タグ:Nikon D7100 ( 428 ) タグの人気記事

激動の昭和を生きた山口淑子(大鷹淑子)さんが亡くなられた
2014年9月14日 日曜日

 日の出の時間に、なぜか大きい白い朝顔が一輪花開いた。
この鉢からの最後の一輪かもしれない、、、とガラス越しにおっはよう〜〜。

a0031363_31536.jpg

a0031363_314079.jpg

 九日に「昭和天皇実録」が公表された。
昭和天皇の八十七年余りの生涯を宮内庁がまとめ、約一万二千ページの内容が記されているという。
なぜかそれ以来、昭和という時代が妙になつかしく、このところ毎日すこし<昭和チック>になっていた。

 そして今日、昭和の歴史そのもののような方が彼岸に旅だたれた。
山口淑子さんが亡くなられたのだ。九十四歳だったという。
大往生であろうが、とても寂しい。

 山口淑子さん(大鷹淑子)別名<中国人女優・李香蘭>1920年(大正9年)中国に生まれる。
終戦を上海で迎えた彼女は、祖国を裏切った容疑で中華民國の軍事裁判に掛けられたが、
日本人であることが証明され、国外追放処分となり日本に帰国した。

 戦後彫刻家イサム・ノグチの妻としてハリウッドへ渡り“シャーリー山口”として
映画・ミュージカルで活躍。
離婚後1958年外交官の大鷹弘氏と結婚。その後、日本でキャスターとして
又ジャーナリストとして活躍なさり、1974年から参院議員を三期十八年を務めた女性。

昭和という激動の日本で、日中両国の歴史に翻弄されて、数奇な人生を、
すさまじい一生を駆け抜けた日本女性。
戦前・戦中・戦後の証言者でもあったにちがいないだろうに、一生語れぬ事も、語り尽くせぬ諸々も、
語りたくはない事も、全てを胸に秘めて逝かれたのだろう。

(その昭和の戦後の歴史の多くを激写なさっているTさんと来週お目にかかれることになっているが、
彼のアーカイブにはどんな記録が残っているのだろうか)

 今頃は夫君の大鷹さんとどんなお話しをなさっているのだろう、、、、、。
心よりご冥福をお祈りします。
          (私はお二人に一度だけお目にかかったことがある)

 Oさんとご子息と食事のあと、寂しさをかみしめて夜半の屋上に上ってみた。
東京の夜は今日も眠っていない、、、、。
平成26年9月14日の夜に、
#IMAGE|a0031363_355014.jpg|201409/15/63/|mid|984|623#]
a0031363_362244.jpg


 亡くなられたその日にすでにウィキペディアにはその詳細が載っていた。
とても切ない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/山口淑子

 そしてこのウェブ時代には、数限りない検索結果に加えて、若い頃から晩年までの生の声を
youtubeで聞くことが出来るのだ。

李香蘭<支那の夜>シイ〜ナノヨ〜ル、、、、と
<蘇州夜曲>
 君がみ胸に 抱かれて聞くは
  夢の船唄 鳥の唄
   水の蘇州の 花散る春を
    惜しむか柳が すすり泣く


李香蘭 夜來香 (國語/日語)を聴きながら、、、





by pretty-bacchus | 2014-09-14 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(7)

マイブログ環境設定でブログの設定を変えてみたら、、、寝られなくなりました
2014年9月13日 土曜日 晴れ

 数時間しか寝ていないのに、早くに目が覚めてしまった。
ベランダの右端にある三十歳の植木に宿り着いた朝顔が今朝は水色、ピンク、白と
二十も花を咲かせていた。最後のあがきなのかな〜〜〜!
朝顔さんありがとう〜〜!

a0031363_3492278.jpg


a0031363_3494925.jpg


 だんだん夜が明けてきて、、、、
a0031363_3501571.jpg


 昨日の野の花はもう終わってしまったようで、、、可愛そう〜〜。
a0031363_35045100.jpg


 どうも最近は、自称<欝〜>、<機嫌が斜め〜〜>と
ぶつぶつ言っている。
友達に言ったら“ケイコサンが欝なんて信じられない〜〜”
母に話して、“だらしがないですね、心持ち次第ですよ〜〜って、言われてしまう。

