タグ:Sony E18-55mm F3.5-5.6 OSS ( 42 ) タグの人気記事

東京の桜の開花宣言は京都権太呂の桜蕎麦で
平成24年3月31日(土)
2012年3月31日 風雨ひどし

 夜明け前からすごい風雨。
それになんだか変んん、、、枕元の体温計で計ったらやっぱり熱がある。
困ったな、、、、、、、、、、、、、、、、、、、今日こそは志村先生の個展におじゃましたいのに、、、。

 午後遅くまで続いた春の嵐は一時風速二十八メートルもあったという。
熱があるし、両手首が痛いし、結局外出をあきらめた。
先生ごめんなさい。

 Yさんから大沼の湖水で獲れたワカサギの佃煮をいただいた。
甘すぎず辛すぎずでなんとも美味!カルシウムたっぷのよう!

 京都の友からは、権太楼の桜蕎麦がとどいて狂喜。
咲き始める前のさくらの幹をいれてのこの季節の限定販売の逸品。

北と南からのご到来物でお酒がすすんで困るほどで、少し早めに夕食にした。
ありがとうございました。

こんなふうにいやはや三月も今日で終わってしまった、、、どうしよう~~~。
年の四分の一が過ぎ去ってしまったのだ、、、、、、ってなんだかとてもあせっている四半期の最後の日。

a0031363_634503.jpg

a0031363_6354394.jpg

(東京は桜の開花宣言)



by pretty-bacchus | 2012-03-31 23:58 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(8)

お魚づくしの夕食に癒やされ助けられています
2012年3月30日 金曜日 晴 風強し

 東京はひどり風の一日だった。
日差しがさしていてベランダの扉をあけたらすごい突風が入り込んだ。
今年は関東の<春一番>はなかったと報ぜられたが、これは遅れた春一番だったのではなかろうか?

でも天気予報では、明日はもっと風が
ひどく、お出かけにならないほうが良いでしょうとか、風速二五メートルとかいわれてしまうと
明日の予定は無理かしら?
関節炎がひどくて両手の手首が不自由だから、ころばないようにお医者様からいわれているので、考えてしまう。

 もっと困るのはお台所で水仕事をしていると痛みが増すようだし、包丁も辛いしお鍋もフライパンも痛い~~~。

、、、ということで、ますます外食が多くなってしまっている。
高級処ばかりとはいかないので、最近はくだんの居酒屋<魚真>によく行くことになってしまった。
新鮮なお魚、お野菜かりかりおじゃこかけ、アジの唐揚げ、煮魚、ノリのお味噌汁など、
どれも美味しくすごいコストパーフォーマンスでありがたい。
その上十数席のカウンターは禁煙なので嬉しいし、店長さんたちと魚やお酒の話をしながらお食事できるのも、
なかなかだ。

でも、今日は金曜日で椅子席は宴会とかで、もう凄いうるささで、
こういう居酒屋さんてあまり慣れないので、これにはちょっとまいってしまう。
(このお店の客単価はどうやら一人3000円以内、プラス飲み物のようで、お酒の種類は豊富で、
日本酒好きなお客さんも多いらしい)

a0031363_2033782.jpg(お隣のカップルは冬場の美味しいにごり酒を何度もおかわりしていた)


 もともと会社が大きな魚やさんで、魚河岸とか仲買さんが数百件。
ここのようなお店が都内に九件で、店長さんは毎朝本社の魚屋に仕入れにいくのだという。
ここ四谷店は昨年オープンだが、その中でもトップクラスのようで、
今日のお隣さんは今まで新宿店にいっていたのに、最近はずっとこちらで満足と話していた。
良いお店が歩いて数分の処にオープンしてくれて幸せなだ、、、。

ところで、レストランと居酒屋さんてどう違うの?
(さくらさんの運動靴とスニーカーの違いのことみたい?)

