タグ:Nikon D7100 ( 413 ) タグの人気記事

熱帯夜で眠れぬままに猛暑日に突入の日日
2014年8月3日 日曜日 晴れ

 熱帯夜と猛暑日が続くと、朝の都心の気温は下がらずにまた上がりはじめる。
日の出の時間少し前には蝉がけたたましく鳴きはじめる。
空調を少しでも切ろうものなら、室温は十数分で三十度を超してしまう。
こんな夏は初めてではないだろうか。
暑いと言わないさすがの母も、今年は暑いですね、、、と言っているのがなんだか妙に嬉しい?

 白々と明けた頃にカーテン越しに風にうごめく朝顔たち。
今朝は白が四つピンクが三つ、そして微妙なモーブ色が一輪胸をはって咲いていた。
朝一で水やりをして、二度目は十時過ぎ、このころはまだまだ元気にしていた朝顔たち!

(am5:20 日の出まもなくに、、、、白い朝顔が四輪も花開き始めた、、、)

a0031363_1213812.jpg

a0031363_1313422.jpg

(モーブ色が一輪!)
a0031363_1222360.jpg


a0031363_1225743.jpg


(am6:35)
a0031363_1264612.jpg

a0031363_1261278.jpg

a0031363_1463426.jpg


(そしてam6:50に)
a0031363_1242829.jpg

a0031363_1365878.jpg


a0031363_1372913.jpg


a0031363_1382376.jpg


(am8:00)
a0031363_142427.jpg


a0031363_1443719.jpg


 借景の木々が風で大きく揺れて熱風が走る。かんかんと陽が照り始める。
別のお部屋でかたずけものをして部屋に戻ると、え〜〜?!
全部の花が萎れてしまっているではないか、、、、、なんともせつない数時間の命だったのだ。

 台風がもたらした四国での記録的な大雨のニュースはすさまじい。
八月一ヶ月の雨の量が二日の間だに降ったのだそうでどこもかしもも良くない新記録の猛暑の日本列島。
どうかどうかこれ以上異常気象にならないで欲しいと、手を合わせてしまっている。

 今夜も熱帯夜とのこと。
朝までがながいことだろう。




by pretty-bacchus | 2014-08-03 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

猛暑と台風と大雨ではじまった葉月です
2014年8月1日 金曜日 晴れ

 はや八月になってしまった。
凄まじい暑さの毎日が続いた七月だった。

 熱帯夜のまま朝を迎えた。
朝一の水やりをして、朝のバナナジュースとサラダとパンオーショコラ。
午前九時にはすでに三十度をこしていた。
夏となるとお昼は不思議におそうめんのことが多い。
奈良の友人から送っていただいた三輪素麺の白龍が美味!

 こう暑いとできるだけ外出をひかえてしまって、涼しいリヴィングルームでMacに向かったり、
借景の朝顔観察をしたりして一日を過ごしてしまう。
運動不足のうえに朝&昼の後は三時のお茶で甘いもの、、、体重は増える一方で困ったものです〜〜。

 大きな台風が雨の被害を広げているというニュース。
葉月はまだはじまったばかりなのに、夏の終わりがいろいろ怖ろしい猛暑の真夜中に。

a0031363_17153347.jpg


a0031363_1716136.jpg


a0031363_1716453.jpg


a0031363_1717513.jpg




by pretty-bacchus | 2014-08-01 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

暑い暑いと言いながら七月も終わりになってしまいました
2014年7月31日 木曜日 晴れ 暑い一日

  熱帯夜のまま朝をむかえた。ベランダへの扉を開けると右脇の観葉植物から蝉が飛び出した。
水が欲しかったのだろうか?

午前九時にはすでに三十度を超えて、真夏日連続の九日間。
猛暑日になった都市もあり、南ではまた新しい台風が生まれて被害を出し始めているという。

 暑い暑いといいながら、七月も今日で終わってしまう。
こんなことでは良いのだろうか、、、と反省しつつあまり行動ができない自分にハラガタツ、、、。

 仕事のあとはやはり今日も趣味三昧、朝顔三昧、、、、困ったものです〜〜〜。
明日からの一月は、さてどうなるのでしょうか。

 (まだ薄暗い内にカーテン越しにそっと外をのぞいてみたら、昨日の蕾が少しだけ開き始めていた)

a0031363_2025089.jpg
 (am5:10)

a0031363_2033487.jpg
(am6:00)

a0031363_1594748.jpg
(アメリカンブルームわずかに、、、)
a0031363_2012380.jpg


a0031363_2041646.jpg


a0031363_1575590.jpg
(am9:20)

a0031363_156391.jpg


a0031363_251319.jpg


 (午後になると風でなびいて六弁の朝顔のように見える、、、)
#IMAGE|a0031363_251319.jpg|201408/02/63/|mid|864|577#]







 
by pretty-bacchus | 2014-07-31 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

