タグ:FujiX30,FUJINON4x28-112mmF2.0- ( 246 ) タグの人気記事

週末はシャトー・ドゥ・ティルガンの赤ワイン2012年の試飲
2017年3月18日 土曜日 晴れ

 一昨日電信柱に打った額の下の目尻がどうやら内出血をおこしているようで色が変わってきてクマになり、
眼が小さくなって下がってきてしまった。
あまりの瘤に驚いて、昨日近くのホームドクターに診ていただいた。
“まあ、、、脳みそが一杯詰まった頭が重かったのでしょう、、、などとおっしゃっているが、
いえいえ実は太りすぎで、時には体のバランスをこわすのかも知れないのでしょう、、、。
今週は眼科の予約もあるので、それまで待てるかしら?
子供の頃には、“タンコブができた〜〜〜って、ガキ大将がよく泣いていたのを思い出している。

 それにしても回りに転倒の多く話はつきない。
八十四歳のT御大は、まだまだご健在で会社の会長さんもなさり、お休みはテニスにゴルフなのだが、
せんだって雨があがった秋葉原の交差点を渡っていて、横断歩道の白いラインがきらりと光ったら
つるりと滑ったそう。
横になって車道に滑り出されてしまったら、目の前に大きなトラックが急ブレーキで停車? 
運転手さんがすぐにおりてきてくれて抱き起こしてくれて、回りの人たちが拍手だっとのこと。
良かったですね〜〜〜!

この話をせんだってKチャンにしていたら、彼女も数ヶ月前にマンホールにちょっとつっかかって前に倒れて
顔面をうってしまったとのこと。若い彼女でもそうなのだから、私たち老年はもっと気をつけた方が
よいのでしょうね。
Iさんは打撲時の傷が、整形医の不埒さで血腫がやがて壊死にいたって大変な思いをなされてしまっている。
感染症を避けるためずっと抗生剤を服用なさっているのも辛いことでしょう。

a0031363_19592921.jpg
(ガラス越しに、ベランダのエニシダは今を盛りか?)

 せんだってのChateau de Tiregand <ベルジュラック ブラン2016>に続いて、
先週フランスから入ったワインの試飲?
試飲といっても以前のように何人もお招きして試飲会をすることはなくなったので、
それぞれのワインを長いこと愛飲してくださっている友人と一緒にいただく感じ。

a0031363_2013571.jpg


 優しい芳香が立ち上り、ふわっと口の中に広がるブーケは優しく重厚な味わい。
このメルローの優しさとカベルネソーヴィニヨンの味わいがなんともいえない。
(シャトー・ドゥ・ティルガンの赤はA.O.C. PECHARMANTだが、ボルドー右岸のワインに近い品種で造られ、
メルロー54%、カベルネソーヴィニヨン23%、カベルネフラン18%、マルベック5%)

ヴィンテージ2012年 は、Cuvée Grand Millésime と共に パリの農業博のコンペで銅賞受賞に輝いている。
(ヴィンテージ2011年 Cuvée Grand Millésime と共に パリのコンペで金賞受賞)

a0031363_2034924.jpg

十二世紀にまで歴史をさかのぼる八十数ヘクタールの城内で、フランスのエコ栽培を初期から取り入れて
有機栽培で葡萄や農作物がつくられ、一ヘクタール当たりの生産量を少なく抑えて丁寧に育てられた葡萄は、
もちろん手摘みされ、丁寧に醸造されて良質のワインが造り出されている。

白、赤とも新しいヴィンテージが20ケース限定で毎年日本に入ってくる。
サンテグジュペリ伯爵とのおつきあいもすでに二十数年になる。
ありがたいことで感謝している。

http://keico.exblog.jp/23729613/
2017年3月16日 木曜日 曇り
ベルジュラック ブラン2016と春野菜と桜エビとそら豆の土鍋炊込飯 


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2005年には、伯爵を、私の<ペリゴール地方写真展「ドルドーニュ・ペリゴールへのいざない
−魅力あふれるフランスの地方を めぐるno.1」2005年1月11日〜28日 日仏会館にて開催
に日本へお招きした。

日仏会館・日仏協会
http://keico.exblog.jp/i20/
◉PhotoExpo写真展東京奈良Jan

http://keico.exblog.jp/1586550/
2005.01.25
満月に フランスより着きし王子様
a0031363_305288.jpg

日仏会館の理事の吉田寿々子さん、生野理事、サンテグジュペリ氏、菊池丘さん

http://keico.exblog.jp/1602681/
2005.01.30 奈良にて
サンテグジュペリ伯爵をお招きして奈良での写真展

http://keico.exblog.jp/1621254/
2005.01.30
サンテグジュペリ伯爵をお招きして奈良日仏協会写真展

by pretty-bacchus | 2017-03-18 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

素敵な女性とのお食事って幸せですね〜〜〜!
2017年3月17日 金曜日 晴れ Kちゃんと

 久しぶりに阿川佐和子さんにお目にかかった。
“何年ぶりでしょう〜〜〜! って、握手をしながら抱き合ってしまったような感じ。
ご活躍のご様子を嬉しく思っていたので、この再会はとっても嬉しい!

