タグ:FUJINON XF10-24mmF4 R OIS ( 182 ) タグの人気記事

ようやく写真の整理とブログの更新ができました
2017年5月13日 土曜日 雨

 雨の土曜日は静かだった。
借景の緑にはほんとうにいやされる。
ときどき鳥たちが右から左へ、左から右へと遊んでいる。
瘤だけとなっていた梧桐の木に日に日に緑の葉が多くなってくる。
時の季節のうつろいって本当に不思議だ。

a0031363_17133399.jpg
(朝のベランだ雨に濡れて、、、、)

 仕事のことは今日は忘れようと決めて、ずっとこの一週間の写真の整理とウェブ日記を書いていた。
いくつものことがあって、まだまだ落ち着けそうもない、、、ですね。
一気に四日分のブログをアップしておくといたしましょう。

 夕方にKちゃんから、“ラズベリーケーキとチーズケーキを作りましたのでおとどけいたします〜〜〜。
“それなら一緒に軽くピッツアでもいかが?
というわけでオカダさんの処へ。
相変わらず混んでいて、でもソファー席をご用意くださって感謝です。

 ふくさんに、お仕事が終わられた後にどうぞと声をおかけしたので、
今夜はシャトー・ドゥ・ティルガンの2010年、パリで銀賞受賞のマグナムを開けました。

a0031363_1716163.jpg
(新しいお肉メニューができて、いろいろお塩の種類ものせてくださって、美味でした。
酔っていないのに、ボケてますね、、)

by pretty-bacchus | 2017-05-13 23:54 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

すさまじい二週間の後はふくさんでほっとして
2017年5月12日 金曜日 曇り 暑い一日だった

 昨日は病院から>美容院のあとトボトボと帰宅して、ありあわせで夕食を終えたのだが、
もう疲れて起きてはいられずに九時頃には床についてしまった。
午前二時、寝室のカーテンから差し込む月に光で眼が覚めた。
きれいな十六夜の月だったが、カメラを構える元気ななかったが、そのままおきだしてメールをチェック。

 <事>が起こってからすでに二週間がたった。 すさまじい日々だった。
なにかが起こったときには必ずその要因がどこかに隠されていることが多い。
いままでの成り行きなども反省する必要があるし、今の世の中の現象すべてをリサーチして
次のステップに進まねば、ことは解決しない。

http://keico.exblog.jp/23862717/
(2017年5月2日 火曜日 晴れ
突然ふりかかった事件には心優しくいどむことにしました 

 良い機会と考えて、関係者や関係機関にも足をのばした。
現役を引退してもう十年以上たつが、まだ知己には現役の方が多く、いろいろ情報をいただくことが出来た。
ありがたいことである。
そして今回は、いろいろの情報はやはりウェブでとることも多かった。
そういう時代ということだろう。

その結果を、頭のなかで整理しながら紙の上に箇条書きでメモをする。
それからマックに向かって英語のレポートを書き始める。
昔むかしのタイプの時代を思えば、今のPCでは打ち間違えてもすぐなおせるから
何とも便利な世に中になったものだ。
あやしい単語も、<翻訳>で検索するとソフトがたちあがり、日本語から英語へ、またはフランス語へと
すぐに変換出るから、それを参考にして書きすするめる。(もっとも翻訳ソフトの結果は変なことが
多いから自分の英語に直さねばならないのだが、、、)
大きなオックスフォートディクショナリーは本箱の奥に入ったまま、、、、。

 だが左手薬指の第一関節はまがったままでキーボードをうつのに以前にようにはいかなくて時間がかかるし、
とても疲れる。眼もギシギシし始める。
フランスとの時差の関係もあってメールのやりとりは真夜中すぎからだし、
何日も徹夜をしてしまって疲労困憊。もう限界かな? 歳なのでしょうが、、、、。

a0031363_17245183.jpg

#IMAGE|a0031363_1214190.jpg|201705/13/63/|mid|900|600#]

 そんなわけでブログも今週は一日も書けていない。
<ブログやめようか病>からせっかく回復して、いろいろ書きたいことは沢山あるのに、
日付と天気とその日の出来事をメモるだけで、整理もできずアップも出来ていない。
スナップもカシャカシャ撮っているのだが、Pc上に展開できていない。

