タグ:ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm ( 23 ) タグの人気記事

中秋の 名月愛でり ヨイいずこ
2007.09.25 火曜日 晴れ 十五夜

English Here

 事務所>銀行>DoCoMo>永代橋を渡って>青山オフィス>F先生>橋を渡りながら
雲一つない満月を愛でながら>パパトリア>ザ・コーター>ピアノのライブでジャズを鑑賞
お月見にちなんだ曲>フランシスダローズ45年のグランレゼルヴァ>はなれ
>雲に入ったり出たりの満月に手を振って、ふらふらと帰宅>おやすみなさい。


>>〜〜〜〜〜〜〜〜>>>>>>>>いろいろ書きたいけれど>>>>>バタンキュウ〜〜〜

 
a0031363_623519.jpg

  フランシスダローズ(FRANCIS DARROZE)のヴィンテージ・バーアルマニャックの
年代物が揃っている小粋なお店のザ コーターハウス(THE QUARTERHOUSE)の高田さん


a0031363_644748.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(機械翻訳のトライアル)
中秋の 名月愛でり 宵いずこ
中秋の 名月愛でて 酔いずこ
by pretty-bacchus | 2007-09-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(7)

タックシーで 忍びよる秋 追いかけて
2007.09.20 木曜日 晴れ

English Here

 日の出と日の入りがとっても早くなった。
夕方タクシーにのっていて、
「大変〜〜もうこんな暗くなってしまって、、、遅刻だわ、、、、、
と言ったら運転手さんが
「お客さん、まだ5時ですよ、、、、
「でも、もう真っ暗で、、、、

釣瓶落としとはよく言ったものだ、、、、
日に日に日は短くなり、、、、、やがて、冬になる。

 またしても突然呼び出されて、さきほど帰宅。
今夜は連れ合いと、その友人達といっしょなので、少しリラックスしたら、、、、酔った〜〜〜〜

(まだ昨日のブログも終わっていないのに、ダウンだ、、、、、)

a0031363_2473349.jpg

  真夜中のホテルのロビーは恐ろしいほど静かなのに、ソファーには何人か人がいる、、、
by pretty-bacchus | 2007-09-21 02:22 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(12)

初秋の 舌鼓友と 分けあいて
2007.09.18 火曜日 曇り

English Here

 曇り空にブルーの朝顔が一輪、夏の名残を告げている。

暑い一日だった。
嬉しい電話やファクスに涙した一日だった。 
うれし涙はいつだって悪くない、、、、、。

 夕方友人から電話があった。
「久しぶり、、、元気そうだね〜〜
「え、、まあ、、、ありがとう!
「なんだ、あまり元気ないな、、、、。な^^Ni,あんまり出かけてないの、、、
「え、、、まあね、、、事務所と家の往復かな、、、
「ダメじゃない、らしくないよ、、、
「でも、あまり出る気もしないし、いろいろすることあるし、義母がよくないし、、、
「うちもそうだよ、、、順番だからね、、、

「今日はどしたの、、、
「いや、、、東京に出てきてるので、電話したのよ、、、旦那いる、、、
「ハイ、変わります。

あちらで男同士が話してを始めた。
仕事のこともあったらしい、、、、。
Fさんは、もともと連れ合いの友だが、あまり飲めない彼よりも、
酒が強い私と昔はよく一緒に飲みに行っていた友人だ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私にまた変わった。
「旦那今日ダメダってさ、、、
「そうね、、、オカアサンが入院したままだし、、、、
「でも、今日は、ケイコさんは出てこれるっていってたよ、、、、
「う〜〜ん、、、、、いけないこともないけど、、、、。
でも、疲れてるし、、、、あまり寝てないし、、、

「でも、6時間寝たんだろう、、、いいじゃない、、、
「え〜〜どして知ってるの、、、
「ブログに書いてたじゃない、、
「あ^^そうか、、、ブログを読んでくれてるのね、ありがとう!

