タグ:Nikon D7100 ( 446 ) タグの人気記事

クリニックと大学病院のかけもちで老後の医療を考える
2017年7月19日 水曜日 晴れのち曇り 梅雨が明けた

 朝一でワタシがまず近所のクリニックへ。
背中の痛い個所が内臓のどこかの個所だと心配だったが、どうやら膵臓も肝臓も腎臓の個所でもなくて、
妙に一安心。
ではどうして?
寝違いとかでこんなにひどい痛みが来るのかしら?
どうやらそういうことはあるらしい。

 人生ではじめてのむ痛み止めのロキソニンとシップを薬局でいただいて、ともかく食事をして
薬を飲んで数時間うとうとしたらだいぶ良くなった。

a0031363_03492456.jpg


 歩くのがあまりつらくなくなったので、午後遅くに連れ合いが入院している病院へ。
こちらでは予定外のことが起こっていて、主治医の先生とT先生とにお話しをうかがった。

心臓にカテーテルをいれての治療がうまくいかなかったようで、軽い麻酔のはずが、数時間たって
夕方になっているのに、様子がおかしい。
手術室の集中治療室から循環器の階の集中治療室にもどってきていたが、いくつものチューブに繋がれていて、
口には酸素吸入器? 鼻には詰め物? どうしてしまったのだろう?
布団はかかっているが、手術着は下の方にめくれていて肩がでていて寒そう、、、。
いつも思うがこういうところはドクターも看護士もあまり気にしないよう。

 突然すごい勢いでうつむきになって起きたい様子。
急いで看護士を呼んだ。チューブを外してもらったらニコニコ。
でも私たちをわかっていないゆ、、、、。車いすに乗せられて部屋をでた。
にこにこ笑っているが、T先生のこともワタシのこともわかっていないような感じ

夕方からずっといらしてくださったT先生も心配そう。
ちょうどお着きになった主治医のM先生にお話しをうかがうことができたが、
先生方にもおわかりにならないことが起こっているのかもしれない。

 ナースセンターで食事をすませて戻った彼は、今度はすぐに眠りについた。
どうなってしまうのだろう、、、、心配だが病院におまかせするしかないが、この階のナースの方々は
前の入院の階のナースの方々(皆さん素晴らしかったのだ)とはなんだか違う。

 心配な夜がふけていく、、、、。



by pretty-bacchus | 2017-07-19 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(4)

海の日は東京でも猛暑日でした
2017年7月17日 月曜日 晴れ 猛暑日の東京

 海の日。
子供の頃は汐干狩とか海にいくのが好きだった。
背中が真っ黒に焼けると冬まで水着のヒモの跡がとれなかった。
それが今はあまり日に焼けると皮膚癌とかの心配があるそうで、時代が変わるとこんなことまで
かわるのだろうか。
血圧とかコレステロールとかの数値も考え方やデータがどんどん変わってきていて、
なにを信じたら良いのか困っている人達が沢山いるという。

 それでもまだ梅雨はあけないようで、おかしなもので梅雨があけないとセミも思いっきり鳴かないし
朝顔も元気にならない。
ほんとうに自然や昆虫や花たちって不思議だ。

 明日からの準備をして、ゆっくりとした猛暑日の休日でした。

a0031363_03490435.jpg
(夕陽が差し込んでカーテンが刻々と模様を変えていくよう、、、、)



by pretty-bacchus | 2017-07-17 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

都議選は小池知事「都民ファーストの会」が圧勝、iPad Proと緑の魔法びん
2017年7月2日 日曜日 雨

 雨の日曜日は、ゆっくりした日曜日。
夜半からは、東京都議選の結果一色のテレビだった。

a0031363_01454379.jpg
小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」が大勝利。
自民党は歴史的敗退 を喫した。
政権運営が問われた安倍晋三首相の求心力が低下したといわれている。

でも小池百合子都知事はこれからが大変だろう。
築地市場の移転や五輪費用など課題は山積しているのだから。

選挙カーの中の小池さんへのインタビューで
七つ道具について訪ねられたら、
 第一にiPad Pro
 ポストイットの日めくり
 魔法瓶で温かい紅茶
 緑のスカーフ(日焼止め)
 断酒(勝ったらビール)
 緑色のハチマキ
と、デジタルとアナログの見事な組み合わせだった。
お見事!

