タグ:Nikon D5000 ( 329 ) タグの人気記事

熱帯夜が続いて、少々ばて気味です、、、。
2015年8月6日 木曜日 晴れ 隣のクリニックへ

 ヒルの暑さだけが話題になるが、夜の暑さも半端ではなく午前三時には二十八度の熱帯夜!

 あまりの暑さに早くに起きてしまった。
リヴィングにぼっと座って甲子園球場の<第97回全国高校野球選手権大会>の開会式を見た。
若いってなんてすてきな事だろう〜〜〜!

 百年の節目を記念し、選手宣誓は第一回大会優勝校の京都二中の後継校の鳥羽の
梅谷成悟主将が選手宣誓を行った。
今年は開幕日が広島の「原爆の日」であることから、平和への願いを込めた宣誓となった。
ゆっくりとていねいに宣誓文を読み上げた彼は「誰しもがあの戦争を忘れてはいけない。忘れてほしくない八月六日を伝えたかった。戦争で甲子園に出たくても出られなかった人がいる」と。
また「今普通に野球をできるのは支えてくれる方々のおかげ。その感謝の気持ちを言うことはできた」と。
なんという素晴らしい高校生だろう!

 凄まじい暑さに少々ダウンぎみ、、、。
さすがの暑さなのか借景のオナガ親子は日中は静か。
日没前にやって数羽やってきて賑やかに飛び回っていた。

ソファーに座ったままガラス越しに相変わらずの横着撮影でオナガと遊んで、、、。

a0031363_361836.gif

a0031363_22585251.jpg(子オナガがやってくると、、、、)

(追いかけるように親鳥がやってきて、、、、)
a0031363_235979.jpg

(あら、もう一羽やってきましたね〜〜〜)
a0031363_2353952.jpg

a0031363_23122735.jpg

a0031363_23131673.jpg
(親子がそろいましたね、、、)
a0031363_23134954.jpg

a0031363_231575.jpg
(仲良しですね〜〜!)
a0031363_23312486.jpg
(クリックすると大ききなって表情がよくわかります〜〜)
(Tamron16-300mm DiII VC PZD Macですから35mでは450mとなり、それを手持ちで
こんな風に楽しめるとは!)

#IMAGE|a0031363_23333459.jpg|201508/07/63/|left|984|657#]

 夕方に近所のMクリニックに昨日の結果の報告を。
ホームドクターのようが感じで、病院が違う内科も眼科のことも記録して置いてくださって、
ときどきこうしてなんとない会話の時をもってくださっている。
ありがたいことだ。

 帰りに遠回りして、たい焼きの若葉へ。
ここの特製氷小豆は、さすがたい焼き餡子が美味しい!

a0031363_23373712.jpg

a0031363_23381578.jpg



by pretty-bacchus | 2015-08-06 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

雨がふります〜雨が降る〜〜〜
2014年6月7日 土曜日 雨

 よくふるものだ。真夏日が四日も続いたあとに、
今度は毎日ひどい雨雨雨。
関東甲信地方も梅雨入りして、その上すぐに大雨の恐れや土砂災害や低地の浸水の注意。
低気圧の動きが遅いのだそうだが、いったいいつまで続くのだろう。

 ア〜メガフリマス雨が降る〜〜〜口ずさみながらガラス越しに借景に降る雨を撮る、、、。

a0031363_18393363.jpg


a0031363_18394954.jpg


 一昨日のカクテルレセプションも、昨日のガンベロロッソの発表会やその後の食事会の写真の整理も
できていない。
めずらしく三日もブログをあけてしまったということは、まったく時間がとれなかったのと、
帰宅するとバタンキュウでMacに向かう余力が残っていなかったのだ。
書きておきたいことが沢山あるので、あとで遡って記録しよう。

 <Dデー」70周年記念式典退役軍人ら賛辞を胸に海岸を去る>のニュースを見ながら、、、、、、
雨の音を聞きながら、、、。




by pretty-bacchus | 2014-06-07 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

