タグ:M.ZUIKO DIGITAL17mmF2.8 ( 40 ) タグの人気記事

風のなかヒナゲシ追って小走りに
2010年4月24日 土曜日 晴れのち曇り

 朝から雀たちが賑やか、、、、嬉しい、、、私もなんだか体調がかなり回復している。
緑の芽生えは刻々と進んで、もう芽生え途中の花は少なくなってきている。
ブナ科のアベマキという木ということがわかった。
4月のはじめ頃新葉が出るのとともに花を咲かせ、雄花序は前年に伸びた枝の芽から垂れ下がり
長さ10cmほどになるというから、毎日見ていたのは雄花だったわけだ、、、、。
1つの花序には40~70個の雄花が付くのだそうだ。

 ソファーにどかっと座って、超望遠レンズで撮っていると、木の芽生えと雀の遊泳は
ベランダの柵から手を伸ばすと届きそうに見えるので、ベランダに出てみたが、いえいえ全然届きません、、、
当たり前なのに、なあんだ、、、、って、なんだかがっかり。

a0031363_621888.jpg
 (昨日よりまた緑が多くなりました)
 
< 雨上がり新緑を飛ぶ雀さん

 今日こそ外に出よう、、、、朝一番でシャワーを浴びた。
飲み物だけの朝食にして、カメラと診察券だけ持って久しぶりに外に出た。
ま〜〜〜! 世の中はもうすっかり春! (当たり前ですよね、、、)風もとってもやさしいの、、、
中学校の裏の低い土手は、紫の木蓮、白の木蓮かしら? ムラサキバナナ、シャクナゲ、あらツツジも、、、、
下の方には、シクラメンの残り花、黄色いタンポポは白い胞子になっていて、白いはこべの花が満開、それに薄朱色の雛芥子の花がズ〜〜〜と続いているの、、、、。
午前中の診察に間に合うように写真を撮りながら小走りに歩道をあるいて、スキップしながらクリニックへ、、、
頬が赤くなっていたようで、先生に“お元気そうですね、、、”といわれてしまって、、、。
おきまりの検査をすませて先生としばらくお話し、、、。
先生とお話しているとそれだけで良くなってしまいそうで、、、ホントニ不思議なのは<医は仁術>。

 クリニックを出て少し行ったところで偶然にT先生とばったり。一番相談したい先生なので、
なんだか導かれているようで嬉しくも怖い感じ。
結局ちかくのお店でランチをご一緒して、ここ数週間の体調の悪さを聞いていただいて、
もうすっかり治ってしまったような感じ。
はんぺん、おうどん、お豆腐、ヨーグルトと、胃と腸にイイものだけを食べていたから、
なんだか肌がかさかさしていたのに、食事が終わった頃にはひっさしぶりに手がつるつるになっていて、
これって体調が回復した証拠?!
良かった〜〜〜数時間の間に二人のドクターとお話しができて、感謝感謝!

 右に見て歩いた土手を、左に見て写真を撮りながら歩いていたら、妙齢なご婦人に声をかけられた。
お花の名前とこの土手や道ばたに咲いているお花のことをよくご存じで、
ついつい先の方までご一緒してしまった。
ご近所の方なのでしょうね、、、、両方ともどこに住んでいるかも名前も聞かずに別れて、、、
これって都会的なのでしょうが、なんだか寂しくもあり、、、、ですね。

 午後遅くにベランダと借景が光に満ちあふれた。
そよ風が気持ちよく吹いてきて、、、、心地よい土曜日となりました。

 〜〜〜〜〜〜〜〜
太陽は真上の時刻から、順番に、、、、

a0031363_6241791.jpg


a0031363_625125.jpg


a0031363_6245367.jpg


a0031363_6253164.jpg

a0031363_7152390.jpg


a0031363_6255341.jpg

a0031363_627975.jpg

a0031363_6272691.jpg (土手は膝より少しだけ高いだけ、、、)

a0031363_6274438.jpg (歩道から数センチあがっているだけで、可愛いスミレや、○△×が咲いているの!)