こんなことも珍しい。
一日づつさかのぼって後で書き足していきましょう、、、。
(Iさん、そんなわけで<ブログやめようか病>がまた起こったのではありませんので、ご安心ください)

http://keico.exblog.jp/23845953/
2017年4月24日 月曜日 晴れ 鳥はオナガ!いえそうではありませんでした
<ブログやめようか病>は今回もなんとか回復しました。

 夕方に今週最後の英語のメッセージをやっと書き終わった。最後の電話。
疲れた〜〜〜!
あとは日本語のレジュメのメールを関係の方に書くだけなのだが、明日にしたくなった。

 お腹がぺっこぺこ、、、、<腹が減っては戦ができぬ、An army marches on its stomach.>
英語ずけの二週間だったから、昔学んだヴォキャがすぐにでてくる。ふむふむ、、、。

 昔から、こういう時は美味しいご飯と美酒が私を救ってくれている。
バータイムのふくさんに出かけた。
五月のはしりや旬の食材をいろいろいただき、最後は今夜も土鍋ご飯を特別にしていただいて、
疲れも吹っ飛んだ感じ。
ありがとうございました。

a0031363_12475554.jpg
(三種のオードブル、ピンはワインにあってしまいましたね、、、)

a0031363_12483875.jpg
(はしりの水茄子をきれいに作って下さって、、、)

a0031363_12495143.jpg
(山形のお友達から送られてきたという天然コシアブラとクロムツのご飯)
a0031363_12512096.jpg
(智さんと女将は抜群の相性!)


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日の出 04時38分  : 日の入 18時37分
  月の出 19時43分  : 月の入 05時37分
by pretty-bacchus | 2017-05-12 23:55 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

ネズミの歯形のついたうどんの玉を買ってしまいました
2017年5月9日 火曜日 曇り ネズミ騒動

 ちょっとした<事件>があった。
Tさんからの乾麺特製の稲庭うどんがきれてしまったので、最近はお昼などにシマダやの
一分半で簡単にゆだるパックをに重宝していた。

 昨日買ってきてくれたパックに鋏を入れようとして、あれ〜〜?
角のなかほどに五百円玉くらいの穴があいている。切れたのかしら?
そこから鋏を入れはじめて驚いた。
“キャア〜〜〜! おもわず声が出た。
中のうどんが五百円玉くらいなくなっていて歯形が見える。
“ネズミだ〜〜〜! どこにいるのかしら?
冷蔵庫をあけてみる。バカなことだが、、、。

“そんなわけないだろう、、、と連れ合い。
彼はぜったいに認めない。
それでも昨日のスーパーにいってくれることになった。
おそるおそる出して、そっとネズミ、、、とつぶやいたら、店長さんがすぐにでてきて、
“はい、ねずみなのですよ、、、と簡単に認めたのだそう。

信じられない、、、。
どうやら地階にできた焼き肉のお店から、真夜中に一階のスーパーに遊びにきているらしい。
なんだか気持ちが悪いなあ〜〜。
一丁目の向こう側のラーメンやさんのネズミの話や、築地市場のねずみの大群のことはきいたことがあるが、
すぐ近くの地元のスーパーにも出没していて、その残骸の品を買ってしまったとは。
今後はネズの歯形のない品を選んで買わなければいけないなんて、、、。

 それにしても、ネズも炭水化物を食べるのかしら、などと話していたら、
後日談があって、地下の焼き肉やさんは最近で、その前はうどんやさんだったのですって!

 久しぶりの高田さんのお店には、ふくさんと女将をお連れできた。
それにしても皆さんよくお飲みになりますね〜〜〜。

a0031363_2259938.jpg


a0031363_2304591.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-09 23:55 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(6)

イタリアンのヴァレットさんはまもなく三周年を迎えます
2017年5月6日 土曜日 晴れ 

 ゆっくりしてしまった。
といっても朝まで何時間もかかって横文字のメールを二通書いたらほんとうに疲れてしまって、
夕方まで起きられなかった。
ほんとうにだらしがなくなったものだ。ほんとうになさけない。

a0031363_1564295.jpg
(ベランだのジャスミンの葉がのびてきた。
ガラス越しにも輝いていますね〜〜〜!)

