タグ:CarlZeiss Vario-Sonnar100-300* ( 12 ) タグの人気記事

<アルザス ワイン街道はメルヘンの世界>
2011年6月18日 土曜日 雨a0031363_21252852.gif

http://keico.exblog.jp/i12/
Records過去の記事,書いた雑誌
を少しづつ整理しているが、なかなか進まない。

http://keico.exblog.jp/12129258/
2011年2月16日 水曜日 晴
過去のフォトエッセイストとしての記録

エールフランスの機内誌の取材の
http://keico.exblog.jp/12578864/
2011年5月14日 土曜日 晴れのち曇り、夜に小雨
☆77号1997冬号<ラングドックルーシオンが今熱い!>
に続いて、

 <<<新フランスワイン紀行第二回>>は
78号1998春号でした。
<アルザス ワイン街道はメルヘンの世界>
> 
記事の取材と執筆と写真スカイブティック(全部)

a0031363_1250465.jpg (表紙写真は青山さん)

=============================================
(この号から、<文・写真 片桐敬子> が
<Article et Photos par Keiko Katagiri> と横文字になった
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_1251527.jpg


=============================================

a0031363_12521218.jpg


=============================================

a0031363_12523044.jpg


=============================================

a0031363_12525964.jpg


=============================================

a0031363_12532674.jpg (後半のスカイブティック)


=============================================

 アルザスは日本との関係がとても深い地方。
何度かの取材のなかで一人のことがあったが、親日的な方が多くてとてもありがたかった記憶がある。

 大戦中は、時にはフランス領にときにはドイツ領にとなり、人民は翻弄されたという。
アルフォンス・ドーデの短編『最後の授業 La Dernière Classe』はよく知られている。

<フランスの美しい村>のリクヴィールやリボーヴィレなどおとぎ話のような村が続き、
食事もワインも美味しい小さな街がたくさんあり、コルマールの美術館など、何度でも訪れてみたい地方だ。
by pretty-bacchus | 2011-06-18 23:59 | ◎Records過去の記事書いた雑誌 | Trackback | Comments(8)

ヴァリオゾナーで桜撮りのお遊び
2009年4月9日 木曜日 晴れ

English Here

 とっても良いお天気、7時の教会の鐘がなって、鳥がさえずって、そよ風が吹いて、
あら、桜のペタルが飛んできたわ、、、とベランダにでたら、朝顔の新芽に気がついた。
枯れたツルの重なりの上に数枚の新芽、そこからけなげにまた小さな新しい芽がでているの、、、、
希望の新芽だわ、、、ありがとう、朝顔さん!

 定点観測になったような、遠くの裏の小道の病院の桜。
花がこでまりのようにふくらんで、最後の力で枝についているようだ、、、、。
オリンパスE3に70~300mを付けて、600mで撮っていたのだが、ふと、別の70~300mがあることを思い出した。

気温が上がってあせばむようになった午後に、ごそごそとレンズ入れを探した、、、出てきましたね、、、、、
コンタックス時代につかったCarl Zeissバリオゾナー100-300mmF4.5。
ツアイスレンズ用マウントアダプターでE-300につけていたPlanar 50mmF1.4をはずしてつけたが、
前が重すぎて不釣り合い。それでもコノテガシワの枝をかきわけて600ミリで試みた。
でもマニュアルフォーカスで、中腰でのスナップは、疲れる〜〜〜。

E-3につけかえてみたら、なかなかのバランスだが、なんとも重い。
手持ちでのスナップには、無理が感じ、
これは、家で愉しむだけの機材だ、、、、、
 
昨日の桜の現像がまだ終わっていない、というより、いつものようにphotoshopではなく、
photobraさんが勧めるcapture NX2で試みてみようと思って初めて見たが、まだこつがつかめないでいる。

 満月が雲一つ無い空に浮かんでいる夜だった。
夜桜にいきたくとも、車がないし、、、といいわけをして、、、

a0031363_1802583.jpg
  (am6:58 朝の光に妖艶に桜が輝き始めた、、、)

a0031363_1833627.jpg
  (上の方の木の隙間から)

a0031363_1824315.jpg



a0031363_1844436.jpg
  (午後の光にレンズを変えたりして遊んでみたが、、、)

a0031363_1865265.jpg
  (E300にCarl Zeissバリオゾナー100-300mmだが、ピントが難しい〜〜)
by pretty-bacchus | 2009-04-09 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(4)

