タグ:Sony NEX-5NK ( 177 ) タグの人気記事

デング熱に殺虫ミントスプレー、夜は二種のミントのモヒート
2014年9月6日 土曜日 晴れたり曇ったり

 熱帯夜再来で早くに起きてしまった。
温暖化故か日本にはなかったのに患者数は増え続けていて、代々木公園、新宿中央公園、明治神宮外苑
千代田区の外濠公園でも感染の疑いが判明した。
この外濠公園は四谷駅のすぐ裏から細長く市ヶ谷の方まで続いていて、春には桜のきれいな公園。

http://keico.exblog.jp/20160317/
2014年9月2日 火曜日 晴れ
アメリカンブルー咲くベランダに蚊がやってきました

 日テレに出ていたタレントが代々木公園での収録後デング熱にかかって何十個所もさされて高熱・発疹・
かゆみ、痛みで大変だったそう。防虫対策しないで収録していたのだろうか?

感染疑い一帯で蚊の駆除作業がおこなわれて、逃れた蚊は近隣にやってくるというからおお怖い〜〜。
新宿御苑ではしばらく閉鎖が発表された。
とすると皇居の森や吹上御所、赤坂御所の緑地が心配になってくるのだが、、、。
ヒトスジシマ蚊の寿命は30~40日くらいとのことで、桝添都知事は三ヶ月位で収まるとの見通し
というが残暑がまだまだ続くだろうから、心配だ。

 朝の撮影や沼地近くでの撮影に良く出かけられる函館のゆうこさんからメールを頂いた。
問題の蚊は昼活動するタイプのようで、撮影にはいつもご自分でつくった殺虫ミントスプレーを持ち歩き、
蚊やダニ予防の衣服をきているという。さすがだ!

 午後から黄金桃のカードを創って宅急便ぎりぎりにまにあってホッ〜〜。
雨が降り始めたころにSさんからの相談事で出かけた。
赤ワインで夕食が終わっていたので、食後のカクテルは二種のミントのモヒートを。
丁寧に用意されるカクテルは美味。(このミントで蚊撃退に効くいてくれると良いのにな^〜〜)
お隣ではロイヤルサルートのオンザロック。
雨音が強くなった週末は大人の時間となりました。

(二種のミントのモヒートを造る、、、氷でグラスを冷やしておいて、、、
二種類のミントをすり下ろし、モヒートも二種類いれる)
a0031363_319539.jpg
#IMAGE|a0031363_3193049.jpg|201409/07/63/|mid|984|642#]

a0031363_320484.jpg


a0031363_3202319.jpg


(フランシスダローズ1964も残りあとわずか、、、)
#IMAGE|a0031363_325542.jpg|201409/07/63/|mid|456|684#]


(ホサカさんは今夜は昔懐かしいカントリーウェスタンを、、、)
a0031363_3294186.jpg


 Sony NEX-5NKに昔々のコンタックスG1/G2時代のビオゴンをつけて遊んでみたが、
この暗さで手持ちでは無理でした。




by pretty-bacchus | 2014-09-06 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(1)

友人の果樹園からの葉のついた黄金桃と林檎
2014年9月4日 木曜日 曇り 

 果物の香りとお味でこんなにも癒されたのは初めてかもしれない。
令子さんからの宅急便をあけてビックリ!!
今年初めての収穫の<ハナモギ>と<ガラモギ>と呼ばれる最後の収穫と二度も黄金桃をいただいたが、
最後のいくつかが見事に色づきましたというお手紙が添えられた黄金桃!
なんと深緑の葉っぱがついたのもある。
林檎の葉とはまた違った感触をそっと手に取りいとおしむ。

 先月末の収穫で残され樹で熟した林檎の<さんさ>と<つがる>も入れてくださっていて、
なんだかうるうると涙してしまっている。
果樹園という大変なお仕事の造り手さんのお顔がみえるこうした果物って、スーパーで求める果物の
何十倍も心豊かになる。
天の恵み大地の恵みと、造る方の愛情がひしひしと伝わってきて脳内モルヒネが全開するのかもしれない。

お手紙の最後に、
、、、来年このように葉っぱの付いた黄金桃をお送り出来るかしら?・・何の保障もない・・と
思ったら お送りせずにはいられなくなりました。
対照的な「桃とりんご」同時にお送りできるのも今だけ!エイッ!・・と、、、。
東北の初秋を感じていただければ嬉しいです

このなにげなくも奥深い数行には、きっと言葉にはならない沢山のご苦労と自然の厳しさを乗り越えての
彼女とご家族の崇高なお気持ちが込められているに違いない。
来年も再来年もの秋の豊穣を願って手を合わせた。 
(りんごの花枝の先には小さな芽がついていました。
きっと来年の命への芽なのでしょう!)

