タグ:Tamron16-300mm DiII VC PZD Mac ( 369 ) タグの人気記事

突然にやってきたメールの件は突然に終わった
2017年5月22日 月曜日 晴れ (遡って)

 今日も真夏日! 午前八時には二十五度をうわまわっていたというから、
ほんとうに地球はどうなって今っているの?

 先月下旬の起こったちょっとした事件がまだ終わっていない。
突然のメールと同じように、最後のメールもあっけないほどで、この三週間はいったいなんであったのかと
思ってしまう。
さんざんに相手を悩ませて、取り締まり会で決まりましたからと、自分達の方針を述べて
この件はお終いという一本のメールで、セフィニ。
一部上場の会社が、こんなことで多くの人を悩ませているとしたら許せることではない。

 でもこの三週間は、私の甘さを反省する機会にもなったし、これからのことを再考するよい時期と
なったかもしれない。

 相談した何人かの方々には数日かけて報告行脚をしなくてはならないから
忙しい一週間になりそうだ。

http://keico.exblog.jp/23862717/
(2017年5月2日 火曜日 晴れ
突然ふりかかった事件には心優しくいどむことにしました 

(あれ〜〜〜雀がやってきた、、、、カシャッとしたが間に合わなかった)

a0031363_02420.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-22 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

お見舞いの極意を教えてくださった好子さんを想って
2017年5月20日 土曜日 晴れ 立夏の最後の日は暑い一日でした

 真夏日ですって!
今からこう暑くてはかないませんね、、、、、。

 借景の庭の奥のアオギリの緑がどんどん大きくなってきた。
最盛期よりも寂しいが、それでも大きな手のような葉がふえてきて、
毎日そとをみるのが楽しみになっている。

 Sさんのお見舞いで表参道の病院へ。
甲状腺癌で入院なさっていて、それでもとてもお元気そうで一安心。
癌の中でも一番進行が遅いのだそうで、彼女はけろっとしている。

 お見舞いは、マイコレクションのうちから、美しいガラスの器に入ったオーデコロンと
友人のお花屋さんにお願いしてバーガンディー色のバラのプリザーブドフラワー。
“ま〜〜〜嬉しい〜〜ラリックかしら? さすが!” と、香水好きの彼女は喜んでくださった。
“ガラスの瓶のフォルムを病室で楽しんで、もうすぐ退院ですからお家に帰ってから香りを楽しみますね〜〜。

 病室ではもちろん香水はご法度。それに水を足さねばならない大きな生花もご迷惑。
香りがつよいカサブランカなどはもちろんダメ。
香水瓶をオブジェとして楽しんで、退院してからゆっくりとその香りを楽しみながら自宅療養なのだそう。
(私は香水瓶は好きだが、香水をつけないのだが、それはそれとして)

このお見舞いの極意をいただいたのは、もう二十数年前に藤沢好子さんからだった。
本田技研の創始者の一人の藤沢武夫氏の妻、藤沢好子さんが、六本木の美術商「高會堂」でくりなす
洋と和と着物の世界は、当時世界中を仕事で訪れていた一人の日本女性を、
父母とは又別の日本美の世界にひもといてくれていた。

 プリザーブドフラワーは、今やあたりまえになっているが、その当時はまだまだ珍しかったので、
看護婦さん達が入れ替わり見にいらしたりしてくださって病室は明るくなったのを、よく覚えている。

好子姉のお見舞い時のお召し物も、あまり地味な黒とかグレーではなく、あかるい少し華やかに
みえるもののほうが、病人はほっとするでしょうと、それはそれはさらりとしっとりとした薄紫の和服で、
羽織をはおっていらした。

 Sさんは、何も説明しなくてもわかってくださってほっとしたが、でも日本ではまだまだ、
このユニークなお見舞いの極意をわかっていただける方は少ないようで、
先だってもとんだ誤解を生んでしまって、ブログにまで常識がないと書かれてしまって、ちょっと悲しい。

 立夏も今日まで。明日は小満。
<暦便覧>によると 万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る
陽気がよくなり、草木などの生物が次第に生長して生い茂るという意味だそう。

