タグ:Tamron16-300mm DiII VC PZD Mac ( 365 ) タグの人気記事

東京はまだまだ桜は満開ではないようです
2017年4月5日 水曜日 晴れ 

 遠くにみえるは幼稚園の桜は八分咲きかしら?
エントランスを出てぐるっと廻ると数分かかるかもしれない裏の裏の幼稚園の桜はベランダからのぞくと
イヌシデの枝の合間に遠くに霞んで見える。
超望遠でスポット測光でかろうじて撮ることができる。

a0031363_17593957.jpg


 都心の開花宣言からもう十日以上たったのに、まだまだ完全に満開とはいえない今年の桜のようで、
明日こそはでかけてみよう。

a0031363_180961.jpg

(今日は九夜月、土手の桜の上に、、、、、、)

 〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 05時22分  : 日の入 18時06分
  月の出 12時16分  : 月の入 01時33分
by pretty-bacchus | 2017-04-05 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)

暗い空にも嬉しいニュースは羽生結弦君が世界最高記録で逆転優勝
2017年4月1日 土曜日 小雨のち曇り エイプリルフール!

 一転、寒い一日となった。
エイプリルフール! ポワソン ダブリル!
子供の頃は、可愛いウソをなんとかつくって両親が喜んでくれるのが嬉しくてしょうがなかったですね〜〜。
母とそんなことをながいことお話しできてうれしいエイプリルフール! 

a0031363_3224451.jpg
(小雨の朝の借景はパリの冬の空みたい!)

 プロ野球が開幕した。<巨人大鵬玉子焼き>の弟と連れ合いは一喜一憂の毎日になるだろう。
今年は、さらにフクさんがDeNAファンとわかり、更なる話題が広がることだろう。
なんとも幸せな男達だ〜〜〜!
勝ったときは何時までもスポーツニュースを何度でも見る。負けたときはどこかご機嫌斜め気味。
あの熱狂ぶりはなんだかうらやましくさえある。

a0031363_3242127.jpg
(午後になっても暗い空だった、、、)

 かくゆう私は、ヘルシンキで開催されていたフィギュアスケート世界選手権に釘付けで、
羽生結弦が世界最高の223・20点を記録して逆転勝利を果たしたライブに拍手と涙!
四回転を四本ともきれいに成功して着氷、美しく完璧な演技を見せれくれた。
自分自身が持っている219.48点をはるかに越えての美しい滑りだった。

滑り終わった時の厳しい表情、そして得点発表を待つときのあの可愛らしい表情!
自身の世界記録を大きく超えた得点が告げられると、感無量の表情を浮かべ大きく両手を天に突き上げた。
英語のインタビューも立派に話して、、、ほんとうに素晴らしい若者だ。
すでに次を思って「もっと練習しないと」自分自身に言い聞かせていたのもイイ!

SP一位だった前王者のハビエル・フェルナンデスも「ミスなくこなしたら彼は無敵だね」と絶賛したという。
<目もくらむような魅力的なスケート>とニューヨークポストも報じたという。

十九歳の宇野昌磨は、僅差で二位となって、表彰台で二人の日本人のワンツウフィニッシュで
メダルを持って微笑む姿はなんとも嬉しい〜〜〜週末!

a0031363_348167.jpg
(遠くからテレビをカシャッと〜〜)

by pretty-bacchus | 2017-04-01 23:58 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日

 寒い小雨の日曜日だった。
 
a0031363_18331235.jpg
(寒さにふるえながらもベランダの花は元気)

 三月場所大相撲の千秋楽は日本中に感動を呼んだようだ。
私たちもついついテレビに引き込まれていた。
新横綱の稀勢の里は、十二日目まで全勝と絶好調だったが、十三日目に横綱日馬富士との取組みで負けて、
土俵下に落ちたときに左肩付近を負傷して救急車で病院へ。

翌日は鶴竜に正面からぶつかるも左腕が全く使えずに完敗。
今日の千秋楽は、左腕が使えない稀勢の里の敗戦を予想していて、大関照ノ富士が有利と
誰もが思っていたようだで、解説の元横綱北の富士は
「無理でしょう。出てきただけで偉い」とコメントしていた。

それが見事に本割と優勝決定戦できれいに連勝し照ノ富士を破ったのだ。
観戦していらしたご両親の目が潤んでいた。
表彰式での君が代大合唱に、途中から稀勢の里の顔は涙でクシャクシャになった。
「自分の力以上のものが出た。見えない力が働いた」横綱の涙に、一緒に涙してしまった。
新横綱での優勝は貴乃花以来二十二年ぶりだという。

