スティーブ・ジョブズさんの追悼いろいろ
2011年10月21日 金曜日 曇り後あめ、、、、

 スティーブ・ジョブズさんが天に召されてから二週間がたった。
あふれるような彼にかんする記事が毎日流れている。
アエラでは、あまり知られていない家族とのことも写真いりで書かれていた。

 そして、2003年秋に膵臓がんと診断されてから約9か月間も外科手術を拒否していたことが、
今明らかになった。
24日発売される伝記「スティーブ・ジョブズ」に書かれているという。
ジョブズさんはは手術の代わりに食事療法や漢方、はり療法などを試して、かなりたってから、
家族の説得を受け入れて翌年7月に最初の手術を受けたたのだという。

 伝記の著者ウォルター・アイザックソンが、CBSテレビのインタビューで
「彼は手術を延期した判断を後悔していた」と述べていたのだという。
この期間は、アップルが再生を始めた初期の頃で、きっといろいろの事情が重なっての
<拒否>だったのだろう。
二十数年前からのマック&スティーブファンとしては、なんともいたしがたい気持ちになっている。

 世界中のアップルストアーではファンによる献花がつづき、近親者の葬儀もすぎ、そして昨日は、
アップル本社のクパチーノでは、ジョブズ氏お別れの会が行われて、米アップル店舗に中継‎されたという。
会場にはティム・クックさんらアップルの幹部や多くの社員が集まり、
米人気女性歌手ノラ・ジョーンズさんらが歌をささげたのだそうで、
一時間半にわたったこのお別れの会の模様は、アップルの店舗にもインターネット中継されて、
店員が追悼する時間を設けるためストアーは一時閉店されたという。>>(追記)

 深い悲しみがつづいているが、アップルのホームページからは今日彼の写真は消えた。
a0031363_1852289.jpg


でも、私の心からは、彼のイメージは消えることがない。

 今夜は、神戸のピアニスト落合桜さんが、コンサートで、スティーブ・ジョブスさんへの
追悼の気持ちを込めて演奏された。
桜さんはウィンドーズ派でらしたのに、私のブログでのマック狂病に感染なさって、
二ヶ月前からMacBookプロに変えられたばかり、その上初期不良があって何日も、
初めてのマックと格闘なさったのに、その後はすっかりマック&スティーブさんファンになって、
これからと思ったいた矢先の訃報でとても落ち込んらした。

 a0031363_18152286.gif

今夜の演奏のためにお召しになるのは、群青色のドレスで、彼女はこの<ジョブズ・カラー>を着て、
黒いタートルとジーンズがトレードマークのジョブズ氏を追悼して演奏なさるとのこと!
蝶番君、ことファゴットの片寄伸也さんは黒シャツ着で濃紺のネクタイ。



飛んでいきたい心をぐっと抑えて、私も今夜は濃い紫色のブラウスとジャケットで、
演奏会の始まる7時半には黙祷。

 大きな穴ののあいてしまったこの秋にの新しい色は何色になるのだろうか、、、。

a0031363_1817092.jpg
枯れ葉舞う夜の道をとぼとぼ、、、と。


http://keico.exblog.jp/13771252/
2011年10月7日 金曜日のブログへ
忘れられない日となりました。

http://keico.exblog.jp/13760097
2011年10月6日 木曜日 のブログへ
ジョブズさん天の高きに永遠に

http://keico.exblog.jp/13370864
2011年8月25日 木曜日 のブログへ
“Unfortunately, this day has come.”とうとうその日がやってきた。

〜〜〜〜〜〜〜
>>(追記)
by pretty-bacchus | 2011-10-21 23:59 | ○Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/13859952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by S at 2011-10-22 19:27 x
敬子様
ライブを気にかけてくださり心から感謝致します。
てんやわんやで御礼とご報告が遅れて申し訳ありません><
ライブ前日ご指定日に玉手箱を拝受致しました。
合わせ直前、相方さんの訪問とほぼ同時に到着しました♪
カードは新しく訳したシルヴェストル詩の印刷に
早速使わせていただきます^^
蜂蜜は此れから楽しみにお味見です・・・^^

ライブでは、ブログをご覧だったお客様が
"ジョブズカラー" って嬉しいヤジを入れて下さいました。
ジョブズ氏がこの世に居らっしゃったことを
祝福したい思いでいっぱいです。
長い間docomoだったために迷っていた4Sですが、
ジョブズ氏の遺作としてやはり持っていたいと思いました。
現行携帯の必要データだけMacへ移すところから始めるため
近々docomo専用ケーブルを買いに行きます。
移行が済んだら4Sの予約に・・・って心づもりです。

Mac歴、やっと3ヶ月目に入りました^^
Commented by 郁子 at 2011-10-22 20:37 x
敬子さんのブログで、ジョブズ氏やMac関係のお話が聞けるのは嬉しいですね。
アエラ(はともかく)や週刊誌にジョブズ氏の名が踊っているのを、新聞広告で見ても、彼らは常に始め褒めて、日が経って今度は貶しにかかるのが常道なので、信用していないし、読みたくないのです。
一方、彼公認の方の手になる伝記が出るとのこと、元々伝記ものが好きなこともあり、知らなさすぎた氏の伝記は読んでみたいと、早々と丸善に予約を入れました。上巻は24日発売。楽しみです。
ところで、去年から神戸への旅を予定しながら果たせずにいたので、コンサートを機にと色々調べたりもしたのですが、考えてみると、Macの電話無料サポートが来月1日に切れるので、今週・来週はMac優先で家を離れるわけに行かず、涙を飲みました。
銀座店は i phone 4s が出たせいで、予約が取りにくくなりびっくり。
それにタイムマシンやプリンターなど、Macと繋がっての質問は電話でないと駄目ですし、その場ですぐ聞けるよさも電話サポートにはあります。
YouTubeやiTunesは昨日セティングのサポートを受けて、やっと聞けるようになり、おかげで枯葉が聞けました。
Commented by pretty-bacchus at 2011-10-22 22:33
桜さんがこんなにもジョブズさんファンになってくださって、とっても嬉しいです!
彼は数年前から死期を覚悟していたでしょうから、今後のプラニングもいろいろ考えたことでしょう。
情報では、向こう4年間の計画があきらかになっているそうです。
ということは次のiPhone5ももちろんその範囲内でしょうから、私は2012年の初めて出るのを待つことにします。
でもスマートフォンとしての機能を考えてですから、その時はiPadをどうしようかゆっくりと考える時間はあるようです。


Commented by pretty-bacchus at 2011-10-22 22:35
郁子さん、お久しぶりです。
私の今のマスコミが書く記事はあまり読みたくないですが、ときどきのぞくこともあります。
自伝はもう予約されたのですね、、、私は英語で読もうか日本語にしようか迷っています。

郁子さんもすっかりマック派になってくださってとっても嬉しいです〜〜!

私ももう一台のマックのLIONの不調を早く直して、郁子さんのイギリスのピカサを拝見したいのですが、ジニアスバーが混んでいて予約の時間の調整ができていないのです。

名前
URL
削除用パスワード


<< Nikon 1 J1 ピンクス...      陶酔する2011年のシャトー・... >>