タグ:FUJINON XF18-135mmF3.5-5.6 R L ( 149 ) タグの人気記事

雪の妙高高原から帰りました。東京もまもなく雪の予報
2016年11月23日 水曜日 雪の妙高高原にて

 一夜明けたらシャンシャンと雪が降っていた。
ゆっくりと遅い朝食をいただいて道を渡った。
傘の上にシャリシャリという音がする。きっと霙のような雪なのだろう。
a0031363_4341730.jpg
(二階の部屋から雪景色を)

a0031363_2302628.jpg


a0031363_2305622.jpg


a0031363_2243667.jpg
(はくたかが入ってきた)

 軽い昼食をご一緒させていただいて、丁寧にお見送りをいただきおいとました。
雪の道を四十分で北陸新幹線の妙高高原駅へ。
最終便の切符をとってあったので、五時十七分のはくたか570に変更。
車内は満席。後ろのほうに置いた荷物が気になっていたが、うとうとして
一時間五十分で東京駅着。

 今年のボージョレヌーヴォーの全ての会が終わって、さすがに疲れがでた。
さてさて明日はゆっくりできるかしら?
by pretty-bacchus | 2016-11-23 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(2)

今年最後のシャトー・ドゥ・ピゼイの樽割は妙高高原にて
2016年11月22日 火曜日 曇り

 朝は一面の霧だった。
午後には少し晴れてきたが、妙高山は見えなかった。

 ゆっくりと時をすごして、お昼はSさん宅でごいっしょさせていただいた。
日本海のお魚と京都からのおうどん。そしてお野菜の蒸しもの、、、。

a0031363_243248.jpg


 夕方には京都からのお客様もついてにぎやかになった。
残された人生をこうして最後まで美意識をつらぬいて生きていく粋人に乾杯!

 七時からは、Sさんがお世話になっている近隣のお医者様やお世話になっている方々をお招きして、
岡山館で晩秋の恒例となったシャトー・ドゥ・ピゼイの樽割りの会。

 皆さんとっても温かいお人柄で感激!
皆さんありがとうございますと、そっと手をあわせている私。
京都から隠遁して十五年になる長老はお幸せですね!

 明日は雪になるという寒い宵は、まだまだ盛り上がっていました。

a0031363_225983.jpg
(準備が整ったお席。 お料理は順番にあがっておだしいただいた、、、)

a0031363_23309.jpg
(樽開けも前に鎮座ますシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーの樽2016)

#IMAGE|a0031363_2293768.jpg|201611/26/63/|mid|860|573#](地元のF大先生がご挨拶。
今年はパリからヤスヒロさんが帰国しているので、とてもにぎやかに、、、、)






http://keico.exblog.jp/21887490
2015年11月30日 月曜日 晴れ
今年最後のシャトー・ドゥ・ピゼイの樽割は妙高高原にて
by pretty-bacchus | 2016-11-22 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

三つの台風が北海道直撃で大雨の東川滞在となりました
2016年8月20日 土曜日  大雨 陶芸 美容院 りしり

 久しぶりに早く床についた。
大きな雨音で午前二時に目が覚めた。
台風九号と二つの熱帯低気圧が発生しているというニュースだったが、いよいよ来たのだろう。
弟からは<敬ちゃん!北海道は、明日から明後日にかけて、大雨注意報が出ています。気をつけて下さい!>
Tさんからは<苦しくも台風の東川をご堪能くださいませ>と、まあなんと彼らしいことか!

 ニュースでは、台風は十号も十一号も発生して、北海道をおそってくるという。
今日は午後から<理創夢工房(りぞうむこうぼう)>という工房で陶芸の予定だったが、あまりの風雨で
足下が悪いので、延期をしていただく手配をした。
美容院の予約もキャンセルした。

 今回は友人の関係している東川町キトウシ森林公園家族旅行村で夏休みをとることにきめたのは一年前。
http://www.kazokuryokoumura.jp/
温暖化で毎年猛暑日がふえて、暑がりの私たちは北への旅を考えるようになったのだ。

前世紀はパリにアパルトマンがあったので、ずっとヨーロッパだったが、
その<佳き時代>も終わりをつげて、今世紀に入ってからはあまり長い夏休みをとらなかったようだ。
残された命の日にちを考えると、もうそろそろゆっくりと過ごしたいと思っているのに、
なにやかやとまだまだ仕事の残りも雑事もあり<東京の人>