 遅くに昨日のお皿をかえしがてらヴァレットさんへ。
オープンしてから、あと数ヶ月で三年になる。
良い素材を廉価なメニューで若者にもというオーナー二人のお考えだから、
とてもリーズナブルでカリテプリに富んでいる。
最初は静かだったが、最近はいつもいつも満席でなかなかお席がないのだが、
今日はなんとかゆっくりとできるよう。

 数ヶ月ご無沙汰している間に内装がすっかり変わっていてビックリ!
白い壁は、濃い茶色に、椅子も新しくなり、場違いのシャンデリアもなくなった。
ワインラックもきれいになった。

 ヴァレットは二年前に、そば処SAKURAGIは昨年十二月にオープンした、
このあたりでは新参者?なのだが、私たちはすっかりファンになっている。
最初のころはこのお店は、やっていけるのだろうかと心配になったが、
どちらも最近は予約がとれない店になりつつある。
(そして半年前からは、四丁目のふくさん!)

 ヴァレットは鎌倉野菜が多く、ブロッコリ、小トマト、キュウリ、そしてキャロットなどが美味しい。
アンティパストの種類も多く、時にはカルパッチョがある。
ピッツアも美味しい。(何度もこのブログに登場している)自家製ハムも熟成肉もなかなか。
シェフは二十代後半でとても純情でイイコ!
ワインのことは詳しくないので、いろいろ講釈をならべながら、店にはないワインを一緒していただく。

 お料理のことや海外のことをとても聞きたがって、連れ合いはいつも楽しそうに昔の旅や
仕事のことなどを話している。
近くにこんなお店があってとても幸せ!
ありがとうございます〜〜〜!

a0031363_15812.jpg


 中地下の感じのエントランスをはいると、テーブル席が六つ、
奥の部屋にはソファー席がふたつあって、ゆっくりできる。

a0031363_158342.jpg


(お祝いにさし上げた食の地方ペリゴールの大きな写真は、なんとエントランスの右に飾られています)
#IMAGE|a0031363_158342.jpg|201705/08/63/|mid|860|573#]


http://keico.exblog.jp/23249752/
2016年9月25日 日曜日 晴れのち曇り
夜目にも鮮やかな曼珠沙華の朱の上には金木犀の金

http://keico.exblog.jp/22110251/
2016年1月7日 木曜日 晴れ
美容院の後はカルパッチョとシャブリのレクロ

http://keico.exblog.jp/21131676/
2015年4月16日 木曜日 曇り
ヒナゲシの土手、、、夜はカルパッチョ、、、

http://keico.exblog.jp/21099940/
2015年4月7日 火曜日 雨
桜が終わった頃に友と重ねる杯の旨さ嬉しさ

http://keico.exblog.jp/20307293/
2014年10月19日 日曜日 晴れ
メジロのカルパッチョとロッソディモンタルチーノ2002
a0031363_22552524.jpg
(二年半前の写真ですが、シェフ若かったですね〜〜〜!
a0031363_2948.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-06 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

松川玉堂先生の二十六回目のお習字でした
2017年5月4日 木曜日 曇りのち晴れ

a0031363_1947915.jpg
(青空がきれいな午後だった。この時期の東京の空はきれいなことが多い)

 変更になって今日が松川玉堂先生の二十六回目のお習字でした。
いつもより三十分早く迎えの車をお願いして、先生がお着きになる一時間前にサロンについたのです。

 Sさんと少しおしゃべりのあと、三人は黙々と筆をうごかて、
前回書いていただいた楷書の岑參の<慈恩寺登浮圖>から、<崢嶸如鬼工>をまず数枚書いた。

 先生がお着きになられて落ち着かれたあとの見ていただいた。
“イイデスネ〜〜! “え〜〜〜?
はい一重丸でほどほど良い。なるほどこれでは三重丸はいただけませんね。

 草書に移って、前回からの千字文の松本芳翆先生のお手本
<圖寫禽獸>トシャキンジュウ<畫綵仙靈>ガサイセンレイ>
a0031363_3131992.gif


 三時間はあっというまにたってしまいました。
疲れました〜〜〜。さすがに疲れた。

http://keico.exblog.jp/23847978/
2017年4月27日 木曜日  曇り その一
松川玉堂先生の二十五回目のお習字でした

a0031363_19483374.jpg
(先生がお手本を書いてくださる)

a0031363_19491735.jpg
(じっと見つめるSさん)

a0031363_195088.jpg
(今日の楷書のお稽古は、、、、一重丸)

a0031363_1950582.jpg
(草書は前回からの続きの千字文)

a0031363_19542152.jpg
(次回の楷書をひとあし早くお稽古して、よくできましたね、、、、と先生。
麻布の先輩である先生とは、最後のほうはいつも昔話に花が咲く)


