タグ:FUJINON XF10-24mmF4 R OIS ( 168 ) タグの人気記事

突然小さな旅にでました、友よ海よありがとう〜〜!
2016年10月24日 月曜日 晴れ 

 友人からの電話で、“涼しくなりましたね、、、、ゲストルームは開いていますよ、、、。
彼らの大型マンションにはゲストルームがあって以前お世話になったことがある。
それでもなんだか申し訳ないので、いつもの保養所のような宿をとっていただくことに、、、。
“広いお部屋がとれるようですよ、いらっしゃいませんか。
そういわれたら、もちろん、thank you!
ボージョレヌーヴォーのお手伝いもひと区切りしたし、病院のすべての検査もパスしたし、
このへんですこしリラックスするのも良いかもしれない。

 そして突然小さな旅にでた。午後遅くの新幹線で四十八分。
ここへはいつもそんなふうに突然のことが多かったから、そんな旅がとても嬉しい!

a0031363_18285033.jpg
(車窓から在来線の列車を、、、)

 その昔は伊豆山の蓬莱(いまでもあるのだろうか?)、湯河原の海石榴や、そのすこし上にある
五部屋の料亭旅館とかその前に指月などを定宿にしていたが、それも今はしなくなった。
時代が変わったこともあろうが、大仰な女将や仲居頭の挨拶などが面倒くさくなったのかも知れない。

 六階の一番右の二部屋続きの洋間は初めてのお部屋。
奥にはダブルベッドが二つゆっくりと入り、内風呂もある。
手前はゆったりとしたソファーがいくつもありバーカウンターもあり、両方の部屋にテレビがついている。
着いたのは日の入り後で、暗くなるほんのすこし前の海が美しかった。
そして黄昏の太平洋に手を合わせている。
こういう旅っていいな!

(眼前には百八十度の海と空!)

a0031363_18305272.jpg

a0031363_18312071.jpg
(初島が見えて、、、、)

#IMAGE|a0031363_18312071.jpg|201610/25/63/|mid|864|593#](光り輝く熱海城も、、、、)

 二階の大食堂には十組ほどの中年以上のお客様。ウィークデーの旅はそんなふうなのかもしれない。
大森料理長が特別におつくりくださったに違いないお料理が次つぎに運ばれてくる。

a0031363_18332880.jpg
(お刺身好きなことをわかっていてくださっての特別盛り合わせ。)

a0031363_1834132.jpg


a0031363_18342333.jpg


右手にはことことと鮑が煮上がっていって、ナイフフォークでいただいた。
〆は栗ご飯とお漬け物。

 少々酔いかげんで溫泉にもはいらずにバタンキュウ、、、。
横になると真っ黒な海と空がかすかにみえて旅心満載の夜となりました。
感謝です!