 あ〜〜誰もわかってくれない〜〜ってじたばた。
それなら元気が出るように少し散歩にでも出かければ良いのに、家でドップリMacに向かう一日。

 二週間ほど前に、ブログの設定を少し変えた。
設定にいろいろ新機能ができて、記事(ソーシャルツール) もいろいろ加わったよう。
今のままでも別によいのだが、記事管理画面で、ぶつぶつ言いながらイイネの欄も加えた。

かなり、以前からあった機能で、マイブログ管理のページの環境設定で
<他記事のテキスト表示
<他記事の画像表示
をオンにした。

ブログを書いてアップすると、その日の下に、
<同じカテゴリ( ☆Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 )の記事
とか
<同じタグ( ☆回想のわが巴里の街1990~2000 )の記事
とか
<同じ月( 2014-08 )の記事
とか
<同じ月( 2014-08 )の記事画像
とか
<この月の画像一覧
とかが現れる。
a0031363_429694.jpg
(え〜〜?この美女は誰?)

 これらが毎回違っているし、記事の名前より、写真に惹かれてクリックすると、
忘れていたような日記と写真があらわれることもある。
タイプミスや変換ミスも発見できて時々どきどきしながら直したりしている。

三年前のネールエナメル
http://keico.exblog.jp/13263989/
マウントアダプターで銀塩時代のレンズと遊んで
2011年8月11日 木曜日 晴 猛烈な暑さ
a0031363_23463465.jpg

ガラス玉 一瞬の光にも うごめいて 
2008年6月27日 金曜日 曇り後一瞬晴れ
Tags:#EOS 20D #CarlZeiss Planar50mm&MacroPlan #ツアイスレンズ用マウントアダプター
a0031363_033779.jpg


a0031363_1633135.jpg
http://keico.exblog.jp/7204366/
2008年6月12日 木曜日 雨あめ 

 でも、おかしい。スコットさんと岡半
http://keico.exblog.jp/8620293/
2009年7月11日 土曜日 晴れ
「オリンパス・ペン E-P1」マイクロ一眼が届きました。

このブログでは、スコットさんのスナップが消えてしまっている。どうしてだろう?
http://keico.exblog.jp/13345638/
LEICA SUMMILUX 35mmF1.4をつけて
LEICA M+E RAYQUALマウントアダプターに

いやいけませんね〜〜時間がどんどん過ぎていきます。
★OldPhoto銀塩写真のデータ化(67)

かなり過去に遊んでしまったので、しなければいけないことが全然できていなくて反省しきりなのに、
これではますます写真整理、ブログ整理地獄におちいってしまいそう、、、。

 今夜はまたまた出てきました。
さて、この万年筆のコレクションは誰に譲っていきましょうか、、、。
これもまた悩みとなりました。

http://keico.exblog.jp/1949551/
http://keico.exblog.jp/1949551/2005.05.19
小さな宝物、万年筆の思い出

http://keico.exblog.jp/1952481/
2005.05.19
万年筆続き、AURORAのレオナルド・ダ・ヴィンチ

(上のブログから、、、)
 パリに住み始めて嬉しかったのは本場の万年筆を買えることだった。
デュポン、ペリカン、シェーファー、ウオーターマン、、.(アウローラはまだパリにも無かった)
モンブランの作家シリーズは年に一度の限定作品。
そしてアウロラ、オマスはかなり後になって、、。
折におりに、一本ずつ買っている内に、万年筆のコレクションも増えた。
a0031363_352526.gif
(万年筆によってインクの色も変えているが、ペン先はほとんど太いものだ) 
(中略)
 今私の手元にあって一番すきなのは、ペリカントレド。美しい彫刻が気に入っている。
緑のインクをいれて冷たい気持ちで手紙を書くこともある。

a0031363_2574827.jpg

 でもここ数年は、筆と墨のことが多い。真夜中に墨をすって手紙を書くのはなかなか良いものなのだ。

a0031363_14431145.jpg


http://keico.exblog.jp/1952481/
2005.05.19万年筆続き、AURORAのレオナルド・ダ・ヴィンチ


「うるしの神様」の異名を持つ松田言六>松 権六さんの漆のは欲しかったが
これは無理な話、時代が違うし、きっと万年筆は流通していないだろうから、、、。


by pretty-bacchus | 2014-09-13 23:58 | about myblogブログ考、その他 | Trackback | Comments(1)

朝の蝉がいなくなり、虫の声と水色の朝顔
2014年9月12日 金曜日 曇り

 ようやく少し過ごしやすくなった。
熱帯夜がなくなっただけでも夜がよく寝られてありがたい。

 静かな朝は虫の声、、、秋が来たんだな〜〜〜。
ヨイショと起きだしてモゾモソとリヴィングに蟹歩き、、、そっとカーテンを開けてみる。
初めての色と形の朝顔が見える、ふむふむ、、、。
数枚スナップにおさめて、もう一眠り。


 明日から三連休、、、少しゆっくりできるかしら? 