優勝が決まってすぐにノリさんのフェイスブックに<稀勢の里♪ にっぽんいち!>
フェイスブックにはコメントをしないと決めているのに、私もついつい書き込んでしまった。

 不安なニュースが多い毎日なので、白鵬が休場で寂しかったとは言え、こうしたニュースは
とっても嬉しい日曜日でした。

 この寒さで桜はまだまだ開き始めないようだ。

a0031363_18341993.jpg
(優勝杯を受け取る姿を遠くからテレビをカシャッ〜〜〜)



by pretty-bacchus | 2017-03-26 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

電柱と瞬時抱擁してから一週間がたち現地にいってみました
2017年3月25日 土曜日 晴れ

 きれいな朝が明けました。 週末っていいな〜〜〜!

a0031363_161984.jpg
(ひよどりじょうごの葉が日に日に大きくなっていく、、、、)

 電柱と瞬時抱擁してから一週間がたった。
人間の体ってすごいなって思うのは、おでこの腫れもひいてきて、眉毛の位置も普通にもどった。
それとともにその下の目尻の周りと頬と鼻にあたりに紫色のヒルがすみついたよう。

眼の周りが隈取り状態になった初期症状の顔をブログでさらしてから数日がたち、ありがたいことに
友人がコメントやメールをくれはじめた。
“これだけで済んで良かったですね〜。目は脳に直結していますから頭は大丈夫でしたか?
相手はコンクリートのこと。衝撃で引っくり返られたのだから、腰も打ち〜の、ひょっとして
引っくり返られた時に手のひらも擦り傷あり〜のではありませんでしたか?“

“ケイコサン絶対にお祓いを受けてくださいね、

“どうしたの? 絶対に変に酔わない貴方だから、酔ったからとは思えないし、、、”

“先々月から同じお店で二度目でしょ、もうその店やめた方がイイデスヨ〜〜! 
もっといいとこ紹介するから、、、、”

 う〜〜〜ん、たしかにお祓いにいったほうが良いかもしれないと思っているが、
その前にやはり現場検証をしておきたい。
ミーティングが終わった後に、新メーターのタクシーワンコインの場所だから出かけてみた。
大通りでおりて細い坂道を左に入ったところに電柱は見えた。
思っていた感じとは少し違う。
お店からあの石段を十段上がった一番上の小さい段差を踏み外したと思ったらどうやらそうではない。
お店の階段は上りきって、右に体を向けて小径に出るところの段差で滑ったらしい。

 同じ靴を履いていたので、その通りに歩いてみた。
な〜〜るほど! わずかに靴底に段差を感じる。
これがすべったのか? そして少し坂になっている方向に重力に従って体がたおれたら
目の前の電柱に左顔面をぶつけたわけだろう。
若いKちゃんは平地でマンホールにつまづいて、そのまま前につんのめって転んだことがあったそうだから、
そうしたらこの坂でどうなっていたのだろう? 考えただけでも怖ろしい〜〜〜。
 それよりも石段を登り切ったところだったら、後ろにひっくり返って石段を頭から落ちる
可能性だってあったわけだ。怖いこわい〜〜〜!

 靴を抜いて靴底をみてみたが、かかとが少しすり減り始めているだけで普通。
もっとも好きな履きやすいウオーキングなので、これで出かけることが多いのはたしか。
靴は毎日履き替えるようにしているが同じような三足をとっかえひっかえで、
昔のようにお洒落靴をいろいろ毎日かえることはなくなっている。

a0031363_145170.jpg
(クリックして拡大すると段差がよくわかる、、、、でもこんなわずかに足をとられたのかしら?)

a0031363_15173.jpg



(このわずかな傾斜が命取り? ふらりとして斜め前の電柱に左顔面をぶつけて、後ろに倒れたのだ)