緑の風をうけて鉄線<アフロディーテ>が微笑んで
2014年5月1日 木曜日 雨のち曇り 早や皐月

 今日はフランスではスズラン祭り。
親しい友人にスズランを送ると幸せになると、お互いに小さなスズランの花束を交換したことを思い出す。
花言葉は<純粋>そして<幸福の再来><意識しない美しさ>
アパルトマンの一階にあったお花やさんのロンは、毎年“petitte keiko〜〜 とにこやかに
一束を差し出してくれた。
そこで働いていたダニエルという男性がいた。
お花を買う度に彼に池坊の生け花を少しだけ時々教えるように話したことが何度かある、、、、、
<真・副・体>は「天・地・人」などと。
その後彼の創る花束はフランス風でなく、“ヴォワラ! Shin,Soe,Tai”という感じで
近所のお客様に喜ばれていた。

 最後はエイズで亡くなってしまったという。
哀しい<花>の思い出だ。

 すずらんは、我が家のベランダに咲いていたこともあったが今はない、、、。
今年は深紫のクレマティス(和名:鉄線)が一鉢午後の光を受けて風に揺れている。
その名はアフロディーテ! 良い名前だ。
その名の如く借景の緑の風を受けて、美しい輝きを放っている。

a0031363_1325553.jpg

(ガラス越しにこうして愛でる歓びに感謝!)
a0031363_1332863.jpg


http://keico.exblog.jp/14192627
2011年12月17日 土曜日 ☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris ~1990~2000
☆回想のわが巴里の街1990~2000 =十五区のアパルトマン



by pretty-bacchus | 2014-05-01 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(54)

十七日の水谷八重子さん誕生日ライヴの記録
2014年4月25日 金曜日 晴か曇りか

 あまり体調が良くないのでお昼のアポをお断りした。
その代わり一日Macと首っ引きで、ようやく一週間前の4月17日の水谷八重子さんの
誕生日ライヴの写真の整理が終わった。

フラッシュで当日アップしたのは
http://keico.exblog.jp/19691476/
2014年4月17日 木曜日 晴れ 八重子さんのライヴショー
水谷八重子さんの誕生日ライヴのフラッシュです

 来月で閉店の東京・六本木ライブレストラン STB 139は満席だった。
安部潤バンドで二十曲を熱唱した七十?歳の新派の大御所!

<思えば、随分難しい曲にチャレンジしました。
バンドと私と楽しんでお客さまをお楽しませしたい。 今、燃えております>と、
ホームページに書いてらした八重子さんが熱唱した曲は:
  1. Hello, Dolly!
  2. If I give My heart to you.
  3. Bohemian Rhapsody
  4. 百万本の薔薇
  5. 与之さん
  6. The Lady is a Tramp
  7. Ain't misbehavtn'
  8. ウエストサイドメドレー>>数曲を
  9. Sex Mad>>色キチガイ
  10. 人生は過ぎゆく~愛の賛歌
  11. あなたの声を聞けば聞くほど
  12. Cry Me a River
  13. Cabaret
  14. パレードの雨を降らさないで (Don't rain on my parade )
  15. I'll see you in my dreams
    ~Goodnight Sweetheart でお見送り、、、、。

 二十年ほど前から、お芝居も含めて今までずいぶんと<あうんの呼吸>で撮らせていただいていたが
新派の大御所の八重子さんが、歌手として還ってきてから早や八年になる。
最初はホテルのバンケットルームで、そして数年前からは六本木に芋あらい坂にあるライヴハウス
スイートベイジルで歌ってらした。
私は、そのほとんどが全体の感じを撮ったものだった。
いつもずっと舞台の写真はむずかしいと思いながら少しずつ少しずつ、、、。
そして毎回今回が最後かもしれないと思いつつ、、、今日まできてしまった。

 スイートベイジルの最後には何か新しいことに挑戦したくなっていた。
新派の大女優が歌う舞台はいつもどこか違っていた。
歌手として、そして役者として舞台に立っているから、歌いながらのその表情が素敵なのだ。
体中からあふれるように歌い始めて、一つの曲にドップリ浸かってそれぞれがお芝居になっているのだ。
それを台詞の要所要所を撮ってみよう、、、と思ったのだ。

