最後のシャトー・ドゥ・ピゼイはケンタスさんで
平成23年11月30日(水) 曇り その二

 ボージョレヌーヴォー最後のご挨拶は、飯田橋のステーキケンタスさんへ。
十数年前からのお客様だが、うかがうようになったのはほんの数年前からで、オーナーシェフの新井謙太郎さんの
お人柄ゆえかもしれない。

 この一階は八席のカウンターだけで、お客さんが座ってしまうと、その後ろを通り抜けることができないほで狭いお店。
その内装は彼がこつこつと仕上げたそう。

今日はその二十五周年で、彼のお誕生日。
お祝いのシャトー・ドゥ・ティルガンの2006年のマグナムボトルに、サンテグジュペリ伯爵の
手書きのお祝いのメッセージを添えてお渡しした。(写真は後で、、)

 そのリーズナブルな値段とお味で25年続いていたそうだが、リーマンショックのあと静かで、
ようやくお客様が戻ってきた頃に今年の震災でまた外国人のお客様が減ってとても大変だとのこと。
〝日本中何もかもが変わってしまったみたいですね、、、〟
しみじみと語る彼は、心なしか年をとってしまったようで、、、切ない。

 早く本来の日本に立ち直ってほしいと一緒に祈ってのお祝いの夕べだった。

a0031363_1325248.jpg


ブログ内以前のケンタスさんの記事

http://keico.exblog.jp/11770279/
2010年12月22日 水曜日 晴れ
ステーキ ケンタス Steak KENTAS

http://keico.exblog.jp/11981828/
2011年1月23日 日曜日 曇り
久しぶりの夜のお散歩とステーキ屋さん

http://keico.exblog.jp/12066806/
2011年2月6日 日曜日 曇り 
明日の検査を前にステーキを食べてしまいました。
by pretty-bacchus | 2011-11-30 23:59 | ☆Wine & Dineワイン&食事 | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/14104723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from lcd tv at 2014-10-15 17:36
タイトル : lcd tv
NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 : 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく... more
Commented by 四谷おやじ at 2011-12-04 10:12 x
ケンタス行ったことがあります。楽しい店ですね。もう25年なのですね。月日が経つのは早いですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 師走になってしまいました      新しき旅立ちを前に古いレンズで遊ぶ >>