 Kちゃんとも久しぶりのお食事。
つもる話に花をそえてくれたのはもちろんお料理とワイン。
ありがとうございました。

a0031363_1722031.jpg
( 近所の小径にも春の訪れが)

by pretty-bacchus | 2017-03-17 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

ベルジュラック ブラン2016と春野菜と桜エビとそら豆の土鍋炊込飯 
2017年3月16日 木曜日 曇り

 ベランダにやってきた春の花たちはしっくりと自分の場所をつくりはじめている。
寄せ植えには、
と立て札がたっていて、小さなバケツがさがっていてなんとも可愛い。

a0031363_23245281.jpg


#IMAGE|a0031363_23255317.jpg|201703/18/63/|mid|860|573#]

a0031363_23241838.jpg


 近くの小料理やさんにも春がやってきていて、Sさんと一緒にお招きされた。
旬の食材で綴られるお料理は目にも舌にも嬉しい初物尽くしの春の装い。
びっしりと卵を蓄えた飯蛸や香り高い桜海老、ほくほくの筍焼きなどなど。
最後の仕上げは武川の新米土鍋炊込飯で今夜は桜エビとそら豆。

a0031363_161047.jpg


a0031363_1625084.jpg


 ワインは先週フランスから船が入って、サンテグジュペリ伯爵が精魂込めて造った
シャトー・ドゥ・ティルガンのソーヴィニヨンブラン2016とパリの農業博で賞をとっている
メルローの香り高い赤2012。

a0031363_164673.jpg


a0031363_16142042.jpg


 「シャトー・ドゥ・ティルガン」はコンテス・ドゥ・フランソワ=クサヴィエ・ド・サンテグジュペリ
Francois-Xavierde Saint-Exuperyがオーナーのワイナリー。
伝説的飛行家で作家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ「星の王子様」の作者を生んだ伯爵家の一族で、
ベルジュラック地方のワインの造りのリーダーでもあり、歴史と伝統に支えられた家族が一丸となり、
フランスワイン文化を世界に発信している。

 十二世紀にまで歴史をさかのぼる八十数ヘクタールの城内で、有機栽培で葡萄や農作物がつくっていて、
一ヘクタール当たりの生産量を少なく抑えて丁寧に育てられた葡萄は手摘みされ、丁寧に醸造されて
良質のワインが造り出されている。
 
フランスのエコ有機栽培の先端をになっているこの造り手は、なんと十三年前に白ワイン用の葡萄をすべてを
抜いてしまった。土地の改良をし、新しい葡萄を植えて、化学肥料などは一才使わない葡萄造りに励み、
それから八年後にその成果が実り、2011年がファーストヴィンテージ。
2016年は六回目のヴィンテージとなり、ロバートパーカー氏も絶賛している新星ベルジュラック ブラン。
生産量がすくないので、日本には240本しか入ってこないので、昔からのティルガンファンの
ほんの十数人だけの喉を潤すだけ!

a0031363_1655864.jpg


 少し遅くにとても素敵な女性のお一人さんがいらして賑やかになった。
このお店は一流のお料理をだすが、九時過ぎはバータイムになって季節の味を楽しみながらお酒を飲めるので
常連さんが通われるという。
ソムリエの資格をもつオーナー板長さんと、日本酒の利き酒士の女将との会話もまたご馳走なのだろう。

a0031363_1685942.jpg
(イイ飲みっぷりですね〜〜! カウンターにおかれたワインをマクロで撮っていて、
そのままカメラを左にふってカシャッ〜〜〜!)

a0031363_1692762.jpg
(最後はご相伴で一緒に試飲をおねがいして、初ヴィンテージで乾杯!、、、、ありがとうございました!)

