タグ:Fujifilm X-T20 ( 81 ) タグの人気記事

エアポケットの日は、さくさくジューシーの牡蠣フライで
2017年10月11日 水曜日 晴れ 暑い一日

 一昨日のスコットさんの会に続いて、昨日は白鵬さんのお食事会にお招きをうけた(写真はまた後で)。
こういう会にはあまり出ない私なのに、スコット&白鵬さんとあればどうしても行きたかったのです。

 先週からいろいろずっと続いていたので、今朝は体がうんともすんともいわない。
エアポケットに落ちたように今日は何も約束がなかった。
多分そうなると、脳内は<休みモード>に陥ってしまうのかもしれない。
朝一で起きて朝食の支度をしてまたダウン。

a0031363_00455871.jpg
            (朝の光はきれいだった〜〜〜)

 ベッドルームにiPad持ち込んだのに一向に見る時間もなく寝込んでしまう。
そしてまた夕方までこんこんと寝てしまった。
毎日いろいろと楽しいことが沢山あるのにそれもブログにかけていないし、いわんや写真の整理も
全然できていない。
時間よ止まれ〜〜〜!

 何時間も眠ったら少し体が楽になった。
お腹がすいた〜〜〜。
買い物にも行かれていないし、アマゾンプライムで二時間配送の注文する時間もなかった。

 行きつけのお店はどこも満席。
それならが駅の近くのしんみち通りの洋食やさんにいきましょう、、、と出かけました。
数年前まで<洋食エリーゼ>だったお店が、今は<かつれつ四谷たけだ>。
カウンター十席ほど、二人のテーブルが二卓という小さなお店で、いつも行列ができていて、
なかなか入れない。
ポークカツや特撰もちぶたロースカツももちろんとても美味しいが、十月からの牡蠣フライが大好き。
三重県鳥羽の海から毎日直送されてくるという牡蠣を目の前で揚げてくれる。
さくさくジューシーと書かれているように本当に美味しい。
牡蠣は大好きなので嬉しい夕食となりました。

a0031363_03352276.jpg

a0031363_00091566.jpg



by pretty-bacchus | 2017-10-11 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

白鵬さんとのお食事会にお招きをうけました!
2017年10月10日 火曜日 晴れ

 白鵬さんにお目にかかれました。
男性の会にはほとんど失礼させていただくのだが、白鵬さんとのお食事会とあって
連れて行ってもらったというわけです。

 第六十九代横綱になってから三年たった2010年大相撲九月場所千秋楽の「溜席」で
白鵬さんの優勝を観戦してからすっかり白鵬さんファンになってしまっている。
<br>
 国技館の砂かぶりと言われる溜席で白鵬の優勝を観戦してからもう六年になるのだ。<br>

http://keico.exblog.jp/11344383/
2010年9月26日 日曜日 晴れ
大相撲、九月場所千秋楽の「溜席」で白鵬優勝を観る
a0031363_425022.jpg

a0031363_4265796.jpg
   (土俵入りのこの美しい白いしめ縄はとても重いのだそうだ)

 白鵬翔、現在三十二歳。
幕内最高優勝:39回 (歴代1位・ギネス世界記録)
モンゴル国ウランバートル出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士、第69代横綱。

2001年春場所が初土俵。翌夏場所に序ノ口で初勝利を挙げてから93場所で千勝に到達した。
<私が番付に初めて載ったのは2001年の夏場所。虫眼鏡を使わないと“白鵬”というしこ名が
見えなかったのは今でも覚えています。二番相撲で古川という力士に勝って1勝目を挙げたことも、
はっきりと記憶に残っています>という数年前の白鵬の言葉がわすれられない。

http://keico.exblog.jp/23375059/
2016年11月16日 水曜日 曇り その一
白鵬が通算千勝を達成おめでとう!。特年前の溜席の勇姿を思い出して
 その後右母趾捻挫、右大腿筋群損傷などで一年あまり休場をよぎなくされた。
その間すさまじいリハビリと訓練を重ねたといわれて、戻ってきた先々場所では見事優勝。

http://keico.exblog.jp/23925175/
2017年5月28日 日曜日 晴れ
白鵬さん全勝優勝おめでとう〜〜!
一年ぶり三十八回目の優勝。
千秋楽の横綱日馬富士との一戦は一分三十秒と長かった。
戦い終わったときの顔はなんとも素敵だった。どんなにかうれしかったこどでしょう!