(Am5:54 ガラス戸越しにきれいな水色が見える!)
a0031363_1184739.jpg


a0031363_1205161.jpg


(二時間後には、、、、その後ろにもいくつも花が開き始めた〜〜〜)

a0031363_1221189.jpg


a0031363_1212296.jpg


 日の出 05時21分  : 日の入 17時54分
  月の出 19時57分  : 月の入 08時35分

 七月の朝顔を求めたお店でバーミュキューライトを買った。
土替えをしていない古い古い君子蘭の鉢の上に、
“ごめんなさい、これで我慢してね、、と言いながら、リン肥料を少しとバーミュキューライトを
土の上に敷いた。
十日ほど前から緑の芽が出て、どんどん長く伸びてきて、なんと昨日あたりから白い蕾がつき始めた。
なんの花だろう? かよわくて風に揺れてなんとも可愛い〜〜。
きっと雑草の種がバーミュキューライトに忍び込んでいたのだろう。
名も知れぬ野の花の花もこんなに可憐で美しいのだ!

a0031363_231265.jpg


a0031363_23463.jpg




by pretty-bacchus | 2014-09-12 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

検査の後は富士フイルムスクエアにてX-T1グラファイトシルバーモデルを触って
2014年9月11日 木曜日 曇り 病院の日

 名前を呼ばれて入室。椅子に座る。
眼前の先生の画面の折れ線グラフが、、、。
“八月に強いお酒を飲みましたね、、、”
 しばし考える、、、というか無言。<<わたし
“ウイスキーとかジンとか”
 え〜〜? 先生どうしてご存じなのですか?
“去年の秋からせっかく下がっていた数字がひどく上がっています。肝臓が悲鳴を上げています。
このままでは、云々かんぬん、、、。

 たしかに先月は久しぶりにウイスキーを飲んだし、モヒートも何度か愉しんし、、、。
血液検査の肝臓関係の数値はもう何十年も前から要注意だったが、この頃はそれがアルコールが原因か
そうでないかがはっきりわかるのだという。
今日のS先生だけでなく、去年の秋に診るていただいた内科のY先生もそうおっしゃってらしたから、
少しは注意をしていた。
もともと日本酒はもうとっくにやめていたし、焼酎だって好きではないから飲まない。
もっか白ワインと赤ワインだけで、たまには友人の席でのシャンパン。
往時に比べたら歳のせいか、あるいはどこかでセーブしているからか量もとても少なくなっている。
モルトウイスキーのあの香りも、バーアルマニャック・フランシスダローズのあの
何とも言われぬ芳香も味も大好きなのに、とても我慢をしている。
ああそれなのに!

先生は二つの折れ線グラフをプリントして、その両方に赤いペンで注意を書いてくださって、
赤字で書かれたのは、AST/ALTの値で三桁?!
<肝細胞が破壊された値=アルコールの結果肝細胞が損傷されている>
もう一枚にはr-GTで
<アルコールで胆管細胞が破壊された値=最近のウイスキーであろう>

“これをどこかに張って毎日見て注意してください”
クシュン、、、。
でも去年の今頃の数字の方がもっと高かったから、少し注意すればまたさがるだろう
と、、、オプティミスト!
(写真を撮ったので、記録としてあとでこっそりブログにもはりつけておこう)
午後最後の患者だったので、先生と少しおしゃべり!ができた。ありがたいことだ。

 なんだか少し気落ちした上に、病院の受付で不愉快がことがあって、いつものロビーからの
定点東京タワーも撮らずに、やってきたチーバスにオン&イン。

#IMAGE|a0031363_134882.jpg|201409/13/63/|mid|864|567#](広角で病院の前庭と建物全体を)

a0031363_1315678.jpg

a0031363_1324027.jpg

#IMAGE|a0031363_1332355.jpg|201409/13/63/|mid|457|684#]