(都庁への初登庁の折に握手を拒んだ幹部都議は落選した)
「小池氏、国政脅かす」と、海外でも都議選の自民大敗報じたという。

女性故に足を引っ張られることもまだまだあるだろうが、頑張って欲しい!
by pretty-bacchus | 2017-07-02 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

しとしととふる雨に、灰色のパリの空を想って
2017年6月13日 火曜日 一日小雨

 こんな時には静かに雨のふる日はなんとも嬉しい。
雨の日も悪くないと思い始めたのはいつのころからだったろうか。
子供の頃は晴れ女で、遠足の日なども前日の雨はうそのように晴れていた。
てるてる坊主をつり下げたことはあまりなかったな、、、。

ずっとずっとそんなだったが、人生にも晴れの日と雨の日があることをしみじみと感じ始めた頃から、
雨の日の暗さも落ち着きも、そしてその後に必ずやってくる太陽のまぶしさをもっと好きになっていった。

 どんよりとした冬の空を好きになったのは、パリに住んでいた頃からだった。
パリの冬の空はほんとうに暗かった。
駐在にでたのは七月の暑い日だったから、夜の十時過ぎても明るいパリに狂喜した。
それなのに、冬になるとパリの空は灰色になっていった。
同じ空なのに青空はどこにいったのかしら? と不思議に思ったものだった。
その空がまだ暗い頃に一人で車を運転してA6オートートをくだり、仕事場のオルリー空港までの小半時は、
時にはつらいものであった。
真冬になると道路はベルグラとなって凍り付いた。
東京から到着する飛行機が着く頃にやっと昇り始める太陽に手をあわせたものだった。

 その冬が明け始めるのは二月の終わりごろ。
高速の右に左に黄色いエニシダの花が咲く頃で、街の館の庭々には紫のリラの花が咲き始める。
そうしてやがて気がつくと空の色はだんだん青い空になっていく。
あの灰色の冬の空の数ヶ月があったら、この青い空の美しさはなおいっそう大きいのだろう、、、と、
妙に納得していった。
次の冬には、そのグレーの空の冬のパリを楽しく思い始めたのだった。

 あれから四十六年、つい昨日のように思い出すのは、あのころの一日一日は毎日がとても濃かったのだろう。
わたしの生きた記録と記憶にはかかすことにできない<あの時代のパリ>
それはきっとどんどん遠くなるにちがいない、と思う今日の東京での<私の巴里>

a0031363_23554674.jpg
 (しっとりと雨に濡れた借景の緑は静かでよい、、、、)



by pretty-bacchus | 2017-06-13 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

満月を愛で、ドラマティックな人生を、パリへの旅を思って
2017年6月09日 金曜日 曇り後晴れ 明け方の月

 眠れずに出発準備をした小物の片付けものをしていた。
アパルトマンホテルだったからキッチンペーパーやサランラップや柔らかいティッシュとかも入れていた。

 午前三時ごろ何かが動いた気がした。
カーテンをあけると西の空に月が沈み行くところだった。今夜は満月かしら?
赤い月が梧桐の葉の向こうにどんどん沈んでいってしまう。
二つのカメラをもって、ガラスにレンズと顔をつけて何枚か撮った。
静かな夜に月はなんともいいものだ。

#IMAGE|a0031363_23492098.jpg|201706/11/63/|mid|860|582#]

a0031363_2350278.jpg


a0031363_23502837.jpg


a0031363_23505534.jpg


日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時24分  : 日の入 18時56分
  月の出 18時31分  : 月の入 04時16分

 結局というか人生の図に描かれていたようにというか、今日の巴里への出発は出来なかった。
今頃は機内でマックのキーボードを打っているころだったろう。

 六月の旅は七年ぶり、六月のフランスはなんと2006年以来となるから心躍っていた頃に違いない。
それがこうして毎日病院通いとは、ほんとうに私の人生ってドラマティックすぎるではないか!
その昔、パリでいつも車をだしてくれた個人タクシー&インテリア会社オーナーの友人は、
ケイコの人生はファンタスティックといつも言っていたが、そうではなくドラマティックですよ〜と、
話していたことを思い出した。
山あり谷あり、青天の霹靂の波になんども大揺れにもまれながらの何十年だったろうか。
もうそろそろ静かな最晩年となることを願っているのに、まだまだ神様はそうはさせてくれないようだ。

