タグ:OLYMPUS ZD ED12-60mmF2.8-4.SWD ( 79 ) タグの人気記事

東京湾では何のお魚がとれるのかしら
2009年9月8日 火曜日 晴れ

English Here

 大きな見事なブルーの朝顔が二つ見える、でも葉の向こうで、借景の緑とお話しをしている。
太陽がかんかんと照り初めて、蝉が鳴き始めた、、、でもミンミン蝉の声が太くて、m〜ん、
み〜〜〜〜〜んとゆっくりでしんどそう。
夏の終わりを知っているのね、蝉さんは、、、

 夕方になってオーシンツクツクの声も聞こえてきたが、日が落ちるとすぐに虫の声、、、
そう もう秋のなのですね〜〜、、、

 マックの調子が少しおかしい。
このMacBookプロ15インチは、去年の10月からなのだが、最初から少しおかしな動きが多かった。
アップルストアーのジニアスバーの方に話してあるのだが、まだもっていっていない。
1年が補償期間だから、そろそろいっておかないと、、、と思っていたのだが、、、
マックはPlusからで22年のキャリアーがあるから、、、な〜んて、少し自信を持っていたのだが、
パワーPCからインテルマックに移ってからは、最後のマック内の脳の手術までは自分でできなくなってしまった。

新しいOSのSnow Leopardがでたのだが、初期不良的なことがいくつも出てきているようで、まだ躊躇している。
いずれにしても、大事に至る前に、外付けHDに前バックアップをとっておかねばなるまい。
Time Machineで自動バックアップはしているのだが、なにせ去年は、その途中で途中で動かなくなったのだから、、
最近は爆弾マークがでないで突然うごかなくなる、、、a0031363_441541.jpg
あのOS9時代までの爆弾マークがなんだかなつかいしい。

Mac OS Xにも爆弾マークに相当する機能(カーネルパニック状態)があるのだが、
此はほんとに急にパニックになってすきではない。爆弾がでたほうが、かわゆいし、、、


 米アップルがサンフランシスコで9日に開くメディア向けイベントに、熱い注目が集まっている。
もちろん私も待ち遠しい、、
何が発表されるか楽しみ、、、タブレット型コンピューターはでるのかしら?
でも何よりも、スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏が姿を見せるのかがなによりも待ち遠しい。
二度目の病気を克服して元気が姿を見せて欲しい。
彼の健康状態で株価が上下するなんてどうでもいい、、、元気に回復した姿をみせてくださいね。
もしそうなら、明日の日本時間10日午前0時からのライブは是非みてみたい。

 バックアップの途中で、電話がなった。
“ケコサンお元気、、、ところで東京湾でとれるお魚はな〜に?
“サヨリと穴子、それにシャコも捕れるのでは、、、
“漁船の写真はあります〜〜?

う〜〜〜ん一瞬考えて、すぐに思い浮かんだ、
“ありますあります、良いときにお電話でしたね、、、今写真のフォルダーのバックアップ中で、
その中にあるから、、、、、、
去年の初日の出と漁船の写真をあと数分で送りますね、、、
陽が上がるまえに、ことことこと、、、、って、遠くに音がして望遠でのぞくと、小さな船がでていったから、きっと漁船でしょう、、、

 この頃はオリンパスE−3で良く写真を撮ってましたね、、、
最近は横着で思い機種を持ち歩かなくなりました。
函館のゆうこさんを見習わなければなりません、、、と反省の夜でした。


a0031363_12523928.jpg
 (2008.01.04のam6:52 東京湾に昇り始めた朝日、小舟がことことと音をたてて出て行く、、、)

a0031363_1253245.jpg
(2008.01.04のam6:54,
朝日はどんどん昇っていく、、、、、、)

a0031363_12532743.jpg
  (2008.01.04のam7:00)


a0031363_12534675.jpg
((2008.01.04のam8:5,すっかり明けた頃に北側の湾には、船が走って行った、、、、)

by pretty-bacchus | 2009-09-08 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(5)