a0031363_628231.jpg (葉はドクダミ、、、、これはその花なのかしら?)

a0031363_6282524.jpg  (芥子の花の中に大きなアリが入り込んで遊んでいた)

 < 春風に頬すり寄せてる雛芥子よ



a0031363_628408.jpg

a0031363_629218.jpg (この白い十字の花は何? )

a0031363_6292221.jpg  (下の方ばかり見ていたら、頭上には木蓮が満開をすぎていました)


 ハコベとか、まだまだあるが、小道の散歩はこのくらいにしましょ、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

a0031363_6301851.jpg  (出かけたときより更に緑が輝いているみたい、、)

a0031363_632234.jpg (右の方の借景の庭に赤い色がみえた。 撮ってみたら、ハナミズキだった、、)

a0031363_6322929.jpg (ベランダ右には、柵で枯れそうになった薄紫の鉄線も移したので、濃い紫、白と三色が咲いている。 小さな苗で買ったジャスミンもどんどん大きくなって香りを放っている、、、)

a0031363_6324773.jpg
 (夕方の光になってきた、、、、)

a0031363_1913132.jpg
 (ガラス越しに、、、) 
 

 都心の借景に感謝して、、、、

〜〜〜〜〜〜

 < 風やさし野の花探す女連れ

 < 春の路カメラ片手に野草狩り
by pretty-bacchus | 2010-04-24 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback(1) | Comments(6)

囁きは匂い鉄線春の闇
2010年3月25日 木曜日 雨

 今日もまた氷雨、、、、
午後にベランダに出て少し模様替えをした。
薔薇と鉄線とジャスミンの鉢が着いたのだ。

薔薇は<バラ大苗レッド レオナルド ダ ヴィンチ
'Red Leonardo da Vinci'(roantrleo1015)>
クレマティスは<モンタナ開花鉢「スノーフレーク」
Clematis montana 'Snow Flake'(Flake0311)>と
珍しいワインレッド色の香り鉄線<ニオベ「サンセット」>
この花は良い香りがするのだそうだ。

十数年ぶりに、このベランダに鉄線の花なの、、、、嬉しいな。大切にしましょうね。
“元気でいてね、よろしくね、、、”って声をかけて新着の鉢にご挨拶。

ジャスミンはKハゴロモジャスミン10.5cmポット苗(ツボミ付き)
Jasminum polyanthum(Jasmine0318-2)>なので、少し大きい鉢に植え替えてみた。

 真夜中にベランダからなんだか囁きが聞こえるような気がしてカーテンを開けた。
僅かにどこかからの光を受けて紫の妖気がただよっていた。
丑三つ時にカメラをとりだして、真っ暗なベランダのクレマチスを、
オリンパスのE-P1で、、ガラス戸の柱に体を寄せてスナップ。
ほとんど何も見えないのに、わずかに差し込む室内からの灯りを受けて、
ISO限度を3200、絞り優先にしてあったのだが、1秒でシャッターがきれていた、、
この世界は見事に夜の花をとらえてくれた。
手ぶれ補正恐るべし!

でもやっぱり太陽の光で輝いて欲しいですね、、、

a0031363_18543681.jpg


 <春の闇香り鉄線媚びを売り>
by pretty-bacchus | 2010-03-25 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

A Happy Saint Valentine's day !
2010年2月14日 日曜日 晴れ

 聖バレンタインデーですね〜〜〜、そして旧暦の元日。
今年も自作のカードを創って、中に一言筆ペンでご挨拶文を書いて、
数人の方にチョコレートに替えてエキストラヴァージンオイルとワインのセットをお送りした。
去年は、ベルギーのチョコレートのマノンのエヴァンターユ(扇形の板チョコ)にしたのだが、
今年は間にあわなかった。

