをどんどん書きましょう、、、、ね。
イヴ・モンタンの<パリ巴里、、>を聴きながら、、、、。



~~~~~~
2011年12月5日 は
http://keico.exblog.jp/14105468/
機内からのレポート
2011年12月5日 月曜日 パリへ出発

http://keico.exblog.jp/14105427/
2011年12月5日 月曜日 その二 巴里着
☆回想のわが巴里の街1965~1973  パリとの始まり


〜〜〜〜〜〜〜
by pretty-bacchus | 2011-12-05 23:58 | ♪Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/14105538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mokonotabibito at 2011-12-06 19:54
巴里日記、とても素敵です。
楽しませてもらっていますよ。

フランス語はバックグラウンドとしても快適に聞こえるから不思議です。
タクシーからの撮影も良いものです。
私も先日は、上海で、タクシーで少し町を流してもらい、気楽に撮影しました・・・
巴里の街並みなら、さらに良いでしょうね。
引き続き、読ませていただきます!
Commented by pretty-bacchus at 2011-12-06 23:51
mokonotabibitoさん、時間の無いときは、やむおえず車内からとなってしまいますね、、。
でも、それもまた楽しいモノでして、、、

Commented by 郁子 at 2011-12-07 20:51 x
敬子さん、今晩は。と言っても敬子さんはお昼なんだわ。
3日のブログまで、土曜日に拝見して、5日朝から2泊3日のミニ旅に出ていたので、本日帰宅してブログを開けたんです。
びっくり、びっくり!その盛沢山さに。必死にスクロールして4日から5日までを一気に耽読・耽視!読み応え、見応えがありましたよ。モンタンも聞きましたよ。
風邪気味で出発なさったとのことですが、これ程充実したブログをアップなさった敬子さんの精神力とバイタリティーに、驚きと賛美を捧げます。
リアリティーある文章力とお手の物の写真力はほんとに素晴らしく、共に旅している臨場感に浸ってしまいます。
パリの敬子さんは実に生き生きしてらして、旅人ではなく、生活者なんですね。
まだ着いたばかりのパリのスナップ写真ですが、アングルが素晴らしいです。美しい彫刻の建物の上方を、かぎになって飛ぶ雁を捉えた一枚など、貴重で心に残ります。
これからの毎日がとっても楽しみです。健康第一になさりながら、敬子さんのパリを届けてくださいね。
Commented by pretty-bacchus at 2011-12-08 20:23
郁子 さん、ありがとうございます。
はい、おっしゃるように、<旅人ではなく、生活者なんですね。>
今回はそうありたいと思っているのです、、、

名前
URL
削除用パスワード


<< ☆回想のわが巴里の街1965~...      ☆回想のわが巴里の街1965~... >>