タグ:Olympus PEN E-P1+ ( 96 ) タグの人気記事

LEICA Elmar f5m 3.5でのお遊びの朝
平成23年11月18日(金) 晴れ その一

 きれいな朝だっが。
メインのマックが、壊れてしまった。
今までにない症状で、いずれにしても、立ち上がらなければ、タイムマシーンに保存されているバックアップデータにもいきつけない。

 数日前のレンズのことを書いた下書きも出てこない。
カメラとレンズの整理をしていて、、、、、

発売すぐに手元に届いたOlympus PEN E-P1+は全然つかっていない。
RAYQUAL LM M4/3というマウントアダプターをつけて、初めてLEICA Elmar f5m 3.5を使ってみた。
いや、、、難しいレンズだ。
よほどマニアックな人でなければ、このセットで街を撮り歩くのは無理な気がしてしまうが、、、。

 a0031363_17352075.jpg

a0031363_17361431.jpg

a0031363_17374312.jpg

a0031363_1738651.jpg

a0031363_1739106.jpg

by pretty-bacchus | 2011-11-18 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(3)

一杯で節電の道千鳥足、、、、
2011年7月26日 火曜日 晴れたり曇り

 暑い、、、、朝からチョウチョがやってきている。
借景の木々に蝉も少し鳴き始めた、、、、、しかし、我が家の今年のベランダは寂しい限り、、、、、。
例年ならブルーやピンクの朝顔がベランダ狭しとツタをはって花をつけているのに、今年はだめ。
ベランダの朝顔があんなにも癒し効果があったのか、、、、と今しみじみ感じている。

a0031363_0441272.jpg


 レンズの整理をして、Cマウント用のを出して、久しぶりにレンズ遊びをしたいのに、その元気もない。
暑い、あついのだ!
だらしがなくなったものだ、、、、、、手術の年の夏はこれて良いのだと、
どこかで自分を甘やかせている自分が腹立たしい、、、、。

 昨日はあるかなかったので、夕方に軽いカメラの方を首にかけて出かけた。
いつもの裏道を歩いているのに、なんだか変だ、、、茄子の家あらりから、どうやら迷ってしまったようで、
かなり歩いたのに、たいやきわかばに辿り着かない、、、、その上見かけない細い道が突然現れたり、、、
え〜〜? ガマガエル?

a0031363_045283.jpg

a0031363_1112585.jpg

a0031363_046295.jpg

a0031363_0463531.jpg


スナップの写真は全部どこか傾いていて、、、、
変だ〜〜〜〜暑さでお玉がおかしくなったのかもしれない、、、、。

 たいやき屋さんが見えてほっとして、、、今夕はすいていて、若旦那が、
“白玉とってありますよ〜〜”  ですって、、、。
“ありがとう、、、それでは、こうりしらたま〜〜あずきみるく〜〜をお願いします。
なんだか唄を歌っているみたいだ〜〜〜。
(和歌はでてこなくても、食べ物の名前はす〜らすらと出てきますね、、、)

a0031363_04882.jpg


 お腹がすっかり涼しくなって、また歩きはじめた。でも今度は本屋へ直行とちゃんと目的を決めて歩いたのに、また初めての道へ、、、。
そんなに広くはないこの界隈なのに、、、どうしてしまったのでしょう、、、。
小間物屋さんのようなシャツとかも売っているお店があったので、
“このお店はいつできたのですか〜〜?”
“32年前からありますよ、、、、お客さん最近こしてきたの、、、、?”
“いえ、、、25年もまえから近くに住んでますの、、、、”
きょとんとしたお店のオジサン、、、!
やっぱり暑さでおかしくなっているのでしょうと、再確認、、、、

 本屋で久しぶりに少しばかり立ち読みもして何冊かを求めた。
最近はついついアマゾンになっていますが、やっぱりこうして目で見て手で触れて、時には紙の香りをかいで、、、、が好き!