 パスカルとの交信も終わって、事態をわかったくれて一安心。
感動的な言葉をいただき、次の再会を約してホロリ。(非公開でブログ上にも記録しておきましょう)

a0031363_23513948.jpg
(東の空の雲が美しかった)

 夕方からもう一度病院へ。
連れ合いも72時間ぶりに集中治療室からでて、普通のお部屋に入っていた。
一昨年の泌尿器科関係の十二階ではなく、今回は循環器関係の十八階で、それも個室ではなく六人部屋。
なにか理由があるようで、いろんな方が入ったり出たり。
どんどん元気になっているようで、T先生も一安心。
週末は検査が限られるようで、来週にはまたいろいろ検査が続くようで、可愛いそう〜〜〜。
でも顔色もよくなったし、、、良かったよかった〜〜〜〜!

More>>>パリの事は
by pretty-bacchus | 2017-06-09 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

病院の帰りに百貨店でお化粧の講習をしていただきました
2017年6月2日 金曜日 晴れ 病院から初めての体験

 二ヶ月おきの眼科へ。
前回レーザーでポリーブをとってもらってから調子が良いので、今日は通常の検査。

この病院の眼科は評判が良く、いつもとても混んでいて終わったのは午後三時。
疲れ切って地下の売店でサンドウィッチとお茶でにごして一息。

 瞳孔が開いたままなので、今日はとくにまだ眼がかすんでいる。
帰りはタクシーで伊勢丹まで。陽の光が強くなったので日焼止めクリームを買いに
エスティーローダーのカウンターへ。
とてもすいていてカウンターに座っていろいろ相談。

ともかく朝は化粧水と乳液だけで、あとは口紅をぬり眉を少々描き足すだけなので、紫外線をあびたまま。
数年前からBBクリームなる下地クリームはぬっているのだが、一年ほど前から顔のシミが多くなってきた。
BBクリームのうえに更にファンデーションを塗ってと思ってファンデーションを買おうと思ったのだが、
どうやらそうではないらしい。
BBクリームと下地クリームは違うと言うし、、、。

“一度最初からなさってみませんか? 十五分ほどでおわりますから、、、”
“え〜〜〜? ここでお化粧の講習ですか〜〜?”
あれよあれよというまに、クレンジングクリームで口紅がぬぐわれて、朝顔を洗った状態になって、、、、、
お化粧が始まった。
Sさんが前に座って私の顔にいろいろ付けはじめる。斜め右に鑑をおいてあるので、自分の顔がよく見える。
まず化粧水なのだが、もうそこからの丁寧さが違う。
化粧水>アドヴァンスナイトリペアー>アイクリーム>モイスチャライザークリーム>
SPF50の下地クリーム>それから液状のSPF10のファンデーション>なんとその上に
パウダーをブラシでさらさらと。

ここで顔が終わって、あとは目の上に少しハイライトをのせて、口紅を描いて一応終了。
そのあと若い人は、まつげをうえに上げて黒いマスカラを塗るのだそうだが、私はやめてもらった。
口紅もぬるぬると光った感じは嫌いなので、マットなものを選んでもらった。

鏡をもう一度みた。ふむふむ、、、良いではありませんか!
なんとも楽しい小一時間でした。
百貨店の化粧品売り場でマネキンよろしく、お化粧の講習会をしてもらうなん、
この歳になって初めての経験で、いくつになっても初めての事ってウキウキするものなのでした。

 帰宅して、連れ合いの前に顔を近づけたのですが、ぜんぜん〜〜〜違いがわからなかったのでしたが、、、、。

ガラス越しにまさかおしろいの香りがわからないでしょうが、ベランだのゼラニウムの花に
黒揚羽が飛んできました。

 雨があがった借景の緑がきれい。
急いでカシャッ〜〜〜。

(ガラス越しにカシャt〜〜〜!)
a0031363_15555174.jpg

(あら、顔を出しました〜〜〜こっちを見ている〜〜〜!)
a0031363_15562734.jpg


by pretty-bacchus | 2017-06-02 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