 六本木ヒルズのけやき坂で下りて、、、さて、、、と、スナップを撮りながら信号をわたったら
次の赤坂行きのバスがやってきた。

そうだ、途中のフジフィルムで何か写真展をみていこう。
<六本木・ミッドタウン・富士フイルムスクエアにX Galleryがオープン>と見たばかりだし、、、。

 でも工事中でひどい状態。
となりのショールームだけは大丈夫で、昨日発表があった
<X-T1グラファイトシルバーモデルFUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition>を触ってみることができた。
美しい!三重にかけたというクロームが銀色の鈍く光っている。

a0031363_2142334.jpg
(FUJIのニュースリリースより)

 この新しい機種には驚くべき新兵器が沢山搭載されているというが、私に一番興味のあるのは
FUJIFILM X-T1電子静音シャッター。
静寂性を極めた電子静音シャッターモードでは、レリーズ時のシャッターが発するノイズが発生しない
完全静音を実現というから、演劇などの舞台撮影や特別なセレモニーで使える。

もうひとつは「フィルムシミュレーション」に、深みのある色合いと豊かな陰影の写真表現が可能な
「クラシッククローム」モードが追加された。
「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」「PRO Neg.Std」「PRO Neg Hi」に追加。
今は、フジの講習で学んだことを参考に、「PROVIA」に胡椒を吹きかけて、
少しだけ「Velvia」の感じにしているが、この新しい「クラシッククローム」は、
フィルム時代のコダクロームの感じだそうで、とても愉しみ。

もうひとつは、ディファレンシャル・フォーカスを最大限に生かす高速電子シャッター。
その他にいくつもあるが、今回の素晴らしさは、現在のX-T1もファームアップすることで、
それら全てがが可能ということ!
もともと防塵・防滴カメラ「X-T1」なので、新しく出た防塵・防滴レンズを付ければ
雨の日も怖いものなしとなる。
しかし、、、少し重くなるから、さて撮り手の私の体力が大丈夫かどうかでして、、、、。
a0031363_146896.jpg
(これはフジのHPより)

a0031363_1415121.jpg(ミッドタウンのフジの前にて、、、)

(今のセットは、、、)
a0031363_1445495.jpg

(このカメラには広角のF XF10-24mmF4 R OIS1を専用にしている。
持ち歩くときはいつも分厚いポーチにいれている。
でもこのレンズは防塵防滴ではない。次の旅までに<XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR>が
あるといいな、、、)

 Nikon D750も出るし、シグマのDP1クワトルも発表になったし、
この秋はカメラ関係では興味がつきることはないだろう。
(iPhone6は見送って、来春のアップルウオッチにかみつこう〜〜)
~~~~~~~~~~
http://keico.exblog.jp/19600460
2014年3月22日 土曜日 晴れ
広角ズームをFUJINON XF10-24mmF4 R OISに換えました

http://keico.exblog.jp/19676421
2014年4月11日 金曜日 晴れ フジセミナーに参加
フジフィルムのセミナー<Xランデブー ナイトストリートフォトセミナー>

http://keico.exblog.jp/19907573
 2014年6月09日 月曜日 曇り後雨
一週間前のフォトセミナー【X-T1で撮る女性ポートレート-ステップアップ講座】
2014年6月16日 月曜日 晴れ 三十一度

http://keico.exblog.jp/19933793
2014年6月23日 月曜日 曇りのち小雨
フォトセミナー【X-T1で撮る女性ポートレート-ステップアップ講座】の二回目

~~~~~~~~~




by pretty-bacchus | 2014-09-11 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(6)

都会の今月今夜のスーパームーン
2014年9月9日 雨のち曇晴れ

 はかない朝顔はなんとも切ない。
そんな話を京都の友と話していたが、彼女はどうやら気もそぞろ、、、。
東山に昇り始めた満月に心を奪われているのだという。

a0031363_093480.jpg



(月の出 は17時56分だが、満月は23時15分頃)
都会のことであきらめていたが、むしゃむしゃとカメラを首にかけて、屋上に上がってみた。
午後六時五十七分。
お〜〜今まさに母校上智大学の建物の上に顔を現したのは今月今夜の十五夜の月。
雲がどんどん流れて、、、みるみるうちに高度をあげていく月。
太陽と地球と月のページェントってすばらしい!
手を合わせながら手持ちで何枚かを撮った。