a0031363_20243336.jpg (入り口の今日のお魚


a0031363_20294423.jpg (青森のヒラメの煮付けは、お味付けがなかなか、、、


680円で和食やさんの半分以下ですね)

a0031363_20313610.jpg
(今夜のワインは見事にやさしく熟成したロッソ・ディ・モンタルチーノ、
造り手は、かのカンティナ・コスタンティ!)



http://keico.exblog.jp/14450535
2012年1月16日 月曜日 曇り

新しいお店をみつけました

http://keico.exblog.jp/14745849
2012年2月24日 金曜日 曇り
散歩の後はノレソレとマナガツオの塩焼き


http://keico.exblog.jp/14803198
平成24年3月3日(土) 晴れたり曇ったり
おひな祭りは初鰹とあんこうの唐揚げ

〜〜〜〜〜〜〜
(追記)
友人からメール
ここは居酒屋ではないという。
なぜなら、おでんも焼き鳥も冷や奴もないからだとのこと。
それならなんということでしょうか?

どなたかおしえてください。
by pretty-bacchus | 2012-03-30 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)

香川の赤貝と竹岡のさより
2012年3月29日 木曜日 晴

 とっても暖か、でも空は霞んですでに花曇り?

お医者様はたまにはいっさい手を使わずに、、、ってはおっしゃるがそうはいきませんね、、、。
一番辛いのは包丁で二番目がフライパン、、、マックもカメラもそんなに全然いたくなくなったのに、ダメですって。

それならば左手でノーファインダー! これもなかなかうまくいきませんが、慣れないと、、、
といいながら今夜はお刺身をいただきました。

 春がようやくやってきました。
桜の便りが一斉にやってくるでしょう!

a0031363_15313964.jpg

a0031363_15315969.jpg  (魚真にて)


(今年は魚の動きが違うという、、、



今夜は香川の赤貝と竹岡のさよりが美味)



by pretty-bacchus | 2012-03-29 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

都にも春がやってきました
2012年3月28日 水曜日 晴れ後曇り

 ようやく世は春になりましたね~~~。
土手のはこべも白い花が沢山、その奥にはムラサキハナナが咲き始めました。
桜の開花宣言もまもなくでしょう。

a0031363_20134834.jpg


a0031363_2014739.jpg



 テレビで<検索deゴー 世界遺産>を偶然に見た。
ゲストを数人招いて、世界遺産のいくつかを見ていく番組だったが、どうやら何回かつづいているようだ。

 ロワールも巴里の美術館もアルタミラの壁画もそしてパルミラも訪ねたことがある
<世界遺産>なのでなつかしく見てしまった。
でもなんだか変だ。
ロワールの城の数々が紹介されたが、シュノンソー城では部屋の中にあるお花とか庭が紹介されて
(どうやらゲストのKという華道家が訪ねたことがあるという設定だからだろうが、、)、
この城の歴史的なことが、もっといえば文化遺産として世界遺産になった由来も語られていない。
フランス史を彩るフランソワ一世の名前も、彼をとりまいたこの城の六人の女性の物語も、
アンリ二世の親子二代のフランス王の愛妾であったディアーヌ・ド・ポワチエ (Diane de Poitiers)のことも語られていない。

シャンボール城しかり、
アンボワーズ城にいたっては、レオナルドダヴィンチのクロ・リュッセのことは欠かせないだろうが、
ガロ・ローマンの時代からの砦の歴史も、この城にまつわるユグノー戦争さ中のギーズ公の陰謀も語られていない。
(1200人のプロテスタントがバルコニーに吊されたり絞首刑に処せられたて宮廷は死臭に染まったのだ)

 シリアのパルミラ遺跡においては、女性の白い肌と歯の話で(これは別の女性ゲスト故かもしれないが)、
ゼノビア女王の事は一言も説明がなかった。ほんとうに信じられないことだ。
クレオパトラと並ぶ歴史上の女性、三世紀のゼノビア女王!
シルクロードの中間としての繁栄を極めたが、降伏を迫まられたローマ軍に、最後まで軍装して勇敢に戦ったが敗戦。
女王はローマへと連行されローマ市内を引きずり回されたのだが、ゼノビアは毅然と黄金の鎖で自らを縛り、
その美貌と威厳をローマ市民に示したのだ。
番組タイトルが<世界遺産>なのだから、せめてその遺産としてのいわれを考えての説明は欲しいところだ。

