出版社の月刊広報誌
2004.11.26

 毎月始めに出る出版社の月刊情報誌の広報誌はなかなかである。
新潮社の<波、角川書店の本の旅、本の話、岩波書店の図書
講談社の
集英社の青春と読書、最近では星星狭、ポンツーンなど幻冬社などなど、、。

 どれも最近出た本と、今後の出版予定の広告的な記事などで、本の宣伝広報の役目をおうている。
 話題の作家が短い文を寄せたり、連続小説を書いたりしている。
人気作家の連載小説、連載読物や楽しいエッセイや対談などを満載している。
これがなかなかなのでである。

 普通では私が知り得ない一流の作家や、もの書きたちや医者や実業家にいたるまで実に
多くのジャンルの人たちが書く文は、とてもおもしろい。

 この雑誌だけに書かれる小説的な短編もある。
出版社によって書く人の顔ぶれが違うのもなかなか興味深い物がある。
 
 私は新潮社の波が一番好き。例えば、中国もので秀逸な歴史小説を宮城谷昌光は、
波で「古城の風景」を連載中。

 装幀家の菊池氏の書く一頁も専門家の眼でおもしろい。       

 今年になっての図書も目が離せない。
図書のHPによると、『図書』は知的好奇心あふれる読者に半世紀以上愛読されてきた
「読書家の雑誌」
古今東西の名著をめぐるとっておきの話やエピソード、心を打つヒューマン・ストーリー、
旅のときめき体験、
人生への思索などを綴る、滋味あふれるエッセイの数々。
文学・芸術・学問の面白さを語る対談・座談・インタビュー。若手からベテランまで
『図書』ならではの一流の
執筆陣が書き下ろす文章の力と味わいは、日常生活にピリッと刺激を与える
スパイスの働きをするはずです。
魅力的な本との出会いの場、読書の新しい愉しみ発見の場として月刊『図書』(図書より)

 表紙を飾っている版画と、裏表紙の版画の専門家坂本満氏の書くその説明は秀逸である。
美術館ではなかなか
お目にかかれない珍しい銅板画や木版画をえらび愉しませてくれている。9月号は組み紐模様、レオナルド原画、
10月号は新世界コスモグラフィア、11月号はなんと洗礼者ヨハネ打ち首の画家作けものたちの戦い。
その昔一度だけ観たことがあり、その異様さと一角獣が記憶に残っていた版画である。

 そして、10月号の最終頁の編集者の後書きのようなこぼれ話の欄に、カルティエブレッソンのことが出ていて
眼を丸くした。彼の書いた2000枚の原稿が短すぎて没になったという。
なんということか、、、
しかもそれをドウドウと書いているというのには驚きである。昨日のブログに書いたように、
世紀の写真家が書いた文は全文ぜひとも日の目を見させて欲しいものである。

a0031363_5423039.jpg

6月号の《座談会》
ファーブルの目
日高敏隆
松原秀一
円空について梅原 猛
フェッラーラの女闘士河島英昭

# by pretty-bacchus | 2004-11-26 05:41 | ☆Books本の虫,講演,講習会など | Trackback | Comments(0)

夜明け
 木曜日。晴れ

 朝焼けでピンクに輝く建物の撮影に成功。
今日の日の出の6時半まえにおきて待ちかまえた、、。
 暗がりにすかして黄色い木が、、、昨日より更に葉は少なくなり色が黄色になって、、、
そのはる〜〜〜か遠方の小さな一点がやがて濃いピンク色になってきた。刻々とその色は白身を帯び、
 やがて白い建物に、、、

そのころはすでに周りもあかるくなり、鳥達も歌い始める、、。
朝ってすご〜〜〜い。

レンズは28〜300m、デジカメでは450Mのレンズと同じ望遠。
 なんとあのビルは、、、、

あとは帰宅して、、、、
a0031363_9291032.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-11-25 06:45 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

アンリ・カルティエ=ブレッソンの言葉
2004.11.25

◎“In a world that is crumbling under the constant pressure to make a profit, invaded by techno-science,
the hunger for power, globalization — a new form of slavery... beyond all this, love and friendship still exist.”
 この八月に他界したアンリ・カルティエ=ブレッソンが岩波のある企画によせられたメッセージだそうです。
(事情で没になって掲載されなかったようですが、、)
 ”あっと息をのむような美しい線を見せた途端にはかなく崩れてしまう瞬間の中に豊かな人間性を写し撮った
この巨匠” (図書10月号)