 去年二度の東川詣でをして、ここなら長い夏休みも大丈夫かなと思って友人に予約をお願いしておいた。
JALのマイレージがたまっていて期限切れ近いので、それを使ってしまいたいと思ったことも一理由。

http://keico.exblog.jp/21579736/
2015年8月23日 日曜日 晴れ その二
北海道上川郡東川町キトウシ森林公園にやってきました

http://keico.exblog.jp/21583478/
2015年8月24日 月曜日 晴れ
木漏れ日に囲まれての夕方のお散歩でした

 快適に過ごしたいと思っていたが、出発前から台風に追いかけられて毎日雨雨。
それでもそれを楽しもうと、思っていたのだが、、、、。
ほぼ四六時中部屋にいることになるが、それはそれで問題が出てきている。
それなりの値段なのだから、東京からの<客>はキチネット付きの宿=ホテル=と考える。
二日目に雨でぬれた髪の毛などをふいたので、タオルがなくなり下の事務所に電話をしたら、
取りに来て下さい。 “え〜〜? この雨で傘もなくてはいかれませんよ〜〜〜”
“お掃除はないのですか。
ありません、掃除機が戸棚に入っていますよ、、
どうやら部屋の掃除は一週間いても何もないらしい。
“一日泊まる人はいいでしょうが、何日も泊まる人はどうするの?”
そういうことになっていますから、、、
“この雨ではいかれませんよ〜〜〜”

 ゴミ箱に何十匹もアリがでたので、驚いておそるおそる事務所に電話をして薬を持ってきてもらった。
その時にタオルもトイレットペーパーもお願いした。
来てくれた男性が、“四泊後に掃除をしましょうね、と言ってくださって、今日の午後にお願いした。
担当の方がシーツを換えて、掃除機をかけたりしてくださったが、やはり特例のことらしい、、、。
今朝もまたアリがでたゴミ用の大きなポリタンクは部屋の外にだしてしまった。
“アリが一杯ですから中の袋を捨てておいてくださいね。とお願いした。
自分で下の指定位置にすてることになっています
“はい、昨日も一昨日もそうしましたが、今日はアリが一杯まだ中いるのでお願いします〜〜”
ここはキャンプ村だから、、、自分ですることになっているですよ、、、”云々かんぬん、、、。
う〜〜〜ん、そうなのですね。
でも最後には持っていってくださってほっとした。だって酷い雨なのですもの、、、、。
彼女は車でやってくるのですが、私たちが下まで歩いて帰ってくるのは大変なのですから、、、。

 友人にお願いすればすぐに片づく問題なのかも知れないが、それではいけないように思うし、、、。
一昨日の食事の時にそれらを話題にしたら、彼の奥様が激怒した。
“それはおかしいでしょう〜〜〜! どうなっているの、アナタ?”
彼も彼女も東京でのお仕事も海外も多かったから、ホテルライフも心得ていらっしゃる。
三つの<道>のない町(上水道、鉄道、、、)、写真の町、留学生が多い町としてなど、
その暮らしの素敵さが<東川スタイル>として脚光を浴びているこの町も、
まだまだ国際化にはいたっていないのだろう。

数週間前に北海道の別の保養地に十日間ほど滞在したKさんは、もう二度とは行かないと言っていた。
スイスやヨーロッパやアジアンリゾートに慣れている彼女は、
“やはり日本の田舎は遅れていて、とても残念です〜〜”と。
C国の人たちにとってはきっと問題ないのだろうが、これでは2020年までには追いつかないだろう、、、。

そんなことがあっても、でも私たちはまた来年もきましょうね〜〜〜って話している、

 お掃除が終わってきれいになったお部屋のベットに横たわり少し横着読書。
Macをあけたら、トレンディーのニュースで、
 <富士フイルム「X-T2」、3名の写真家が注目する改良点 速写性能に優れるミラーレス一眼>
五ページもあるプレスリリースを一気に読破? メーカーの仕様一覧も!
九月に発売になるこのFUJI「X-T2」のことは写真家の相原さんがかなり前から絶賛していらっしゃる。
今の「X-T1」のニコンでもうカメラはいいと思っているのに、これほどまでに「X-T1」の上をいく
機能満載とわかると欲しいですね〜〜〜〜〜。(でも高くて無理ですね〜)

a0031363_0263161.jpg
(画面は、<富士フイルム「X-T2」、3名の写真家が注目する改良点 速写性能に優れるミラーレス一眼>)#IMAGE|a0031363_027171.jpg|201608/21/63/|left|524|784#]

