海を見ながら、ダンブラウン<オリジン上下>を読み終わりました
2018年7月18日 水曜日 晴れ

 相模湾の日の出は美しい!
でも今朝もジャストインタイムには雲がかかっていた。

午後には蒼い空に雲が動き始めた、、、、。

a0031363_16504849.jpg

 越前敏弥翻訳のダンブラウン<オリジン上下>を読み終わった。
なかなか面白かった。
『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』『ロスト・シンボル』『インフェルノ』に続く
宗教象徴学者のラングドン教授シリーズの五作目。
主人公のラングドン教授と毎回必ず魅力的な女性のコンビの謎解きのほんの数日の冒険物語。
今回の美貌の女性は、スペイン王太子フリアンの婚約者で美術館館館長・アンブラ。
スペインを舞台に、ビルバオのグッケンハイム美術館、マドリッド、
バルセロナのサグラダ・ファミリアなどガウディの建築物、カサ・ミラ、
そしてあのホテル(懐かしい〜〜〜〜!)。

a0031363_20542878.jpg


「美術論」はもちろん、今回は「進化論」と「人工知能」までと内容は一杯つまっていた。
われわれはどこから来たのか〟〝われわれはどこへ行くのか〟という人類最大の謎を解き明かす
衝撃的な映像を発表する友人のカーシュが壇上で殺されて、その犯人捜しが始まる。

カーシュの遺した映像を見るには、暗号の謎ときに、特製のスマートフォンに47文字のパスワード
打ち込まねばならない。
人工知能ウィンストンの助けを借りて、ガウディの建築物<カサ・ミラ>にあるカーシュの部屋で手がかりを探した
ラングドンは、『ウィリアム・ブレイク全集』が寄託されたサグラダ・ファミリアへ向かい、
ウィリアム・ブレイクの四十七文字の詩を探すだす。

 短い章が次々と続くスピーディーな展開のプロットは全四作とは変わりなく素晴らしい!
今回は少し説明が多すぎる気がしたが内容故のことなのだろう。

「人類は絶滅に瀕している。われわれの知る人類は五十年後には姿を消している」ということで驚いたが、
それも次と次の章では、人間が絶滅するのではな<第七の界>に入り、
人工知能と人類との共存、人類とテクノロジーの融合 なのだという未来予測で終わるまでの、
その内容の展開は素晴らしい!

ラングドン教授の形を借りているが、著者のダウンブラウンが四年間にわたっての渾身の取材と研究の賜だろう。
最後の賛辞のページで、多くの方々にお礼を述べているその人数はすごい!
そして美術家でもある奥様と宗教学者であるご家族の協力もあったのだろう。

ダンブラウンの作品は『ダ・ヴィンチ・コード』他の作品もそうだが、
ストーリー以外は、その存在する国、組織、場所、建築物、宗教団体、美術や科学などは
すべて現実の実在の物というのだからすばらしくもありまたおそろしい。

 映画化して欲しい作品だが、
その前に自分の足で、もう一度ビルバオ、マドリッド、セビリア、バルセロナを訪れてみたいな、、、、。
私の旅はすべて前世紀の思い出、、、、。
ダンブラウンの作品はいつも旅心をかき立てられるし、遙か昔の旅の思い出に浸ることになる。

 次の作品のテーマはナンなのだろうか?!

〜〜〜〜〜〜〜〜
(ブログない、ダンブラウンいろいろ)

https://keico.exblog.jp/238658852/
2018年7月15日 日曜日 晴れ 誕生日
誕生日は新しい本を詠み始めました。ダウブラウン<オリジン>