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 05時55分  : 日の入 16時55分
  月の出 **時**分  : 月の入 13時26分
 ~~~~~~~~~~~~
http://keico.exblog.jp/22880276/
2016年6月3日 金曜日  その一、晴れ 有明月
東の空にひととき有明月を愛で、日の出を拝す

http://keico.exblog.jp/22876120/
2016年6月2日 木曜日 晴れ 土星
太平洋に昇る朝日から夜半の火星土星まで

http://keico.exblog.jp/22869615/
2016年6月1日 水曜日 晴れ
突然小さな旅にでました、友よ海よありがとう〜〜!

http://keico.exblog.jp/18209312/
2013年7月27日 土曜日 曇り夕刻雷雨
雷雨で花火大会は中止となりました

http://keico.exblog.jp/13017862/
2011年7月3日 日曜日 晴
小旅行から帰りました

http://keico.exblog.jp/10042923/
2010年2月23日 火曜日 晴れ
春宵や新しき道手をつなぎ

http://keico.exblog.jp/7587114/
2008年10月19日 日曜日 晴れ
光琳の「風神雷神図屏風」の裏に、抱一『夏秋草図屏風』

http://keico.exblog.jp/6780275/
2008年2月11日 月曜日 晴れ
突然の小旅行かな?

http://keico.exblog.jp/6737437/
2008年1月30日 水曜日 曇り
あきれた友も また良き友かな

http://keico.exblog.jp/6630598/
2008年1月2日 朝方に
海面から昇る朝日
a0031363_20111192.jpg
   このころはまだコンタックスで撮っていたのだ。
by pretty-bacchus | 2016-10-24 23:58 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(2)

夜目にも鮮やかな曼珠沙華の朱の上には金木犀の金
2016年9月25日 日曜日 晴れのち曇り

 朝の水やりでひよどりじょうごの葉と花は踊り出す。
ベランダの上の方まで花枝をのばして元気そう、、、。

a0031363_0252043.jpg


a0031363_0254739.jpg


 今夜はイタリアンの<ヴァレット>の岡田シェフと、<蕎麦処さくらぎ>と一緒に四者会談!の夕食。
曼珠沙華が満開の土手の道には金木犀の香りが満ちて<春宵一刻値千金>ならぬ
<秋宵一刻値千金>

a0031363_3584042.jpg
(おや〜〜〜こんな処にも曼珠沙華!)

a0031363_3594142.jpg
(一番先に花開きはじめた一蕪は、もう枯れ始めていました)

a0031363_425156.jpg


 角のあたりからなんともかぐわしい香りがしてきました、、、、!

a0031363_421649.jpg


なんとまあ〜〜輝く金木犀の数本が曼珠沙華の上部に夜目にもあざやかに!

 この界隈には十数件のお店がある。
大通りを渡ればその奥には新道通りで、沢山のレストランがある。
住み始めて三十五年の間にいろいろ行ってみたが、どれも帯に短し襷に長しで今一つ。
週に何度か外で食事をするには、食材も良し味も良しホスピタリティーに富み、
そしてコストパフォーマンスに優れたお店であって欲しいが、それがなかなかむずかしい。

 ヴァレットは二年前に、さくらぎは昨年十二月にオープンした、このあたりでは新参者?なのだが、
私たちはすっかりファンになっている。
最初のころはこのお店は、やっていけるのだろうかと心配になったが、どちらも最近は
予約がとれない店になりつつある。

ヴァレットでは鎌倉野菜が多く、ブロッコリ、小トマト、キュウリ、そしてキャロットなどが美味しい
くアンティパストに。時にはカルパッチョがある。(何度もこのブログに登場している)
フンギポルチーののパスタのあとは、自家製肉をいただいたりする。

 お蕎麦処では、ヒジキ煮、きんぴらゴボウ、カボチャ煮、大根などの家庭的な小皿は美味しく安い!
(家で作るよりも時間もコスパにも優れているかもしれない、、、)
そのあとには鶏とか豚の角煮などがあって、赤ワインとバッチリ。
手打ち蕎麦は最後で目の前で十数秒でゆで上がる、出汁も美味しい。