朝顔の水やりも間に合わぬほどの極暑
2014年7月30日 水曜日 晴れ

 また極暑が戻ってきた。
都心の気温は対遮熱とかがあるから、こういう時は三十五度にはあっというまに達してしまう。
今年は借景の蝉の鳴き方もなんだかけたたましく懐かしさもなく涼を呼ぶどころでもない。

 朝顔は明け方際に水やりをしてもお昼頃には葉はしんなりして花も萎んできてしまう。
品種がよわくなったこともあるかもしれないが、この暑い環境にはあわないのかもしれない。
それでも今日は二週間目のリン肥料のマグアンプを施し花に栄養をあたえて、
もう少し咲いてもらおうと甘い考え?

 夕方には強い夕陽がカーテンを照らして、今日も一日終わってしまった。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜

 (日の出まじかは細かった朝顔の花も一時間もすると白々とあけた空に向かって花開いていく)

a0031363_19423394.jpg


 (ベランダに朝日の直射日光が差し込むのはまだ数時間後だが、後ろのビルのもっと右後ろの
赤い屋根あたりから照りはじめる)

a0031363_19431232.jpg


 (強い日差しがカーテンを染めて、今日も一日終わり逝く、、、、)

a0031363_19495888.jpg


 (そして短い一日が終わり、、、、
日も暮れて、明日への蕾が膨らんでくる、、、愛しい朝顔の命の始まり、、、)

a0031363_19535958.jpg


 日の出 04時47分  : 日の入 18時48分
  月の出 07時37分  : 月の入 20時18分

  〜〜〜〜〜〜〜
 追記:
 そして十時間ほどあとには蕾が花開き始めた、、、。
花の命の切なさと美しさ!

a0031363_2025089.jpg


a0031363_2033487.jpg


#IMAGE|a0031363_2012380.jpg|201408/01/63/|mid|864|577#]

#IMAGE|a0031363_2041646.jpg|201408/01/63/|mid|864|577#]



by pretty-bacchus | 2014-07-30 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

<備えよ常に>心を備え、体を備え、技を備え
2014年7月29日 火曜日 晴れたり曇ったり

 朝の楽しみは朝顔のみずやりになってから半月になる。
今朝は微妙な薄紫色の朝顔が中心の鉢に一輪咲いた。

a0031363_21134081.jpg


a0031363_21143348.jpg


 <備えよ常に>はボーイスカウトの創始者ロバート・ベーデン=パウエル卿の言葉で、
子供の頃のガールスカウトでも常に言われていた。

「心を備え」「体を備え」「技を備え」る。そうは思ってもなかなかそうはいかないものだ。
子供の頃は、食事の時も父母にもよく言われていて、食事の作法はとくにうるさかったような気がする。
小さいときにお箸がちゃんと持てないと母の手が私の手にぴしゃりと飛んだこともあった。
お茶道のお弟子さんがお墨手前での火箸の持ち方が悪いと母は今でも厳しくしているという。

 いろいろ備えねばならないことは多いが、現在心がけていることの一つにはカメラのことがある。
常にカメラを持ち歩くことは急な旅への備えになる! と思っている、、、。
旅で写真を撮るには限られた時間でのことになる。
撮影のためだけの旅にでかけたことはなく、いつも仕事がらみだからせわしない。
ホテルから出かけるときは常に首からカメラを下げて、歩いているときも疾走する車の中からでも
カシャカシャとせわしない。
夜の食事にお洒落をしていくときは、さすがにサイドバックなどに入れたりしてまず席につくが、
時にはお料理の写真も撮ったりしてしまう。

 次の海外の旅に街を歩くときのために、外に出るときにいつも首からさげているカメラは
Nikon D7100+Tamron16-300mm DiII VC PZD Macro で<備えよ常に>だったのだが、
いかにも重くて十分ほど歩くとずしりと重さを感じてしまうようになった。

Fujifilm X-T1は広角だけに使おうと思ってFUJINON XF10-24mmF4 R OISをつけているが、
ときどきこのセットにすることが多くなった。
それも最近では重く感じるようになってしまったのだ。
この暑さではせんないことかもしれないが、体力の衰えの方が多いだろう。
というわけで、ここ数日は久しぶりにFujifilm X20にしている。
さすがに軽くてちょっと気が抜けてしまう感じ、、、。
でも日頃のブログにはこれで充分と思っている真夏日の午後。




by pretty-bacchus | 2014-07-29 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

猛暑の午後に黒揚羽が借景の木々に乱舞して
2014年7月25日 金曜日 晴れ その二

 午前七時で、すでに二十九度。午後まもなく三十五度を超えて猛暑日となった。
すごい暑さだ。
ベランダの朝顔は水やりをしてもすぐに萎れてきてしまう。
借景の木々でなく蝉はミンミンゼミ、ジージー蝉と暑苦しくなってきた。

 ニュースでは39.3度を観測した都市があり、全国で何百人もの方が熱中症で病院に運ばれたという。
屋外で仕事をしている人は大変なことだろう。
こんな日があと何日続くのだろうか?