「いや〜〜今ね、麻布なんだけど、男二人じゃつまらないんだよ、、、。
といっても若い子を誘うと、なにかとね〜〜〜〜、それで電話したわけ、、、

「ま〜〜私ならイイってわけ〜〜〜? 
「そう言う訳じゃないど、ウマイワインはケイコさんと一緒したいよ〜〜〜。
「ま、、、殺し文句を言うわね〜〜〜!

 も〜〜これで、私はどどど〜〜んと、まいってしまった。
「行ってくれば、、、。と連れ合い、、、
「だって、もうめんどくさいですよ、、、、それに体調も万全ではないし、、、、

 結局、15分後には、私はタクシーに乗っていた。
男友達が待っているのだから、少しはお化粧でもすれば良いのに、もともと私はお化粧が苦手だから、
口紅だけつけて、上着を着替えただけで、、、、出かけた。

 いいな〜〜〜。美味しいお料理とワインと話題で、疲れた一日を、沢山の幸わせで締めくくれたのは、
なんとも嬉しい!
体にピント張りも出てきたみたいだ。

 食欲の秋も友あってこそに違いない、、、。

 
a0031363_1353334.jpg
  ベランダの朝顔も、その向こうの借景もなぜか秋の気配、、、、
a0031363_136874.jpg
  シェフが渾身をこめてのカルパッチョはすごかった。
by pretty-bacchus | 2007-09-18 23:25 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(10)

東京の 空も青空 秋の雲
2007.07.15 土曜日 晴れ

English Here

 綺麗な朝が明けた、、、、大きなオーシャンブルーの朝顔が二つ咲いていた。
台風で痛んでしまった緑の葉っぱの向こう側に寄り添うように花開いていた。
なんだかとっても愛らしくて、じ〜〜〜とみてしまった。
週末の朝の悦びだ、、、、。

 週末のブランチは、昨日Paulで買ってきておいたパンオーショコラと、ミルクと蜂蜜をいれた
ドミニックの紅茶とヨーグルトで軽くすませた。
昨夜読んだ雑誌で、日野原先生先生が、食を押さえる必要性を書いてらしたので、
翌日くらいは守りたくなったから、、、、、

 週末の掃除や洗濯もそこそこに、お見舞いと、歯医者さんへ、、、、。
することは、そして、しなければいけないことは山ほどある〜〜〜〜。
 
  一番軽いオリンパスE-410をバックにいれて歩いた。
夕陽に白い雲が浮かんで青空がきれいだった。
智恵子抄の智恵子は、「東京には空がないと、いったが、東京の青空も棄てたものではない〜〜〜。
ブログ友のブルースカイさんとか、地方の美しい青い空をいつも見せていただいているから、
たまには東京の青い空を撮りたくなった。

 四谷見附の橋の上で鉄柱の陰が夕陽に傾いて、、、
タクシーを待つ間にカッシャ、、、、
a0031363_2356145.jpg

a0031363_23562936.jpg



 いろいろ用事をたして、市ヶ谷見付けの橋を渡って事務所にむかった頃には、とっぷりと夜がきていた。
明るい駅の照明が、外堀の水に映ってきれいだった。
オレンジ色の中央線が着いて、出る度に、水面が色づき揺れるのが、とっても素敵で、
橋の上でしばらく水に漂うネオンの波を見入っていた。

 明日は日曜日、、、、少しはゆっくりできるのかしら、、、、、、
a0031363_0241429.jpg

  市ヶ谷の駅の橋を渡って、外堀に映る夜の中央線、星も写ってくれた。
  1600にして手持ちギリギリで、、、、、、


a0031363_0403765.jpg
桜の木が黒くかかっている。桜の頃はピンクで素晴らしい場所なのだ、、、、
  黄色い電車が水面に映って黄金色に輝く一瞬、、、、
by pretty-bacchus | 2007-09-15 23:56 | ♡Daily life日々の事など

月なくも 虫の音と一緒 散歩道
2007.09.14 金曜日 晴れ

English Here

 久しぶりにきれいな朝、、、でも、今朝は朝顔はどこにいったのだろう。
緑の葉はますます繁っているが、花は終わってしまったのかしら、、、、
去年はクリスマスの頃まで咲いてくれたのに、、、、。