https://keico.exblog.jp/821807/
ダ・ヴィンチ・コード、昨日の続き。最後の晩餐
2004.08.07

https://keico.exblog.jp/821688/
ダ・ヴィンチの面白さに朝の蝉を聴く(ダヴィンチコード
2004.08.07

https://keico.exblog.jp/936933/
夏の夜を徹夜本との独り寝よ(ダンブラウンの天使と悪魔)
2004.08.28

https://keico.exblog.jp/946929/
蝉止んで 嵐の前の 静けさか
2004.08.30

https://keico.exblog.jp/1741041/
カステロ・ディ・モナリザ&ダ・ヴィンチ・コード
2005.03.15

https://keico.exblog.jp/3210620/
ダン・ブラウンのダ・ヴィンチ・コード
2006.02.19

https://keico.exblog.jp/3461792/
断りて春眠むさぼる日曜日
2006.04.09

https://keico.exblog.jp/3563410/
雲一つ無き午後遊ぶ本の虫
2006.05.04

https://keico.exblog.jp/3601723/
若緑月が巡りて色を変え(「ダ・ヴィンチ・コード」四つの嘘)
2006.05.13 土曜日 雨

https://keico.exblog.jp/8751756/
若者の活躍に酔って、40年前の旅の思い出に浸って、、、
2009年8月2日 日曜日 雨のち曇り

https://keico.exblog.jp/8969714/
2009年のCHATEAU DE PIZAYのボージョレ・ヌーヴォーは まさに神様が下さったよう!
2009年9月15日 火曜日 曇り

https://keico.exblog.jp/10945833/
留守中にもブログを訪れてくださってありがとう!
2010年7月8日 木曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/11013432/
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い! 猛暑日だった。

https://keico.exblog.jp/11013570/
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い!

https://keico.exblog.jp/11133956/
鳴けよ鳴け命の限り蝉たちよ (ヴァチカンの御ミサ)
2010年8月14日 (土曜日) 晴れ

https://keico.exblog.jp/12361933/
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ
2011年4月2日 土曜日 晴

https://keico.exblog.jp/14149612/
☆回想のわが巴里の街1965~1973 ー世界遺産
2011年12月9日 金曜日

https://keico.exblog.jp/17453998/
新ローマ法王は「フランチェスコ一世」
2013年3月14日 木曜日

https://keico.exblog.jp/19258734/
年の瀬に旅を想い新しき本を読む<ダン・ブラウン「インフェルノ」>
2013年12月29日 日曜日 晴れ 今日もきれいな青い空

https://keico.exblog.jp/19354960/
ダン・ブラウンの「パズルパレス」の世界は現実だった
2014年1月16日 木曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/19381405/
2014年1月23日木曜日午後5時の日没を追って
2014年1月23日 木曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/19691175/
春はヴェニスの宵の夢 涙に夢も泣きぬれて
2014年4月15日 火曜日 晴れ 

https://keico.exblog.jp/1044733/
ジローラモ秋の宴に色をそえ
2004.09.17

https://keico.exblog.jp/19888557/
NKさんの<パンテオン広場に夜は更けて>のパンテオン内部を
2014年6月10日 火曜日 その一

https://keico.exblog.jp/23765857/
三月のローマではヴィーニャローラ、初めてのお料理に感激
2017年3月31日 金曜日 晴れ後曇りのち雨

http://keico.exblog.jp/11013570/
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い!
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る
a0031363_5393255.jpg

a0031363_540455.jpg
(高さ約120m、最大幅約156m、長さ211.5m)


http://keico.exblog.jp/11013432/
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い! 猛暑日だった。
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る

http://keico.exblog.jp/11133956/
2010年8月14日 (土曜日) 晴れ
鳴けよ鳴け命の限り蝉たちよ (ヴァチカンの御ミサ)

2010年7月6日午後5時15分
06 July 2010
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ



http://keico.exblog.jp/11844450/
平成23年1月3日(月) 晴
パリから羽田への便でお里帰り

http://keico.exblog.jp/12135645/
2011.02.17
シリア、ヨルダン、レバノンへの旧約聖書の旅

http://keico.exblog.jp/12352669/
2011年3月31日 木曜日 曇り後雨、また晴れて
イタリア風楽曲「トスカーナのセレナード」ビュッシーヌ仏訳

 最後の旅は、2010年のイタリア。
この時は朝日の旅に一行を見送ったあとに一人でタクシーを数時間借り切ってローマの街を
ほんの数時間のあいだに走ってもらったのでした。

http://keico.exblog.jp/12361933/
2011年4月2日 土曜日 晴
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ


# by pretty-bacchus | 2018-07-18 23:58 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(0)

友よありがとう!太陽よ海よ空よありがとう!
2018年7月17日 火曜日 晴れ


 確かな揺れで目覚めた。午前四時半前。
(今日の日の出は04時37分 : 日の入 18時57分)
関東の地震がこちらにまで伝わってようだ。

 相模湾の朝焼けは美しかった。
モヤがかかった海の向こうには今朝は初島も大島も見えないがどこからか太陽が上がり雲から顔を出した。
東京を離れてまだ12時間も経っていないのに、この心穏やかな朝は何なんだろう!

昇る朝日に手を合わせて感謝!。
友よありがとう!太陽よ海よ空よありがとう!


a0031363_15582639.jpg
(日の出時間三十分後のam 5:24分に雲が切れた)

a0031363_15583244.jpg

 午前9時に東京に連絡をして後はまた横になってしまった。
どうやら宿の空調の冷房にあたってしまったような感じ。
お昼は友人のステーキハウスに伺う予定だったがキャンセルでまたにしていただいた。

 海を借景にかわりゆく空の色を楽しみながらiPadでダンブラウンの<オリジン>を読む。
ビルパオからバルセロナのサグラダ・ファミリアに移り、、、、旅の思い出とともに話しが進んでいく、、、。
これも読書の楽しみ!

 出がけを急いだので、電源セットが違っていたのでマックはもう後数十分しか残っていない。
仕事がいっぱい詰まったMacも電源がなければただの鋼鉄の箱!

MAC PCが使えないということはこんなにも寂しいものか!
新聞も読めないし、ネットもみられない。
ましたや写真の現像もできないし、ブログの更新もできやしない。

これでいいのかもしれない。
与えられたこの時間をゆっくりと過ごしていたい。


 最後の45分を使って、今朝の相模湾の朝日とお昼の特別ルームサービスの写真を。
(そして一寝入りして、、、、お昼には総料理長から
おにぎり特別お膳がとどいた。
ありがたいことです!)

a0031363_15583694.jpg
(今日はお昼はレストランは閉まっていると言うことで
特別なオニギリセットを作って届けてくださった。ありがたい。)


(午後三時半の相模湾は静かだった)

a0031363_15584268.jpg




# by pretty-bacchus | 2018-07-17 23:58 | ☆Journey inJapan国内旅記 | Trackback | Comments(0)

突然小さな旅へでました。ありがとう〜〜〜〜〜!
2018年7月16日 月曜日 晴れ 突然小さな旅へ

 突然小さな旅へでた。
連休のあとと夏休みの合間にお部屋があいたというご連絡をいただき、急に旅へ。
夕方の東京駅は芋あらいのよう!

 なんとドアーツードアー二時間で、東京の三十六度の暑さから、海の見える最上階のお部屋にチェックイン。
なんともありがたい。

a0031363_15581645.jpg
(pm3:00 家を出てから二時間後には相模湾の海を!)
a0031363_14144337.jpg
(相模湾の夕焼け空はすてきでした!)


 明るい大きなレストランは遅い時間には貸し切り状態。
季節のお料理をいただいて、最後はバースデーケーキ!
昨日はひっそりと家ですごしたので、やっぱり嬉しいな!
ウルルンの一時でした。

a0031363_14151038.jpg

a0031363_14151536.jpg
(O総料理長さま、ありがとうございました。
道場御大のお話しなどもして、、、、)

a0031363_14152719.jpg
(初めてのスリーショットです!)


(部屋に帰ったら号砲! 今夜は花火の日でないのに、花火が二発上がりました。
出来すぎ〜〜〜〜〜!)