“こんなお店が近くにあったら通ってしまうと、料理上手なKちゃんも言っている。

 いつの頃からか、岡田さんには、“パパ、ママ”と言われて、中嶋さんには“お父さん、お母さん”と
いわれている。
(昔から名字はあまり呼ばれないし、奥様と言われることも数人だけで、あとはケイコサンと言われているが、
数年前からオカアサンと言われることが増え始めたようだ、、、、)

 今夜は、私たち二人がいつまでも元気でいてくださるようにと、これからのお料理談義。
連れ合いは仕事の経験、私はワインの奥義などを話して真夜中になりました。

a0031363_432385.jpg


 金木犀が香おる都心の夜の街角で感謝のシャッターをきりました。
“ママ、こんなに暗くては写りませんよ〜〜〜”と岡田さん。彼はまだ二十代後半。
“いや、オカアサンはウデがいいから大丈夫ですよ”と中嶋さんは五十前、
これからもずっとお世話になりそうです。
どうぞよろしくお願いいたします。

a0031363_441677.jpg


http://keico.exblog.jp/22110251/
2016年1月7日 木曜日 晴れ
美容院の後はカルパッチョとシャブリのレクロ
a0031363_02706.jpg


http://keico.exblog.jp/23242388/
2016年9月23日 金曜日 雨のち曇り
雨の日が嬉しい! お蕎麦とワインと曼珠沙華
a0031363_0521911.jpg




by pretty-bacchus | 2016-09-25 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

それにしてもよくふる雨だ
2016年9月24日 土曜日 雨

 一日横になっていた。
お昼過ぎにKちゃんが特製チーズケーキと、 
たらのブランダードとレバーのパテを届けてくださった。

どっちもかるーく暖めてバゲットに載せて食べてくださいねとメモがあり、
なんとポールのバゲットまで一緒に!
ありがたくて、、、枕を濡らした、、、、。

 それにしてもよくふる雨だ。
 
a0031363_0104046.jpg
(君子蘭の鉢に寄生したひよどりじょうごの葉はどんどの延びて花をつけているが、
こんな処にも! ガラス越しにカッシャッ!)


a0031363_044931.jpg
(雨の夜半の西の空を屋上から、、、、明るいのは新宿の歌舞伎町あたりかしら?)


 日月盈昃(ジツゲツエイショク)辰宿列張(シンシュクレッチョウ)


by pretty-bacchus | 2016-09-24 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

丸子橋で多摩川を渡って向こうの町へ
2016年9月18日 日曜日 曇り 小雨 川崎

 日曜日なのに、どうしても川崎まで出かけなければいけなくなった。
連休で混んだ高速を走って、少し大回りをしてなんとなくドライブを楽しんでいる感じ。

大変がことが起きかけているのに、三人とも大人なんだな、、、って、
感謝の気持ちを飲み込んでの助手席。 
(丸子橋で多摩川でを渡って、、、、)

a0031363_1194990.jpg
(助手席で手にはカメラを抱えての数時間)

 結局Nさんにはお目にかかれずにしょぼんと東京へ。
管理人さんに届いていたのは、焼きたてのヴァレットのピッザと新潟からのケガニ。
今年初めての入荷だったようで、二つのうち一つを送ってくださったのだそう。

人生糾える縄のごとしです。
ありがとうございます〜〜〜! 感謝していただきました。

a0031363_1213364.jpg
(なんだか可愛そう〜〜〜!)
(ゆでてくだっさってあったので、すぐにいただけましたが、包丁を入れるのが大変でした)
a0031363_122697.jpg






by pretty-bacchus | 2016-09-18 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

台風一過、帰京の朝は真っ青な青空、機上の太陽はぎらぎらと
2016年8月24日 水曜日 晴れ 帰京

 早くに目が覚めた。
雲一つない青空。台風一過とはよく言ったものだと首をたてにふる。

 昨日のうちにだいたいの片付けをしておいたので、ケビンの中はきれいになっている。
持ってきた衣類などをスーツケースにいれて、十二時にチェックアウト。
下の売店で時間を少しつぶして、ヤンベさんに送られて旭川空港へ。

