タグ:FujiX30,FUJINON4x28-112mmF2.0- ( 246 ) タグの人気記事

月夜の晩に、町の<火の用心若衆>と<ほろ酔い女>
2015年12月28日 月曜日 晴れ

 母からお正月のお餅が五枚届いた。
昔は釜土で何段も大きなお重に餅米をふかし、お餅はおばあちゃんがこねて、若い衆がつく。
長いながい作業板をお台所から裏庭に並べて、つきたてをあんころ餅とごろべ餅にしてすぐにいただき、、、
後は板にしてご近所にお配りしたものだ。 といっても六十年も前のこと!

 お味噌もそれはそれは大きな平たい樽のような器に大量の大豆をいれ、何人もの若い衆が足で践み、
大きな樽にいくつも造って納戸に収納していた。
熟成してくるときの、あのふくよかな香りを今でも忘れられない。
あの熟成香は、葡萄酒が発酵熟成するときの香りと相通じるものがあるのかもしれない、、、と
大きくなって思ったこともある。

 お正月飾りは九飾りも一夜飾りもいけないとされているから、今日あたりが一番あった日のようで、
街は門松であふれていた。

a0031363_5114877.jpg


a0031363_6155032.jpg


 せんだっての新宿伊勢丹脇でスリにあってから、道を一人で歩くのがとても怖くなっている。
銀座や新橋の爆買いバスはもちろん、新宿の歌舞伎町から千代田区の麹町にいたるまでC国のグループのバスが
ひっきりなしに並んでいて、言葉の違う人たち数人とすれ違うのもストレスになっている。
ハンドバックを持つのもやめて、トートバックの中はカードと少しの現金とカメラだけにしたが、
それでも恐怖心はあるので、なるべく一人では歩かないことにしている。

 今夜は、ヒデさんとユタカさんに年末挨拶のダブル夕食で、ほろ酔い気分での夜道の帰路に
大失敗を演じてしまった。
大通りから中の道に入ったので、もう安心ですねと連れ合いはさっさと先に行ってしまった。
私は土手の夜の花と空の月をカシャカシャ、、、。

a0031363_463787.jpg


 遠くから、“火の用心、火の用心〜〜〜”と拍子木の音が聞こえてきた。
あらめずらしや、、、、三栄町とかもっと奥の方では聞こえてきたことがあるが、
中学校のすぐ裏なのに、、、。近づいてきたが逆光で人の顔は見えなかったので、
“ご苦労様〜〜〜お若い方ですか〜〜〜?”と声をかけた。
“はい、四谷の若者三人ですよ〜〜〜”
近くなって、“あ〜〜らオジサン達ではないですか! すみません、こちらもオバサンですが〜〜〜”

a0031363_471694.jpg


 トートバックの中には、シャトー・ドゥ・ピゼイが一本まだはいっていた。
“寒い夜にご苦労様です〜〜〜。世界一美味しいボージョレヌーヴォーですよ。
お帰りになって皆様でどうぞ〜〜〜。
私は酔うとますます気前が良くなる、、、。
(そういえば何年か前には、お寿司屋さんでお隣になった素敵な女性にブローチを褒められて、
さしあげてしまったこともある、バカだ!)

 子供の頃には、火の用心さんが廻ってくると、おばあちゃんはお茶やオチャケを入れたり、
時にはおひねりを包んだりしていましたし、町内にはなかった消防団の寄り合い所をおじいちゃんが
寄付したりでしたので、火の用心さんにはなんだか親近感があるのでしょう。

どうやら新宿区議会と町内会の方のようで、陽気に立ち話をして別れ際に、
“区議さんだったら何人か存じ上げてます〜〜〜Aさんとかオグラさんとか〜〜〜”
“私がオグラです、、、” “え〜〜?”
近づいてみると確かに彼!
“失礼いたしました〜〜〜少し酔ってまして〜〜〜”
(私は少し酔うととっても陽気になってしまうのです)
彼も気がついて、“あ〜〜麻布の先輩のKさんの奥様ですね、、、”
“はい、、、すみません〜〜〜”
平身低頭して三人を見送ったのでした。

別に変な風に酔っているわけではなく、気持ちよく月夜の晩に帰路についているのですが、
日本ではまだまだ(世界中そうかもしれませんが)女性がほろ酔いで歩くのはご法度なのです!