 フランスからは数日前から始まった葡萄の収穫のニュースが届いた。
彼女が大好きなシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーもあの二ヶ月ほどで
海を越えて日本に着く。
今年も一緒に五穀豊穣を感謝して杯をあげることができるだろう。

 黄金桃を黄金色の和紙のもみ紙の上にのせて写真を。

a0031363_5591842.jpg


#IMAGE|a0031363_604637.jpg|201409/05/63/|mid|984|657#]
a0031363_1272541.jpg


葉のついた林檎は、
http://keico.exblog.jp/20153971/
2014年8月31日 日曜日 曇り
「つがる」「さんさ」新種のりんご<メルシー>

a0031363_2264539.jpg



http://keico.exblog.jp/20109405
2014年8月18日 月曜日  晴れ
今年も見事な黄金桃をお送りいただきました

http://keico.exblog.jp/20133095
2014年8月23日 土曜日 曇り
猛暑の夜は<はなもぎ>の黄金桃でベリーニを!




by pretty-bacchus | 2014-09-04 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

Sony NEX-5NKにCarl Zeiss Biogon T*21mmF2.8
2014年9月3日 水曜日 曇り

 何もしないで夏が過ぎていってしまった。
こんな夏ははじめてかもしれない。
猛暑をいいことにレイジーな夏を過ごしてしまったことに焦燥感がたえない。
そして歳をとるということをじっとりと実感してしまった今年の夏であった。

 心身共に健康なうちに頭や脳が衰え始めないうちに、しておかねばならないこと、
しておきたいことが山ほどある。
なにから手をつけようかと大まかな計画をたててわかっているのに、それが何にも出来ていない。
異常気象の夏だったからなんてその理由にはならないではないか、、、。
倦怠感>焦燥感>自己嫌悪感>厭世観がぐるぐると渦を巻きながら、鬱々とうとうととしながら
朝方になってしまった。

 遠くに虫の声が聞こえているまだ暗い内から起きだしてしまった。
ふと目がいって、どういうわけか中途半端になっている一隅のカメラの整理を始めてしまった。
銀塩時代のカメラは数年前の二月の雪の日に、そして去年のある日に再度今までのカメラ&レンズの
整理をして、コンタックス関係は友人の美術大学講師に、他の諸々は初めての経験のMカメラで処分した。
今手元に残っているのは現役だけのものにしておきたかったのだ。
ただ、父からのライカ二台とレンズ数本とコンタックスG1/G2とホロゴンを含んだレンズ群は
まだ手元にある。スコットさんといろいろ話したのが懐かしい。

スコットさんと岡半2009年7月11日 土曜日 晴れ
http://keico.exblog.jp/8620293/
「オリンパス・ペン E-P1」マイクロ一眼が届きました。

 オリンパスカメラやソニーNX5Nにマウントアダプターを付けて遊んだこともあったが、
そのままになってしまった。
LEICA SUMMILUX 35mmF1.4が一番気に入ったが、エルマーは使いこなせない、、、。
(Leica Elmar 50mm F3.5、Elmar f9m 1.4 エルマー)

http://keico.exblog.jp/13345638/
2011年8月22日 月曜日 曇り LEICA SUMMILUX 35mmF1.4をつけて
LEICA M+E RAYQUALマウントアダプターにLEICA SUMMILUX 35mmF1.4をつけて