 良い事が続きすぎると、その後が怖いですね、、、。 

a0031363_14153332.jpg

 急だったので、マックとカメラと着替えだけ。
なんとマックのバッテリーを間違えてもってきてしまい、あと一時間だけしかもたない。
当分ブログはアップ出来そうにありません、、、、。
アビエントー!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
突然小さな旅にでています
2018年1月14日 日曜日 晴れ その一 静かなる相模湾

https://keico.exblog.jp/22869615/
突然小さな旅にでました、友よ海よありがとう〜〜!
2016年6月1日 水曜日 晴れ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
02日の「コート・ドールにみる地質と味わい」シンポジウムのブログも、
11日の相原正明写真展<STAR SNOW STEEL>のブログも、まだ書けていない。
緊張すると鼻したと耳たぶに手がいってしまう癖と、
軽い麻酔をかけての検査の帰りによったので、ぼっとしていたことなども書いておきたいのに、、、。



# by pretty-bacchus | 2018-07-16 23:58 | ☆Journey inJapan国内旅記 | Trackback | Comments(2)

誕生日は新しい本を詠み始めました。ダウブラウン<オリジン>
2018年7月15日 日曜日 晴れ 誕生日

 誕生日は静かに家で。
なんだかこれが一番今のわたしにあうような気がする。

 でも新しいことに挑戦しよう!
久し振りに上下の厚い本を読むことにした。
ダンブラウン<オリジン>
数ヶ月前に発売になってきになっていたのだが、なかなか時間がなかった。

 彼の作品は、処女作の「パズルパレス」以降、全てを読んでいる。
「パズルパレス」はダンブラウンの処女作。
ダビンチコードの前に書かれた<デセプション・ポイント>、そして「ダ・ヴィンチ・コード」へと、
このあたりまでは紙の本で読んだが、その後は、眼の悪さがかなり進んで時を追うのが辛くなったので、
iPadにダウンロードして読んでいた。
どの作品のそれぞれの素晴らしさで魅了されている。

 いつもお話しのような世界なのだが、小説の数年後にいろいろ起こっていたりしてて、
なんとダンブラウンは時代の先読みをしてしまった作品もある。すごい!
ダンブラウンの作品はダヴィンチコード他の作品もそうだが、ストーリー以外は、
その存在する国や組織や建物などはすべて実在というのだからすばらしく、おそろしくなる。

 <天使と悪魔>については、2004年の時分のブログにこのように書いていた。
ダヴィンティコード以上に難しい宗教、美術などの話を、息おも尽かせず最後まで読ませてしまう
ストーリーテラーとは? 新人のダン・ブラウンに敬服である。
母親が物書きで教育者、音楽家、妻が「私の知る限り最も才能豊かな女性と断言できる、
と言う美術史研究家、画家、第一線の編集者。そして数学教師で有り作家である父。
多くの宗教界や美術界の友人達この本もまた最後の謝辞こそがこに素晴らしい本がうまれた由縁を語ってくれる。
全米300万人を不眠にさせた、第二作という。

https://keico.exblog.jp/936933/
夏の夜を徹夜本との独り寝よ(ダンブラウンの天使と悪魔)
2004.08.28

そして、2010年のローマでは、一緒のグループの方が帰った翌日に、一人タクシーを雇って、
その<天使と悪魔>の場所を廻ってもらったのだ。
途中のヴァチカンでは、荘厳なごミサにも遭遇してしまった。

懐かしい記憶が甦ってくる。
読書と旅の楽しみが一つになるってなんてすてきなんだろう!

 今回の作品<オリジン>の舞台は、ビルバオのグッケンハイム美術館やバルセロナなど。

(ビルバオには前世紀に二度いったことがある。
ビルバオ>パリの夜のフライトが落ちた日だったが、
私はそのフライトに乗らないですんで助かったのだ。
嗚呼! 何度こうして旅の危機をだっしたことだろう)