望遠の レンズの向こう 春を知る
2008年2月21日 水曜日 晴れ

English Here

 キレイな朝だった。
遠方の白い建物が朝日にきらきら輝いていた。
借景の木の芽が急に色づいてきたような気がする。

 冬を越した朝顔の葉っぱも風に揺れている。
春も間近だ、、、、

 “かたおかにつゆみちてあげひばりなのりいで、、、
春になるとまず口ずさむのは、ロバート・ブラウニングの詩「春の朝」だ。

時は春   日は朝 
朝は七時  ( あしたは しちじ )
片岡に露みちて 
揚雲雀なのりいで ( あげひばり なのりいで )
蝸牛枝に這ひ   ( かたつむり えだに はい )
神、そらに知ろしめす
すべて世は事も無し  

子供の頃に覚えた詩というのは、記憶に残っているものだな〜〜〜
でも、上田敏の訳の方は覚えているが、英語は忘れてしまった、、、

数ヶ月前に京都で母と過ごした二晩は、母は昔のことや詩や歌もいろいろ覚えていて、感嘆したが、
私ももう少し頑張って脳を鍛えなければいけないな〜〜〜、、、、、
本当の春がやってくるまで、、、、、

 ZD12-60mが修理にいっているので、この機会に、いろいろレンズを試している、、、、

今日は、E-3にカールツワイスのヴァリオゾナー100-300m、CarlZeiss Vario-Sonnar100-300*を
アダプター経由でとか
E-410にPlanar50-1.4で少し遊んだ。

a0031363_6212810.jpg
朝顔の葉が、朝の光の中で風に揺れて、、、
a0031363_6271852.jpg
  もうピンクの芽が出ている〜〜〜
a0031363_654364.jpg

by pretty-bacchus | 2008-02-20 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)

夕陽追い西の空いく三日月
2007.08.20 真夜中に

English Here

 ヤッパリ暑い一日だった。
(機械翻訳テスト用:  
 やはり暑い一日だった。やっぱり暑い一日だった。)
お盆休みで体も脳も鈍っていたのだろう、、、とっても疲れた。
夕方に一時帰宅して、シャワーをあびた。

夕陽が遠くに沈み往く、、、、屋上にいったら、きれいな写真が撮れるかなってふと思ったが、
横着者にはできなかった。(ダメだな〜〜〜)

ふとみると、西の空に三日月がかかっている。
え〜〜日が沈んだ後に、月も沈むの、、、
いつもの暦をみる。
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 05時03分  : 日の入 18時26分
  月の出 11時50分  : 月の入 21時47分
そうか、今日の月は午前中にはでていた、あと数時間で沈んでしまうのだ。

 着替えて、以前からの約束で出かけた。
大川さんが昨日東京湾で釣ってきた、キスのフライをいただきに、、、、。
出してくださったお酒は「醸し人 九平次」という私は初めてのお酒だった。

「美味しい〜〜〜! キスのフライとばっちりね、
大川さん「かもしびとくへいじ、という愛知のお酒です。それも、
醸し人九平次「純米大吟醸」別誂(べつあつらえ)で九平次の最高峰の純米大吟醸!です。
と、嬉しそうにいろいろ説明してくれた。

 愛知のお酒ってはじめてかもしれない、、、。
日本酒も父譲りで小さい頃から飲んでいたし、一時いろいろ試飲もさせられたが、あまりいつもは
いただかないにしている、、、、、だって飲み過ぎると朝が辛いしなによりあまり体に良くないようだし、、、、

香り豊かなのに、今風に迎合して造ってはおらず、豊かな酸のキレと相まって
絶妙なバランス に仕上がっている実に旨い酒。
幅のある、ある種軽やか中にじんわりと余韻が残る。この華やかさ!このバランス!