朝顔やすぎゆく気配の雨しのび
2008/08/25 月曜日 雨やくもりや

English Here

 雨の月曜日、、、蝉がわずかにないている、、、、朝顔はたった一輪だけ雨に震えての寂しい朝、、、。

 事務所の数台のMacの整理をして友人宅に嫁入りをと思っているのに
なかなか時間が取れない、、、、

今日こそはと思っていたのだが、事務所と自宅の両方で使っている旅用のMacBookの様子が少々おかしい。
6月末にアップルストアーで直してもらったのだが、納得がいってないままになっている。

Mobilemeになってから、TimeCasuleのTimemachineでのバックアップもおかしくて、
メールの.macにいたっては、私のはまだおかしい。
友人からの大事なメールが三日もかかって届いて、彼女も私も怒り心頭!
世界中のMacゆーざーのほんの1%の人が被害者というのだが、その数はかなりいるのだろう、、、
その中に入っているとは、なんとしたことか?
そんな確率があるのなら、宝くじも当たるかもしれないな、、、、
買ってみようかな、、、、

 転ばぬ先の杖で、バックアップ用のハードディスクのタイムマシーンを、さらに外付けのHDに
バックアップすることにして、バッファロー300GBの中身の整理をしていたら、なんと撮ったまま、
そのままいじってない写真が沢山出てきた。
2005年と2006年の海外も旅の写真で、P2000に入れたのもそのまま、、、

こんなにが出てくると、他の仕事が手につなかい〜〜〜〜
困ったものだ、、、

a0031363_442338.jpg



 函館のゆうこさんはE-3で、いつも素晴らしい写真をとっていらっしゃる。
オリンパス機のアドバイスもいろいろいただいているのに、最近はあまり使っていない、いけない子!

E-3が防塵防滴キャンペーンをやっていて、E-3と防塵防滴のレンズ(松レンズ、竹レンズ)で
雨中撮影して、万一壊れたら購入1年以内なら無償保証とのことだ。

 カメラが雨に濡れるのはどうも好きではないが、今度大雨の中で撮ってみようかしら、、、
といたずら心が湧いてきている雨の秋模様の週の初めだ、、、、、

 (Bridgeでexsifデータを調べたら、この写真は今年の2月15日の22:15のもの、
この日の月は九日月で、月の入り 01時21分とあるから西に沈む3時間前の頃のことだ)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この後、昨日の日曜美術館の録画の書の番組「北京故旧 書の美術展」を見ながらMacに向かって
また写真の整理をし始めている。
そういえば、この頃墨を摺っていないな〜〜〜。古墨が泣いているだろう、、、

 2005年10月16日からのアリタリアの招待旅行の折は、毎日ブログに書いていたが、
写真の整理は、まだ半分も出来ていなかったのだ。

http://keico.exblog.jp/2324633/
2005.10.15出発の日に

http://keico.exblog.jp/2335423/
機内からの詳細レポート

a0031363_55105.jpg

(東京からミラノへの直行便は初めてて乗った。
アリタリア航空の招待だったのだ)
a0031363_555285.jpg


(シベリアの原野を飛んだあと欧州大陸に入る頃日が沈み始めた、、、)

 この時の旅カメラは、D70とE330だったが、コンデジのLUMIX DMC-LX1or LX2が
いつもバックに入っていた。
このカメラの16X9のフォルムがとても好きなので、、、、
by pretty-bacchus | 2008-08-25 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(6)

散歩道 冷やし中華に 舌鼓
2008年7月5日 土曜日 晴れ 真夏日だった

English Here

 歯が痛い、、、
奥歯の治療を数年さぼっていたら、どんどんおかしくなったようで、先月から何度か通ったが、
最後のかぶせになってどうも熱っぽくなる、
、、、、ってなわけで三週間逃げていたが、いよいよいけない。

 暑い中をK歯医者に出かけた、、、。
連れ合いの学校の先輩で、腕もハートも良い先生で、治療の合間に話す先生のユーモラスなお話は、
時には患者の歯の痛みを和らげるのにも役立っているかもしれない、と常々思っていた。
その先生が、今日なにげなく話していたことは、健康のこと、、、気をつけなさい、、、と
間接的に私を励ましてくれていたに違いない。