(午前九時二十一分 寝室からの青い空)
a0031363_255942.jpg



a0031363_1185721.jpg

a0031363_119525.jpg

a0031363_121927.jpg
(東の空も青空〜〜〜!)
a0031363_1215277.jpg


a0031363_122435.jpg

[
#IMAGE|a0031363_124736.jpg|201608/27/63/|left|484|724#](すっかり支度を終わり、、、、一休み、、、)

#IMAGE|a0031363_123236.jpg|201608/27/63/|right|484|724#]


 (チェックアウトの後、売店のカフェで一休み、、、)

a0031363_1591585.jpg


(午後三時十一分 北の平城京の田んぼを撮る。台風の災害をまぬがれたのだろう。
稲は頭をあげていた)
a0031363_203068.jpg


今回初めてかいま見る大雪山旭岳は雲をかぶっている。
まだまだ気候は落ち着いていないようだ。
道々話をきくと、西神楽の辺別川で、堤防が約五十メートルにわたり決壊してゴルフ場がひとつ
冠水してしまったという。

もっと驚いたのは、去年の八月と十一月に二度も連れて行っていただいた
大雪山旭山源水の途中の水くみ場の脇の川が氾濫して施設のすべてがながされてしまったという。
町長さんがすぎ視察にでたが、途中の道が壊れていて難儀をしたという。

(↓この源水の景色はもう見られないのです)
http://keico.exblog.jp/21591932/
2015年8月25日 火曜日 晴れ
東川町の<大雪旭岳源水>の源までいってみました

 東川の米の田んぼはかろうじて保たれたようだが、畑は全滅で野菜農家はどうなってしまうだろうかと、、、
心配はつきないようだ。
美瑛も富良野も被害が多いようで、三つの台風はあまりにも多くの災害をもたらしてしまったのだ。
(旭川空港も青い空)
#IMAGE|a0031363_213186.jpg|201608/27/63/|mid|924|617#]

 Jクラスのウェイティングがとれて、ゆったりと機上の人。
右の窓側なので、眼下に北の大地が広がっていく。青い川は茶色に濁り流れていく、、、、。

(JL556。席は6HK、ゆったりとした旅の終わりの始まり、、、、。
離陸後に眼科に見えた川は、いつもとは違い茶色に濁っていた pm4:46)

a0031363_213186.jpg


a0031363_2182396.jpg
(太陽ってこんなに明るいんだ〜〜〜! pm5:15

a0031363_2205815.jpg
(pm5:56 いよいよ沈みゆく、、、、)

a0031363_222332.jpg
(二本の川がみえる、何の川だろう?)

a0031363_225536.jpg


 一週間隠れていた太陽がぎらぎらと輝き、雲と大地を楽しんでいる間に早くも着陸三十分前で
シートベルト着用のアナウンス。
東京湾の静かな海と幾つもの橋がみえる。
あ〜〜あの橋は開通してまもなく連れて行ってもらったことがある〜〜〜。
機上からの眺めはなんとも楽しい〜〜〜〜。

a0031363_2271043.jpg
(pm6:13 あ〜〜〜あの橋が見えた、、、、カシャ、、、あっという間に後ろに消えていった)

a0031363_2285713.jpg


 予約をしておいたタクシーが乗り場三番で待っていてくれて一路家路へ。
北海道で初めてという三つの台風の渡来でどこにも出かけられない一週間だったが、
静かに時をすごした大切な<時>であった。


 〜〜〜〜〜〜〜〜開通間もなくのゲートブリッジ〜〜〜〜

a0031363_17252893.jpg

どんどん迫ってくるシルヴァーに光り輝く橋はなんともノスタルジック!
http://keico.exblog.jp/16719376/
2012年10月31日 水曜日 曇
夕暮れ時のレインボーブリッジと海、ゲートブリッジ
a0031363_17282876.jpg


http://keico.exblog.jp/16760763/
2012年11月6日 火曜日 雨
新しいガジェットSIGMA DP1 Merrillがやってきた

http://keico.exblog.jp/19432413/
2014年2月5日 水曜日 曇り
SIGMA DP1/2/3 Merrill 三姉妹が欲しくなりました



