タグ:NIKKOR EFL4.3-180mm(24-1000mm) ( 42 ) タグの人気記事

左手に本膝上にマック側にはカメラ
2013年1月27日 日曜日 晴れ

 朝の教会の音で目が覚めた。
今朝は風向きがこちらなのだろうか、、、。

寒い。
明け方の気温が零度の日が続いていて、さすがに寒い。 
もう少し寝ていたいのに、横になって本を読むのが今日はなんだかつらくて早くから起きだしてしまった。

 昨日本屋さんで買ってしまった数冊をまずぱらぱら、、、今日はゆっくりと
読書をしようと思っているがどうなるかしら?
朝の光でカーテンが揺れて、、、、私の頭も揺れて、、、あれ熱があるみたい、、、、

a0031363_23394781.jpg






(マックに疲れると、ソファーに座ったままで膝右においたカメラで横着撮影を楽しんで、、、、)

a0031363_23402776.jpg






 夕陽を浴びてカーテンの色が刻々と変わっていく、、、。

a0031363_23423713.jpg




by pretty-bacchus | 2013-01-27 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(6)

借景の花喰い鳥はヒヨドリと雀さん
2013年1月23日 水曜日 小雨のち曇のち晴れ

 原稿がやっと終わった。
いつものブログを書くように気軽に書けばよいものを少しばかり緊張していた。
エールフランスの機内誌や旅行会社の広報誌などには書いたことが何度もあったが、主に旅や食&ワイン、
まれに美術関係で、美術館の展覧会のカタログのなかでの賛辞というかたちは経験がなかった。
その上、“展覧会のカタログの中なので一般の方が見ますのであまりプライヴェートなことはない方が”との編集の方のアドヴァイスがあってもたもたしていた。

 でも個人的な尊敬や愛情があればこその特別な関係であって、それを抜いたら中身は
先生のおいたちや経歴や受賞歴になるわけだから、それなら私が書く必要がないのであって、、、。
(もごもごもご、、、)
しかしこうして書き終わってみて、なるほど美術館の方はプロなのだという思いを強くしている。
あまたの思い出ばかりを書いたのでは、あまりに個人的すぎて反感を買うかもしれないではないかと、、。

 この機会に「一色一生」をはじめ「かたりかける花」「織と文 篝火」など、
志村ふくみ先生の随筆を何冊か読み直したがやはりすごい方。
こうして三十有余年にわたり、その染めと織りを近くで魅せていただいていることに
深い感謝を新たにしている。

 おかしなもので、何かに集中しなければならないときには、なんだか別のものに集中してしまいがちなわたし。
平行して始めてしまった巴里の写真の<オペレーション モノクロ化>だが、
こちらもなんだか虚しくなってきていて、、、。

 眠り姫症候群はどうやら少し風邪気味のようで、寒い外に出かける気にもならず、
お家で借景の木々の揺れに戯れて、鳥さん達とお話しして、、、これって老人の特性?
いけないいけない、、、明日は元気に散歩にでかけましょう。

a0031363_3471439.jpg
(1000mでスナップすると汚れたガラス越しなのに、シデの気にはすでに春の喜びが?)

a0031363_3492238.jpg  (あ〜〜ヒヨドリがその芽をついばみ始めた、、、花喰い鳥ってこの頃にもいうのかしら?)

a0031363_3502559.jpg (下の方では雀さんも始めた、、、)

a0031363_3511731.jpg

 (それにしても、このオモチャのようなカメラなのに、手軽に手持ちで遠方の借景の鳥たちとあそべるなんて、、、、)


〜〜〜〜

 東京の初雪の日に撮ったもう一枚を、、、

a0031363_3532073.jpg





by pretty-bacchus | 2013-01-23 23:43 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback(6) | Comments(4)