 EマウントにG1/G2のレンズ用のマウンドアダプターが出たが、小型のソニーNX5Nには
ディスタゴンは大きすぎ重い。ホロゴンを付けたいがこれは不可能なよう。
よってコンタックスG1/G2のレンズのチョイスは
Carl Zeiss Hologon T* 16mm F8
Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8
Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8
CarlZeiss Planar T* 35mm F2
CarlZeiss Planar T* 45mm F2

http://keico.exblog.jp/13263989/
2011年8月11日 木曜日 晴 猛烈な暑さ
マウントアダプターで銀塩時代のレンズと遊んで

a0031363_23463465.jpg

ガラス玉 一瞬の光にも うごめいて 
2008年6月27日 金曜日 曇り後一瞬晴れ
Tags:#EOS 20D #CarlZeiss Planar50mm&MacroPlan #ツアイスレンズ用マウントアダプター

a0031363_033779.jpg


a0031363_1633135.jpg
http://keico.exblog.jp/7204366/
2008年6月12日 木曜日 雨あめ 

 暗い借景にカーテンがやけに白くみえるまだあけやらぬ時間から遊び始めて、
やがて曇りの一日がやってきた。
Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8は好きなレンズだったが、オートフォーカスに慣れて
しまっている眼にはマニュアルフォーカスは辛い。ピーキングを赤にして強にしたが、どうも慣れない。
以前にもソニー5Nには何度かしてみたことがあるのだが、、、
このセットをどうするかはまだ決めていない、、、、。

http://keico.exblog.jp/14709424/
平成24年2月17日(金) 晴れたり曇ったり
Sony NEX-5&KIPON C/G-NEXマウントアダプター&ビオゴン21mmF2.8

http://keico.exblog.jp/15068234/
平成24年4月15日(日) 晴れ
コンタックスG1/G2のビオゴンで桜を撮る

a0031363_13465210.jpg


(明け始めた借景をガラス越しに、、、、)
a0031363_1347341.jpg


a0031363_1347543.jpg



 夕方には、第二次安倍改造内閣の組閣が発表され女性閣僚が五人も誕生した。
山谷えりこ国家公安委員長兼拉致問題担当相、小渕優子経産相、松島みどり法務相、
有村治子女性活躍担当相、高市早苗総務相。
緊張してか、やたらに髪の毛に手をする人、歯を出して終始笑っている人、敬語の使い方が
おかしい人もいらしたが、時間をかけて切磋琢磨して日本女性の真髄を発揮してほしいものだ。
議員同士からも国民からも、いわんや男性からもマスコミからも絶対にあるにちがいない
セクハラやパワハラを、今の時代にあった建設的な考えで乗り切っていってほしい、と切に願う。

 外交問題、国内問題、経済問題など山積みの今の日本の政治に明るい話題と結果を
もたらしてくれる内閣であって欲しいものだ。

 皇居での新閣僚の認証式の後、赤い絨毯が敷き詰められた官邸の階段での第二次安倍改造内閣の
記念写真をみた。
二人の女性閣僚がナショナルコスチュームの和服姿であったことがとても嬉しい秋はじめの一日。


by pretty-bacchus | 2014-09-03 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

真夜中に数年前の飛行機の窓からの宇宙の神秘を思い出して
2014年8月29日 金曜日 真夜中に

 寝しなにNKさんのブログで<悪天候の着陸準備完了>という素晴らしいお作品を拝見して、
2011年12月のパリの空港を思い出して、、、。

http://k7003.exblog.jp/20103859/
悪天候の着陸準備完了

#IMAGE|a0031363_7425523.jpg|201112/23/63/|left|426|640#](機内の窓から、、、)
a0031363_7442389.jpg (pm12:20)

a0031363_7453593.jpg
(実はこんなには暗くなかったが、スポット測光のいたずらなのかもしれない、、、)

 この年の三週間のパリ滞在は、到着すぐに肋骨をうってしまって、予定をほとんどキャンセルして
ホテルでゆっくりすることになった。
そのおかげというか、昔からのパリとのことをブログに書き残すことができたのかもしれない。

 日本への出発の日はほとんど寝ずに暗い内にホテルをでた。
十一時予定の東京行きのJALは遅れに遅れてパリを発った。
機内に乗ってからも長かった。最終搭乗者をまつこと一時間半、機はようやく頭をあげて離陸。
雨上がりの空港がきれいで、なぜか涙がながれてしようがなかったのだ、、、。

http://keico.exblog.jp/14228306/
2011年12月20日 火曜日 雨上がり その二 機内にて
☆回想のわが巴里の街〜帰りの機内にて 

 そして、東京着の三時間前に始まった宇宙の光のページェントは何百回という飛行機のの旅のなかでも忘れられない旅であった。

 漆黒の機外に時々エンジンの光が光る。
前の液晶の地図はChangehun? どこだろう、、、ああハバロフスクもでた。
あと三時間で東京着、機外の温度はマイナス81度 高度11887、、、不思議でならない、、、
この筐体がどうしてこの空を飛んでいるのだろう。何度聞いたって納得できても、
でもいつも、、、わからない。