 このまま涼しくなればいいな、、、と思っていたが、どっこいそうは問屋が卸さない。
午後になって又温度があがってきたら、オーシンツクツクが元気に鳴きだした。

 一日中ファックスと電話とメールに追われてぐったり、、、、、、。
夕飯の支度をする気力もなくて、久しぶりにお蕎麦の大川やさんで秋の味覚を楽しんだ。

 いつものお品書きに加えて、”本日の蕎麦前”というメニューが毎日変わる。
まずは野菜小鉢三種
= 椎茸、伏見唐辛子の焼きびたし
= 長芋と榎茸の山葵醤油(わさび、とカナがふってある)
= 芯取菜と揚げのおひたし

本日の一品料理には14種類あったが、その中で
= しめ鯖と分葱のぬた
= 焼き茄子
= 塩煎り銀杏
= 秋刀魚と松茸のくわ焼き
それに、いつもの板わさ、宇和島の小さい片口いわしをあぶって、、、
どれも、それほど量がないから、二人で半々で、いろいろの物をいただけるのが良い、、、、。

お蕎麦の時に、天ぷらで、今日は
= 小海老かき揚げ
= 秋きのこ四種(あわび茸、大なめこ、舞茸、平茸)

お酒はそうぜんという石川の純米吟醸。

a0031363_3182441.jpg
  (新装のお祝いで、秋きのこに加えて、鱧と松茸、ミョウガ、オクラなどのお野菜も一緒に揚げて下さった)


 お互いに今日一日のことを話しながら味わう秋の味覚で、疲れもだんだんとれていく。
食事中はなるべく嫌な話題はしないようにしているが、今日はもっぱら、総裁選の話で、
麻生さんと福田さん論、、、。お二方ともお会いしたことがあるので話題はつきない、、、、。
どちらが選ばれても、一日も早く日本の国の良き舵取りをしてほしいものだ。

 疲れているが、家まで歩いて帰ることにした。
秋の虫がかしましいほど鳴く、都心の裏道をあるくのは、気持ちの良いものだ、、、、。
30分ほどの道のりは、運動不足の我らにとっては、食後の腹ごなしにはちょうどよいかもしれない。

 家の近くの、むくげ道(むくげの木が沢山あり、今がちょうど見頃なのでこうよんでいる)を通って帰宅。
三日月は夕方には西に落ちたが、空は明るく、今夜も雲がきれいだった。
「東京の空は明るいね、、、、、、と空を見上げて、、、。

a0031363_322662.jpg

 先週改装が終わって一人がけの席が六席できていた。
四人がけのテーブルが六卓だけの小さなお店だったのだが、その二卓をつぶして、
壁際に一人用の席を六つ作ったのだ。

「一人のお客様が、四人座れるテーブルに一人ではゆっくりなされないようなので、、、、と、
かねがね大川さんはいっていた。
確かに、会の後ちょっとお蕎麦をいっぱいだけと思っても、なんだか席を占領するのは、
気が引けてしまうことがあったのだが、総席数を二席減らしても、そんなお客様のことを考えたのだろう。
壁に向かっての席だが、カウンターはとても幅広くとってあるので、圧迫感はあまりない。

 右奥にあるこあがりの席は4〜5人すわれるこたつ式。
すだれが下がっていたのだが、ガラスの下は、磨りガラスになって、
外の席からは見えないようになった。

 
 新装なって、明日はギタリストの岸辺眞明さんのコンサートディナーの予定だったのだが、
右手首の骨折で急遽中止になってしまった。
「大川さんが昔取ったきねづかでしてくだされば良いのにい〜〜、と私。
彼は四年前にこのお店をするまで音楽家だったのだ。
a0031363_3234689.jpg


 週末に少しほっとして、Macに向かってブログの追加を書いている真夜中、、、、、

大川やさん
http://keico.exblog.jp/4015741
http://keico.exblog.jp/4203869
http://keico.exblog.jp/5967493

by pretty-bacchus | 2007-09-14 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(16)

