タグ:Nikon D7100 ( 429 ) タグの人気記事

終戦七十二年全国戦没者追悼式に涙雨が続きます
2017年8月15日 火曜日 小雨 終戦の日

この朝の暗さは何なのだろう。
陽の様子などぜんぜんないのにそれでも朝顔は花開いた。

 十二時、テレビ放送の全国戦没者追悼式のライブと一緒に黙祷をした。
こういう形でも、気持ちを共有できる時代になったのだ。

YouTubeより
天皇陛下おことば・全文 終戦72年全国戦没者追悼式(17/08/15)
https://youtu.be/EdRWvMc5tCM
<iframe width="853" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/EdRWvMc5tCM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
全国戦没者追悼式での天皇陛下のお言葉。 
本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、
かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。続く、、、

a0031363_01295966.jpg

a0031363_01302257.jpg

a0031363_16000736.jpg

a0031363_16004150.jpg

〔午後には色が変わってくるのです、、、、)
a0031363_16023748.jpg

 午後になってますます暗くなった。
今月に入って毎日十五日も雨がふったのだという。
明日も明後日もまた雨の予報、、、、ほんとうにどうなってしまったのだろう。

 雨の道をカメラを首に歩く元気はなく、一日お家でダウン気味、、、、。

 あしたてんきにな〜〜れ! はやくげんきにな〜れ!


by pretty-bacchus | 2017-08-15 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

重いタマネギやジャガイモ、大根と一緒に葉物野菜も通販で
2017年8月14日 月曜日 雨のち曇り 

 今日もまたヤマトが重い野菜や葉野菜類を運んでくれた。
この半年ほどまえから新しいWebサイトで野菜を買うようになった。その昔はオイシックスで
とったことがあるが、この会社の傲慢に嫌気がさしてやめてしまった。

 その後は、スーパーやデパ地下を何軒か試してみて、今は注文すると翌々日に丁寧に届けてくれる
Webのお店にしている。 今気に入っている葉野菜は、ベビーリーフとレタスミックスとトマト。
ベビーリーフは野菜の幼葉で、有機栽培の新芽を10cmくらいで収穫し畑から摘んだままなので、
ミネラル、ビタミンなどが90%以上流れ出ず、新芽の栄養価が高い野菜なのだそう。

今回着いた袋の後ろを詳しくみてみると、なんと八種類も入っていることがわかった。これで128円。
レッドビート、ルッコラ、コマツナ、ターサイ、ミズナ、マスタードレッドオーク、レタス、ほうれんそう。

レタスミックスは、フリルレタス、バタビアレタス、オークレタス、ロメインレタスで、138円。 
キャベツもレタスも大きいのを買うと残してしまうし古くなってしまうが、ちょっと葉野菜を欲しいときには
無駄がなく便利なカット野菜を愛用するようになった。

a0031363_19421804.jpg

a0031363_11572243.jpg
                (これはこの会社のHPより)

 この会社のは有機栽培で素晴らしい環境で造られるようなので安心している。
あと一緒に別の会社だが、少し重いタマネギやジャガイモ、大根なども頼んでおくと、
ヤマトさんが一緒に届けてくれる。
“重いですよう〜〜”って手渡されて、ずっしりとすることがあるから、これをもって帰ってくるのは
大変だろうから、とても助かっている。

でも茄子やキュウリやミョウガやトウモロコシなどは露地物をその季節にいただきたいで、果物を買いながら、
伊勢丹の地下に時々足をのばす。 

 それ以上においしい鎌倉野菜をいただきたいときは、オカダさんのお店で野菜三昧。
今はお盆でお店も静かなようなので、今夜は席をつくっていただいた。
ホルスタイン牛×国産和牛の交雑牛の炭火焼き!もいただいて、、、、。脂の少ないさっぱりとした赤身で
とっても味わい深いお肉で満足。

こうして自由にさせていただけるお店ってほんとうにありがたい。 

 明日は晴れたら伊勢丹にいきたいな、、、。

by pretty-bacchus | 2017-08-14 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