 春の宵を満喫してお店の十段の階段を上ったところの低い段差に足をとられたようで、
目の前の太いコンクリートの電信柱に激突、その勢いで後ろに倒れて仰向けに。
少し坂になっている路上にしばし横になってしまい唖然!
頭はうたなかったようだが、額にこぶができたよう、、、。


by pretty-bacchus | 2017-03-16 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)

寒い午後に悲しい知らせが着きました
2017年3月14日 火曜日 小雨のち曇り

 寒い一日だった。
北の国ではまた雪がやってきているという。シカゴ、ニューヨークでも大雪とか。

a0031363_074333.jpg


 下の弟の奥さんが亡くなった。五十九歳だった。
二年前に胃がんの手術をした後、元気になったのだが去年に再発。
今年になって何度かの危機を乗り越えていた。

 一昨日元気な話していたというのに、ガンの最後はこんなふうなのだという。
遠くにいたので長い間会っていないが、最後にあったのは十年前のお正月であった。
二人の娘は大学一年生と四年生。
お母さんに最後にあえたのは下の子の和奈ちゃんだったようで、ゆみこちゃんはまにあわなかったよう。
“パパ怖いよう〜〜怖いよう〜〜”と電話口で泣いていたと話す弟の声も声になっていなかった。
心から冥福を祈ろう。

 (ブログに残っている十二年前の写真があった。
イタリアに出発する私を空港で母と一緒に送ってくれたときのスナップ)

http://keico.exblog.jp/2324633/
2005.10.15
新しきことの初めの秋きたり(母に送られて出発)

a0031363_016186.jpg


a0031363_2351515.jpg


 ベランダにやってきた春の花も寒そうな一日だった。
ガラス越しにいろいろ考えて、、、、の午後。

a0031363_064967.jpg


a0031363_074333.jpg



More>>>
by pretty-bacchus | 2017-03-14 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

東日本巨大地震の六年目の日に悲喜こもごもの思いを込めて
2017年3月11日 土曜日 晴れ 

 青空に白い雲がきれいな朝だった。

今日は、六年前に東日本大震災が起きた日。
まだ千人以上の行方不明者がいるというし、多くの問題がのこっているという。
午後2時46分に黙祷。

a0031363_033475.jpg
(土手の桜の芽を出し始めて、、、、)

 その日は乳癌手術から生還して十八日しかたっておらず、
東京で地震に巻き込まれた九十歳をすぎた母を助けに行かれずに、
母は三越のソファーで一晩を送った日だった。
この日前後のブログを見るとお見舞いにいただいたバラの花などが多いのはアイロニーだ!

http://keico.exblog.jp/12257860/
平成23年3月11日(金)
東北地方太平洋沖地震は史上最大のマグニチュード8.8

http://keico.exblog.jp/12262979/
2011年3月11日 金曜日
東北地方太平洋沖地震>>東日本巨大地震の日に

http://keico.exblog.jp/12267950/
2011年3月12日 土曜日 晴
東北地方太平洋沖地震>>東日本巨大地震の翌日に
a0031363_23314581.jpg



http://keico.exblog.jp/12272557/
2011年3月14日 月曜日 曇り
M9.0世界最大級の東北関東大震災は四日目に

http://keico.exblog.jp/12277124/
2011年3月15日 火曜日 曇り
東北関東大震災は千年に一度の大惨事

http://keico.exblog.jp/12280929/
平成23年3月16日(水) 晴れたり曇ったり
東日本大地震から六日目、手術から二十三日目

http://keico.exblog.jp/23694855/
平成29年3月1日(水)  2017年3月1日 曇り後晴れ
東京の桜開花は三月二十二日、満開は三十一日だそう

 そして桜好きの私に素敵な贈り物が届いた。
イタリアのスプマンテのロゼ。金色の桜の花びらがきれいな桜色の箱がなんとも可愛い!
いくつもの賞をとった発泡酒のようで、さてどなたとどこで杯をあげましょうかね〜〜〜〜。

 東京の桜の開花は22日にようで、その日はどこを予約しましょうか、、、、フレンチ、イタリアン、
和食、あるいは? 
最近は持ち込みオーケーのお店が増えたので楽しみです。

a0031363_0431067.jpg


 そして、熊本のアサリのカラは?

#IMAGE|a0031363_12192.jpg|201703/13/63/|mid|900|599#]

a0031363_0543482.jpg


#IMAGE|a0031363_0564758.jpg|201703/13/63/|mid|900|600#]

by pretty-bacchus | 2017-03-11 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

和風お出しで野菜煮スープ、夜は神楽坂の大川やさんへ
2017年3月7日 火曜日 曇り後小雨 大川やさん

 二日続けて朝の空が暗いとなんだかとても憂鬱になってくる。

セブンミールからお野菜がいろいろ着くので、最近は和風野菜煮スープを作ることが多くなった。
キャベツ、人参、大根、タマネギ、しめじ、椎茸などなど。味付けは、友人が送ってくれる老舗の
八木長さんの市販されていない特製だしのもと。これがピュアーでなかなかいい!(でも手に入れにくいし、
とっても高価!)
それが切れてしまったときは、茅乃舎の玉葱や人参、セロリ、にんにくなど国産野菜五種のみじん切りの
ミックス<野菜だし>のもと。化学調味料、保存料無添加で、野菜のうまみとコクがたっぷりの一品。