 さっこんのテレビは内容のない番組が多いといわれるなかで(特に民放が多いが)、
せめて美術番組とか旅番組は楽しみたいと思っているのに、それすら最近は、ただ行ってみての感じで、
現地で景色を写しただけの<えせ教養番組>が多くなってしまった。
これはテレビ局もプロデューサーやディレクターの年代も若く知識が乏しいことと言われていて新聞雑誌にも書かれ、
多くの人がぶつぶつ言っているのに、いっこうに改善されていないのはなんとも寂しい時代になってしまったものだ。

まあ、そんなことを言っている私たちの世代は、彼らにとっては、もはやオジンオバンで、
番組作りには関係はない、視聴率さえとれれば良いのだと思っているのかもしれないが、、、。
しかしシルヴァー世代の人口がまもなく四分の一といわれるこの時代なのだが、、、。

 
a0031363_20198100.jpg
(エントランスのバラの木の芽が二つも!)



by pretty-bacchus | 2012-03-28 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(5)

昼に夜に心躍りて初桜
平成24年3月27日(火) 晴れ その二

http://keico.exblog.jp/14944668/
平成24年3月27日(火) 晴れ その一<<からの続き、、、

 東京の開花宣言は今月三十一日、でも豊川神社の一本の桜はほぼ満開だった。
夢中で十数分撮っていた。
順光、斜光、逆光でこんなにも桜の色と空が違うのかとあらためて体験した。
今年の桜逍遙に新しいヒントができたような感じ、、、。

a0031363_457293.jpg (信号を渡りながら、、、、)

a0031363_458183.jpg

a0031363_4582852.jpg

a0031363_4585715.jpg

a0031363_5123322.jpg (枝の落ちる陰と影のセルフ)


 寝不足で朝一で病院だったので、夕方に少し横になった。
お呼ばれしていて遅い夕食にでかけたら今度は途中のお店の前に投げ入れられた夜桜、、、、、、、
途中の夜道もカシャカシャ、、、。

a0031363_4593888.jpg

a0031363_514017.jpg (都心の月もかたむきはじめて、、、)

a0031363_515152.jpg


桜前線はもう目の前なのですね!

<初桜心躍りて昼も夜も



by pretty-bacchus | 2012-03-27 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(4)

病院の検査の日でしたが、、、
平成24年3月27日(火) 晴れ その一

 机の上の画面をみながら先生はおっしゃった。
“何かとくべつなことがありましたか、、、運動とかはしてますか?
前回変えた薬がよかったのかな、、、?
三週間ですよね、、?
“はい、三月六日です、、、先生どうしたのですか、、、、?
“コレステロールも中性脂肪も普通にもどってますよ、、、肝臓の数値も問題ない、、、”
“え~~~? そんな! このところ変わったといえば、週に数回は野菜とお魚の夕食と、
それからご飯を少なくしていますね、、。
そしてなるべく一日少しでも歩くようにしています。
“中性脂肪がこんなに急にさがるとは、、、
でも、、、と別の数字をじっと見る先生。

先月から問題になっている関節炎関係のある数字が下がらずに、さらにまた白血球の数字も高いのだそうで、、、
それでも新しいお薬はでず、次の整形外科に移動。
12月の寒い巴里以来の腱鞘炎がまだ完治していないが、症状が変わってきていて右親指下と
左手の手首外側のくるぶしが痛むのだ。
一度内科で診断をうけるようにとのご指示で来週の予約をとっていただいた。
一病息災はいいが、多病息災にはなりたくないものだ。