 三時過ぎにiPhoneがけたたましくなった。
旭川に緊急速報で、土砂崩れの恐れ有りで警戒警報がでたよう。避難勧告もでたという。
この調子では今日もケビンにかんずめ、それならばネットサーフィンで新聞や雑誌をよみましょうと思ったら、なんとこの家族村のWiFiが作動しなくなっているということでお手上げ。
新聞もなしネットも無し、まあ、、、自然のなかでの数日も悪くないかも知れない、、、、。

 雨が強くなってきた。
台風は七号のあとにまた九、十、十一号と三つ生まれたようでが同時に日本列島に近づいてるようだ。
次々に携帯に入る非難メールは、どうやら近くのようだ。
かろうじて携帯電話が使えるので、送迎のタクシーをお願いして町にでることにした。
この町は、送迎依頼は無料なので、どこでも普通のタクシー代だけで動くことができてとても便利。
往きのタクシーの運転手さんは、どんんどんふる雨に恐怖を感じているようで、
道々道路際に出ている人たちは土嚢を積み始めて畑や田んぼを守る準備のようだと心配していた。
こんな酷い台風がいくつもやってきたのは何十年ぶりらしい。
私たちは今そのなかにどっぷりと浸かっている訳なのだ、、、嗚呼!
 
 今夜も<居酒屋りしり>さんのカウンターで、北海道の幸をいただいた。
カウンターで二人で中竹オーナーシェフのお料理を満喫。
海がない町なのに、旭川の魚河岸には北海道一の魚が届くようで、その中でも最高の魚が
このお店には入るようだ。(お母さんが昔、旭川でお料理やさんをしてらしたとかで、、、)
落ち着いた雰囲気の店内のショーケースに並ぶ新鮮な鮮魚と美味しい料理に幸せ!

 この雨なのに今夜も満席。
住民八千人の町なのに、、、と驚いていると、お隣にはイスラエルの三人家族がすわった。
どうやらミシュランをみてやってきたようで、なんだか世界がミシュランとネットで
小さくなっているようだ。
お刺身盛り合わせ、厚岸の牡蠣、枝豆、おかあさんのポテサラ、そしてサンマの塩焼き、
最後はおかあさんのおむすびとお漬け物。
明日もきっと雨ででられないでしょうからと、しっかりと大きなおにぎりを八つもおみやげにして
いただきました。

a0031363_0534274.jpg


a0031363_054973.jpg


a0031363_0543194.jpg


a0031363_055190.jpg


 少し小降りにはなった頃に少し早めにケビンにもどってほっと一息です。
ネット環境ももどっていてこれらもホッ〜〜〜!
ヤンベさんから電話で、今夜は彼は家族村の事務所で待機中とか。
大変ですね、ご苦労様です〜〜〜!

a0031363_0554144.jpg
(お店をでたところに、<ありがとう>。雨はまだまだだやみそうもない、、、、)
a0031363_0571515.jpg


a0031363_0575679.jpg
(さげている白い袋には明日のご飯が!)



More>>東川へ旅いろいろ
by pretty-bacchus | 2016-08-20 23:58 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(6)

トマトの山、東川米にスープカレーとお漬け物の夕べ
2016年8月19日 金曜日 曇り

 台風七号の余波かともかく暑い。
気温が東京より低いのだろうが、湿度が八十以上あるようで汗がだらだら。
その上また台風九号と二つの熱帯低気圧が発生しているという。

 大きな雨はあがったようだが、道がぬかっていて外にでるのはやめにした。
旅先で転んで怪我でもしたら大変ですものね、、、とぶつぶついいながら部屋でうろうろ、、、。
連れ合いはテレビ観戦? スポーツ観戦がすきだから、アスリートたちの熱い試合が
繰り広げられているリオオリンピックを見るのは楽しいのだろう。

a0031363_13264623.jpg
(雨のやみ間に窓をあけて蛇腹だけにしてみたが湿気が多くてだめ。下のケビンも外の椅子はそのままに、、、)

 お昼前に友人が焼きたてのパンを届けてくださった。
(下の売店までいけば毎朝あるようなのだが、横着をきめこんでいるのだ、、、)
クリームパン、メロンパン、クロワッサン、珈琲まで、、、、ありがたいことだ。

 午後には露地物のトマトも沢山〜〜〜〜。
彼はほんとうにマメでありがたい。

a0031363_13275565.jpg


a0031363_13284376.jpg


 今夜は東川のお米を炊いて、いただいた野菜を焼いてエキストラヴァージンオリーヴオイルでと
思っていたら、五時過ぎに電話があって、まもなく奥様もご一緒にお手製の諸々を持ってきてくださった。
ご自宅は町中だから、わざわざいらしてくださってほんとうに申し訳ありません〜〜〜。
“スープカレーです。こちらの名物です、、、、、”
お鍋に沢山のカレー、きれいに盛られた野菜達、そして炊きたてにご飯とお漬け物まで。

a0031363_13292559.jpg


ケビン前でUターンする車の席に手をあわせた、、、、ありがとうございます!
スープカレーは、ごはんと具だくさんカレーを別のお皿にもっていただくのだとう。

 うごかないので、まだお腹がすいていないが、七時のニュースを待って、いっただきま〜〜す!

