タグ:Fujifilm X-T1 ( 388 ) タグの人気記事

十六夜に、人のご縁に手をあわせました
2017年6月10日 土曜日 晴れ 明け方の月

 また真夜中に月を愛でた。十六夜の真夜中!
静かで美しい!

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時24分  : 日の入 18時57分
  月の出 19時22分  : 月の入 04時57分

a0031363_0363686.jpg
(am3:34)

a0031363_0373097.jpg


(みるみるうちに沈み行く、、、、)
a0031363_0375654.jpg



 連れ合いの回復は順調のようだが、医療ミスとしか思えない右腕から手指までに腫れはひどく
真っ黒になってしまって、冷やしている姿はいたいたしい。

 十八階からの西新宿の街は、まもなくネオンの街に変わる時間。
日に日に元気になっているようで、今日は昨日よりいろいろ話ができて一安心。

a0031363_0485358.jpg


 夕方遅くにFで一月にお目にかかったことのあるT先生にお目にかかれた。
なんと偶然、T先生は心臓の循環器の専門医でいらして、その偶然に驚いた。
今回の連れ合いのケースは、三人に一人は死に至ることがあるそうで、不幸中の幸いだったそうだ。
(クリニックのM医師の最初の判断がよかったのだろう。感謝!)

 T先生国際医療センターにいらしたが、今は石垣島の八重山病院でお仕事をなさってらっしゃり、
数ヶ月に一度こうして東京にいらっしゃるという。
来月にお子様がお生まれになる予定でなんと私の誕生日と同じ日が予定日!
今夜のこの再会は、きっと神様がくださった素敵なご縁にちがいない。
Fさん>T先生と、なんだかとっても不思議な人の輪に手をあわせていました。

 連れ合いに電話をしたら、
“退院して元気になったら石垣島にいこう〜〜〜”って
喜んでいて、良かった〜〜〜!

by pretty-bacchus | 2017-06-10 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

満月を愛で、ドラマティックな人生を、パリへの旅を思って
2017年6月09日 金曜日 曇り後晴れ 明け方の月

 眠れずに出発準備をした小物の片付けものをしていた。
アパルトマンホテルだったからキッチンペーパーやサランラップや柔らかいティッシュとかも入れていた。

 午前三時ごろ何かが動いた気がした。
カーテンをあけると西の空に月が沈み行くところだった。今夜は満月かしら?
赤い月が梧桐の葉の向こうにどんどん沈んでいってしまう。
二つのカメラをもって、ガラスにレンズと顔をつけて何枚か撮った。
静かな夜に月はなんともいいものだ。

#IMAGE|a0031363_23492098.jpg|201706/11/63/|mid|860|582#]

a0031363_2350278.jpg


a0031363_23502837.jpg


a0031363_23505534.jpg


日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時24分  : 日の入 18時56分
  月の出 18時31分  : 月の入 04時16分

 結局というか人生の図に描かれていたようにというか、今日の巴里への出発は出来なかった。
今頃は機内でマックのキーボードを打っているころだったろう。

 六月の旅は七年ぶり、六月のフランスはなんと2006年以来となるから心躍っていた頃に違いない。
それがこうして毎日病院通いとは、ほんとうに私の人生ってドラマティックすぎるではないか!
その昔、パリでいつも車をだしてくれた個人タクシー&インテリア会社オーナーの友人は、
ケイコの人生はファンタスティックといつも言っていたが、そうではなくドラマティックですよ〜と、
話していたことを思い出した。
山あり谷あり、青天の霹靂の波になんども大揺れにもまれながらの何十年だったろうか。
もうそろそろ静かな最晩年となることを願っているのに、まだまだ神様はそうはさせてくれないようだ。

 パスカルとの交信も終わって、事態をわかったくれて一安心。
感動的な言葉をいただき、次の再会を約してホロリ。(非公開でブログ上にも記録しておきましょう)

a0031363_23513948.jpg
(東の空の雲が美しかった)

 夕方からもう一度病院へ。
連れ合いも72時間ぶりに集中治療室からでて、普通のお部屋に入っていた。
一昨年の泌尿器科関係の十二階ではなく、今回は循環器関係の十八階で、それも個室ではなく六人部屋。
なにか理由があるようで、いろんな方が入ったり出たり。
どんどん元気になっているようで、T先生も一安心。
週末は検査が限られるようで、来週にはまたいろいろ検査が続くようで、可愛いそう〜〜〜。
でも顔色もよくなったし、、、良かったよかった〜〜〜〜!