 年賀状に使った紙の、金色がマットに品良く輝くキャリアスメタルのホワイトの変形B5があったので、
それをつかった。(雅子さんが裁断の半端をこの形にしておいてくださったのだ)
この用紙はとても気に入っている。
少し金ラメがはいったように光っているので、華やかなカードにはとってもよい、、。
ここ数年は、レイモン・ペイネの愛のハートのイラストを使い、フランスのセントヴァレンタイン村
Saint-Valentin からのカードの消印とフランスの地図を小さく置いている。
中は薄いピンクの桜の花びらを散らして、季節の先取りでちょっとお洒落な感じに、、、
 バレンタインデーは、英語ではSt. Valentine's day、フランス語ではSt. Valentin( ン・ヴァランタン)
なので、この村から毎年世界中にカードが送られるのだ。
(最後に e を付けてValentine と書くと女性の名前になってしまうので e はつけないのだそうです)
早くにこの村役場に手紙で頼んでおくと、消印つきのカードが世界中に送られる。

「St.Valentin村」は、 パリから南に200kmの小さな村で、
2月14日には村中がハートでうずまってしまうとのこと。
いつの日か、ヴァレンタインのこの日にこの村を訪ねてみたいと思っているのだが、、、、

去年のカード
http://keico.exblog.jp/7954933
A Happy St. Valentine's day! 2009年2月14日 土曜日

一昨年のカード
http://keico.exblog.jp/6791336
St. Valentine's dayにカードをお送りします。2008年2月13日 水曜日

 今日は一日本を読んだり、新しく着いたレンズの試写をしたりしてゆっくりと過ごした。
少し具合が悪い方が、わたしはゆっくりできて良いのかもしれない。

a0031363_15583468.jpg
 (変形三つ折りにして、追ったままだとレイモンペイネの言葉が読める、、、)

a0031363_1559252.jpg
 (一折りめくるとペイネの絵と英語の詩が、、裏は消印とフランスの村の場所を、、、)

a0031363_15593685.jpg
 (新しいレンズでひよどりを試写、、、)

a0031363_085631.jpg



More>>>Raimond Peynet
by pretty-bacchus | 2010-02-14 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(7)

突然にNikon Capture NX2の講習会へ
2010年1月26日 火曜日 晴れ

 どうも、いやはや困ったものだ、、、。
超多忙な時にどういうわけか突然思いもよらぬ事をしてしまうことがよくある。
まったく急に今日の午後から夕方まで、新宿にニコンサロンで過ごしてしまったのだ。

 昨夜真夜中になんとなくニコンのホームページを見た。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/software/capturenx2/index.htm
http://www.nikon-image.com/jpn/enjoy/phototech/capturenx2/index.htm

Nikonのソフトの頁へ飛んでみたら、去年できた「ニコン カレッジ」の中で
(写真教室をカレッジというのはどうかと思っていたが、、、)、今日のCapture NX 2 の授業に空きがある。
<お一人1台のパソコン(WindowsXP)を使って、デジタル画像処理を学ぶ講座です。
入門と応用の2コースをご用意しました。 入門:キャプチャーNXを初めて使う方向けで、
クイックフィックスなどの機能を使って、簡単な画像処理を学びます。
応用:入門修了レベルの方向けで、高度な機能を使って、自分のイメージに合わせた画像処理を学びます>

去年のニコンサロン銀座での講義はまったくダメで、もう少し上手な経験者の話を聞きたいとは思っていた。

 青山さんの写真展で、彼は10年前のポジを友人にスキャンしてもらって、後はフォトショップで
当時の記憶の色にしていったようだ。プリントはエプソンで色をいろいろ試行錯誤したようだ。
小さい試刷りをみせていただいたが、PX5600になる前のPM-PX4000でA3ノビにした作品は
それぞれ見事にプリントされていた。

一昨年の私の写真展の時は、彼の友人のプロラボにお願いしたが、かなりの費用がかかってしまって、
次回の写真展は、私も最後まで自分でしてみようと思い立っていたところ、、、。
フォトショップCSの方が慣れているし、でもそれもトーンカーブとスマートシャープを時々使っているだけ、、、