  パリ時間10時過ぎに、遠くの空が燃えてきた。
朝の訪れの光が下の雲を白くし始めた。

a0031363_7521383.jpg (パリ時間22:13、日本時間6:13)

a0031363_757534.jpg
(パリ時間22:27、日本時間6:27)

(望遠ぎりぎりで手持ちの世界。 ノイズが沢山だがこの宇宙の色の一部を垣間見られるのは嬉しい、、、、)

a0031363_894748.jpg
(パリ時間22:57、日本時間6:57 朝日が昇る!)

 荘厳なその一瞬を連写した。
ほんの数分で太陽は輝きだして普通の空になってしまった。
不思議な朝だった。
宇宙の不思議さをこうして機内で凝視している自分がもっと不思議でならなかった。
ほんとうに感慨深い旅となったのでした。




by pretty-bacchus | 2014-08-28 03:03 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(2)

2011年12月6日の巴里モンパルナスの真夜中のカフェレストラン
2014年7月26日 土曜日 晴れ 猛暑日か?a0031363_21252852.gif

 暑い。音がうるさいので除湿器も扇風機も止めると、数時間で寝室は蒸し風呂状態になるのだろう?
一番奥にある部屋なので、隣からも、もちろんリヴィングルームからの冷房もきてはくれない。

 朝からうるさいように蝉が鳴く。今日は借景の緑のあいだを蝶々がいくつも飛び回っている。
暑さで朝顔が可愛そう。プラスティックの鉢のうえに、朝顔市をめざして温室で大切に
育てられたのだろうから、このベランダでの風と直射日光は辛いのかもしれない。
なんとか夏中もって朝顔の命を全うして欲しいと思うのだが、、、。

 2011年12月のパリの未現像を少し整理して、、、、、。

ラ・クーポールで友人家族と夕食のあと、真夜中のモンパルナスにて、、、

http://keico.exblog.jp/14138304/
2011年12月6日 火曜日 その三
今日の巴里 06 December 2011 Paris〜La Coupole

a0031363_2563632.jpg


a0031363_35557.jpg


a0031363_2571039.jpg


a0031363_243567.jpg

(102 boulevard du Montparnasse 75014 Paris)
ラスパーユ通りヴァヴァンに立つのは、かのロダンのバルザック像)

a0031363_232451.jpg
(裏通りに入って、、)

 モンパルナス(Montparnasse)は、パリのセーヌ川左岸、モンパルナス大通りとラスパイユ大通りの
交差点を中心とした一帯。
1920年代にはエコール・ド・パリの時代の芸術家たちの中心地でありレオノールフジタ等も住んでいた。

 モンパルナスのナイトライフの中心であるカフェはヴァヴァン交差点近くに集まっている。
ル・ドーム、ラ・ロトンド、ラ・クーポール、ル・セレクト、ラ・クロズリ・デ・リラなど
魅力的なカフェレストランが多く、サンジェルマン界隈と共に昼夜人々が集まってくる。
こうしたモンパルナスのカフェやバーは芸術家たちの溜まり場であり交友の場所でもあり、
その姿を今に伝えている。
〜〜〜

追加:ラ・クーポールのトイレへ通じる壁のシャンパン会社の広告は洒落ていた。

a0031363_3524985.jpg



by pretty-bacchus | 2014-07-26 23:59 | ♧Journey海外2011PARパリ | Trackback | Comments(0)

三年前の京都の夏の思い出を、、、
2014年4月21日 月曜日 曇りのち雨 穀雨の頃 

 寒い雨となった。
仕事を少しだけして、ゆっくりと過ごした。
写真の整理はまだ途中、日にち順にしているので八重子さんのも終わっていないのだが、ぼちぼちと、、。

 桜の会の写真の整理を中途半端にして、次の旅のためにSDカードの整理をしていたら、
まだ現像していないデータが沢山でてきて “ティエ〜〜!”