借景の梧桐の葉も日に日に大きくなってきた。

a0031363_22323664.jpg
(ガラス越しにも緑が踊る、、、、、、)

 
http://keico.exblog.jp/6606885/
2007年12月26日 水曜日 曇り
「ドコモ、グーグルと提携」に踊る

http://keico.exblog.jp/7123842/
2008年5月18日 日曜日 晴れ
浅草神社の浅草三社祭と浅草見番での「くみ踊り」

http://keico.exblog.jp/7796724/
2009年1月6日 火曜日 はれ
2009年の年の初めに思ったこと

http://keico.exblog.jp/9689833/
2010年1月17日 日曜日 晴れ
メメント・モリ、そしてテレビで美術鑑賞

http://keico.exblog.jp/12113105/
平成23年2月13日(日) 曇り
凍つる夜入院案内読み返し

http://keico.exblog.jp/16932049/
2012年12月5日 曇
中村勘三郎さんのご冥福をお祈りします

http://keico.exblog.jp/20698495/
2015年1月9日 金曜日 晴れ
母との話しは戦後七十年の日本の歴史そのもののようだ

http://keico.exblog.jp/21783561/
2015年10月26日 月曜日 晴れ
京都国立博物館 で<琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る>を鑑賞
平成27年10月26日(月) 京都の日記
by pretty-bacchus | 2017-05-20 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ガラス越しに緑を愛でてマックでお仕事
2017年5月15日 月曜日 雨のち曇り

暗い朝。
週の初めがこんなに暗いとつらくなるが、やがてだんだん空気が広がってきたようだ。

 フランスとのメールのやりとりで少し疲れているが、マックの画面とガラス越しの借景の緑を
交互に見ながら一日を過ごした。

a0031363_18523740.jpg
(三十六年の間に借景の庭の木は大きくなって、左のイヌシデと右側の常緑樹のあいだが小さくなった。
そのあいだを鳥たちが鬼ごっこをするように飛び回っている)


 オナガに荒らされたベランだの柵のゼラニュームとガーデンシクラメンもだいぶ元気になってきた。
都心ではこんな小さな鉢の彩りでも嬉しいしありがたい。

 今週も頑張っていきましょう、、、。

a0031363_021761.jpg
(ガラス越しに緑を愛でて、、、、、、、、)
a0031363_0215471.jpg

by pretty-bacchus | 2017-05-15 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

曇りの日曜日に朝顔が咲きました。
2017年5月14日 日曜日 曇りのち夕方に晴れ

 遠きにヘリコプターの音で眼が覚めた。
防衛省にむかっているのだろうか、、、、。

 まだ明けやらぬ朝におきだした。
テレビをつけたらテロップが踊っていた。
<北朝鮮が弾道ミサイル発射 韓国新政権下で初>というニュースで一日が始まった。

 騒がしいニュースの日曜日だったが、借景の緑と遊んで静かにすごせた一日であった。

a0031363_13142745.jpg
(暗い日曜日!)


(午後になって陽が射してきた)
a0031363_1315268.jpg

(あら? カネノナルキに紫の花が。何かしら? 撮って拡大してみたらなんと朝顔でした。
去年の宿根草の朝顔がもう咲き始めたのかしら?)

a0031363_13202189.jpg


a0031363_13193636.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-14 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

満月の沈み行く月を愛でて、BYOINからBIYOINへ
2017年5月11日 木曜日 曇り 病院 BYOINからBIYOINへ

 昨夜は疲れ切って食事の後バタンキューだったので、真夜中すぎに眼が覚めた。
午前三時半すぎ、、、、カーテンの隙間から強い月光が差し込んでいて起きだした。
リヴィングのカーテンはあけたままだった。
今夜は昨夜の満月の続き?で、月の入 04時26分なので、西に落ち行くまえに夜半の東京を
照らしてくれていた。

雲が流れてほんの一時の月見のスナップ。
ガラスにカメラをくっつけて手持ちで真夜中に遊んでいるって、、、、おかしいですね。
あれよあれよというまに沈みいき、ソファーでうとうとする内に白々とあけてきてしまった。

a0031363_0161474.jpg


a0031363_0172616.jpg
(遠くに新宿のネオンがみえる、、、)

a0031363_0185419.jpg
(電線月がかかって、、、)

a0031363_0203778.jpg


a0031363_0233464.jpg
(am4:15)

a0031363_0222071.jpg
(am4:16)

そして、、、、
a0031363_0244589.jpg
(am5:05))

 午後一から病院。
半年に一度の検査で、採尿、採血、16列CTと何カ所かをまわって最後はエコー。
一時間ほどで結果がでて、
“大丈夫ですね。再発も転移もありませんね。と先生。
次回十一月の予約をいただいてぐったりとして夕方のロビーへ。
こうして何かがでてくるまで年に二度の病院通いと思うと複雑な気持ち。

a0031363_0261161.jpg(病院のロビーからの定点観測かな?)