 一台のカメラで動画を撮っておいて記録としてあとで参照して、もう一台のカメラですべての曲の表情を
撮ってみよう、、、と。
でも少し欲張りすぎたかもしれない。
三脚無しで二階の音響と席のあいだのほんの狭い場所からのトライアルだから難しかった
(頭上に終始映されていた今までのライブの映像がちらちらしてこれもむずかしかった)
少しだけすこしだけ出来たかもしれない。
でも動画用のカメラは途中で動かなくなって、結局望遠を付けた昔々のニコン一台となってしまったのだ。

 このブログをいつも見てくださっている中に八重子さんファンが何人もいらっしゃるので、
遅くなったが記録として一気に(失敗のも含めて)時間順にアップしておきましょう。

a0031363_22162441.jpg(六本木交差点から芋あらい坂を下りた途中にある)

a0031363_22165588.jpg(八坂会の皆さまもすでにお着き)

a0031363_22181163.jpg

a0031363_22173247.jpg (食事タイムも終わった8時5分八重子さん登場、、、、さっそく<Hello, Dolly!>を熱唱)

二曲目の<If I give My heart to you>a0031363_2220352.jpg

三曲目の<Bohemian Rhapsody>
a0031363_22265242.jpg

a0031363_22275950.jpg

a0031363_22283150.jpg

四曲目の<百万本の薔薇>
a0031363_22294585.jpg

a0031363_22302327.jpg]

a0031363_22305991.jpg

五曲目は新派の名曲<与之さん>を情緒たっぷりに、、、
a0031363_22323791.jpg

a0031363_2233861.jpg

六曲目はThe Lady is a Tramp 
a0031363_22383485.jpg

a0031363_22383191.jpg

a0031363_2240369.jpg

a0031363_22404656.jpg

a0031363_22412284.jpg

a0031363_2242041.jpg “ザ・レディーってそだちが悪いのらねこのことだったのです〜〜〜

七曲目は<Ain't misbehavtn' >
#IMAGE|a0031363_22492986.jpg|201404/26/63/|mid|864|575#])

途中スキップしてしまったらしい<ウエストサイドメドレー>で後半の始まり、、、)(pm8:45)
a0031363_22492986.jpg

a0031363_2253942.jpg

a0031363_22552379.jpg

a0031363_22565085.jpg (きっとどこかに、、、)

次は<色キチガイ ジジジャンメールのSex Mad>
(越路吹雪さんに八重子さんは絶対に歌ってはダメと言われたことがあったはずなのに〜〜〜)
a0031363_22593556.jpg

a0031363_2345190.jpg

a0031363_2375216.jpg

a0031363_235338.jpg (頭の中までしびれちゃう〜〜)

a0031363_23115667.jpg (セックスマッドはお終い〜〜〜))

<人生は過ぎゆく~〜愛の賛歌 >
a0031363_23124223.jpg (ラ・ヴィエ・サンヴァア〜〜〜

a0031363_23134371.jpg

<あなたの声を聞けば聞くほど>
a0031363_23173736.jpg

a0031363_23181267.jpg

a0031363_23184269.jpg

<Cry Me a River >
a0031363_23194928.jpg

a0031363_23214932.jpg

a0031363_23222271.jpg

<Cabaret>
(キャバレはいつも歌ってくれる)
a0031363_23265792.jpg

a0031363_23372472.jpg

a0031363_23382598.jpg

a0031363_23391528.jpg

<パレードの雨を降らさないで (Don't rain on my parade ) >
a0031363_23394530.jpg

a0031363_23435066.jpg

a0031363_23214932.jpg

a0031363_23503365.jpg

九時三十五分 バンドの皆さんからと、、、バースデーケーキが届けられた。a0031363_2354552.jpg

a0031363_23562777.jpg

a0031363_23544732.jpg “ありがと〜〜〜一度に消せるかしら〜〜? ふ〜〜!”

そしてとうとう時間が一杯になって、、、
<I'll see you in my dreams ~Goodnight Sweetheart >
a0031363_2358693.jpg

a0031363_003355.jpg

a0031363_01686.jpg

a0031363_004197.jpg
 
(今までは下に降りられてお客様の席をまわられるのだが、今回は舞台で旗さんや出羽の海親方のことを紹介されました)

さようなら、スイートベイジル
a0031363_024173.jpg

さようならみなさま、、、、
a0031363_031029.jpg

a0031363_0181560.jpg(ライトに送られて、、、、)

〜〜〜〜

 先だってこのブログ内で八重子さんの記録をひもといてみたら、ありました、ありました!