「決定的瞬間」という言葉とともに神格化された写真家、
a0031363_114839.jpg

フランスの国家的至宝とも呼ばれた写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン。
モノクロで哀愁のパリを写し取ったあこがれの写真家である。
 無くなる数年前の言葉のひとつ、
—“Le temps court et s'ecoule et notre mort seule arrive le rattraper.
La photographie est un couperet qui dans l'eternit saisit l'instant qui l'a eblouie.”
(時はめぐり流れるもの。それに追いつくことができるのは死のみである。
写真とは、一瞬を、目も眩むような永遠の中に捕まえるギロチンの刃だ。)

つづく、、、
# by pretty-bacchus | 2004-11-25 00:36 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)

 西側の常緑樹には、いろいろの種類の鳥達がくる。
a0031363_2353290.jpg

西の方面
# by pretty-bacchus | 2004-11-24 23:55 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

移りゆく 秋を追いかけ 朝あける
 綺麗な朝。ほんの一瞬はるかかなたの白いビルがピンクの染まる。
リヴィングからの借景の木々を毎朝撮るのが日課になった。
定点観測のようだ。 一日一日と秋色が濃くなっていくのは、、、、

 暦によると、今日の日の出時刻:6 時 25 分 日の入時刻:16 時 30 分。
小春日和の一日とのこと、、、、
 
a0031363_15223013.jpg
左遠方のピンクのビルは写らなかった、、、、残念。
# by pretty-bacchus | 2004-11-24 06:45 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

祭日に 感謝をこめて 一休み
2004.11.23

 とっても良いお天気! 今日はサンクスギヴィングデイ。
辞典によると、
戦前11月23日は「新嘗祭」〔にいなめさい〕で農作物の恵みを感じる日でした。

私たちの日々の労働に対して、「農作物」という形のあるものが目に見えて返ってくることが少ない現代で、
勤労の目的を再認識する日という意味がこめられているようです。

一方、勤労の意味とは、「肉体的な労働によって物品等を生産するということにのみ終始するものではなくて
、精神的な方面においても一日一日を真剣に考え、物事の本質へと深めてゆく研究態度にも
勤労の大きい意味は存在し、創造し、生産していくことの貴重な意義ある生活が営まれていくことが出来る。
物質的にも、精神的にも広い意味での文化財を建設してゆくことは、生産ということの正しい理解の仕方である。
と戦後に発行された衆議院文化委員受田新吉著の「日本の新しい祝日」には記載されていました。

 1948年に「勤労感謝の日」として定められました。この日を制定するにあたっては、
11月23日は「新嘗祭の日」として祝いたいと考えている人もいたようですが、「労働」とは「
農業に従事して生産を行うもの」だけを言うのではなく、今日のサービス産業など広義の意味を込めての
「労働」であることから、「新嘗祭の日」という考えは却下されました。

 それ以前は、秋の新嘗祭がこの日に行われていました。新嘗祭は古くからの国家の重要な行事であり
「瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である大王〔おおきみ(天皇)〕が国民を代表して、
農作物の恵みに感謝する式典でした。そして、「新嘗」とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。
農業中心の時代、この行事はとても重要な儀式であったようです。
_________
 古き良き行事を省みることはとっても大切!!
例年なら母の茶会の日なのに、今年からいつものお寺で出来なくなって残念!
数年前の十一月二十三日の紅葉は壮絶な美しさだった。
a0031363_9472174.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-11-23 07:34 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

 月曜日の朝。 良いお天気! 辛いが起きなければ、、、、。

 もう少し頑張らねば、、、、。
# by pretty-bacchus | 2004-11-22 08:19 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)

秋色の 借景嬉し 一時よ
 嬉しい日曜日。
無理がたたったようで、体が動かない
熱がある。疲れた、、、、、。

 一日ベランダの借景の秋を愉しみながら、だらだらと、
秋色の変わり始め木々に雀が一日ひなたぼっこで遊んでいた、、。

 プリンターは昨夜からず〜〜〜と働き通し、、、。
来年早々の日仏会館での写真展
「魅力あふれるフランスの地方を巡る、その一
  〜ドルドーニュ・ペリゴールへの誘い〜」の案内状は
手作りすることにして週末に仕上げたので、、、、。
a0031363_0242323.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-11-21 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)

気がつくと いつもまにやら 秋の色
 疲れた一週間であった。
最後が今夜の食事会。でも今日のワインはボージョレヌーヴォーではなく
サンテミリオン グランクリュクラッセのシャトー・カデボン96.
 大友さんと、吉野さんご夫妻と、、、

 今朝の夜明けは綺麗だった。
ベランダ越の緑はいつのまにか秋色に、、。
青い空に映えて綺麗な輝き、、、、、。
a0031363_0321047.jpg

# by pretty-bacchus | 2004-11-20 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)