 気象庁は八~十月の三ヶ月予報を発表したが、全国的に平年並みか高くなる見通しのよう。
期待していた、日本に冷夏をもたらす「エルニーニョ現象」の発生もおくれているというし、
今年の夏は厳しくなるだろう。 人も朝顔も可愛そうだ、、、。

(ソファーに座ったまま、ガラス戸越しにベランダの朝顔と蝶々を追って、、、)
a0031363_1661550.jpg


a0031363_1634745.jpg


a0031363_1654836.jpg


(今日は大きな黒い揚羽蝶が何度もベランダにやってきていた)
a0031363_1665780.jpg


(午後になると葉はしんなりとしてしまう)
a0031363_1673457.jpg






by pretty-bacchus | 2014-07-25 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

東京は夕方からすさまじい雷雨でした
2014年7月24日 木曜日 曇りか晴れか、夕方から雷雨

 あまりにもの暑さに早くに目が覚めた。汗ぐっしょり。
熱帯夜で、すでに夜中過ぎには二十六度をうわまわり、
午前六時には都心は二十九度だったという。

 クーラーの風はあまり好きでないので、寝室には除湿器と扇風機で過ごしていたが、いよいよクーラーが必要かもしれない。
午後になって隣の寝室の簡易冷房が入った。
これで私の方にもほどほどの間接な冷気がくると良いのだが、、、。

(午前八時に)
a0031363_2111929.jpg


a0031363_21101699.jpg
(少し高い処にも、、、)

a0031363_2193240.jpg


(午後にはもう萎んできてしまった)
#IMAGE|a0031363_21165917.jpg|201407/25/63/|mid|864|575#]
a0031363_21174689.jpg


 夕方からすごい雷雨。渋谷では停電、ここでもめずらしくテレビがうつらなくなった。
借景の緑の向こうに稲妻が走り、バカみたいにカメラを構えたら真昼のように写った。
千葉も埼玉も何千件というお家が停電になっているという。
自然の災害はほんとうに予期できず、そして怖い。

 雨が少し上がった頃にでかけることになった。
大通りの街路樹の葉がもう黄色くなって落葉してしまっているのも地球の温暖化のせいたのだろうか、、、。
虫も木も人も可愛そうな時代になってしまった。

 今夜は少しゆっくりと寝られると良いのだが、、、。

a0031363_21224737.jpg





by pretty-bacchus | 2014-07-24 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

熱帯夜に飛行機事故の旅の思い出にふけって
2014年7月23日 水曜日 晴れたり曇ったり

 二十四節気 大暑(7/23~8/6)は、まさにすごい暑さだった。
ベランダの朝顔は、朝充分に水やりしたのに午後早くにはもうぐったりし始めてしまった。
困った困った、、、、。

a0031363_12301037.jpg
(朝一番はメリルでガラス越しに朝顔を、、、)

a0031363_12281649.jpg

(午後になっていよいよ葉が黄色くなってきて、、、)
a0031363_12313280.jpg

(蝶々がやってくるのだが、すぐにいなくなるので、ガラス越しに撮るのはむずかしい)
a0031363_12362762.jpg

a0031363_12374196.jpg


 寝しなに、台湾で台風の影響もうけてか飛行機が着陸失敗して多数の犠牲者がでたというニュースが入った。
   <日経速報メール◆台湾で旅客機墜落、47人死亡>

 その昔エールフランスに入社したばかりの頃に整備部に大竹さんという寡黙な部長さんがいらした。
その方はいつも飛行機は着陸時が一番こわい、とおっしゃってらしたことを思い出した。
その頃私は羽田のエールフランスの事務所で働き始めたばかりだった。
都心からの高速道路ができたばかりの頃で、その開通にはブルーバードファンシーデラックスで
自分でハンドルを握って一番乗りをしたものでしたころの事。