 それにしてみマニュアルを読めば理解し、つかえるソフトの2時間の講義にまた4000円は高いと思ったが、
WEBからの申し込みというのがあってふとクリック>>すぐにネットで受講依頼してしまった。吉と出るか凶と出るか?
今年になっておみくじはまだ引いていないのでので、まあいいか、、、。
担当講師が、プロ・アマチュア写真家に対しカメラ・ソフトウエア等のテクニカルサポートを担当している
畑和宏さんでもあるし、、、。

 ニコンの現像ソフトのNikon Capture NX2を使うようになって数年になるが、
今一使いこなしていないような気がしていた。
最初にアドビの講習会で、写真家の望月宏信氏がほんの数分、新しい機種で撮った海外のホテルの写真を
コントロールポイントで調整したテクニックを得意そうに話していたのが最初の出会い、
http://keico.exblog.jp/7166848
アドビ&玄光社「デジタルフォト & デザインセミナー 2008、2008年5月31日 土曜日 氷雨

その後photobraさんにも勧められて彼の桜のレタッチが素晴らしかったので、NXからNX2へバージョンアップした。
去年の6月にニコンサロンの銀座での授業ががっかりしたのだが、その折りに
“詳しくは、4000円支払って、ニコンカレッジへどうぞ”といわれていたので思い出した。

http://keico.exblog.jp/8373079
日曜日の過ごし方って?
2009年6月7日 日曜日 晴れ


 今日の生徒は9名で中年女性が三名。
一人一台のPCだがウィンドーズ。でも昔々一時パリでつかったことがあるから操作はわかる。
十数頁のプリントはマニュアルにあるものが多かったが、それ以外の説明はいろいろ参考になった。
ポートレートや夕陽の時のホワイトバランスの妙、「-」の「選択コントロールポイント」のこと、
JPEGではなくて、NEFで保存することの優位性、キャッシュをうまく削る方法などなど、、、、
実際にご自分でつかってらしているから、その微妙なお話しはいろいろ参考になった。
エプソンのプリンターとの調整も参考になった。

14時半から二時間の予定はすぐにすぎたが、先生も生徒も一生懸命で、30分はすぐに超過、
その後の質問も丁寧に答えてくださり、終わったのは5時半をまわっていた。

 夜の新宿の光をエルタワーの28階からすこし眺めての一時、、、。
突然の予定変更で午後に会う方とは夜にしていただいていたのでお蕎麦をご一緒しながら、今年の予定を組んだ。
なんだか忙しくなりそうな予感、、、、まあ私のできるお手伝いはしよう、、、と心に決めた夜はふけて、、、、。

=============

bernardbuffetへ、
フランク・ロイド・ライトの当時の壁は。帝国ホテル正面玄関を入って、ロビー左の一段下がった
広いコーヒーラウンジの左正面の壁として残っています。
少しカメラブレをしていますがのせておきますね、、、

a0031363_4534098.jpg

a0031363_19175787.jpg(モケットの向こうに、なつかしいカラーレンガの壁とロビーが拡がる)

a0031363_1955114.jpg
1923年フランク・ロイド・ライトの設計の
鷲が翼を広げたような巨大なホテルは、1967年に閉鎖され、多くの人々が惜しまれながらも取り壊された。   

〜〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_58147.jpg
 今日のエンジェル
この外の台には何の鉢を置こうかしら、、、、
by pretty-bacchus | 2010-01-26 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback(1) | Comments(6)

日没が5時以降になりました、、、春よこいはやくこい、、、
2010年1月24日 日曜日 晴れ 寒い

a0031363_2495460.jpg
(枯れて切った三本の花の隣からまた花芽がでてきたブルーのヒヤシンスが春の日に輝いています!)