by pretty-bacchus | 2016-08-24 23:59 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(2)

真夜中から警戒警報で携帯とiPhoneがなんどもけたたましく音をあげる
2016年8月23日 火曜日 台風

 真夜中から警戒警報 8月23日 2時58分
台風9号北上 東北地方が暴風域 北海道でも雨強まる
<気象庁は土砂災害や川の増水などに厳重に警戒するよう呼びかけています


 到着以来このケビンのネット環境が思わしくなく、かろうじてブログをアップできるが、
あとはドコモのiPhone頼みだった。

 早朝から携帯とiPhoneがなんどもけたたましく音をあげる。
上川留萌地方では、台風第9号の接近により、23日明け方から朝にかけて、
局地的に1時間80ミリの猛烈な雨が降る見込み。引き続き23日昼前まで大雨による土砂災害。
上川・留萌地方   低い土地の浸水 引き続き23日昼前にかけて
 上川地方、留萌南部 土砂災害    引き続き23日夕方にかけて
 上川地方      河川のはん濫  23日明け方から夕方にかけて

上川・留萌地方では、引き続き23日昼前にかけて、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに注意。 
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど安全確保に努めてください。
また、農作物の管理や屋外での活動なども注意してください

などなど「土砂災害警戒情報」や「氾濫危険水位」の警戒警報なのだ。

緊急警戒警報がこんなに頻繁ではほんとうにどんな思いなのだろうかと、
災害地の方々の気持ちがとてもわかったようだ。

 風雨はますますひどくなっていく。
雨の予想
23日0時から24日0時までの1時間雨量の最大値
 ピークは23日明け方から朝にかけて
23日0時から24日0時までの24時間雨量
 上川・留萌地方 200ミリ

 
 熟睡できずにウトウトしている間に、午後になって外の風雨の音が静かになってきた。
明日は東京へ帰る予定なので、JALに電話してみたが繋がらない。
心配していると、どこかで見られていたかのようにメールが入った。

K KEIKO様
この度はJALグループをお選びくださいまして、ありがとうございます。
明日のご予約便の搭乗方法をご案内いたします。
■ご予約便情報
[便名] JL0556
[出発日] 2016年08月24日(水)
[区間] 旭川 → 東京(羽田)
[発着予定時刻] 16:25 ‐ 18:10
タッチ&ゴーにてご搭乗いただけますので、直接、保安検査場へお越しください。


よかった、、、これで明日は帰れるだろう。

 パリのやすひろさんからもメールが入った。
敬子さん
北海道は台風と思います。
台風は三つ目でもひとつは台風は消えました。
もうひとつは北海道へ〜>>23日はサハリン島とロシアへ。
新しい台風は鹿児島と奄美へです。
気をつけて下さい。
おやすみなさい、やすひろ


 (午後三時過ぎに、青空が出た〜〜〜〜!)

a0031363_2331857.jpg


a0031363_2314016.jpg


(午後五時過ぎに、、、、)
a0031363_2341048.jpg


a0031363_235061.jpg


(午後六時半、、、、)
a0031363_2361957.jpg


 暦の上では二十四節季の<処暑 >
<陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
処暑は暑さが止むと言う意味。萩の花が咲き朝夕は心地よい涼風が吹く頃だが、台風のシーズンでもある>
昔からこの頃は台風が多かったのだ。

 東川の最後の晩餐は、やはり<居酒屋りしり>さんでヤンベご夫妻とご一緒に。
台風なのに、良い素材が入っていてさすが。その上満席。

 明日はこのあたり東神楽のお祭りだそうで、大将は御神輿をかつぐのだという。
三十代の若者達が、これからのこの町を盛り上げていくのだろう、、、、ということで
すてきなことだ。

(午後七時りしり着、、、、)
a0031363_2374197.jpg


(カラスの大群な夕焼け空に現れた、、、、)
a0031363_2392998.jpg


a0031363_2402841.jpg


(大好きな魚の盛り合わせ、、、)
a0031363_2412521.jpg


