病院の秋の空と三つの写真展
2011年10月25日 火曜日 晴 その一
 
 予定が少し変わって病院へ。
自分の手術後八ヶ月後の検査と友人のことのおうかがいに。

友人にお医者様をご紹介するときは、自分のときよりたいへん。
間にはいってくださる先生にも電話では申し訳ないので、お目にかかってお話ししてからお願いすることにしているので、お忙しい先生のスケジュールの間にあっていただくわけで、、、、。

 いろいろ兼ねて検査も終わって午後遅くに病院を出た。
今日の東京は空がとってもきれいで、入院時に見慣れた東京タワーもくっきりで、雲がキレイな午後。
チーバスを待つ間に片手でノーファインダーでカシャカシャ、、、。

a0031363_59451.jpg  (病院の二階待合室から、、、)

a0031363_5101045.jpg (バス停にて、ノーファインダーで

a0031363_511740.jpg


 病院の帰りだけ乗る港区のチーバスはなかなかおもしろい、、、、夕方なので、
葱や野菜の袋をもって乗ってくる叔父さん、なんともたおやかなお召し物でしなやかにお乗りになるきれいなご婦人、
乳母車に乗せた赤ちゃんと一緒のベビーシッターさん、、、おやおやトートバックにミニプードルのおねえさんも、、、。
地域のチーバスならでの風景なのでしょう。

 六本木ヒルズでチーバス乗り場で乗り換えの10分の間に上に上がってスナップ。
映画祭が行われているようで、賑やか、、、。

a0031363_5133588.jpg

a0031363_514893.jpg (これは広場にあった写真をスナップ)

a0031363_5153335.jpg

a0031363_5161311.jpg (広角側で)
(27-81mm equiv.)
a0031363_516487.jpg (望遠側で)

a0031363_5174072.jpg (これも、写真をスナップ、、、)

a0031363_5184755.jpg (実際はかくのごとし、、、)


 赤坂見附いきなので、終点までと思って乗ったチーバスだが、見たいと思っていた写真展を思い出して、富士フイルムスクエアーで下車。
まず、ジョブズ氏伝記「スティーブ・ジョブズ」を買いにTSUTAYAへ飛び込んだが完売とのこと! (そうですよね〜〜)

 写真展を三つ観られた。
<全日本富士写真連盟「富嶽百景写真展>
<『ユーサフ・カーシュ作品展 ポートフォリオ「FIFTEEN PORTRAITS」』>
「FIFTEEN PORTRAITS」の彼の代表的作品のオリジナルプリント15点を観ることができた。

a0031363_528329.jpg
http://fujifilmsquare.jp/detail/11090101.html
フジフィルムスクエアーのURL

<久保田秀典写真展「東雲の里II」>
三十点ほどの奈良の里山風景と宇宙観がすばらしくしばらく立ちすくみました。
この方のお名前は入江泰吉賞をいただいた奈良市在住の写真家というくらいしか知らなかったが、
その作品にただよう日本の美しさは息をのんでしまいさした。
ご本人とも少しお話しができて、そのおだやかなお人柄にも触れることができて、なんだか幸せな気分になりました。
a0031363_5293063.jpg (題名の付け方もとても素敵なのです)

http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/tokyo/s1/11102101.html
その何点かを観ることができます。

 新しくでたX10を手にとって試写、、、、ふむふむなるほど、NKさんのお気持ちがわかりますね、、、
a0031363_531192.jpg


 もうお外は真っ暗です。
a0031363_5331569.jpg

a0031363_5334090.jpg

 お腹がすいてきて、隣の東京ミッドタウン ガレリア地下1階の地下の虎屋さんへ。


>>>続く、、、

by pretty-bacchus | 2011-10-25 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/13881884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 月無き夜ひとりほろ酔い枯れ葉践み      枯れ葉践み歩けど帰路はタクシーで >>