父譲りで就眠儀式は読書なの
2004.07.25

English Here

ミンミンゼミがなき始める。暑い。
ウェブログで徹夜。
2004年 7月 25日 日曜日

 これから寝ることにしよう。さて今日の就眠儀式の本は、、、、。
    ウトウトウトウト、そしてぐっすり、、、、。
 
 物心着いた頃から私は寝る前に本を読むのが習慣になった。「
枕元には明日のご用意をしておくのですよ、とは祖母の教え。
ブラウス、スカート、下着、迷子札の小判型のネックレスなどを揃えておいていた。
電気スタンドが無い頃は天井の電灯をいつも消せずに寝てしまっていた。
読書感を書くようにという父の言いつけはあまり守れなかった。

 父の寝床と私の寝床は本で埋まっていた。子供の頃の習慣は変えられないのかもしれない。
今も私の寝室のベットの右も左も、枕の向こう側も本、本、本で埋まっている。
床から積み上げられた本や雑誌はベットの淵を遙かにこえて、体が右に傾くと右側の本は崩れ、
左に傾くと左が揺れと、どうしようもない。床にも積まれ、本と本の間をまたいで歩いている始末。 
右側と左側では本のジャンルが違う。右を下にして読んでいて、つかれると今度は左を向いて
別のジャンルの本を読む。夢中になると窓辺が白々としてくることも良くある。
 BGMは時によっていろいろ、、、。