あるいは本枯れ節、鮪節、焼きアナゴ、利尻昆布の<極みだし>。黒こしょうもいれて、
あとはわずかに濃い口醤油とお酒も少々。
なんともまろやかで美味しいお味になって気に入っている。
そんなわけで、最近は朝の生野菜はすっかりやめてしまった。
(左手が痛いので、マナイタ作業がダメからなのかも知れないが)

 お蕎麦を数日いただいていない。パスタ類は家でも楽しんでいるが、打ちたての蕎麦はソバ屋がいい!
近くのお蕎麦屋さんは団体が入ると騒がしくなるのでお知らせします、とメールをくださるようになった。
今夜もお子様づれの人数が多いようで断念。

 久しぶりにタクシーに乗って神楽坂の大川やさんへ。
「手打ち蕎麦 大川や」は、昨年秋に九段から神楽坂に移って、しっかりとそのポジションを築いている。
急だったので、大川さんおすすめのコース料理ではなく、アラカルトでいろいろいただいた。
カウンターで最後は私たち二人になったので、お料理のこと、そば処の事など
お話ししながらの一時をすごした。
この満足感はなんなのだろう!

ありがとうございました。

http://keico.exblog.jp/23036782/
2016年7月20日 水曜日 曇りのち小雨 歯医者さん、大川やさん
大川英児さんの蕎麦処<大川や>が神楽坂に新しいお店を!

a0031363_149585.jpg


a0031363_1483260.jpg
(一階には小さな出窓があっ、外からの素敵な雰囲気が)



by pretty-bacchus | 2017-03-07 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(6)

五週間ぶりにヒデさんが仕事場に復帰した!
2017年3月6日 月曜日 曇りのち雨

 寒い一日だった。
借景の木々も震えているようだった。

a0031363_15572486.jpg


 五週間ぶりにヒデさんが仕事場に復帰した!
<鼻腔がん>という珍しい癌にかかって一月末に入院。
壮絶な手術を乗り越えて先週退院して一週間がたっていた。

 首から上なので体は元気なようで、すでに今朝は五時半起きで築地の魚河岸に車ででかけたようだ。
河岸の皆さん、みんなが喜んでくれたようで、彼の三十数年の寿司や人生がしっかりと足をつけている。

 カウンター十一席と一卓と小あがりの小さなお店だが、留守の間はジュンさんが頑張っていて、
お店はいつものように常連さんで満席状態だったという。
“大将が留守のときにも応援しようね”というお客様が多かったのだそう、、、嬉しいですね!。

 初日の予約は以前からお願いしてあったので、ぶらりとでかけた。
復帰おめでとう〜〜〜! 杯をあげて、、、なんだかほろりとしてしまった。
良かった〜〜! ほんとによかった!
マスクをしたままだが、いつもと変わりない包丁さばき&手さばきでカウンターの常連さんをめてなしていた。

お隣には常にはお一人かお二人のKMさん。快気祝いだとおっしゃりながら、
若い女性スタッフをお連れになって華やかさをかもしだしていらした。
なるほどこういう心遣いもあるのだな、、、って、またホロリ!

 今朝の魚河岸からの旬の魚と長崎の牡蠣、春キャベツや春野菜のつきだしや、天ぷらもいただいて、
最後はにぎりを数かん。

 友人達の重篤な病気からの生還はほんとうに嬉しい。
神戸の桜さんも手術に成功して日に日にお元気になられているし、弟の奥さんも最後の時を
家族ですごしているようで、今の時代の医療と先生方に感謝です。

http://keico.exblog.jp/23663116/
2017年2月18日 土曜日 晴れたり曇ったり 雨水
がん研究会有明病院へお見舞い。ガン事情が変わってきました

a0031363_1558115.jpg


http://keico.exblog.jp/15563308/
2012年6月11日 月曜日 曇り
四ッ谷界隈のお寿司屋さん

(このブログに書いた四件の内二件はいまはない)


by pretty-bacchus | 2017-03-06 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)

松川玉堂先生の二十三回目のお習字でした
2017年3月3日 金曜日 お雛祭り

 きれいな朝だった。芽が出始めたシデの木の向こうに青空がみえる。

a0031363_15125537.jpg
(すっかり春らしくなった借景の木々と青空)

a0031363_1513341.jpg
(お隣さんから可愛いお菓子をいただきました。スナップしましたがボケボケでしたね、、、)