 家に帰って久しぶりに酒のアイテムでグーグルで検索をしてみた。
ふ〜〜〜ん、水星のように現れたお酒なのだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.tutitatu.com/sake/kamosibitokuheiji.html から
醸し人九平次かもしびとくへいじ
 
平成9年”醸し人九平次”という銘柄で彗星の如く現れ、スタートした若き15代目 久野九平冶さんと、
同級生であり友人である杜氏の佐藤彰洋さん、ほか20代の蔵人でお酒を造る800石の蔵元さんです。
お二方共に日本酒業界とは全く縁がない業種(九平治さんはモデルや劇団員、佐藤さんはエンジニアでした)
ある年の暮れに父と杜氏が共に病に倒れ、急きょ蔵に戻り15代目を襲名。
佐藤杜氏を誘い人一倍努力し現在に至ります。

そんな蔵元さんは、『貴賓・優しさ・懐かしさを感じていただけるお酒を造りたい 』と語ります。
仕込み水は、300年かけて沸いてくるという水を長野まで汲みに行くというこだわりです。
徹底的に神経を配り、小仕込で量より質の良いお酒に仕上がっています。
お酒を搾るヤブタも、冷蔵庫に入れお酒に気を配っています。
そんな若いエネルギーと努力を認め当店では応援していきたいと思ったお酒です。
パリ三ツ星レストランでお取扱中の銘酒です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 帰宅道では、もうコオロギが鳴いていた、、、、もう虫には秋なのだ!
気持ちよく帰宅して、またまたマックに向かってうたた寝!
だめですね〜〜〜〜。
そろそろ横にならないと明日が辛いのに、またまたマックでブログ遊び、、、これも困ったことですね〜〜。
a0031363_3483517.jpg
ある日のカーテンを射ってエンジェルをテラス夕陽

a0031363_6204941.jpg

まだ暮れきれない空に三日月が、、、いそいでE300につけてあった、ツワイスの100〜300mをつかって室内から撮ってみたが、
手持ちの限界だな、、、、
by pretty-bacchus | 2007-08-20 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(8)

フォーサーズ>マウントアダプター>カールツワイスレンズ試写
2007.07.13 真夜中に

English Here

 寝苦しくて起きてきてしまった。
寝しなの地震の余波も気になるし、、、、、
少しカメラとマック遊びをしたくもなった。

 このところ、オリンパスのフォーサーズ関係の方のブログをよくみる。
hiro_sakaeさんのhttp://zuiko.exblog.jp/
は、プロでマニアックな記事が多く参考になっているし、そのブログにコメントを書いている方の
ブログに飛ぶと、フォーサーズ関係の魅力的な写真が沢山出てきて愉しい。
フォーサーズ>マウントアダプター>カールツワイスレンズを教えていただいたのも彼らなのだ。

 ここ数週間、E-300に、Carl Zeiss Vario-Sonnar100-300やVarioSonnar35-135mを
つけて
手持ちで朝顔を毎日撮っているがいかんせん重すぎるし、目の悪き私にはマニュアルフォーカスが少々辛い。
まあ、鬼沢さんが薦めてくださったように、Carl Zeiss Vario-Sonnar80-200mか
Planar 50mm F1.4におちつくかもしれない。

 朝一番の五時台のスナップはほとんど全滅?
お昼に太陽が照ってきたときに、ようやく嵐から立ち直った朝顔がキラキラしていて、
また重い機材を取り出した。
 ISOを100、絞り開放にして光と数分戯れた。1/160で露出補正-0.3でぎりぎり、
なんとかピンが会っている感じで、大きくしてみても、ボケがキレイに残っている。
 1/125では、ボケに縦線が入ってしまう。
でも、オリンパスの色合いに少し不満があるので、やはり昔使い慣れたコンタックス&
カールツワイスレンズツワイスのレンズの味が私は好きなのかもしれない。

 夜中に朝顔と遊ぶ馬鹿!
さてさて、明日の朝はいくつ咲いてくれるだろうか、、、、、。

a0031363_2563059.jpg
452kに

a0031363_2573215.jpg
  さらにweb用に保存で80kに

a0031363_2593970.jpg
  別の一枚を74k
a0031363_301083.jpg
間違って+0.3にしたうえに、ピントを朝顔に合わせたつもりがあってない、、、、、
by pretty-bacchus | 2007-07-17 03:03 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(12)

嵐にも 凜と顔あげ 朝顔や
2007.07.15 日曜日 雨 台風
English Here

 大型で強い台風4号が北上している。
大きな被害が出ないことを祈るのみ、、、、、
友人の奄美は静かになったと言うからこれから関東上陸か?

 今年の私の誕生日には、大荒れの台風はむいているかもしれない?!
台風一過の落ち着きに期待をこめて、、、、

 昨夜は誕生日の前夜祭を祝っていただいた。Sさん、Yさん、薫さんありがとう!
最期のデザートの時に、若い男性が数人で、タントアグリ、ララ、、、とイタリア語で、
ハッピーバースデーの詩を歌ってくれた。
やっぱり嬉しいな〜〜!
みんなみんなありがとう!