 おみやげに買った鯛焼きを秀さんのお店に届けたら、お客様がだれもいなくて結局少しごちそうになってしまって、、、
ワインはグラス一杯しか飲んでいないのに、なんだか夜道が暗くて千鳥足〜〜?
節電で暗い道はこわい〜〜こわい、、、。

 と、、、、かなり歩いての帰宅。
もう汗ぐっしょりで、すぐにシャワーを浴びて、、、暑い一日でした。


 
by pretty-bacchus | 2011-07-26 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(3)

古い方のMacBookProを<Mac OS X Lionへアップデート
2011年7月24日 日曜日 晴れたり曇ったり

 午後遅くになって突然ミンミンゼミが一匹勢いよく鳴き始めた。
聞いたことのないうるさい鳥の鳴き声がしばらく続いた。
やがて両方ともピタリととまってしまい、どんよりとした空になった。
そして、それが機になったように、どうしようかと思っていたことを始めてしまった。
http://keico.exblog.jp/13128759/
MAC OS X - v10.7 Lionへの移行はどうしようかな?
平成23年7月23日(土) 曇り

 どうやらいままでとは、かなり様子が違うようだ。
Macの新しいOS「Mac OS X Lion」のリリースされてから三日が経った。
約二年ぶりのメジャーアップデートだが、ワタシはすぐに、
App Store からダウンロードするのをためらっていた。

 すでに、何日も前にOSX10.6.8まではアップデートしてあるから、いつもでゴーできる体制だった。
週末にかけて、少し様子を見てみよう、、、特にアドビ関係はいつも問題が起こるので、、、、
ネットで様子をみてからにしよう、、、。
思ったとおりで、<Lion アドビ>で、グーグル検索してみたらいろいろ出てきた。
<Mac OS X 10.7 Lion で確認されている問題 - Adobe>
このアドビのページでもすでに、
<Mac OS X 10.7 Lion で確認されている問題>として色々レポートされている。
予想したとおり、photoshopとIllustratoで、いくつかの問題がおこっているが、
すでにアップルと話して解決しているようだ。(I hope so)

 今のヴァージョンの二つ前のCS3までは購入しているが、そのあとの4.5はやめることにしてあった。
この時期に行われたアドビ社の講習会にでて、新しい機能とかを学んだが、
かなり高度なプロしか必要としないような変更が多いと勝手に考えて、3どまりにしてあったが、
どうやらCS3では問題が出てきているようで、、、、困ったな、、、、。

ブログ内で<アドビ 講習会>と検索してみたら、かなりいろいろ講習会に通っていましたね〜〜〜。
(下段に記録を)

 エプソンからはメールが入っていて検証済み、
ニコンはメールははいらなったが、ネットで確認すると、ニコンのCapture NX 2
ViewNX 2も
大丈夫なようで、あとはアップルのソフトと、マイナーがソフトだから、問題ないだろう、、、、。
あとは、立ち上げたときに、JAVAをインストルールしなおせばよいらしい。
いくつか例をみてみたら、良い回答があった。(☆ more>>>に)

 しかし、趣味と仕事がごっちゃに入ったメインのMacBookプロが動かなくなったら困るので、
とりあえず、先々週にバッテリーも内部もきれいになった、もう一代前のMacBookプロの方に
インストールを試みることにした。
システム環境設定で共有を切っておき、MobikeMeもTimeMachineもオフにした。

 App Storeからダウンロードを始めてから約一時間二十分でまた終わっていない。
途中でうとうとしていたが、夜になってもダウンロードがまだぐるぐる回ったままだ。
App Storeは二度クリックすると二回請求がきてしまうので、じっとガマン、、、。
食事を始めることになってようやく終了!
ようやくインストールの指示がでたら、あと30分とでて、ようやく終了して再起動の音がボ〜ンとなって
新しいファイだダーに!
でもいっけん何の変わりもないような、、、
なるほど、Kさんが昨日のコメント欄で書いてらっしゃるように、望まなければ、
従来のインターフェースのままで使えるのはなんともいい!
さ〜〜これから新しい機能を試してみよう〜〜〜(うっふふ〜〜〜)。