あ〜〜大変、明日あたりは男衆の井戸端会議で噂話になってしまうのでしょう。
人混みもスリも怖いし、火の用心も怖くなりました。
嗚呼!

a0031363_48253.jpg
(左がオグラさん、中は大通りのカフェのお兄さん! 私が学生の頃からあるRという喫茶店)



by pretty-bacchus | 2015-12-28 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

「007コレクターズ エディションボトル」ラグジュアリーウォッカのベルヴェデール
2015年12月26日 土曜日 晴れ Kちゃんと忘年会

 毎週のように手料理を届けてくださるKさんに感謝の宴。
まず三人でお寿司屋さんで夕食。
白ワインで通し、牡蠣、お刺身のあとお寿司を数巻にぎっていただいた。

 女二人は赤坂のバーBへ。
カウンターの上にあったザクロでカクテル。彼女の好きなサンジョヴェーゼの赤ワインをあけていただいて
“今年も一年ありがとう〜〜〜!”
高田さんにもあがって、いただいて、“素敵な時をありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします〜〜〜”

a0031363_472999.jpg
(ザクロのカクテルを)

a0031363_455938.jpg
(ヴィッラヴィーニャマッジオ Villa Vignamaggio のグランドセレクションが今宵の赤ワイン。
バーマン一年生のタカラ君もワインのサービスがとても上手になりました!)

 今夜の話題は、十二月の映画「007」シリーズの24作目となる「007 スペクター」。
高田さんもKさんももう観たという。
目の前には、映画を記念して数量限定で販売された
ラグジュアリーウォッカのBELVEDERE(ベルヴェデール)の「007コレクターズ エディションボトル」。
ダブルオーセヴンの象徴的なロゴとブラックオクトパスの紋章が描かれている。
ボトル中央奥の覗き窓(銃口柄)にはベルヴェデール宮殿が描かれている。
なんともクールなボトルに頬ずりだけして、お預け。
強いお酒はドクターストップなのです。

 ジェームズ・ボンドがウォッカ・マティーニを頼むときの有名な台詞は、
“Shaken, not stirred” (ステアではなくシェイクで)。ワタシも言ってみたいな!
 
 シンデレラタイムぎりぎりにご帰還となりました。

a0031363_484041.jpg
(「007 スペクター」のスペシャルエディションです)

a0031363_4101344.jpg

a0031363_4105750.jpg

a0031363_4115730.jpg


a0031363_4285111.jpg


a0031363_430382.jpg



 今年も一年ありがとうございました。

a0031363_4313592.jpg
(高田さんと、ブログ初登場のタカラ君)



by pretty-bacchus | 2015-12-26 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

十三夜の凍れる夜はレクロで鰤シャブでした
2015年12月25日 金曜日 晴れ 望月

 Kさんからなんともキザな確認メールが届いたのは、、、、、。
敬子姉様、
明日の宴にご参加願うことになりまして誠にありがとうございます。
麻布学園卒業生全員になりかわりまして、厚く御礼申し上げます。 

宴の説明をここに簡単にご説明申し上げます。
(1)時間:午後7時に当社オフイスにお着きいただきたく存じます。
(2)当社オフイスの住所は、〒102-
東京都千代田区平河町○○○、携帯電話番号は090-○○○○
でございます。
(3)参ります小料理屋は「△魚」で当社ビルの隣です。