まず歌関係は
第一回
http://keico.exblog.jp/6227808/
2007.09.26 水曜日 晴れ
ボージョレの 樽を割いて なつかしの宵 by Yoshie & 水谷八重子

http://keico.exblog.jp/6464765
2007年11月20日」
「ボージョレヌーヴォーの樽を割って、水谷八重子、良重時代の懐メロを唄う夕べ

第二回
http://keico.exblog.jp/7015656
2008年4月16日 水曜日 「水谷八重子ディナーショー、良重は歌うもう一度 ON BIRTHDAY」
a0031363_184842100.jpg
  (クラリネットの北村英治さんをお迎えして、喜び歌う八重子さん)


第三回
a0031363_21121275.jpg


http://keico.exblog.jp/7690772
2008年11月25日 火曜日
「水谷八重子のディナーショー、良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」

http://keico.exblog.jp/7635198
ホテルでの最後
<良重時代に唄いました懐かしいポップス、 ナンシー・梅木さんを偲ぶバラード、ミュージカルナンバー、
オリジナルの岩谷時子作詞、中村泰二作曲の新派オリジナル曲、
越路吹雪先輩を偲んで、シャンソンにも挑戦いたします>と盛りだくさんの舞台を見事にこなされて、
その後は本番の六本木のスイートベイジルでライヴを始められた。

a0031363_018373.jpg

http://keico.exblog.jp/8187057/
2009年4月16日 木曜日 晴れ
水谷八重子ディナーショー ON BIRTHDAY,良重は歌う

http://keico.exblog.jp/9284625/
2009年11月20日 金曜日 曇り
水谷八重子さんは酒の神バッカスを演じたのでしょうか

http://keico.exblog.jp/13925953/
十一月一日 火曜日 晴
フラッシュ:水谷八重子「歌は私のミニドラマ・エルヴィスにも挑戦」
a0031363_23534567.jpg

http://keico.exblog.jp/13950335/
2011年11月4日 金曜日
水谷八重子「歌は私のミニドラマ・エルヴィスにも挑戦」  その二

http://keico.exblog.jp/15076526/
2012年4月16日 月曜日 晴れ
水谷八重子さんバースディディナーショー<歌は私のミニドラマ>

a0031363_0443195.jpg
http://keico.exblog.jp/16575941/
2012年10月10日 水曜日 曇りのち雨
<歌は私のミニドラマ 水谷八重子> スイートベイジルでのライヴ


More>>その他にもこのブログ内の八重子さん (時々hなつかしいスナップを載せました)



More>>その他にもこのブログ内の八重子さん
by pretty-bacchus | 2014-04-25 23:58 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

曇りなのか春雨かしら、うとうとと
2014年4月18日 金曜日 曇りなのか、雨かもかしら

 なんだかぐったりと疲れて起きられなかった。
昨日は風邪気味で薬を飲んで頑張っていたが、一仕事?終えて気が緩んだのかもしれない。

 そんな時はどうも写真いじりもあまりしたくなくて、、、起きて、そこそこ食事をして、
借景の新緑前のシデと遊んで、、、一日がすぎてしまった。

 最後の桜も八重子さんライヴも途中のままで、あ〜あ、、、。

a0031363_2171537.jpg


a0031363_2175259.jpg


a0031363_2181555.jpg
 (17日日没三十分まえの木々の間だから見えたの朧夕陽)



by pretty-bacchus | 2014-04-18 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback(8) | Comments(38)

手術は無事に終わりました。
2014年3月27日 木曜日 雨 手術の日

入院していなければイタリア大使館レセプションに出ている日。ちょっと残念。

 それなりの理由があって入院するときはその時点で既に全てを担当の先生にお預けしているのが常だった。
今回はそうではなかった。目と言うのもその理由の一つだったかもしれないが、
昨日説明を受けた合併症のいろいろなことがとても気になっていたのかもしれない。
そのうえ外の空調ダクトの音がうるさくて昨夜はほとんど寝られなかって体調はサヴァパ。