More>>>パリの事は
by pretty-bacchus | 2017-06-09 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

時はいやおうなく刻々とすぎていく、不思議だ!
2017年6月08日 木曜日 小雨後晴れ

 なにをいつどうしたか今日一日のことははっきりした時間帯を覚えていない。

 病院の集中治療室から一時帰宅。
午後には時差でフランスは朝。ともかく出発一日前。
幸いにもホテルは、いくこさんがキャンセルの手配をしてくださった。
ようやくとっていただいたのに申し訳ない。
今回アテンドをお願いしていた友人だが、ともかく渡仏をやめざると得なくなってすぐに電話をした。
彼女のスケジュールを二週間ほどブロックしてしまっていたのに、ほんとうに申し訳ないのに、
すぐに事情をわかってくださり、夕方にはメールまで入れてくださったのだ。
ありがたいことだ。 
あとは予約をしておいたレストランのいくつかに連絡。
次回を約してお詫び。

 問題はJALの飛行機だった。
今回は行きはマイレージ、帰りはとれずにグローバル係の勧めでフルを買っていたのだが、
それは延期できずにキャンセル料やら発券料やらの三万五千円を引かれてのカードにリファンドされるようだ。
詳しく聞いたら、一年間変更できるティケットと2万ちがうだけだというから、
初めからそちらを購入しておけばよかったのだが、そんなことはJALは一言も言わなかった。

 少しやすんでまた病院へ。
右手がひどくはれてしまっていて、包帯をまかれて固定されている。
“これって医療ミスですよね、、、”と聞いてみたがどなたも応えてくれない。
腕からカテーテルを入れて、それをぬくときの事故のようなのだが、、、、。

友人のT先生もいらしてくださっているから、大きな声でクレームはできないが、、、どうしたら良いのだろう。

 帰りのタクシーでも救急車に何台も遭遇した。
都会は事故が多いのだろう。

 疲れた、とっても疲れている。
頑張れ〜〜〜けいこ!

a0031363_16431932.jpg

(一時帰宅の午後の光に輝く借景は美しかった。良かった〜〜〜!)
a0031363_1643526.jpg


by pretty-bacchus | 2017-06-08 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

吹田百里子さまの一周忌でした。安藤はくぶんさん作のお花をお送りしました
2017年6月7日 水曜日 N先生 梅雨入り

 梅雨入りだそう。
何だか今日は雨でよいのかもしれない、、、、。

 今日は吹田百里子さんの一周忌。
告別式も身内だけでなさった御大は、今年もごく近い晩年にお世話になった方を招いて行われるという。
画家のご子息がパリから帰国しているので、私も参加させていただきたかったが、
フランス行きなので断念していた。
(>>それが昨日の事件で結局キャンセルしたのだが>>詳しくはまだアップ出来ていない昨日のブログで

 生花はたくさんおありだろうから、何をお送りしようかと考えてたが、
すぐに “あ〜〜そうだ! 安藤はくぶんにお願いしよう”と。

もう何十年も前の八十年代半ばに、お花のギフトでいつもお世話になっていた、
青山のケイフローリストにいらした方。
当時ワタシはエールフランスから出向でメリディアンチェーンの日本代表として
世界中を
かけまわっていた頃で、オーナーの栗原さんといっしょに、彼にはお花のことで随分とお世話になった。
ワタシは七十年初頭にエールフランスのパリ駐在経験を四年したことがあるので、
フランス的お花にはすこしばかりうるさかったかも知れないし、池坊の教授免許ももっていたし、、、、
でも、彼らはとても良くしてくださった。
そしてお送りした方からはいつも喜んでいた。

安藤さんはその後オランダなどでて花修行もなさって、今は独立なさってハイセンスなフラワーギフトで
舞台やジュエリーブランドイベントなどでも活躍なさっていらっしゃる。

 その彼が、去年のパリ祭の私の誕生日のころに、ふと私のことを思いだし、検索したら
このブログが
でてきたようで、すぐに鍵コメントをくださったのでした。
“今デザインのプランニング中に何故か急にカタギリさんの事を思い出して、ネットで検索してみたら
このブログに行き着きました”と。感動〜!