 昨夜の本は、黒田恭一の「ぼくのオペラへの旅」ヨーロッパのオペラハウスと音楽祭を訪ねて。
彼の音楽の評論は好きで機会あるごとに読んでいた。
想像していたルックスとはあまりにも違う人であることが分かった頃、新国立劇場で一度みかけた。
なんだかいままでよりもっと親近感を覚えた。
 私がヨーロッパで初めて本場の芝居をみたのは1966年。
そのころから彼はイタリアやオーストリーのオペラハウスを貧乏旅行をしながら訪ねて歩いていたのだ。
確かな耳と感性をもった著者のオペラへの旅は愉しく夜の明けるのも知らず読みふけってしまった。
 ~~~~~~~~~
 私のオペラ歴? オペラは日本でも海外でも機会があれば鑑賞するようにしている。
昔演劇をしていたことがあるので、オペラの総合芸術としての芝居は愉しい。

パリに住んだ4年間にはあまり機会がなかった。
仕事と旅の愉しさで忙しく、そんな余裕がなかったのかもしれない。
日本に帰って後の1982年のミラノスカラ座の引っ越し講演頃からは機会があるたびに見ている。
1998年の新国立劇場のこけら落とし以来回を重ねている。

 海外のオペラハウスは、パリ・ガルニエ、パリ・バスティーユ、パリ・シャンゼリゼ劇場、ボルドー、
ミラノ、フローレンス、ベルガモ、ヴェローナ、ロンドン、グラインドボーン、イギリスの個人の劇場、
ザルツグルグなどなど。

 一番印象に残っているのは1995年のアレーナ・ディ・ヴェローナのアイーダ、カルメン、リゴレットか。
そして1997年のボルドーオペラ劇場の特別公演の椿姫。
ベルバカントも後援して、巴里の社交界がごっそりボルドーに現れて、
ボルドーのワイン造り手たちも勢揃い。
終わってからのフォワイエでのディナーは真夜中まで続いて、、、、、
 
a0031363_151879.gif

  写真はアレーナ・ディ・ヴェローナでのリゴレット、August1995
# by pretty-bacchus | 2004-07-25 04:41 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

夏姿 猫好きの友 美しき
2004-07-24 20:45

a0031363_2253850.jpg
 猫好きの友人が何人もいる。新派の水谷八重子さんもその一人。彼女とのお付き合いはもう二十数年になる。
 二年ほど前彼女の家でマックの調整をお手伝いして真夜中に帰る私を送ってくれた彼女は、玄関脇から出てきた三毛猫を抱きかかえた。
 その後の彼女は突然猫好きの可愛い女に変身した。
トラちゃんと名付けられたその猫は、まもなく我が物顔に彼女の家中をのし歩くことになる。
 真夜中のいい女二人が電話越しのマックの話しをしていると突然にゃお〜〜〜と、声が聞こえ電話を妨害する。きっと嫉妬しているのだろう。

 20日の東京新聞の夕刊が今日送られてきた。猫好きの彼女が7キロにもなったしまったトラちゃんを抱いている写真の記事。 でもどうしてそんなに急に猫に囚われてしまったかは知る人ぞ知る?!

 
つづき
# by pretty-bacchus | 2004-07-24 20:45 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)

風なぐも ミンミンゼミは なきやまず
2004.07.24

 7時をすぎたのにまだ暑い。今日も36度をこしたという。
ミンミンゼミがなきやまず、しかし風がでてきてすこし涼しくなった。
 パリの友人からメールが入った。そんなに暑くないという。画家の彼が貼付してくれる写真はいつもどこか違う。
 (写真のアップを試みるもだめ。ブログの最初の写真も消えてしまった。なんたることか。これがこの会社のブログの限界か? 消えた記事と写真のバックアップはしていないので、どうしよう〜〜〜)
a0031363_1930992.jpg


 アウトルックからネットスケープに変えてやっと写真がアップできた。マックのOS9.2 だけに起こる現象と言うが、このOS の人は沢山沢山いるはず、、、。
マックも次世代はこのシステムの機種は発売しないと発表したが、まさかそれと関係があるのではないでしょうね〜〜山根一眞さんに聞いてみたいものである。
# by pretty-bacchus | 2004-07-24 19:23 | ☆Life in Paris巴里に暮らし | Trackback | Comments(0)

極暑の午後に
2004.07.24

English Here

 暑い、本当に暑い。ミンミンゼミが激しく啼いている。植木に水をやってもすぐに乾いてします。
小学校からの友人のメールには、
 
野菜が枯れはじめました。こんな事は初めてです。
夫は慌てて長いホースを買って来て毎日水を撒きましたがダメなようです。
地球はどうなってしまったのでしょう!どうなっていくのでしょう!


 戦争で父親を亡くし、苦しい時代を母親に育てられた彼女は、アルバイトで大学をでて教員になった。
最後は校長先生で終わり第三の人生を田舎で年金生活をしている。
ご主人は農家の次男で田舎のお付き合いが大変らしい。手作りの野菜やお米を時々送ってくださる。
 この暑さと小雨では野菜達は悲鳴を上げていることだろう。

 予定があったが一日家でカメラとマックでお遊び。
ベランダには朝顔市で買った朝鮮朝顔がつるをのばし赤い可憐な花が咲いて、、、、。
今日は夕顔は咲かないよう、、、、、

a0031363_4421734.jpg
 
 彼女から送られてくる野菜はいつも優しい甘さがある。不揃いのインゲン、なす、おくら、ピーマン、
かぼちゃなどなど、、、、その不揃いが美しく嬉しいのだ!
# by pretty-bacchus | 2004-07-24 16:34 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

ただ暑く あっという間の 一週間
2004.07.23

English Here

 早い一週間であった。そして暑い! 真夏日は19日も続いている。

 週末の夕食は、芦沢さんのお席で中村会長とご一緒に。
お料理は、、、、、、
 ワインは、桃のベリーニ、シャルドネの白、バローロ1995のマグナム、食後酒にヴァインサント、ポルト、そして極め付きにグラッパ! 

 明日は少しゆっくりしたい、、、、
a0031363_21796.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-07-23 23:23 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

すさまじい一日 終わり 又朝がきた
2004.07,23

English Here

 すさまじい一夜が明けた。疲れた。いや疲れている。
昨日は、寝不足のまま、大変な交渉の場に臨んだのだ。
男性が4人で私がひとり。気を入れなければこの話はうまくいかないだろう、
と前日から思い悩み、、、しかし出過ぎてもだめなのだ。仕事としての女性はまだまだ難しい。
長い間海外との仕事をしてきたが、日本での社会が一番大変である。
操業700億の企業を牛耳るオーナー会長であり、文化人の仲間入りをした50を過ぎた男性に、
今の私をいかに分かってもらえるか、、、、。
冗談と笑いの間に、突然厳しい質問をされたり、という2時間はあっという間に過ぎた。くったく〜〜た。
今までの私の人生で初めてであった男性のような、、、。操業20数年で、本業の他にも
いくつもの企業を束ねて成功させ、今又新しい人生に挑戦してる男の魅力を持った人である。
しかしこの人の下で働くスタッフは大変だろうな、、、と思った。

 夜は別な方の接待でイタリアンに。親しいシェフの優しさに心の中で手を合わせて、
美味しいお料理とワインで一日の疲れを癒すことが出来て幸せっ! いくつものアミューズのあと、
フランスのモンサンミシェルから取り寄せた小粒のムール貝が美味、
ナスと生ハムとチーズの一皿がうま〜〜〜い!。鰯とウイキョウのガルガネリの香り立つおいしさ! 
温野菜で〆。飲み物は桃のベリーニのあと、ブルゴーニュの赤1993,最後のいっぱいは
有機の元祖のニコラジョリーの弟子がつくったイタリア赤ワイン。
小さなショコラのデザートのあとはハーブティーで終わり。
 
 大変な中にもこうした楽しみを見いだせるのが私の良いところかな?

  さあ、今日も頑張らねば!!
 2004年 7月 23日 金曜日 5:49 AM 曇り、昨日より少し涼しいような、、、、

ブログの調子が悪く今日も写真をアップできない。
# by pretty-bacchus | 2004-07-23 06:08 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(0)

寝られずに一人思うは母のこと
曇りの朝。
2004年 7月 22日 木曜日

まだ写真のアップがだめ、、、
# by pretty-bacchus | 2004-07-22 06:09 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)

友からの 大好物の 水なすや
 ナスにもいろいろある。子供の頃は、家の廊下にナスの大きな鉢をおき、愉しんだものである、実に美味。いろいろあるナスの内 泉州の水なすは、いつの頃からか東京の私たちをも魅了することになった。
 昨日京都から届いた水ナスは今までのうちで最高であった。
困る、、、こまるのである。こう美味しいと食後にまでもウィスキーを片手につまみたくなる、、、体によくな〜〜〜い!
 つづき、、、、、
a0031363_7235090.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-07-22 00:09 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)

記念日は アポロ11号 月に着く
2004.07.22

 人類初の月面到着。1969年7月21日、日本時間午前5時18分。この時私は三度目のパリ行きの機内にいた。 

 出発の羽田空港(当時はまた成田がなかったのです)は、テレヴィの中継を見る人でごった返していた。
 万歳!ばんさい! その万歳三唱は、アポロの月到着を祝うのではなく、私がパリへ発つのを見送りにきてくれた十数人の人が全員手をあげてお祝いをしてくれているのであった。
 当時は外国に旅発つというのは珍しく大変なことであったのだ。

そしてワタシは逆単身赴任でパリに発ったのだ。

つづく、、、
a0031363_20392888.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-07-22 00:03 | ♤JourneyAbroad海外1960 | Trackback | Comments(0)