 昨日のうちにすでに予定表が任されていて午前七時に起床。
朝食が終わった後八時から既に施術は始まった。
瞳を開くお薬が午前八時に、九時二十分には十五階の眼科にあがり教授回診が始まった。
東病棟はすべてが眼科の患者さんのようでたくさんの方が順番を待っていた。
病室に帰り手術用の上下に着替える。
十時半に担当ドクターがいらっしゃり点滴針を入れる。
いつものことだが血管がなかなか出ずに少し痛い思いをした。
目には計四回薬がさされ、十二時五十分抗生剤の点滴開始。

 キャップを頭にかぶり髪の毛を隠し、クルマ椅子に乗せられてエレベーターで五階手術室入る。
見覚えのある手術室だ。この病院が新しくなったちょうど三十年前にこの手術室で手術を受けたことがあった。
分厚いカルテの最初のページはその頃からの私の病歴が含まれているのだろう。

 壁の時計を見ると十二時四十分。
付き添いの看護師さんが交代して、再度名前が確認されて手術室の第二の扉が開かれ広い中に入る。
“今日はこの一番目の手術室です、と看護婦さん。
いろいろな器具が置かれていて、その奥に細いベッドが置かれていた。

執刀医のG先生はキャップをかぶりマスクをなさってすでにベット脇に。
“よろしくお願いいたします。
また名前が確認されてベッドに横になる。
左腕には点滴の管、右手に血圧計がつけられた。
胸には心電図の吸盤。
その他に多分二人の先生と二人の看護師さん
“はい始めますよ。

顔にはパックをするときのような目だけ空いた紙が貼られる。
目にジャージャーと水がかけられる洗われる感じ、、、。
先生の指示に従い目を開けて見る方向を決められる。
少しだけ圧を感じたからこの時におそらく水晶体の一部が斬られたのだろう。
何ミリくらいだろうか?

 今回は前にいろいろネットで研究するのをやめていたのでわからない。
(水晶体とは英語でLens 。約1000層もの細胞が非常に規則正しく並んだたまねぎに似た形をしている。
人間の目の中にある組織でカメラでいう凸レンズの役割を果たし、厚さは約4mm直径は約9mmで
無色透明で凸レンズの形状とあとで調べた。)
そのほんの一部にメスをいれて切開し、水晶体の前嚢を切り取り、濁った水晶体を超音波で粉砕して
それを吸引して取り出し、残った後嚢の中に眼内レンズを挿入して人工水晶体を置く手術が
今行われているのだ、、、と妙に感動。

 まもなく何かを吸い込む音がことが聞こえる。
なるほどこれが超音波で水晶体を分解しそれを外に吸い込んでいることなんだろうかなどと考えながら、
もちろんじっとしている。

“レンズと言う先生の声。
わからないが、その切れ目から小さく生まれたレンズが挿入されるのだろう。
凄い時代になったものだ。
やがて強い光が一瞬感じられ上に三日月のような白い月が三つ出た。
“先生お月様が出ました
まもなく先生
“はい終わりました。
(今回は欠損がある眼底はいじらずに白内障手術だけをしていただいたようだ)

 起きて丁寧にお礼を申し上げてまた車椅子に乗せられた。
入った時の反対に扉が一つまた一つ開けられ手術室の第一待合室に。
壁の時計を見た。二時十分。
八階の看護師さんが着いて驚いていた。“早いですね〜〜。
手術したほうの左目には、もちろん金具の眼帯がべったり貼られている。
オデコもほっぺもテープだらけ。

 ベットで一時間ほど静かに横になるようにと言われているそのままうとうと。
 夕方に先生がいらしてくださり
“大丈夫ですね、、、” ホッ〜〜。
家から届いた望遠でヒルトン前に桜をカシャカシャ。
これが明日はどんな風に見えるか不安だが少し楽しみだ。
まったく私はオプティミスト!