朝顔とセミと遊んだ曇天の日曜日
2017年8月13日 日曜日 曇り

 久しぶりに六時間ぐっすりと寝た。
こういう時はやはり寝覚めは気持ちが良い。
まだ少し早い時間だが起きだしてしまった。

 この家のベランダにもう三十年以上も前からある大きな鉢の、半分枯れ木の枝に朝顔のツルが
どんどんからみ昇っていっている。行灯仕立ての鉢をおいて自然にまかせていたら、
あんな処にまでツルをのばしてしまった。

 日の出時間の頃には、青い朝顔はまだ開ききっていないで半開きの蕾のまま、、、、。

(ガラス越しに一時間おきくらいに朝顔のスナップを撮りながら)

a0031363_11575179.jpg


a0031363_11581173.jpg


a0031363_11584656.jpg


a0031363_11590578.jpg

a0031363_12010979.jpg
a0031363_12010979.jpg

a0031363_12013400.jpg



 少したまってしまった新聞や雑誌を読んだりしながら、借景の緑を愛で、ベランダの朝顔観察の日曜日の朝。

 午後に突然オーシンツクツクが鳴き始めた。
晩夏になくこのセミが、今年は今月の一日には鳴いていた。
地球の季節はかんぜんにおかしくなってしまっているのだろう。

地球の温暖化はどんどん進み、北極の氷もとけ始めて
早くも2030年代後半には氷が完全になくなってしまう可能性があるのだとか。
その北極圏の変化は、緯度が中頃の地域の天候や東南アジアのモンスーンにまで影響して、
世界的な大きな変化が起きるのだと考えられるが、そのどれも予測不可能だという。
夏は灼熱と集中豪雨、冬は厳冬となると予測されているというから何が起こるのだろうか。
人類史では、気候が温暖な地に文明が栄え、それが今日まで続いていというが、
今後100年も待たずしてそれが逆回転がはじまるかもしれないという学者がいて、
この夏になぜか寒々としてしまう。

http://keico.exblog.jp/237436190/
もうツクツクボウシが鳴き始めました
2017年8月1日 火曜日 曇り午後大雨

 今年の夏はまったく夏らしくない日々が多く、このまま秋に突入してしまうのだろうか。
子供の頃は、昆虫採集と植物採集に興じた昔がなつかしいですね〜〜〜!
ニイニイゼミが鳴き始めると夏が来るな〜^て思い、やがて
元気にミンミンゼミが一心不乱に鳴きわめき、そして厳暑には威勢よくジリジリと鳴くアブラゼミ。

やがてオーシンツクツクとツクツクボウシが季節を語り、そしてヒグラシのカナカナカナがしばし
黄昏時を彩って、、、、、夏が終わる。
ああ〜〜これで今年の夏も逝ってしまうのだ、、、と、毎年いちまつの寂しさを感じ、ときには
人の命のはかなさをしみじみと思って、秋がやってくる。

 やがて死ぬけしきは見えず蝉の声 芭蕉

 地上に現れてからは一週間の命といわれている蝉ぞ哀しき、、、、
日本に生息するセミは三十五種くらいあるそうだが、土地柄や高度や気温によってかなりちがうのだという。
三十五種のセミの声を聞いてみたいな、、、。



by pretty-bacchus | 2017-08-13 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

日航ジャンボ機の墜落事故から三十二年がたちました
2017年8月12日 土曜日 雨のち曇り

 日本航空ジャンボ機の墜落事故から三十二年がたった。
あの日のことは決して忘れないだろう。

 このマンションに春に越してきていて、七階にこしてきたばかりのH社のUさんも
この機に乗っていらしたのだ。
ご出発の前の日に、私たちは夏の数日を過ごしに軽井沢に出かけるときに、玄関でお目にかかったのが
最後になってしまった。

群馬県上野村の御巣鷹の尾根に、今年も遺族の方々が登って慰霊したというニュースに手をあわせた。

http://keico.exblog.jp/8804714/
日航ジャンボ機墜落事故から、今日でで丸24年
2009年8月12日 水曜日 曇り

2009年8月12日 水曜日 曇り
日航ジャンボ機墜落事故から、今日でで丸24年

 借景のシデの木は濃い緑でおおわれて空がみえない。曇りの夕方に何かが動いた。
脇に置いている望遠で枝の上にピンをあわせてガラス越しにカシャカシャ、、、、。
Mac上に開いてみたら、ヒヨドリの子供のようだった。
今頃ヒヨドリが都心の樹にいるのだろうか、、、、。
これも温暖化故?