 彼と相談して、百里子さんの遺影をなかにそっといれてプリザーブドフラワーの花の額を
お願いすることにした。
十数年前に一緒に旅をした敦煌での写真がマック内にあったので、お顔回りをトリミングして送った。
お願いしたのは、白と薄紫のイメージで、額は黒。リボンも花にあわせてくださいとお願いした。

a0031363_16475594.jpg


 数日前にご丁寧に、こんな感じで造ってお送りしましたと写真をお送りくださった。
素晴らしい!
一昨日に届いたようで、良く出来ているね〜〜〜とお電話をいただいた。
美にも生きることにも厳しい九十四歳の御大に褒めていただけるのはとても嬉しい!
http://flowerarts-unblack.com/
安藤さんのホームページ

 去年安藤さんにもお話ししたのだが、これで私の<最後の花>をお願いする方がたが、
たしかにいてくださるのも何とも嬉しい!

 ありがとうございました。
今日は一日病院に詰めていた。
家人が大変なことになって、フランス行きもキャンセルしたのだが、どうやら峠を越えたようで、
今は集中治療室でゆっくりとしている。よかった〜〜〜!

a0031363_16505322.jpg


http://keico.exblog.jp/23513906/
2016年12月30日 金曜日 晴れ
皆様今年も一年ご覧いただきありがとうございました。

http://keico.exblog.jp/23005143/
2016年7月15日 金曜日 雨のち曇り 日の出入・月の出入 (東京) 日の出 04時36分  : 日の入 18時57分

なぜか涙がとまらない、嬉しいのか悲しいのかわからない誕生日

http://keico.exblog.jp/20339858/
2014年10月31日 金曜日
四半世紀前の仕事ライフと十五年前の巴里を

 〜〜〜
a0031363_1655735.jpg
(夜半になってしまったが、“一人でも美味しいものを食べなさい、、、”と言ってくださり、、、
ありがとう〜〜〜〜!)
by pretty-bacchus | 2017-06-07 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(6)

緊急救急センターへ運ばれての騒ぎとなりました
2017年6月6日 火曜日 晴れ クリニックとドコモへ そして緊急救急センターへ
 (遡って記録しておきたいので、、、)

 人生ってなんとドラマティックなのでしょう!

 出発まであと三日。
まだ何も支度をしていない。
マストなものはカメラとレンズとSDカードと、あとはマックと薬。
カクテルレセプション用の少しおしゃれなパンツとジャケットを一組もてば、
あとは黒の白のパンツとブラウスとジャケットと靴と帽子かしら?
そうそう日焼け止めクリームも。
今回はアパートメントホテルなので、ティッシュとかも必要だろう。
あとは、薬とドコモの海外での使い方くらいかしら?

 そんなわけで今日の午後はクリニックとドコモに行く予定だった。
ドコモの予約がようやくとれて、三時前に着替えて出かけよとしたら、連れ合いが帰ってきた。
“あ〜〜疲れてた。なんだか胸が苦しい〜〜〜〜〜
最近は二人とも疲れた疲れたと言うことが多くなったが、歳でしょう〜〜〜と言いあっていた。

 “なんだかいつもと違うから、隣のクリニックに行ってくると、すぐに家をでた。
数分して追いかけるようにクリニックに着いたが、彼はもう奥で心電図をとっているところだった。
M先生が“紹介状をもってすぐに大学病院に行ってください、と
なんだかいつもと違ってあせっていらっしゃる。
救急車にしようか、いや近いからタクシーで大丈夫でしょう、と。
すぐにタクシーを呼んで、本人は普通に歩いて一度家にもどって、私はドコモを断ったりして、、、、
ちょっとバタバタ。