時知るか 声をしぼって ツクツクボウシ
2007.09.10 月曜日 曇りのち小雨

English Here

 また月曜日が始まった。
ようやく暑さが少し楽になった。ガラス戸をあけても熱気が入り込まないようになった。
自然大好き人間だから、大都会のわずかな緑でも嬉しい。

子供の頃は、夏はカブトムシや蝉やトンボとり、夏休みは植物採集で山野を駆け回っていた。
おばあちゃんがいつも一緒で、花の名前をいろいろ教えてもらったものだ。
東京にはあまり野草はないが、ブログ友の方々の写真で今年はずいぶんと夏の花を楽しめた。
おもしろい時代になったものだ、、、、。

 ベランダ越しの借景の緑には、鳥が集い、蝉がなき、時にはトンボや蝶々尾がやってくる。
でも今日のツクツクボウシ蝉もジージーゼミもなんだか、とってもとってもかよわく寂しいのだ。
夕方のオウシンツクツクは、オーオーオーシンツクツーク、、、といかにも辛そうに鳴いていた。
昆虫はもう夏の終わりをひしひしと感じているのだろう。
ここにも別れはある。
まもなく2007年の蝉にもアデューといわなければならないだろう。
寂しがつのる秋の初めだ、、、、
 
 昨日は遅くに帰宅。
台風一過でスモッグもすくないせいか、夜の空は青くきれいだった。
タクシーの運転手さんも「日曜日で車は少ないし、台風一過で空が澄んでるね〜〜と、
東京の夜空を楽しんでいるようだった。

 ほろ酔いかげんで、屋上に上ってみた。
居住範囲から外に出られるのだが、内鍵をこっそり開けて外へ出た。
(いとも簡単に鍵があいてしまうのだ、、、、)
外階段は急で手すりもないから、ちょっと怖い。
軽いE410を首にかけて、明るい東京の夜をスナップ。
ISOを1600にして撮ったが、やっぱり少しぼけてしまったな、、、

 細い月はとっくに沈んでしまっている時間だが、空は明るかった。
東京の空は明るい、、、、
a0031363_234197.jpg
 麹町方面をみる
a0031363_4332145.jpg
  新宿方面を見る、、、
by pretty-bacchus | 2007-09-10 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(10)

パバロッティーさんに捧げられた「キエフ・オペラ」追悼公演
2007.09.09 日曜日 重陽の節句 

English Here

 静かに少しずつ明かりが暗くなっていった。
楽団も観衆も水を打ったようにし〜んと静まりゆく、、、、、。
(私はオペラの幕が開く前のこの一瞬の静寂が大好きだ)
1時ジャスト。

 一瞬の静寂がいつもより長いような気がした瞬間、両端の日本語翻訳の垂れ幕ボードに文字が躍った。
「パバロッティーさんがなくなられました。
彼はラボエムが大好きでした。今日の演奏は彼に捧げたいと思います」

 そして指揮者が登場した。
オーケストラボックスの中央に立ち、深々と頭を垂れた。
われんばかりの拍手。

 昨日モデナで告別式が行われた模様はテレビでみていた。
テレビに向かって手を合わせていた。
この追悼の気持ちがこもったオペラ公演を、こんな形で鑑賞できたのは、なにか不思議が気がする。
(一昨日ブログで思い出を書いたばかりだったから、、、、http://keico.exblog.jp/6126882
パバロッティーさんとの写真

 昨日病院から電話があった友人は、オペラ友の井上さんだった。
私より大分年上のダンディーな男性で、オペラを時々ご一緒させていただいている。
なにしろ私の連れ合ときたら、オペラとか音楽会に一緒すると居眠りがひどくて、もうずっと前から
コンサートは美江さんとか別の友人達と行くことになってしまった。
井上さんは、ずいぶん昔から知っていたけれど、オペラがお好きだと知ったのは、ドイツに住んでいる
音楽家のお嬢様が一時帰国したときだった。