この料亭?にて、当店自慢の「鰤シャブ」をいただくという趣向です。
そこに敬子姉さまのとこから特別分けていただいたフランスの高級White Wine を持ち込んで、
皆様で飲んじゃおうという仕掛けです。
勿論「鰤シャブを食べるんだったらやっぱ日本酒がええ、、、」なんてなことを仰る向きには
ちゃーんと当店には用意してございますのでご心配は無用です。
是非是非みなさまと楽しい宴になることをお祈り申し上げ、これにてご挨拶とさせていただきます。YK


 ま〜〜なんと楽しい!
連れ合いの後輩で国際的に活躍なさっている方。
二昔前までは、こんな風な志向のワイン会を年に何度もしたのに、このところは
とんとお招きも招かれる会も少なくなってしまっている。

 彼はバツイチで今はお一人なので、赤いバラをおみやげに持ってもいかれない。(フランスではないので、、)
代わりに冷やしておいたシャブリの最高級のレクロを抱えてでかけた。

 十三夜の月が御所の森から昇り始めた頃、凍れる月影がなんとも美しい!
新しいお住まいで半時をアペリティフで過ごして、お隣の和食屋さんへ。
“今年もお世話になりました〜〜〜乾杯!”
突き出しやお刺身のあとに、ご自慢の鰤しゃぶ。
なんと五人でシャブリフルショーム三本とレクロ一本をあけてしまったのでした。

 Kさん、ありがとうございました。
早く素敵な方を見つけて下さいね、、、と最後の乾杯!

a0031363_65916.jpg


 すてきなクリスマスとなりました。
月は西に傾いて、、、、ビルの影に。
街灯にわずかに見える山茶花が葉のあいだから恨めしそうにこちらを見ていました。
“サザンカさん〜〜なに怒っているの〜〜〜?いや〜〜ね〜〜ワタシ酔ってますかしら?

隣で連れ合いが“真夜中になに独り言いってるの〜〜? 久しぶりに酔ってますね〜〜!”
“メリークリス〜マス!!”

a0031363_72433.jpg


 〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時48分  : 日の入 16時34分
  月の出 16時39分  : 月の入 06時01分


by pretty-bacchus | 2015-12-25 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

師走の街を母と手をつないて歩きました
2015年12月24日 木曜日 曇り後晴れ 

 お昼に母と一緒にお寿司屋さんへ。
一通りいただいたのに、さらに二巻もたべてもうビックリ。

 冷たい手をつないで少し一緒にあるいた。
どうして手袋をしないの、、、、って聞いたら、
“いつも車ですし、ケイコチャンのイタリア土産の革の手袋はタンスにしまってありますね、、、と。
昔の人はそうなのね〜〜〜。

 来年は年女の母は九十六歳になる。
池坊のお家元からお電話をいただき、お正月の五日に年女としてお祝いの席にでることになったという。
全国で四百人いらっしゃるそうで、関東では母を含めて三人だけとのことで、母はとても喜んでいる。

“新しいお洒落な眼鏡がほしいですね〜〜〜”ということで早速につくりに来た。
アサクラ眼鏡の山中さんがわざわざ出てくださり検眼をしてくださった。
今風の少し細長のフレームを選んでご満悦の母。

 東京駅まで送って手を振って別れた。
来年も再来年もその次もずっと元気でいて欲しいと、、、そっと目頭をおさえたクリスマスイヴ。

a0031363_54451100.jpg

(日没前のほんの一瞬遠くの空が燃えた、、、、)

a0031363_5451135.jpg






by pretty-bacchus | 2015-12-24 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

冬の花の山茶花に力をいただいて
2015年12月23日 水曜日 雨 天皇誕生日。

 今日は天皇誕生日。
天皇陛下の誕生日にあたってのお言葉は平和の尊さを訴えていらした。
一言一言を噛みしめて、、、、。

 久しぶりに寒い冬らしい一日。
那覇では真夏日の26度、富良野ではマイナス21度とか。日本の北と南では、なんと五十度弱も気温が違うのだ。

 いよいよあと十日。
なにもあせる必要はないのに、どうしてこう気ぜわしいのだろう、、、、。

 毎年必ずすることは、大掃除をはしょっても、この一年間、食の歓びをいただいたお店に
ご挨拶かたがたうかがうのだが、どうやら今年は全部はまわれそうもない。

 疲れ果てて夜の道を家路のむかうと宵闇の中に光る花色。
パーキングへのエントランスにサザンカがおいでおいでをしていた。
この季節は私が主役よとも言いたげに凛として輝く姿はなんともいい!