髷を直して戻ってきての観衆の拍手に白鵬さんの顔がほころんでいた。
優勝杯と盾を受け取り君が代斉唱。優勝インタビューの初めての言葉は、
“ただいま帰ってきました。
“国歌を久しぶりに歌えることができて最高! だった。
一回りも二回りも大きくなって帰ってきた!
涙なくしてはこの場面をみてはいられなかった。

a0031363_0321643.jpg

 その時の事を話したら、白鵬さんはとても喜んでくださった。

http://keico.exblog.jp/237311011/
2017年7月23日 日曜日 曇りときどき小雨
白鵬さん二場所連続39度目の優勝おめでとう〜〜!
大相撲名古屋場所千秋楽で単独トップの白鵬が、日馬富士との横綱対決を寄り倒しで制し14勝1敗で
二場所連続39度目の優勝を成し遂げたのだ。

この優勝インタビューで話していたように、彼が六歳の時に、若乃花一行がモンゴルを訪れて
相撲に憧れて、十六歳の時に日本での角界入りを望む若者の訪日ツアーに参加して六名といっしょに
日本を訪れたのだ。
しかし彼だけがどこの部屋からも声がかからず取り残されてしまった。
訴えたのは英語で、自分だけモンゴルに帰るのはいやだ。「I don't want to go back home」。
彼は、その時モンゴル語と英語した話せなかったのだという。

帰国便を手配して出発の前の日の夜になってようやく宮城野部屋から誘いが入ったのだという。
ようやく入門はできたが、上の人達にこき使われて、日本語もわからず言葉の壁は高く、ちゃんこ当番で
「おたま持ってこい」と言われて鍋を運びなどと、苦労は並大抵ではなかったという。
けいこでも転がされ弾かれたりで、屋上の物干し場でいつも泣いていたのだそう。

 そんなすさまじい苦労があったのは思えぬような温和な眼差しのお顔と存在感。
話す言葉もやさしく、人々への気のつかいも凄い。
それぞれの方とも気さくに話されて、ほんとうにいい男〜〜〜!

a0031363_03353837.jpg

a0031363_22494073.jpg
 マグナムワインを抜くときにちょっとしたハプニングもあって楽しい思い出が増えた。
皆さんの写真を撮っていたが、最後に一緒にはいってくださって、、、、ありがとうございます。
恥ずかしいですが、Web日記なので記録しておきましょう。

a0031363_22532559.jpg
(お刺身やお肉のあとに、ちゃんこ鍋をいただきました)

a0031363_22495117.jpg

a0031363_03355212.jpg
身長192cmの白鵬さんは大きい!
一面に施された細かい縮みの藍染めの素晴らしいお召し物、
<白>の文字と綱が染め混まれてそれはそれは美しいものでした)


http://keico.exblog.jp/22912586/
2016年6月14日 火曜日 晴れ
オナガが朝のベランの中に入り込みました

http://keico.exblog.jp/22840129/
2016年5月22日 日曜日 晴れ
オナガがベランダのムスカリの水苔を盗みにやってきました

http://keico.exblog.jp/22282761/
2016年1月24日 日曜日 晴れ
寒い日曜日はTVでスポーツ観戦:錦織圭八強入り&琴奨菊が初優勝おめでとう!




by pretty-bacchus | 2017-10-10 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

素敵な友人を囲む昼食会に感謝して
2017年10月9日 月曜日 晴れ 

 Scottさんがシアトルから一時帰国していらっしゃり、青山一角の加賀料理のお店での昼食会に
ご一緒させていただいた。
スコットさんを囲む十人の濃密な数時間だった。
新潟から長野の奥から松本から、奈良から鎌倉から松戸からと、写真とブログを通じて
スコットさんからご縁をいただいか方々で、お仕事も外科医、歯科医、会社経営者、画家と多彩。
皆さんライカお仲間かしらと思うほど、始まるまでの一時はライカとレンズが机のうえに並び壮観!