<春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少>
2013年1月19日 土曜日 晴れ

 一週間のたつのはなんと早いことか!
第148回芥川賞に75歳黒田夏子さんが決まって高齢者に嬉しいニュースとなっているよう。
直木賞に決まった安部龍太郎さんの「等伯」は、一昨年日本経済新聞の朝刊に連載されていて
魅了されていたのでとても嬉しい。

 ともかく眠い。
ほんとうにどうしてしまったのだろう。
目覚めてみると鳥がさえずっていて天気が良さそうで、それをみながら撮りながらまたうとうと、、、。 
まさに<春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少>

これでは冬眠暁を覚えずになってしまいそう。
でも夜明けの時間は確実にどんどん早くなっているから、体の方が正直なのかもしれない、、、
なんて思いながら自然にまかせてしまっている。

 こんな日があっても良いではないかと、どこかで囁きが聞こえる午後、、、うとうと、、、。
でもどこかが悪いのだろうかと、、、、かすかな不安もうごめいて、、、。

a0031363_23594313.jpg
 (右の彼方は西の空、屋根の上の残雪のかなたに今日の日が落ちて空を染める、、、美しい!)

a0031363_01456.jpg
(左後方のこちらの南側はもう少し淡く、、、)

a0031363_023829.jpg 




(ソファーにすわって遙か彼方にかすかに見える雪の屋根を1000mで遊びながら、うとうと、、、)





by pretty-bacchus | 2013-01-19 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

鳥たちとうっすらと暮れる夕焼け空を
2013年1月5日 土曜日 曇

 寒の入はまさに寒い朝だった。
寝床でiPadでみた予報では零下一度。
日中も五度とかでその上北風が強い。

そんな寒さの中に鳥たちは遊びにやってくる。
でもやっぱり寒そう。
1000mの望遠で、そして2000mでは色が転んでしまったが、、、。

a0031363_16362025.jpg

a0031363_16365360.jpg

a0031363_16373230.jpg (鳥が鳴くとエンジェルが笛を吹くような、、、、錯覚)

 読書をしたり年賀状の返事を書いたりしながら一日をすごした。
少し動かなければなればいけないと思うのに、ソファーに座ったまま。

 夕方に遠くの空が、写真家木村 伊兵衛のコンコルド広場のあの夕焼けのように
ふわっとした彩りになってきた。
薄いピンクの色がなんともなまめかしい。
ソファーに座ったままで、シデの木の遙か彼方南西の夕空をカシャカシャ、、、。

a0031363_16535484.jpg (pm4:43)

a0031363_165527.jpg (pm4:50)

a0031363_16565769.jpg (pm4:59


太陽はないのに、カーエテンが少し赤く燃えてきた、、)

 今日は、日の出 06時51分  : 日の入 16時42分 
日没時間をすぎると空はだんだん暗くなり、やがて室内の電気がガラスに映ってきて、
夜のとばりがおりてしまった。

a0031363_16582943.jpg (pm5:12)

a0031363_16591632.jpg (pm5:16)

 今夜もまた零下になるのだろうか、、、。
北国では零下三十度とか、、、雪害がでないことを祈って、、、。

http://keico.exblog.jp/14549102
平成24年1月28日(土) 曇り
<木村伊兵衛天然色でパリを撮る、秘蔵写真でよみがえる58年前の町並み>を見て




by pretty-bacchus | 2013-01-05 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)

選挙フィーヴァーが終わった。
2012年12月17日 月曜日 曇のち雨 一時晴れ その一

 選挙フィーヴァーが終わった。
大きな波が日本中を覆った。
海外の友人達にも異様にうつったようだった。
知りあいが何人かたっていたので真夜中までニュスをみてしまった。

 現職閣僚8人が落選し、官房長官・財務・総務・民主重鎮もというおそらく史上初の選挙だったのだろうが、
そういわれても申し訳ないことにどの人がどの人だと顔がはっきりしない。それほど実力も
魅力もない政治家が多かったような気がする。
現職の官房長官が落選するのは1947年に官房長官制度が創設されて以来初めてのことなのだそうだ。
(官房長官制度って戦後直ぐにできていた制度というのも知らなかった)