 システム環境設定のトラックパッドをまず確認して新しい機能を覚えた。
HDをクリックするとデバイスが消えていて、一番上に新しく<マイファイル>というのができていた。
何だろうっっっ?
カラム表示にしてみたら写真が何十枚も入っていることがわかった。
それならば、フォトショップのテストだ、、、、一枚をドラックしてみた。
あら、これは去年の五月に最終日あたりに駆け込みで観ることができた
<フランソワーズ・ジローの回顧展>の一枚だ。

a0031363_6172449.jpg

http://keico.exblog.jp/10750242
2010年6月4日 金曜日 晴れ のブログ
花の女 フランソワーズ・ジローの回顧展

 次もやはり昨年五月の家での一枚、、、、、どうして2010年の5月の写真が、
ここに入って、ファイダーのサイドバーの一番上にあるのだろう?
それはわからないが、どうやらフォトショはちゃんと動いて大丈夫らしい。ニコンのNX2も動いた。
次はイラストレーター。 いくつかのファイルを開こうとしたが、
途中で落ちてしまってアラームがでてダウン。
これではカードなどを創れないわけで、、、やはりメインをLion化しなくて良かったと胸をなで下ろした。

a0031363_1344375.jpg


 次にアップルストラー銀座に言ったときにジニアスバーのお兄さんに聞いてみよう、、、。
(うっふ、MacBook Airを手に取ってみたいので、早くに行きたいな、、、)

 百獣の王ライオンに振り回された週末となってしまったが、こうした苦労を越えなければ、
楽しいMacライフは送れないのかもしれない。
苦あれば楽あり!

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
講習会いろいろ、、、、

http://keico.exblog.jp/5126448
2007.02.15 木曜日 晴れ  春一番 空晴れ雲が ポッカリと

http://keico.exblog.jp/5201826
2007.03.05 月曜日 晴れ Tooデザイナーズニューワークセミナー  落ち椿 仰ぎ見る間に 又一輪

http://keico.exblog.jp/5712766
2007.06.08 金曜日 晴れ  【Adobe Creative Suite 3 発表記念イベント】

http://keico.exblog.jp/5710242
2007.06.08 金曜日 晴れ アドビの【Adobe Creative Suite 3 発表記念イベント】
むち打って 新しき世界へ 跳躍す

http://keico.exblog.jp/7106608
2008年5月13日 火曜日 曇りか雨か  ひたすらに 雨にもまけず アップルストアーへ

http://keico.exblog.jp/8740701
2009年7月31日 金曜日 はれ 「デジタルフォト & デザインセミナー 2009」に参加

a0031363_1324285.jpg


(これも出てきた、、、、エルメスとキャスグランのプライベートレターヘッドと封筒など、、、)

More>>>ライブラリー
by pretty-bacchus | 2011-07-24 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(7)

書き終えし手紙の束や秋深し
2010年11月12日 金曜日 晴れ

 ようやく友人達への宛名書きが終わった。
往時よりはかなり数がすくなくなっているが、それでもゆうに百はある。
今年も、伽羅の香りの墨が入った筆ペンで書いた。

 リストはひらがな検索できるようにエクセルで作っているのだが
書き始めるのは、お付き合いの歴史の古い方や、今年にまずお送りしたい方、、、。
鎌倉のYさん>>1982年のジャタコングレス(JATA日本観光会議)の時に、私のブースで、
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーを味わってくださった方で、その後ご一緒に
楽しい旅の計画をいろいろお手伝いした方で、もう八十代半ばになっていらっしゃる。
毎年お礼のお電話を留守電に入れてくださっていて私の宝物。

大阪のYさんもその折りの、エールフランス&メリディアンチェーンのホスピタリティスイートのプランを
下さった方で、大阪のWホテルの現役の社長さん、
作家のSAさん、パコーさんと一緒に巴里のランブロワジーを三つ星へと導いたSさん、
造り手のむずかしいフランス語の訳を助けてくださるSさん、京都のYさん、S先生、
小学校からの同級生のMさん、、、、波瀾万丈の人生の私をず〜と暖かく見守っていてくださるFさん、、、、。
みんな何十年ものお付き合い!
美濃焼の重要無形文化財のK先生は、毎年“仰ぎいただきました、、、と、
ご丁寧な自筆のお手紙をくださって、とっても嬉しい!