ミンミンゼミはけだるく鳴いている土曜の午後、、、。

a0031363_12023905.jpg

a0031363_12030279.jpg

a0031363_12032142.jpg



by pretty-bacchus | 2017-08-12 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

暗い朝にもピンクとブルーの朝顔が咲きました
2017年8月11日 金曜日 曇りのち小雨  海の日

 なんという暗い朝か!
なんという暗い一日だったことか!
なんという暗いセミの鳴き声か!
なんという暗い黄昏時か!
一日中暗いくらい<海の日>でした。

海の日という名の祭日はいつからあるのかしら?
こんなに暗い<海の日>はなくたっていいのに、、、、。

もう立秋もすぎたので、このまま盛夏がなくて秋になってしまうのでしょうか、、、。

 でも今朝は小さなピンクとブルーの朝顔が咲いたのです。
暗い朝になんとも可愛い妖精のようでした。
ありがとう〜〜〜朝顔さん!

 どこもお休みなので、ネットでとったお野菜と日の出味噌の江戸味噌で中華風野菜炒め?
先だっての講習会で習った茄子とピーマンの絡めも作ってみました。
なかなか美味、よしよし、、、。

 二人とも風邪がなおらないので、今夜はノンアルコールデイ。

a0031363_01414397.jpg

a0031363_01421259.jpg

a0031363_01422334.jpg

a0031363_01424714.jpg




by pretty-bacchus | 2017-08-11 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

白夜月の翌日は赤い月でした
2017年8月10日 木曜日 曇り

 昨日あんなに白かった月が真夜中に赤い月が西に泳いだ。
宇宙って面白いですね〜〜〜。

a0031363_01432172.jpg
〔ガラス越しに手持ちで)


 ヴァレットのオカダシェフがまたまた新しい夏のメニューを作って下さったようでその試食を兼ねて、、、、。
開店三周年の夏もすぎて四年目に入って、今ではなかなか席が取れない<若者>のお店になっている。
若い人っていいな〜〜〜て! そして彼らと一緒にワインを楽しむって幸せ!

 団体のお客様がひいたあとに、遅くに出かけたので、シェフのすてきなお友達もいらしていて、
若さをいただいたのでした。
ありがとうございました。

 老体二人は送られてトボトボと、、、。

a0031363_05221202.jpg
(エントランスには、三年前の開店お祝いにさし上げたワタシの<真っ赤な芥子とペリゴールの教会>の写真が)

a0031363_05222730.jpg
(今夜はサンテグジュペリ伯爵のシャトー・ドゥ・ティルガン2012,パリの農業博で銀賞をとっている銘酒)

a0031363_01390985.jpg
(シェフのお友達はなんとも素敵なカップルでした! ブログに載せるのもオーケー!)



by pretty-bacchus | 2017-08-10 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

虹の色は日本では七色、フランスでは?
2017年8月6日 日曜日 曇り 広島原爆の日

 広島原爆の日、黙祷。
去年の5月27日に広島平和記念公園で行われたオバマ米大統領の十七分にわたっての
<核兵器のない世界>のスピーチを思い出している。
Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and
the world was changed.
A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed
the means to destroy itself.
<71年前のよく晴れた雲のない朝、空から死が降ってきて世界は変わった。
閃光と火の壁が町を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを示した
から始まったその声明を、じつにしっかりとしたしみじみとした声で読み上げていた。
そして最後に
When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom,
then the lesson of Hiroshima is done.
The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day
in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.
That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as
the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

 そのほんの一年後には、またまた世界は核の輪にのみ込まれ始めてしまっている。嗚呼!