 西新宿のT医大病院は、二人とも通いつけているので、四時過ぎての救急受付はわかっていた。
すぐにT先生もかけつけてくださった。

 これからは長く大変だった。
救急センターで何人かの先生方がいろいろ検査をして、最終的に、心臓の検査をすることになった。
三十分ほどで結果がわかりますから、異常がなければ今日お帰りになれるでしょう、、、と、
そんな感じでICUに入ったのは六時半。

a0031363_4151077.jpg


 無機質な病院の廊下で待つこと半時、さらにICUの家族待合室に誘導されて待てどもまてども音沙汰無し。
三時間後の九時半に看護士さんが迎えにきて、ICUに案内された。
なんと、口、鼻、胸、お腹、腕と、手首と何本ものチューブが繋がっている。
なんだか辛そう、、、、。

 担当先生のお話をきいた驚いた。
急性心筋梗塞で、心臓の血管の先の方が詰まっていたという。
図を書いていろいろ説明してくださったが、わからない言葉ばかりでぽか〜〜ん。
このままCCU・ICUに数日いることになるという。
“痛かったよう〜〜〜、と細い声の連れ合いが可愛そう。
血管がなかなかでなくて苦労したらしいが、右手の手首がしっかりとテープでなかれて腕は包帯。
指は腫れてしまって風船みたい。なんだかおかしい。
きっとカテーテルを入れるのを失敗したのだろうと思ったが、今そう言うわけにはいかない。

 普通に話ができているのがなんともありがたい。
ずっとそこに居るわけにはいかないようで、結局夜半遅くに帰途についた。

 しなければいけない事が山ほどあるはずなのに、何からしていいかわからない。
ともかくフランス行きの全てをやめなければいけないだろう。
明日と明後日の二日しかない。

 パリの友人にすぐ電話。
迷惑を沢山かけることになるだろうと思うとたまらない。
本当にもうしわけない。

 その他の事は明日にしよう。
パスカルにもすぐに連絡しなければならないが、今夜は横文字で話す気力がない。
by pretty-bacchus | 2017-06-06 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(0)

雨に強いカメラを首からかけて歩きました
2017年6月5日 月曜日 曇り後雨

 時には雨の夜は静かで良いな、、、、。
新しカメラを首にかけてトボトボと歩く。
カメラもレンズも防水なので、こんな楽しみが増えるのって楽しい。

 フランスでの使用になれるようにあと数日は、少し重くともこちらのカメラで歩くことにしよう。

 サクラギさんに縁台も雨に濡れて雰囲気をましていた。
ついつい入ってしまって、そば割烹のひとときでした。
なかなか良いお店になりましたね、、、、。

a0031363_14582299.jpg

a0031363_14564687.jpg





by pretty-bacchus | 2017-06-05 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

思い切って旅にでることにしました、久しぶりの六月のフランスへ。
2017年6月4日 日曜日 曇りのち時々晴れ

 こんなに悩んだ旅の予定は初めてだった。
行く必要はない、特に行きたいわけでもない。
それでも行っておきたい>>行かねばならない。
としばらく考えた結果、決行することにした。

 それからが大変だった。
パリのいくこさんにお願いして宿はなんとかおさえていただいた。
航空ショウとかいくつものイベントが重なっているパリのホテルは全然とれなかったが、
今風のアパルトマンホテルを抑えてくださった。
今はネットでの予約がほとんどだということで、時代の移りかわりをひしひしと感じている。
行きと帰りの飛行機は全然とれずにJALとすったもんだした。

JALと何回も何時間も電話で話した。
まったく話にならない感じ。会社サイドの変更がいろいろできていて、
顧客のことをあまり
考えていないような気がして、おもわず上席にお話しくださいね、と声をあらげてしまった。