a0031363_13301721.jpg
(鳥とかで味付けられたカレーにお野菜類をいれて、、、、)

 どうやら台風に好かれてしまったようで、明日からの予定を少し変えなければならないかもしれません、、、、。

  〜〜〜〜〜〜
スープカレーは初めてなので、ふと検索してみた。

スープカレーをウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/スープカレー
スープカレーは、日本のカレー料理のひとつ。札幌の発祥であり、そのヒントになったのは
中国・朝鮮の薬膳スープ、南インド・スリランカ・インドネシア・タイなどの汁気の多いカレー等である。

スパイスの効いたさらさらのスープに大きな具材が特徴である。
札幌のスープカレーに共通する特徴を挙げると次のようになる。
動物や野菜から取ったダシに、スパイスペーストを合わせてスープを作る。
「トマト系スープカレー」では、フォン・ド・ボー(仔牛のダシ)を使ったり、炒めたバジルと
その香味オイルをたっぷり浮かべることが多い。イタリアンやフレンチを学んだシェフにより採りいれられた。
具はスープと別に調理する。肉はもともとチキンレッグが基本だったが、現在ではほかに魚介類・豚角煮・
ラムチョップなどが選択できることが多い。これに素揚げしたジャガイモ、ニンジン、ピーマン、オクラ、
カボチャなどの野菜が組み合わされる。



by pretty-bacchus | 2016-08-19 23:58 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(2)

東川町のキトウシ家族村に滞在の三日目になりました
2016年8月18日 木曜日 晴れ ワインカフェ ヴェレゾン

 <伊調史上初の4連覇 レスリング女子58キロ級で金>のニュースでグッドモーニング!
カーテンをあけてビックリ。昨日とはうって変わっての青空と白い雲、ジージー蝉が林中を
うごかしてしまいそうな感じ、、、。
台風七号も熱帯低気圧になって消えていったそうだが、水の被害があちこちで報じられている。
どうやら道東の被害が多いよう、、、、。

 東西南北とすべてに窓があるこのケビンは、風が通ってほんとうに気持ちが良い。
ときどきカッカッカと音がするのはキツツキかしら?
自然が一杯だと虫が問題になると思っていたが、それほどでもなく、虫嫌いな都会っ子ふたりも
リラックスしてヴァカンスのまねごと。

(西側のワタシの寝室のカーテンをあけ、窓をあけてから蛇腹の網戸をしめる)a0031363_16401383.jpg

(お台所の窓から東側の緑を。少し急な崖だが野草が咲き乱れている、、、)
a0031363_1646329.jpg

(お向かいのケビンまでは二十メートルほどかしら?)
a0031363_1658790.jpg


a0031363_1714833.jpg


 ゆっくりと軽く朝食。
午後に数分歩いて下の売店へおりてみた。昼食はカレーライス。
売店の奥の小さなお店ですでに十数人のおじさんおばさんがそれはそれは賑やか。
団体の旅をあまりしないワタシは、今後もやはり無理なだって、、、来月からお世話になるかも知れない
クラブのことを考えてしまっている。

(お昼過ぎにケビンを出て、下の売店&カフェに向かい下り坂をおりていく、、、、、)

a0031363_16441632.jpg


(昨夜の風雨で日光きすげや野草は横倒しになってしまっていた)
a0031363_1645535.jpg


(売店の庭には花に蝶々!)
a0031363_1742377.jpg



 カレー&カフェをいただいて、少し遠回りしてケビンに帰り道、、、、

a0031363_1763864.jpg


a0031363_177672.jpg


a0031363_1773363.jpg

(夕方になって雲行きが変わってきた、、、)
a0031363_1782850.jpg

a0031363_1642165.jpg


 
 六時過ぎにヤンベさんが迎えてきてくださり、小山をおりて東川の街中まで封数分のドライブ。
夕陽が染める借景をカシャカシャ、、、、、

a0031363_17143254.jpg


a0031363_17145774.jpg


a0031363_17151728.jpg


 旧東川駅の跡だが、なんと最近はポケモンのゲット地点にもなったという

a0031363_17163063.jpg


 東川町のイタリアンカフェ&ワインカフェ ヴェレゾンさんへ。
去年の十一月におじゃましたことがあり、気軽に楽しく夕食をすることができて感謝。
ヤンベさんの奥様もご一緒に、、、、、。
東京でも活躍なさったお二人とは話に華が咲いて、、、、。

a0031363_17183026.jpg


 アンティパストの盛り合わせから始まって、お野菜いろいろ、ペペロンチーニのパスタ等の後は
450グラムのハンバーグ!