ここ数年は、お医者様もいらっしゃるし、弁護士の先生、IT関係の方も、音楽家の方も、、、、、
そして二人の共通の友人達も沢山いる。
そうそう、コメントを良く書いてくださる北海道のYさんや、東京のIさんももちろん。
夏にお世話になったO料理長、お手作りのレモンやハーブを送ってくださるMさんも、
そして今年は、まだお目にかかったことがないのに、ブログのコメントやメールで
いろいろ写真の事を教えてくださいDさんやPさんも。
でもKさんやMさんのようにワインをお飲みにならない方もいらして、ちょっと残念な方も、、、

 切手は、今年の干支の虎で過ぎゆく年にアデューを込めたり、昔々の見返り美人の切手だったり、
胡蝶蘭のお花だったり、お人によって変えてみたりして、、、、
そんなわけでようやく出来上がった封書の束をスナップして、
今日の最終の集荷にまにあるようにポストにいれて手をあわせた。

明日か明後日の週末には着くだろうから、ワインが届く2〜3日前で、
この週末がお楽しみの時間となってくださるだろう。
喜んでくださるお顔が目にうかんで、それが一番嬉しいな、、、

毎年の恒例となったボージョレニーヴォーの最後の〆が終わって、秋はますますふけてゆく、、、
ありがたいご縁に感謝しての週末を迎えられる、、、、

a0031363_15117100.jpg


http://keico.exblog.jp/11550484/
2010年11月10日 水曜日 ヌーヴォーの友への便り熟成し

〜〜〜
http://keico.exblog.jp/9248902
最後は友人へのギフトのご挨拶状の準備 2009年11月14日
去年のブログでは  <<<クリック、s.v.p
去年は、薄紅色のA4用紙と、両面パールのキュリアスメタルという紙で、かなり凝って創ったのだが、、、、

“今年もありがとうございましたとか、“あのお言葉は嬉しかったですとか、
“早いご回復をお祈りしますとか、
“お母様と五穀豊穣をお祝いしてくださいねとか、それぞれの方に語りかけながら、
感謝を込めて封印をした。
心って飛んでいって先方にチャンと着くと信じているから、、、。

a0031363_1621298.jpg


by pretty-bacchus | 2010-11-12 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(8)

曇天にベランダ彩る黒揚羽
2010年7月10日 土曜日 曇り後晴れ

 朝から黒揚羽がベランダをいったりきたり。
留守の間に朝顔の蔓はあっちへいったりこっちへ来たり、、、まるで一本の苗から咲いているみたい、、、
でも空は梅雨空で、イタリアのあの真っ青な一〇日間の空がなつかし〜〜〜い!

 今回のイタリアはRAWとBasicの両方で撮ったので、たまにはRAW現像をしてみようと思ったら、
現像ソフトがおかしい。Capture NX2も再インストールをしろと言ってくるし、、、
最初からみそが付いてしまったな、、、、

 ともかく撮ったSDカードは、持っていった外付けHDにバックアップしてあるので、
それをさらに別のハードディスクにダブルバックアップ。
4台のカメラだから、全部で六〇ギガもあって、おそらく一生全部を現像はしないだろう、、、、。
でも全部をざっと見て、ブログにアップしておきたいのをピックアップして作業を始めた。
今日は、旅の物を洗濯機をまわしたり、小物の片付けをしながらマックとにらめっこ!
私ってやっぱりバカだ〜〜〜!

 最初は、480でしたが、やはり少し小さいので、いつもの640にして、それからweb用に保存で、
数十キロに落とすことにした。
色は少し転んでしまうが、枚数が多いからその方が良いだろう、、、と思ったわけだが、、、

 まず出発の日から、
6月25日の、パリからトリノへの飛行機のエールフランスマークはやはり、
a0031363_109553.jpg 
 あの、映画「カサブランカ」の最後に出てくるマークと同じだった。
ということはどういうことなのかしら?
よほど古い飛行機だったのかしら?
詳しい友人にメールを送ったがまだお返事がない。

 映画「カサブランカ」は、私が生まれるまえ第二次世界大戦の最中に製作されたハリウッド映画なのだが、
リバイバルを何度も観ている。バンフリー・ボガートとイングリット・バーグマンが素敵。
パリでの車で走っているときの彼女のなんと美しいことか!
そしてリックが最後にイルザを逃した夜霧の中を飛び立つ飛行機のシーンは何度見てもなける〜〜〜〜〜。
♪”As Time Goes By."♪(「時の過ぎゆくまま」)はその代名詞にもなった曲。

 このマークが原点のエールフランスのパリ・東京路線一番機が羽田空港に到着したのは1952年だが、なんと今度の旅のメンバーの中に、1956年には、イタリア、フランス、イギリスに旅をなさったというご長老Hさんが、いらしたのにはビックリ!
御年85歳の元気な素敵な方でした!