メジロ君が陣中見舞いに来てくれました
[2017年5月30日 火曜日 晴れ 
 
 予定が変わり、会のペーパーを作らねばならなくなった。
器用貧乏でイラストレーターもこなすので、こういう時は常におはちが回ってくる。

 先方のオフィスでは勝手が違うので、自宅のPowerBookに夕方まで首っ引きで二つを仕上げた。

 時おり目を上げて借景の緑を見るのがただ一つの慰めに時間。
あれ〜〜〜べらんだの鳥がやってきたみたい、、、ソファー脇のカメラで、ノーファイだーでカシャリ!
メジロかしら?
ありがとう〜〜〜陣中見舞いに来てくれたのね!

a0031363_1534539.jpg


a0031363_1545442.jpg



 夕方に連れ合いの友人のAさんからお電話をいただき、数年ぶりでご一緒させていただいた。
ふくさんでお席をおとりいただいて、お料理をいただきながらの一時となりました。
男友達って本当にいいなって、思う一時。
もっともあまりお酒が強くない連れ合いなので、彼らはワイン付きで私をいつもお誘いくださる。

 明日の会には彼はこられないそうで、そんなわけでの急なお呼びだしとなったようでした。
ありがとうございました!

a0031363_213527.jpg


a0031363_2142265.jpg


a0031363_2144583.jpg


a0031363_215490.jpg



 そして、次は高田さんの処で、カクテルを!
みなさんお強いですね〜〜〜!

a0031363_216494.jpg


a0031363_2162931.jpg


a0031363_2164653.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-30 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!
2017年5月28日 日曜日 晴れ

 白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!
一年ぶり三十八回目の優勝。
千秋楽の横綱日馬富士との一戦は一分三十秒と長かった。
戦い終わったときの顔はなんとも素敵だった。
どんなにかうれしかったこどでしょう!

 髷を直して戻ってきての観衆の拍手に白鵬さんの顔がほころんでいた。
優勝杯と盾を受け取り君が代斉唱。優勝インタビューの初めての言葉は、
“ただいま帰ってきました。
“国歌を久しぶりに歌えることができて最高!
だった。
ひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってきた!
涙なくしてはこの場面をみてはいられなかった。

a0031363_0321643.jpg


a0031363_0325874.jpg


 横綱になって初めての怪我での休場のあいだのこの一年間は、彼の名前はメディアでは
ほとんど見られなかった。
それというのも、日本人横綱と騒がれた稀勢の里の世界が続いていたからだが、それにしても
その言い様はひどかった。
そこには、今までのある時期からの相撲界を一人横綱として相撲界をひっぱってきた白鵬にも
モンゴルの相撲人達にたいしての尊敬などは一切なかった。
彼らはどんなにか悔しいと思ったことだろう、、、、。

 昨日の照ノ富士の一戦を勝ち優勝をきめた白鵬は、
“長かったのかな〜。怪我あっての痛さは自分自身しかわからないからね。
断食したり、ヨガをしたり、リハビリから体作りから、ようやくと云う感じ”
モンゴルにも戻って体作りに励んだという。
横綱の責任と意地がすばらしいカムバックを生んだのだろう。

うるさがたの解説の北の湖さんも、今日の取り組みに“おもわぬイイ相撲をみせてもらった。
“白鵬の必死さが伝わってきた場所だったと、前の海さんが解説していた。

 今場所は鶴竜が早くに球場、つづいて稀勢の里も休みとなって二横綱が頑張っていた。
“ホントニ頑張りました。
“今場所をひっぱっていかなければいけないなと思った、とそこには横綱の責任と意地があったのだろう。

インタビューは、いつもより少し長かった。
休場の間に入院もして、その間に検査をしたら、
“血管年齢は二十五歳といわれたと、ほんとうに嬉しそうに語っていた
大台四十回、千四十七勝利を目指していきたいと語る大横綱に拍手を送った。

 今、若い新力士や、遠藤、よし風、勢、正代、豪栄道、玉鷲、高安など中堅の力士、
宇良などの体の小さい力士の活躍もあり、国技の相撲が盛り上がるのは嬉しいことだ。

 以前日経新聞の<春秋>にあったが、チカラビトの系譜に繋がるモンゴル出身の力士達は
たどたどしいこともあるが立派な日本語で優勝の歓びを語り相撲の心を語るモンゴル人力士、
君が代を一緒に歌い、国技を盛り上げてくれている。
角界の屋台骨を支えているのは、言葉や文化の壁を越えて、親元を離れて遠くの草原の国からやって来て
苦労を修行をしている元少年たちだ。
インタビューを受け、たどたどしさの残るがしっかりとした日本語で力士たちの姿には感動すら覚える。
白鵬さん、四十回の優勝まで頑張って欲しい。前人未踏の記録までいってほしい。