       山茶花の こぼれつぐなり 夜も見ゆ   加藤楸邨

a0031363_1656209.jpg


a0031363_16564165.jpg


by pretty-bacchus | 2015-12-23 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)

冬至の日にはカボチャとゆず湯で幼い頃を想いだし
2015年12月22日 火曜日 冬至 ゆず湯

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 06時47分  : 日の入 16時32分

 温かい冬至。真冬なのに土手には新芽がでてきたりしている、、、。

a0031363_2132511.jpg
(黄葉したアセビの葉のしたに、四つ葉のクローヴァー?)

 冬至(winter solstice)は二十四節気の第二十二。
北半球ではこの日が一年のうちで日の出から日没までの時間が短い。
  夏至:日の出4時26分、日の入り19時01分
    冬至:日の出6時47分、日の入り16時32分
夏至の方が 2時間21分も早く日の出を迎え、冬至の方が 2時間29分も早く日の入りなのだそうで、
この差を合計すると4時間50分となり、東京では、冬至の昼の方がこれだけ短いと
ということになる。
もっと北の地域では、24時間も差が出てきて、夏至の<白夜>となるわけだ。

この日かぼちゃを食べると一年中お小遣いに困らないといわれ、おふろは柚子湯に入っておくと
一年中病気にかからないといわれ、子供の頃から大好きなお風呂!
五月五日の菖蒲湯も好きだったな、、、、。

http://keico.exblog.jp/9298669/
2009年11月22日 日曜日 曇り後?
レモン、ゆず、イタリアンパセリ、バジル、ローリエ・月桂樹、ローズマリー、そしてチコリの花、ハヤト瓜

 冬至に撮った写真はあまりないが、夏至の日にはいろいろ記録があった。
パリでも夜にその日を愛でて人が出歩いているのを見たことがある。

http://keico.exblog.jp/19927300/
2014年6月22日 日曜日 雨のち曇り少し太陽が その一
1996年6月21日 夏至の日のパリ、セーヌ河畔

a0031363_4224299.jpg
(21 June 1996, Le soleil couchant dans la Seine au solstice de l'été )

a0031363_429048.jpg
(セーヌ河畔はすごい人だった)

a0031363_4295828.jpg
(ノートルダムの向こうに夕陽は沈みゆく、、、)

a0031363_431458.jpg


a0031363_4303361.jpg


 富岡八幡宮の提灯やのぼりがたって、御神輿が鎮座ましていた船を撮った、その翌日が夏至だったのだ。
http://keico.exblog.jp/19854952/
2014年5月31日 土曜日 晴れ その一
1996年6月20日のパリ、セーヌ河をいくJAPAN丸には富岡八幡宮の御神輿が鎮座まし!

http://keico.exblog.jp/8460185/
2009年6月21日 日曜日 雨のち曇り
プラス ドゥ ヴォージュの三ツ星レストラン、ランブロワジー
 
 その極めつけの沈まぬ太陽を愛でに、北欧の旅をしたのはもう二十年前になる。
ノルウェーは何度かいったことがあり、1995年には南のスタヴァガーから、船とバスを駆使して
フィヨルドを巡り、トゥロムソで世界遺産の木造建築のぬくもりに手を触れ、
飛行機で北までとんでノールキャップの沈まぬ太陽を拝した旅をしたのでした。
a0031363_148465.png

a0031363_2443340.jpg
(Alesund)

a0031363_245186.jpg
(04July 1995 ノールキャップで沈まぬ太陽を拝す)

http://keico.exblog.jp/i66/
2014年6月21日 土曜日 曇り
夏至の東京と北欧ノールキャップの沈まぬ太陽

http://keico.exblog.jp/12508218/
2011年5月1日 日曜日 曇り後雨、風強し
<聴きたくてグリーク&シベリウス>のCDカヴァーの写真

http://keico.exblog.jp/19861610/
2014年6月1日 日曜日 晴れ
1995年のパリ、英国、北欧、ヴェローナ、ヴェネツィア、ボルドー