(この町の水は大雪山旭岳の源水で美味! 塩素もはいっていないので、野菜も豆腐も何もかもおいしい。
もちろん東川の米<ゆめぴりか>は日本一!
a0031363_2434993.jpg


(はしりのニシンをいただきました)
a0031363_2455882.jpg




by pretty-bacchus | 2016-08-23 23:59 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(2)

台風のあいまに理創夢工房で土いじりを楽しみ器を創りました
2016年8月22日 月曜日 台風 リオ五輪閉幕

 北海道だけではなく、関東も記録的短時間大雨情報がでているという。
大変なことになってしまった、、、、。

a0031363_164314.jpg


 人生だって浮き沈みがあり何度もの青天の霹靂があり波瀾万丈だったが、なんとか二人で、そして
友人達のおかげで乗り切ってきた。
でも自然の災害だけは人智ではなんともしいがたいことがこんなに沢山あるのだ、、、、と
風雨を見ながら聞きながら妙に納得している感じ、、、。
今回は美瑛や富良野にと思っていたが、この風雨ではどこにもいかれずに、むしろ
ゆっくりとできた良かったのかもしれない。

 去年の春の大きな病から回復した連れ合いは、その後すっかり元気になっているのだが、
若い頃の盲腸以来生まれて初めての手術と長い入院でかなりまいっているのはたしか、、、。
オリンピックを楽しそうに見ていると思ったら、時々つぶやいている。
“去年の夏は退院のあと、ほんの数ヶ月だけだっなのに、よく北海道にこられたね、、、、。
“ゆっくりできていいな〜〜〜こんなに静かで幸せなのに、、、、ボク死にたくないな、、、

わたしもこの頃よくつぶやいてしまっている。
“一緒にいつまで旅ができるかしらねぇ〜〜〜?
“あとどのぐら生きられるかしらねぇ、、、、?
誰も避けて通れないことなのに、どうやら私たちはまだ人間ができていないにちがいない、、、。

 いくつもの台風連続発生で北海道への二つ目は「過去に前例がない状況」となっているという風雨のなかに
ブランチのあとにヤンベさんに送られて陶芸作家滝本宣博さんの理創夢工房におじゃました。
途中この町の葡萄畑を通り、倒れかかったコスモスの群れや白い蕎麦の花を車窓からながめて十数分で到着。

a0031363_193359.jpg


一昨日のはずだったのだが、土砂崩れで重機が入っていると言うことで今日に延期していただいていた。
http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=2&s=33
東川町の山すその「クラフト街道」の一角の入口近くの高台にあった。
道路の左側の細長い看板を左折した小道を登り小川を越えたら建物がみえてきた。
愛犬の光悦君がでむかえてくださって、こんにちは。よろしくお願いいたします。

a0031363_1102199.jpg


a0031363_110553.jpg


 常設のギャラリーを併設する工房で、主は滝本宣博さんと奥様ののり子さん。
お二方とも旭川工芸会でご活躍のようで、とても素敵な方達! 

a0031363_1124042.jpg
(工房から外を、、、黄色い花はおおはんごん草、と奥様が教えてくださった)

a0031363_1115352.jpg


 さっそくに信楽のような土をワイヤーで薄くきることから始めて、平らな形状にして
板の上にそれを置いた。
プラスティックの定規を上手に使って土をきれいにする。

#IMAGE|a0031363_114299.jpg|201608/24/63/|mid|924|617#]
a0031363_1151743.jpg


“はい、これは色粘土で、左から青・ピンク・茶色です、と
奥様が丸く丸めた土を置いてくださった。
独自の色粘土のようで、これを自分がデザインし絵を描く感じで、筆に水をつけて接着剤とし、
丸い土台に象眼のように練り込んでいく「練り込み」技法の感じ。

 次にびっくりは、できた形の上にふきんを被せて、自分の創りたい形の鍋の底を載せる。
それを今度は上下ひっくりかえして、その鍋底の形にあわせて形状を作っていくのだ。
最後は力強く叩きお終い。底に今日の日付とサインをした。
<嵐の中で、敬子 22 Aug2016>  北海道の思い出の器が一つできた。
(毎年増やしていきたいな、、、、)
三週間くらい乾かしてから、先生が電気釜で焼いて完成で、送ってくださるとのこと。
カレー皿よりも深くしたので、これはちらし寿司に仕えるかも知れない、、、楽しみだな。