ぐったりして<送り>の車に乗った。Tさんだったので、銀座経由でお願いした。
祭日の夕方の銀座はすごい人の波。
先月オープンしたGINZA SIX | ギンザ シックス。

「ギンザ シックス」は、その昔松坂屋があった処が回りも一緒に全改装されて、
銀座エリア最大の商業施設としてお披露目がなされたばかり。
241のブランドがはいっているというが、そちらはあまり興味がない。
オープニング展示として、中央吹き抜け空間にシャンデリアのように下がっている草間彌生の作品をみてみたい。
白地に赤いドットの三種類のサイズからなる十二個のカボチャのバルーンなのだそう。

でも疲れてしまっていて、車から降りる元気がでずに断念。
車窓から夜の銀座をカシャカシャしただけでした。

a0031363_1956324.jpg(新橋あたりから銀座四丁目に走ると新しい銀座通りが華やか。
ヤマハのビルの直線と曲線の建物が美しい)

a0031363_19574090.jpg
(六丁目あたりから銀座シックスがそびえ立つ、、、、)

a0031363_19582622.jpg
(前と通り過ぎて、、、、)

a0031363_19585634.jpg
(銀座四丁目を左に曲がって、、、、。和光の時計は午後六時三十五分)





More>>松川玉堂先生のお稽古の記録
by pretty-bacchus | 2017-05-04 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)

工事音なしでぐっすりと安眠できましたが、、、
2017年5月3日 水曜日 晴れ

 祭日で工事がないようで朝の目覚めのあと再度安眠! 
昨日の<会社訪問>で体力を使い果たしたようで、午後遅くまで寝込んでしまった。
だらしなくなったものだ。

a0031363_1131498.jpg

#IMAGE|a0031363_114450.jpg|201705/05/63/|mid|860|573#]

 さて夕方になって空の冷蔵庫をのぞいて、二人でにやにや、、、。
買い物にでて、その前にワンメーターのふくさんにおじゃましてしまったのです。
リラックスして美味しいワインとお料理&ご飯をいただいて、ほんとうにありがとうございました。

(この前菜の盛り合わせは最高!)
a0031363_1144588.jpg


(今夜の土鍋ご飯は、鯛とふきご飯!)
a0031363_124122.jpg


(二人の写真があまりないのですよ〜〜〜とおっしゃるお二人をカシャッと)
a0031363_1322495.jpg


by pretty-bacchus | 2017-05-03 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

四月最後の夜は三日月と話をして、、、、
2017年4月30日 日曜日 晴れ

 早い、早すぎる。
四月ももう終わり?!
毎月、月の終わりになるこのあせる心は何なのだろうか、、、。

a0031363_517415.jpg
(am9:00)

 ゆっくりできると思っていたゴールデンウィークは、久しぶりに長い英語のレポートを
書くことになってしまった。
現在の日本の経済状態、消費動向、百貨店スーパーなどの変遷、食品やワインの動きなどなどを数枚にまとめた。
現役の頃は、その昔はタイプライターに向かって、その後はマックでキーボードを打って
毎日のように書いていた<コレポン>時代がなつかしい。
もうすっかりその世界ではなくなっているが、頭で構想をまとめて机に座ると指は面白いように動いた。
怪我をした左手の薬指がまだ治っていないので、WとSを打つのが辛いが
ブラインドタッチですらすらと書けつづけた。
今はまったく便利な時代になって、必要なデータはグーグル検索や省庁のホームペーなど

簡単に調べることができて、レポートまとめの時間短縮ができた。
さて、読み直しの段に入って眼がちかちかし始めた。

a0031363_5183015.jpg
(am11:40)