(04July 1995 ノールキャップで沈まぬ太陽を拝す)

a0031363_0494413.jpg


a0031363_1462629.jpg


http://keico.exblog.jp/19923614/
2014年6月21日 土曜日 曇り
夏至の東京と北欧ノールキャップの沈まぬ太陽

a0031363_6311238.jpg
(ブログ初公開の、19950701北欧トナカイの村)

http://keico.exblog.jp/19724312/
2014年4月26日 土曜日 晴れ
新緑の風をうけグリークを聴きながら、友よありがとう!

http://keico.exblog.jp/19969251/
2014年7月3日 木曜日 曇りのち、、
★OldPhoto銀塩写真のデータ化=ノルウェーの海とカモメと丘の白い花

http://keico.exblog.jp/20704760/
2015年1月10日 土曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化>1995年のノルウェー縦断の旅

http://keico.exblog.jp/20726193/
2015年1月14日 水曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化>1995年のノルウェー縦断の旅の最初の一本



 若い時にたくさん旅をしておいてよかった、とつくづく思っている。

  〜〜〜〜〜〜 写真をクリックすると大きくなります 〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/20688961/
2015年1月8日 木曜日 晴れ
のんたんさんに誘われて二十年前のノルウェーを

http://keico.exblog.jp/20704760/
2015年1月10日 土曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化>1995年のノルウェー縦断の旅

http://keico.exblog.jp/20719530/
2015年1月13日 火曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化>1995年のノルウェーとアルベロベッロそして巴里

http://keico.exblog.jp/20726193/
2015年1月14日 水曜日 晴れ
★OldPhoto銀塩写真のデータ化>1995年のノルウェー縦断の旅の最初の一本

 冬至の日は 「極夜」で、この時期には オーロラが最も綺麗に長く見られるのだそう。そういえば、
去年の十二月のパリへの旅では、窓から緑のオーロラを楽しむことができた。

 四月にも六月にも予定をキャンセルしたので、暮れは一緒にパリの宵をと思っていたが、
治安が悪くやめることにした。 ちょっと残念だな、、、、。

a0031363_21252852.gif
http://keico.exblog.jp/20497010
2014年12月9日 火曜日 家を出発十二時
厳冬のパリに着きました、、、

a0031363_20565765.jpg
(尾翼の後方に月が! エンジンが時々光る、、、)

a0031363_20575769.jpg
(遠くに雲のようにたなびいているのがオーロラなのだそう、、、、)



by pretty-bacchus | 2015-12-22 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)

あんこう、くえ、ふぐ、冬の味覚は今真っ盛り
平成27年12月21日(月) 2015年12月21日 

 高級魚のあんこう、くえ、ふぐ、と冬の味覚は今真っ盛り。
高級和食屋さんでは目の飛び出るほどだが、巷の<魚や和食屋>さんでは、信じられない優しいお値段で供して下さる。
ありがたいことだ。

 鱗がとられたクエを持ち上げて魅せてくれる豊さん。
いつもありがとうございます。

a0031363_0425846.jpg


by pretty-bacchus | 2015-12-21 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

究極の下仁田葱をいただきました
2015年12月20日 日曜日 晴れ

 今年もT御大から下仁田葱をお送りいただいた。
なにしろ美味しい!
スーパーでいろいろ買ってみているし、二十年ほど前に下仁田葱の産地も訪ねたことがあるが、
これほど美味しいのにあったことはない。
なんでもTさんのお知り合いが作っている<作品>のようで、土壌が違うのだそうだ。
お礼の電話をしながら、“土壌に由来して美味しいって、ロマネコンティのようですね〜〜〜”と!