楽しみだ!
a0031363_20542878.jpg



a0031363_20543584.jpg
(iPadは普通ではハレーションが大きいので、
目の悪い人モードにすると背景が黒くなるので、
眼にとってはかなり楽になる)


a0031363_20544089.jpg


a0031363_20544602.jpg

https://keico.exblog.jp/821807/
ダ・ヴィンチ・コード、昨日の続き。最後の晩餐
2004.08.07

https://keico.exblog.jp/821688/
ダ・ヴィンチの面白さに朝の蝉を聴く(ダヴィンチコード
2004.08.07

https://keico.exblog.jp/936933/
夏の夜を徹夜本との独り寝よ(ダンブラウンの天使と悪魔)
2004.08.28

https://keico.exblog.jp/946929/
蝉止んで 嵐の前の 静けさか
2004.08.30

https://keico.exblog.jp/1741041/
カステロ・ディ・モナリザ&ダ・ヴィンチ・コード
2005.03.15

https://keico.exblog.jp/3210620/
ダン・ブラウンのダ・ヴィンチ・コード
2006.02.19

https://keico.exblog.jp/3461792/
断りて春眠むさぼる日曜日
2006.04.09

https://keico.exblog.jp/3563410/
雲一つ無き午後遊ぶ本の虫
2006.05.04

https://keico.exblog.jp/3601723/
若緑月が巡りて色を変え(「ダ・ヴィンチ・コード」四つの嘘)
2006.05.13 土曜日 雨

https://keico.exblog.jp/8751756/
若者の活躍に酔って、40年前の旅の思い出に浸って、、、
2009年8月2日 日曜日 雨のち曇り

https://keico.exblog.jp/8969714/
2009年のCHATEAU DE PIZAYのボージョレ・ヌーヴォーは まさに神様が下さったよう!
2009年9月15日 火曜日 曇り

https://keico.exblog.jp/10945833/
留守中にもブログを訪れてくださってありがとう!
2010年7月8日 木曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/11013432/
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い! 猛暑日だった。

https://keico.exblog.jp/11013570/
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い!

https://keico.exblog.jp/11133956/
鳴けよ鳴け命の限り蝉たちよ (ヴァチカンの御ミサ)
2010年8月14日 (土曜日) 晴れ

https://keico.exblog.jp/12361933/
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ
2011年4月2日 土曜日 晴

https://keico.exblog.jp/14149612/
☆回想のわが巴里の街1965~1973 ー世界遺産
2011年12月9日 金曜日

https://keico.exblog.jp/17453998/
新ローマ法王は「フランチェスコ一世」
2013年3月14日 木曜日

https://keico.exblog.jp/19258734/
年の瀬に旅を想い新しき本を読む<ダン・ブラウン「インフェルノ」>
2013年12月29日 日曜日 晴れ 今日もきれいな青い空

https://keico.exblog.jp/19354960/
ダン・ブラウンの「パズルパレス」の世界は現実だった
2014年1月16日 木曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/19381405/
2014年1月23日木曜日午後5時の日没を追って
2014年1月23日 木曜日 晴れ

https://keico.exblog.jp/19691175/
春はヴェニスの宵の夢 涙に夢も泣きぬれて
2014年4月15日 火曜日 晴れ 

https://keico.exblog.jp/1044733/
ジローラモ秋の宴に色をそえ
2004.09.17

https://keico.exblog.jp/19888557/
NKさんの<パンテオン広場に夜は更けて>のパンテオン内部を
2014年6月10日 火曜日 その一

https://keico.exblog.jp/23765857/
三月のローマではヴィーニャローラ、初めてのお料理に感激
2017年3月31日 金曜日 晴れ後曇りのち雨

http://keico.exblog.jp/11013570/
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い!
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る
a0031363_5393255.jpg


a0031363_540455.jpg
(高さ約120m、最大幅約156m、長さ211.5m)


http://keico.exblog.jp/11013432/
2010年7月20日 火曜日 晴れ 暑い! 猛暑日だった。
ダン・ブラウンの「天使と悪魔」をタクシーで二時間で回る

http://keico.exblog.jp/11133956/
2010年8月14日 (土曜日) 晴れ
鳴けよ鳴け命の限り蝉たちよ (ヴァチカンの御ミサ)

2010年7月6日午後5時15分
06 July 2010
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ



http://keico.exblog.jp/11844450/
平成23年1月3日(月) 晴
パリから羽田への便でお里帰り

http://keico.exblog.jp/12135645/
2011.02.17
シリア、ヨルダン、レバノンへの旧約聖書の旅

http://keico.exblog.jp/12352669/
2011年3月31日 木曜日 曇り後雨、また晴れて
イタリア風楽曲「トスカーナのセレナード」ビュッシーヌ仏訳