(そして午後の光にベランダの花々が輝きます、、、、)
a0031363_5205848.jpg


 借景の緑に目を移してしばし考えをめぐらし、また画面に戻る。
書いたもの全部をコピペしてテキストエディットに移し、拡大して校正をした。
ふむふむ、、、なかなかよく出来ていると自画自賛!
でも数時間あまりの集中でぐったり疲れてしまった。
ほんとうに、これが歳をとったということなのだろう。

a0031363_522199.jpg


 夜のとばりがおりる頃に西の空に月が舞った!
今夜は三日月。“お月様こんばんは〜〜〜! ガラス越しにカメラをかまえた。

 長いメールを書いてレポートを添付した。
造り手の情熱と愛情を今後もどんな風に守って、どんなふうに次の方に引き渡していくかを
まじめに考えていきたい。
四月最後の夜は更け、、、、、、、深い闇に沈んでいきました。

a0031363_5224094.jpg


 〜〜〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時50分  : 日の入 18時27分
  月の出 08時07分  : 月の入 22時32分
by pretty-bacchus | 2017-04-30 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)

黄金週間の初日はちょっとした珍事から始まりました
2017年4月29日 土曜日 曇り

 黄金週間の初日はちょっとした珍事から始まった。
朝のうごめきで眼が覚めた。リビングにいって借景の緑とお話し。

a0031363_2121257.jpg


 今日は土曜日で祭日なので、上と下の階の工事はないといいのにな、、、と願って、
また寝室へもどり二度目したらなんとお昼までぐっすり寝てしまった。
久しぶりにお肌がつるつるになっている。 よかった〜〜〜!

 枕元のiPhoneで日経ウェブ版を開けた。
2017年春の叙勲受章者の名簿がずらりと並んでいた。4080人も!
ふ〜Nnnn,あまり関係ないし興味も薄いのでパス。

 メールに移ったら、ななんと <お祝い申し上げます>のタイトルメールが?
え〜〜〜〜、どうしたの、どなたかと間違えたのかしら?
ワタシは通販やセミナー、その他でも<子>の字を書かないことがおおいので、
どうやら同姓同名の方がいらしたようでビックリ〜〜。

 友人がお二人大変な賞をいただいたことがわかり、連れ合いは電話で楽しそうに話していた。
午後にももう一方からお祝いメール。
なんとも楽しいゴールデンウィークの始まりとなりました。

by pretty-bacchus | 2017-04-29 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)

今日の色はと問われれば緑と赤と心はブルー
2017年4月28日 金曜日 晴れ
 
 早朝の借景の緑にはなんとも心癒される。
でも心はかなりブルーな朝なのだ。

a0031363_0393230.jpg


a0031363_0371157.jpg


 七時になると光が増してくる、、、、。

a0031363_2113316.jpg


 昨日のお習字の間に入ったフランスからの電話は黒船来襲の感じだった。
十数年前にすべての仕事を終了したのだが、数社残ったワインの造り手さんとの交流はすばらしいもので、
それぞれの方々とお互いに命ある限り続くと思っていた。
造り手のワインへの思いを日本の方に伝えながらその文化的背景もいっしょに、
限られた数しか入らないので限られた方がただけへその楽しみを味わっていただいていくのは素敵なことで、
それが守られてきてきていた。

 が、今回は日本の大きな会社が興味を示してきたのだ。それも突然一本のメールで。
いくらウェブ時代とはいえ、唖然とした!
過去何十年のあいだにも何度か起こったことだが、どうやら今回は無事にはすまないような感じがする。
あと何年できるかわからないから、引き継いでくれる方を模索し始めていたのはたしかだが、
ライトパーソン&ライトカンパニーを決めるのは難しいことと思っていた。
何百年か生きてきている葡萄とそのワインと、三十六年続いている日仏の友情をまもっていることに
歓びを感じていた。
どうしたらよいかと模索の日々に、まさにその穴蔵に突き落とされたような感じ。

造り手と話し、今まで三十六年そのワインを愛してくれた方々とも話して、悩みはますばかり。
さてどうしたら良いのだろう。
神様はまたワタシにまた大きな試練をお与えになられたようだ。嗚呼! 