 その後は、時々新国立劇場のゲネプロなどにもご一緒させていただいていた。
オペラの後は必ずお寿司とワインを楽しみながら公演の話にしたる。
食事の時だけ、連れ合いはジョインしたりする、、、、。

大分前にお仕事を後輩に引き継がれて、今は晩年を謳歌なさっている。
数年前から時々入院なさって、周りをはらはらさせている。
「七十代後半にもなるといろいろ出てきますからね〜〜〜、といつもおっしゃる。

半年ほど前もジムの帰りに自転車にぶつかって右手を骨折して数週間入院なっていた。
お元気になられて、そのときの様子をうかがから、近所の人も
「まあ、、ご無事でようございましたね、、、ということになる。

 それが、昨日は病院からのお電話だったから驚いたのだが、なんとお病気のことではなくて、
オペラのことだったのだ。
「すっかり忘れておりましたが、明日9日13時開演、新国立劇場のキエフオペラの
ラボーエムのチケットS席があります。無駄にするのがもったいないので行っていただけませんか」
病が重いお話ではなく、買っておいたオペラの切符があるのを忘れていたということで、
一瞬の心配は何事もなかったことがわかってホッとして、そして思わぬプレゼントに私は小躍りした。

 昔はオペラはよく観ていた。
新国立劇場の賛助会員になっていたから、ゲネプロ(総稽古)にも招かれたりしていた。
でも、ここ数年は、どうもゆっくりと鑑賞する心の余裕を失っていたし、時間もなかった。
そろそろ芸術の秋だな〜〜と思っていた矢先のチャンスだった。

 ウクライナ国立歌劇場「キエフ・オペラ」が、昨年日本ツアーの大好評に応えて再来日している。
昨年もいっていないし、今年もチャンスがないと思っていた。
モスクワのボリショイ歌劇場、レニングラード(現サンクトペテルブルク)のマリンスキー劇場
(キーロフ・オペラ)と並び、旧ソ連時代の「三大オペラ・ハウス」といわれていたキエフ・オペラ劇場だ。
二十数年前のソ連への旅の時に、ボリショイとマインスキーは行ったことがあったが、
キエフは街で数時間過ごしただけであった。
(キエフの街角でかった植木鉢は今も私の元になる=このころは園芸にこっていて旅の度に、
鉢を買っていて、大変な思いで持ち帰っていたのだ)

 今日の出し物は、プッチーニのラ・ボエム。
1830年頃のパリが舞台で、若く貧しい芸術家たちの生活と、一緒に暮らし始めたお針子ミミと
詩人ロドルフォと恋の物語。
何度か観ているオペラだが、「椿姫」と一緒で何度観ても泣けてくる、、、、。
歌手達は知らない人ばかりだったが、皆熱演だった。
少しばかり、ウクライナ的というかイタリア的なない感じの舞台装置だったが、、、、。

 オペラ鑑賞は夜のことが多いが、今日は昼。
終わって外へ出たら、なんとま〜〜綺麗な青空と白い雲!
台風一過の日曜日の東京の空はそれはそれは、綺麗だった。

夜の約束までには数時間ある。
タクシーを途中で降りて、久しぶりに公園をぶらぶらとを歩いて、近くのブックストアー&カフェ
”ハッピーエンディングス”で、厚いオペラのカタログを読んだりして、ほんとうに久しぶりに
心が満たされた静かな一時をすごしたような気がした。

 又また予定変更の日曜日だったが、こんなハプニングは何度あってもよいなあ〜〜〜。
井上さんは明日には退院なさるというし、よかったよかった!