 最後の旅は、2010年のイタリア。
この時は朝日の旅に一行を見送ったあとに一人でタクシーを数時間借り切ってローマの街を
ほんの数時間のあいだに走ってもらったのでした。

http://keico.exblog.jp/12361933/
2011年4月2日 土曜日 晴
ヴァチカンVaticanのサン・ピエトロ大聖堂での御ミサ


# by pretty-bacchus | 2018-07-15 23:58 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(0)

若いイタリアンのシェフにバースデーイブをしていただきました!
2018年7月14日 土曜日 晴れ

 誕生日イヴを孫の歳のシェフに祝っていただきました。
新しいメニュー、手作りの果物のデザートにお祝いの花火、
そして清楚な色合いの花束!

遅い時間に貸し切りの感じでお祝いをしてくださったのです。
ありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 マックの調子悪く、詳しくは後ほど記録。


a0031363_18241857.jpg

















a0031363_18242533.jpg

















a0031363_18243799.jpg





a0031363_18244214.jpg







a0031363_18244668.jpg
# by pretty-bacchus | 2018-07-14 23:58 | ○Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

暑さに負けて家でゆっくりしながら<光と影の処方箋>を読む
2018年7月13日 金曜日 晴れ

 暑い!なんと暑いのだろう!
なんだかバランスが悪く体調はいまいち、、、。
母に話せば、気の持ちようですよ、、、といわれそうだが、、、、。

 借景の緑に癒されながら、一昨日の
相原正明写真展<STAR SNOW STEEL>で購入した写真の本を読み出した。
本の終活整理をしはじめているし、目が悪くなってからは、紙の本をなるべく辞めているのだが、
この<光と影の処方箋>は、この眼で見ながら鑑賞して勉強したかった。

a0031363_21490271.jpg

a0031363_21482878.jpg

a0031363_17364449.jpg

 写真展の会場でぱらぱらと目次をみていて、数ページを読んでいた
<心が通う写真の撮り方>。これからが楽しみ、、、。

目次から、
●Landscape
・Plants

01 森と対話して自分と相性の良い被写体を探せ ほか

・Earth
22 他人と違う“超広角”と“超望遠”の視点を持て ほか

・Water
36 レンズは揃えろ! 気持ちだけでは写真は撮れない ほか

・Sky
49 雲っていても最後のどんでん返しが待っている ほか

●Snapshot
・Travel snap
57 市場には生活のエッセンスがすべて盛り込まれている ほか

・Portrait
68 相手の笑顔が欲しければ自分が笑顔に! ほか

・Building
72 昼間の風景で行き詰ったら夜の水辺を探そう ほか

・Vehicle
76 鉄道写真は動く列車をきちんと止めて撮ることが基本 ほか

・Food 81 リゾートでの料理撮影は日陰の自然光が基本レシピ ほか

〜〜〜〜〜〜〜〜
出版社の説明から、
掲載作品がどのように撮影されたのか、その判断や状況などを「撮り方」で学びつつ、
その作品で伝えたかった思いや撮影する上で必要な極意、信条などを「処方箋」として記しました。
82の作品とその処方箋を通して、著者が提唱している、
あらゆる被写体を通して心情を表現していく「写心術」を理解することで、
さらに作品をステップアップすることができます。



# by pretty-bacchus | 2018-07-13 23:58 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(0)

暑さに少々まいっているのかもしれません、、、、
2018年7月12日 木曜日 晴れ

 ウィンブルドン2018テニスのあとはサッカーと、夜はなく朝になった。
準々決勝のラファエル・ナダルとデル・ポトロの試合はすばらしかった。
ファイヴセットマッチのぎりぎりまで二人は芝のコートで何度も倒れながらの熱戦をみせてくれた。

