都に雨の降るごとく  わが心にも涙ふる
2011年11月13日 日曜日 曇り

 暗くなるのが早くなったと思っていたら、日の入りがこんなに早くなっていたのだ。
日の出 06時14分  : 日の入 16時36分
  月の出 18時16分  : 月の入 08時11分
 
 咳がひどくなった。少し熱もあるようだ。
曇りか雨か、、、わからぬままに一日中うとうとしてしまった。
枕元の本は、 岩波文庫の『ヴェルレエヌ詩集』 鈴木信太郎訳
この時代の詩人達の句はどうして、こんなに暗いのだろう、、、、。

    < 都に雨の降るごとく          ポール・ヴェルレーヌ>
                        
    都に雨の降るごとく
    わが心にも涙ふる。
    心の底ににじみいる
    このわびしさは何ならむ。

    大地に屋根に降りしきる
    雨のひびきのしめやかさ。
    うらさびわたる心には
    おお 雨の音 雨の歌。

    悲しみうれふるこの心
    いはれもなくて涙ふる
    うらみの思ひあらばこそ
    ゆゑだもあらぬこのなげき。

    恋も憎みもあらずして
    いかなるゆゑにわが心
    かくも悩むか知らぬこそ
    悩みのうちのなやみなれ。

〜〜〜〜〜

 友人から玉手箱が届いた〜〜〜〜〜うっふふ。
最初の最高のお見舞いみたいだな! ありがとう!

a0031363_15345054.jpg

by pretty-bacchus | 2011-11-13 23:59 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/14002879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-11-15 08:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2011-11-15 08:44
鍵コメントさん、おはゆおございます。
大変ですね、、、、私もまだデータ構築で格闘中です。

お送りいたしました。

名前
URL
削除用パスワード


<< アップルストアー銀座に到着      アップル騒動 & 朝の光の優しさ >>