 彼はゲームプロデューサーとしても名が知られているが、2011年からはヨドバシカメラの
ウェブサイト上で写真エッセイ『The Wind from Seattle』を五十回連作なさった方で、
街で物語性を感じさせる人物やその仕草の瞬間、風景などのスナップ撮影がご趣味。
レンジファインダーカメラを愛用して、その写真は多くのファンを感嘆させている。

2013年4月には、 YODOBASHI PHOTO GALLERY[INSTANCE]で、
初の個展『「With the Wind」Scott Tsumura 写真展』が開催された。
今日ご出席の方は、そのご趣味のご縁で知り合われた方々のよう。

 この日のことは、あと十日ほどたたないと詳しく書けないので、
皆さんのブログにも詳しいことは書かれていないよう、、、、。

 スコットさんのさらなる素敵なお人柄とすごさを感じて感激!
ありがとうございました。

a0031363_00460998.jpg

a0031363_06253940.jpg
       (さすが浅田さんで、加賀の漆器に秋の景色をもってまず、、、、、)

a0031363_06255349.jpg
           (ブリの焼き物はほうの葉にのって、、、、)

a0031363_06272433.jpg
           (スコットさんと、お友達、、、、)

a0031363_06270156.jpg

a0031363_06271217.jpg

a0031363_06312914.jpg
(のんたんさん良いお顔をしてらっしゃいますね!)




#IMAGE|a0031363_22501781.jpg|201710/14/63/|mid|722|490#]

(解禁日がきたら、皆さんの集合写真もアップしておきたいです)




by pretty-bacchus | 2017-10-09 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(6)

金木犀の香りに昔の桂林への旅を想いだして
2017年10月8日 日曜日 晴れ

 どこからともなく金木犀の香りが流れてくる土手の道。
ぐるっと廻ってみたらなんと十本もの木があった。
この季節にならないとそのその存在を忘れていたなんて、、、ごめんなさい!

a0031363_00435830.jpg

 金木犀銀木犀の香りをかぐと思い出すのは、もう何年も前に志村ふくみ先生と旅した桂林の銀木犀。
町中が銀木犀の木々の香りに満ちていて驚嘆。
帰国して先生はすぐにその感動をある新聞に書いていらした。
脳っておもしろい、、、、楽しかった思い出はこんなふうにすぐにフラッシュバックするのですね。

 まだ暑いのに大通りの木々は黄ばみ始めた。秋は早いのですね。
ちょっと疲れて立待の月をながめながらの帰り道は、、、、語りあってのほんの一時でした。

a0031363_00085836.jpg



by pretty-bacchus | 2017-10-08 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

今年はじめての北海道の厚岸西の昆布森の牡蠣と宮城県閖上の赤貝をいただきました
2017年10月7日 土曜日 雨のち曇のち晴れ 十六夜

 Kさんがお誕生祝いをしてくれることになった。
皆んなそれぞれ病い持ちで、十一席のお寿司屋さんのカウンターの他のお客様も
含めて、なんと半数が手術の経験者だった。
二人に一人がガン患者という今の日本の縮図のようだ。

 オープン二十二年のこの店のオーナーシェフも昨年末に突然の病宣告で、
珍しい鼻口腔癌の手術は、日本では三つの病院しかできないようで有明の病院に
四週間入院していたが、数ヶ月前に無事退院して、今こうして常連さんに喜ばれている。

 そんな日本でこうしておいしい季節のものをいただけるのってとっても幸せですねと皆口々に感謝の夕べ。

a0031363_03220706.jpg
(牡蠣は大好き! 今夜は厚岸の西の方の昆布森の牡蠣。もっとミルキーな仙鳳趾の牡蠣は
まだ魚河岸にはでていなかったようです)

次に宮城県閖上(ゆりあげ)の赤貝! 希少な美味もいただきました。

a0031363_20373564.jpg
                 (とても元気になりましたね!)