 現職、辞めさせられた元大臣などの落選の会見を見ていると、
この人が国を背負う国務大臣であったのかと思うとほんとうになさけなる。

 菅直人前首相が小選挙区で敗北したのも<ニュース>だった。
比例でかろうじて返り咲いたが、あの方は、敗北の意味すら本当には理解せずに(いや出来ずに)、
またマイペースで議員生活を謳歌するのだろうか。
 
 大きな数字が動いたのは民意が直撃したというが、投票率は60%を切っている。
今朝の新聞ではそれを論じた記事が少なかったような気がする。

 一日も早く<失われた二十数年>を取り戻し、どうしようもない処まで落ちてしまった、
諸外国からの日本の政治家&政治に対する尊敬の念を取り戻し、内外共に新しい飛躍をして欲しいものだ。

a0031363_12222155.jpg
(夕方になってほんの一時太陽がではじめた、、、、シデの木の葉もすっかり落ちて、遠くの梧桐の瘤
がはっきり見えるようになってしまった)

a0031363_1224211.jpg
(ばたばたと音がして遠くの枝にヒヨドリが止まった。
いそいでカメラを向けたがすぐに飛び立ってしまって、やっと一枚撮れていたのが、なんと目の上で切れてしまった。すごい目つきをしているのをちゃんと撮れなくて残念!)

(クリックして拡大すると目がよく見えます)


by pretty-bacchus | 2012-12-17 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

氷雨の週末に鳥と遊んで、、、
2012年12月15日 土曜日 曇のち雨 その一

 昨日は疲れ果てて早寝をしたから、今朝は六時すぎに目が覚めてしまった。
外はまだ暗いが起きてしまってリヴィングへ。
今日の日の出は06時43分だが、きっと今朝は太陽は隠れているだろう。
それでも鳥たちは朝の気配を早くも感じているのだろう、、、、鳴き声と羽音が聞こえてきている。
十数匹の尾のながい大きな鳥が東から西へ飛び去っていった。
何の鳥だろう?
 
 数時間後に今度はヒヨドリや雀がやってきて葉が落ちてしまった木で一休み、、、。
おもちゃのようなカメラでも、こうして1000mで手持ちで鳥を撮ることができるのは
楽しい、、。

a0031363_2215070.jpg

a0031363_2231648.jpg

a0031363_223542.jpg

a0031363_2243171.jpg


 午後になって雨が降り始めた。
冷雨は見ていても寒い。
部屋の中からシデの木に光る水玉を撮ってみたがあまりきれいに出なかった。
やはり<光>がないとダメなのだろう、、、。

a0031363_2251813.jpg

a0031363_22121382.jpg (氷雨の中にも春への息吹が感じられる木々の枝、、、)


 雨上がりを待って美容院へ。
リンスの時にマッサージをしっかりしてくださって
ほっと癒しの一時を過ごすことが出来た。ありがとう!

 最後の選挙演説の声を聞きながら帰宅。
明日の選挙はどうなるのだろうか。



by pretty-bacchus | 2012-12-15 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

山中伸弥・京都大教授にメダル授与の ニュースは嬉しい 
2012年12月12日 水曜日 晴れ

 不実の総選挙、北朝鮮関連のニュースの側で記事が小さくなった気がするが、先週からストックホルムで行われた
山中教授の<人工多能性幹細胞iPS細胞の開発で医学・生理学賞に輝いた山中伸弥・京都大教授にメダル授与>
関連のニュースは素敵だった。

ノーベル賞受賞記念講演では、お得意のいくつものユーモアで聴衆者を笑いに誘いながら、
「予期せぬ結果と素晴らしい師との出会いが幸運だった」と謙虚に恩師の先生方のことを語り、
「一人では出来なかったと」と、ここでも日本で報じられたように、一緒に研究を助けた三人のスタッフの
顔写真を映していらした。
そして、<iPS細胞が多くの難病の解明や新薬の開発、再生医療の分野で応用されて、
世界で研究が進んでいる>ことをお話になり、「近い将来、こうした分野での進展が期待されている」と
締めくくっていらした。