 終わってみると一時間半がたっていた。
途中は夢中になってスナップを撮るのを忘れていた。

a0031363_117581.jpg(連れ合いはめずらしく変形ができて、なかなか、、、、!)

a0031363_1185913.jpg(ワタシはめずらしくちゃんと丸くできました!
青・ピンク・茶色の練り込みがどんなふうに浮き上がるかが楽しみです。
三色で回りに円を描き、中は三色を使って、井がたの感じで直線を。三個所に丸い花を置いてみた)

a0031363_1221755.jpg
(二つ揃えて〜〜〜そのレンズを上に向けたら先生はポーズをおとりになった!)
a0031363_131381.jpg


a0031363_1235492.jpg
(先生方を、はいチーズ!)

#IMAGE|a0031363_1244952.jpg|201608/24/63/|mid|864|577#](私たちも撮っていただきました)

 三時半過ぎにヤンベさんが迎えに来て下さって、隣の弟さんのカフェはなでティータイム。
冬には南画月もお客さんはなく、夏場でも数人という。本業はデザイナーさんで毎月何日か東京とのこと。

この東川にはそういう方が大勢いらっしゃるようだ。
なにしろ旭川空港までは三十分もかからないのだから、東京を日帰りもできるようで、
大学の先生とかもいらっしゃるようで、一つのおもしろい文化圏としてなりはじめているらしい。

a0031363_1264938.jpg


 台風は勢いよく北上して被害をばらまいているようだ。
風雨が続いていて、大雨の特別警報が発令される「数十年に一度」の基準を上回る恐れもあるという。
今夜は寝られそうにないかもしれない。

 (パリのヤスヒロさんも心配して台風の行き先画像を添付してメールをくださいました)
a0031363_1275466.jpg


by pretty-bacchus | 2016-08-22 23:59 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(6)

 北海道への台風の合間をぬって友人のお誕生会を
2016年8月21日 日曜日 台風十一号がくるの?

 海外で最後の夏の休暇をとっているKちゃんからメール。
“敬子さんは、嵐を呼ぶ女???かしらん。
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160821/afr1608210006-s1.html
この北海道にいくつもの台風襲撃にKちゃんはほんとうにビックリしている。
ワタシだってビックリ!
二台のスマートフォンには警報が何度も入り、災害の時の恐ろしさを体験してしまった。
こちらの友人だって、こんなことは史上はじめてのことですよ〜〜〜!ってビックリ。

母からも電話、弟からはメールが何度も入ってきている。関東地方もすごい風雨だったようでそちらも心配。

 今朝は突然に青い空が見えた。
キッチンの窓から東の青空を撮って、また西の空にもどった。
台風一過を思いきや、予報ではまた次のがやってくるようだ。

(午前八時過ぎに青空が輝き始めた、、、、キッチンも窓から東側の借景を)
a0031363_21474098.jpg


a0031363_21484560.jpg


a0031363_2242491.jpg


 (幾つも出ていた非難警告などが解除された時もiPhoneはけたたましく鳴った)
a0031363_21513278.jpg

a0031363_2157577.jpg
(夕方には西の空も青空に、、、、、)
a0031363_2205683.jpg

a0031363_2255611.jpg


 送っていただいて美容院できれいいなって、道生駅前で待ち合わせ、、、、。

a0031363_2293548.jpg


 今夜は奇しくもヤンベさんのお誕生日だった。
ヴェレゾンのシェフにお願いしておいて、ちょっとしたサプライズで四人でお祝いの乾杯〜〜!
アンティパストミスト、テリーヌやパスタなどをいただいた後に、ティラミスにロウソクをたてて、
ハッピーバースデー トゥー ユウ!

彼はクロスカントリーの選手だった方で、今はこの町でお仕事をしている。
連れ合いとは四十年来の友人。
昔一緒にヨーロッパを旅をした頃のことや、西村一良先生のこと、トニーザイラーさんのことなで
お話はつきず、、、、、素敵な夜となりました。

a0031363_22213091.jpg