a0031363_034646.jpg
(このカタログの農家ではないのです、、、、)

a0031363_055279.jpg
(色の写りがおかしい、、、、)

a0031363_07496.jpg

今年は一度もお目にかかれなかったが来春の再会を約した。
八十半ばにおなりになる、ダンディーな御大は年上の素敵な友人。
日比谷高校から東京工大に進み、奥様のお父上のある会社の社長さんで、いまは会長。
いまだにゴルフやテニスを楽しんでいらっしゃる。

神田の昔のただづまいの一角の隠れ食道?や甘み屋、三社祭の奥の億、浅草の奥の院の素敵さを
いろいろ教えてくださって、何度もご一緒させていただいている。

http://keico.exblog.jp/7123842
2008年5月18日 日曜日 晴れ浅草神社の浅草三社祭と浅草見番での「くみ踊り」

http://keico.exblog.jp/7594199/
2008年10月21日 火曜日 晴れ
神田淡路町界隈と浅草吉原の最期のお茶屋さん
a0031363_153454100.jpg
(陰影礼賛の世界の50年前のお茶屋さんの一部屋)

http://keico.exblog.jp/9262462
2009年11月16日、月曜日 曇り浅草の釜飯やさん、浅草寺、そして、、、

 あるお宅の最後の写真撮りをお手伝いした数寄屋造りの古い館も今はオーナーが代わり馬肉やさんとか。
昭和平成の最後の生粋の浅草芸者といわれた<みな子姐さん>も数年前に彼岸に旅立ってしまった。
年々歳々花相似 歳々年々人不同 ! 嗚呼!

http://keico.exblog.jp/10730598/
2010年5月31日 月曜日 晴れ
芸一筋90年を生き抜いた最後の現役芸者みな子お姐さんが亡くなった。

 一度お姐さんの芸を皆さんに見ていただきましょう、、、とTさんがおっしゃってくださって実現した、
みな子お姐さんの「華より花」の出版お祝いということで、八重子さん、岡本さん、連れ合いも一緒に
お招きを受けた。

keico.exblog.jp/8616496
2009年7月10日 金曜日 曇りみな子お姐さんの「華より花」の出版お祝い=前章

「吉原の芸者は器量が良くて売るんじゃない、芸で売るのだ。
「芸は打っても身はうらぬ」
花魁と芸者の区別が付かない所はたくさんあったが、吉原はきっちり分かれていて、
厳然たるしきたりがあったのだという。
それを厳と貫いて、江戸から受け継いだ日本の芸を大正初期から学び、今に伝えて
現役で芸の師匠をして女芸道をかっ歩していたのだ。
(本物の芸者は、吉原芸者で、赤坂でも新橋でも、神楽坂でもないといってらした。)
芸一筋に生き、戦中、戦後から現在に至る吉原の栄枯盛衰を“最後の吉原芸者”として見つめてきた姿が、
ご著書『華より花』にはいっぱい詰まっている。

「今が一番幸せ」が、みなこ姐さんの口癖だった。
人を楽しませて、ご自分もシアワセと、それが生き甲斐だったのだろう。
最後にお目にかかったのは、2010年の二月だった。
「桜なべ中江別館 金村」で、それはそれは楽しく桜鍋をご一緒させていただいた。
吉原の大門近くに最後まで残ったお茶屋&料亭「金村」は、人の手に渡ったが、Tさんのコーディネートで
見事に甦っている。

http://keico.exblog.jp/10015808
2010年2月19日 金曜日 晴れ 春の宵は新装なった「金村」で桜鍋
a0031363_1484644.jpg (みな子おねえさんと、鼓の二三松さんと豊??さんで記念写真。
豊??さんの今日のネクタイは、桜色のエルメスで、馬の柄!
馬肉の桜なべ屋さんのお食事にあわせていらっしゃるとは、なんともお洒落ですね〜〜〜)

a0031363_1492238.jpg (89才とはどうしても思えぬお元気さと姿勢!)