 日没が少しづつ遅くなって、もう17時になった。
もちろん日の出も早くなる、、、、、は〜るよこい、、はやくこい〜〜〜

春よ来い 早く来い
  あるきはじめた みいちゃんが
  赤い鼻緒(はなお)の じょじょはいて
  おんもへ出たいと 待っている

 ・東京 ( 1/24)
  日出 6時46分  日没 17時 0分  昼 時間 10時14分

 昨日のブログでコメントやメールを沢山いただいて目がウルウル、ありがとうございました。

 そして、more>>に乗せた「カサブランカ」映画の最後に飛び立つ飛行機にあったロゴマークでも
メールをいただきました。

後ほど詳しく書いてみたいです。

〜〜〜〜〜〜〜

BGMは、辻井伸行さんの自作の「川のささやき」
おとうさんとの散歩の時、神田川の流れを聞いて、つりました、、、と弾きはじめて、、
終わりには、
深々と四方に頭を下げたあと退場した。

なんと美しい姿であろう!
by pretty-bacchus | 2010-01-24 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback(1) | Comments(6)

帝国ホテルの歴史とともに、若い頃を思い出して、、、
2010年1月23日 土曜日 晴れ

 昨日の帝国ホテルのロビーの帝国ホテル開業120周年の写真とモケットの展示は、すばらしかった。
http://www.imperialhotel.co.jp/j/
帝国ホテル
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo
帝国ホテル東京

 120年前と言うことは1890年明治23年。少し検索で遊んでみた。
1887年に設立された有限責任東京ホテル会社が、欧化政策の一環として外国人への接遇も可能なグランドホテル
「帝国ホテル」として1890年オープン。
それ以前の外国使節団を接遇する施設は鹿鳴館だけだったのですって、、、
渋沢栄一、井上馨が、大倉喜八郎らが発起人となって、明治23年11月3日、東京日比谷の鹿鳴館の隣に
有限責任会社帝国ホテルを設立し、国賓の宿泊に対応するホテルとして建設にいたったのだという。

a0031363_1955114.jpg1923年フランク・ロイド・ライトの設計の
鷲が翼を広げたような巨大なホテルは、1967年に閉鎖され、多くの人々が惜しまれながらも取り壊された。   
(往時の正面からみた玄関と池) 
この正面玄関の一部が明治村に移行されて残っているという。

(子供の頃に父に連れられて何度か訪れたことがある、、、。)

戦後は連合軍の宿舎として接収されたりした。小佐野賢治が帝国ホテルの筆頭株主だったこともある。

 犬丸徹三氏から犬丸一郎が社長を引き継いだ頃、モダンな奥様と何度かパリにいらして
お目に過カットのを覚えている。

a0031363_19175787.jpg(モケットの向こうに、なつかしいカラーレンガの壁とロビーが拡がる)

a0031363_19182872.jpg(昔の写真越しにエントランス外の垣根が見える、、、、)

a0031363_1919219.jpg(現在のロビー)

a0031363_19201858.jpg(指揮者のシャリアピンが宿泊した折りの逸話。)


a0031363_1921192.jpg(ツエッペリン号の機内食は帝国ホテルによって用意されたのだという話が語られていた。

(フェルディナント・アドルフ・ハインリッヒ・アウグスト・フォン・ツェッペリン伯爵)





(日本初の機内食メニューを作った料理人のひらめき)


 1929年昭和4年8月19日午後7時40分、ドイツの飛行船ツェッペリン伯号が世界一周の途中に、
65名の乗員を乗せて、霞ケ浦の海軍航空隊に着陸した。
この世界最大の飛行船は全長235.5m、直径30.5mという巨大なもの。最高速度は時速130kmにも及び、
時速100kmでの巡航が可能。
滞在したのは4日間、東京から臨時便の列車も出て、自転車やリヤカー・徒歩で見物に訪れた人の数は30万人に及んだという。

 母が話してくれたことがあった。
翌日の新聞紙面を飾り『ツェッペリンを見たか』が合い言葉になったのだとか、、、。
今考えると母が小学校の頃で、世界一周の飛行機はきっと印象に残ったのだろう。
(明日電話で聞いてみよう)
私が社会に出てから、何度も母を連れてヨーロッパの国を旅した。
父も連れて行きたかったのに、いつも、“お母さんを、と優先してくれたのだ。
フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、、、、母はとても喜んでくれた。