K兄弟はお医者様の家系で、兄弟大の仲良しで、二人とも歯医者さん。学校時代から
“イイですね〜〜〜いいご兄弟で、、、と、皆にうらやまれていたという。
その弟さんが、このところとても大変な人生だという。
“ここ15年ほど前からね、、、弟の奥さんが病気で、歯医者の仕事が終わると、
奥さんを車に乗せて毎日病院に透析にかよってるの、、、ゴルフもほとんどいかなくなったし、
同窓会とかにも出たくないみたいでね、、、
人生それぞれ皆な大変ですね、、、

 セラミックのかぶせを固定するのに、割り箸を加えて口をあけたままの
ほんの数分の先生のお話は鮮烈だった。

元気に毎日を送れることが一番大切なのだ。
元気で一生懸命生きていけば、どんなことも乗り切れるのだと、、、

〜〜〜〜
 少し歩いて本屋で、Mac Peple とMac Fanを買って、隣のエクゼルシオールカフェで読んでいると、
りんりん、、、、ベルがなった。
“散歩の中華にいこうよ、、、、
“そうしましょう、、、、

写真を撮りながら家路に向かって、そのまま先を急いだ。

 散歩の中華とは、我が家から十数分のS神社の近くにある地元のお店のことで、
シューマイの皮とか中華麺を作るお店なのだが、8名のカウンターがあって、地元の人が通い出前もする。
ここの手作り餃子(600円)と、つけ麺(600円)、茄子炒めなどそれぞれとても美味! 
そしてなによりも四川冷やし中華のゴマあじは最高。
冷やし中華大好きワタシは、夏になるのが待ち遠しいお店、
インテリのご主人と娘夫婦の三人は、地元の顔で、皆さんいろいろ相談に来ていて、
カウンターで飲んでいたりするのは、下町の良さなのだろう、、、。

 入り口におかれた睡蓮の三つの鉢は、黄色、ピンク、白の睡蓮が、午前中一杯咲いている、、、、。

8時には閉まってしまうから、ここまで歩いて帰りもまた遠回りで歩いて帰ると、良い散歩道になる、、、。

a0031363_139237.jpg
(歯医者さんの窓から、ブラインドを少し上げたら通りのブルーの朝顔が見えた)

a0031363_1422660.jpg
  (今日は普通の冷やし中華にした。ワインは白のピノグリッジョ)
a0031363_1442142.jpg
 (お店の入り口右には睡蓮の鉢が三つ、きれいに澄んだ水にはメダカが泳いでいる)
a0031363_1492041.jpg

a0031363_1503522.jpg

a0031363_1512363.jpg

by pretty-bacchus | 2008-07-05 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(10)

The longest day in midsummer
2008/07/04 Fri 晴れ

English Here

 気が付いたら、若い男性に抱きかかえられていた。
“大丈夫ですか、、、、と、爽やかな声がする。

ぎらぎらとした太陽が頭上に輝いていた。
どうしたのだ、、、、、?
路上で頭を巡らした、、、。そうだ、今、私はタクシーを降りて先生に深く頭を下げたばかりだ。
交差点の青信号の向こうに、その車が見えるから、ほんの一瞬だったのだろう、、、。

“危ないですから歩道に行った方が良いですよ、、、、と青年。
ありがとうございました、、、とうなずいて、お礼を言った。
青年は二三度後ろを振り返りながら、歩き去った。
午後四時半頃のことであった、、、。

 今日は午後から、大きなビルの長い廊下の突き当たりの一室に私はいた。
初めての経験というのは、人生いくつになってもきりがなくあるが、今日のこの日も、
数日前にいわれていたが、まったく予期してなかった事だった。
遥か昔に遭遇したある一つの事柄=むしろ自分では、私のほうが被害者と思い続けてきた事柄についての
あるミーティングに出ていた。
Sさんからのアドヴァイスで、事情を話しに行った方がよいといわれてはいたし、
先生と連れ合いもいっしょだったから、自分では落ち着いていたつもりだった。

関係者の方々は、考えていたような方々ではなく、紳士的な心ある方ではあったが、長い時間話をした。
人生のほんの一部にしかすぎないことだが、その事柄に関しての二十年も前のことを思い出しながら、、、
しかしそれでも十分ではないだろう、、、と思いながら、、、