〜〜〜
 写真の整理は一日目から始めたので、その日のブログに少し追加。
まだまだ時間はかかりそうだ、、、、、。

a0031363_954942.jpg  (pm8:59 飛び立ったばかりの頃、前のキャビンの左窓から)

a0031363_9551633.jpg (pm9:29 虹色の空のアルプスの上を飛ぶ〜〜〜)

a0031363_956910.jpg (pm9:30 夕陽がマークを照らし始めた)

a0031363_9575167.jpg (pm9:34)


a0031363_1003120.jpg (pm9:36 後の方に真っ赤な太陽が一瞬見えた、、、、まもなく前方左に月が昇り始めた、
今日は満月なのだ!)


a0031363_1022030.jpg (pm9:37 月は真っ赤なのに、どうして白くしか写らないのだろう?)

a0031363_1033249.jpg
 (pm9:45 トリノ上空、まもなく着陸のアナウンス、、、、)

〜〜〜〜〜〜〜
この写真を6月25日のブログに追加
http://keico.exblog.jp/10902069
2010年6月25日 金曜日
旅立ちの記録



by pretty-bacchus | 2010-07-10 23:59 | ♧JourneyAbroad海外2010 | Trackback | Comments(2)

ローマではやはり<プロシュートとメロン>
2010.07.05 月曜日 晴れ 猛暑

 あまりの暑さに外に出るのはあきらめて部屋でネットが使える間に、メールとブログの整理をしていたらお腹なすいてきた。
10階にあるレストランの2時前に入った。
ローマ中が見渡せるというのは本当だった。
少しもやがかかったローマを見渡すだけで今回はよしとしよう。

 プロシュートとメロンをオードブルに、手打ちパスタのフンギポルチーニをいただき、デザートはサクランボとイチゴ。
今回はあまり料理の写真を撮っていなかったので、オリンパスでカシャカシャ

a0031363_7253523.jpg

http://keico.exblog.jp/10977241/(でも、昨日のモンテプルチャーノのレストランの方が美味しかったです、、、、)
(上記クリック)

 今回の旅では、レストランとかではどういうわけかイタリア語がペ〜ラペラでてきて、我ながら驚いている。
食べるときになると元気になってくるのだから、困ったものだが、まあいただけるということは
良いことなのだが、
もう少し痩せないと旅は苦しくなるだろう、、、、。
歩くとはーはーと息切れがして苦しいから見ている方もしんぱいになるのかもしれない、、、、、
‘もう少し痩せないとつらそうですね、、、’とMさんにもいわれてしまっている、、、

 部屋に戻ってきて、ネットが使える時間にもう一日分が書けるかしら?

〜〜〜〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/10929316
(下記クリックしてください)
平成22年6月28日(月) 晴れ
アラーニャ・ヴァルセシアからサクラ・モンテ・ヴァラルロ・セシア
(上記クリックしてください)
by pretty-bacchus | 2010-07-05 16:14 | ♧JourneyAbroad海外2010 | Trackback | Comments(3)

「イタリアの最も美しい村」オルタ湖のサン・ジュリオ島へ
2010年6月27日 日曜日 晴れ

 モーニングコール06:30.
バゲッジを扉の外に8時に出す。
ツアーの良い点のひとつは、大きな荷物は持ち歩かなくてよい事だが、この早いモーニングコールは
私には苦手、、、、。
9時ホテルを出発。

東方面のNOVARAの10:20着、トイレ休憩がとられて10:45分発。
とおもろこし畑の中や刈り取られた黄色い麦畑の側等を通ってOleggioに11:20分着。
ノヴァラの郊外のオレッジオのサン・ミケーレ聖堂は、ブリガ・ノヴァレーゼのサン・トマーソ礼拝堂、
は11世紀のロマネスクの聖堂を訪れた。めくらアーチがきれいに残る小さな聖堂は、墓地のなかにぽつりとあった。
a0031363_19584962.jpg