http://keico.exblog.jp/22855299/
2016年5月27日 金曜日 雨のち曇り 小晴れ
オバマ米大統領の初の広島入りで声明文を
a0031363_01420919.jpg
(夜明けとともに、だんだん明るくなっていくベランに朝顔が笑い出す、、、、)
a0031363_01424132.jpg

a0031363_01470116.jpg

a0031363_01471684.jpg

 この日、<大地震の前兆?…日本中に出現した「地震雲」らしき雲たち>というネットニュースがあった。
日本中で異常な雲がみられるのだという。
上から真下に落ちる雲、空一杯に広がる鱗雲などなど。
原爆雲ならぬ不吉な雲は、この世の怖ろしきなにかを象徴しているのだろうか。

 夜中に偶然、フォト・ジャーナリストの長倉洋海さんの番組を観た。 
フォト・ジャーナリストとして世界64カ国を廻った写真展で、彼は写真を六つに分けという。
国家とか人の作ったものでなくそれらを取っ払って、地球という一つの玉の中にどんなものがあるのか
という観点で六つの色に分けて写真集を作ったのだそう。
六つの色は
、鮮やかにいきたい、生命の色
、宇宙まで続く空の色
、生命の躍動、命のまばゆさ、豊穣の豊かさ、心の豊かさ、アングール
そして
白 全てを許す色
黃色 人を温かくする

 様々の色と光で物事を見る、人生は自分の色を探す旅、と。
は空であり海の色でもあります。海から来たと言われる我々生命体は、海の青さを見るとき、
心が穏やかになり、空の青は、自分を遠いところへ運んでくれるような気持ちになります。
人は1つの色で物事を見てしまいがちですが、様々な色で見ることも大切ではないでしょうか。
自分の色を探しながら旅をしているのかも知れません>

彼が撮った美しい写真を沢山TV上に拝見できた。
虹の写真がなかったのはなぜかしらって思っていた。
その機会に恵まれなかったのかもしれない。

 そういえばわたしももう長いこと虹を見ていないな、、、、、、。
エールフランスの機内誌<ボン ヴォワヤージュ>の取材で訪れた南仏のカニグー山の麓でみた
大きな虹が忘れられない。
そしてパリでオートルートを走っていたときにエッフェル塔の向こうにかかった二重の虹を!
走る車の車窓から撮った写真はどこへいったろう。>>>ありましたね、、、このブログの中にも。

 虹の色は日本では七色。
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫
と言われているが、ヨーロッパでは意外に未だに六色だというのが通例のよう。
フランスは日本と同じく、学校教育で「七色」と教えるので「七色派」なのだそう。
その起源は、なんとニュートンの時代にさかのぼって、太陽光の研究をしていたニュートンは、
十八世紀の初めに<光学>という本を書き、その中に、色の屈折率などの研究とともに、
虹の色は七色だとしたのだそうです。

 それにしても暑い。
停滞した台風が各地に被害を残している。
地球はどうなってしまうのだろうか、、、、。

http://keico.exblog.jp/13185825/
2011年8月1日 月曜日 曇り
思い出の昔のパリを簡易スキャニングして
http://keico.exblog.jp/13205154/
2011年8月4日 木曜日 その一
簡易スキャンで95年のエッフェル塔の二重虹
ジャクリーヌの車の助手席に乗って高速を走っていた。
エッフェル塔がみえてきた。
“あ〜〜虹だ、二重虹、、、早くお祈りをして、、、ケイコ〜”
“ぶつぶつぶつ、、、、”と言いながら、常に持ち歩いていたカメラで数枚撮った。
なにしろ、超スピードで走る車の中で、フロントグラス越しなのだから、あっというまに過ぎてしまった。
<br>
a0031363_17533213.jpg
(1995.04.25 Paris エッフェル塔と二重虹) (機種はFUJI GA645ziだったと思う)
a0031363_17535957.jpg
(メトロが走っているのがみえた、、、、ビルハッケムの陸橋でメトロは一度外にでる)
http://keico.exblog.jp/17228761/
2013年1月28日 月曜日 晴れ
1990年代のフランスとイタリアのネガ・ポジ
http://keico.exblog.jp/17245942/
2013年1月30日 水曜日 晴れ
銀塩時代の写真の<オペレーションモノクロ化>
http://keico.exblog.jp/19833121/
2014年5月25日 日曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化


by pretty-bacchus | 2017-08-06 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

