ジョブズさん天の高きに永遠に
2011年10月6日 木曜日 晴れ

 午前八時、白い雲の間だから青い空が見え始めた。
青い空に白い雲にいいが、こんなふうに白い雲ばかりの空に青い空がどんどん増えるのって
なんだかうきうきする、、、、。
スティーブさんはどうなさっているかしら、、、ってふと思った。

あらら、、、でもまたすぐに青い空も白い雲の消えてうすグレーの雲一杯の空になってしまった、、、
これだけでも光の無い曇りの景色、、、、太陽と青い空ってとっても大切なのですね、、、。

 マックを立ち上げてまず飛び込んだのは、
ニューヨークタイムズ
Breaking News Alert
The New York Times
Wednesday, October 5, 2011 -- 7:42 PM EDT
-----
Steven P. Jobs, Co-Founder of Apple, Dies

Steven P. Jobs, the co-founder of the technology company Apple Inc. who came to define the global digital culture at the outset of the 21st century, died, it was announced Wednesday.

On Aug. 24, Apple had announced that Mr. Jobs, who had battled cancer for several years, was stepping down as chief executive.

 日経のウェブ版の速報が着いた。
<米アップルのスティーブ・ジョブズ会長死去
 【シリコンバレー=岡田信行】米アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ会長が5日、死去した。
56歳だった。1976年、個人向けのコンピューターを手掛けるアップルコンピュータ(現…続き (9:09)>

 八月のあの引退声明だったが、会長としてまだまだ活躍なさると思っていたのに、、、、。
また空が動いた。。。。青い空を見ながら涙がとまらなかった。緑の風が一瞬ゆれた。

  < 秋空の天の高きにジョブズ逝き

a0031363_1850893.jpg

a0031363_1852289.jpg

 なんと見事だろう!
世界中にコンピューターの夢を与えて、二十世紀から二十一世紀への大きなイノヴェーションをなしとげて、アップルを世界一の企業に押し上げた彼。
2004年に膵臓癌を奇跡的に生き抜き、そのあとの治療を続けていたのに、、、、
iPod、iPhone、iPad、MacBookエアーと、
次々に世界中を興奮させてきたスティーブさん。
エアー発表の時の、クーリエの穴あき封筒から薄い機種をそっと取り出したときの
あの一瞬のはにかむような笑顔!

そして八月に引退声明をだしてケジメをつけて、
宇宙船にも似た壮大なクパチーノの本社での新機種発表のその時に、天に召されたとは!

http://keico.exblog.jp/13370864
2011年8月25日 木曜日 曇り
“Unfortunately, this day has come.”とうとうその日がやってきた。

 また空が動いた、、、ああ〜〜あの天のかなたに彼は旅だったのだ。
56才という若さだった。
手を合わせて長い間合掌した。
ありがとう! スティーブさん! そしてゆっくりおやすみください。

 まずNKさんにメールをいれた。
アメリカ在住の33年前に初代マックをかついで日本に帰り、マックをある意味日本に紹介した方。

 友人達からメールが入り始めた。
函館のゆうこさんが、まずコメントで。
さくらさんと郁子さんもコメント欄に書いてくださった。
お二人ともマック狂の私のこのブログをご覧になり、アップルの愉しさを感じて、
数ヶ月前にとうとうMacBookを購入なさったばかりだった。

郁子さんは句を献じてくださった。

  巨星逝く澄みまさりたる秋天に
  祈り込めてMac打つなり秋澄む日

夕方に海外出張中ののりさんからもコメント、彼もエアーを購入したばかりだった。

さくらさんは、きっと死を悼みながらピアノを弾いてくださるだろう。

 メディアでは、スティーヴさんへの賛辞が踊った。
ハード的なことばかりを書いているが、彼はモノに心と夢を込めたのだ。
それを誰も書いてはいない、、、何かむなしい、、、、。

もう一度、スティーヴさん、25年間ありがとうございました!

 今日は連れ合いの誕生日で、これから天空のレストランで、レジムのお料理をいただいく。
最初の杯は、スティーヴさんのご冥福を祈って高く挙げよう。

a0031363_1846753.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
more>>




ブログの中でフォブズさんを書いたのは沢山あるが、そのいくつかを、、、

http://keico.exblog.jp/7287487
母の言葉とスティーブジョブス氏のスピーチに励まされて2008年7月8日 

http://keico.exblog.jp/7373414
今夜は、スティーブジョブズ氏に杯をあげよう。2008年8月6日 


http://keico.exblog.jp/8940540
スティーブジョブズ氏が出てきた! 2009.09.10

http://keico.exblog.jp/9797521
アップルのスティーブジョブズ氏の講演を聴いています 2010年1月28日 


http://keico.exblog.jp/12209581
平成23年3月1日(火) 雨  
手術あと春の訪れ足踏みし


http://keico.exblog.jp/12217562/
雛祭りはジョブズ氏の日、アップル「iPad2」発表でした。
2011年3月3日 木曜日 晴 手術十一日目


http://keico.exblog.jp/12777122/
スティーブジョブズさんの姿を見ただけで安心>バタンキュウ〜〜〜
2011年6月6日 月曜日 晴
by pretty-bacchus | 2011-10-06 18:18 | ☆Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://keico.exblog.jp/tb/13760097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 四谷おやじ at 2011-10-07 00:51 x
ジョブズさんの早すぎる死は本当に残念ですね。
Commented by hologon158 at 2011-10-07 13:56
短い人生の間に、なんと大きな仕事を成し遂げたことでしょう。
それも、単なるビジネスとしてではなく、
夢を織り上げて行って、世界的な企業にまで世界を認めさせたのですから。
そして、その絶頂のときに世を去るというもの、運命的ですね。
思い残すことはなかったのではないでしょうか?
Commented by pretty-bacchus at 2011-10-08 15:01
四谷おやじさん、しかし見事にすべてをない終えてのさいごなのですし、ご本人はすでにある境地に入っていたのでしょうね、、、。

Commented by pretty-bacchus at 2011-10-08 15:04
hologon158さん、そうかもしれませんね、、、。
教授と学生の子供としてうまれて、養子に出されたあたりから、もう彼はすでにドラマティックな人生を踏み出していたのですね。
ほんとうに運命的なものを感じますね、
名前
URL
削除用パスワード


<< スティーブ・ジョブズ氏の逝去=...      都会の花屋で咲くコスモス >>