下まで降りてご挨拶した。
土曜日なので、どうやらお店は静かなようで、そのまま遅い夕食を軽くいただくことにした。
昨日抜栓したというソーヴィニヨンブランをいただきながら、先付けをいただいた後に海の幸サラダ、
アナゴの骨など。
a0031363_154338.jpg

a0031363_191966.jpg


 赤はシャトー・ドゥ・ティルガンの2012ヴィンテージを試飲。優しさあふれるお味に満足。
お肉は<ふくかつ>をいただいてしまった。
最後はお漬け物と筍ごはん。
九時からはバータイムなので、カウンターは満席になって、お隣は今日の<小池百合子塾>から
帰ったばかりの方がお座りになったりと、、、、、都会の夜は更けていきました。

a0031363_194891.jpg


a0031363_1101084.jpg


a0031363_1103361.jpg
(ソムリエ経験のあるオーナー板前と日本酒に詳しい女将はとっても素敵!
お客様が喜んでくださるのが一番嬉しい、、、と、試飲も一緒にしてくださって、、)




by pretty-bacchus | 2017-03-25 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

開花宣言も桜はまだ咲いていません〜〜〜
2017年3月24日 金曜日 晴れ

a0031363_162897.jpg
 (朝の空気はきもちよい春の訪れ)


 ますます酷い顔になってしまった。
電柱にぶつかって腫れてしまったおでこが少しへこんできた顔は、数日後には内出血が出始めて
目尻のあたりがベージュになり、目頭から頬のあたりに隈取りができてしまった。
それが今日にはどす黒いえんじ色になってしまった。

 朝からT病院の眼科だった。
Yさんのおかげていつもより早くに中に通されて検眼、眼圧、OCTでの網膜撮影のあと、
K先生が詳しくみてくださったが、眼の中は無事だったようでまず一安心。
内出血とは数週間でなおるでしょうと、、、良かった〜〜^!
ただ、左目の網膜に以前からあるポリーブが心配なので、来月にはレーザーで処置をすることになった。
先生におまかせするしかない。
 
(先週の十六日木曜日の真夜中、時間で言うと十七日の午前零時半に階段を上った処の段差でよろめき
目の前の電柱に左おでこを直撃、そのまま後ろの倒れてし路上でしばし休憩?)

#IMAGE|a0031363_1903232.jpg|201703/22/63/|right|680|680#]

a0031363_191380.jpg(眼が小さくなって、額が腫れていて眉毛が下がってきて、
目の上もさがってしまって、眼の周りには目尻と目頭から鼻にかけて内出血がでてきて、
歌舞伎役者の隈どりのようになってしまった)




この状態がますますひどくなって黒ずんだえんじ色になってきてしまった。


かなり酷い左顔面です。
#IMAGE|a0031363_1912267.jpg|201703/22/63/|left|523|785#]

 帰りのタクシーで桜のあるあたりを通ってもらったが、開花宣言が出たのに都内の桜は、
いっこうに咲いていない。
このあたりの低い土手の桜もぜんぜん〜〜〜咲いていない。

 ほんとの春よ早く来い〜〜〜〜!

(反対側の土手の桜もまだまだ蕾は小さい)
a0031363_1661768.jpg


(樹下のムラサキハナナもこれからかしら、、、)
a0031363_1681693.jpg

 樹下のムラサキハナナと小さな野草が春を告げていた。
前のお店には寒椿のあとにユキヤナギが満開。

(お隣のお店のユキヤナギは今を盛りと咲きほこっている)
a0031363_1644348.jpg


a0031363_1634469.jpg




by pretty-bacchus | 2017-03-24 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

風の強い日はお家でイタリアン!
2017年3月22日 水曜日 曇りのち晴れ

 朝方から強い風の音。 ベランダのお花が可愛そう〜〜〜。

朝にN先生とお話し、午後にはM先生とKさんとお話してなんだか少し落ち着きを取り戻したような感じ。

 (ガラス越しに借景の木々を楽しめて嬉しいな、、、、)
a0031363_18131899.jpg

a0031363_18134268.jpg
(ヒヨドリジョウゴの芽が、ベランダに三十五年居座る半枯れの達に絡みついて、、、、)

 夕食は家でイタリアン!
昨日の帰りに神楽坂のなかなかのスーパーで求めたお野菜と生ハム。
メインは大好きなフリンジのペンネをタマネギとマイタケを沢山入れていただきました。
美味しかった〜〜〜!