a0031363_1719113.jpg


 満月が雲だら出たり入ったり、、、、の十時過ぎに送っていただいて帰宅となりました。
ありがとうございます〜〜〜〜〜〜〜!


by pretty-bacchus | 2016-08-18 23:58 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(4)

台風七号北上中の北海道東川町のケビンに蟄居
2016年8月17日 水曜日 大雨 台風

 卓球女子団体銅メダルで愛ちゃんの涙でわたしも涙なみだ。
回りの木々を揺さぶる風と雨の音でうとうとしただけで目が覚めた。
台風七号は西から北上して今夜にも北海道上陸とのこと。
晴れ女を自負しているのに、どうやら今回はどっぷりと台風七号をしょってきてしまったようだ。

 そとに出られぬままに、寝室やリヴィングの窓を閉めたままで少し写真を撮った。
回りの木はミズナラだろうか? 庭先の芝生にはしろつめ草やタンポポ、クローバーがみえる。
お隣のケビンにはKさん達がいっしょのはずだったが、いらっしゃれなくて残念。

a0031363_1430556.jpg

(寝室の窓から西の方を)
a0031363_14311966.jpg
(バーベキューの場所もある)
a0031363_14314556.jpg


(リビングルームからお隣のケビンを)
a0031363_14341464.jpg


a0031363_14352031.jpg


a0031363_14355192.jpg



 今日は一日外に出ない方が良いでしょうと、ヤンベさんがいろいろ持ってきてくださった。
夕飯は、昨日かっておいたこの地の野菜をいろいろ、エキストラヴァージンオリーヴオイルで炒めて、
緊急用に持ってきたイタリアのペンネとアンチョビとあえてのごちそう!
ワインはイタリアトスカーナの赤。

 夕方に九年ぶりの大型台風が北海道に上陸した。
夜半になって風雨はすこしないできたが、明日の天気は期待できないだろう。

 この町、北海道東川町は<写真の町>として知られ、十数年前から写真甲子園が開催されている。
旭川市の中心部へ13キロ、旭川空港へ7キロという立地からは考えられないような、
ゆったりとした時間が流れる別天地、東川町。
木工などのアトリエやギャラリー、おしゃれなカフェやベーカリーなどの、人の集まる優しい空間が
次々と誕生して注目を浴びているのだそう。

北海道のほぼ中央に位置し、旭川の廻りの八つの衛星都市の一つで、大雪山国立公園の麓にある
豊かな自然が息づく人口約8,000人の小さな町。でもそんな東川町には、立派な小学校が四つもあり、
神社と寺もいくつか。このキトウシの下には富山神社があり、明治の開拓者たちの姿がしのばれる石碑も多い。

 そして全国的にも珍しい北海道でも唯一の上水道の無い町。ということは、
大雪山の大自然に蓄えられた雪解け水が、長い年月のあいだにゆっくりと地中深くにしみ込み、
ゆったりと東川町へ大切に運ばれてくるからなのだそうで、大自然の大きな恵みをいただいている
発展途上の町なのだ。

天然の美味しい水で育ったお米や野菜は格別で、豆腐や味噌など東川町の地下水をおしみなく使い美味。
今日ヤンベさんがもってきてくださったお豆腐も地下水から作られた平田豆腐やさんのお豆腐。
東川町で暮らす人たちは、すべての町民が地下水からのナテュラルミネラル水で生活していて、
それは大雪の水で、本物の味を追求した加工品や、飲食店でも水の恩恵を受けていると
いうのだからすばらしい。

 本を少し読んでいたが、小さい文字は疲れるので、結局Macにむかってウェブ新聞や雑誌を読んで、
ブログを書いたりして過ごしている。
こんなふうに一生の何日か日常の家を離れて旅することは、あとどのくらいできるのだろうかと、ふと
考えてしまっている。

 この町にもまだ一緒に何度か来られるに違いない、いやそれに願いを込めて、
ブログのカテゴリーの
♢Journey in Japan旅の記録
の次に
♢Journey in北海道東川日記
を追加して少し整理をした。
ブログの上部ラインもに変えた。