 久しぶりのチーバスにのってけやき坂まで。
軍艦のようなルイヴィットンのビルにけやきの緑が映えて東京の緑を楽しんでタクシーの人に。

a0031363_0273217.jpg

(けやきの緑が美しい!)
a0031363_0282149.jpg


 BYOINからBIYOINへ。
ゆっくりとマッサージシャンプーをしていただいて、若い彼女たちと話をしながらの癒しの時間。
“夏前に少し短くかっとしましょうね、
“はい、よろしく〜〜〜〜。

 今夜は十六夜、まだ見えない時間に帰宅することができたが、もう疲れて疲れて、、、、
軽い夕食のあとは寝室へ直行でした。

a0031363_0285989.jpg
(帰りの空も真っ青でした)

 〜〜〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時39分  : 日の入 18時36分
  月の出 18時49分  : 月の入 05時01分
by pretty-bacchus | 2017-05-11 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

フランスに新しい若き大統領が生まれました
2017年5月8日 月曜日 晴れ

 フランスに新しい歴史が生まれた。
フランス大統領選で、極右国民戦線のマリーヌ・ルペン候補を抑えて、中道系独立候補
エマニュエル・マクロン氏が選ばれた。
三十九歳! 歴史上もっとも若い大統領が誕生した。
大政党に属さない大統領誕生も、1958年以降の現在の第五共和制では初めてとのことだという。
フランスはEUにとどまることを選んだことになる。

明け方前に速報メールがついた。
差出人: 日経速報メール
件名: 仏大統領選、マクロン氏の当選確実 現地報道
日時: 2017年5月8日 3:12:07 JST
日経速報メール 
http://www.nikkei.com/

その後もネットニュースが続いた。
トランプ氏「共に働くの楽しみ」とツイートしたという。
大政党とは一線をかくし、議員経験もなく、中道で派閥もなく、仏でも傍流リーダーだといわれているという。

 明けて、日本の各局のニュースでは、二十五歳年上の妻のブリジットさんのことをたくさん報じていた。
十五歳の時に知り合った高校の先生だったのだそう。すでに三人の子持ちだったというのだから、
何だか楽しくなる。
友人は、二十五歳年下の男性達を考えて、今夜はワインを飲んだと言うから、、、、とんんだことだ。

 議員経験はないというが、彼の経歴をみて驚いた。
先生との交際を案じた医師のご両親が、アミアンからパリの高校に転校させて、
そのあとは名門エナENA (エリート官僚を養成する国立行政学院)で学んでいるのだから、、、。

投資銀行出身でロスチャイルド家などの顧問もし、あの経済学者ジャック・アタリ氏を通じて
政財界に人脈を築いて、12年にオランド大統領の顧問に抜てきされたた後、
2014年のオランド政権で閣僚となり経済産業デジタル相。

日曜労働の規制緩和などを盛った法律(通称マクロン法)成立をも関係して、2016年に
超党派の政治運動「前進」を立ち上げ、閣僚を辞めて大統領選挙に出馬したのだそう。
趣味はピアノとなんとも嬉しい。

 夜にルーブル美術館前庭で行われた勝利演説をユーチューブで見た。
三色旗と国歌マルセイユーズの演奏のなかを進みゆっくりと登壇。
陣営と観衆にお礼のあと、“ジュ ヴ セルヴィレ”を最初に、いくつもの内容を繰り返した。
ジュ ヴ セルヴィレ、謙虚に力強く職務を全うします。
ジュ ヴ セルヴィレ、共和国の三つの理念に<自由平等博愛>に忠実であり続けます。
などなど、、、。
最後は、
“ヴィーヴル レピュブリック
“ヴィーヴル ラフランス、で演説を締めた。一分ほどの演説だがなかなかよかった。

前途多難なことだろうが、若さとファーストレディーの<先生>と一緒に頑張って欲しい。

 三十度にせまる夏日の午後だった。
日笠をさして歯医者さんへ。


a0031363_22481572.jpg
(緑が美しい季節になった!)

a0031363_22492643.jpg




by pretty-bacchus | 2017-05-08 23:54 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