(その他の写真は帰国後に、、、)

<麦秋やロマネスク聖堂凛として

 アオスタの谷からオルタ・サン・ジュリオへお昼すぎに到着。
オルタ湖は、南北10km、幅2kmの小さい湖。
コモ湖よりもさらに小さい。
アルプスの山々に囲まれてたたずむ姿から「緑に包まれた小さな宝石」と呼ばれていて、多くの観光客が訪れる景勝地。
かなり昔に通ったことがあるが、ゆっくりしるのは初めて。

オルタサンジュリオ
a0031363_6495840.jpg



 軽い昼食の後、ホテルへチェックイン。街には車は入れないからバスの所から歩くしかない。
すぐに集合で、街を端まで歩き、小さな船着き場から20人乗りほどのモーターボートに乗って数分の、
オルタ湖に浮かぶ美しい中の島サン・ジュリオ島へ。
「イタリアの最も美しい村」の1つに認定されている村。
a0031363_19551924.jpg  (昼食を食べた高台のレストランから)


 船を降りたすぐの所に聖堂がある。
彫刻を施した12世紀の見事な説教壇がある。
そっと写真を撮る。
4世紀以来の歴史のあるサン・ジュリオ聖堂で祭壇に手を合わせた。
a0031363_2013616.jpg

 外は眩しい夏の日差し、
絵のようなオルタ湖の景観を楽しみ、ひと時をすごした。
まさにオルタ湖のシンボルの、小さな可愛い美しい島。

この島は少ない世帯と、修道女だけが暮らす静かな島で細い道が続いてジャスミンがそこここで香っていた。  
島を一周するvia del Silenzio静寂の道を歩いても10分ほどで一周できるくらいの大きさ。

a0031363_2052549.jpg
       
 べネデッティ派の修道女達により、刺繍製品、手織り布、イコンの製作などがされていて、
土地の歴史を絶やさぬようにとのノヴァラの司教の提案で1970年だから再開されているとのこと。
途中にこの島には1軒だけお土産屋さんがあり絵はがきを買った。
ここのおばあちゃんは、三日に一度くらい、食料品などを買いに手こぎのボートで本土!にやって来るのだそう。

 本土にもどり、船着き場でスオウレムータで一息。
島をながめているカップルが影になって素敵だった。
a0031363_2081281.jpg  (pm5:11)


a0031363_20447.jpg


 ホテルは修道院後のホテルサンロッコ。
オルタ湖に真っ赤な夕陽が沈む頃から始まった夕食は、なんとサーヴィスが遅く三時間もかかって全員疲労困憊。
夜は21時半ごろまであかるいので、写真を撮り、、、ネット接続に挑戦したがダメ。
a0031363_20124391.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 あとの写真は帰国後ですな、、、、

More>>資料:ネットから拝借
by pretty-bacchus | 2010-06-27 23:59 | ♧JourneyAbroad海外2010 | Trackback | Comments(15)

旅立ちの記録(空港で母とあえて)
2010.06.25

日本を出発して6日にしてようやく、インターネットを使える環境になった。
が、明日はまただめだろう。

室内で書いた日記と、臨時の写真を少しでもアップしておきたい。
心配してお電話をくださった、Aさん、Fさん、Sさんありがとう!

それでは、まず出発の日に、、、、

2010年6月25日 金曜日

 結局慌ただしい出発だった。
一時間ほど横になったがほとんど寝ていない。
最終の荷造りで少し時間をとってしまったのだ。

 デンマーク戦に3−1で買ったサッカー岡田ジャパンの興奮が覚めやらないテレビを背に家を出た。
ほとんど寝ずに、家を出てNホテルから空港リムジンにのって8時50分成田着。

a0031363_1574292.jpg


 車生活をやめでからは、空港へはリムジンをつかうことが多くなった。
独りで旅ができる限界はスーツケール一個30キロと機内持ち込みギリギリのオーヴァーナイトバック一個と、
ハンドバックをいれた少し大きめのバック。
これなら世界中を独りで歩けるのだが、それも最近は辛くなった。
9.11の事件以降荷物の機内持ち込みも含めて大分うるさい規定ができている。
一個のバックは23キロ以内で、もし30キロあるならば、7キロは別なバックにいれないといけないという。