なんともさわやかなお人柄で、高齢のお母上とご家族の出席を喜んでいらした。
お母様は、医学の道を歩むきっかけを作ってくれたお父上の形見の時計をしてらしたのだそうだ。
どんなにか嬉しかったことだろう。

 黒いえんび服の教授と、品の良い淡いピンクの着物の奥様、赤系統のお振り袖のお嬢様方が
日本文化の彩りを添えていたのも嬉しいことだ。
晴れ舞台を前に「日の丸を背負った学者として臨みたい」と語っていらしたというが、そのお仕事でも、
なんとも素敵なお人柄でも本当に日本の日本人の誇りを示してくださった。

“おめでとうございます。これからもますますのご活躍をお祈りいたします、
と、テレヴィを見ながら拍手を送ってしまった。
 
 昨日打った肘がいたいが、病院へいくほどのことはないだろう。

a0031363_6273230.jpg(夕陽に揺れる一葉を超望遠1000mで)




by pretty-bacchus | 2012-12-12 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

師走、、、去年の今頃は何をしていたのだろう、、、
平成24年12月10日(月) 2012年12月10日 晴れ

 寒くなった。午前六時の気温が三度。
雪国でもお年寄りに辛い真冬がやってきた。

a0031363_11344660.jpg (午前七時、、、遠くの空が青くなり、雲がすこし動き出した、、、)


 今年もあと三週間、いつも今頃はどうしていたのだろう、、、?
ブログで日々の日記を書き始めて九年目になった。
こういうときこそ、このブログが生きてくる。

設定>記事管理>月別に見る>で 2004年からを振り返ってみた。

http://keico.exblog.jp/1418415/
2004.12.10のブログ
80歳のおたえお姉さんのすき焼き(岡半さん)

http://keico.exblog.jp/2814254/
2005.12.10
柳橋のフーシャン 

http://keico.exblog.jp/6548062
2007年12月10日 月曜日 晴れ
人生のごとく渦巻く 坊主の木 

この頃のカメラは、
(E-300にコンタックス時代のPlanar 50m/1.4で愉しもう〜〜)
(E-3に70-300で借景の丸坊主になった桐の木?をカシャッと)

a0031363_138125.jpg
 

http://keico.exblog.jp/7729553
2008年12月10日 水曜日 曇り

なんだか少し体調が悪い

http://keico.exblog.jp/9403362
2009年12月10日 木曜日 曇り
ラ・フランスが届きました!

http://keico.exblog.jp/11693769
2010年12月10日 金曜日 晴れ
手びねりの初花入れが焼き上がってきました

a0031363_114462.jpg


 そして去年の今頃は雨にパリにいた。
いろいろと初体験が多い滞在のパリだった。
今日十日には、ホテルのバスルームで浴槽からでしなにすべって左肋骨をいやというほどうって寝込んでいたのだ。
一年前にブログによると、

http://keico.exblog.jp/14150574
2011年12月10日 土曜日
今日の巴里 10 December 2011 Paris
 
〜〜〜〜〜〜〜

 零下二度いよいよ<巴里の冬>になった。
今日はMUSTがある日で早くに目が覚めてお風呂に入った。

 ゆっくりと湯船につかって回想のパリ!
あがるときにヨイショと声をかけて右手をついて、左手で浴槽の縁をもったとたん、、、、滑った。
腰は打たなかったが、脇胸をいやというほど浴槽の縁にぶつけた。
助けを呼んだが、扉がぴったりしまっていて聞こえないよう、、、