緑の週間はどこへも出かけずに終わってしまいました
2017年5月7日 日曜日 晴れたり曇ったり

 ゴールデンウィークの最終日。
結局どこにも出かけずに一週間がすぎてしまった。

このあいだにも借景のイヌシデの枝は葉を広げて遠くがみえなくなってきた。
住み始めた頃は木のてっぺんがようやく見えたくらいの此ノ木は、三十六年のあいだに
どんどん伸びていまや上が見えなくなってしまった。

イヌシデは借景の家の庭の一番左にあり、その右の奥には梧桐、そしてずっと右には名前が知らない
大きなきがあって、その間を鳥たちが行ったり来たり、、、、。

ベランダに出て下をのぞくと椿や梅の木が季節の彩りを演じてくれる。
庭の奥にあった桜の木は数年前に切られてしまって今はない。

いつもは四月の終わり頃には葉芽を出し始めていたこぶこぶの梧桐の木は、ここ数年毎年おそくなって、
今日のなってようやく緑の色をだしてくれた。

 ソファーにぼっと座ってガラし越しに季節のうつろいをこうして愛でられることはほんとうに嬉しい。
いつまでもこうしていたい、、、と思ってしまう。

a0031363_4212179.jpg

a0031363_42329.jpg

 友人達も東京ですごした人が多く、この時期のフェイスブックを楽しく拝見している。
眼科でお世話になっているYさんの今日のフェイスブックの書き込みは、

 永遠の命も職場の命もない。
 それが私たち。職場はあと9年がリミット。
 「何をすべきか?」それを考えて動いています。
 人生にも、職場にも何でも「終わり」はあるので、そえを考えて、今を動いている。
 次に繋げたいな!!


 私もそろそろ終活をしなければいけないと常々思いながらいっこうに進んでいない。
今回の青天の霹靂のことは、あと何年か後には考えなければならないと思っていたことだが、
こんなに急に一本のメールで波立ってくるとは思ってもいなかった。

 いま私がしなければいけないのは、今まで築いてきた事をどんな風に引き継いでいくか、
そして造り手のことを第一に考えて事を進めないといけない思うのだ。

 明日からまたばたばたしそうな感じ、、、。
もう少し頑張っていきましょう。

a0031363_4204288.jpg
(いつもは四月の終わり頃には葉芽を出し始めていたこぶこぶの梧桐の木は、ここ数年毎年おそくなって、
今日になってようやく緑の色をだしてくれた)



by pretty-bacchus | 2017-05-07 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

黄金週間はぐったりとしてベットの上でした
2017年5月5日 金曜日 晴れ 母の誕生日

 この晴れた黄金週間にぐったりとしていてどうするの?
って、鞭打っても体が動きやしませんね〜〜〜。

 何もする気が起こらずに、というより寝ても寝ても眠いたいので、その上
工事の音がしないのでゆっくりと寝られて、ベットの上で過ごした時間が多くなってしまいました。
おしりペンペンです!

 夕方になって、さて夕食は?
冷蔵庫には何も無いし、行きつけのお店はぜ〜〜んぶ閉まっているようで、さて困りましたね〜〜〜。
昨日土手の道であったイタリアンのオカダシェフに電話したら、“いいですよ〜〜お届けしますよ、
ですって。ありがたい〜〜〜です。
鎌倉野菜いろいろ、ピクルス、生ハム、そして大きなピッザマリナーラをとどけてくださったのです。

 グラッチェ!
明日は器を返しにうかがいましょうね、、、、。

a0031363_17284669.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-05 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

突然ふりかかった事件には心優しくいどむことにしました
(2017年5月2日 火曜日 晴れ 

 借景の緑にいやさせて深呼吸!
借景のイヌシデもすっかり緑になりました。
a0031363_0231895.jpg


 午後は久しぶりにピンんとして出かけた。
濃い紫のCジャケットをきて、左胸にはパールの大きな葡萄のブローチ、でも履き物はハイヒールではなく
あえてあのウオーキングシューズ。
a0031363_2053977.jpg


 若い頃から百戦錬磨?!
いろいろの経験をしてきた。それもほとんどが女性一人で!
逆単身赴任でパリの駐在にでたことからして四十数年前には希有なことだったに違いない。
両親や友人は羽田空港国際線ターミナルの出発ロビーで万歳三唱!