 チーバスがちょうときたので乗車、けやき坂で乗り換えたのだが、うとうとしている内に
青山のほうまで来てしまってあわてて高橋是清公園で下車。
満開の大きな椿を観賞して、少し戻って赤坂 豊川稲荷神社まで。
午後の太陽をあびて桜がたわわに風に揺れているいるではないか?

 a0031363_4404464.jpg (病院前、、、ちょうどチーバスがやってきた、、、)

a0031363_4411997.jpg (けやき坂で、、)

a0031363_4414982.jpg

a0031363_4422922.jpg (車窓からミッドタウンのアートを、、、今日はここで降りずに、、、)

a0031363_4431960.jpg

a0031363_4434251.jpg




http://keico.exblog.jp/14944709/
>>>続く




by pretty-bacchus | 2012-03-27 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

法恩寺にお墓参りの午後でした
平成24年3月25日(日) 晴

 朝から青い空!
なんだかとっても久しぶりなような気がする。

 遅いブランチの後にお花やさんへ、その後今日はお墓参りで墨田区にある法恩寺へ。
お彼岸にお詣りできなかったので少し遅れてしまったので、どうしても行っておきたかった。
(実家の方は母と弟にまかせっきりでごめんなさい)

ご住職様が本堂から墓地までわざわざいらして
くださりお水や読経までしていただき恐縮しきり。

 このお寺の開基は太田道灌公で、道灌公が江戸城築城(一四五八年)に当たり丑寅の方に城内鎮護の
祈願所として本住院を建立とある。
その後本住院を法恩寺と改称。秀吉や家康も小憩されて朱印地も与えられたの記録もあるという。

道灌が鷹狩の際に俄雨にあったときの山吹伝説は有名で、このエピソードを表わした歌碑が立てられ
道灌公が弓をたづさえ左側に膝まづいて山吹の枝を差し出す少女の場面が彫られた大きな石像が、
やまぶきや季節の花に囲まれて立っている。

<七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)一つだになきぞかなしき>
(後拾遺1154)

a0031363_204449.jpg

a0031363_20443169.jpg

a0031363_2045831.jpg


a0031363_20455532.jpg



 本堂の左側には、歴史ある三重の塔と鐘楼と近年造られた日蓮御聖人像の妙元廟があるが、
今回驚いたのは本堂を挟んで、かのスカイツリーがでんと鎮座ましていたことだった。
帰り道を錦糸町に歩いたが、しもた屋のあいだからにょきっと塔が現れて風景は様変わりしてしまったようだ。
このあたりは池波正太郎の『鬼平犯科帳』の舞台となっている川や小料理屋があるのだが、
黒雲が出てきたので駅ビルへ直行してしまった。

a0031363_20544987.jpg

 六時が最終便で東京駅までの遊覧的?バスが
あると聞いたのでのってみようと思ったのに、三日月を一枚撮っていて乗り遅れてしまった。
祭日なのに混んでいるJRで帰宅、、、どうも慣れない路線で立っているのってちょっと辛いな、、、。 

a0031363_20475669.jpg
(黒雲がさった青空には一番星と三日月が輝き始めた、、、、それにしてもISO3200で手持ちなのに、こんな夕空が撮れてしまうとは、カメラの進化には驚いてたり妙な気持ちになったりします)





More>>>去年の山吹の花
by pretty-bacchus | 2012-03-25 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

紅梅は最後の香り しだれ桜の蕾は堅く
平成24年3月24日(土) 曇り後雨、そして晴れ、

「雨が降ります 雨が降る
   遊びにゆきたし 傘はなし
   紅緒のかっこも緒が切れた」
  「雨が降ります 雨が降る
   いやでもおうちで遊びましょ
   千代紙折りましょ たたみましょ」

 なんだかなつかしい歌を口ずさんでいる土曜日の午後。
週末ってやっぱり嬉しくて、、、。

 遅くにお電話をいただいてYさんにおじゃました。
こぶしの蕾と白いなでしこ。
おみやげのおにぎりには紅のなでしこ。
いつもながらのお心遣いに感謝。

a0031363_22263862.jpg (こぶしのつぼみと白いナデシコ、、)

a0031363_22273838.jpg (あかいナデシコはおみやげのおにぎりに添えられて、、、)

a0031363_2228543.jpg (紅梅も最後の香りをはなっていた、、、、)

a0031363_22295274.jpg (しだれ桜の蕾はまだまだかたい、、、、)





by pretty-bacchus | 2012-03-24 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