 飛行機事故は、新しいテクノロジーが開発されて機種の名前が変わっていくエポックの時期に
多く起こっているような気がする。
ボーイング関係の飛行機事故で忘れられないのは、入社してすぐの1966年の2月、3月に起こった
連続航空機事故。1966年2月にボーイング727-100型機の全日空羽田沖墜落事故で133人全員が死亡し
単独機として当時世界最悪の事故となった。
そしてこの年この後にはボーイング707の航空機事故が相次いで発生していたのだ。
カナダ太平洋航空のダグラスDC-8が羽田空港の濃霧のなか着陸に失敗して大破炎上した
着陸失敗事故が起こったのは三月。
“着陸失敗、炎上だ”という声に事務所を飛び出して、はるか向こうに火の柱をみたのをよく覚えている。

その頃の制服姿の写真は
http://keico.exblog.jp/9187764/
2009年11月1日 日曜日 曇り
☆回想のわが巴里>凱旋門に励まされての遠いパリの日々

http://keico.exblog.jp/10956716/
2010年7月10日 土曜日 曇り後晴れ
曇天にベランダ彩る黒揚羽

 私自信も何百回という飛行機の旅で、着陸の怖さを経験したことは何度もあった。
右肺から真っ赤な火を噴いていてアンカレッジ空港の近くの小さい軍用空港に戻ったのは、
まだモスクワ経由ももちろん直行便もない1960年代後半のこと。

http://keico.exblog.jp/7821613/
2009年1月16日 金曜日
米旅客機がハドソン川に不時着水 乗客乗員155人無事に感涙

 アラブゲリラの仕掛けた爆弾が不発に終わったが、その機に乗り合わせていて緊急着陸したローマの
フミチーノ空港での経験は1970年代初めの頃、パリ駐在の初期の空港勤務のころだった。
(この頃はパンナム機爆破とかつづいて起こったのだ)

詳しくは下記のブログに
http://keico.exblog.jp/6042978/
2007.08.23 木曜日  青い朝顔は五輪かな
旅での波瀾万丈の出来事いろいろ

 南回りがあったころのこと、
日本の赤軍の岡本こうぞうが乱射事件をおこしたすぐ後のテルアビブでのこと。
なにかの事情で、私はパリから南回りに乗ることになった。
途中から揺れに揺れて、稲光が光り雷雨があったりして、なかなか到着しない、、、。
どうしたのかなと思っていたら、片脚が一本落雷にあって壊れたというアナウンス。
え〜〜そんな、、、心配していたが、なんとか片肺着陸で無事に着いたが、
機の修理にはボーイング社から機材を運ばねばならず、その空港で何時間も待つことになった。
http://keico.exblog.jp/7072885
2008年5月3日 土曜日 雨のち曇りのち少し晴れ 
旅の記憶にーーテルアビブ

 メカトラのあと足が出ずに不時着同然だった冬のヴァンクーヴァーは、スキーの旅の帰りだった。
数日空港に缶詰になって何人もの人が病院に運ばれたりしたのは多分1980年代初めかしら?

 香港カイタック空港に台風を押しきってただ一便だけ着陸成功の便に乗っていた機にのっていたのは、
1982年あたりだろう。
空軍のパイロットだった機長が、何回かの旋回のあとカイタック空港閉鎖の直前に着陸を試みたのだ。
左側の席に座っていた私。風雨の中を進んでいた機が突然に90度左に曲がった。
突然先方にあの細い香港のカイタック空港の滑走路が一瞬間見えたような、、、。
うわ〜〜〜と目をつぶったのはどのくらいだったろうか。
まもなくタッチダウンで、がたんがたんガタガタアアア、、、、、機内から一声に拍手が起こった。
誰もが恐怖におののいていたのだ。

事故遭遇のいろいろの体験は下記のブログに

http://keico.exblog.jp/17169714/
2013年1月16日 水曜日 曇のち晴れ
ボーイング787の事故と半世紀弱の旅の思い出

 “初めての旅で事故に遭う人もいるのに、何百回乗っていても生き残っている人もいるのね”と、
知人から言われたことがあった。
生かしていただいているに違いないこの命なのだ。
もう少し大切に生きていかねば、、、、と熱帯夜の夜にしみじみと、、、。


〜〜〜〜〜〜〜
http://www.youtube.com/watch?v=aF3o2nzAoEY&feature=relmfu
Air France: la flotte d'hier et d'aujourd'hui [fr]
郵便船の頃のプロペラ機から現代までの飛行の映像があって楽しい。



Air France Boeing 777-300ER [en]



by pretty-bacchus | 2014-07-23 23:59 | ♪JourneyAbroad海外旅の思い | Trackback | Comments(0)