 友人ご夫妻がいらして、水がよく、町民のかたがたのホスピタリティ−、美味しい食材とレストラン。
そして緊急の時は友人の親しくしている名医、さらには旭川の病院があるので、
どこかで落ち着いている私たちだ。
ありがとう、自然の美しさ、人々のあたたかさ!
 〜〜〜
http://keico.exblog.jp/21573160/
2015年8月23日 日曜日 晴れ 処暑  その一
青空に向かって久しぶりの飛行機の旅です

http://keico.exblog.jp/21579736/
2015年8月23日 日曜日 晴れ その二
北海道上川郡東川町キトウシ森林公園にやってきました

http://keico.exblog.jp/21583478/
2015年8月24日 月曜日 晴れ
木漏れ日に囲まれての夕方のお散歩でした

http://keico.exblog.jp/21591932/
2015年8月25日 火曜日 晴れ
東川町の<大雪旭岳源水>の源までいってみました

http://keico.exblog.jp/21597308/
2015年8月26日 水曜日 晴れ 空港と美瑛へ
東川と美瑛のお花畑の後は、北海道の魚ネタで回転寿司デビュー

http://keico.exblog.jp/21715349/
2015年8月27日 木曜日 晴れ 旭山動物園へ
旭山動物園にいってきました.居酒屋りしりさん

http://keico.exblog.jp/21595595/
2015年8月28日 金曜日 晴れ
雲海を越えて十三夜の月に迎えられて東京へ

http://keico.exblog.jp/21715344
2015年10月5日 月曜日 晴れ その一
八月の北海道の日記と写真の整理を少しだけ

http://keico.exblog.jp/21833975
2015年11月12日 木曜日 晴れ
夕陽に輝く大雪山を拝して旭川にやってきました

http://keico.exblog.jp/21848521
2015年11月13日 金曜日 晴れ
二日目も<りしり>で北海の海産物を堪能

http://keico.exblog.jp/21848496
2015年11月15日 日曜日 雨と霧の大雪旭山源水の水源
北海道最後の日は<大雪旭山源水>の水源と大雪山の麓まで

http://keico.exblog.jp/21851617
2015年11月17日 火曜日 曇り後雨 
旭川空港へ下降体制の夕陽に輝く北の大地は美しかった



by pretty-bacchus | 2016-08-17 23:58 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(4)

旅の始まりは羽田での<八ヶ岳の南麓高原湧水群天然氷>の宇治金時
2016年8月16日 火曜日 曇り

 旅の始まりは八ヶ岳の南麓高原湧水群天然氷の宇治金時で

 十二時にAさんに留守の鍵をお預けして出発。
羽田空港までは半時もかからず到着した。グローバルクラブのカウンターでチェックイン。
二時の出発までにはまだ大分時間がある。
回りを見回すと<氷>の旗がひらりと見えた。さっそくに入ってみた。

日本一の名水の里、名水「百選南アルプス・八ヶ岳の南麓高原湧水群天然氷使用
自然の寒さでじっくりと凍らせた不純物を含まない純度の高い氷。

度が低く口あたりが良く癖がないが特徴で、軽くふわふわの食感

とあって、思わず注文してしまった。
a0031363_1231797.jpg


 今年はかき氷ブームで、それも本物の天然氷を使ってのかき氷が話題を呼んでいる。
連れ合いは生いちご、ワタシはもちろん宇治金時。
ふわっとした氷にかけられた生苺も宇治茶も美味しかった。最後になってもそのおいしさは変わらず見事!

a0031363_1235910.jpg

a0031363_1243076.jpg

a0031363_1245711.jpg
(このお店では抹茶ミルクのかき氷)

 車生活だったら、時々都心からわざわざかき氷詣でをしてもよいかも、などと話しながら、
セキュリティーを越えて搭乗ゲート十八番へ。

a0031363_1263198.jpg
(久しぶりの飛行機の旅、、、、、、!)

 台風七号が北上していて、ぎりぎりでまだ飛ぶことができているようで定刻に出発。
東京湾を斜めに見ながら上昇! 

a0031363_129561.jpg

a0031363_130593.jpg

ほんのしばらくは青空と白い雲!
a0031363_1285136.jpg


それでも水平飛行になったら視界はゼロ。
大地が見えてその上にふわふら浮かぶ白い雲は機内からは醍醐味だが、なにもないただ
蒸気みたいな窓からの景色はなんだか不安なものだと妙に納得。

 予定通りに着陸二十分までに乗務員も着席。
かなりゆれて突然大地があらわれた。
<ゆめぴりか>や<東川米>を産み出す豊かな大地はなんど見ても美しい。
昨年から三度目の旭川空港だが、今日は十勝山塊も大雪山も見えないのはとても寂しいのだ。

http://keico.exblog.jp/21573160/
2015年8月23日 日曜日 晴れ 処暑  その一
青空に向かって久しぶりの飛行機の旅です

http://keico.exblog.jp/21579736/
2015年8月23日 日曜日 晴れ その二
北海道上川郡東川町キトウシ森林公園にやってきました

a0031363_1354026.jpg


a0031363_1362460.jpg
(アテリサージュ! 無事に到着。この言葉は大好きだ!)