真横に見える大きなビルがとても無機質なこと、焦げ茶色の大きな応接机に椅子が八つ、
人は五人、、、、、位しか覚えていない。

部屋を辞したときに、突然左膝下の鬼門とお腹がいたくなった、、、いけない、大丈夫かな〜〜〜、、。
ビルの外に出たときには、ギラギラした真夏の太陽が、遠慮なく輝いていた。
まぶしい〜〜〜目が開けられない、、、、

“大丈夫ですか、、、、先生が心配してくださったが、はい、、、と、
三人でタクシーに乗って十数分で、私が二番目に降りた。
どうやらその時に目眩がして一瞬気を失って、倒れるように道路にしゃがみ込んだラシイ、、、、

こんなことは初めてだ、、、、強度なストレスで大腸がおかしくなって、入院したことは何度かあったが、
気を失ったことはいままでなかった、、、、
若いときには耐えられるストレスが、歳を重ねる毎にその対抗が弱ってくるのを感じていたが、
こんなに弱くなってしまったのかワタシは、、、。

 不可抗力で巻き込まれた人生の荒波をいくつも乗り越えてきたが、またまた真夏の大きな荒波が襲ってきた。
これは神様がしかけた、試練の波なのだろうか、、、、。
もし、そうならば、もがきながらでも、乗り切らねばならないだろう、、、、

 “波を乗り切るのに、スピード社の高速水着「レーザー・レーサー」のような救世主があるといいのにな〜〜、
、、などと、ぶつぶつ独り言を言いながら、角角に立つサミット警備のお巡りさんに会釈をしながら、、、、
家路についた。

〜〜〜 
電話が鳴った。
“ひどい歯痛で、これから急に歯医者さんだから、、、、と。
どうやら、連れ合いもひどいストレスで歯にきてしまったようだが、歯医者の先生は、
“最近そういう患者さんが多いから、明日はゆっくりやすむように、、、、と
おっしゃったそうだ。
病気も社会現象によってかわるのだとか、、、、

 a0031363_23471499.jpg
(途中の店の前にあった蕾の百合が一声に咲いていた)a0031363_23481047.jpg 
(この家主は植物が好きなようで、水やりをしているところを時々みかける)a0031363_2349474.jpg
a0031363_23494746.jpg 

 (写真は昨日の夜に、、、)
by pretty-bacchus | 2008-07-04 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(14)

真夏日も 友の輪が呼ぶ 涼風や
2008/07/03 Thu 晴れ  暑い一日だった

English Here

 Sさんのお手伝いで、勝どき近くの豊海の倉庫に行かねばならなくなった。
以前だったら、連れ合いの車とか、青山さんの車でいってもらうのだが、今日はどちらもない、、、、
さて、さてこれも又一つのチャンスかもしれない、、、。
事務所から四谷駅まで歩いて、また都バスに乗ることにしよう、、

都バスで検索すると、勝どき駅まで15停留所で、21分、乗り換え3分で、新島橋まで2分の行程だ。
銀座四丁目で乗り換えると、月島警察までの別の路線があることがわかったが、
始発で座ったまま勝どき橋を渡ることにしよう、、、

  っってなわけで、出かけようと思っていたら、携帯が鳴った。
“時間が出来ましたから、今そちらに向かっています、、、
うは~~~、青山さんはいつも助けの神だ。少し荷物があったからアリガタイ、、、、
ありがとう~~~~!

 その上、ワンボックスカーの助手席はやはり、バスより快適だ。
一段高いのは同じだが、自由度が多いから、街の様子はながめがよい、、、、でも、
久しぶりに会ったので、シャッターを押すのも忘れて話し込んでしまった。
友人っていいな、、、、、
(二人とも、またパリ恋いが始まっているみたい、、、一緒にフランスを取材旅行をしたのは、
もう前世紀のことなのだ、、、)

 一仕事を終えて帰路につき、かちどき橋を渡って銀座ネオンが灯り始める時間は、
まさに東京だな、、、、って感じで、助手席からカシャッと、、、
a0031363_4422890.jpg
(日比谷の地下で入る車とバックミラーのセルフポートレート?
カメラで顔がみえませんね〜〜)

a0031363_2495014.jpg
  (都会の夕陽は高速道路のすき間に落ちるのか、、、、)
a0031363_2504185.jpg
  (最高裁の建物の上の暗雲にも、希望の光がうごめいている〜〜)