あれよあれよとすさまじい九十六時間でした
2017年8月5日 土曜日 曇りのち少し晴れ

 長くもあり、、、あっというまの一週間だった。
8月1日の火曜日の日記に
 <クリニックのM先生だった。さてこれからまた思わぬ事が起きまして、、、、。
さて、このことは書いておこうかどうか迷っています、、、>
と書いてから九十六時間後に、ただいま〜と連れ合いは帰ってきた。
四泊五日の<病院への旅>だったわけだ。
(結局市中感染か院内感染かわからぬままに細菌性肺炎であったのだが、、、)

 六月に緊急救急センターに運ばれての心筋梗塞のあと、再入院での二回目の心筋梗塞の手術に失敗して
いたが、普通に生活していた。
月曜日には今度の相談で循環器センターの外来で新しい先生と面談してきたばかりだった。

 火曜日の朝に胸が苦しい気持ちが悪いと、朝一でご近所のホームドクターのMクリニックに出かけていた。
そしてまたまた救急車が呼ばれて午前中の病院へ搬送されてしまった。

それからの九十六時間はまさに新しい体験の連続で、その間に私自身も別の病院で検査が二つも入っていて、
二つの病院を行き来して、こういうのは廊下鳶とはいわないのかしら?

 もちろんブログを書くこともままならずに、でもその間にもMac上にメモ日記は書いていたので、
朝顔日記と一緒にいっきに時系列にこれからアップしておきましょう。

a0031363_22461467.jpg

;http://keico.exblog.jp/237089670/
2017年6月6日 火曜日 晴れ
緊急救急センターへ運ばれての騒ぎとなりました
</div>
</div>
;http://keico.exblog.jp/237248903/
2017年7月18日 火曜日 雨のち晴れ 午後に雷雨
一人は入院、もう一人は背中に激痛、午後にひどい雷雨
http://keico.exblog.jp/237263182/
2017年7月19日 水曜日 晴れのち曇り 梅雨が明けた
クリニックと大学病院のかけもちで老後の医療を考える

by pretty-bacchus | 2017-08-05 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

病室に花を添えてくれたダルビッシュ有の「ありがとう レンジャーズ・ファン」
2017年8月4日 金曜日 曇り

 今日も曇りの朝。
梅雨が明けたって真夏の青い空も白い入道雲も顔をださない夏ってなんだか寂しい、、、。
曇りの朝にはどうしてミンミンゼミも曇って鳴くのだろう、、、、?
借景の三本の大きな木には沢山のミンミンゼミがいるだろうに、どれもこれも元気には鳴いてはいない感じ、、、
我が家のガラスまではほんの十メートルくらいなのに、曇った日には空気を伝わる音動が
曇ってしまうのかしら、、、、。
ミンミンミ〜〜ン、もっと明るく鳴いてくださいね。

a0031363_01422796.jpg


a0031363_22472013.jpg

 今日は朝からワタシの大学病院の眼科へ。
十数年前の右目の網膜裂孔の手術のあと、今は左の方の網膜がぎざぎざにって像がゆがんでみえる。
これ以上すすみ出血しないように先月はレザーで二十数カ所の施術。

これ以上よくはならないようなのだが、これ以上悪くならないための二ヶ月に一度の病院通い。
最先端の十数万もする高い注射を月に一度打つという方法があったのだそうだが、
私の体調を考えてくださって、二ヶ月に一度の検査で様子をみてくださっている。
この病院の眼科は評判がよくて、予約があってもいつもとても待たされるので、終わったのはお昼過ぎ。
同じ病院の十八階には連れ合いが入院しているのだが、面会時間外なので一時帰宅。

http://keico.exblog.jp/23836116/
左目の小さな手術は二十四発のレーザー治療でした。
2017年4月21日 金曜日 曇りときどき晴れ 眼の手術? 土手のコックリコ