 連れ合いの旧友のヤンベさんが出迎えてくださって一路東川のケビンへと思いきや、途中の北連のお店へ。
ここで北の大地の野菜や生鮮食料品を求めてから、一路東川町のキトウシのケビンへ(
東川町キトウシ森林公園家族旅行村)。
去年は高原ホテルにお世話になったが、今年は十数個の木製のコッテジのうちでメゾネットの一つにした。
チェックインの前にオフィスのY部長から、この写真の町で知られている東川町で行われている
<写真甲子園>の映画化のお話しをいろいろうかがうことができた。

 まもなく日没になる。このコッテージの二つ後ろあたりにあるメゾネットがこれからのOur Homeなのだ。
三十畳もあるほどのオープンキッチンつきのリビングと寝室、大きなバスルーム、二階には畳の部屋で
八人が泊まれるファシリティー。
必要なものがすべてついているので、あとは調味料と食材で、いつもの暮らしができるわけらしい。

a0031363_1382571.jpg


 荷物をといて着替えをするころには台風上陸前の雨がやってきてしまった。
それでもヤンベさんの奥様がお待ちの町のいきつけの和食屋さん<りしり>へ。
去年も八月と十一月にお世話になっているから九ヶ月ぶり。

“ご無沙汰しておりました〜〜〜”
大正もお母さんもお元気で満席のお店をしきっていらした。
お盆休みで食材がすくなっていましてスミマセン、、、とおっしゃりながらも
海の幸をいろいろだしてくださった。
煮物もいただいて、焼き魚はほっけ。白いご飯もお漬け物も美味しくて、北国一日目は
終わりになりました。

a0031363_1394658.jpg


 外はひどい風雨。
明日のことを考えて奥様がおなすやメロンを持たせてくださって十数分のケビンまで送っていただきました。

 今回の旅は昨日まで迷っていた。
旅の準備がこんなにも疲れたのは初めてであった。
旅慣れているはずの<昔のケイコ>はどこにいってしまったのだろう!
一週間あまりなのだから、下着と着替えを数枚だけでよいはずなのに、何時間もかかってしまった。
なぜかしら、と考えてみたら、、、カメラ関係、電話やウェブ関係のバッテリーが多いことに気がついた。
カメラは、
☆Fujifilm X-T1をメインにした。
 FUJINON XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
 FUJINON XF10-24mmF4 R OIS
☆FujiX30,FUJINON4x28-112mmF2.0-
☆ニコンD7100+タムロン+18~200mm
☆SIGMA DP1 Merrill
スペアー
☆Sony DSC-RX100M2
バッテリー三台、SDカード、電話バッテリー、外付けハード二台などで、
これらは、往きはチェックインをしないで機内持ち込みにするから手荷物はかなり重い。

 〜〜〜〜〜〜〜
 今回はグローバルクラブのマイレージでJA555にお世話になった。
昨日メールが入っていた。
こういう時代になったのかと妙に感激。
more>>>JALからのメールを

More>>JALからのメールを
by pretty-bacchus | 2016-08-16 23:59 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(4)

黄昏の西の空と夜中の土手の梔子の香り
2016年6月17日 金曜日 小雨のち曇りのち晴れ

 暑い一日だった。
出かけましょうか、、、、七時のニュースの途中だった。
西の空が彩り始めた、、、、、、、青い空に一面ピンクの波が動き始めた。
それ〜〜〜! 急いで屋上の昇ったが、すでにその一面の波は消えていた。
もちろん太陽もすでに沈んで、今日の終わりを告げていた。
黄昏どきってなんとも切ない。

暮れゆく西の空を数カットとれただけで、やがて夜の闇に浮かぶビル群とネオンの光が残った。

a0031363_318374.jpg


a0031363_3171918.jpg


a0031363_3182855.jpg


a0031363_3193874.jpg
(上から下の一階と三階のお庭をカシャッ〜)