(写真の整理はこれから、、、)

a0031363_24258.jpg
  席は一階六列目の13という最高の場所。
  カーテンコールの時に、こっそりとシャッターをおした。高い窓からパリの街並みが見える舞台装置。
a0031363_26773.jpg
  午後4時、劇場のロビーから外を
a0031363_27549.jpg
 入り口正面玄関の上、いつも夜なので上の空を仰いだことはなかった。a0031363_2191365.jpg

a0031363_2342352.jpg
都心の緑が夕陽に映えて、、、
by pretty-bacchus | 2007-09-09 23:58 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(5)

台風の風雨と共に連れ去られた車
2007.09.07 金曜日 晴れ

English Here

 関東を襲った台風は大きな爪痕を残して北にさった。
朝方はまだ風が強く、借景の緑は大きく揺れていた、、、、、。

あの西湘バイパスが落ちたのには驚いた。
早くから通行止めにしてあったので、被害者が出なかったのは何よりだった。

 台風と共になくなってしまったものがあった。
先月に暑さでコンピューターがこわれて、黒煙をはいてしまった我が家の車が、
レッカー車で廃車工場へ連れて行かれてしまった。
アデュー!

私の車は目の手術の時に手放してしまっているので、この車がなくなると、
しばらく不便になる。
次はなににするかも決まっていない、、、、、

 突然に襲ってくる天災や地震、そして人の死、、、、、
それが車にもやってきたわけだ。

 あ〜〜というまに過ぎてしまった一週間だった。

a0031363_23581833.jpg

              (レッカー車に積まれた車に手をふってアデュー!)





(雨が止んで太陽が光が緑に輝いていた)
by pretty-bacchus | 2007-09-07 22:31 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(13)

ゆく夏を 惜しみて雲を ただながめ
2007.09.01 土曜日 曇り

English Here

 超多忙な一週間が終わった。
八月も去ってしまった、、、、なんだかとても寂しい!
今朝は、蝉も鳴かずに、朝から虫の声?
朝顔も二つだけで、逝く夏はあまりにもあっけなかったような気がする。
あんなに暑くて辛かったのに、それを寂しく思ってしまうのは
秋の侘びしさが不安なのだからだろうか、、、。

 友人のフランス語の翻訳のお手伝いのメールを送って、昨夜はよろよろと真夜中過ぎに床に入った。
就眠儀式の読書もままならず、寝入ってしまったよう、、、。
今日は午前中は少しゆっくりできるから朝寝坊をしよう〜〜〜と思っていたのに、
こういうときに限って早く目が覚めてしまう。

 今週は、ブログ友のブログ訪問もままならなかったし、コメントをいただいた方にも返事を
書いていなかったので、小一時間ほどMacに向かって愉しんでいる。

カメラも、電話機も、テレビも、秋の新製品がどんどん出ていて、グーグルアラートで情報がきていて
メールとHPも見たいし、結構ネットサーフィンの数時間になりそうだ。

 午後からは、ニコンサービス、ヨドバシ、ドコモショップ、そして歯医者さん、お見舞いと、
忙しくなりそうな土曜日の朝に、。、、

================
遅くに帰宅、疲れた〜〜〜〜

a0031363_13932.jpg

 暮れゆきて、、、、、、軽いE410ですら重く感じてカメラぶれ。
買い物の荷物を持って、よろよろと右手でカシャッでも、
ニコンのVRもレンズでは手振れを防いでくれるのだが、、、、
by pretty-bacchus | 2007-09-01 11:11 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(11)

早いもので、もう八月も終わりだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2007.08.31 金曜日

English Here

 そして葉月の最期の日。
暑い、あつい、、、、といっていたが、少し楽になったのも数日、今日の蒸し暑さはなんだろう。

 なるべく冷房をつけずにいたが、今年は夜も台所の冷房はつけたままのことが多かった。
それが今日になって壊れてしまった。

 人間も機械も同じ、、、、あまり無理をすると壊れてしまうのだろう、、、、、

 ブログのRSSをみたら、皆さん写真と文をアップしてらっしゃる、、、、、偉いな〜〜〜。
私は、コメントの返事もかけずに、またブログ友に感想も書けずに、今日もバタンキュウの感じ、、、、

明日オープンのザ ペニンシュラ ホテルのレポートも、また後で、、、、
a0031363_23263173.jpg
  24階のレストランフロアーから皇居外苑側をカシャッ
by pretty-bacchus | 2007-08-31 23:08 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)