しばらく動けなかった、、、目をつぶる。
静かに考える、、、この痛みは骨まではいっていないだろう、しかしひどい打ち身のようだ。
ようやくの思いでもがきでた。

 旅での災難は、突然にやってくる。
そして今日は土曜日でどうしたら良いのだろう、、、、。
ともかく旅用に持ってきている湿布薬をはって横になった。
約束の時間にはおそらく無理だろう、、、電話をして急遽のばしてもらった。
このためにきた冬のパリなのに、、、と無念の思い。

 こんこんと寝た。
夕方友人がおにぎりとおかずやさんのおかずを届けてくれた。
そしてホネオパシーで塗り薬と飲み薬を買ってきてくれた。
ありがとう。

 そしてまたこんこんと寝た。
外は氷雨、、、、遠くに救急車の音がしている、、、。
私のではなかったようだ、、、、

こんなパリがあってもイイヨネ、、、って思いながら、、、またこんこんと眠りについた、、、。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、今日の巴里、
10 December 2011 Parisa0031363_21252852.gif
http://keico.exblog.jp/14150458
2011年12月10日 土曜日 凱旋門
☆回想のわが巴里の街1965~1973 凱旋門に励まされての日々

a0031363_7302964.jpg
a0031363_73156.jpg

(ホテルのエレヴェーターが壊れて昨日も一昨日もこの階段の手すりをつかまりながら、上り下りした、、、、、、、、)


 来年の今月今夜はいったいどこで何をしているのだろうか、、、そして再来年は?
多くの方が亡くなるこの十二月に少し厭世になっている。



by pretty-bacchus | 2012-12-10 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

日がめっきり短くなりました
2012年11月2日 金曜日 晴れ

 急に寒くなってきた。
日の出も6時をすぎたし、なによりも日没の時間が早くなって驚いてしまう。
毎年あたりまえのことなのに、晩秋のつるべおとしをいつもこうして不思議に感じてしまう。

 シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーも、今日無事にパリを発ったようで一安心。
最近の飛行機は落ちないというから無事に日本に着くだろう。
葡萄は不作と新聞に報じれていたが、不作で数量が少ないということで、熟した葡萄は
満足のいくワインが造られたようで嬉しい。
米が不作で出来たお酒が美味しくないということでないのよ同じように、どうやら誤報が報じられたようで、
ボージョレワイン委員会が今年は珍しく三回もプレスリシーズを出した。

 こうして秋が深まっていく、、、そしてまもなく寒い冬がやってくる。
北の国ではもう初冠雪が報じられいる。今年の冬がどんな冬になるのだろうか。

ソファーに座ったままでの横着撮りで、それも1000mの遠方を撮りながら秋を愛でての午後でした。
(このおもちゃのような初心や用カメラでもこんな風に楽しめるのです、、、)

a0031363_16304659.jpg (ジャスミンの葉が午後の光に揺れて、、、)

a0031363_16315458.jpg

a0031363_16323475.jpg (遙か彼方の屋根が光る、、、桜の花もあと五ヶ月か、、、)

a0031363_1635844.jpg(ぶれて写真は緑と光の雨のよう、、、)

a0031363_16383340.jpg (いよいよ陽も落ち始めめてカーテンを赤く染める、、、、)




by pretty-bacchus | 2012-11-02 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback(1) | Comments(0)

枝落ちて遠くの空は冬の色
平成24年10月26日(金)  晴れ

 木々の枝が落とされて遠くの空がよく見えるようになった。
空気が澄んで、、、いよいよ冬への一歩が始まったみたい、、、。
朝のきれいな光の中でエンジェルが嬉しそうに笛をふき、、、
聞こえたかのように外のシデの木に鳥のカップルがやってきた。

自由に枝から枝へとあそんでいたら、急のぶるぶる震えだした。
緑の枝の上で空気浴?
手元にあった1000mでカシャッ。

 季節のジャケットやバック&靴の入れ替えをしたして少しだけ衣更え。
.................................................................................................................................................... .
a0031363_13113966.jpg

a0031363_13121479.jpg




by pretty-bacchus | 2012-10-26 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)