 七年前に国技館の「溜席」で白鵬優勝の千秋楽を見て以来、以前よりもお相撲に興味がでてきていて、
マックでものを書きながらのBGMも、制限時間いっぱいの時は顔を上げてみてしまう。

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
(七年前の記録から)
横綱白鵬の土俵入りは美しい!
どすん、どすんと足を踏み、パッパッとたたく手の音がすぐそこで臨場感満開
a0031363_425022.jpg


a0031363_4265796.jpg
 (この美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)

http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。

http://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 一月二十五日のサンケイ新聞
今朝の<春秋>は、ウィンブルドン現象と稀勢の里の横綱昇進などについて。
日本出身の横綱誕生は十九年ぶりだが、それまでの国技相撲界をになってきたのモンゴル人力士たちの姿を
力士=チカラビトと讃えている。良い記事だ。
(前略)
▼チカラビトの系譜に連なる男たちが東から西から集い来て、同じまわしを締め土俵でぶつかり合う。
ここに至る悠久の時を思えば、大相撲の取り組みが壮大な絵巻のように思えてくる。
宮本は同書でこうも記している。
「相撲が国技だなんて、小さい、小さい」。チカラビトの一人としての稀勢の里の横綱昇進を祝いたい。

http://keico.exblog.jp/23580889/
2017年1月25日 水曜日 晴
日経新聞の<春秋>で稀勢の里とチカラビトなどに感動
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/23752958/
2017年3月26日 日曜日 小雨 寒い一日
新横綱稀勢の里が見事に逆転優勝、おめでとうございます。


by pretty-bacchus | 2017-05-28 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

一段落して、借景の緑を愛でています
2017年5月27日 土曜日 曇り後晴れ

 なんという一週間だったことか!
一日もブログをアップ出来ずに土曜日になってしまった。

 週末の暗い朝はなんとなく嬉しく、ゆっくりと休むことができた。
午後四時になって陽が射してきた。

 懸案事項もようやく一段落した感じで、この週末は少しプライベートなことが出来るかも知れない。
毎日のお天気とメモは書いてあるので、遡ってブログをアップいたしましょうか、、、。
(あまりにもいろいろあって大変でしょうね、、、、)

 ソファーにゆっくりした午後四時の借景の緑を撮ってさっそくにブログに取りかかった。

a0031363_170638.jpg

(ジャストこの時この時間に撮ったのをすぐにアップしたのは初めてかもしれない)
by pretty-bacchus | 2017-05-27 16:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

朝の緑から夕方の緑まで
2017年5月26日 金曜日 小雨のち曇り

 借景の緑が眩しい朝、、、、。
昨夜からとんでもないことを始めてしまった。

災い転じて福と成す、、、って大好き!
ここ一ヶ月悩まされたが、この際に、久しぶりにパスカルデュフェートルの銘酒を日本の皆さんに
再びご紹介したくなってきた。
そんな時に偶然、いや必然のようにSさんからお電話をいただいた。
“今年もボージョレブラン入らないのですか? あの樹齢六十五年のシャルドネは最高なのですのに、、”
いつも今頃にお電話をいただく方。
すっかり仕事をやめたのに、まだ数社はお手伝いしていて、特にパスカルと
サンテグジュペリ伯爵のワインは、しっかりと私の元に残っているのだ。

 調べたら、この十年とっていないし、数年前からのロゼ、<ロゼドゥソワレ>
<黄昏時のロゼ>は、
今年のワインコンペで銀賞をとっているのだそう。

メールが何どか行き来して、何枚ものフランス語のテイスティングレポートが送られてきて、
翻訳をしてレイアウトを考えて結局二日二晩徹夜!をしてしまった。
プリティーバッカスのデザインオフィスを久しぶりに立ち上げて、イラストレイターと首っ引き、、、、。
やっぱり私ってちょと凝り性すぎますね、、、。

 記録として次のページに非公開で載せておきましょう。


a0031363_16381598.jpg
(鳥の気配がしてカメラをかまえるが、鳥はいない!)

[#IMAGE|a0031
a0031363_1641799.jpg

a003363_16401924.jpg


a0031363_16431475.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-26 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)