朝顔日記も四日目となりました
2014年7月21日 月曜日 曇り後晴れ後曇り

 海の日だそうだ。今年も海の事故が少ないことを祈ろう。
朝顔日記も四日目になった。
朝に水を充分にあてがっても午後には葉がしんなりとしてしまう。
暑さのせいもあるだろうが鉢のせいもあるだろう。
以前は素焼きのテラコッタの鉢だったから、水やりをすると一日もった。
最近はプラスチックの鉢だから水が全然しみこまないのだろう。
ほんとうは鉢を交換すれば良いのだろうが、ほんの数ヶ月を思うと横着をしてしまった。
朝顔さんごめんなさい。

 家にいられる時は大丈夫だろうが、出かけていたら可愛そうだ。
水苔を鉢の上部に置いてみたが、それもあまり効果がないようだ。
なんとかすくすくと花をつけて、今年一年の命をまっとうしてほしいものだ、、、。

(am4:42)
a0031363_11571439.jpg


(am4:47)
a0031363_1158457.jpg


a0031363_11593942.jpg


a0031363_1203472.jpg


(am10:08)
a0031363_122937.jpg
(珍しい色の朝顔が咲いた)

(am10:40)
a0031363_1224318.jpg


(pm2:00)
a0031363_1233022.jpg
(am3:14 青い朝顔がこの時間頃からだんだんピンクに変わっていくのが面白い)

(pm3:57)
a0031363_1241713.jpg


a0031363_1255311.jpg
(こんなに萎れてきてしまって、、、いそいで水やりをしたが、、、、)

(pm4:26)
a0031363_1210630.jpg
(やがて少し元気になってきた、、、)

気がついた時に撮っておくと、データをみれば何時だったかがわかるので、デジタルの愉しさの
一つだ。




by pretty-bacchus | 2014-07-21 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

ベランダの朝顔が三十も花を咲かせました
2014年7月19日 土曜日 曇り後雨 朝顔の花が三十も咲きました

 日の出の時間に起き出してしまった。
まだ明けきれぬ借景の光のなかに紫の朝顔が咲き出したよう、、、。
目をこらさなければ見えないようなベランダの柵の朝顔がいくつも花が咲き始めた。
ガラス戸越しに黎明の一時の時の動きに身をまかせている心地して、、、。

 起きてはうとうと、、、、カシャッ、、、またうとうとと夕方まで朝顔と遊んだ一日だった。
どうしてこんなに朝顔が好きなのだろうか、、、。
きっと子供の頃に、朝顔を種から始めてその成長を夏中たのしくお婆ちゃんと一緒に観察した頃のことが
DNAに残っているのだろう。
時がうつり、、、都心のほんの小さい借景の緑豊かなベランダで、こうして<ウェブ朝顔日記>を
書けるってとっても幸せがことなのだろう。

 Sさんとの食事を終えて、夜の青山、神宮前に向かった。
今夜が最終日の写真展=スケボー写真展なのだが、ここで私はまた<東京の田舎者>を実感!
東京って広いんだ〜〜! 昔と違うのだ〜〜! いや私が知らないだけなのだ〜〜〜
今やことによったら東京は、ある意味ニューヨークなのか巴里なのか?
シンデレラタイムまであっというまに時間が過ぎて、、、。
(この続きは明日にでも、、、、)

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時39分  : 日の入 18時56分
  月の出 23時24分  : 月の入 12時01分

Am4:42 まだ暗いので、肉眼ではベランダの朝顔はよく見えない時に、、、
a0031363_23322383.jpg


Am4:42 もうこんなに咲いているの、、、
a0031363_2334220.jpg


Am4:48 ただ一鉢ある琉球朝顔の名はクリスタルブルー
a0031363_23345654.jpg


Am4:42
a0031363_23355062.jpg


Am4:52
a0031363_23365279.jpg


Am7:00 明けてきたが、曇りの日の借景は暗い、、、
a0031363_23374985.jpg


Am7:02
a0031363_23384563.jpg


Am7:06
a0031363_23394410.jpg


a0031363_23402554.jpg


a0031363_23411547.jpg


Am7:14
a0031363_23434754.jpg


この鉢の多色咲きはおもしろい、、、。
a0031363_23443288.jpg


a0031363_23452673.jpg
(この小さな花弁をもつアメリカンブルーという花も朝顔の一種なのだそうだ)

PM3:16 午後になって光が変わってきた、、、。
a0031363_23463735.jpg


PM3:30
a0031363_23474486.jpg


#IMAGE|a0031363_23491172.jpg|201407/21/63/|mid|784|511#]

a0031363_23495958.jpg


PM5:30
a0031363_23503018.jpg






by pretty-bacchus | 2014-07-19 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)