(pm6:58)
a0031363_011184.jpg


a0031363_010460.jpg


(pm7:02)
a0031363_011527.jpg


a0031363_0122968.jpg


(pm7:05)
a0031363_013561.jpg


a0031363_014114.jpg


a0031363_0144215.jpg


a0031363_0151986.jpg


 宇宙の不思議さで今日のこの時間に大きく見える月は
スーパームーン SUPER MOON と言われ、とても大きく輝いて見えるのだという。
この月を次に見られるのは二十年後というから、私にとってはこれが最後のスーパームーン。
 
 蚊予防のために長袖と手首足首を覆っていたが、どうやら顔が蚊に刺されたようでかゆいかゆい〜〜〜。
デング熱の蚊でなければ良いのだが、、、。

 ブログで方々の月の激写を拝見したが、なんといっても<写真家・相原正明のつれづれフォトブログ>の
<石油コンビナートの炎と真っ赤な月>と
http://aiharap.exblog.jp/22898507/
相原正明のつれづれフォトブログ

エンゾさんのが月が美しい!
<エンゾの写真館 with Keep On Driving!>
http://enzz3121.exblog.jp/21097052
エンゾの写真館
さすがプロだ。
エンゾさんは私の2008年の日仏会館の写真展にいらしてくださってお目にかかっている。
http://keico.exblog.jp/i30/
カテゴリ:PhotoExpo写真展2008シャンパーニュ
(このなかの一枚に彼も写っていると思うのだが、、、)
その後の彼はどんどん活躍が拡がっていらっしゃる。
嬉しい限りだ。


〜〜〜〜〜〜
追記*
月が最も地球に近づく(35万6896キロ)タイミングと、満月の時期が偶然重なったおかげで、
通常の16%大きく30%明るい満月を見ることができるのだと。
天文学界では「近地点の満月(perigee full moon)」という用語が使われる場合が多いのだという。


by pretty-bacchus | 2014-09-09 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(5)

「つがる」「さんさ」新種のりんご<メルシー>&カルパッチョ
2014年8月31日 日曜日 曇り

 箱を開けると香りでたなんともいわれぬ高貴な芳香!
黄金桃と三種の林檎のアソートメント。
丁寧なメモがそえられていて造り手の方の愛情が伝わってくる。
薄いレモンイエロー地色で ところどころ上部が赤く色づいているのが「さんさ」。
穫りたての林檎の葉をつけてくださっていて、そ〜と手に取り林檎に頬ずりしてしまった。
林檎の葉は少しざらざらしていてなんだかまだ生きているみたい、、、。
お味も歯応えも爽やか酸味がある品種のようだ。

濃い紅色のほうが「つがる」、さんさよりもまったりとしていて甘いという。
真ん中にそっと身を寄せているのが、新種の<メルシー>という林檎のよう。
顔に近づけると爽やかな香りがたちあがる。
“ボンジュール メルシーさん、よくいらっしゃいましたね。メルシー ありがとう!” って
フランス語で声をかけた。
一つずつほおずりをして感謝しながらしばしりんごとお話し、、、。
令子さんの果樹園が造る果物をこうして毎年収穫翌日に東京でいただけるってなんて幸せなことだろう!
ありがたいことだ。

a0031363_2275998.jpg
(薄緑色の輝くのが新種のメルシー!)

 葡萄とおなじで冬の間の樹々の手入れ、その年の天候にはらはらしながら花芽を待って実がつき、
それからの収穫にいたるまでのお手入れはどんなにかご苦労がおありのことだろうと察せられる、、、
大雨があり極暑があり強風ありと、、、。
今年の黄金桃は霧雨の中 収穫だったようで、しっとりとしたこの感じは最後の日の果樹園の
霧の香りなのだろうか、、、。