 スイスからのお客様も何度もおめにかかったことのあるご夫妻で、今夜は六歳の長女と四歳のご長男を
おつれになっていたが、子供達はずっとiPadで遊びながらの食事だった。
日本だったら、食事中にそんなことはさせませんよね、、、と話していたお客様がいらして、
でもそれは私たち世代のことで、今の若いお父さんお母さんはそんなことはお構いなしの家庭が多いという。
国が違えばお行儀や慣習が違うと言うより、今はジェネレーションギャップの方が大きいと言うことだ。

 十六夜の月を追いながらとぼとぼと歩きながら家路につきました。
途中なつかしい車が止まっていてそっとなでてしまいました。
フィアットチンクチェントは四十数年前のパリの駐在員時代に
フランスで初めて乗った車だったのです。

a0031363_03223621.jpg

a0031363_03230600.jpg



by pretty-bacchus | 2017-10-07 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

“あれから三回目のお誕生日を迎えられましたね!”
2017年10月6日 金曜日 曇りのち雨 誕生会 満月

 “お誕生日おめでとう! ”白ワインで乾杯!
“あれから三回目のお誕生日を迎えられましたね!”
二人とも感無量、、、、。

 今日は連れ合いのお誕生日だった。
二年半前に九時間半の大きな手術から生還した連れ合いは、自分の誕生日と私の誕生日とお正月を思って
生きていくね、、、、と、けじめけじめを生きていけるかねと話していた。

手術の前に率直にうかがった時のT教授のお返事は、
“最悪で六ヶ月、手術がうまくいけば寿命まで、、、”というお言葉だったので、
三回目の自分の誕生日をどんなふうに感じているのだろうか。

 今年になって二度の救急車搬送での心筋梗塞、そして三度目は肺炎だった。
早く歩くことができないほど弱っていたようだが、最近はとっとと歩けるようになったし、
話す声も張りが出てきた。
まだ神様は命を長らえさせてくださるようでほんとに嬉しい。

おいしいものを少し食べましょうね、と以前よりもとても食が細くなってしまったが、
こうして一緒にひっそりと誕生日をお祝いできるのはとても嬉しい。

a0031363_03202230.jpg

a0031363_03205199.jpg


a0031363_03210649.jpg
(本ししゃもが美味!)

a0031363_03212184.jpg
(土鍋炊込飯は栗ごはん)

a0031363_03213533.jpg

a0031363_03214777.jpg


 友人がしてくださると言ってくれた誕生会は延期になって、別の予定も延期になって、
こうして二人だけで食事ができた。
ふくさんも女将もそっとお祝いしてくださって、バースデーケーキは小さなクレムブリュレに
季節の栗がのって可愛い。
ローソクをふっと消して、“ありがとう!”
お祝いのカードとプティカドーをいただいて、ほんとうにありがとうございました。

 次はお正月、次は私のパリ祭バースデー、そしてまた次は今日の日ですね!
いつまでこうして一緒に祝えるかわからないのは人の常。
もう少し一緒に生きていきましょうね。

a0031363_03225078.jpg



by pretty-bacchus | 2017-10-06 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

2017年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーは<フレッシュで輝かしく朗らかで絹のようにしなやかで豊満>
2017年10月5日 木曜日 晴れ

ボージョレ委員会から今年に出来具合の情報が入った。
乾燥した夏の数ヶ月で天候的には恵まれていないと思っていたら、
今年は最上といわれた2015年よりもさらに素晴らしいと予想されるそうでよかった。
<フレッシュで輝かしく朗らかで絹のようにしなやかで豊満>と。

 同時にシャトー・ドゥ・ピゼイの醸造家のパスカルデュフェートルからのテイスティングノートが入った。
いや〜〜困った!
毎年彼のコメントは時には創世記から時にはボードレースの詩からの引用などが入ったりと素晴らしいのだが、
ことしは彼の感覚の煌めきのようで、時には知らないフランス語もあって、
またヴォキャブラリーの奥義にたどり着くのがむずかしく頭を抱えている。
さ〜と一度逐語訳をしてみたが、これでは彼の歓びを伝えられない。

 またまた朝までになってしまいそう。
いけないイケナイ、、、、。

 その前に美味しい秋の味覚をいただきましょう!

a0031363_20365020.jpg
(十月の歓びは牡蠣! 牡蠣たっぷりの特製茶碗蒸しは四谷ふくさんにて)





by pretty-bacchus | 2017-10-05 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