 先週の木曜日のお習字がのびて今日になった。
お雛祭りなので、桜もちでしばし歓談。
前半は<書海>会報のなかにあった千字文の一部の楷書と草書のお稽古。

a0031363_1516933.jpgi

 後半は、松本芳翆書「小倉百人一首」その二の持統天皇の和歌を。
   <春すぎて 夏来(き)にけらし 白妙(しろたへ)の 
    衣(ころも)ほすてふ 天(あま)の香具山(かぐやま)
><新古今集>夏175

前回の天智天皇とどうように、書名のあとには敬書とか謹書と書くのだという。いろいろお勉強になるな、、、。

 先生は来月は台湾ご出張で三月はお休みとなってしまってとても残念。

a0031363_15202320.jpg

(先生が行書をお書きになられるのは珍しいので、
iPhone の動画でとったのだが、うまくアップ出来ない。
データのなかにJPGが一つあったのでアップ)

 少し早く終わって、久しぶりにUさんも交えて四人でお食事。
皆さんよく食べよく飲みますね〜〜〜!
ありがとうございました

a0031363_15301946.jpg




More>>松川玉堂先生のお稽古の記録
by pretty-bacchus | 2017-03-03 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)

雨上がりの土手の道を歩きました
2017年3月2日 木曜日 曇りのち雨

 “重いですよ、、、下に一度おきましょうね”とヤマトのお兄さん。
最近はセブンミールで重い野菜物をいろいろ頼めるようになったのでとても助かっている。
千円以上になるとヤマトが無料で届けてくれるのだが、なんだかそれでは悪いような気がして、
すぐに使わないものまで頼んでしまったりしている。

 それでも足りないものがあるので、雨があがって買い物にでかけた。
しっとりとした土手の道はなかなかいいものだ。
春の息吹を感じながら少し遠回りでお散歩。

a0031363_1846061.jpg


a0031363_18453440.jpg


a0031363_18463793.jpg




by pretty-bacchus | 2017-03-02 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

食いしん坊はすぐに集まる!
2017年2月27日 月曜日 晴 弥平さん

 Sさんと一緒にピアットへ。
久しぶりに訪れたのをブログに書いてしまったので、さっそくに一緒することになった。
八時半からと遅かったので、早いお客様は帰られたあとで、カウンターでゆっくりさせていただいた。

 ゆっくりということは、すこし自由にできることなのかもしれない。
おすすめコースは、それぞれから一皿か二皿を選ぶのだろうか、アンティパストのすべてのアイテムが
とっても好きなので、そんなふうにつぶやいたらちゃんとわかってくださって嬉しい〜〜〜!

よってお魚もお肉もなしにしようと思ったのに、生ハム類の盛り合わせと、スカンピエフリットカラマワリも
いただいてしまった。

a0031363_1417252.jpg
(牡丹海老のタルタル、なんともいれない甘みがすばらしい〜〜ですね。白い粉はエキストラヴァージンオリーヴオイル)

a0031363_14183837.jpg
(サヨリの昆布〆)

a0031363_1419545.jpg
(寒鰤の炙り)

a0031363_14204229.jpg
(イイダコとジャガイモのアンチョビサラダ)

 五席のカウンターの後ろは人が一人やっと通れるほど、目の前にはキッチン。
この近接さがまたなんとも美味なのだが、これをきらうお客様もいるという)

a0031363_1422254.jpg


a0031363_14243572.jpg
(蒸し鮑 肝ソース)

a0031363_14255572.jpg
(白金豚の自家製プロシュートとサラミなど)

a0031363_14282157.jpg
(白アスパラのグリルスペック添え)

a0031363_14293557.jpg
(スパゲッティ小蛤と青唐辛子のボンゴレ)

a0031363_14305735.jpg
(フリット空回りと    )

お隣は突然、“オッソブッコ”を注文。
今夜もおいしくいただきました。ご一緒をありがとうございました。
a0031363_14313528.jpg
(そしてお隣さんは“オッソブッコ”!)

a0031363_1485036.jpg


http://keico.exblog.jp/23615074/
2017年2月7日 火曜日 晴 弥平さんのお誕生日に久しぶりにピアットスズキへ

オーナーシェフ鈴木弥平さんのお誕生日に久しぶりにピアットスズキへ

http://keico.exblog.jp/23661492/
2017年2月16日 木曜日 晴 弥平さん
二十日ぶりのワインはピアットスズキでイタリアンの白と赤
by pretty-bacchus | 2017-02-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)