 また夕方にお見舞いに。
ベットの下の方にうずくまっているので、聞いてみると、高熱の時に使われた氷枕がそのままで、
ベットが濡れている。
普通の枕に変えて欲しくてナースコールを何度呼んでも来てくれないのだそう。
同じ病院で二年前の泌尿器科では四週間も入院していても先生方にも看護師さんにも満足していて、
その後の通院も喜んでいっていたのに、今回はどうやらかなり様子が違うよう、、、。

細菌性肺炎の熱もさがり、かなりよくなったようで、その上この階のテイクケアーは問題が多くて、
早く家に帰りたいよう。

 新聞を毎日持っていくのだが、あまり細かく見る気力はないようで、嬉しくなる記事を
二つ三つ読んでみたりして時が過ぎた。

米大リーグ、レンジャーズからドジャースに交換トレードで移籍したダルビッシュ有投手。
シーズン途中で移籍が突然発表されることってほんとうにあるのだ!と先日驚いたが、
その彼が地元の新聞に一面の広告をだしたというニュースが写真入りで日経の夕刊に出た。
(それを写真入りで報じた日経をちょっとみなおしましたね。)

三日付の地元紙ダラス・モーニング・ニューズ一面に、
「ありがとう レンジャーズ・ファン」と見出しで、英語による全面広告を掲載し、
古巣に謝意を示したのだそう。
広告はレンジャーズのユニホーム姿の写真で、メッセージは「2012年から5年半、本当にありがとう」
の一文から始まり「日本から来て新しい環境に適応できたのは支えてくれた思いやりあるファンの皆さま、
チームメート、スタッフ、全ての関係者のおかげ」と続けたのだとう。(日経より)
a0031363_01262474.jpg


このような例は、他のメジャー選手にもあったようで、“米国流”でけじめをつけたのだという。
海に向こうで活躍する日本人選手のすてきな話に病室もなごんでいきました。
でも明日には退院したいと先生にお願いしたそうです。
さて、どうなりますか、、、、。


by pretty-bacchus | 2017-08-04 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

肺炎はこわい病気だそうです。
2017年8月3日 木曜日 曇りのち晴れ

 朝顔は夜明けとともに少しづつ花開いていきます。
ガラス越しにぼ〜と眺めていろいろ考えてしまった朝の一時、、、。

a0031363_22462908.jpg

 肺炎はこわい病気だそうです。そてもいつ感染するかわからないのだそうですから、、、、。
肺炎と言えば、<わが友ホロゴン・わが夢タンバール>のホロゴンさんも今年の春に
患っていらしゃったですね。
http://ultrawide.exblog.jp/26614983/
やはり熱と脱力感以外に、症状はゼロだったのですから、発熱するまでは異常に気づけるはずがありません。
脱力感は熱の後に来たものなのですから。ようするに、発熱するまでは病気になっているなんて、
全く分からない状態でした

 連れ合いもまったく同じような感じでしたが、クリニックで血中酸素濃度をはかり、また高熱で、
M先生は、緊急入院をさせてくださったようです。
その判断が良かったのは、この大学病院の先生も認めるところで、肺炎で命を落とす高齢者は
とても多いのだそうです。
血液検査、CT, 超音波、レントゲンなどのあとに、タンをとり細菌の種類を調べてから、
抗生物質の点滴がはじまったようです。

 ワタシは朝から別の病院で三ヶ月に一度の検査。
一度帰宅してから、クリニックの先生に連れ合いの様子を報告のあと、また病院へ。

ベットの上でがっくりしている様子に不安がつのっていきました。
この階の看護師さんにはいろいろ問題がありそうで、、、、。

a0031363_22470089.jpg
(ワタシの病院での定点観測です。空が曇ったままの午後遅くに、、、、)





by pretty-bacchus | 2017-08-03 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)