〜〜〜〜〜〜

 私と帝国ホテルの思い出は、パリの駐在員から帰って後しばらくの間、ワンブロック日比谷よりの三井ビルに
あったエールフランスの事務所で仕事をした。
一階はガラス張りのモダンなティケッティングカウンターで、二階に支社長室、営業、予約課があった。
その後本社は赤坂に移り、さらに青山に移ったが、いつごろまで日比谷にあったのだろうか覚えていない。

〜〜〜〜〜
 そうだ、いつもハンドバックの底に入っている数枚の写真はその頃のだろう、、、
1979年6月の写真が数枚あった。
ソファー脇においてある、スキャンスナップで即スキャン。
名刺や雑誌や新聞だけでなく、昔の写真をスキャンして楽しむにはこれで充分だ。
i-photoにおちる写真は、べったりとした感じで少し暗くなるが、フォトショップで少しトーンカーブをあげると
まあ見られるようになる。
(ポジやネガを探し出してスキャンにだるのはとうてい無理だが、プリントが残っている写真はたまには
こうしてデータで残しておくと楽しいかもしれない、、)
http://keico.exblog.jp/9582688
雑誌と名刺の整理は(スキャンスナップ)で、、、2010年1月5日 

 スキャンしたら、裏に黄色のマーカーで薄く書いてあった文字もはっきりと読めた。
jun1979 お昼休みに、とあった。(三十代中頃だ〜〜〜、若い!)
この年の1979.7.15誕生日に大きな手術を受けたから、その少し前なのだろう。
お昼休みや仕事の後には、ホテル内のレストランやカフェにもよくいったものだ。
a0031363_1938294.jpg

a0031363_1938544.jpg

a0031363_19392315.jpg
 同じく1979年のエールフランス25周年のパーティーで。
私は入社14目かな?
記念に自分でデザインした着物を着たのだ、、、、帯は肩の色にあわせて金が入った深緑の綴れ。
ずいぶんと大胆な絵付けなことか、、、若いとはイイものだ!

あら、手に持っているバックはエルメスのクロコの黒いパーティーバック、、、、こんなのがあったのだ〜〜)

a0031363_19394618.jpg  

(バックに入っていたもう一枚は、多分パリ駐在員の最後の頃で1970年代はじめかな? パンツルックの初めの時代に白いコート、首にはエルメスのスカーフをしている、、、、うっふふ、、)


 辛かったことも苦しかったことも悲しかったことも、今となっては、それは人生という旅のよき思い出、、、、
楽しかったことも嬉しかったことも、熱い思いを語られたときのトキメキも、それはもっと素敵な人生の思い出、、
<生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく> なのにちがいない、、、、

 帝国ホテルの歴史に浸っていたら、自分の若い頃の思い出が蘇ってきてしまった。
本邦初公開を数枚アップいたしましょう、、、!
誰も知らないあの頃の私をブログで残しておきたくなりましたのです、、、。

===========

more>>>>>エールフランス日本支社の歴史

More>>>エールフランス日本支社の歴史
by pretty-bacchus | 2010-01-23 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(12)

ロイヤルミルクティーとクラブハウスサンド
2010年1月22日 金曜日 晴れ

 お仲人というのをしたことがないが、人と人との取り持ちやご紹介はずいぶんと沢山したように思う。
良いご縁が生まれてお仕事がうまくいけばとっても嬉しいし、時には縁の下の力持ちに我ながら嬉しく思うと
こっそりとガッツポーズ!
人って人生ってイイナ、、、って、まあ自己満足の極みかな、、、。

 午後遅く、久しぶりに日比谷に出かけた。
なんだか国会あたりがざわざわしているような、、、

帝国ホテルタワー館の4階のドミニックのティーサロン<カフェドミニック>で、
U&SさんとY&Cさんをお引きあわせした。
ロイヤルミルクティーとスペシャルクラブハウスサンドでなごやかな時が流れた。
元マイセンサロンなので、器はマイセンやヨーロッパの名器でそれも楽しいサロン。

http://keico.exblog.jp/8920246
ドミニックのティーサロン 2009年9月4日 

a0031363_2128820.jpg
  (ロイヤルミルクティーは、蜂蜜とコニャックがそえられていて、、、、おかわりをしてしまった)