 ざっとみて、、、まず2011年の夏の京都の一部で少しお遊びを。

a0031363_1214698.jpg
(シャンゼリゼのカフェで、、、、ではなく四条通の虎屋さんの二階にて)

a0031363_12312100.jpg (雨後の先斗町にて、、、)

a0031363_1234859.jpg

a0031363_1241690.jpg

a0031363_1244233.jpg

a0031363_1251713.jpg

夕闇が近くなっての鴨川べりで、、、

a0031363_127461.jpg

a0031363_1281249.jpg

a0031363_1285097.jpg ( 友人のお招きで、、、夏の京都はやはり鮎! 八坂神社裏の方をあがって、、、)

a0031363_1305895.jpg

a0031363_1312597.jpg

a0031363_1315892.jpg

a0031363_1322188.jpg(帰京の新幹線も雨だった、、、)



by pretty-bacchus | 2014-04-21 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(2)

「細見美術館特別展 志村ふくみ・志村洋子 作品展 しむらの色 KYOTO」その一
2013年3月15日 金曜日 晴れ 京都にて

 とことこと夜汽車に乗って京都入り。
今日の予定が変わってお昼までに美術館に入りたかったので昨夜遅くに京都に入った。
昨夜は心を許せる友との語らいでくつろいだ一時をすごせてゆっくりと休めた。
朝の目覚めはさわやか。カーテンを開けると遠くに東山をかいまみてきれいな青空。

a0031363_5272648.jpg

 午後一で岡崎の細見美術館へ。
明日から始まる「細見美術館特別展 志村ふくみ・志村洋子 作品展 しむらの色 KYOTO」
のプレスご招待の日。
親子作歴30周年を記念しての特別展で、お二人が実践してらした染織表現の理念と実際の集大成を紹介する
展覧会。自然から命をいただき織りなす染織作品の奥に存在する精神性や染織における色彩論や言葉、
日本の伝統的自然観などの提示をめざして両先生と学芸員の吉川さんがここ数ヶ月を費やしてらした。

a0031363_5311648.jpg

 ふくみ先生、洋子さんに久しぶりにお目にかかれてとても嬉しい。
おじゃまにならないように皆さんには一歩も二歩も下がるようにしてお作品を拝見した。
新しく織られた新作四十数点が会場を輝かせていた。

a0031363_8363017.jpg

a0031363_8371633.jpg

 茶室<古香庵>での<敬の愛するしむらの色>の特別展示ではふくみ先生の初期のお作品<海市>から、
洋子さんの<聖グレゴリウス>などの十数点がショーウイドーではなく生の風をうけて展示されている。

 この日にあわせて求龍堂からふくみ先生の書き下ろし<伝書 しむらのいろ>が出版された。
求龍堂素晴らしい編集者Mさんにもお目にかかれた。
最晩年を迎えていらっしゃるふくみ先生のますますのご活躍をそって祈った午後だった。

 お許しをいただき写真を撮らせていただいたが、後日にもう少しアップしておきましょう。
詳しいことも後日に、、、、。

a0031363_5493270.jpg (小裂帖や風呂先屏風も)

a0031363_5512467.jpg

a0031363_5515121.jpg (今回は糸と原材料もいろいろ展示されている)

a0031363_5524695.jpg (茶室にて、、、)

a0031363_553305.jpg

a0031363_5535674.jpg (1988年お作品<桜の園その一>と


1989年の<秋雷>。
(紋の刺繍を入れることにより、作品としての紬は正式なお席や茶道の世界にも受け入れられた頃のお作品。)

ふくみ先生は1990年には重油無形文化財(人間国宝)に認定された。

a0031363_839038.jpg

(茶室の入り口には「つるし雛」が飾られている。
先生方が訪れた東北の被災地にあった「つるし雛」が、先生方の織った裂で東北地方独特の手仕事で
創るられている。鳥や動物、果物や履物、縁起物などが輪の周囲にぶら下げる飾りもの。




More>>展覧会ちらし
by pretty-bacchus | 2013-03-15 23:58 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(4)

<オペレーションモノクロ化>の次はシグマの新SIGMA Photo Proモノクロームモード
2013年2月13日 水曜日 晴れ 風強し

 今年になって<オペレーションモノクロ化>でいろいろ遊んでみて、
モノクロの面白さと難しさに少しだけめざめてきたようだ。
今までのモノクロは、単にカラーの彩度を落としただけだったが、結構愉しんできた。
Lightroom のモノクロプリセットは使いこなせないし、フォトショップだけのお遊び。
ただ写真によってはただノスタルジックだけになってしまうものがあって所詮お遊びだったようだ。