 体調がいまいちなのに、こうして徹夜をしてしまっているが、これもまたよしと思っている。

 そてにしても暑い一日だった。
盛夏がくるのがおそろしい、、、、。

 昨日の病院のあとの
=相原正明写真展<STAR SNOW STEEL>を観る=も、
その後の事もブログアップ出来ていない。
暑いのです!

a0031363_20350338.jpg




# by pretty-bacchus | 2018-07-12 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

蝉が鳴き始めて、いよいよ本格的な夏がやってきます
2018年7月10日 火曜日 晴れ

 午後一に初蟬が鳴いた。
み〜んみんみ〜んみんみ〜んみんみ〜んみんみ〜んみんみん、、、、。
そして風が吹いた。
梅雨がほんとうに明けたに違いない。

a0031363_17594836.jpg

 今朝がた真夜中に、就寝前にニュースをと思ってテレビをつけたら、
なんと「ウィンブルドン」のLIVEが始まっていた。

男子シングルス二回戦、錦織圭がニック・キリオスに6-1、7-6、6-4のストレートで勝利。
二年ぶりの「ウィンブルドン」四回戦進出を果たした。
今までで一番アンフォーストエラーも少なく、エースのサーブも二十四もとった。
三回戦で、グルビスを破り、そして自身初のベストエイト入りを決めた。

日本男子としては、1995年の松岡修造以来23年ぶりのウインブルドンベストエイトで、
すべてのグランドスラムでベスト8以上に到達したことになり、
日本人選手では女子の伊達公子と並ぶ快挙となったのだそう。

「一つのゴールとしては、今までなかなか壁を破れなかったので、嬉しい気持ちもあります。
まだまだ優勝するためには、ここからやっぱりタフな戦いが続くので、安心もしていられない」と
語っていた錦織圭。
 次は、ノバク・ジョコビッチとの対戦が決まった。
さ〜〜〜あ、どうなるか。
頑張って欲しい。

 そしてタイ北部のタムルアン洞窟に、大雨による増水で閉じ込められていた十三人の少年達は、
全員救出されたようで、ほんとうに良かった!  よかった〜〜〜!

 でも西日本を襲った水害の被害は雨が止んでも増すばかりのようで、自然の恐ろしさはなんとも怖ろしい。
人が宇宙に行かれる時代になっても、悪天候を回避する方法や、
自然界の動向の研究はされないのだろうか、、、、。


a0031363_17593967.jpg
(土手の道は、猫じゃらしがゆれていました)





# by pretty-bacchus | 2018-07-10 23:58 | ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

毎年のように起こる「数十年に一度」の災害。 地球よほんとうにどうなってしまっているの?
2018年7月9日 月曜日 晴れ

東京は晴れた。
夏の青空と白い雲!
あとは蝉が鳴き始めれば本当の夏がやってくる。

a0031363_23385678.jpg

 豪雨はさったようだが、その被害は甚大で人災の報道は増すばかり。
毎年のように起きる「数十年に一度」の災害。
地球よほんとうにどうなってしまっているの?

 西日本の友人達のことも心配だが、こんな時にメールも電話もいけないだろう、、、、。
そんな時に今回はフェースブックとツイッターで、ご自分達の無事を使える書き込みがつぎつぎあって、
Web時代の安否のとり方が変ってきているのを感じている。
 平成になって最悪の被害ということで、一日も早い復興をお祈りします。

 下の弟のカズナちゃんが大学の夏休みで一時帰国している。
三日間のお祭りをお父さんと母と楽しんだようでよかった!
数年前にカンジさんが亡くなり、先月は男の子の孫のマサト君が二十九歳で
天に召されてしまい、傷心していた母。九十八歳なり!
ほんの数日だけだた、孫と毎日食事を共にして、ほんとうに喜んでいたという。

 ありがとう!ユウジさん。

a0031363_23202506.jpg
(お母さんを昨年亡くしたが、ようやく元気を取り戻したよう、、、)


a0031363_23220038.jpg
(大学二年生で二十歳になったので、パパとビールで乾杯ですね!)



# by pretty-bacchus | 2018-07-09 23:58 | ☆Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)