 帝国ホテル本館のロビーを抜けてみた。
エントランス右で、帝国ホテル120周年の写真展とモケットの展示があって、それはそれはなつかしくなり、
ついつい時間をつぶしてしまった。(詳しくは、明日アップしましょう)


a0031363_2340637.jpg

by pretty-bacchus | 2010-01-22 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

お誕生日おめでとう!
2010年1月20日 水曜日 晴れ 大寒なのに、とってもあったかな一日

 今年はじめてUさん&せいこさんにおあいすることができた。
青山のKにお招きを受けて、心温まる数時間をすごした。
お二人ともお元気そうで、若いっていいな!

夜更けに高田さんのお店にうつって乾杯!
 明日はUさんのお誕生日で、午前零時をすぎていて、、、、嬉しい一時。
久しぶりに話に華が咲いて、今年の抱負をいろいろお話しして、素敵な夜は過ぎていった。
ありがとう!

a0031363_5143686.jpg

(ISO4000で1/1.6秒, かなりつらい、、、、)
by pretty-bacchus | 2010-01-20 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

疲れました、、、、、
2010年1月19日 火曜日 晴れ

 とうとうナショナルフラッグエアーラインの日本航空が事実上倒産してしまった。
むべなるかな、、、しかし、さびしかりけり、、、
再建計画ではばたいでくれることを祈るのみ。

 小さいことなのかもしれないがブログに関してとてもいやなことがあった。
書くのも不愉快になる。
大きな力を持って、かってに自分たちできめたナニヤラ協会とかの規則にのっとって、
ブログを楽しんでいる一般人の自由をうばってくるのは聞いていた。
それが今回は私に及んだ。
対抗して戦うことは可能だが、小さい心と力ではつかれるだけだろう。
こんなふうにして時には退くことも人生には必要なのだろう。

ブログを全部消すことも考えたが、とどまったのはKさんとの夕食での優しい一言だった。
“ケコサン、そんなことで悩んでないでください、、、それにしても人のブログでいろいろ騒ぎをおこそうとする、
そんな暇人がまだ日本にいるのはこまるわね、、、”
ありがとう! Kさん。

そして久しぶりに一緒に、香織さんのパワフルで奥深いピアノを聴いた。ありがとう! 

 就眠儀式の読書は、山崎豊子の「不毛地帯」をおいて、「沈まぬ太陽」
泣けて泣けて、、、
by pretty-bacchus | 2010-01-19 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback(1) | Comments(6)

今年はあと二週間もないの、、、そんな!
2009年12月19日 土曜日 晴れ

 横着病が日常になると困る。
思い切って今日はせっせと動いた。
ほとんど終わったベランダの工事で、ほぼ全滅になった緑だが、
空中庭園?に移されていた鉢のいくつかに、まだ緑が残っているのがあって良かった〜〜〜。
寒い中を大きな鉢をひとつずつ元の位置に戻して、あとは最後に、この際に用土を追加して、
のりさんからいただきた土のビタミン剤をほどこすことにしよう。

 思い切って外にもでた。土で汚れてしまった手は久しぶりにネイルサロンでキレイにして、
その後美容院ですっきりとキレイに、、、。
やっぱりおしゃれってなんだか浮き浮きする。

 夕飯は、Fさんからの江ノ島の干物と、蔵先生からいただいた佃煮とお魚、
野菜をいろいろ入れた和洋折衷のスープ煮で、健康食。
体を動かしたからかえって気持ちが良いようで、、、よかった。

a0031363_213928.jpg
(駅アトレの二課の隅のコーナーにあるネイルサロンはカウンター四席だけ、
八重子さん達セレブが通う六本木あたりのネイルサロンの1十分の一くらいの値段、、)

#IMAGE|a0031363_2135454.jpg|200912/20/63/|mid|640|464#]

Fさんからの江ノ島の干物


a0031363_21103789.jpg
蔵先生からいただいた佃煮とお魚
by pretty-bacchus | 2009-12-19 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(8)