 そのまま夕食にでかけて遅くに帰宅。
土手の梔子が夜目遠目にも香りと光をはなっていて、それもまたなんとも切ない。

a0031363_3233395.jpg


a0031363_3241175.jpg


a0031363_3244189.jpg
(十三夜の月が天空に笑っていたので、それを入れたくて変な形に)

a0031363_32593.jpg



 〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 04時24分  : 日の入 18時59分
  月の出 15時56分  : 月の入 02時14分
~~~~~~


by pretty-bacchus | 2016-06-17 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(5)

緑の週間は借景の緑を愛でて
2016年5月4日 水曜日 雨のち晴れ

 雨の予定がいがいに早くに晴れてきた。
朝の借景の緑はきよらかできれいだ。
ソファーに座ったままのいつもの横着撮影でなく、リヴィングの端の方からカシャt!

 夕方にでかけるまで、ゆっくりとして、ゴールデンウィークの一日を過ごすことが出来た。

 Mさんの様子がかんばしくないようで、最後の退院をルパンでお祝いしたというHさんと
しばらく命のはかなさをしんみりと語った一時であった。

a0031363_17234968.jpg
(ベランダにほったらかしの鉢からひよどりじょうごの緑の葉がでてきたようだ)
a0031363_361836.gif


by pretty-bacchus | 2016-05-04 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(5)

熊本にマグニチュード7の地震が起こった
2016年4月15日 金曜日 晴れ

 昨夜起きた熊本の地震は凄まじいものだった。
遅くに家に帰りニュースで知りビックリ。
NHKはすぐに特番がはじまり、他局も早かった。

 政府の対応もとても早く、午前二時過ぎには対策本部が立ち上がり、安倍首相の記者会見があった。
応援人員も最初は数千人だったのが、夕方には一万五千人と増えた。
発表する管官房長官の疲労困憊の様子は少し気の毒だった。
五年前の民主党エダノ某とは違い、気持ちがはいっていた。

 現地入りした消防署員も真夜中すぎには救援活動が始まっていた。
驚いたのは、まだ暗い午前四時半には、朝ご飯を支度する一隊が現地入りしたことだ。
救援物資も水もどんどんつき始めた。
段ボールには救援物資と書かれている。でもまだまだ援助物資は足りないという、

あれよあれよと、、、、寝ることが出来ずにテレビの情報に見入ってしまった。

 過去の何度かの大きな災害をモデルに国全体にこういう救援体制のマニュアルが出来ていたのだろうが、
すばらしいものだった。

 しかし時間がたつにつれて被害は大きくなっていく。
多くの家屋が倒れ、鉄筋コンクリートの市役所が傾いていた。
熊本城の石塀もこわれて、天守閣の瓦も落ち始めていた。
被災者はどんなにか辛く大変なことだろう、、、。

 寝られずに起きてしまって、朝の光あふれる借景の木々に手を合わせた。
余震が度重なり二桁が三桁になってきた。
なんとかならないものか、、、ただ祈るのみがはがゆい、、、。

a0031363_692416.jpg

(すっかり緑になった借景のイヌシデの木、、、、奥のアオギリはまだこぶこぶのまま、、、)
a0031363_6101496.jpg


 夕方に一番早く
JAL マイレージバンク日本地区会員事務局からメールでの義援金の依頼があった。

2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した地震の影響で、
 熊本県熊本市、益城町をはじめ、甚大な被害が発生しています。
 お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆さまに
 お悔やみを申し上げます。
 また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 一日も早い復興を願い、JALグループでは救難物資の輸送・支援者渡航への
 協力および支援金の寄付を通じて、被災された方々を支援します。
 同時に、JALマイレージバンク会員の皆さまにマイルでご支援いただける
 『「平成28年熊本地震」被災者支援マイル』を本日より実施しますので、
 ご賛同いただけるJALマイレージバンク会員の皆さまにチャリティ・マイル
 でのご協力をお願いいたします。

 チャリティ・マイルのお申し込みは、2016年5月31日(火)23:59(日本時間)
 まで、下記のWebページより受け付けいたします


 詳細をみるとミニマム三〇〇〇マイルからとある。
このマイレージをためるには三十万かかるのだそうだが、こういう形での義援金募集は初めてだったので、
すぐに申し込んだ。一日も早い復興を願って、、、、、、、、、、。

 夜までにはいろいろの形で被災者支援の義援金口座が発表されたが、
その多くはは、ヤマビコ支店とかのネット銀行の支店だったので、ウェブ時代まっただなかなのだろう。

 これ以上被害が広がらないことを祈りながらいつもより少し早く床に着いたのだが、、、


by pretty-bacchus | 2016-04-15 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)