 夕陽が遠くの西の空を染める頃、、、、少し早めの夕食は、いただいた下仁田葱で<すき焼き>。
美味しい〜〜〜!

ありがとうございました。


by pretty-bacchus | 2015-12-20 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

S子さんお誕生日おめでとうございます!
2015年12月19日 土曜日 晴れ

 遅い目覚め、、、、、、少しお寝坊をして、ふらふらとリヴィングルームへ。
借景の冬の木々が輝いていた。、きれいな光だ。
寝室とは違う角度にあるからこうしてこないと見られない借景!
グッドモーニング!

a0031363_21515730.jpg


 お昼はS子さんの三日早い誕生日の会。
土曜日のお昼にしたので、行きつけのお寿司やさんが四人の貸し切りにしてくださった。
昼に来ることはあまりないので、近くの公園の黄葉を楽しんだりして半時を待った。

a0031363_1835168.jpg
(三栄町公園は黄葉がひらひらと、、、)

a0031363_18355797.jpg
(細い道の反対側のビルのガラス窓にはリフレクションの秋の色が!)

a0031363_18384233.jpg
(午後一番の太陽は、ほんの十センチほどの壁灯と電線をこんなに長い影につくりあげる)

 秀さんは、今週は仏事もあり疲れ切っているはずなのに手を抜かずにいくつものお料理をつくって下さり、
最後は一人十巻のお任せで〆。
お昼なのでシャンパンはさすがにやめて、月初めに入ったシャブリ2014年の試飲?とレクロ2012!

a0031363_18414173.jpg
(三つ目の突き出しは本鮪の赤身のずけ。二本目のシャブリレクロにもあって美味!)

 来年の抱負を語る彼女は熟年の魅力一杯!
おとなりでそれを嬉しそうにみている彼も素敵!
一緒に頑張りましょうね、、、、と杯が進んで、感謝の午後でした。

#IMAGE|a0031363_18405658.jpg|201512/21/63/|mid|1004|670#](素敵なお二人!)










by pretty-bacchus | 2015-12-19 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

<ヤフーが一休コムをTOBで買収、1000億>のニュースにビックリポン!
2015年12月17日 木曜日 曇り

<ヤフーが一休コムをTOBで買収、1000億>のニュースにビックリポン!
ヤフーが一休を完全子会社化するためTOBを実施し、12月16日から来年の2月3日にかけて
株式の買い付けをし、一休の全株式を取得する予定だという。

 ホテル&旅館の予約サイトの一休.comは立ち上がってから、たしかまだ十年もたっていないと思う。
友人Kさんの知りあいが、新しい予約のシステムを作るということで、JTBとか阪急とかの大手があるのに、
いまさらそんなことが出来るのだろうかと話したことがあった。
高級店に特化してレストランやホテルを一軒一軒廻って、その可能性を説いてまわって
積極的に店舗開拓を進めたそうで、今や、国内における飲食店予約サービスの中心的存在となっている。

ヤフーも「Yahoo!予約 飲食店」を展開しているが、中級のレストランが多いのだそうで、
高級旅館とかに営業をしても、一休さんと契約していますからと断られてしまうのだとか。

一休が持つノウハウや店舗とのコネクションは、ヤフーにとってホテル&レストランの予約サービス
を拡大する上で重要になるとヤフーが判断したというのだが、その本当の狙いとは一隊
何なのだろうか?
と、昔のホテル関係の友人達は首をかしげている。

IT業界の若い世代には、私たち<むかし若かった>世代の者には、とうていわからないことが多すぎる。

a0031363_2258541.jpg曇り日の土手の道は、曇り日のように、、、、、、

a0031363_22594062.jpg
(ほんとうに彼岸花の葉なのだろうか? だんだん大きくなってきて、、、)

a0031363_230725.jpg
(下水の風に引き寄せられるのだろうか、、、、? 落ち葉が時々ひらひらしている、、、)



by pretty-bacchus | 2015-12-17 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)