http://keico.exblog.jp/17245942/
2013年1月30日 水曜日 晴れ
銀塩時代の写真の<オペレーションモノクロ化>

more>>>><オペレーションモノクロ化>遊び

 欲しい〜〜ライカM モノクローム! 
モノクロ撮影専用の撮像素子を搭載し、高画質なモノクロ写真を撮影できる世界初の
35mmフルサイズセンサー搭載モノクロ専用デジタルカメラ。
先週美術館のあとにビックカメラでライカM モノクロームの実物を見て触ってシャッターを押してきた。
ついでにM9も。いいな〜〜欲しいな〜〜でも八十ウン万円ではすぐにハイと買える値段ではない。
まだ手元に残っている父のライカとレンズを全部手放してみようか、、、なんて考えていたら、
なんとすごい情報が入ってきた。
先月既に発表されたようで知らなかったのは私だけ?

 シグマのMerrill系のカメラで撮ったフォビオンのRAWデータをモノクロ写真に特化した処理を行う
プロセスを開発されて、シグマの現像ソフトのSPP(SIGMA Photo Pro)に新機能として
アップデートされるのだそうだ。
従来のモノクロームは、カラー処理を行った後にモノクローム画像を生成していたが、
今回開発したモノクローム専用の現像は、カラー処理を一切行わずモノクロームの画像生成に
最適な処理を行っているのだそう。

その上、各層で捉えたRGBそれぞれの輝度情報を忠実に再現して全体のダイナミックレンジが広がり、
これまででは不可能と言われていた高感度での撮影も強くなるし、低感度でも暗部の階調が正確になる
というのだからイイコトヅクメだが、、、。
SIGMA Photo Pro Monochrome Modeの一日も早いリリーズが待ち遠しい。

以下シグマのホームページより
http://www.sigma-photo.co.jp/index.html
シグマのホームページ
http://www.sigma-photo.co.jp/sppmonochrome/introduction.html
モノクロームモードについて
http://www.sigma-photo.co.jp/sppmonochrome/sigma_photo_pro.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「光と構図」で際立つより本質的な表現
写真愛好家の間では近年、モノクローム写真への注目が高まっています。
モノクローム写真と聞くと、ノスタルジックな印象を抱く方もいるかもしれませんが、
実は「光と構図」という写真表現の本質を際立たせる、ある意味でとてもアグレッシブな技法ともいえます。
あえて「色彩」を排し、明暗、階調、構図によって描こうとすることで、むしろ端的かつ雄弁な表現を
叶えてくれるのではないでしょうか。

特に再現が難しい高周波域でその特長は際立ちます。
Foveon X3センサーの画像生成プロセスがもたらす豊かな質感、ダイナミックレンジの広さ。
その驚異的な解像感と階調性は、どこまでもなめらかで美しいグラデーションや、
繊細な陰影の描写を約束します。

モノクロに特化した処理プロセス追加でRAW現像が思いのままSIGMAとFoveonは、
今回あらたにRGBの情報を持つRAWデータをモノクロ写真に特化した処理を行うプロセスを開発。
SIGMA Photo Proに新機能として付加しました。撮り手はこれにより、いつものシグマのデジタルカメラで
撮影した画像データを、通常のフルカラー現像はもちろん、同じデータからモノクローム現像を行うことで、
アーティスティックな「モノクローム作品」へと仕上げることが可能となりました。
撮り手の作家性を引き出し、表現意図をダイレクトに描き出せる本格的なモノクローム写真の魅力を、
SIGMA Photo Proでお楽しみください。
〜〜〜〜〜〜〜〜

 去年の十一月から使い始めたSIGMA DP1 Merrillはまだ使いこなしていないが、
もしウルトラモノクロ化が可能なら、そももライカMモノクロームよりも素晴らしいのなら、これこそ光明!

 つらつらとSIGMA DP1 Merrillで撮った写真を見返してみたが、やはり結論は、
元のカラーの写真が良くなければダメだということで、その上本当にモノクロで遊びたいのなら
もっと<良い写真を撮ること>に一生懸命にならなければならないのです。

SIGMA DP1 Merrillいろいろ

http://keico.exblog.jp/16760763/
2012年11月6日 火曜日 雨
新しいガジェットSIGMA DP1 Merrillがやってきた

http://keico.exblog.jp/16764628/
2012年11月7日 水曜日 晴れ
つるべおとしの秋の夕陽を撮ってみる

http://keico.exblog.jp/16780517/
2012年11月9日 金曜日 晴れ
西南の空にエスカリエデザンジュ(天国への階段)!