 夜は久しぶりに大川やさんで、お蕎麦をいただいた。
入り口に野草の小鉢が置かれるようになって、季節感一杯で嬉しい、、、な、
大好きなルリ虎の尾があって、スナップ、、、、
大川さんとも久しぶりにお話ができて、嬉しいな、、、、

 東京の下町的通りには、暖かい涼風が吹いていた、、、。
こんな風に、今日も一日無事に終わって、、、、感謝の気持ちで、いっただきま〜〜〜す。

 デザートは家に帰ってから、Tさんから送っていただいた山形のサクランボで、、、(これがまた美味しい〜〜〜! ありがとうございました。)

a0031363_2561412.jpg

a0031363_258582.jpg

a0031363_2591031.jpg


http://keico.exblog.jp/5967493
ある日の大川やさん << click here
by pretty-bacchus | 2008-07-03 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback(1) | Comments(12)

十数年ぶりの再会
2008年6月26日水曜日 曇り

English Here

 マックはなおったが、結局、私が納得する原因はわからなかった。
ジニアスバーでも、あまりなかったことというから、やはりお化けだ、、、、

 今日は、雄峰さんと十数年ぶりに再会、、、
お互い歳をとったが、若い頃の輝きは、二人とも失っていない、、、

一昨年大分歳の違いがある若い素敵な女性と結婚なさったという。

 フランスの話、食べ物の話に華が咲いて、二時間はあっというまに過ぎてしまった。
美食を何十年も堪能した後の50代は、白い美味しいご飯と干物やお魚が一番という、、、
来週に夕食にお招きいただいて、楽しみだ、、、

a0031363_041470.jpg


昨日の走る都バスから、、一段高い座席からは、お堀の水がきれいに光って見えた、、
a0031363_014399.jpg

by pretty-bacchus | 2008-06-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

また伸びて 梅雨の合間の 朝顔のツル
2008年6月24日 火曜日 晴れ

English Here

 暑い午後になった。
アップルストアーのジニアスバーからはまだ電話がないから、幽霊状態の解決に手間取っているに違いない。

 今夜は約束があるからこれ以上待てない、、、
昨日のスナップを少し整理して、昨日のブログに貼り付けた。

今日も又、同じ路線に乗ってみよう、、、かな、、、
a0031363_16571064.jpg

a0031363_16573259.jpg


午後の強い光に緑が綺麗だったので、出がけにレンズの悪戯でスナップ、、、
by pretty-bacchus | 2008-06-24 16:15 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(12)

マックはなおらない〜〜〜
2008年6月23日 月曜日 二回目のアップ

English Here

 良いことも悪いことも、何事にも機が熟するということがあるということは、
ここ数年じ〜〜〜と実感している。
若い頃にそれが実感としてわかっていたら、もっと的確な判断ができて、準備ができて、
別の道をえらぶことができた事も沢山あったに違いないが、ままならぬもの、、、
それも人生!
 
 まさかの坂につまずくことも、あの道で足をふみはずしたあの時の事故も、せんだっての自転車の事故も、
はたまたコンピューターが壊れることも、ある意味の機が熟してのことではないか、、、

 良いこともきっと大きなプラスの機が熟しての結果なのではないか、、、と、
ここ数日妙に考えてしまっているのだ、、、


 ず〜〜と長い間マニアックな車の生活だったが、ワタシの車は、
目を失いかけて運転がままならなくなった時に手放した。
そのあとしばらくはタクシーと連れ合いの車、、、、、
それが昨年の夏の終わりに、煙をはいて最後の車がなくなってから、さて、、、どうしようかな、、、、
と思っているのに、彼の方は、すでに歩きの生活のシフトチェンジをし始めている様子、、、、。
私は、いつも重い荷物やカメラを持ち歩いているので、なんとか一台は置いておきたいと思うのだが、、、

 青山カメラマンの車の助手席に乗せるもらうようになって、その席座の高さに驚いた。
街をときには見下ろすように、また空を見上げるときの角度が、普通に乗用車と違うのだ、、、
“面白い〜〜〜、といったら、
“内の家内もこれに乗ったら、もう普通の車には乗れない、、、って言って、
ワタシはいつも運転手ですよ、、、、と。