 オルリー空港とシャンゼリゼの二階のカウンターでは、ずいぶんパワハラにもあった。パリでのエリーゼ宮やピエールカルダンのマキシムでのレセプション、そしてメリディアンチェーンのアジアパシフィック代表としての何十回の出張。
アブダビやクウェイトでのアラブの王様のレセプションにも、ぴしっとして<日本女性>をはってきた。
大使や経済界や駐在の方々を前に英語と日本語でスピーチをしたりもしたり、、、、。

エールフランス&メリディアンチェーンの仕事をやめてからはもっと羽ばたいた。
フランス社交界でのすてきな会にも沢山経験があるし、、、、
ワインの造り手の方々との沢山の友情にも恵まれた。エージェントの交渉もいくつもしてきた。

 何も恐れることはない、、、、いままでの経験があるではないか。
今までのいろいろな経験がなぜこんなにも鮮明に思い出されるのだろう?
それらをひとまとめにしたものよりもっと重い事ってあるだろうか、、、。
でも今のワタシがこの年齢で、一部上場会社へ仕事の交渉にいくのはちょっととまどっていた。
とても怖かったのだ。
でも同じくウィンタースポーツ用品の日本への開発&輸入で百戦錬磨の<社長>と一緒だから大丈夫!

 午後三時に高輪の会社を訪ねた。大きなきれいなビルの吹き抜けのエントランスには
二人の若い受付嬢!高いハイヒール!
四十年前に設立された大坂の会社は、今では大阪東京での一部上場会社となっている。
最初に突然メールが入ってからの三日の間に、造り手さんともいろいろ相談したが、
結論は今後も私につづけていって欲しいといわれて感涙。

でもそれだけでいいのだろうか、と考えていた。
五年先、十年先を考えて、造り手のことを考えて、そして日本の少し乱れている今のワイン業界のことを考えて、
今回のことを解決しなければいけないと強く思っていた。

 受付をとおり二階の会議室へ通された。責任者の男性とアシスタントの女性。
挨拶、名刺交換などのあとに、まず、なぜ急にこの造り手に興味をもったかをお訪ねした。
理由は驚くようなことだった。(ポカ〜〜〜ン!)

 いままでの私たちのことを話し始めた。これを避けては最後の結論には誘導できないような気がしていた。
それぞれの造り手のワインへの思いを日本の方に伝えながら、その文化的背景もいっしょに、
限られた数しか入らないので限られた方がただけへその楽しみを味わっていただいていくのは素敵なことで、
それが守られてきてきていた、とも。
でも今後は今の社会にあった取り組み方も可能なのかも知れない、とも。

 最初のメールでの上から目線とは違って、お二人はお話しのわかるチャントした方だった。
大きな会社には素晴らしいスタッフがいるのだなあ、、、と妙に納得。
だんだんうちとけてきて世間話もいろいろしてしまった。

いくつもの可能性を一緒に考えて、三社によい落としどころを見つけようと手さぐりしてみた。
最終的は取締役会にかけなければならないということで、こちらも造り手ともう一度話さねばならないし、
今までの愛好家さんとも弁護士さんとも話をしておきたいので、今日は退出。
晩春の夕陽がまだぎらぎらしていた。

 仕事はその会社の名前や大きさだけではなく、担当の方の誠実さにかかっていると言うことは明白。
その良い例を今日はみたような気がする。
(Kさんの、ケイコサン甘いですね〜〜〜という声が聞こえるようだが、、、!)

a0031363_3173436.jpg


 大通りの緑もでてきて、夜の月が天空に舞っていた。
もう少し続けていこうと決心したのは、母の一言だった。

“ケイコサン、今までの経験があるでしょう! 今やめてはいけないと思いますよ。
“仕事だけではなく日仏文化交流も沢山してきたでしょう、、、覚えていますよ、
日本文化をいくつもひっさげて一緒にニースで<第一回日本伝統文化週間>を成功させましたね

そうだ、あの時は、ギャラがあわないと突然超有名人がキャンセルしたあと、宙に浮いていたその催しを
母とお弟子さん達が助けてくれたのだ、もう三十六年も前のことを母はよく覚えていてくれた。
日本から、華道、茶道、日本舞踊、陶芸、押し絵羽子板、和装など伝統芸術の方々が自費で参加してくださり、
エーフランスジャパンとホテルメリディアンチェーンの共同での<第一回日本伝統文化週間>が
あの<ブルバール・デ・アングレ>とニースメリディアンで盛大に行われたのだ。

フランスでも取材を受けて、その後の文化交流に大きな影響をもたらしたと聞いている。
(そうだ最初のミーティングでは、当時ハリウッド女優と浮き名を流していたジャックメドゥサンニース市長と
長いこと話したのを突然思い出した〜〜〜〜)

