タグ:iPad ( 1 ) タグの人気記事

ロジェ・ミラを迎えて第二回アフリカ・日本親善サッカー大会
2013年5月20日 月曜日 曇り時々雨 病院

 驚いた。昨日は緑の葉が一杯だったのに、雨の中で植木屋さんがちょきちょきしたようで、
葉の間だがすかすか、、、、。鳥さん達に良いのか悪いのか?

a0031363_3534389.jpg

a0031363_3541553.jpg


http://keico.exblog.jp/17812522/
2013年5月19日 日曜日 曇り
借景の木々の緑が夏色になった。

 今日は超音波とレントゲンの半年目の検査。
というより精密検査は二ヶ月ぶりだ。部位違いの検査や種類の違う検査がいろいろあって疲れるが、
先生方におまかせするしかない。

 雨の病院はすいていた。
採血室>胸部レントゲン室>腹部超音波検査室と廻り今日は検査だけ。
終わった後は十一階のレストランで昼食。
遠くに東京タワーとビル群が霞に煙ってどことなくエキゾチック。
メールとブログをチェックしていたiPadでカシャカシャ、、、メールでPCに送って、
次はフジでしばらく遊んだ。

a0031363_404332.jpg

a0031363_463389.jpg

a0031363_493044.jpg
#IMAGE|a0031363_485995.jpg|201305/22/63/|right|457|684#]


 今日5月20日はカメルーンの建国記念日。
a0031363_654413.png
1972年のこの日、連邦制をとっていた旧フランス領東カメルーンと旧イギリス領西カメルーンが合邦して、
単一のカメルーン連合共和国となったのだ。私がパリに住んでいた頃のことだったからよく覚えている。


 サッカー代表選手だったロジェ・ミラRoger Millaが来日して、
今日はホテルオークラで大きなレセプションがあった。
ミラ氏は2004年のFIFA創立100周年記念で、“サッカーの王様”ペレ氏が選んだ
「最も偉大なサッカー選手」125人の1人に選出されたカメルーンの国民的英雄なのだそうだ。
(現在はPresidency of the president と名刺にあった)

 数ヶ月前から連れ合いのお仲間達が第二回アフリカ・日本親善サッカー大会を企画して忙しくしていた。
NPO国際文化スポーツ交流協会を基に、日本アフリカ交流協会をたちあげて、アフリカとの経済・文化・
スポーツなどの交流を計ろうというもの。
皆さん団塊の世代を日本経済の右肩上がりに汗を流した方々で、元K大学教授、元商社の幹部とかの方々で
まだまだ熱いハートを持っている男性達。

きっかけは、九月のIOC総会でなんとか、アフリカの国々の方に日本のオリンピック競技誘致に
票を入れて欲しいと、アフリカ諸国の大使館に足を運んでいる時に、サッカー試合の話しがされて、
6月に行われるアフリカ会議の前哨戦をサッカーのキックオフで飾ろうということになったようだ。

決まってからが大変だった。
アフリカ側は在京アフリカの大使館三十八カ国の駐日アフリカ大使館の大使や関係者で構成されるチーム、
日本では議員の方々がということで、議員への連絡、オリンピック準備委員会の都庁の
II知事関係への働きかけと、なんと高齢者世代のオジサン達が毎日のように頑張っていた。

 実現するのかしら、、って半信半疑で、外野の私は少し斜めから見ていたかもしれないと反省しきり。
京都行きで身も心も西に向いていたのであまりお手伝いをできかったことを悔いている。

そんなわけで、カメルーンの大統領が、<二十世紀の偉大なサッカー選手100人>のロジェ・ミラを
日本へ送ってくれることになったのだそうだ。
最初はあまり協力的ではなかったマスコミも大きく記事で扱ってくれはじめて、スターは昨日来日、
今日のレセプション、そして明日は<歓迎 ロジェ・ミラ氏を囲む会>が決定し、
明後日22日に東京・江戸川区陸上競技場で開催される<第二回アフリカ・日本親善サッカー大会>が
実現することになったのだ。
地元の方々や学生さんの協力もあったようだが、オジサン達の情熱がこうした形で
実を結ぶってすばらしいことだ。

かって友人の外交官に云われたことがある。
“日本は民間人が優秀だ。民間外交がすばらしい”と。
官僚達も外務省も尻つぼみの今の日本を憂いつつ、オジサン達の今回の頑張りに杯を挙げたい!



by pretty-bacchus | 2013-05-20 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)