http://keico.exblog.jp/16798903/
2012年11月13日 火曜日 曇
吹上御所の緑と千鳥ヶ淵のグラデーション

http://keico.exblog.jp/16849826/
2012年11月22日 木曜日 曇
晩秋の夜の街を DP1 Merrillで撮ってみる

http://keico.exblog.jp/16913251/
2012年12月2日 日曜日 曇
SIGMA DP1 Merrilleでガラス越しの黄葉と遊ぶ

http://keico.exblog.jp/16950059/
2012年12月8日 土曜日 晴れ
マックと格闘した数週間でした

http://keico.exblog.jp/17023031/
2012年12月20日 木曜日 晴れ後くもり
☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage 2008は一休み

http://keico.exblog.jp/17086173/
平成25年1月1日(火) 晴れ その二
九時間遅れの<私の初日の出>は夕陽

 まだ<オペレーションモノクロ化>をしていない2011年12月の雨のパリのモノクロ化を数枚。

a0031363_4203549.jpg


a0031363_421644.jpg


~~~~~~~~~~~
more>>>><オペレーションモノクロ化>遊び




More>>>><オペレーションモノクロ化>遊び
by pretty-bacchus | 2013-02-13 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(8)

ヴァレンタインデーのカード創りとチョコレート
2013年2月12日 火曜日 曇 

 ヴァレンタインデーが近くなって、どこもここもハートオンセール。
駅なかのお店でもゴディヴァもポールもハート&ハート。
フィナンシェもハートの中にまたハートの模様でかなりこっていて美味しそうだが売り切れ。

 ハートのクロワッサンと、パンオーショコラにチョコレートをたっぷりかけた<チョコチョコ>を求めて
二日早いハッピーセントヴァレンタイン!

a0031363_23434864.jpg

a0031363_23442799.jpg

a0031363_23445822.jpg

 いっときほど賑やかではないような気がするし、チョコレートに代わって本とかお菓子が増えているようだ。
いただいたりさしあげたりで、なんとなく人間関係がやさしくなるのなら、とても素敵な年に一度の
<A Happy Saint Valentine's day !>

 さて今年はどんなカードを創ろうかしら?
あら、、、でもチョコを送る人がもういないようです、、、。

http://keico.exblog.jp/14679469/
2012年2月14日 火曜日 氷雨 去年の手製ヴァレンタインデーカード
A Happy St.Valentine's day!

三つ折りのカードの外側

a0031363_70494.jpg

ここ数年は、フランスのSaint-Valentin 村から届いたヴァレンタインカードの消印をつかって、
手持ちの本からレイモンペイネの愛のイラストをでカードを創っていた。
フランスの「St.Valentin村」は、 パリから南に200kmにあるこの小さな村。
村中がハートでうずまってしまう2月14日だそうです。

http://keico.exblog.jp/12116067/
2011年2月14日 月曜日、
一昨年の手製ヴァレンタインデーカード。



by pretty-bacchus | 2013-02-12 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

深紅にカーテンを染めて夕陽がいってしまいました
2013年2月11日 月曜日 晴れ 建国記念日

 お天気がいいのに寒くてお家で横着三昧。
久しぶりにお野菜いろいろのピクルスを作って一晩冷蔵庫へ。
我が家のピクルスレシピはフランス風味やYさんゆずりのイタリアン風があるが、
今回はいただいたピクルスボトルで試してみた。
これがとっても美味、でも一緒にいただくワインがすすんで困ってしまう、、、。

 遠くにとおくに夕焼け空がうっすらとブルーピンクな空。
やがてカーテンが一瞬真っ赤に燃えてひと日の終わりを告げているよう。

a0031363_114474.jpg

a0031363_195650.jpg

a0031363_111271.jpg




 少し出かけよう、、、でも出かけるのが夜になると写真はあまり撮れないな。
今夜は頑張っていつもより大きく思いカメラとレンズ、、、それそれ春の散歩の準備のつもり、、、、、。
寒い夜なのに、それでも路傍の花はけなげに咲いている。
夜の花シリーズでも撮ろうかしら?
一回りして家路に、、、とってもとっても寒い夜でした。

a0031363_1153548.jpg

a0031363_1163084.jpg

a0031363_1172541.jpg




by pretty-bacchus | 2013-02-11 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)