 そうか、それなら、我が家も、ワンボックスとかバンにしようと思っているのだが、
なかなかそうもいかないものだ、、、

 あまり乗り付けない都バスに乗るようになったのも、ここ数ヶ月だが、
これが以外に楽しいことがわかった、、

運転手席の反対側の一番前の席は一段高い、、、そこに座って出発前からカシャカシャ、、、
途中のお店とか歩く人とか、お堀の水とかを、動く車窓から撮るのも愉しいものだ、、、
二十分はあっというまに過ぎて、銀座四丁目着。
雨が突然強くなって、雨の銀座は久しぶり、、、、なんだか少し浮き浮きするのはお上りさんだっっ、、

 アップルストアーの二階のジニアスバーに16時半着、、、
先月御世話になったMさんが、十数分後に対応してくださった。
“どうなさいましたか?
“真夏のお化けです。
“?
“?、20年マックをつかていますが、初めての現象で?
“それはおそらく大変なことなのでしょうね、、

 アップルのPlusの頃から20年にわたり、OS7.2>7.5>8.2>8.5>9.1>9.2>OSXと、
そのシステムが変わってもずっとマックを使っていて、事務所と自宅で何十台もの歴史があることは、
彼は知っている。
その上、前回にいろいろお話をしたので、ワタシの経験もわかってくれているのだから、
この会話は尋常ではない、、、。

“何十台マックを使っていましたが、こんな現象は初めてで、、、、
“つい最近まで、Apple Ⅱciは、健在だったのですよ、、、他のもほとんど問題がなかったのに、、、
とついワタシは愚痴になる、、、

 ジニアスバーの高い椅子にようかく腰を落ち着けて、相談が始まった、、、、しかし、
この現象は、彼も初めてのようで、二人で首を傾げてしまった。 
まわりのプロのよってきてくれている、、、

それでも、プロの対応と対策の操作は、なるほど、と一つ一つ納得で、二人で、あーでもないコウデモナイ、、
ワタシが考え得た全てのことを彼も実行、
(よしよし、、、インテルマックの直し方を、ワタシも少しわかってきたな、、、うふふ、、、)
しかし、結局、ふわふわと動くデスクトップはなおらずに、
ワタシの愛用のマックブックは一晩アップルストアーで外泊することとなってしまった。
“外泊の理由を、ちゃんと明日は説明してくださいね、、、、と念を押して、、、。

 7時からの、三階のフォトショップの講習を聞いて
(これがすっばらしく為になるものだった、明日にレポート)、
くったくたで帰宅、、、
こんなことで疲れていては、今後が思いやられるのだが、、、いやはや、これが現実だ。

 でも、バスが出る前から、アップルストアーを出るまでに、
ずいぶんカシャカシャトシャッターを切ったような気がする、、、明日に少し整理をしよう、、、
a0031363_1625325.jpg
(左側の最前列は一段高い、、、)
a0031363_163292.jpg
  (走るバスより皇居の緑とお堀をカシャッと、、)a0031363_1635359.jpg
  (路肩のあじさいが綺麗だった、、、)a0031363_1642167.jpg 
 (一階おくの透明のエレベーターから二階のジニアスバーを盗み撮り、、)
by pretty-bacchus | 2008-06-23 23:56 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

南川 三治郎の「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道
2008年6月19日 木曜日 晴れ

English Here

 夕方ぎりぎりで、銀座の松島眼鏡店の二階ギャラリーで行われている知人の写真展にかけつけた。
この写真クラブは、日本経済を担って活躍の後の定年後の男性が多いということだが、
二十人が三点ずつの出品で、全体に歩調があった気持ちの良い写真展だった。

 昨日は、フジフイルムのFUJIFILM SQUAREのフォトサロン「PHOTO IS」での写真展
『「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道 写真・南川 三治郎』を見に出かけた。

 久しぶりの東京ミッドタウンは、オープンして一年数ヶ月がたっていてすっかり落ち着いていた。
ガラスのドアーを中にはいると、眼前に天井近くまで掛けられた熊野古道の写真で先ず圧倒された。
美しい二人のお嬢様が受付に、、、、