JALの飛行機に乗り始めて五十年。松尾社長の頃からだった。なつかしいですね〜〜〜!
会社をやめてから、すぐにJALグローバルクラブに入ってからそろそろ三十年になる、、、、。
その間だ何十回といやきっと三桁になるだろう、JALで旅をしているのですから、
いまさらANAに変わる気持ちにもなれないし古巣のAFに戻るつもりはないし、、、。

グローバルクラブの意味はどこにもないことになるって、ほんとうに寂しい。
それでは、九日発、二十一日帰りで席を抑えることができた。
ビジネスクラスが満席で、プルミエールエコノミーというのに初めて乗ってみることにした。
初めての経験でなんでも心躍るものだ、、、、。

 久しぶりのフランス。六月のフランスは十年ぶりくらいかしら?
いくこさんにアテンドをお願いしてA6を車で下りブルゴーニュに南端のモルゴンボージョレに
いくことに決めた。
シャトー・ドゥ・ピゼイのパスカルデュフェートルはとっても喜んでくれているようで、
渡仏を決行することにしてよかった!

 久しぶりの旅だし、アパルトマンホテルということは携帯する荷物が少し違ってくるかも知れない。
カメラとSDカードはすでに購入したし、あとは携帯の操作をドコモに聞きに行くことと、
常備薬をいただきにクリニックに行く岳かしら?
そうだ美容院にいって少しカットもしたいし、、、、。
忙しくなりそうだ。

 〜〜〜〜〜〜〜
 六月の旅は七年ぶり。
六月のフランスはなんと2006年以来となる。
PC内をごそごそさがすのではなく、こうしてブログを書き始めてからの旅は、
右サイドバーのカテゴリをプルダウンするとすぐに出てくるので嬉しい。

http://keico.exblog.jp/10902069/
旅立ちの記録(空港で母とあえて)
2010.06.25

http://keico.exblog.jp/10904424/
小さな旅は、人生の旅のほんの一時なのかもしれない
2010年6月25日(金) 続き

http://keico.exblog.jp/20791700/
ロダンの<ラ カテドラル La Cathedrale>が夕日に映えて
2015年1月22日 木曜日 雨

http://keico.exblog.jp/14433660/
コンコルド広場の噴水 & サン・ジェルマン・ロクセロワ教会
2012年1月14日 土曜日 晴

 〜〜〜〜〜〜〜
 須賀神社の夏祭りの太鼓が聞こえる夕方に。

a0031363_15164523.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



by pretty-bacchus | 2017-06-04 23:58 | ♧Journey海外2017PAR巴里 | Trackback | Comments(0)

X-T1よさようなら、X-T2さんこんにちは!
2017年6月3日 土曜日 雨のち曇り

 WBSニュースが伸びていて世界卓球2017女子シングルス準決勝のライブをみてしまった。
準々決勝 平野美宇 vs 馮天薇。
手に汗握る見事な試合で四十八年ぶりの日本のメダルなのだそう。
恐るべし十七歳。

 かたや静の世界では、座ったままの将棋の戦いで、
将棋の最年少プロ棋士藤井聡太四段が、デビュー後の公式戦連勝記録を20に伸ばした。
恐るべし十四歳。

 各界に若い世代の活躍が多くなってきた。
彼らが思いっきり羽ばたけるような大きな社会を作っていかなればならないのだろうが、
今の政治の世界はどうなのだろうか、、、、。
(動と静のあまりにもの違いに、眼だけではなく、頭も右にふったり左にふったりでの観戦で
なんだか疲れてくったくた)

 夕方から急にビックカメラへ。
急な旅立ちに新しいカメラが欲しくなったのです。
数ヶ月前にでた、フジのXシリーズのX-T2.
X-T1の後継機種で<より高機能、より高性能になったフラッグシップ機>といわれ、
さらに相原さんのブログでその機能のすばらしさをいろいろ読んでいたので、
このさい清水の舞台から飛び降りた。
それにIさんに相談したら、X-T1を良い条件で下取りしてもらえるということで、
購入時の箱やバッテリーも持っていって。