 昨夜はお習字のあとはSさんのディナーミーティングに参加。
次の予定があったので一時間で失礼して、次はNさんのお店へ。
ワインサーヴィス一年生のNさんのお店で、マグナムをデカンターしてサービスする方法を
ソムリエールのKさんに教えていただいたというわけ。
友達っていいな〜〜〜〜! 感謝!
赤ワインで楽しく夜は更けていきましたが、、、、。(心はブルーのままなのでした)

a0031363_2151213.jpg
(カンティナコスタンティのブルネロディモンタルチーノ1996のマグナム、シャトー・ドゥ・ティルガンの2010のマグナム、そして珍しいグラタマコのマグナムの三本は壮観)

a0031363_2163951.jpg
(デカンターの内壁にグルッと沿うようにね、、、、と教えながら、、、、さすがKさん!)

a0031363_2173322.jpg


a0031363_2201298.jpg
(開店してから一年半がたって、だんだん良いお店になってきた。それとともに
予約が取れない店になりつつもあり悲しい)

 〜〜〜〜〜〜
(ヘッドラインの下はフェルメールブルーより)

by pretty-bacchus | 2017-04-28 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

松川玉堂先生の二十五回目のお習字でした
2017年4月27日 木曜日  曇り その一 松川玉堂先生のお習字の日でした

 まだ少し情緒不安定かもしれないという自覚症状ありがだ、お稽古が救ってくれたかもしれない。
松川玉堂先生の二十五回目のお習字の日。
<書海>の四月号から楷書と小倉百人一首のお手本を書いていただき、その後の行書は、
今日も千字文の続き。

 松本芳翆先生のお手本の行書で、前回の
<宮殿盤欝 楼観飛驚>きゅうでん はんうつ  ろうかん ひけい.>に続き、
<圖寫禽獸>トシャキンジュウ<畫綵仙靈>ガサイセンレイ
きんじゅうをうつしえがき、せんれいをえがきいろどる。
楼閣の内には鳥や獣、神々や仙人の壁画が美しいことを語っているのだそう。

http://keico.exblog.jp/23773215/
2017年4月4日 火曜日 晴れ 花曇り
松川玉堂先生の二十四回目のお習字のあとは卯月のご馳走

a0031363_3131992.gif

 松川先生がお手本をお書きくださる。
 
a0031363_3115886.jpg


 千字文はほんとうに素晴らしい<書>と毎回思う。
<千字文>はその名のとうり千文字あり、二百五十の四字一句からなる四言古詩。
南朝の梁 (502–549) の武帝が、文章家として有名な文官の周興嗣 (470–521) に
文章を作らせたものと伝えられる千字文。
皇帝の命を受けて一夜で千字文を考え,皇帝に進上したときには白髪になっていたという伝説がある。

八文字対句で計125句(合計千文字)から構成され、全ての文字が異なっている。
後年多くの書記官が表記しているが、智永の「眞草千字文」が最も普遍的といわれれるが、
私たちは、松本芳翠の<草書千字文>を手本としている。

 <千字文>は、まず「天地玄黄 宇宙洪荒」宇宙は果てしなく広いと、
当時すでに天地や宇宙のことろ論じていたのはすごい!
次は、日月盈昃(ジツゲツエイショク)辰宿列張(シンシュクレッチョウ)
じつげつはみちかたむき、ほしぼしはならびひろがる。

http://keico.exblog.jp/23276027/
2016年10月7日 金曜日 晴れ
昭和三十六年発刊の松本芳翠の<草書千字文>をヤフオクで落札
a0031363_2247712.jpg
(天地玄黄 宇宙洪荒 日月盈昃 辰宿列張)

a0031363_22574539.jpg


 二時間はあっというまに過ぎてしまった。
今日は三重丸はいただけずに、一重丸だけ。
(途中でフランスから電話が入って、心がみだされてしまったのかもしれない)

a0031363_3183975.jpg

 お習字のあとはSさんのディナーミーティングに参加。
一時間で失礼して次の会へ。動き出すとやはり忙しい我と我が身に我ながら驚いています。


More>>松川玉堂先生のお稽古の記録
by pretty-bacchus | 2017-04-27 23:58 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)