旅立ちの予感と新しいレンズの試写
2011年11月25日 金曜日 晴

 今朝もキレイな朝だが寒くなってきた。
すっかり日の出が遅くなり、日の入りが早くなった。
  日の出 06時26分  : 日の入 16時30分

寝床のiPadでメールを確認したら、サン・テグジュペリ伯爵からメールが入っていた。
新ヴィンテージの白の瓶詰めは来年の一月になってしまったが、十二月中旬のパリであいませんか、その時に、、、。
とある。

 十二月の旅はやめようと思っていたので、何も心構えができていない。
旅の予感と実現とは、昔も今も、、、いつもこんな風に突然にやってくることが多い。
心のどこかで旅へのいざないを思い描いているときに、ふっとどこからか誘いの風が吹き始める、、、そんなことがよくある。
でも、少し時間がなさすぎるような気がする。
いずれにしても来週の病院のたいそうな検査の結果を聞いてからに決めよう、、、。

 今年もあと残すところわずかになっていろいろ起こりそうだ。
わたしっていつもこうして忙しい年末を過ごすことになるのだ、、、、。

今夜は新月で月がない。

a0031363_011370.jpg
(朝の光で緑が踊り出し、、)

a0031363_012465.jpg
 (午後のの光でカーテンの光が揺らめき始める、、、)


(ソニーのIIMAGE DATA CONVERTER SRにて)
by pretty-bacchus | 2011-11-25 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/14074579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Hologon158 at 2011-11-27 16:55
これまで続いてきたカーテンシリーズの中では、
今回の2枚が秀逸ではないでしょうか?
カーテンと人の心は透けて見えるときが一番美しいですね。
検査結果が良好で、パリに旅立たれることを予言しているようですね。
Commented by pretty-bacchus at 2011-11-27 17:51
Hologon158さん、ありがとうございます。
カーテンということは、どこにも撮りにいかずに、ソファーからの横着撮影ということなのです。
Hologon1さんのように毎日精力的に撮影をなさるって、とってもすばらしいことだと驚嘆しながら、毎日ブログを拝見しています。

名前
URL
削除用パスワード


<< お見舞いの緑のレモン葉つき柚      白々とした朝から青空、そして夕... >>