“わ〜〜こんな風にロウソクの火を消したのは何年ぶりだろ〜〜〜”って、彼はとっても喜んで下さった。

a0031363_22231633.jpg

(ご自分のスマフォでも写真を撮っていらした、、、、)

a0031363_22253516.jpg


(村田オーナーシェフに送られて、、、、)
a0031363_22261522.jpg


 明日はりしりかしら?


by pretty-bacchus | 2016-08-21 23:58 | ♢Journey inHokkaido東川日記 | Trackback | Comments(4)

体操の男子団体総合決勝で十二年ぶの優勝おめでとう。
2016年8月9日 火曜日 長崎原爆の日 晴れ 東京でも三十八度

 体操の男子団体総合決勝で十二年ぶの優勝おめでとう。
エース内村航平、田中佑典、山室光史、加藤凌平、白井健三さん!
2004年のアテネ以来三大会ぶりの団体金。体操ニッポンばんざ〜〜〜い!

 手に汗をにぎった午前三時半からの数時間だった。
金メタルを首にかけてのインタビューに十代の白井さんは
“人生で一番心臓に悪い日、と。
そして“まちがいなく一番幸せな日、と答えていましたが、それを見ている観客のほうが、
ほんとうにテレビを見ながらはらはらどきどき、そして涙なみだ、、、、。

 それにしても一人の人間が
鞍馬、吊り輪、跳馬、平行棒、鉄棒、床とつぎつぎとウルトラCの演技を奏でる様は圧巻。
最後の種目になった床運動も、自分の名前をもつ演技をつぎつぎに披露して得点を重ねる
十九歳の白井健三が見事。
そして最後の着地でほっとしたエース内村航平のはにかむような笑顔!

 ミスが相次ぎ四位に終わった予選からよくぞここまで立て直したと思うと奇蹟としか思えないが、
彼らは予選のミスをそれぞれが中一日で修正して、勝負処の決勝で自分たちの演技をやりきったのだ。
二位のロシアとは近差だった。三連覇を狙った中国は三位。

 インタビューが続く中、念願叶って喜ぶ彼らは、かけよったコーチに金メダルを
ひとつづつ掛けていったのがすてきだった。
そして表彰台では、五人が後ろからぐるっと廻って、中国陣と握手したあと、次にロシアの選手たちと
握手をしてから、表彰台に上がった。
誰かの演出だったのだろうか、それとも彼らの思いだったのだろうか、いずれにしても心温まる一コマだった。

 君が代にあわせてしっかりと声をだし歌っていた彼らはまぶしかった。
ありがとう、体操男子の皆さん、そして関係者の方々。

 台風の影響かしら、朝から気温がぐんぐんと上がってしまって猛暑日の東京でも三十八度。
東京駅前の地上の温度計は四十二度だというから、ぐらぐらするはずです。

(おめでとう〜〜と声をかけながらテレビをカシャッ〜〜)
a0031363_222424.jpg


a0031363_2234278.jpg


a0031363_224552.jpg


by pretty-bacchus | 2016-08-09 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(2)

今年最初の宇治金時は梅雨明けに虎屋菓寮で
2016年7月28日 木曜日 晴れ 梅雨明け 32度とか

 朝顔さん、おはよう〜〜〜さん!

a0031363_1155922.jpg


 暑い中を一時半のアポイントで溜池の某商社あとへ。
日本ではまだまだ女性は=主婦という考えは全男性にあると再実感。
でも同窓生ということで沢山時間をとっていただいて、いろいろ相談にのっていただけるのは
ありがたく嬉しいものだ。

 疲れ果てていたが、思い切ってミッドタウンまで。
地下の虎屋さんは長蛇の列。それでも半時ほど待って席に座れた。
疲れ切って少しお腹がすいた連れ合いは、夏スペシャルの小盛りご飯&小餡蜜のセット。わたしは今年の最初の宇治金時に挑戦。でも頭にツンがつらいから小盛りでお願いしました。

a0031363_1155579.jpg

a0031363_11575591.jpg

 地下の奥にある食料品やさんでお買い物。
慣れないお店は疲れるが、近くのスーパーとかにはない食材がいろいろあって楽しいな、、、。
二人で両手一杯の袋を持って帰宅。

 梅雨が明けて本格的な暑さがやってくるだろう。
暑がりで汗かきにわたしには辛い数ヶ月になるに違いない。
]
]

by pretty-bacchus | 2016-07-28 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)