 明日は朝一から遠出をしなければならないので、早く休みましょう。



by pretty-bacchus | 2017-03-22 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

春分の日は、手漉き和紙の金銀市松模様の白と黒の大判で遊んで
2017年3月20日 月曜日 晴れ 春分の日 

 布の趣味も紙ももうやめにしたはずなのに、美しい作品をみるとついつい集めてしまう、、、
困ったことかも知れない。

アワガミファクトリーだよりで、美しい手漉き和紙の金銀市松模様の白と黒の大判が出た。
このアワガミからは時々A4サイズの薄口の雲流とかを購入していて筆で手紙を書くときに使っている。
レーザープリンターにも大丈夫なので、時にはワープロしてプリントして、
宛先のお名前と最後の数行だけを筆で書くときもあったりする。

a0031363_18503879.jpg


 さてこの金銀市松模様の大判の和紙はどういうふうに使おうか、、、。
松川先生のお手本に<寿><華>という字の一文字があったので、何度か練習して少し上手になったら、
T御大の傘寿ののお祝いにさしあげるのも一興かもしれないな、、、、。

http://keico.exblog.jp/23545257/
2017年1月10日 火曜日 曇り後晴れ お習字
松川玉堂先生の二十回目のお習字は<寿>の文字ではじまりました

“お〜〜いいね! いいですよ! のびのびと書いているね、、、” と三重丸をいただきました。
十ヶ月のお稽古の成果が少しづつ出ているのでしょうか?

a0031363_2192428.jpg
(もう少し筆の強弱があったほうが良いと思うのですが、、、)

http://keico.exblog.jp/23586224/
2017年1月26日 木曜日 晴 お習字
松川玉堂先生の二十一回目のお習字は<千字文>と<平成>の文字

 今夜はKちゃん手づくりの特製カレーをYさんの東川のユメピリカでいただこうか。
友人達の輪で食の広がりが大きくなるのはなんとも嬉しい。

#IMAGE|a0031363_18524024.jpg|201703/22/63/|mid|860|573#]

 電柱にぶつけた左顔面は腫れが酷く、眼が小さくなって、額が腫れていて眉毛が下がってきて、
目の上もさがってしまって、眼の周りには目尻と目頭から鼻にかけて内出血がでてきて、
歌舞伎役者の隈どりのようになってしまった。

一昨日ホームドクターのM先生に再度みていただいたが、眼はかなり赤いのだが中ではないようで、
しばらくすると腫れはひくでしょうということでほっとしたが、、、、、
でもワインは控えるように言われてしまった。そうですよね〜〜〜。

酷い顔になってしまった。
#IMAGE|a0031363_1903232.jpg|201703/22/63/|right|680|680#]

a0031363_191380.jpg(眼が小さくなって、額が腫れていて眉毛が下がってきて、
目の上もさがってしまって、眼の周りには目尻と目頭から鼻にかけて内出血がでてきて、
歌舞伎役者の隈どりのようになってしまった)

かなり酷い左顔面です。
#IMAGE|a0031363_1912267.jpg|201703/22/63/|left|523|785#]

by pretty-bacchus | 2017-03-20 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

春本番、ひよどりじょうごの芽が出てきました
2017年3月19日 日曜日 曇り時々晴れ

 春本番の暖かさだという。
曇りの日曜日も静かにできて良いこともある。

四月上旬の気温というが、まだまだ肌寒い一日だった。
でもベランダの植物はちゃんと季節を感じているよう。
仲間入りした鉢の花の手前には、ここ数年癒しをくれているひよどりじょうごの芽が出てきましたね、、、、。
あの可憐な小さな白い花が今年もさいてくれるのだな、、、ってとっても嬉しい!

週末を少し静かにすごせているのもなんとも嬉しい!

a0031363_0172985.jpg


by pretty-bacchus | 2017-03-19 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

ベルジュラック ブラン2016と春野菜と桜エビとそら豆の土鍋炊込飯 
2017年3月16日 木曜日 曇り

 ベランダにやってきた春の花たちはしっくりと自分の場所をつくりはじめている。
寄せ植えには、
と立て札がたっていて、小さなバケツがさがっていてなんとも可愛い。

a0031363_23245281.jpg


#IMAGE|a0031363_23255317.jpg|201703/18/63/|mid|860|573#]

a0031363_23241838.jpg


 近くの小料理やさんにも春がやってきていて、Sさんと一緒にお招きされた。
旬の食材で綴られるお料理は目にも舌にも嬉しい初物尽くしの春の装い。
びっしりと卵を蓄えた飯蛸や香り高い桜海老、ほくほくの筍焼きなどなど。
最後の仕上げは武川の新米土鍋炊込飯で今夜は桜エビとそら豆。