 夜が明けたばかりのベランダには、雨にも負けず朝顔が沢山開いている。
昨日の花は蕾んで色がかわっていてもしっかりとマイポジションを守っている。
a0031363_9274949.jpg


by pretty-bacchus | 2007-07-15 08:20 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(9)

友の涙 流しておくれ 夏の雨
2007.07.10 火曜日 曇り後あめ、、、、

English Here

 しずかな朝、、、、、雨がしっとり緑を木々をぬらしている。
ときどき、、、、、鳥の声、、、、、。
雨の朝のこの静けさはなんともよいな〜〜〜。

 そ〜〜とカーテンをあけてみる、、、、。
今朝もまたブルーの朝顔が凛としてさいている、、、、、七つまで数えられて、あとは借景に向かって、、、、

 あまりの汗に夕方一度帰りシャワーをあびて20時に約束の場所へ急いだ。
日向のあじ、豆乳の豆腐、夏野菜、卵焼き、お新香にもずくの雑炊でシャルドネをいただいた。
ありがとうKさん!

 人生の縮図、男と女、人の心のはかなさ、感謝の気持ちをなくした人に、これから起こるであろうことは、
宇宙の法則であり神の意志なのか?
涙でぬれた純な心に、あまりの事のひどさに私も怒りがつのり、一緒に涙して、、、、、。
外の雨はひどくなったようだ、、、、
雨が彼女の涙を流しさってくれるとよいのだが、、、、、、

 早くいつもの明るさを取り戻して欲しい、そして今まで以上にすごい仕事をこなし、
本来のおおらかさを取り戻して欲しい。
友との語らいのなかに、今のセラピストとはどんなひとなのだろうか、と、ふと疑問が横切った。
あまりにも無責任に人の心に入り込む人は、決してセラピストとはいえないのではないか、、、、。
同じ人間であるということをベースにして、女には女の、男には男にしか理解できない
何か根源があるのではないか、、、、、そう思えてならない。

 真夜中をすぎても話はつづき、フランシスダローズ1942年はまたまくまに減っていった。
こんなときに、このバーアルマニャックの古酒は実にいい、、、、鼻孔から脳内にずし〜〜と香りがあがり、
そして優しく喉をうるおして、心にはりりこむ、、、、。
酒は百薬の長であり、心を溶かす妙薬になることもある。
この次は、彼女の新しい門出をいわってのお祝いはなににしようか、、、、とその早い訪れを願った。

 雨が強くなった夜を車で家路に着いた、、、、、、
 
a0031363_459939.jpg
  午前5時30分にはすでに大きなブルーの朝顔が咲いていた。
a0031363_501090.jpg
  午後5時15分。
薄紅色に変わってしぼみきった朝顔。このはかなさは、なんともむなしい、、、、、
(あきもせず 重いカールツワイスのレンズをつけてカシャッ)
by pretty-bacchus | 2007-07-11 03:33 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)

マウントアダプターで午前六時の試写
2007.07.09 月曜日 曇天に朝顔が十数輪咲いて、、、、

English Here

 写真好きな方々のブログに影響されて、昔のレンズをいろいろ使いたくなったが、時間がない。
朝の一時に、曇天の朝顔を試写。
Olympus E-300+マウントアダプター+Carl Zeiss Vario-Sonnar100-300mm
600mmになるが、手持ちの限界か、、、
ISOを1600にして絞り優先。ノイズが多すぎて、、、、、
a0031363_6512526.jpg

a0031363_6522168.jpg

a0031363_6532016.jpg

a0031363_6576100.jpg

by pretty-bacchus | 2007-07-09 06:26 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(4)

夏蕎麦も友と語らい味深し 
2007.06.26 火曜日 曇り、雨

English Here

 一日どんよりとしたまま暮れてしまった。
朝に四つのブルーの朝顔を確認していたので、夕方に一度もどってみた。

 まだ開いたままの朝顔はピンク色に変わっていた、、、、本当に不思議な朝顔だ。
この色を撮っておきたい〜〜〜。
数日前からセットしてあるオリンパスE-300+マウントアダプター+
carl zeiss vario-sonnar 100-300mmで部屋の中から撮った。
(300mmだから600mmの世界になる)