鷲山ゆうこさん写真展<極光の大地アラスカ>
2012年3月23日 金曜日 雨

 正午、すでに雨、かなりの雨だった。
一瞬どうしようかと迷ったが、一月前にきめていたことだから決行を決めた。

 一時にAさんが来て下さった。
日の丸とクウェートの旗が揺れる道をくだり霞ヶ関から首都高へ。

a0031363_2212136.jpg
 (御所の近くには日の丸とクウェートの旗が、、、国賓として来日したクウェートの
サバハ首長の宿泊先は元赤坂の迎賓館だったのだ)
(車窓からカシャカシャ、、)
a0031363_2244125.jpg

首都高速からスカイツリーが見えないほどにがすっていて、東北道に入っても雨は上がらなかった。
道はすいていて一時間半ほどで目的地の群馬県館林の市庁舎の隣の三の丸芸術ホールに着いた。

a0031363_2252351.jpg (市役所の裏手には早咲きの桜かしら?)


 ここで、今日からブログ友の鷲山ゆうこさん(ハンドルネーム、おばさま@函館)の写真展が行われていた。
ミクシーという限られた人々だけのブログだが、彼女の写真への情熱をひしひしと感じて数年が経つ。
いつもの地元の函館で朝も暗い内から撮影にでかけられ、大沼をはじめ北海道の自然を愛機オリンパスで切り撮りファンを喜ばせてくださっている。
そして彼女は、オーロラ撮影にのめり込み、昨年は二回もアラスカへとんだ。
アンカレッジから車で厳しい道 を10数時間、その後なんと最高の撮影場所の目的地にたどり着くまで
三日も要してほとんどビバークそのものだったというのだから、本当にすさまじいことだと驚嘆していた。
私はアラスカへは数回スキーででかけたことがあり、オーロラも見たことがあったらもう何十年も前のこと。

a0031363_2292861.jpg (二月にメールでいただいたご案内状)

 その集大成の写真展ということで、その情熱に敬意を表してでかけたのだ。
見事だった。
日本でぜったいに見られないオーロラの碧と<あか>の世界に飲みこまれた。
極彩色の秋景色は、背景がぼかしてありそれはどこか日本画の絵画のように奥深かった。
紅葉のまっただ中に立つ角の雄鹿が、しっかりとこちらを見据えている写真には、
アラスカという厳しい自然界で生きる<生きもの>の神々しさが
ただよっていた。

 撮影、現像はもとより、プリントもマットも額装も何から何までお一人でなさったとのことで、
写真展をなさるに多くの努力が必要なのだとしみじみ思った。
しばらくお話しをして失礼したが、少し前までナナハンさんがいらしていたようで、お目にかかれずん残念!

a0031363_2315384.jpg



 雨がひどくなった帰りの東北道は混んでいて、ナヴィによると四時間半もかかりそう。
Aさんは慣れていて、途中から下道におりて時間を取り戻してくださり、
七時からのF先生との会食にすべり込みセーフ。
充実した一日だった。



by pretty-bacchus | 2012-03-23 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(5)

桜もち桜鯛桜えび桜わかめ
2012年3月22日 木曜日 曇り

 桜もち、桜鯛、桜えび、、、、桜の季節にはほんとうに桜色をした食べ物が出てくるのは
なんとも嬉しい。

そして今年は珍しい桜若布を楽しんでいる。
宮城県の小さな漁村でつくられるなんともいわれる香りと舌触りのこのわかめはこのお店だけにつくという。

a0031363_1902172.jpg

 たけのこと蕗も入って春の息吹一杯!




by pretty-bacchus | 2012-03-22 23:55 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)