 ふじ、つがる、紅玉 ゴールデンデリシャス、、、林檎の種類ってどのくらいあるのだろう。
ウェブでしらべてみらら世界中には2万5000種もあるんですって!
日本では一般的に20種類くらいのよう。昔から日本のリンゴ栽培においては数多くの品種が外国から
入れられ、その数は1,000以上もあったそうだが、その中で現在残っているのが20種類くらいらしい。
日本の気候・風土や消費者の好みにあった品種が、造り手に大切に育てられて生き残ってきたのだろう。
並々ならぬ先人達の愛と努力の結晶なのでしょう。

a0031363_2264539.jpg


 お知らせをいただき夜は行きつけになったバールイタリアンへ。
今夜は和歌山から届いた四種の新鮮なお魚のカルパッチョ。
イサキ、うすばはぎ、むつ、グレ。そえられている魚のゼリーの細切れがまた美味。
おかわりをしてしまって最後の夏の宵に感謝。

a0031363_2291973.jpg


ところが、予定時間を越えての<ぐるなび>の写真撮影のカメラマンの不作法さにわたし達二人は切れた。
目の前に置かれたパレパネでフラッシュが拡がって、そのたび眼に入る。
たとえば、フラッシュをたくときに合図をするとか、ちょっと会釈とかをして撮ればいいのに
このカメラマンはその礼儀もないようだ。
その上、連れ合いが注意したら、店のせいにしたのだ。
ぐるなびのやらせとか強引さは友人達から聞いていたがひどすぎる。

a0031363_2304511.jpg
 (目の前のハレパネが何十回も光るのだ。この写真は休んでいるとき)

 シェフとスタッフには申し訳ないが、メインをいただかずに外に出た。
ようやく涼しくなった夜道を虫の音に酔いながら歩いて、、、怒りを沈めて、、、。
帰宅して美味しい林檎をいただいたのでした。
八月最後の日に秋の味覚に感謝して、、、、。

http://keico.exblog.jp/20136628
2014年8月25日 月曜日 晴れ
晩夏の一夜は三種のカルパッチョに舌鼓をうって 

http://keico.exblog.jp/20029147
2014年7月22日 火曜日  晴れ 梅雨明け宣言あり
和歌山からの鮮魚三種のカルパッチョとシャブリ




by pretty-bacchus | 2014-08-31 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(13)

雨の朝の朝顔は静かにただづんで、、、
2014年8月30日 土曜日 雨のち曇、午後一瞬陽の光さす

 蝉の声がすっかり消えてしまった雨の土曜日。
葉月も残すところあと一日となってしまった。

 昨日四つ咲いた朝顔も、すぐに落ちずに萎んだままなのは太陽がなくて
成仏をしきれないのかもしれない、、、。
 
a0031363_2003148.jpg

昨日の四輪は、
http://keico.exblog.jp/20147827/
2014年8月29日 金曜日 霧雨
霧雨の日は蝉もなかずに、、、

a0031363_2015183.jpg


a0031363_202026.jpg


a0031363_203840.jpg


a0031363_2043387.jpg


 ガラス戸&カーテン越しにピンク色のうつろいを愉しみながら去りゆく夏をなごみながらの週末、、、。
今日はたった一輪開いた朝顔は、午後に一瞬さした太陽に突然に色を増した。
太陽の力ってすごいんだ〜〜〜カシャッリ!

a0031363_2035348.jpg


 明日もまた雨模様のよう、、、、。
五月末からすでに真夏日がやってきた今年2014年の夏。
関東では連日の猛暑日を記録し、西日本や北日本には豪雨の被害をばらまいて、
最後はこうして日本中に何日も雨模様の低気圧を停滞させて過ぎ去ろうとしている。
宇宙開発がすすんでも低気圧や積乱雲をコントロールする研究はすすまないのだろうか、、、。

 夕方にヒグラシ蝉が一声で消えた。
七時のニュースが終わった頃に、西の空に細い月が現れた。
ガラス戸越しに撮れるはずのないのに、性懲りなくカメラを手にしている自分にあきれている。

a0031363_22561816.jpg
(ガラス戸越しに四日月がベランダの朝顔の葉と遠方の木々の間に月が沈み逝く、、、
白いカーテンが揺れて、、、、)

 日の出 05時11分  : 日の入 18時12分
  月の出 09時13分  : 月の入 20時32分




by pretty-bacchus | 2014-08-30 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