 普通は、大きなバックには本を数冊と着替えと、レセプション用のスーツがあればよい。
デジカメになってからはフィルムを検査用の袋に入れて二カ所に分けて入れるのが大変だったが、
今は、バッテーリーの異なるカメラの場合は、すべての充電器を入れなくては行けないから、これが結構場所をとる。

 7時半:家を出る。Nホテルの7時50分のバスにのる。
送ってくれた連れ合いとGMが最後まで手を振ってくれていて、なんだかさびしそう。
9時成田のターミナル2に到着。
グローヴァルカードの特別カウンターでチェックイン。
エールフランスを辞めてからはもっぱらJALで旅をしたので、十数年前からこのカードを持っていて便利をしている。
バックはジャスト23キロ。

ユーロに両替をして出国検査。
なんと100ミリリットル以上の水物の検査が厳しい。
パスポートコントロールでは、四十数年前の最初の旅以来、相変わらず<外国製品の持ち出し届け>の用紙があり、
税管の人が座っている。
これだけ外国製品があふれている今の日本に、これが必要なのでしょうかね〜〜と
彼らと話して、これも無駄なことなのですね。

 デューティーフリーで化粧水を買おうと思ったが、ほとんどが100ミリ以上で、
それもジップロッルの透き通った袋に入れないといけないというのだから、驚いてしまう。

 10時、母と会えた。
こういう旅立ちは始めてて一生の思い出になるだろう。
神様がくださった素敵な贈り物!

出発の時はいつも何十回、いや何百回と父と母が送ってくれたのだが、もうその父にいない。
母が‘今回は見送れないは’といってきて具合がわるいのかしらと少し心配になっていたが、
第二ターミナルの貴賓室で、VIPにお茶を差し上げた後は,数時間その近くにいる事がわかった。
夏なのに着物できちんとしていると90歳には見えないが、あうたびに歳をとっているのが、
こんなにわかるとは、、、、嗚呼!
a0031363_202444.jpg

a0031363_222469.jpg (昼の便の機内の食前酒はブラディーマリーと決めている)

 そして今JAL405の機内、右側の08Kで電源を入れてマックを立ち上げた。
機はかなり混んでいる。
ここまで来てしまえば、後はこの旅を続けるしかない。
いや喜んで続けよう。

10:40 登場開始
11:35 離陸
12:40 昼食サービス開始
14:00 電気が消えて就寝準備>>>パリは朝の7時なのに、、、
一昨日から飲んでいる抗生物質セットとPLを飲んでしばらくぐっすりとネルッコとが出来た。
正面の画面に映りゆく地図と時間はたのしい。
ALTITUDE 10972
Heurs Local a Paris

(写真は後で)

 パリ時間のちょうど12時(日本時間7時に)時計を現地に時間にあわせる。
窓をそっと開けてみるが雲ばかり。

<雲間からのぞく下界は梅雨模様
白い雲がきれいでカシャッと
a0031363_262645.jpg



14:45 ゴッドランドアイランド
Vusby
(写真は後で)


パリ時間3時
15爾15分、コペンハーゲン、マルモ

バックに入れたのは、オリンパスのE-P1+17mのレンズをやめて9-18Mがついているので、
中は9mで広く、外は18mでスナップショットが続く。

15時30分ごろからキエフの緑の大地と青い海が、白い雲のしたに広がる。
陸地ギリギリに道路がみえるのは人が住んでいるのだろう。
(写真は後で)

 今回は、行程の2/3が仕事がらみで、あとは<たのしい仲間>の10名の方々に数日加わって久しぶりに、
イタリアのアオスタの谷を廻れそう。
ここで予定が変われば直ぐにパリに戻らなければならないが、
ことによったらチンクエテッレのイタリアンリビエラを歩く事ができるかもしれない。
そうしたら、
本当に久しぶりの観光というわけだ。

 とここまで機内で書いたのだが、パリでもイタリアでもアップできずに今日になった。

===========
(2010.07.10 パリ>トリノの機内から撮った写真を追加)

