三本の松茸とアカシアの蜂蜜
2011年10月13日 木曜日 晴

 ピンポン〜〜お届け物です。
Hさんから松茸が届いた。しっかりとした松茸が三本!
このくらいをいただくのはとっても嬉しい、、、高価な時期にたくさんいただいてしまうと、、、
ちょっと戸惑ってしまうが、“ほんの数本ですが、、、”と言ってくださると
“ありがと〜う” って、ワインをおつけぎにして籠をお返しできる。

 ピンポン〜〜宅急便です。
北海道のKさんから蜂蜜が届いた。
いつもなら先月にはお届け下さるのに遅れていた。
ことしは、春の日照時間が少なくて、アカシアの開花がしなかったようで、
9月の下旬になってやっと採密だできたのだそう、、、。
遅かったぶん、時期が極限までのびて完熟させることができて、粘度が高く、
いろいろの草花が交じりあって芳醇な出来になったのだそう。
ワインのヴァンダンジュ・タルティヴ=遅摘みのアルザスの白ワインのような感じなのかしら?

 フランスの蜂蜜は以前輸入していたことがあったが、ワインのリーフーコンテナ船で一緒にいれると
低温になるって結晶化をより早めてしまい、航空便では便が重くて経費がかかりすぎてしまって
数回でやめてしまっていた。

 Kさんは十数年前にパリの蜂蜜造りの方と知りあい、札幌の友人の葡萄畑で、
蜂蜜造をはじめられたのだ。
食ってこだわりはじめると、もうたいへ〜〜Nnなのに、なんとおえらいことでしょう!
Kさんとは、ワインが取り持つご縁で、こうして二十年も細々とでも秋の五穀豊穣のお品がいったりきたり、、、
こういうお付き合いってほんとうに嬉しいですね〜、

http://keico.exblog.jp/9220441
2009年11月8日 日曜日 のブログでパリの蜂蜜地図がみられます
パリの蜂蜜、ボルドーの蜂蜜、「ばんけい峠のワイナリー蜂蜜計画」

 ポールにパンオーレザンを買いに言って、お昼にさっそく蜂蜜をべったり付けて、、、、、
あ〜〜ほんとに美味しいの!
なんとも言われぬほんのり甘さに少し香ばしさと苦みが交わって、、、。

 松茸は、夜に生ペンネで、ペンネ・ア・ラ・マツタケでいただいて、幸せな秋の美味の始まりです〜〜〜〜〜
ありがたいご縁に感謝しての一日でした。

a0031363_17461288.jpg


a0031363_17442443.jpg   (さてどなたにお裾分けをしようかしら?  


まず、いつも美味しいモノへのコメントをくださるさくらさんから、、、かな?


ご希望の方はいらっしゃいますか?)


by pretty-bacchus | 2011-10-13 23:59 | ☆Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/13809306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by S at 2011-10-14 23:29 x
敬子様
こんばんは・・・^^
まあ・・・もしもよろしいのでしたらば、
まずは敬子様の真似っこをして
ポールのパンにべったりと付け、
それからお林檎のジャムを作るのに使って
今の季節いちじくのコンポートを煮るのに
レモンと一緒に垂らして、
卵黄たっぷりのフレンチトーストにかけて、
それにチキン料理にテリを与えてくれるのも
蜂蜜ですよね^^
ココアもお砂糖より蜂蜜で作るのが好きなんデス。
ピカッと光るまで よく練ったカカオに
ミルクを入れて火にかけながら、
生クリームと蜂蜜を加えて、
隠し味にお塩をひとつまみパララで コクが違います^^
ショコラ用の大きなカップを両手に抱えて
湯気に顔を埋めると至福です^^
(食いしんぼ過ぎの書き込みばかりでゴメンナサイ><)
Commented at 2011-10-15 05:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2011-10-15 13:30
さくらさん〜〜〜! 貴女はほんとうにおいしもの好きですね! くいしんぼ、ってフランス語でなんというのかしら? さくらさんの場合はヴォキャブラリーがみあたりませんね〜。
私もココアは蜂蜜です、最期のひとつまみのお塩はゲランドのフルールドゥセル(これも以前はゲランドの中でも最高の造り手のを直接入れたのですが、今はなくて残念です)
いちじくのコンポートは造ったことがありません、、、美味しそう〜〜〜!

Commented by pretty-bacchus at 2011-10-15 13:30
鍵コメントのKさん。了解です。

名前
URL
削除用パスワード


<< フォアグラとトリュフの国のワイ...      木犀の月隠れても香り立ち >>