 目覚めたら既に暗かった。
夕食をいただき、浅田真央ちゃんのスケートを見て涙。
今夜は少し寝られるかしら?

a0031363_198159.jpg (ヒルトン前の桜はまだ一部咲きかしら?) 

a0031363_199918.jpg (都庁の通路には2020オリンピックのマークが)

a0031363_1994856.jpg(都庁前の街路灯)




by pretty-bacchus | 2014-03-27 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(6)

夕陽を愛でながら三年前の入院をふり返り、、、
2014年2月23日 日曜日 晴れたり曇ったり

 日の出 06時19分  : 日の入 17時30分
日没時間に西の空が燃えた。
カーテンを刻々と燃やしながら、日が静まりゆく、、、、。
今日も一日が終わってしまった。
あとどのくらいこうして夕陽を拝することができるのだろうか、、、きれいな夕焼けをみると
最近はよくそんなことを考えてしまう。
若い頃にはあまりなかったことかもしれない。

a0031363_15351558.jpg (pm4:53)

a0031363_1536166.jpg

a0031363_15364228.jpg (pm4:59)

a0031363_15382196.jpg (pm:509)

a0031363_16192984.jpg
(pm4:56 間もなく日没時間、、、、西の空が色づいてきた、、、)
a0031363_16135343.jpg (pm5:12)

a0031363_16164484.jpg

a0031363_16154728.jpg


 冬季オリンピックのハイライトを見ながら泣けて泣けてしようがなかった。
でも今夜は選手達への嬉し泣きではなく、三年前の自分のブログのコメントを読み直しての感涙だった。

 突然の告知であれよあれよと入院して手術を受けてから三年がたった。
その時のブログを今読み直してみると、よくもま〜手術のことをこうも毎日ブログに書くことができたと
驚嘆してしまう。
そしてその間、なんと多くの方々から励ましのお言葉をいただいたかと!
メールにて、ブログのコメントにて、そして遠くからの音楽の演奏や、はげましの句まで、
その全てにあらためて手を合わせている。
皆さま本当にありがとうございました。

=Commented by T
<敬子さま、いよいよ手術の日が来ましたね。この日が敬子さんにとってどんな日になるかと考えております。
きっと新しいそして輝かしい船出の日となることと思います。
命は神から授かったもの、神様もそれぞれの方々にこの世での使命を与えて送り出されたことですから
敬子さんがまだなしえておられない多くの事柄を完結出来るようきっと守ってくださることと思っております。
何事にも動ぜず毅然とした態度で臨めば癌くんもすごすごと退散すること間違いないです!
癌くんとお話しされた時「永らく一緒に過ごしてくれてありがとう!でも今日でお別れね・・・」と
優しく語りかけられたことと推察しております。
何事にも新しい船出にはそれなりの覚悟と痛みは伴いますがそれは一時的なこと、
全ては自然の法則にゆだねて行かれれば万事うまく運ぶものです。
これからはきっと自分に正直になれると思いますよ!だって新しい船出は赤ちゃんの気持ちに戻って
一から始めだせるのですから・・・
多くの皆さんの温かな見守りの中で癌君とお別れしてきて下さい!
そしてその時の思いをまたお聞かせくださいね! 楽しみにしておりますよ♪>

= Commented by P
<もう一度書きますね。
私の人生で好きな人が病魔や怪我に負かされたことがありません。
運をお分けします。
絶対大丈夫です!>

病得て手術退院二月尽く(敬子)
               今は静かに桜待たれよ (郁子)