「紀伊山地の霊場と参詣道」として、ユネスコの世界遺産に登録された熊野古道の美しい自然や風景、
寺社の国宝の仏像、お祭りやその他の行事などの模様、普通では見られない寺社内の祈りの姿を、
写真家南川三治郎氏は、見事に活写して絵にしていた。

 会場に展示されていた、世界で3台しか作られなかったというアメリカ製大判カメラ
「ディアドルフ8×20」に手を加えた世界に1台しかない貴重なカメラでの撮影だという。
 熊野古道を撮ろうと決意したのは、50,000km離れた、スペイン西部の霊場カトリックの巡礼の道の
サンティアゴ・デ・コンポステーラSantiago de Compostelaを撮っているときにひらめいたというから、
凄いものだ。

 受付にいらした南川 三治郎とは、十年ぶりの再会で、
フランスのブルゴーニュでお目にかかって以来だったが、南川氏は覚えてくれていたのだろうか、、、
その後のお仕事のベルサイユの撮影のお話もうかがい、写真集「世界遺産巡礼の道をゆく
カミーノ・デ・サンティアゴ」にサインをしていただいたりした。

 二階で行われている二つの写真展も鑑賞した。
東京ミッドタウンは、東京都から「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」の
「街並み景観ガイドライン」の承認第1号となったというので、三つの建物を少し探訪して歩いた。
なにからなにまで揃うお店が沢山あって、まさにひとつのタウンだ。

ギャレリアの一番おくにある、ナポリといピッツアリアで、知人がホールの仕事をしているので
初めて寄ってみた。
ま〜〜なんとビックリ! ピッザ屋さんというから町の普通のお店と思っていたのだが、
なんと白亜のガラス張りの南欧風のすてきなお店で、テラスを含めて満席。
日本語を話している外人のお客さんもいて、このビルの国際性をかいま見ることになった。

一人で、アンティパストと、小さいピッザをいただいて、お上りさんよろしく
日本のイタリアを味わった一時だった。

日進月歩はITの世界だけでなく、東京の街もどんどん変わっていく、、、、。

a0031363_09915.jpg
  (四十数メートルもある吹き抜けの二階から、、、)
a0031363_033867.jpg

a0031363_045448.jpg
  (外のテラスは気持ちがよさそう、、、、)

by pretty-bacchus | 2008-06-19 23:56 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(6)

二週間ぶりの散歩道
2008年6月18日 水曜日 晴れ

English Here

 暑い、でもこのままぐったりしては、いけない、、、。
思い切って夕方散歩スタイルで事務所を出た。

目的は東京ミッドタウンのFUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)と
富士フイルムフォトサロンでの写真展。
1Fギャラリー「PHOTO IS」では『「日・欧巡礼の道」展 日本編/熊野古道 写真・南川 三治郎』が
開催されている。

 四谷をすぎて、御所の西側の道をいつもとは反対側に道をあるいた。
四谷から青山あたりまで歩いて、できたらミッドタウンまでもと思っていたが、
またまた途中の緑と草花に目を奪われて、カシャカシャ、、、
昼間の散歩は、ライブビューのオリンパスE3と決めているので、前回より慣れているから、
面白いように自由に撮れる。

 外苑の反対側の、御所の南側にあるバス停のベンチで一休み、、、、。
大分時間をかけてミッドタウンに到着。
防衛庁あとが東京ミッドタウンとして生まれ変わって一年数ヶ月が経って、
大分落ち着いてきたような気がするし、昨年には、東京都から「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」の
「街並み景観ガイドライン」の承認第1号となったので、少し探訪することにした。

 写真展は、、、、(続きは明日に)


a0031363_1291737.jpg
a0031363_130244.jpg
a0031363_131234.jpg

a0031363_132051.jpg
a0031363_1323365.jpg
a0031363_133442.jpg
 (ライブビューでほとんどノーファインダー的に撮ると、ピンが外れることがしばしば、、、。
まだ慣れてないということだ、、、、)

by pretty-bacchus | 2008-06-18 23:59 | ♪Walking散歩坂道祭り | Trackback | Comments(14)