ISOをあげて、絞りをあけても、やはり手持ちではぶれてしまうだろう、、、、。
マウントアダプターの説明書には、絞り優先を推薦していたが、
シャッタースピード優先で1/60にしてみてカッシャッ、、
なんとか見られるくらいに写っている感じ、ふむふむ、、、
ふと右の方に目を移すと、大きな蕾がかしら?、、、こうなるとやっぱりガラス戸をあけてみたくなる。
やっぱり蕾だ! ウス桃色に膨らんでいる。 かわいい〜〜〜イ!
100mmの方でやっと蕾と葉が入る。これがぎりぎりの最短撮影距離なのだろう、、、

 いろいろの方のブログのお陰で、アダプターをつけて昔のレンズを楽しむ歓びが
少しずつ大きくなってくるみたいだ。
a0031363_23423939.jpg

a0031363_234927100.jpg


 青天の霹靂の事件から6ヶ月がすぎた。事はまだ片付いていないが、心身共に少しずつ
回復しているのは、自然の美しき営みと、趣味の世界で助けられているのかもしれない、、、、。

 夜は友人のお誘いで、新しい日本酒をいただくことになって出かけた。
その店はなんと、私たちのいきつけのおそば屋さん、大川やさんだった。
九段南にオープンして四年目の七卓の小さなお店。
石臼を新しくして、さらに頑張っている店主の大川英児さんは、いま油がのり始めているのだろう。
手打ちの蕎麦はもちろんのこと、お料理もとても美味しいお店なのだ。
それには大川さんの心がこもっている、、、、

 友と美酒と手打ち蕎麦に感謝のひと時をすごした。
ありがとう!
a0031363_1133971.jpg

a0031363_1212518.jpg

by pretty-bacchus | 2007-06-26 23:51 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

刻きざみ 朝顔今朝も 雨耐えて
2007.06.24 日曜日 雨

English Here

 暗い朝、、、でもどこかで必ず太陽が輝いているはず、、、、なぜって今朝も朝顔も沢山さいているのだから、、、
一、二、三、四、、、、全部で七つも大きなブルーの朝顔が咲いている。

 「暗い日曜日」 は、ダミアの名唱で{自殺の聖歌}となってしまった曲、、、、この詩をを聞くと、
自殺したくなり首を吊った人が増えて放送禁止になったというエピソードがあるという。
今はやめよう、、、、聴くのは、、、、あまり暗くなりたくないもの、、、、、。

 日曜日の朝は、「NHK俳句、「趣味の演技、そして「日曜美術館、を見ながらブランチ。
今日は好物冷やし中華、、、野菜をいっぱいいれて、友人から届いた新しい粒入りマスタードと、イタリアから届いたばかりのハーブ風味のオリーブオイルでしあげてみよう。
お酢はいつもの吉野からの黒酢。体に良いものが美味しいものなのは幸せだ。

 今週末は、いろいろかたづけることが出来たし、カメラの整理も少しできた。
処分しようと思っていたコンタックスのカメラやレンズをどうするかは思案中だが、
カメラ好きな方のブログをいろいろ検索していると、もう少しおいておこうかな、、、て考えてしまう。

 朝のうちに家の中から横着撮影で朝顔を撮って、夕方には、昨日セットしたオリンパスE-300に
マウントアダプターをつけて、carl zeiss vario-sonnar100-300mmをつけての600ミリの望遠で試写、
ま〜〜〜これが重くてマニュアルだし、とっても扱いにくいけれど、なんとなく好きになるような予感!
家で使うには用途が限られるけれど、郊外で鳥とかおもしろい対象物をとるには楽しいかもしれない。
あ〜〜どこかに出かけたくなった、、、、、
a0031363_17173723.jpg

このオーシャンブルーの朝顔は夕方にはピンク色になって命を終える。昨日の花の名残がまだ残っている。a0031363_16574879.jpg
a0031363_16583893.jpg

   最後は、さきほど午後遅くに。セットしたオリンパス+コンタックス ヴァイオゾナー100-300の300側で、絞り開放で部屋の奥の方からカシャッ。
   今はもう七つ全部がピンク色に変わってしまっている。
a0031363_16565213.jpg
  (なかなかいい雰囲気だ!)    Morning-glory
by pretty-bacchus | 2007-06-24 17:17 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)