 土曜日なのでフジのスタッフがいらして、いろいろうかがっていると、途中に連れ合いから連絡が入って、
急にUさんとの会食にジョインするようにということで急遽そちらに合流。

若いカップルの最近のお仕事のお話は、日本から世界中がつながっている話題で、
Webと飛行機で繋がる世界はますます狭くなりそうです。
それに比べて、ワインナリーの造り手と私のパッショネートな繋がりなんて、
小さいちいさい自己満足にすぎないということを思い知らされました。

 三年使ったX-T1さようなら。 今日からX-T2です。
さっそくにスナップした画像はとてもきれいで満足です。
タグは数が足りないので、Fujifilm X-T1(393)を、
Fujifilm X-T1/T2にしましょう。

a0031363_1941382.jpg
(カウンターのフジの方をノーファインダーでカシャッ〜〜〜〜〜)

a0031363_19424635.jpg
(須賀神社の夏祭りが始まりました)

a0031363_19432174.jpg


by pretty-bacchus | 2017-06-03 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(2)

東京の桜開花は三月二十二日、満開は三十一日だそう
平成29年3月1日(水)  2017年3月1日 曇り後晴れ

 弥生三月となった。
旧暦の読み方は大好き。
睦月 睦月 弥生 卯月 皐月 水無月 文月 葉月 長月 神無月 霜月 師走、、、、。

 そして桜の開花予想がでた。
東京は三月二十二日、満開は三十一日だそう。

 左手の指がまだ全快していないので、今年は重いカメラはむりだろうな。
それでも出かけてしまうだろう、、、な。

 ブログ内のカテゴリーの<✿ฺCherryBlossomさくら桜サクラ>をクリックすると219もある。
この十数年を振り返って涙しているのはなぜだろう。

http://keico.exblog.jp/i28/ 
✿ฺCherryBlossomさくら桜サクラ

a0031363_4165649.jpg
(pm4:00 31 March 2016 at Chidorigafuchi,, Tokyo)

a0031363_4184114.jpg
(pm5:45 31 March 2016 at Tayasumon, Tokyo)


a0031363_6184165.jpg
(2011.04.16 am08:26  根尾村の淡墨桜を訪ねて、2011年4月16日  お社は右側に)


 そして帰りの道でたまらずに動画をトライ!
風の音と車の音が交差してしまったが、、、、



by pretty-bacchus | 2017-03-01 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)

真冬の夕焼け空はなぜか寂しい
2017年1月15日 日曜日 晴

 新潟では昨日も六十センチも雪が積もったという。
昨日がお誕生日のS氏の会はカニ三昧だったようで、いいな〜〜〜!

 夕焼けを見るのが大好き。
一日の終わりを思いながら、反省と感謝を込めてそっと手をあわせる。
思っていたことが全部できたなんていう日はあまりないが、無事にこうして
<その一日>を終われたことに安堵する。

a0031363_1722716.jpg
(暮れてきたので屋上の上ったが、すでに時遅し、、、、)

 西の空に沈み行く夕陽はなにか圧倒的な宇宙の存在に支配されて、私という存在が
一瞬消えてなくなるような感動を覚えることがある。

最後の太陽の紅色と暮れかけゆくグラデーションの一面の空。
この世に存在する色という全ての色が融合し響きあい、地球のすべてを染めあげていく。
心で拝しながらつぶっていた目をあけた瞬間、その大きな太陽はビルの合間に消えてしまったいたときの動揺!
その色彩の残り画は残り香にもなり、混沌としてしばし仁王立ち。

西方浄土とは、そのまた向こうの遠い国なのかしら!
“ケイコチャンの写真は夕陽の写真が多いわね、、、、”て昔母に言われたことがあった。
なぜかこの頃、祖母や父や弟を思うことが多い。

 雪国は今夜も豪雪なのだろうか、、、、。

a0031363_17232152.jpg
(東の空は、、、、)

a0031363_17224532.jpg


a0031363_1720587.jpg


日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時50分  : 日の入 16時51分
  月の出 19時56分  : 月の入 08時34分


by pretty-bacchus | 2017-01-15 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)