私がメリディアンチェーンのアジアパシフィックシステム代表としての最初の大きな仕事だったかもしれない。
このあとアジア、中近東、アメリカとその後病に倒れるまでの六年間を一日もやすまず
日本と世界を駆け回ったのだった。

 九十七歳の母は強し! ありがとう、ママ!
まだ交渉は大変だろうが、もう少し頑張ろうと思えていた。

http://keico.exblog.jp/5483900/
2007.04.25 水曜日 雨
四半世紀 昨日の如くか夢なりか

 四半世紀前の記憶が蘇ってきた。
年をとった証拠だな〜〜〜昔のことが懐かしく思われるのだから、、、、、
a0031363_21394960.jpg

アラブ首長国連邦で仕事をしたときの新聞。
THE GULF NEWS 、1982年3月13日 土曜日のアブダビの新聞。
中山大使とJALの有賀支店長の間のほそ〜〜〜い女性は誰あろう私自身。
目をつぶってしまっている、、、、
a0031363_23292228.jpg
(右は外務省からの中山大使と左は日本航空の有賀支店長。私はこのレセプションの為に、
紺地に濃い渋朱色の切り替えの中に更紗模様を描いた着物をデザインして創った。
それにしてもなんと細かったか〜〜〜目をつぶってしまっていて残念、、、)

http://keico.exblog.jp/5485974/
2007.04.26
つづき、オンリーイエスタディーMemoires du Voyage-Arabu

http://keico.exblog.jp/10694394/
2010年5月26日 水曜日 曇り後雨
中東への出張☆回想のわが巴里の街 1980~1990

http://keico.exblog.jp/11641299/
2010年11月29日 月曜日 晴
朝に散り夕べに散りて黄葉逝く>>朝に散り夕べも散りてゆく黄葉

http://keico.exblog.jp/14153200/
2011年12月11日 日曜日 その一a0031363_21252852.gif
☆回想のわが巴里の街1965~1973 ーシャンゼリゼ

☆回想のわが巴里の街 ーシャンゼリゼ
a0031363_9423869.jpg
  (2008.12.19 遥かにかすむ凱旋門、シャンゼリゼ通りを横切るときに、窓越しにカシャっと)

http://keico.exblog.jp/14175732/
☆回想のわが巴里の街1980~1990
☆回想のわが巴里の街1980~1990 〜メリディアンチェーン
2011年12月13日 火曜日a0031363_21252852.gif

http://keico.exblog.jp/20339858/
2014年10月31日 金曜日
四半世紀前の仕事ライフと十五年前の巴里を

by pretty-bacchus | 2017-05-03 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

五月になりましたね、少しだけ衣更えをしました。
2017年5月1日 月曜日 曇りのち小雨

 五月になった。
皐月! 緑の月! 気候不順でのびのびにしていた冬物夏物の入れ替えを始めた。
午後の陽がさんさんと入るガラス越しに、冬もののコートやカーディガンをほして、
ぱたばたはたいてからハンガーに掛けて寝室脇のお納戸につるす。
その昔は、それに着物が加わったのだが今は洋服だけで、なんだかほっとしているような寂しいような、、、。

 相変わらず何十年も前のパリ在住のときにもとめたジャケットが健在で愛用しているが、
さすがに太ってスカートとズボン類はダメ。
それにしてもズボンという言葉はいまでは死語のようで、美容院でその話をいたら若い美容師さんがクスクス。
聞いてみたらなんと、ジョガーパンツ、アンクルパンツ、カットソー、スカンツ、レギンス、
これも死語のパンタロン。最近はドレープワイドアンクルパンツ、クロップドレギンスパンツが
はやりというから全くわからない世界になってしまった。

彼女たちのおすすめで、さっそくユニクロで夏色のドレープワイドアンクルパンツ、
クロップドレギンスパンツ(各2,990円)をクリックしてみた。
どんなのが来るか楽しみ!
“アンバランスがすてきなんですよね、、、ユニクロのパンツにシャネルのジャケットなのですから!
と彼女たちからは半ば馬鹿にされたり時には羨ましがられたり、、、、。

 急なことで、午後は少しスーパーマーケットを探索。
疲れ切って最後は美容院へ直行。
こういう時は気持ちよくシャンプーしていただいてきれいななるのが一番幸せ〜〜〜!

a0031363_1212116.jpg

(借景の緑もすっかり五月!)
a0031363_1215492.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-01 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(3)