6月25日の、パリからトリノへの飛行機のエールフランスマークは、
あの、映画「カサブランカ」の最後に出てくるマークと同じだった。
ということはどういうことなのかしら?
よほど古い飛行機だったのかしら?

a0031363_954942.jpg  (pm8:59 飛び立ったばかりの頃、前のキャビンの左窓から)

a0031363_9551633.jpg (pm9:29 アルプスの上を飛ぶ〜〜〜)

a0031363_956910.jpg (pm9:30 夕陽がマークを照らし始めた)

a0031363_9575167.jpg (pm9:34)


a0031363_1003120.jpg (pm9:36 後の方に真っ赤な太陽が一瞬見えた、、、、まもなく前方左に月が昇り始めた、
今日は満月なのだ!)


a0031363_1022030.jpg (pm9:37 月は真っ赤なのに、どうして白くしか写らないのだろう?)

a0031363_1033249.jpg
 (pm9:45 トリノ上空、まもなく着陸のアナウンス、、、、)




 
by pretty-bacchus | 2010-06-25 23:50 | ♧JourneyAbroad海外2010 | Trackback | Comments(4)

朝顔が十も咲いたの!
2010年6月15日 火曜日 晴れ

 朝顔が10個も咲いたの!
そのそばでジャスミンが芳香をはなっている、、、都心の狭いベランダもすてたものではありません。

 サッカー・ワールドカップをついつい見てしまった。
初めはBGMで他のことをしていたのに、最後の20分は手に汗をにぎって観戦してしまった。
サッカーは別にそんなに好きなわけではないのに、やはり日本代表の若者が、あの南アフリカで、
必死に走ってプレーしている姿はすばらしかった。
多くのサポーターが現地入りして応援し、日本は列島各地で「ニッポン」コールがこだましたのだという。
日頃の訓練に加え、走りながらの一瞬の判断力で結果が出てしまうハードなスポーツで、
世界に並び始めた日本のチームに拍手!

 寝不足なのに、朝早くから起きてまた朝顔日記。
今朝は、十個も蕾がついている!
やがて、朝日が昇ると次々に花開いていったあが、午後には萎みはじめて、
日が沈む頃には見る影もない、、、嗚呼!
花の命は短いのだ。

(朝の蕾の写真は後で、、、)



a0031363_5384181.jpg
  (オリンパスブルーといわれる色がこの朝顔を浮かび上がらせた。白いジャスミンが香って、、、)

a0031363_539277.jpg
 (夕方にソファーから超望遠で)


 午後になると、この二種類の朝顔の色はどんどんかわっていって、琉球朝顔のほうは、
ピンク色に変わり、だらしなく果てていった。
最後まで凛として、はかなげにつぼみはじめる「天上の蒼」は、名前負けしていない!
by pretty-bacchus | 2010-06-15 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(9)

梧桐の遠き一樹や鳥鳴きて
2010年6月14日 月曜日 雨

 梅雨入り宣言早々にひどい雨の一日だった。
遠くに鳥がないているのだが、アオギリの葉も大きくなって葉に隠れて声だけしか聞こえない、、、
何の鳥かしら?

 陽のない日を選んで、今日は殺虫剤となめくじ退治剤をほどこした。
ベランダは外気に面していて、借景の緑にも虫が沢山いるだろうし、
(それだから揚羽蝶が飛んでくるのだから、、、、)何十年もあまり虫の被害がないのは、
時をみてオルトランをまいたりしているからだと思っていた。
でも今年は全て新しい鉢なので少し心配になっていたら、アブラムシやなめくじが動き出していて、
初めて噴霧器の殺虫剤を使ってしまった。
植物たちが都会のベランダの環境になれるには少し時間がかかるのだろう。
水やりの時に花とお話をしながら様子をみることしよう。

a0031363_2242347.jpg

(裏の家の庭にある、この大きな木々が借景にも風よけにもなっていて、ベランダの花達には、
とても良い環境なのだろうが、もうこの位が都会のベランダの花の楽しみの限界かな?)


 ワールドカップ南アフリカ大会、日本対カメルーン戦が、いよいよ今日午後11時にキックオフした。
日本チームの健闘を祈りたい。
by pretty-bacchus | 2010-06-14 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)