霧雨の日は蝉もなかずに、、、
2014年8月29日 金曜日 霧雨

 ようやく少し涼しくなった。
日の出もいつもまにか五時すぎになり、朝顔が開く時間もそれにあわせたように遅くなる。
自然ってほんとうに不思議だ。

a0031363_2342240.jpg
 (まだ明けきれない日の出時間前に、、、部屋の電灯がガラス戸越しに写って白い朝顔が浮かんだ)

a0031363_233544.jpg
 (日本の蔓がからまった処に四つの朝顔が開きかけている)

a0031363_2351645.jpg


 朝の蝉もすっかり静まり、午後に一度だけ聲髙にも寂しげにミンミン蝉が鳴いた。
土の中で長い間じっと絶えてやっと生まれた蝉たちの命は短い。
生まれ出でなかった蝉の幼虫は、来年まで待つのだろうか、、、。
なんとも切ない、、、。

a0031363_2335480.jpg

 (雨模様の日は午後になっても朝顔は開いたまま、、、)
#IMAGE|a0031363_2354547.jpg|201408/29/63/|mid|864|577#]

   〜〜〜〜
 日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 05時10分  : 日の入 18時14分
  月の出 08時16分  : 月の入 19時57分


by pretty-bacchus | 2014-08-28 23:23 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)

晩夏の雨の朝顔はなんとも切ない、、、、
2014年8月27日 水曜日 雨

 急にことんと涼しくなった。
寒いくらいだが、湿度が高いのでなんとなくクーラーを入れてしまうがそうすると寒すぎる。
季節の移り変わりがなんだかいつもより身にしみる。

 それにしても今年の夏はつらかった。
そういえばこの一年くらいは、めっきりと歳をとったような気がする。
目の下にシワがでてきたし、日焼けの跡は薄黒くシミになってしまうし、
首の周りにぼつぼつと小さな粒がでてきた。
どうやらこれが加齢ということなのだそうだが、なんとも切ない、、、。
これからはどんどんその速度が増すのだろうか、、、、。嗚呼!

a0031363_0194762.jpg


a0031363_0215691.jpg


a0031363_0212236.jpg


 雨の借景の朝顔もなんとなく寒そうで、極暑の今年の夏のベランダは可愛そうだった。
ぼっ〜としながら時々カメラを構えてベランダの朝顔を撮る日ももうあまりないかもしれない。

 雨が細くなってきた夜にパンを買いに出かけた。
こう涼しくなるとブランチはおそうめんでなくて、美味しいパンを食べたくなるとは、、、、、
なんともいやはや。

a0031363_0222988.jpg



by pretty-bacchus | 2014-08-27 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

曇り空に色とりどりの朝顔が咲きました
2014年8月26日 火曜日 曇り後小雨

 曇った空にピンクと白と紫と、そして珍しいそら色の朝顔が咲いていた。
ここ数日揚羽蝶がやってきている。時々とんぼもちらりと見えたりして、
この都心のほんの少しの借景とベランダの緑を、ガラス戸度ごしにこうして愉しめるのをありがたく思う。

a0031363_041761.jpg


a0031363_055534.jpg


a0031363_055599.jpg


a0031363_07454.jpg


a0031363_081726.jpg


a0031363_073835.jpg



 回りの建物の四階にもおよぶ高さの木が三本、あとは一階の塀あたりまでの高さの梅や椿などの木々が
見え隠れするだけの小さい変形の庭なのに、こうして回り五棟の人々の目を休めてくれるだけでなく、
東からやってきて西へ飛び去る鳥たちの憩いの場所になっているようで、なんとも癒しの空間なのだ。

建築家が都会に建物をつくる時に皆こうして緑の一角を確保してくれたら、
コンクリートジャングルの都会ももう少し過ごしやすくなるのではないだろうか、、、。
新しくオープンした虎ノ門ヒルズあたりはどうなっているのだろう、、、、。

(夕方に雨がやってきて、、、十時間後に空色の朝顔が薄いピンクになっていました!)

a0031363_0113659.jpg


 東京ではようやく暑さが一休み。
でも八月の異常気象は日本をも覆って辛いニュースが続いている。

 昨日から何度か地震の揺れを感じる東京。
ペルーではM6.9の地震のニュース。
サンフランシスコ近郊でもマグニチュード6の地震があり広い地域に被害をもたらし、数十人が負傷して
道路が寸断され大規模な停電も発生し、ワイン産地ナパのワインに被害が出ているという。
これからもM5.0以上の余震が発生する確率が50%以上というから怖い!

 地球の運命や如何に。
せめて明日も朝顔が静かに微笑んでくれることを願って、、、。
ボンニュイ!




by pretty-bacchus | 2014-08-26 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)