a0031363_161047.jpg


a0031363_1625084.jpg


 ワインは先週フランスから船が入って、サンテグジュペリ伯爵が精魂込めて造った
シャトー・ドゥ・ティルガンのソーヴィニヨンブラン2016とパリの農業博で賞をとっている
メルローの香り高い赤2012。

a0031363_164673.jpg


a0031363_16142042.jpg


 「シャトー・ドゥ・ティルガン」はコンテス・ドゥ・フランソワ=クサヴィエ・ド・サンテグジュペリ
Francois-Xavierde Saint-Exuperyがオーナーのワイナリー。
伝説的飛行家で作家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ「星の王子様」の作者を生んだ伯爵家の一族で、
ベルジュラック地方のワインの造りのリーダーでもあり、歴史と伝統に支えられた家族が一丸となり、
フランスワイン文化を世界に発信している。

 十二世紀にまで歴史をさかのぼる八十数ヘクタールの城内で、有機栽培で葡萄や農作物がつくっていて、
一ヘクタール当たりの生産量を少なく抑えて丁寧に育てられた葡萄は手摘みされ、丁寧に醸造されて
良質のワインが造り出されている。
 
フランスのエコ有機栽培の先端をになっているこの造り手は、なんと十三年前に白ワイン用の葡萄をすべてを
抜いてしまった。土地の改良をし、新しい葡萄を植えて、化学肥料などは一才使わない葡萄造りに励み、
それから八年後にその成果が実り、2011年がファーストヴィンテージ。
2016年は六回目のヴィンテージとなり、ロバートパーカー氏も絶賛している新星ベルジュラック ブラン。
生産量がすくないので、日本には240本しか入ってこないので、昔からのティルガンファンの
ほんの十数人だけの喉を潤すだけ!

a0031363_1655864.jpg


 少し遅くにとても素敵な女性のお一人さんがいらして賑やかになった。
このお店は一流のお料理をだすが、九時過ぎはバータイムになって季節の味を楽しみながらお酒を飲めるので
常連さんが通われるという。
ソムリエの資格をもつオーナー板長さんと、日本酒の利き酒士の女将との会話もまたご馳走なのだろう。

a0031363_1685942.jpg
(イイ飲みっぷりですね〜〜! カウンターにおかれたワインをマクロで撮っていて、
そのままカメラを左にふってカシャッ〜〜〜!)

a0031363_1692762.jpg
(最後はご相伴で一緒に試飲をおねがいして、初ヴィンテージで乾杯!、、、、ありがとうございました!)

 春の宵を満喫してお店の十段の階段を上ったところの低い段差に足をとられたようで、
目の前の太いコンクリートの電信柱に激突、その勢いで後ろに倒れて仰向けに。
少し坂になっている路上にしばし横になってしまい唖然!
頭はうたなかったようだが、額にこぶができたよう、、、。


by pretty-bacchus | 2017-03-16 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

寒い午後に悲しい知らせが着きました
2017年3月14日 火曜日 小雨のち曇り

 寒い一日だった。
北の国ではまた雪がやってきているという。シカゴ、ニューヨークでも大雪とか。

a0031363_074333.jpg


 下の弟の奥さんが亡くなった。五十九歳だった。
二年前に胃がんの手術をした後、元気になったのだが去年に再発。
今年になって何度かの危機を乗り越えていた。

 一昨日元気な話していたというのに、ガンの最後はこんなふうなのだという。
遠くにいたので長い間会っていないが、最後にあったのは十年前のお正月であった。
二人の娘は大学一年生と四年生。
お母さんに最後にあえたのは下の子の和奈ちゃんだったようで、ゆみこちゃんはまにあわなかったよう。
“パパ怖いよう〜〜怖いよう〜〜”と電話口で泣いていたと話す弟の声も声になっていなかった。
心から冥福を祈ろう。

 (ブログに残っている十二年前の写真があった。
イタリアに出発する私を空港で母と一緒に送ってくれたときのスナップ)

http://keico.exblog.jp/2324633/
2005.10.15
新しきことの初めの秋きたり(母に送られて出発)

a0031363_016186.jpg


a0031363_2351515.jpg


 ベランダにやってきた春の花も寒そうな一日だった。
ガラス越しにいろいろ考えて、、、、の午後。

a0031363_064967.jpg


a0031363_074333.jpg



More>>>
by pretty-bacchus | 2017-03-14 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)