 そして無謀にも四月初めの淡墨桜への計画も入院中に決めていたようだ。
大きな沢山の友人に見守られて今の私がある。
もう少しだけ頑張って生きていくことにしよう。

さて、あと一月もすると桜の便り、、、、今年の桜を愛でられることに感謝を込めて、、、、、

http://keico.exblog.jp/120175582011年1月28日 金曜日
地方の病院に出かけたのだが、、、

http://keico.exblog.jp/12018237/
2011年1月28日 金曜日
病得て外も内にも空っ風

http://keico.exblog.jp/12151015/
平成23年2月20日(日) 曇り 第三信
<月の癒し>ヨハンナ・パウンガー/トーマス・ポッペ著

http://keico.exblog.jp/12140968
2011年2月18日 金曜日 雨のち晴、又雨
春寒し入院前夜爪を切る

http://keico.exblog.jp/12146763/
2011年2月19日 土曜日 くもりがち
入院は東京タワーの見えるお部屋に

http://keico.exblog.jp/12147646/
2011.02.20
入院二日目

http://keico.exblog.jp/12149059/
平成23年2月20日(日) どんよりと曇り
春の闇ムンクの叫びうごめいて

http://keico.exblog.jp/12151015/
平成23年2月20日(日) 曇り 第三信
<月の癒し>ヨハンナ・パウンガー/トーマス・ポッペ著

http://keico.exblog.jp/12154138/
平成23年2月21日(月) どんよりと曇っている朝
平成23年2月21日(月) 入院三日目

http://keico.exblog.jp/12174024/
2011年2月22日 火曜日 入院四日目 手術の翌日
2011年2月22日 火曜日 入院四日目 手術の翌日

http://keico.exblog.jp/12165884/
平成23年2月23日(水) 入院五日目 
平成23年2月23日(水) 入院五日目 午前七時です

http://keico.exblog.jp/12168983/
2011年2月23日 水曜日 きれいな朝 入院五日目 手術三日目 
日没後の東京タワーをベットから

http://keico.exblog.jp/12184640/
2011年2月24日 木曜日 雨の朝、、、入院六日目 手術四日目 
入院六日目 手術四日目 

http://keico.exblog.jp/12188217/
2011年2月25日 金曜日 入院七日目 手術五日目 春一番
入院七日目 手術五日目 春一番

http://keico.exblog.jp/12190496/
2011年2月26日 土曜日 入院八日目 手術六日目に一時退院
春暁や友あり治癒力膨らみて

http://keico.exblog.jp/12198030/
2011年2月27日 日曜日 晴 手術七日目に
春の夢目覚めてみればタワーなく

http://keico.exblog.jp/12202499/
2011年2月28日 月曜日 雨、みどれ
病得て手術退院二月尽き

http://keico.exblog.jp/12209581/
平成23年3月1日(火) 雨  手術九日目
手術あと春の訪れ足踏みし


〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/12424698
2011年4月15日 金曜日 曇り
岐阜の淡墨桜を観に行くことになりました。

http://keico.exblog.jp/12424719/
2011年4月16日 土曜日 雨のち晴 その一
宇野千代のあの根尾の淡墨桜を観に出発

http://keico.exblog.jp/12448082/
2011年4月16日 土曜日 根尾の淡墨桜への旅 その二
根尾村の淡墨桜を訪ねて〜その二

http://keico.exblog.jp/12452997/
2011年4月16日 土曜日 根尾の桜から京都へ その三
根尾村の淡墨桜を訪ねて〜その三

http://keico.exblog.jp/12458494/
2011年4月16日 土曜日 その四 根尾の桜から京都へ 
根尾の淡墨桜から京都へ、「春宵一刻値千金」

a0031363_6362323.jpg

(2011.04.16 am0808 最初の一枚の撮ってだし。 左の奥にお社がみえる)



by pretty-bacchus | 2014-02-23 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(5)

寒さの中に鳥遊び、、、
2014年2月22日 土曜日 晴れ

 この寒いのに鳥たちは毎日枯れ枝にやってきて一休み、二休み、、、。

a0031363_23432554.jpg

a0031363_23412038.jpg

 少し歩こうね、、、どちらからともなく言い出して夕方にでかけた。かなり歩いて高田さんの処までやってきてしまった。
土曜日で常連さんが和気あいあいとして、私たちもめずらしくウィスキーなどいただいて、、、。
 
 もう少し春になったら帰りも歩いて帰れるかな、、、って話しながら、、、夜道を歩いた。

a0031363_2294380.jpg

a0031363_229726.jpg

a0031363_22102525.jpg



by pretty-bacchus | 2014-02-22 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

雪の日の借景のスナップの整理をしながら
2014年2月16日 日曜日 晴れ

 ソチオリンピック九日目。
昨日十九歳の羽生結弦くんの金メダルにつづいて、今朝は四十一歳の葛西紀明さんが
ノルディックスキージャンプ男子個人で銀メダルをとった。
おめでとうございます。

a0031363_16225634.jpg


 冬季五輪史上最多七度目の出場となるという。
レジェンドといわれて頑張っての銀メダル。
その苦節の何十年もの歴史の映像は涙なくしては見ていられなかった。
四年後の金に向けて頑張ると言い切る日本男児の嬉しいニュースを見ながら夜明けを迎えた。