Web日記のブログなのになかなか更新できません
2017年9月27日 水曜日 晴れ

 ブログはWeb日記なのだから、毎日書いていかねば意味がない、、、のだが、
その時間も見つけられないほどバタバタしている。

 夜になって時間は見つかるだろうが、どうも最近はオカシイおかしい!
外でも内でも夕食をすませると、もう眠くなってしまいバタンキュウ!
数時間で眼が覚めてしまい真夜中の起きだしてもそもそ、、、今までだったら、それから数時間
Macに向かって諸々を書いたりできたのだが、このところはそれもままならない、、、。
一体どうしてしまったのだろうか?

 今日の午後一にN先生オフィス訪問。 これは記録しておかねばならないこと。
一時間半もお時間をとっていただき感謝。

 帰り道にお茶をと思ったのに、なんと遅いお昼とばかりに<名物黒カレー>なるものを注文したら、
まあなんと沢山!

a0031363_18341722.jpg

a0031363_18343799.jpg
(退院して1ヶ月がすぎて、連れ合いの顔色もだいぶよくなりましたね。良かった〜〜!)


by pretty-bacchus | 2017-09-27 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

人生山あり谷あり、それでも一緒に秋の味覚をいただきましょう!
2017年9月25日 月曜日  晴れ 

 久しぶりに天空の館に住む友人を訪ねた。
借景は、武道館と吹上御所、そしてはるかに議事堂や東京タワーが夕闇にうごめいていてしばし時を忘れて、、、。

華やかにみえる彼女の初めて聞く若い頃の苦労話には驚くものがあり、それが私たちの世代ではなく
1980年代のことだとわかり更に驚嘆。 大変だったのですね、頑張ったのですね!

a0031363_02234453.jpg

a0031363_02242405.jpg

 



























 しばし話し込んで、二人は今夜は、ふくさんのカウンターでゆっくりと
秋のお料理をいただいたのでした。

a0031363_02252244.jpg
(魚貝サラダは旬のお魚や界と、熟れたイチジクも入っていて、、、)


ご主人のお人柄が表れたお料理でとても癒されて幸せ! ありがとうございました。
最後は店を移らずに女二人でバータイム。
先だっての宮城への旅で持ち帰られた、ニッカ宮城峡蒸溜所限定のウイスキーをすいすいと
いただいてしまいました。

a0031363_14273832.jpg
(秋刀魚の肝醤油焼)

a0031363_04143438.jpg
(最後は北海道からの新蕎麦をいただきました)

a0031363_14272493.jpg
(赤ワインはブルネロディモンタルチーノ。
デザートはクレムブリュレに彩りの葡萄が載っていて!)

a0031363_04145161.jpg
ニッカ宮城峡蒸溜所限定のウイスキー)


 帰ってから彼女からメールでがはいった。
<頑張って!というのは簡単ですが、そういうものでもなく、忍耐と努力と度胸と時には力技も必要。と>。
苦労人だからこその励まし言葉に、真夜中に一人で涙した秋の夜長でした。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<おかみの開店日記>四谷ふく おかみのひとりごと
がおもしろいです。
仙台に行ってきました③ ~宮城峡蒸留所編~
http://okami-kaitennikki.at.webry.info/201709/article_4.html
<四谷ふく>さんのホームページ
http://www.yotsuya-fuku.com



by pretty-bacchus | 2017-09-25 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

台風一過の朝の空はなぜこんなに青いのだろう
2017年9月18日 月曜日 雨のち晴れ 青い空 真夏日
 
 夜半からすごい風で、借景の木々が朝方までヒューヒュー言っていた。
超大型の台風18号は南から北まで日本列島の全てに大きな被害を残して温帯低気圧になった。

 開けての空は真っ青だった。
台風一過とはこのことか!
そして暑い暑い一日となってしまった。

a0031363_00590654.jpg

 地球温暖化の影響がこんな形で世界中の異変気候を招いているのはあきらかなことなのだそう。
海温があがって積乱雲が大きくなる映像をみて、そこまでわかっているのに
なぜどこの国も次の対策案のために尽力しないのだろう。


a0031363_18163161.jpg


by pretty-bacchus | 2017-09-18 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)