 一昨日の雪の日の借景のスナップを少し整理して、、、、、

a0031363_16483282.jpg

a0031363_16295855.jpg (am9:00)

a0031363_16312652.jpg

a0031363_16315724.jpg

a0031363_1633378.jpg

a0031363_16344020.jpg

a0031363_16374031.jpg

a0031363_1637371.jpg(すぐに中に気がついて、、、キョロキョロ、、、、)]

a0031363_1638965.jpg

午後になって、、、

a0031363_16432595.jpg

a0031363_16441027.jpg(寒いのにじっとして、、、何を考えているのだろう、、、)

a0031363_16444718.jpg





by pretty-bacchus | 2014-02-16 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

羽生結弦くん金メダルおめでとう〜〜〜! 
2014年2月15日 土曜日 晴れ

 羽生結弦くん金メダルおめでとう〜〜〜! フィギュア男子では日本人初の快挙。

大歓声を浴びながら表彰台の中央に立った彼はやっと実感にひたることができたのだろうか、、、。
セレモニー後、中の廊下でインタビューに臨んだ彼は、メディアの国の順番がきまっているのだろうか、、、
少し停滞していた裏の廊下で、彼は小さな声で、アイ ステ イヒア、、、?と口ずさみ戸惑っていた。
そして“悔しいです、、、と、複雑な笑みで喜びを口にした。
金メダルが決まった後の日本のテレヴィ局のインタービューの初めての言葉だった。
“緊張しました、、、すいません、ホントに。
やっぱりオリンピックはすごいって思いました。結果として、すごいうれしいなと思う半分、
自分の中ではやはり悔しいと思うところが結構あるので。オリンピックで金メダルをとって言うのも
何ですけど、ちょっと悔しいと思います。

 前日のSPでは国際連盟公認の大会で史上初の101.45点をマークした彼だが、
フリーでは四回転で転んでしまったりで、178.64点にとどまった。
だが直後に演技したチャンも得点を伸ばすことができずトップをキープして<金メダル>。

 初めての経験の重圧からか前日はあまりよく寝られなかったようで納得のいく演技は
できなかったのだそうで、観客に見せた笑顔も控え目だった。
そして自身がオリンピックを目指すきっかけとなり憧れ続けてきたロシアの皇帝プルシェンコは腰を痛めて、
試走の後に審判席へ進み棄権した。(その後すぐに引退を表明したという)
彼は「金メダルの可能性が一番あるのは羽生だ」と言っていたという。
まさに世代交代が目の前の氷上で行われた。

 日本中が寝られぬ夜が歓びの夜になっただろう。
三年前の東日本大震災の犠牲にあり、一度はあきらめかけたスケートを多くの人たちの支えでカナダに渡り
名伯楽にであった。
三年の間にめきめきと記録を更新して、今や五輪フィギュアスケート金メダリスト!

 明け方のニューヨークタイムズの一面には彼の華麗にすべる連続写真が載った。
おめでとう! そしてありがとう〜〜〜! 羽生結弦くん。




(テレビをカシャカシャ、、、、)

a0031363_13232577.jpg

a0031363_13242081.jpg

a0031363_1326342.jpg (メダルは翌日なのだそうで、まずフラワーセレモニー)

a0031363_1326536.jpg
 (町田選手も、高橋選手も頑張って入賞おめでとう!)

a0031363_13275268.jpg


 お外では、、、、

a0031363_18251341.jpg (午前三時の借景の雪、、、、) (ガラス戸にカメラをつけて、、、、)

(午前九時には、、、、)
a0031363_18312422.jpg 

a0031363_18283315.jpg  
(午後には、、、、)
a0031363_18291351.jpg
 (雀たちが遊びにきて、、、、)
#IMAGE|a0031363_15575963.jpg|201402/18/63/|left|700|455#]
 (昨日の雪が残る朝の借景の木々、、、、、)

by pretty-bacchus | 2014-02-15 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)